脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最近、バンコクの路線バスにモニターが付き始めたけど???

今年に入って以降歩き回ってばかり。

「日本行き」の話が終ったら「パトゥンターニへのバスの旅」「ハノイへの旅」「博物館めぐり」と続く。
その後には3月の「マレーシア」、4月には「イギリス」、5月にはまた「日本」と休む暇もない。。。

いや「暇がない」というより、「暇があり過ぎ」てやりたいこと、書きたいことがいっぱいってことか?

たぶんその間にまた「県庁制覇の旅」を挟むことだろう。

本格的に暑くなったら何もする気が起きなくなると思うので、今のうちに行動しておこうっていうわけ。

そのほかにも「銀行・インターネットバンキング」や「googleマップ」の話など、ブログネタが尽きず追いつかない。


日本行きの話はあと1話程度だけど、今日日曜日はちょっと気がついたことを。

***

2月にハノイからスワンナプームに戻った時、タクシーがあまりにも激混み・長蛇の列だったので、久々に路線バス555番に乗って帰って来た時の話。

オレンジ色の普通のエアコンバスに乗ったら、運転手席の後ろに真新しいモニターがあった。
IMG_0353-0225.jpg

あれっ?こんなのあったっけ???

さすが〜、空港を起点とするバスは違うね〜


と思った。
画面はไม่มีโปรแกรม No program playと表示されていて、特に何も映し出してはいなかったけど。。。

***

後日、普通のノンエアコンの赤バスに乗った時。
IMG_0424-0225.jpg

あれっ?このバスにも付いてるよ、モニターが

こんなオンボロバスに似つかわしく無いな〜、真新しいモニター


ここも同様ไม่มีโปรแกรม No program playと表示されていて、何も映してはいなかった。

***

これって何のためのモニター?

ここでCM流して広告収入を得るためかな〜?
それとも、まさか「次のバス停は○○でございます」なんて表示しようとしてるのかね〜?
まさかね〜、99%ありえない。

以前、バスのGPSと連動させて、一部の大きなバス停で「次に来るバスの番号が表示されるシステム」をやり始めたが、あっという間に無くなった(笑)のを思い出したよ。

久々に白バスに乗ったらこれにはモニターが2つ。
IMG_0426-0225.jpg
IMG_0430-0225.jpg
CMとドラマ(予告編?)みたいのを放映していた。ちょうどスピーカーの真横に座っていたけど、ほとんど聞き取れないね、くぐもっていて。

これは比較的新型のバスだから以前から付いていたのか?オレのよく乗る路線には走ってないんで詳細は不明。。。

まあ、何れにしても何かをやり始めようとしてるんだろうね?
でも、そのうち何事もなかったように無くなってる予感がする・・・

結局、モニター販売会社とB○T○の幹部だけが儲かったって話になるのか???

何をやり始めるのか?ちょっと見ていきましょう♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知ってた?ロット・トゥに乗る際、どの席が一番安全か?

今回の旅でいろんな車両に乗ったが、どの車両にも前方にこんな感じの表示があった。
IMG_8941-1227-1.jpg
ウドン→ビエンチャン国際バス車内

2557(2014)年5月11日以降、シートベルトを締めていない乗客には5,000バーツの罰金が科されます。
運輸省 陸運局
シートベルトを締めていない乗客を見かけたら1584まで報告を
บขสボーコーソー

👉まともに受け取ったら電話回線パンクするよ。

IMG_9533-1227.jpg

乗客の皆様へのお知らせ
乗客の方はシートベルトをお締め下さい。
万が一従わない方には法に従って5,000バーツの罰金が科されます。
また、輸送会社はいかなるケースにも責任を負いません。

この度はご乗車頂きありがとうございました
ウタイターニ→モーチットのロットトゥ車内

5,000バーツはかなりの高額罰金だね。
知らなかったよ・・・

👉完全にバカにして無視していると、痛い目(恣意的に適用される)にあうかもね?

***

ナコンパノムのボーコーソーで見た注意事項

IMG_9143-1227-1.jpg

安全にロットトゥに乗車する10のコツ
1、黄色のナンバープレートのロットトゥだけを利用する。
2、座席数以上を乗車させるロットトゥを利用しない。
3、改造車のロットトゥを利用しない。
4、車両に行き先(区間)表示のないロットトゥを利用しない。
5、乗車したらシートベルトを装着する。
6、緊急連絡先を頭に焼き付けておく。
7、車に燃料を注入中は毎回車を降りる。
8、300km以上の距離ではロットトゥを利用しない。
9、危険なロットトゥは利用しない。例 恐ろしいほどにスピード出す。
10、バス停や停留所以外でロットトゥを乗り降りをしない。

👉2,5,9,10はやってない(守られてない)ね。路線バスの7は恒常化されてる。

あぁ、ちなみにロット・トゥってのはこんな乗り合いバン。
IMG_9532-0107.jpg
中短距離専門でバスより早く、特に地方での都市間輸送では今や主力。

なかなか親切丁寧な注意事項ですね〜、まるで日本みたい。
こういうのってタイにはあまりなかったような。。。タイらしくない。

というか、そもそも現実を直視していないというか。。。

「運転手が法律」
これがタイの現実。

でも、以前に比べりゃあかなり良くなっている気がする。

***

そんな中、正月に大々的に報じられた25人死亡の大事故。
タイ東部で2台が正面衝突、炎上 25人死亡
(news clipより)

結果は大惨事だが、事故自体はよくある2台の車の衝突。
2台で25人って、バスなら分かるけどロット・トゥ(15人中14人死亡)とピックアップ・トラック(12人中11人死亡)で25人。。。特にロット・トゥは衝突のショックで炎上して脱出できなくて焼死したらしい。

タイでは路線バス、ロット・トゥでの事故がとてつもなく多いし、みな簡単に死んでいく傾向がある。

で、先日Facebookを見ていたら、これに関連する記事があり、死ぬ可能性を少しでも減らすためには少しは役に立つかも?と思いじっくり読んでみた。

多少の誤訳は見逃してね。

***

เตือนแล้วนะ รู้ไว้ไม่เสียหาย “การเลือกที่นั่งบนรถตู้” ที่มีโอกาสรอดมากที่สุด

「ロット・トゥに乗る際、どの席に座れば助かる見込みが一番高いのか」

1. การเลือกใช้บริการรถตู้ ควรเลือกใช้บริการที่มีแผ่นป้ายทะเบียนรถสีเหลือง หมายเลขทะเบียนรถสีดำ ด้านข้างรถระบุชื่อผู้ประกอบการขนส่ง และเครื่องหมายการเข้าร่วมบริการ พร้อมระบุชื่อเส้นทางและหมายเลขเส้นทางอย่างชัดเจน

1、ロット・トゥを利用する際は必ず黄色のプレートで黒の登録番号を付け、車側面に輸送業者名、行き先表示や番号が明記されている車を選ぶこと。
1051960106926910591095105.jpg

👉ボーコーソーにいる車は、ほとんど大丈夫だと思うけど。

2. การเลือกที่นั่ง เลือกนั่งบริเวณตอนกลาง หรือด้านขวาของรถที่อยู่ฝั่งเดียวกับพนักงานขับรถจะปลอดภัยที่สุด เพราะตามสัญชาติญาณของคนขับแล้ว จะไม่นำตัวเองเขาสู่ความเสี่ยง ตรงกลางทางด้านขวาจะมีโอกาสรอดชีวิตมากยามเกิดอุบัติเหตุ ไม่ว่าจะนั่งเบาะแถวไหนทางด้านขวา หลีกเลี่ยงการนั่งใกล้ประตูรถ เพราะเป็นส่วนที่มีโครงสร้างเปราะบาง หากประสบอุบัติเหตุรุนแรง ประตูรถอาจยุบตัวเข้ามาหรือเปิดออก จนผู้โดยสารถูกอัดติดอยู่ในรถหรือถูกเหวี่ยงออกนอกรถ ทำให้เกิดอันตรายรุนแรงขึ้น หากจำเป็นต้องนั่งริมประตูรถ ให้ล็อคประตูรถทุกครั้ง จะช่วยให้ปลอดภัยมากขึ้น รวมถึงควรคาดเข็มขัดนิรภัยทุกครั้งที่เดินทาง เนื่องจากเข็มขัดนิรภัยจะยึดลำตัวมิให้กระแทกกับอุปกรณ์ต่าง ๆ ภายในรถ และผู้โดยสารรายอื่น รวมถึงป้องกันการกระเด็นออกจากตัวรถเมื่อประสบอุบัติเหตุ โอกาสรอดมากกว่าอยู่ข้างนอก และทำให้เป็นนิสัยเพื่อการเดินทางที่ปลอดภัยมากขึ้น ช่วยลดความเสี่ยงต่อการบาดเจ็บรุนแรงและเสียชีวิตได้

2、もろい構造であるドア近くを避けて真ん中の席を選ぶ。また、運転手は本能的に「自分を危険にさらそうとはしない」ので、運転手と同じ右側の席が一番助かるチャンスがある。

ドア近辺は、大きな事故の場合内側に陥没するか外れる可能性があり、乗客は押しつぶされたり車外へ放り出され、重大な危機をもたらす。もし、ドア付近に座らざるを得ない場合、毎回ドアロックをすることによりより安全になる。

乗車中は常にシートベルトすること。シートベルトをしていれば胴体が固定され、車内の機器類や他の人に激突しない、また衝突のショックにより危険な車外へ飛び出すことを防ぐため。
1051960106926910591095101rr.jpg

👉もうちょっと統計学的な見地からのアドバイスが欲しいところだが。。。
ってことは、4,5,7,8,10,11辺りが良いってことかな?
でも現実問題として、座る場所が選べない場合は少なくない。また、毎回ドアロックするのは現実的ではないな〜。
それに、今回助かった唯一の人は車外に放り出されて助かったんじゃない?
まあ、死ぬときはどこに座っても死ぬんだということだ。

ちなみにオレ的には5が特等席かな?足元が広いし、前のスペース(運ちゃんの座席のすぐ後ろのスペース)に荷物が置けるから。この席は争奪戦。


3. ไม่ควรนอนหลับขณะเดินทาง เพราะหากเกิดเหตุฉุกเฉิน จะได้มีสติ และสามารถช่วยเหลือตนเองได้อย่างปลอดภัย ควรหากิจกรรมอื่นทำในระหว่างเดินทาง เช่น ฟังเพลง เล่นเกม คุยโทรศัพท์

3、移動中は眠らないこと。緊急時意識があれば身を守ることができるので、移動中は音楽を聴くとか、ゲームをするとか、電話で話をするとか何かをすべき。

👉電話はチト迷惑だな。。。

4. หมายเลขสายด่วนที่ควรจำ

1584 สายด่วนผู้คุ้มครองผู้โดยสายสาธารณะของกรมการขนส่งทางบก
1193 ตำรวจทางหลวง
191 สายด่วนตำรวจ


4、緊急連絡先を覚えておくこと。
1584:陸運局の乗客保護センター?(コールセンター?)
1193:高速道路警察
191:警察(日本の110番)

👉これは生存している同乗者にお任せか・・・

👉最初の記事(安全にロットトゥに乗車する10のコツ)とダブるところはあるけど、さすがに「安全な座席」は書いてなかったね。そんなこと書いたら、出発前に座席争奪戦で死人が出るかも?

***

タイのお偉方のみなさん。
高速鉄道に巨額の投資をする前に、道路の整備(穴ぼこだらけの道も少なくない)やガードレールを作ったりする方が先じゃないでしょうかね〜?

まあ、庶民は代替可能な生き物だからそんなこと知っちゃいないって?

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった○○の”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワンポイント・アドバイス/スワンナプームから乗るタクシー、そのメーターは大丈夫?

これ、以前のyahooブログの時にも書いたことがあるのだが、スワンナプームから乗るタクシーのメーターが正常かどうか?を確認する方法です。

最近は極々少なくなってきた異常なスピードで料金が上がり続ける「ターボメーター・タクシー」
減ってきたとはいえ、いろんな方の記事をみているとまだまだ健在のようです55

これって実際に走ってみないとまず見抜けないことが多く(*1)、特に不慣れで相場が分からない旅人は、実際のメーターをみても料金が「正常」なのか「異常」なのかなかなか分かりにくいよね。。。

(*1)「日除けと称してメーターに雑巾?をかけて目隠しする」「飾り物が異常に多くてわざと見えないようにしている」等わかり易いのもあります。

ということで、あなたの乗ったそのタクシーメーター、正しく作動してますか?

こうすればそれが一発で分かります。

***

《見抜く方法》

1、バンコクでの初乗りは「35バーツ」。これは必ず確認すること。
走行距離によって1kmあたりの料金が違うようだが、基本は2バーツづつ上がっていく
(料金の基本については他のサイトを参照方)

2、通常、市内中心部に行く時は、空港構内を抜けると電車(スカイトレイン)の高架線沿いに北上する。

3、しばらく走るとサムスンなんかの大きな看板が見えてくる辺りをほぼ直角に曲がって西に向う。

の箇所ですね。
タクシーメーター

4、このが測定ポイント。

このカーブを曲がる時のメーター表示金額を必ず確認すること。

基本は「57-59バーツ」

多少の誤差はあるかもしれない(+2バーツ、-0バーツ)が、まあ基本は57バーツ(最初の35バーツから11回=22バーツ上がる)。

あなたの乗ったタクシーのメーターが57-59バーツを表示していれば安心してok♪

もし、その地点で100バーツを超えていたら・・・
ご愁傷様です55

それは「ターボメーター付き」のタクシーです。

***

《対処方法》

1、そのまま乗車し続ける

もし、ターボメーターに乗ってしまっても、途中で文句を言わないほうが良い(と思う)。
なぜなら「途中で降ろされたら途方に暮れてしまう」ので。。。

2、必ず人のいるホテル正面で降りる。

なにかやった運転手に限ってホテルの前に付けずに、手前で降ろそうとする可能性があるけれど、必ずホテルマンのいる辺りで降りましょう。
(タイで1度、アメリカで1度経験あり)

3、対処方法(1)オススメしませんが・・・

人が多くいる場所で降りてからメーターを指さして「てめー、なにメーターいじくってちょろまかそうとしてんだよー!オレは知ってんだぞー、オマエがやってること!」と言いながら(日本語可)乗車票を運転手に見せ付けましょう
(ベトナムで2度経験あり、ただし英語で)

もしかしたら相手が折れてくるかもしれません。
「じゃあいくら払う」って言われたら200〜250+50=250〜300バーツ(市内中心部の場合)と答えれば納得するでしょう。

ただし、やりすぎるとダッシュボードから飛び道具が出てくるかもしれないし、後で飛び道具を持って仕返しに来るかもしれないので、ほどほどに
(料金トラブルかどうか原因は不明も、降車後運転手にナイフでメッタ刺しにされて死んだファラン客がいた)

対処方法(2)オススメ

相手が分かる言語(タイ語・英語)で「メーター表示の○○○バーツは普段の△倍だ。後でしかるべきところに報告するんでそのつもりで」と冷静に言いながら乗車票を見せる。
(「後で警察に報告しておく」と言った経験あり)

運転手が折れる可能性高い。

対処方法(3)これもありかな?

言われた金額を素直に払う。ただし、1バーツ単位でぴったりと。
相場の2倍でも500バーツ程度。
日本円で1,500円なので、あぁ〜運が悪かったな〜と諦めるのもひとつ。
(通常200バーツ強のところ渋滞もないのに350バーツということがあったが、面倒なので素直に払った経験あり)

ただし、1,000バーツやそれ以上であれば、今後のこと(後に続く旅行者)も考えて「対応(2)」が良い。と思う。

***

これじゃあワンポイントじゃないじゃんって?
まあね。。。

注意

渋滞で停車中には日本同様メーターが上がるし、渋滞を避ける等ルートによって料金は変わってくるので勘違いしないように。まあ、100バーツ(300円)程度の差額なら「タンブン」と思って払った方がすっきりか?

こういうことをやってるヤツは元々まっとうじゃないので、日本でいう逆切れ(タイでは普通)される可能性が高い。
ただ、「しかるべきところに報告されると空港出入り禁止になる可能性」もあるため交渉に持ち込める可能性もそれなりに高い。
ただし、文句を言うときは必ず人(できればホテルマン)のいる前で。

***

その他参考情報(初心者向け)

1、空港発のタクシーは料金+50バーツ。
降りる場所にもよるが、市内中心部(スクムウイットsoi1-30程度)ならメーター表示は200-250バーツ程度なので+50バーツ払うこと。逆方面(市内→空港)ではこの50バーツは不要。

2、空港で乗る際にもらう乗車票(駐車Noが入った紙)を運転手に渡しては絶対ダメ。
番号違いを避ける為に見せる必要はあるけれど、必ず取り戻すこと。
返してくれない場合は「100%」なにかやってくるので身構えておくか、車を降りること。
(1度経験あり)

3、高速代は別に自分で払ったほうがスムース。

4、以前は2割くらいの確率でなんらかのちょろまかしをやってくる(定額提示含む)運転手がいたけれど、今は経験上ほとんどいない(いても1%前後?)。
なので「タクシーは危険」ということはあまりないので安心して利用しましょう♪
(ダメなやつ、ヤバいやつはどんな国どんな社会にもいます)

5、親切丁寧かつ正常料金を請求してきた運転手には50バーツくらいチップを渡しましょう。
100バーツ渡せば相当感謝してくれて、お互い気持ちが良いもんです♪

おしまい・・・


“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一歩前進一歩後退。。。あぁ〜、やっぱりタイランド♪

ちょっと前に「バス停にルート図が貼り出されていて便利になったね?」っていう記事を書いた。

バンコクの路線バスがちょっと便利になった♪

こんな感じだった。
IMG_7933-0703.jpg
IMG_7932-0703.jpg

が、7/16にバス停の前でバスを待っていると、なにか違和感が・・・
IMG_8009-0717.jpg

あれっ?もうなくなってる55

あぁ〜あ。。。

なにか間違いがあった?
それとも風に飛ばされたか・・・

一瞬にして元に戻りました。

一歩前進一歩後退。
あぁ〜、これがタイランド♪

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクの路線バスがちょっと便利になった♪

今年も半年が過ぎた。

今年のブログ記事数の傾向をカテゴリー別に昨年と比較してみると、
タイ:185→44、年間に直すと推定88つまり昨年比48%
日本: 47→45、年間に直すと推定90つまり昨年比191%

その他「ベトナム23記事」「ラオス19記事」「台湾9記事」と、ほとんど旅行ブログになりつつある

数字はいずれも6/30現在

本来は「留学+タイ情報を発信」を主にした「備忘録兼日記」のつもりだったが、勉強は中断(住んでるだけで勉強にはなるけど・・・)し日本を始め海外で遊び呆けている今日この頃。。。

これではイカン!ということで、6月後半くらいからはタイ関係の記事を増やしているので、懲りずにお付き合いください。

***

今日はバンコクの路線バスの話。

バンコクには無数と言ってもいいくらい路線バスルートがある。
しかし、旅行者や短期滞在者にはチト使いづらいはず。

その最たる理由が「バスに表示されている行き先やルート表示がほぼタイ語のみ+数字」「公式かつ正確なルート図が無い(または貧弱)」ということではないだろうか?

まあ、これは日本も同じ。
ただ、日本は鉄道網が発達してるから敢えてバスに乗らなくても、まあ大概のところには行ける、特に大都市では。

一方、バンコクは日本の鉄道(地下鉄含む)の代わりにバス網が発達していて、バスに乗れば大概のところには行けるのでこれを使わない手はないのだが、上記の様な理由で使いづらいのは事実。

どの国でも同じだが、一般市民は「普段利用しているルート以外は知らない」というのが基本で、何番のバスが自分の行きたい場所行くのかを周りに聞いても、満足する答えを得られることは少ないはず。

そりゃそうだよね?
日本だって、渋谷駅でその辺を歩いている人に「あの〜魚藍坂に行きたいんですが、どのバスに乗ったらいいですか?」って聞いても???って顔をされるのがオチ。
たまたま高松宮邸の前に住んでいる人がいたら教えてくれるかもしれないけど、って感じかな。

それに、行き先やルートを日本語以外で表示しているバスは見たことがない。

***

そんなあなたに朗報です♪

ちょっと前にトンロー駅下のバス停で番号ごとの路線図があるってことを記事にした。
この路線図、戦勝記念塔のバス停にも表示されているけど、細かすぎて非常に見にくいんだよね〜

バンコク・バスの路線図を初めて見た♪でも、見えないんだけど〜

で先日、近くのラマ9世駅上のフォーチュンタウン前でバスを待っていた時のこと。
IMG_7933-0703.jpg

ん?
あれ〜、バスの番号と行き先(タイ語・英語)が表示されている〜

これは分かり易いね〜

裏に回ってみると・・・
IMG_7932-0703.jpg
おぉ〜、ルート図だ♪

完璧じゃないか〜、やるね〜BMTAも♪

これさえあれば「XXX番が来たけど、これって○○を通るのかな?」ってな迷いもなくなるはず。
走ってくるバスの側面を見て瞬時にそのルートを識別(*1)するって面倒なことも、事前に知っておけるので余裕でバスを待つことができる、ハズ。

(*1)バスの側面には経由する場所が大まかに書いてあるが、多くはタイ語のみで瞬時に判断するには高度なテクニックとタイ語知識が必要だった。大きなバス停ではバスが完全に止まるから読み易いが、それ以外はごく短時間で自分の行きたいところを通るか判断しなければならなかった。これで何度も失敗しているオレ

日本じゃ当たり前のことでも、ようやくって感じ。
まあ、普段使っている人は、自分の乗るバスの番号だけ分かっていれば何の問題もないので、8割以上の人には不要な表示かもしれない。日本の電車でも「次は○○駅に停車します。XX方面はお乗り換えです」って言うアナウンスも、普段乗っている人からすれば不要なアナウンスと一緒かな?

でも残り2割の人は、これで多少は使いやすくなったバンコク路線バス。
普段利用しているバス以外も経由地・終点が表示されているので、こんど他の番号のバスにも乗ってみよう♪と思うオレであった。

ただし注意点がある。
1、これはタイという国の常だが、間違いや変更しても改定しないことも少なくない。
古くなって読みづらくなった後、ルートや行き先が変更になった後に、ちゃんとメンテナンスされるかはかなり怪しい。

2、すべてのバス停に設置されているかは不明。

3、ある程度バンコクの地図が頭に入っていないと分かりづらいので、市販のバンコクバスマップと併用するとより効果的。


これ1冊あると超便利。これで予習してからバスに乗ろう♪

自分の乗りたい場所から行きたい場所を調べるには、こうしたアナログ地図が一番分かり易い。

初めて乗るルートのバスの場合は、料金徴収に来た車掌に自分の目的地を通るのか確認することを忘れずに(*1)

(*1)エアコンバスは行き先を言う必要があるので問題ないが、ノンエアコンの料金固定バスでも念のため行き先を言った方が良い、と思う。

さあ、これであなたも自由自在に行動できる♪かも?55

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT