脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暇つぶしに行ってみた(5)航空機マニアでもまあまあ満足かな?タイ空軍博物館

National Memorial(赤いピン)を堪能したら次は近くにある空軍博物館(青いピン)へ


National Memorialから近そうに見えるけど4km弱あるんで、素直にバスに乗りましょう。
多分ここを走るバスならどれに乗っても問題ないと思う。
博物館のほぼ正面のバス停で下車。

***

ここはドンムアン空港の真裏。
ドンムアン空港は100年以上の歴史を誇る空港。

これは100周年の時の飾り付け
img_3-0313.jpeg
img_4-0313.jpeg

***

ちなみにこの空港に初めて降り立ったのは1989年の3月。もう30年近く前のこと。
この時は、成田→マニラ→バンコク→カイロというルートで初の海外で一人旅。
ドンムアンはトランジットだったので入国はしなかったが、空港内を隅々まで歩き回り「山菜ใใใใใใ」みたいなタイ文字を初めて見て「これは読めないな〜」と新鮮な驚きだったことをよく覚えている。

***

元々空軍飛行場であり、現在でも軍との共用空港のため空港の周りには空軍関連施設が多い。
その一つがここ空軍博物館/Royal Thai Air Force Museum。
IMG_0505-0312.jpg

それでは入ってみましょう。
IMG_0506-0312.jpg

***

IMG_0508-0312.jpg

門の横に守衛室があるので、一応「入っていいですか?」と確認。
よくわからない場合はちゃんと許可・確認をとって入りましょう。これは世界共通のマナーですね。

入場料は無料。開館時間等は以下を参照。
IMG_0507-0312.jpg

入り口には飛行機の斬新なディスプレー
IMG_0527-0312.jpg
ここも小・中学生の見学者がいっぱいいました。
この日はイスラム系学校の生徒がいっぱい。

入り口にいた人(軍人)に写真撮影可否確認をして内部へ。

まずはタイ空軍の歴代軍機絵巻
IMG_0509-0312.jpg
IMG_0510-0312.jpg
IMG_0511-0312.jpg
三菱、中島、立川、往年の名機のオンパレードです。
へぇ〜、九七式爆撃機もあるね〜
なんだかフランス空軍のマークに似たタイ空軍のマーク付きの日本機はなかなかお目にかかれません。

IMG_0521-0314.jpg
これはキ27つまり九七式戦闘機のエンジンですね。
これもタイへ輸出されていたようだ。

戦前戦中期は、日本の航空機産業が光り輝いていた黄金期。

途中にあった戦勝記念塔の昔の写真。
IMG_0512-0312.jpg
やっぱり何もないところに建てたんだね。
このころこの周辺の土地を買い占めてたら、今頃大金持ち間違いなしだな。

***

さて、戦後はというとこれは日本もタイもアメリカ機一辺倒。
IMG_0524-0312.jpg
F-86。ドイツの先端技術を盗用?した名機。

IMG_0523-0312.jpg
T−33。これ、オレのサラリーマン時代にも運用されていた練習機。
日本ではK重工がライセンス生産(1955〜)していて、オレのいた会社もT−33用の補用品をいっぱい納めていたっけ。
当時はT-2/F-1に並ぶ稼ぎ頭だった。

オレが会社に入社した直後に用廃(退役)が決定し、その影響でK重工担当の営業担当は苦労してたな〜
最後に見たのは浜松基地だった。

そんなことを思い出させるT−33、これも名機ですね〜

***

IMG_0531-0313.jpg
F-5。これは日本で運用されていないからよく知らないけど、翼が極端に小さいところはF104(通称マルヨン)に似てる。
顔つきはなんだかソ連の戦闘機みたいだけど。。。

IMG_0530-0312.jpg
これなんだったけかな〜、F-5の派生機だったっけ???
上のF-5よりずいぶんスマートな顔つきで、F15やF18に似てきたかな?

IMG_0529-0312.jpg
F-16。タイ空軍の主力戦闘機、かな?
これも日本では運用されていないが、派生の国産機F−2がある。

このF-16は単発エンジン。
オレが緊急脱出装置(座席とともに飛び出すアレ)を作っている某アメリカのメーカーを訪問して工場を見て回っている時、現場の壁に貼ってあった「過去に脱出装置を使った機体一覧」が掲示されていたけど、F-16がダントツに多かったのを記憶している。単発エンジンってやっぱり怖いよね〜

内部の展示品はこんなもんだったけかな?

***

正面玄関前にも数機展示してある。
航空博物館-1
左上:艦載機のようだけど、タイに空母なんてあったっけ?
右上:F-5
下:左の機種名は知らないけど、かなり平べったい。色からして「サンダーバード2号」を連想したよ。

裏に行ってみるとここにもずらりと並んでいる。
IMG_0540.jpg

航空博物館-2
右上のは丸っこくて愛嬌があるね〜
下はお化粧中。

IMG_0539-0312.jpg
一番奥の格納庫はヘリコプターが。

***

少々飽きてきたところにこんな連絡通路発見。
IMG_0544-0313.jpg
さっきいた中学生の団体が隣の建屋に移動しているんでついて行ってみると。。。

おぉ〜、敵機ミグ21でした。
IMG_0547-0313.jpg
説明文を読んでみると「ベトナムからの寄贈品」らしいね。

「昨日の敵は今日の友」
っていうより勝ち組の余裕かな?寄贈するなんて(笑)

機体にはベトナム語。
IMG_0550-0313.jpg

特別「これは〜!」っていう展示品はないけど、航空ファンなら見応えがあるかも?特に日本で運用されていない機体や、かなりクラシックなヘリコプターはそれなりに興味深い。

***

ということで、暇つぶしに行ってみたハズのNational Memorialと空軍博物館。
けっこう興味深く、暇つぶしにしては内容が濃い。
それだけ充実していたってことかな?

この種の博物館ってベトナム(ホーチミン・ハノイ)くらいしか経験ないけど、引けを取らないレベル。

きっかけは「暇つぶし」でもいいんで、ぜひお出かけください♪

そうそう、これから酷暑の暑季に入るタイ。
冷房のガンガン効いたバスに乗って、冷房のガンガン効いた博物館巡りもイイもんですよ♪
電気代の節約という意味でも(笑)

おしまい

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■バンコク・近郊ショートトリップ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暇つぶしに行ってみた(4)暇つぶしなんてとんでもない!こりゃあ再訪しなきゃ、National Memorial その4

ここまでの話は↓を参照。
暇つぶしに行ってみた(1)充実した展示で興味津々・National Memorial その1
暇つぶしに行ってみた(2)曹長殿の個人ガイド付きで見学、National Memorial その2
暇つぶしに行ってみた(3)2-4階はほとんど無人だがタイを知るには最適?National Memorial その3

メインの「軍の歴史と博物館」の建屋を出ると隣に移動。
IMG_0450-0307-5-1.jpeg
IMG_0450-0307-5.jpeg

一人で歩いていた時、ちょっと覗いたけど単なる講堂かと思って入らなかった。

ここではこの壺?ランタン?を熱心に説明してくれたのだが、意味はほとんどわからず。
IMG_0493-0309.jpg

戻ってから写真に写っていたこの単語から調べてみると・・・
IMG_0493-0309-1.jpg

ดินสมรภูมิ๑๐แห่งディンサモーンラプーム=10の戦場の土?

ดินสมรภูมิไทยรบขอม สมัยสุโขทัย/古代スコータイ時代のタイ・クメール戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ในสงครามยุทธหัตถี พ.ศ. 2135/仏暦2135年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ในศึกบางระจัน พ.ศ. 2308/仏暦2308年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ที่ค่ายโพธิ์สามต้น พ.ศ. 2310/仏暦2310年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ที่ตำบลบางแก้ว ราชบุรี ในศึกบางแก้ว พ.ศ. 2317/仏暦2317年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ที่ทุ่งลาดหญ้า กาญจนบุรี ในสงคราม 9 ทัพ พ.ศ. 2328/仏暦2328年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ในศึกถลาง พ.ศ. 2328/仏暦2328年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ที่เมืองเชียงใหม่ พ.ศ. 2345/仏暦2345年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบพม่า ที่เมืองเชียงแสน พ.ศ. 2347/仏暦2347年のタイ・ビルマ戦場
ดินสมรภูมิไทยรบลาว ที่ทุ่งสัมฤทธิ์ นครราชสีมา พ.ศ. 2369/仏暦2369年のタイ・ラオス戦場

の戦場の土らしいが、意味するところ、詳しいことはよく分からない。
しかも、そんなに重要なものが誰でも手に触れることが出来るようなところにポンっと置いてあるってのも不自然だ。。。

あとでwiki先生のお世話になることとする。

***
IMG_0494-0310.jpg

その後、1階の入り口にあったこのラマ5世の像も熱心に解説してくれたが・・・

イタリア産の最高級大理石製、20トンで5万5千米ドル、イタリアからの輸送費30万バーツ
イタリア人の彫刻家を招聘して西暦1994年製作
製作期間3ヶ月で制作費40万バーツ/月、120万バーツ

銭金の記載が細いね〜
なんだか金額が随分安いように思えるけど(総額1000万円強???)

読める人は読んでください。
IMG_0495-0310.jpg

歩くスピードが超速い曹長殿、もしかしてせっかちな性格なのでは?とも感じた。
もう少しじっくり見たいものもあったが、曹長殿のペースで全てが進み過ぎた・・・
いずれにせよ、博物館の2−4階は全く気がつかなかったので、教えてくれて案内までしていただきありがとうござました。

ここで曹長殿とはお別れ。

***

後は、敷地に入った時から気になっていた外の展示物。
IMG_0496-0310.jpg
これって日本陸軍の戦車だろうな〜?と遠目に見ていたが、近くで見て確認。

IMG_0497-0310.jpg
日本製とは書いてあるが「LIGHT TANK TYPE83」から「83式軽戦車」を調べたがヒットせず。
HA-GOとは???と思い、「ハ号」で検索すると「九五式戦車」がヒット。

写真からどうもこれっぽい。
戦前に?タイへも輸出されていたようだし、この車両は元タイ陸軍所属車だったらしい。

追記:อนุสรณ์สถานแห่งชาติのwikipediaを読んでいたら、この展示品について「รถถังแบบ 83 (Light tant Type 95 HA - GO)」と記載あり。
つまり、「タイでは83式戦車と呼ばれている」が、カッコ書きで95式軽戦車ハ号と明記されている。


他にも展示物はあったが写真はなし。

こうして見学を終えて外に出た時には、入館から2時間以上経過していた。
充実の展示物だったが、事前に調べていなかったので???が多かったのも事実。

当初は「暇つぶしで・・・」と思っていたが、こりゃあ、再訪が必要だな〜と感じた訪問だったな〜。

時折響く爆音、すぐ隣にあるドンムアン空港へ着陸態勢に入った航空機。
IMG_0499-0310.jpg
航空機ファンなら、低空で飛来する飛行機をぼ〜っと眺めているのもいいかもしれない。

***

最初に書いた通り、国の歴史は戦争の歴史でもある。
特にタイのように陸続きで他国と接している場合はそれが顕著。

タイは長い間戦乱を繰り返しながら、多少の領土分割はあったにせよ自由を謳歌できる「独立」を維持してきたことは国民の誇りなのであろう。

その自由独立を維持するためには多大な犠牲を伴ったということを忘れてはいけない。
この博物館の外壁には、殉教者(軍人だけではない)の名前が彫られていた。
IMG_0457-0310.jpg


国民の誇りであり多大な犠牲のもとに手にした「ไทタイ(自由)」をไทยタイという国名に充てた、その思いを考えさせられる博物館だったかな?

***

では次に、近くにある「空軍博物館」に行ってみましょう♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■バンコク・近郊ショートトリップ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暇つぶしに行ってみた(3)2-4階はほとんど無人だがタイを知るには最適?National Memorial その3

ここまでの話は↓を参照。
暇つぶしに行ってみた(1)充実した展示で興味津々・National Memorial その1
暇つぶしに行ってみた(2)曹長殿の個人ガイド付きで見学、National Memorial その2

曹長殿の先導でまたこの建屋に戻ってきた。
IMG_0450-0307-3.jpeg
IMG_0453-0308.jpg

曹長殿、歩くのがすごく早くて半分駆け足気味(笑)
で、2階へ
IMG_0450-0307-3-1.jpeg
名声ホール???

【2階】
入ってみると、ここは前国王(ラマ9世)の輝かしい功績を讃えるホールだった。
生い立ちから国王になられて以降の、それはそれは素晴らしい実績の数々。
まさに現人神。。。
IMG_0481-0309.jpg
空軍制服(国王仕様)

IMG_0482-0309.jpg
陸軍制服(国王仕様)

IMG_0483-0309.jpg
海軍制服(国王仕様)

曹長殿の説明にも熱がこもっている?
もうね、いちいちうなずいてこうして写真を撮っていないと「無礼者!」と一喝されそうで(笑)

これ、本当に前国王が着用していた本物かな〜
でも、そんな質問できませんでしたよ、ハイ。。。

もちろんこんなジオラマも
IMG_0484-0309.jpg
知ってますよね?国王が発明されたกังหันน้ำชัยพัฒนาチャイパタナ水車ですよ。

汚水に酸素を巻き込むことで水質改善をするというラマ9世の大発明です(国王の特許とか・・・)。

タイの池には大概これがありますね〜
IMG_8851-0309.jpg
これはラームカムヘン大学の池にあるチャイパタナ水車。

【3階】

IMG_0450-0307-3-1.jpeg

1階が近代戦争のジオラマだとすると、3階は近代以前の戦争、歴史のジオラマ
IMG_0487-0309.jpg

ラームカムヘン大王の時代
曹長殿によるとKing of Kingだそうで、英語表記では「Ram Khamhaeng the Great」となってる。


IMG_0488-0309.jpg
こちらは有名なコラートのタオ・スラナリさんですね。
敵軍に酒を振舞って泥酔させて撃退したという方。
少々卑怯な手とも思うが、実際にやるのはかなり勇気が必要?
その様子がジオラマになってる。

で、これボタンが二つあって、押すと照明がついてタイ語または英語でナレーションが流れる仕組み。
人形は動かないけど。。。

【4階】

IMG_0450-0307-3-1.jpeg

ここは写真がほとんどないので忘れたけど、上の説明書きにあるように国軍の制服が展示されていたような記憶。。。
IMG_0492-0309mm.jpg

まだまだ続く、曹長殿のガイド・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■バンコク・近郊ショートトリップ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暇つぶしに行ってみた(2)2-4階は曹長殿の個人ガイド付きで見学、National Memorial その2

ここまでの話は↓を参照。
暇つぶしに行ってみた(1)充実した展示で興味津々・National Memorial その1

さて中に入って見ましょう。

まずは一番目立つ正面のパゴタ風?の「軍の歴史と博物館」ビル。
IMG_0450-0307-3.jpeg
IMG_0453-0308.jpg

が、どこが入り口だか???
ぐるぐる回っていると中学生くらいの大集団が移動しているのを見つけ、やっと出入り口を見つけた。

それはこの建物の1階だったのだが、このときはこの建物が4階構造になっている(各階に展示物がある)とは知らなかったのだが・・・
IMG_0450-0307-3-1.jpeg

***

【1階】

上の案内板にある通り、1階は「五つの戦場のディスプレイ」。

入り口正面には「タイ国軍最高指揮官」となられた現国王のありがたいお写真。
IMG_0473-0308.jpg
IMG_0458-0308.jpg
この方、陸軍・空軍ではパイロットとしても活躍?されていたようで・・・

メインの5つの戦争とは
「タイ・フランス領インドシナ紛争」「大東亜戦争」「朝鮮戦争」「ベトナム戦争」・・・
あと一つはなんだっけか???
第一次大戦か?

えっ?大東亜戦争だなんて、あんた時代錯誤も甚だしい!好戦派!ネトウヨ!右翼!レイシストだろうオマエ!って?

いえいえ、この博物館では1941−1945年に起こったタイを巻き混んだ戦争を

สงครามมหาเอเซียบูรพา
The Greater East Asia War

つまり大東亜戦争という表記をしているんですよ(タイは日本と同盟を結んで連合国軍と戦ったからだと思う)。
IMG_0467-0308.jpg
バックは開戦の真珠湾攻撃の絵だな。

この言葉を聞くと、母方の婆さんがよく使っていたので懐かしい響き。

日本軍の侵攻
IMG_0465-0308.jpg
IMG_0463-0308.jpg
IMG_0464-0308.jpg
そしてタイもこの戦争に巻き込まれていく。。。

IMG_0462-0308.jpg
そして終わり。。。。

これは朝鮮戦争のジオラマ
IMG_0460-0308.jpg
IMG_0471-0308.jpg
このジオラマの向かい側が社会科見学?の中学生?に大人気の撮影スポット。
凍てつく寒さの朝鮮半島で戦った、君らの祖父さんや曾祖父さんの苦労が分かってるかな?(笑)

当時の写真だが、そのうちこの写真が再現されることを望む(もちろん北進)(笑)
IMG_0461-0308.jpg

***

5つの戦争に関するジオラマや説明文にはちゃんとした英語も併記されているんで、滅多にこない外人だが分かりやすくて良いね。

で、さくっと一周して一旦外に出て隣の建物に移動
IMG_0450-0307-4.jpg
IMG_0450-0307-4.jpeg

ここはその名の通り、建物内部の壁一面にタイの歴史が描かれている。
IMG_0479-0308.jpg
これは王宮かな?

複数の中学生の集団が床に座って、兵隊さんが扮するタイの神様?の説明を聞いていて、時折笑い声が起きる。
面白おかしくタイの歴史を解説しているようだが、こちらはさっぱり聞き取れず。。。

集団が座り込んでいるんで、全容は見れずすごすごと出て行こうと思った時、一人の兵隊さんが近寄ってきて声をかけられた。

「一人で見学ですか?受付は済んでますか?」
「ハイそうです。日本から来ました。受付でサイン済みです」
「タイ語はできますか?」
「まあ、なんとか・・・」
「隣の建物(今見てきた「軍の歴史と博物館」)の見学は終わりましたか?」
「ハイ」
「2階へは行きましたか?」
「えっ?2階?2階があるんですか」
「ありますよ、この建物は1階から4階まであってそれぞれ展示物があります」
「1階はさっき見てきましたが、2階があるとは知りませんでした・・」
「じゃあ、私がご案内しましょう♪」

この方がガイドを務めたくれた方。
IMG_0485-0308.jpg
階級は日本でいう「軍曹か曹長」かな?下士官の最上級位。

と、先導して歩き始めた。。。
さて、それではお言葉に甘えて、曹長殿に案内して頂きましょうか〜♪
IMG_0480-0308.jpg

***続く***

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■バンコク・近郊ショートトリップ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暇つぶしに行ってみた(1)充実した展示で興味津々・National Memorial その1

これも話が前後するが、ハノイから戻ってきた後の話。
まだハノイの記事をUPしていないけど(予約投稿済み)。。。

結構興味深い展示物が多かった「National Memorial(ナショナルメモリアル)」と「空軍博物館」の訪問記を何話かに分けて紹介していこうと思う。

なお、これからハノイの旅日記もUPしていくつもりなので、合間合間に時々挿入するって感じになる予定。

***

ハノイで戦車・装甲車博物館(*1)を見に行った影響か?「タイにもそんな博物館あるのかな〜?あるだろう」と思い「バンコク 軍事博物館」で検索してみるとThe National Memorialという施設に行き着いた。
(*1)詳細はハノイ旅日記に記載予定。
Amazing ThailandのThe National Memorialの案内(英語)はこちら

開館時間等は上記サイトには以下の通り記載されている。
It is open on weekdays from 9.00 am-12.00 pm, and 1.00 pm-3.00 pm. Admission is free. A guide can be requested in advance for group visits by calling 0 2532 1020-1.

この施設に関する日本語の情報がほとんどない。
近くにある「空軍博物館」については多くの情報があるのに。。。なんでだろう?

結果的には空軍博物館の何倍も興味深かったので、皆さんも是非行ってみてくださいな。

上記サイトの英文紹介文を直訳調に要約(google翻訳を多少きれいにした程度)すると
国立記念碑は軍隊教育局、最高司令本部の監督下にあります。
王国を守るために住んでいるタイ人の祖先の英雄的行為を称賛・記念するもの。

また、ジオラマフォトギャラリーを通じてベトナム戦争や朝鮮戦争における海外タイ軍の任務、タイの歴史やなどの主要なタイの戦いを知らしめる博物館です。


追記👉อนุสรณ์สถานแห่งชาติ
wikipediaタイ語版があったので追記

ということらしい。
これは興味あるね〜

結局のところ、国の歴史とは戦いの歴史。
建国から現在に至るまでの戦争に関わること、王室に関わること(国王は軍の最高司令官)が軍により展示、紹介されている施設。

小学生・中学生の団体ツアー(社会見学?)も多く、駐車場には大型バスが何台も停まっている「タイではメジャーな博物館」なのだが、「戦争嫌い=戦争には目を瞑るor過度のアレルギー」を持つ(持たされた?)我々日本人には縁遠いのかな?

ということで行ってきました。

場所はここを参照

赤いピンがNational Memorial(所在地はパトゥンターニ県)
青いピンが空軍博物館

***

2月24日

Google mapで調べると、戦勝記念塔から39、503、522番のバスで行けるらしい。
IMG_0418-0306.jpg

まあ、この情報は結構眉唾なのだが、合わせてバスマップで確認して出かける。

戦勝記念塔のバス乗り場に行くと522番のバスが停まっていた。
ラッキー♪
IMG_0426-0225.jpg
ただね〜、フロントガラスにExpress wayって表示があったので、念のために車掌に聞くと「行く」とのこと。
23バーツ
ちなみに、車掌に言った目的地はすぐ近くにある「空軍のスタジアム(Thupatemi Royal Thai Air Force Sports Stadiumสนามกีฬากองทัพอากาศธูปเตมีย์)」。
IMG_0421-0307.jpg

***

バス停を出るとすぐに高速道路に入る。
nationalmemorial route
最初の1/3位は高速道路を走行するのでサクサク進むのだが、全然違う方角だったので「ほんとに行くの〜?」と不安になるも、約1時間15分で到着。

降りたバス停付近。
IMG_0443-0227.jpg

ここをバスの進行方向に行くとバンコク都の境界線がある。
IMG_0446-0227.jpg

IMG_0501-0307.jpg

そして、ここから先はパトゥムターニー県のクーコット市。
IMG_0447-0227.jpg

National Memorial の標識もあります。別名「軍事博物館」、まあ内容はまさにその通りだった。
IMG_0448-0227.jpg

さあ入ってみましょうか。
IMG_0449-0227.jpg

ところでここ入場料はいるの?
そもそも軍の施設に外人が入れるの?

web上にはほとんど情報がなかったので恐る恐る入ってみると・・・

***

入り口の横に守衛所があったが誰もいない・・・
その横で何か研磨作業をしているおっちゃんがいたので「入ってもいいですか?」と聞くと、遠方を指差して「あの建物に寄ってきな」と。。。

指差した先には丸い建屋
IMG_0449-0307.jpg

案内板は全てタイ語(ただし展示物には英語併記)
national memorial1

小屋の中には兵隊さんらしき人がいて、中に入って再度「入っていいでしょうか?」と聞くと「どこに?」って。。。
どこに?って言われても博物館しかないでしょう〜?
「あの〜、博物館に入りたいんですが・・・」

「いいよ、そこにサインして」
と言われた先には「日付、住所、氏名、電話番号」等を記入する用紙があり、前の人に倣って書いた。
一応全てタイ語で記帳。

「これでイイっすか〜?」と聞くと、オレの書いた子供のようなタイ文字を見ながらニヤニヤ笑っていたっけ。

兵隊さん「博物館は(指差しながら)こことあそこの2つ建物があるよ」
オレ「写真とってもいいですか?」
兵隊さん「いいよ〜」

とのことで、それではまず真ん中にあるド派手な建物Military History & Museum Buildingと書かれた方から入ってみましょう♪

入場無料のようだね。
IMG_0801-0307.jpg

受付のところにあった英語のガイドブック(パンフレット)をもらっておいたけど、途中で「兵隊さんのガイド付き」になったんで結局見なかった。。。

博物館の全容はここを参照(拡大してみてね、英語併記あり)
IMG_0450-0307-1r.jpg

***続く***

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■バンコク・近郊ショートトリップ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT