脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

≫ EDIT

絶品!フォー・サオ・ボー/Phở Xào Bò食べるならココもおすすめ♪

前回2月のハノイ滞在で見つけたフォー・サオ・ボー/Phở-Xào-Bò
IMG_0119-0301.jpg
Phở-Xào-Bò=フォー・炒め・牛肉=牛肉あんかけフォー炒め
日本人ならほぼ間違いなく「旨い!」と叫ぶはずw

今回のハノイ滞在で最大の成果!ついに見つけた!これで「世界三大焼きそば(暫定版)」そろい踏み♪《2017ハノイ(8)》

すっかりこれにはまってしまったオレ
激旨すぎて、しばらくはこれを超える焼きそば(汁なし麺)は出てこないだろうと思う。

今回はたっぷり時間がある(7泊8日)なので、いろんな店を食べ歩くぞ〜!と意気込んでいたが、結局2軒しか訪問しなかった。いや、この2軒で十分だったとも言える。

まずは初日の夜に行ったこの店。

1、Phở Xào Phú Mỹ(再訪問)


前回行ったフォー・サオ・ボーの名店と言われる店。
IMG_1663-0724m.jpg
前回は朝っぱらに行ったからか?ガラガラだったが、夜はさすがに混んでいる。
満席だったが相席してもらってどうにか座る。

注文はもちろんフォー・サオ・ボー
IMG_1662-0724.jpg
客のほぼ100%がこれを食べている。

もうね、顔がにやける美味しさ。
言葉はないよ。。。



実はこの店の帰り道にこんな店を見つけた。
フォーサオの店だ♪
IMG_1762-0724.jpg

2、Thái Béo(初訪問)

場所はここ(Googlemapに店名が出てこないので、登録依頼をしておいた。7/24現在)

この日は満腹だったので、翌日早速行ってみる。

注文はもちろんフォー・サオ・ボー
IMG_1744-0724.jpg
IMG_1747-0724.jpg
この料理は、超薄味が多いベトナム料理にあってかなり濃い味の料理。
だからビールにぴったりなんだよ。

ほんと見た目通りの濃厚な味で、ちょっとオイスターソースでも入っているのかと思うが、たぶんベトナム醤油(ニョクマムではない)の甘〜い味がベースなんだろう。

写真見てたら食べたくなってきた(笑)

隣のぼうずが食べていた物に目が行った。
IMG_1743-0724m.jpg
なんだろう?フォーサオみたいだけど、具が何も入っていない???
IMG_1748-0724.jpg

さらに厨房を見ると気になる物が???
IMG_1827-0724m.jpg
IMG_1827-0724-1.jpeg
なんだろう???

IMG_1908-0724.jpg
この店、壁にメニューが貼ってあって、まあ地元民専用食堂っぽいんだけど、ある日ファラン客が入ってきたら分厚い立派なメニューを渡していた。。。
早速オレも見てみたら、写真付きで英語版のメニューだった。
そこには
麺:フォーかミーの選択+炒めか揚げの選択
具:肉入+野菜入り、肉抜き野菜入り、全部抜き
とかいろんなバリエーションがあった。

後で辞書等で調べた結果判明したこと(メインの料理のみ)
IMG_1908-0724-1.jpg

①Phở フォー
②Mỳ 細めのたまご麺、タイでいうバーミー
③Xào 炒める
④Mềm 柔らかい
 Giòn もろい(カリカリにするという意味もあるらしい)

つまり③の料理法は固定で、麺の種類を①か②で選択、④で麺の料理方法を選択するってこと。
④の料理方法はmềm 柔らかい=普通の麺炒め、giòn もろい=揚げ麺ってこと。

早速、すべての組み合わせを試してみた♪
Phở Xào Mềmは上の写真のとおり。

これはMỳ Xào Mềm
IMG_1829-0724.jpg
硬めのたまご麺(細麺)、博多にある焼きラーメンの食感と似てるね。味は比べものにならないけど。。。

Mỳ Xào Giòn
IMG_1931-0724.jpg
日本のかた焼きそばだね。あんかけはこっちの方が旨い♪

Phở Xào Giòn
IMG_1953-0724.jpg
IMG_1956-0724.jpg
なんだか「揚げさきイカ」みたい。
サクサクで食感はいいけど普通のPhở Xào(Mềm)の方が断然美味しいよ。

これがフォーサオボーをおいしくする魔法の醤油。
IMG_1831-0724.jpg
フシ(フジ)って書いてあるね?
ベトナムも日本の人気が高いのか?
あま〜い醤油だがちょっとオイスターソースっぽい旨さはある。

値段は大体60,000ドンくらいで決して安くはないけど、この牛肉のボリュームと濃厚な旨味が堪能できるフォー・サオ・ボー。

ちなみにモチモチの麺を甘口醤油で炒める料理はタイにもある。
そう、パット・シーイウ=極太米麺の醤油炒め。
IMG_2612-0725.jpg

極太米麺(センヤイ)もモチモチで、オレの好きなタイ料理の一つ。
だが、牛肉の旨味が詰まったフォーサオボーには太刀打ちができないな。

ハノイは絶品料理の宝庫だ。

***

あぁ〜、記事書いてたらモーレツに食べたくなってきた。
でも、今の時期ハノイはモーレツに暑い(蒸し暑い)はずだ。
11月以降まで我慢我慢。

そーだ、ラームカムヘンのベトナム料理屋にフォー・サオがあったな♪
食べに行こう♪
ついに見つけた!バンコクのハノイ@ラームカムヘン



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル・その3

今回はフォーやフォーサオボーはもちろん、他にもいろいろチャレンジしてみた。

ハノイのホテルをお探しならここ♪

まずはフォーから。
過去2回に渡って特集したフォーの名店ファイル。

【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル
【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル・その2

今まで食べ歩いて紹介したフォーの店

Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン★★★
Phở Thìn フォー・ティン/13 Lò Đúc★★★
Phở Thìn フォー・ティン/61 Đinh Tiên Hoàng★★
Phở Thìn Bờ Hồフォーティン・ボー・ホー/1 Hàng Tre★★
Phở Cường★★
Pho Vui★★
Phở 10 Lý Quốc Sư(星なし)
Quán Bún Ngan Hải Nguyệt(星なし)

今回新たに紹介する初訪問店

Phở Nhận Hải/153c Đội Cấn★


再訪、初訪問別は店名の後ろに記載した。
星の数は、★★★、★★、★、(星なし)の順でDamascusが美味しいと感じた順

★★★:must go !(行かないと後悔必至!)
★★:こんな店が近所にあったら二日に一度は通いたいね〜
★:週一で食べたくなるかも♪
星なし:普通、または普通以下

注:味の感じ方には個人により差があります。あくまでも独断と偏見を基準に★を付けています。

1、Phở Thìn フォー・ティン/13 Lò Đúc(再訪問)


IMG_1676-0721.jpg

まず向かったのがこのお店。
Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエンと双璧の名店。
個人的にはこっちの方が好み。

詳細はここを参照
【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル
【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル・その2

味は文句無し!
世界三大麺のフォー、その中でも名店中の名店。

今回昼時に行ったのだが、いつもは食後に精算だったのが、この時は店の入り口で先払いだった。
昼時は混むからなのかな???

おすすめ度:★★★
2017/4/11

2、Phở Nhận Hải/153c Đội Cấn初訪問)


ここはB52戦勝博物館に行った際に寄った店。
帰りがけにお腹が空いたなーと思った時、博物館のすぐ横にあったので入った。
IMG_1726-0723.jpg

お値段は牛・鷄とも30,000-40,000ドン
IMG_1725-0723.jpg

IMG_1723-0723.jpg
IMG_1724-0723.jpg
超オーソドックスなフォー

スープはかなり薄めだけど、まあこれが標準的フォー、標準的ベトナム料理の味付けだな。
盛り付けもオーソドックス。

標準的なのフォーってどんな感じ?って聞かれたらこの店をおすすめするよ(笑)

おすすめ度:★
2017/4/12

3、Pho Vui(再訪問)

IMG_1750-0724.jpg

前回行ってお気に入りになってしまった店。
今回の宿からも一番近いフォーの名店なので、ほぼ毎日行ったかな?

詳細はここに書いたので参考まで。
【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル・その2

おすすめ度:★★★(前回より一つランクアップ)
4/13ほか

4、Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン(再訪問)
IMG_0009-0301.jpg
IMG_1841-0724.jpg

ハノイのフォーの頂点。
ここ行かずしてフォーを語ることなかれ。

【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル
【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル・その2

おすすめ度:★★★

***

今回訪問したフォー(汁麺)はこの4店だけ。
初めてハノイに来たら、少なくともこの3店に行ってみれば満足すること請け合い。
外れなし♪
1、Phở Thìn フォー・ティン/13 Lò Đúc
3、Pho Vui
4、Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン


今回はフォー以外のいろんな麺に挑戦した。
それぞれそれなりに美味いことは美味しいが、やはり汁麺の頂点に立つフォー、世界三大麺は絶対的だ。

この記事書いていて写真を貼り付けていたらヨダレが出てきて参った(笑)



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どっちがタイのものでしょう〜か?(2)パン屋編

もう一つ比較クイズに最適な写真があったので、今日もクイズを一つ。



≪クイズ≫

パン屋のシステムはタイも日本もほぼ同じ。
では、下の写真のAとB、どちらがタイでどちらが日本のパン屋でしょうか?
IMG_2385-0722mm.jpg
IMG_2430-0722m.jpg

≪ヒント≫

トレイの横をよーく見てね♪







≪正解≫

Aは日本のパン屋
Bはタイのパン屋

違いはここ
IMG_2430-0722mrr.jpg

日本はトレイに直接パンを置くけど、タイでは薄紙を敷いてその上にパンを乗せる。
IMG_2431-0722.jpg
写真はタイの山崎パンだけど、ちゃんとしたパン屋なら大概同じような仕組み。

意外でしょ?

タイではハエがたかった食べ物がフツーに売られているし、トイレから出てきたけどちゃんと手を洗った?なんておばちゃんが鷲掴みにした食べ物がフツーに売られている世界。

あんた今指で鼻くそほじくってたよね?って、その手でパートンコーつまむの止めてくれない?なんて日常茶飯事。

冷静に観察しているとこのトレイ、どー見ても雑巾としか思えない布で拭いているだけのようだ。
食堂や屋台でも黒ずんだ布=雑巾?で普通にまな板や包丁を拭いているタイからすれば極々普通のこと。
オレも気にはなるけど、気にしてもしょうがないしね。。。

日本でこの種のトレイがどのように再利用されているのか?はよく知らないけど、少なくとも雑菌の数は圧倒的にタイのほうが多そう。

ヤマザキパン始め、トレイ用に薄紙を用意している店の多くはそれなりのショッピングモールのそれなりの客層の店。
外人や中流階級の人が多いからそうしているのかもしれないし、そもそも普通の食堂でも皿・スプーン・フォーク・箸は使う前にナプキンやちり紙で拭き拭きするのがタイのマナーの様なので、自然なことなのかもしれない。



日本では「提供する側」がやることを、タイでは自衛のために「提供を受ける側」がする。
まあ、これがタイのスタイルだと思えば極々普通のことなのかな?

日本では「自己責任」という言葉がもてはやされているけど、これって日本では特殊なケースで使われるフレーズだけど、日本以外の国では日常のすべてのことが当てはまるからね。。。
青信号で横断歩道を渡るのも自己責任。日本でもお同じハズなんだけど。

結局、何か起こってから責任論を出しても、本人が死んじゃったら無意味だから(笑)

ということで、タイでパンを選ぶときには、トレーに薄紙を敷いてから♪ってことでした。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイ&タイ語の豆知識 | 00:05 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どっちがタイのものでしょう〜か?(1)トイレットペーパー編

今日は日曜日なので短編を。。。

≪クイズ≫

二つのトイレットペーパーがあります。
IMG_2606-722.jpg
一つはタイで買ったトイレットペーパー、もう一つが日本で買ったトイレットペーパーです。

さて、どっちがタイで、どっちが日本のでしょうか?






≪ヒント≫

IMG_2607-722.jpg

分かりましたね〜?


答え
IMG_2606-722-1.jpg

左がタイのトイレットペーパー、右が日本のトイレットペーパーです。
違いは高さ(幅)

タイの方が高さが低い(幅が狭い)ですよね?
実際に測ってみたら

タイ: 99mm
日本:105mm

日本では紙の幅はJIS規格(JIS P4501-1993)で114mm(±2mm)と決まられているそうな。。。

サンプルにした日本のものは、業務用スーパーで300円/12Rの安物を買ったからケチって幅を狭くしているのかな?
IMG_2394-0611.jpg

6-7年前だったけかな?タイで買ったトイレットペーパーホルダー(食堂なんかでよく置いてある、真ん中からくるくる取り出すやつ、下の写真)を買って、日本のトイレットペーパーを入れようと思ったら、高さがキツキツで紙がうまく取り出せなかったことがあって知った。
IMG-20121130-00420.jpg
IMG_2598-0722.jpg

ヨーロッパなんかも日本より幅が狭かったはず。

トイレに設置してあるホルダーは多少余裕があるけど、やっぱり(114mmだと)ギリギリかな?


まあ、トイレットペーパーはタイでも安いんで、日本からわざわざ持ってくる人はいないはずなんで問題ないけどね。

日本のトイレットペーパーは水への溶けやすさも凄いよね。
タイのトイレではトイレットペーパーを流すことを禁じているけど、これはタイのパイプの細さ以上に「紙が水に溶けるか否か?」も重要だと思うよ。

見てよ、この究極の薄さ(笑)
IMG_2266-0722.jpg
IMG_2265-0722.jpg
ガスト某支店のトイレで撮影

トイレのつまりで困っているタイで日系のレストランや居酒屋を経営している方、日本からこの究極のトイレットペーパーを輸入してみては?(笑)

***

えっ?アンタはなんで日本の持ってるの?って???
この前書いたけど、自転車梱包する際の緩衝材として大量に持ってきたんだよね(笑)
IMG_2393-0611ss.jpg

プラダンで輪行箱220サイズ自作♪これでバンコクに帰りましょう♪オマケ(箱に貼る注意書き)付き

おかげで当分トイレットペーパーは買わずに済みそうだ♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| アパート生活 | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソンクラーン逃避行、ハノイの格安おすすめホテルに7泊8日♪

もう、すっかり忘れてしまったのだが、実はイギリスから戻った直後の4/11-18の8日間、ベトナムのハノイに行ってきたのだ。この日付を見れば分かるように「ソンクラーンからの逃避」である。

もう忘れたことも多く、大したことはやらなかった8日間なのでざっと記録しておく。



今回はハノイだけに8日間という長期?の滞在だったので、少しでも宿代を浮かせたくて事前にかなり調べた。

結果的に選んだのが今回紹介するハノイ・オールドクォーター・ブティック・ホテル/Hanoi Old Quarter Boutique Hotel

場所はここ。

ちなみに、オレが予約した時点でGooglemapにこのホテル表示が無かった(同じ名前のホテルは登録されていたが、場所がかなり違っていた)ので、オレが登録しておいたのだ。

ハノイ・オールドクォーター・ブティック・ホテルのおすすめポイント

■立地
地図を見てもらえば分かる通り、オールドクォーターの北側に位置している。
周りは食堂やカフェだらけで、怪しげな路地の食堂街も近くにあり(これは後で記事にする)、食べ物には全く困らない。

このオールドクォーター地区は外人バックパッカー客も多く、それゆえファランに便利な施設(コンビニやアルコールが飲める店)も多く、少々ファラン志向に偏っている部分もあることはあるが、便利であることは間違いない。

オールドクォーターの北側に位置していると言うことは、空港からのバスの発着場「ロンビエン・バスターミナル」にも近いということ。
ハノイブティック1
徒歩10分

■宿泊料
ハノイというかベトナム全般に言えることだが、多くはタイよりも物価が安め(あくまでも庶民レベルの生活をすればという意味)で、ホテル料金もかなり安めなのだが、ここもその例に漏れず安い。

今回の宿泊料金は以下の通り
4/11-14(3泊)1,973バーツ(6,000円ちょっと)
4/14-18(4泊)105ドル(12,000円くらい)
合計で18,000円/7泊だから、1泊あたり2,600円くらい?

なぜ宿泊を分けたのか?というと、この前のイギリスの時もそうだったのだが、いきなり全部の予約をしてしまった後「このホテル失敗だ〜」という事態にならない様に、まずは泊まってみて気に入ったら残りを予約するってのが4-5泊以上する場合のオレ流儀。

結果的には後の4泊分は料金が上がってしまったが、それは結果論、満足してます♪

標準的な料金は
スーペリア (Superior) 15米ドル
デラックス (Deluxe) 20米ドル

スーペリアは窓なしの部屋が基本なんで、断然デラックスがオススメ。
IMG_1655-0720.jpg
IMG_1657-0720.jpg
写真だと綺麗そうに見えるけど、作りや家具類は値段なり。。。
テラスが付いているんでここで喫煙もできる。

IMG_1659-0720.jpg
テラス(2階)からの眺め。

IMG_1673-0720.jpg
注意事項

IMG_1658-0720.jpg
アメニティー(笑)
こういう使い回しの櫛を見ると釜山のボロ宿(多分連れ込み宿)を思い出す。

敵地潜入2012③アメニティー完璧?の釜山の宿♪

■朝食付き
上の料金は朝食付き。
ホテルの半地下が食堂になっていてここで食べる。
IMG_1667-0720.jpg
IMG_1668-0720.jpg
メニューは豊富に見えるが、よく見ると大したものはない。

IMG_1669-0720.jpg
チキンニュードルだったけか?
まあ、インスタント麺ね。。。
結局ここで食べたのはこの一回きり。
だって宿の周りは美味いフォー屋がいっぱいあるからここで食べる理由がない。

■その他
受付は2−3人が交代でやっていたが、女の子2人は完璧な英語を話す。
あまりにも完璧なんで???ってなことも(笑)
完璧な対応と笑顔♪
ベトナム人のイメージと違いすぎるので少々びっくり(笑)

一応ツアーデスクもある。
IMG_1674-0720.jpg

ここに宿泊した時に起こったことはここで既に記事にしたのでこれ以上は書かないが、7泊中困ったことや嫌な思いをしたことはなく、快適な滞在であった。

なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、実体験@ハノイ
続・なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、命の値段@ハノイ

位置、料金、部屋の程度、スタッフ・・・どれを取ってもオススメできるポイントばかり。

ハノイでは既におすすめホテルとして2つ紹介してきたが、料金的にはここが一番安く、今後のハノイ滞在はこの3つを適宜選んでいこうと思っている。
杜の都ハノイ(3)ハノイのお勧めホテルParkson Hotelでオレの価値観が変わった?
ハノイおすすめホテルが2つできた。パークソンとビンアン・ホテル、決定的に違うのはシャワールームのドア(笑)《2017ハノイ(5)》

≪大まかな身分別おススメホテル≫
日本では1万円以上のシティー・ホテルが普通:ビン アン ホテル ハノイ (Binh Anh Hotel Hanoi)
東横インクラスで十分:パークソン・ホテル(Parkson Hotel)
日本では安い民宿ばかり;ハノイ・オールドクォーター・ブティック・ホテル/Hanoi Old Quarter Boutique Hotel

オススメです♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT