脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

病院で使えるタイ語(特に耳鼻科と外科)

今日のタイ語
記事自体が「今日のタイ語」なので今回はお休みです。


「耳が聞こえなくなった」「自転車転倒による裂傷」

まあ、不運というか誰しも合いたくない出来事なのだが、そういった中でしか知り得ない言葉がある。
ポジティブ思考で今回知った&結構使った病気・事故・病院用語を並べてみよう。

注:日本語でも同じだが、言い回しは無数にあるのでここに書いたのはほんの一例



病院共通

■病院

โรงพยาบาลローン・パヤバーン;看病する大きな建物の意

■医者
หมอ /モー(口語)
แพทย์ /ぺェート(文語)

อาจารย์ /アジャーン〜:~先生
基本的には学校の先生・教授を指す言葉だが、病院内の放送で「อาจารย์~」と盛んに呼びかけていたので、病院内では医者もこう呼ぶのか?それともどこかの医大の教授だからか???

■患者
ผู้ป่วย/プープゥアイ:病人の意
คนไข้/コン・カイ:病人の意

これらを使って
คนไข้ออก/コン・カイ・オーク:外来患者
คนไข้ใน/コン・カイ・ナイ:入院患者

■診察カード
IMG_2985-1008mr.jpg
上はラマ9世病院、下はサミティヴェート病院の診察カード

บัตรคนไข้ /バッ(ト)・コン・カイ:患者カードということ
でも、オレはこの単語を知らなくて、ずっとบัตรโรงพยาบาลバッ(ト)・ローンパヤバーンつまり病院カードと言っていたが、まったく問題なく通じてたよ。

■海外旅行保険
海外旅行傷害保険=ประกันสําหรับการบาดเจ็บระหว่างเดินทางต่างประเทศ
直訳:海外旅行時受傷用保険

長ったらしいので省略して
保険= ประกัน /プラガン(パガンと聞こえる)

これを持ってるか?受付で100%聞かれる。

保険の種類によって証書を見せれば自己負担なしの保険と、一度立て替えて後で請求する保険がある。
オレは「建て替えの保険」だったので、受付や看護婦から「保険に入っていますか?」と聞かれたら「入ってますが後払いのやつです」と言った。

まあ、ちゃんと支払い能力があれば特に保険の有無は関係ないのだろうが、ここで「保険には全く入っていません」と答えると、たぶん「医療費の支払い保証」を求められるかも?

クレカを持ってれば大丈夫だろうが、それもないと財布の中身を調べられるかも?

■治療費
ค่ารักษาพยาบาล /カー・ラックサー・パヤバーン:そのまま治療費

■診断書/medical certificate
ใบรับรองแพทย์ /バイ・ラップローン・ペッェート:医者の証明書の意

これも「診断書は必要ですか?」とまず間違いなく聞かれる。
必ずもらっておこう。海外旅行保険請求には必須(治療費による)だし、もし保険に入っていなくても帰国後に健康保険へ請求すれば一部が戻ってくる。

耳鼻科で

■耳鼻科(耳鼻咽喉科)
แผนกหู คอ จมูก /パネーク・コー・ジャムーク:耳喉鼻科の意

■耳がよく聞こえません

受付・看護師・医者:どうしましたか?เป็นอะไรหรือペン・アライ・ルー?
患者:耳がよく聞こえませんไม่ค่อยได้ยินマイ・コーイ・ダイイン
受付・看護師・医者:いつからですか?ตั้งแต่เมื่อไร/ タンテー・ムアライ?เริ่มมีอาการเมื่อไหร่ルーム・ミー・アカーン・ムアライ?
患者:ここ2-3日です。鼻も詰まってます。2−3วันนี้ คัดจมูกด้วย2-3ワンニー カッ(ト)ジャムーク・ドゥワイ

「はっきり聞こえない」ということならได้ยินไม่ชัดダイイン・マイ・チャット。ちなみにオレはこのフレーズを使った。

■点耳薬
ยาหยอด /ヤー・ヨーッ(ト)
塗り薬は知っていたが、差す薬は知らなかった。

ยา /ヤー:薬
หยอด /ヨーッ(ト):少しづつポタポタたらす(ザーッと入れるの反対)

ちなみに薬の類別詞はขนานカナーン(ชนิดอย่างでも可)

กินยาキン・ヤー/ดื่มยาドゥーム・ヤー:薬を服用する
ทายา /ター・ヤー:薬を塗る
ฉีดยา /チー(ト)・ヤー:薬を注射する。

外科科で

■自転車で転びました

受付・看護師;医者:どうしましたか?เป็นอะไรหรือペン・アライ・ルー?
患者:自転車で転びました。ล้มจักรยานロム・ジャックラヤーン
受付・看護師・医者:いつですか?เมื่อไร/ ムアライ?
患者:ついさっきです。เมื่อกี้นี้ムゥア・キー・ニー、1時間前です。1 ชั่วโมงก่อนヌン・チュアモン・ゴーン

■外科
ศัลยกรรม /サンラヤカム

■負傷する
บาดเจ็บ /バート・ジェップ

บาด /バート:刃物などで怪我をする
เจ็บ /ジェップ:痛む

บาดเจ็บสาหัส/バート・ジェップ・サーハッ(ト):重傷
อาการสาหัส/アーカーン・サーハッ(ト):重症

■切り傷
บาดแผล/バート・プレェー

แผล /プレェー: 傷

■傷口
ปากแผล/パーク・プレェー

■手術する
ผ่าตัด/パー・タッ(ト)

■7針縫う
เย็บ7เข็ม/イェップ・チェット・ケム

縫う:เย็บ/イェップ
針:เข็ม/ケム

■消毒する
ฆ่าเชื้อโรค/カー・チュア・ローク

ฆ่า /カー:殺す
เชื้อโรค /チュアローク:細菌、病原菌
細菌を殺す

■抜糸する
ดึงด้ายออก/ドゥン・ダーイ・オーク

ด้าย /ダーイ:糸
ดึงxxxออก/ダーイ・xxx・オーク:引っ張って抜く(外す)

■腫れる
บวม/ブゥワム

■破傷風
บาดทะยักバート・タヤック

ฉีดยาบาดทะยัก /チー(ト)・ヤー・タヤック破傷風の接種(注射)をする:
ฉีดยา /チー(ト)・ヤー:注射する

ちなみに狂犬病はโรคพิษสุนัขบ้า
โรค /ローク:病気
พิษ /ピッ(ト):毒
สุนัข /スナック:犬
บ้า /バー:狂った

そのまま「狂った犬の毒の病気」の意

この二つは英語でも覚えておいたほうが良いかも?
破傷風: tetanus〈tétənəs〉
狂犬病:rabies 〈réibiːz〉

注意:タイ語の読みはカタカナで書いが、90%以上の単語はこのまま読んでもまったく通じない。
辞書等で発音を確認してから使用のこと。

また、以前のブログ「サラリーマン流浪記(バンコク編)」の中でも紹介したが、病院用語の日本語⇔タイ語に最適な冊子を再度紹介する。

これは、日本に来て日本語ができないタイ人が日本の病院に行く時のメディカルハンドブックだが、逆の場合でも同じように使えるので便利。これを印刷して持ち歩いていれば安心かもね?

คู่มือสุขภาพタイ語メディカルハンドブック

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

破傷風の接種、タイでやるといくらなのか?日本と比較してみた

今日のタイ語

บาดทะยัก 破傷風
ฉีดวัคซีน 予防接種(をする)

ご存知の通り、10/2に落車転倒してラマ9世病院で7針縫合手術+破傷風の接種を受けたことは何度か書いた。

タイの病院へ行こう♪(2)大流血事故で病院に搬送される・現場検証付き≪閲覧注意≫
タイの病院へ行こう♪(3)大流血事故で7針縫うことに、ラマ9世病院の使用言語はタイ語100%だった

今日11/2は2回目の接種日だった。
看護師からは「どこの病院で打ってもいいですよ」とは言われていたが、面倒なのでラマ9世病院で受けてきた。

で、ちょっと思ったのだが「タイでの破傷風接種はいくらなのか?日本でやったらいくらなんだろう?」という疑問を調べてみたので備忘録としてまとめておく。



破傷風と予防接種

費用を比較する前に、この破傷風についてまとめてみよう。

日本の厚生労働省資料より抜粋
破傷風は、破傷風菌により発生し、かかった場合に亡くなる割合が非常に高い病気です。以前は新生児の発生もみられましたが、近年は30歳以上の成人を中心に患者が発生しています。
 主に傷口に菌が入り込んで感染を起こし毒素を通して、さまざまな神経に作用します。口が開き難い、顎が疲れるといった症状に始まり、歩行や排尿・排便の 障害などを経て、最後には全身の筋肉が固くなって体を弓のように反り返らせたり、息ができなくなったりし、亡くなることもあります。

我が国では破傷風は1950年には報告患者数1,915人、死亡者数1,558人であり、致命率が高い (81.4%)感染症であった。1952年に破傷風トキソイドワクチンが導入され、さらに1968年には予防 接種法によるジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチン(DTP)の定期予防接種が開始された。以後、破傷風の患者・死亡者数は減少し、1991 年以降の報告患者数は1 年間に30 ~50人にとどま っているが、依然として致命率が高い(20~50%)感染症である。

現行の「予防接種法」では、若齢者を対象に定期予防接種として、DTP(生後3カ月以上90カ月未満に4回)と沈降ジフテリア・破傷風混合トキソイド (DT)(11歳以上13 歳未満に1回)の接種が推 奨されている。定期予防接種の非対象者に対しては、沈降破傷風トキソイドを用いた初回接種(4~8週間隔で2回)と追加接種(初期接種後6~18カ月に1 回接種)がすすめられる。


日本以外の情報は少ないのだが以下のような状況らしい
2006年に世界全体で推定290,000人が破傷風で死亡しており、その大半がアジア、アフリカ、南米の人たちです。
日本旅行医学会より

タイ保健省によると、2012年にタイ国内で報告があった破傷風患者は107人で、8人が死亡した。
newsclip.beより

情報は古いがタイでも死者は出ている。

参考までに狂犬病は?というと、「2016年にタイ国内で報告があった狂犬病患者は13人(2015年5人)で、全員が死亡」らしい。

まあ、予防接種が必須か?というと発生率からはそうとも言い切れないが、受傷後の事後接種は必要かと思われる。

■予防接種後の効果はいつまで?

日本では法定接種で子供の頃に破傷風の予防接種を受けている人がほとんど。
しかし、これって一生涯効果が持続するものなのか?というとそういうものではないらしい。

いろんな情報があるが一般的には接種後約10年
つまり成人以降どんどん効果が薄れていっているはず。

かといって、日本で滅多に発症しない破傷風に対して、効果期限後継続的に接種する人はほとんどいないはず・・・

■健康保険適用可否

子供の頃の予防接種は基本的に無料(公費負担)。
だが、それ以降の任意接種は有料で、何もない時に予防接種を受けると100%自己負担、受傷後の接種は保険が効き3割負担(年齢による)となる。

何れにしても金がかかるが、今回タイで接種を受ける機会があったので、この接種費用の日タイ比較をしてみる。

日本で破傷風の接種費用

日本で受けたことがないので、あくまでもネット情報をまとめたもの。

日本での破傷風接種費用:3,000−5,000円/回

調べてみると大体3,500円/回前後が多そうな感じ。
それでも接種は3回必要なので3,500円X3回=10,500円

任意の予防接種だと100%自己負担なのでそのまま10,500円、受傷後の事後接種だと3,150円(3割負担の場合)。
これ以外に各病院の諸費用(初診費用その他)がかかるかもしれない。

タイで破傷風の接種費用@バンコク・ラマ9世病院、2017年

IMG_3157-1103m.jpg
トータル563バーツ
1バーツ=3.44円(2017/11/3)で計算すると1,940円くらいか。

明細
IMG_3158-1103.jpg

***

結論としては
予防接種(100%自己負担)はタイで受けた方がかなり安いが、事後接種(1−3割負担)の場合は日本の方が安い(初診料ほかの経費含まず)。

何れにしてもべらぼうに違うということはなさそうだね。

予防接種を少しでも安くあげたいという人はタイでやるのもいいけれど、この注射3回やらなくてはいけないし特に2回目→3回目は半年以上離れているんで、タイの長期滞在者か頻繁に来ることができる人だけが対象かな?

IMG_3159-1103m.jpg

2回目→3回目は半年以上離れているということは、一般的な海外旅行傷害保険の適用期間(発病・受傷・初受診から180日)という規定を外れるんで、たとえ海外で怪我をして接種しても3回目の費用は保険対象外=自己負担になってしまうってこと。

まあ、2000円の自己負担で生命の危機から脱することができるのであればお安いですがね。。。

次は来年の5/2か〜、忘れちゃいそう(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイの医師の縫合手術の腕前は?丹下左膳にならずに済んだ?

さて、何度か書いているんでこのブログをよく読んでいただいている方々はよーく知っていると思うけど、10/2に落車転倒事故に合い、右目上(眉)に裂傷を負った。

その時の記事はこちらを参照

タイの病院へ行こう♪(2)大流血事故で病院に搬送される・現場検証付き≪閲覧注意≫

タイの病院へ行こう♪(3)大流血事故で7針縫うことに、ラマ9世病院の使用言語はタイ語100%だった

***

で、抜糸の翌日から絆創膏を剥がしているんだけど、さてタイの医者の縫合手術の腕前はいかに?
IMG_3103.jpg

一歩離れて見るとこんな感じかな?

ちょうど眉毛に隠れて言われないと分からないでしょ?
まあ、眉付近は頭蓋骨で一番飛び出てる箇所だから、顔面を強打すると大概ここが傷つくね?

ここって眼球を守るために出っ張ってるんだと思うけど、すごいね〜人体って。

眉毛を剃らない限りほとんど痕跡が見えないから安心安心。

アップするとさすがに跡ははっきり見えるけど。。。
IMG_3101.jpg

オレ自身、縫合手術は初めてなんで、上手い下手は全然わからないし比較のしようがないけれど、以前グラスを洗っている時に傷つけた指の付け根の傷(学生時代、居酒屋でバイト中割れたグラスがぐさっと刺さった)と大して変わらないような気がする。。。この傷は自然完治したんだけど(笑)

もしかして「丹下左膳」のようなくっきりとした傷跡が残ってるのかな〜?とちょっと心配はしたけれど、取り越し苦労だったようだ。よかったよかった(笑)
丹下左膳

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤーバー(笑)持って日本の税関通過は少々心配だった

ヤーバーยาบ้า
ヤーバーとはそのまま「基地外になる薬」の意。
タイのニュースでこの言葉を聞かない週はないじゃないか?と思うほどタイに蔓延している麻薬。

新聞やニュースで大量の押収品を前に警察が自慢げに記念撮影している写真はもう見飽きたくらい。
ヤーバー1
ヤーバー2
大量押収したヤーバー、ちゃんと処分されてるのかな?
なんだか同じものが出回っているような気がするのは気のせいか?(笑)



さて、先月日本に行く直前に、なんだか全身の倦怠感とともに頭痛・鼻づまりが起きて、近所の薬局で薬を買った。
結局、出発までには完治しなかったので、そのままその薬を持って行ったのだが、持って行った薬のうちの1種類がこれだった。
IMG_3017-1016.jpg

これ、Buman-600っていう名前の薬で、調べてみると頭痛薬(日本でいうとバファリンみたいなもの?)。
buman600-1.png

しかし、毒々しい色してるね〜
薬に色があるのは、識別(飲み間違えないよう)だとは思うけど、なんだか口の中に入れるのに躊躇する色。

これね〜なんだかどこかでよくみる色の薬だな〜と思ったらこれだった。
ヤーバー3
ヤーバー4
薬で遊んではいけません!

そう、ヤーバーに似てる(笑)
基本はオレンジ系の色らしいが、もちろんいろんな色のヤーバーがある。

これ持って関空の税関を通過するとき「ちょっと荷物の中を見させてください」と言われたら、多分「これはなんですか?」ってな事態になるかもね?警察犬の登場かも?

結局はオレの知的かつ紳士的な風貌(笑)から「はい結構です」で荷物検査なしで通過できたけど、ちょっと心配していたのは事実。

まあ、頭痛薬だから調べりゃ分かるけど、もしかしたら薬屋が間違えて密売用の偽装したヤーバーを渡してたら?なんて空想を思い描いていた。。。考えすぎだったが(笑)
でも、タイならありえる???

頭痛はこの薬で治ったのだけど、鼻づまりは治ったり再発したりで、タイへ戻る時には少々詰まり気味だった。
これが、タイへの戻り機内での「左耳が聞こえない」という急性中耳炎?につながってしまったのだけど。

タイの病院へ行こう♪(1)左耳が聞こえなくなった…処方された点耳薬に付属していたぶっとい注射針はなに???

***

タイの私立病院の医療費は日本の自費治療費なみに高いが、タイの市販薬は日本の1/2〜1/5程度の値段。
しかも基本はバラ売りだから、箱単位で買わなきゃいけない日本より断然安く感じる。

風邪引いて薬局に行くと、いつもだいたい2種類くらいの薬(3日分くらい)を処方されるけど、だいたい50バーツくらいなんだよね。

しかも、効き目は日本の薬以上。

だからなのかな〜?
お金のない人は病院に行かず、薬だけで治そうと思うから早死にしちゃうのは・・・

まあ、種の存続には優勢な種だけが残るような仕組みがあるって聞くから、そういうことなのかもしれないけどね。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイの病院へ行こう♪(6)ついに高額医療(検査)を受ける。タイで頭部CT検査を受けるといくら掛かるのか?

落車転倒事故で頭を打ったオレ。
傷口は縫合手術で処置完了したが、頭痛やしびれに恐れおののきサミティべート病院を再訪した。

この前の話

タイの病院へ行こう♪(5)転倒の後遺症?くも膜下出血か?再びサミティヴェート病院へ

「お医者さん」という風貌の神経科医師からCT検査の指示を受ける

さて、4番カウンターにもらった紙を渡してしばらくすると、また体重・血圧・心拍数・体温検査だ。

このサミティヴェート病院の検査器具はラマ9世病院と比べるとちょっと旧式。
血圧計は腕にバンドを巻くタイプだし、体温計は普通の体温計。
ラマ9世病院では、腕を機械に通すタイプで体温計は額に機械をピッと当てるだけのやつ。

しばらくすると診察室に呼ばれた。

医者は「あ〜、お医者さん」って感じの高齢で日本人顏。
思わず日本語で話しかけそうになったよ(笑)

この日は最初から通訳(タイ人)が付いていたんで症状を具体的に説明。
この症状の詳細説明は日本語でしか出来ない。
痛いとか気分が悪い程度は言えるけど、「麻酔が効いたようなしびれが続いてます」なんて英語でも説明できないので、ここは通訳の力に頼った。

医者からは転倒事故の詳細を聞かれ、頭の各所の触診(多分他に受傷がないか調べていた?)、各所を押さえて痛みの程度を質問してきた。

更に「縫った時に脳の検査は受けていますか?」と。
そうだよね〜、普通そう思うよね〜?

最後に「目の上から頭部上部にかけて神経が走っているんで、転倒のショックで神経を損傷しているかもしれませんね?これは時間をかけて直すしかありません。おそらく時間がかかるでしょう。左後頭部は首の付け根からの筋肉が傷んでいるんでしょう。咳をすると痛むのはそのせいでしょう。ではCTで脳内の状態を見てみましょう」
ということになった。

***

奥にあるレントゲン室。
この部屋は受付も別室になっていて、内部の作りがちょっと落ち着いた感じ。

なんだか、競馬場の馬主席・貴賓室のような感じ?
ちなみにかつて福島競馬場である人のツテで再奥の貴賓室(普通の馬主でも入れない?最上級の部屋)に入ったことがある。そこは「束単位」で馬券を買う人が多く、異様な雰囲気の席だった。
「午前中だけで1束やられたよ」とか「オレは3束やられた」とか意味の分からない(笑)会話が聞こえてたよ。

話が飛んだ(笑)

しばらく待つと名前を呼ばれ、CTスキャンの部屋へ。
この部屋の設備・雰囲気は日本の一流病院とほぼ同じ。

CT費用っていくらなんだろう〜?

不安になるオレ・・・

気になる診断結果

CT撮影後、元の4番カウンターに戻ると「CTの写真が出来上がるまで1時間かかります。食事にでも行ってきたら?」と看護婦に言われて1階にあるスタバに入る。

IMG_6237-1015.jpg
ホット・ラテ、115バーツ
日本と大して変わらないね。

この病院近辺は日本人街だからか?この病院にも日本人がいっぱい。
このスタバも例外ではなく何人かの日本人がいたが、その中の女性が2人の話し声が結構響く。

日本語でしゃべっているんで話の内容も分かってしまうし、あぁ〜女性の井戸端会議でよくある内容の話でうんざり・・・
言葉が分かってしまうってのは、ある意味嫌な話の内容も分かってしまうんで考えもんだな(笑)

ここには子供を連れた日本人が多いが、その子供たちの傍若無人ぶりは目に余る。
館内に響きわたる大声を出しながら、売店の店先にあるクルクル回すやつ(日本ではハンコとかを入れてクルクル回すやつ、あれ)をブンブン回して、周りのタイ人客に鋭い視線を投げつけられていたよ。
もちろんお母さんたちは知らん顔で井戸端会議・・・

人民並だ

ホット・ラテをマグカップに入れてもらって、持ってきたmacでブログを書いていると、突然スマホに着信が・・・

未登録の電話からだが02で始まる番号なんでバンコクからなのは分かるけど、このタイミングでの電話って「CT写真ができましたので至急戻ってください」って電話だろう、と思ったらその通りだった。

えぇ〜1時間って言ってたからマグカップに入れてもらったのに、わずか20分程度で呼び出すなよ〜

まあ、早いのは悪いことじゃないけど・・・と、一気飲みして4番カウンターへ向かった。

***

一人の老齢な看護婦が「さあこっちへ」と診察室の案内する。
途中で「あなたは英語できますか?」って聞いてきたんで、あぁ〜結果の説明は通訳なしだな〜

「できますが、タイ語でもいいですよ」と大口を叩いて(笑)さっきの医者が笑顔で座っている診察室へ。
以下タイ語。

医者は開口一番「脳には特に異常はありませんね、今回の件とは無関係ですがここに○○がありますが特に何か処置する必要はありません」と。。。

あぁ〜、よかった〜?

ただ、CT写真の左目の下に写っている白っぽい○○がタイ語でも分からず、英語でも説明してくれたがこれも分からず。

だいたい、病名や症状といった医学専門用語は日本語でも怪しいのに、タイ語や英語で分かるわけないじゃん
と思った瞬間、日本語通訳(日本人)が飛び込んできた。

オレ「(心の声:あんた遅いんだよ)今先生からあらかた聞きましたよ、問題なさそうです。ただ、この白いもの(○○)が何だか分からないんで聞いてもらえませんか?」

通訳と医者が会話し始めたが、この通訳も○○のタイ語が分からず「先生、すいませんが英語でいいですか?」と言いながら英語で聞き始めた。

その結果、水疱のようなもので特に悪性であるとか、なにか処置しなければならないということはない事が分かった。

最後に医者から処方される薬の説明があり
処方された薬
IMG_3014-1014.jpg
左からビタミン剤、筋弛緩薬、???(忘れた)

筋弛緩薬は後頭部から首にかけての痛みの原因が「筋を痛めたため」との所見からだが、筋弛緩薬って大量に摂取すると心臓が止まるんじゃない?

以前点滴に注入した殺人事件があったよね?
調べてみるとアメリカの死刑執行薬としても使われているらしい。

診断書
IMG_3015-1015r.jpg

Cheaf complaint and Present Illness/患者の訴え、症状
Bicycle accident 10 days PTA resulting in right fore head wound and numbness with recently right neck pain
10日前の自転車事故により、右前頭部負傷し痺れあり。右首に痛みも発症。
→あの~、右首じゃなくて左後頭部なんだけど・・・

《numbness:痺れ、PTA:???》

Investigation/検査
CT brain:no intracranial hematoma
脳CT検査:脳内血腫なし

《intracranial:脳内の、hematoma:血腫》

手書きじゃないから良く分かるね〜

もっと気になる診療費。タイで頭部CT検査を受けたらいくらかかるのか?2017年版

さて、ドキドキの会計へ

ネット検索でタイでのCT検査費用を調べてみると、年月や病院にもよるが10,000バーツ前後が相場のようだ。

名前を呼ばれ恐る恐るカウンターへ・・・
IMG_3001-1013.jpg

12,625.5バーツ、これってタイの人の月給レベルだな。

明細を見ると、予想通りCT費用がちょうど10,000バーツだった。

IMG_3016-1015.jpg

医師の診断料が1500バーツで、残りは薬代や諸費用ってとこかな?
それにしても看護師費用が100バーツって、一番働いているように見えるんだけど・・・

まあ、安心料だと思うしかないね。

これで今回の耳鼻科・外科での診療費総額は9万円ほどになってしまった。

まあ、死んだり一生残る大きな後遺症が無かっただけで神様に感謝かな?

***

もうこれ以上病気や怪我で病院に行くのは終わりにしたいね~
破傷風接種であと2回は行かなきゃいけないけど。。。

このシリーズはとりあえずこれで終わり(にしたいもんだ)。

ということで、万全ではないがそろそろサイクリング合宿に入る準備をしよう。

今回の一連の話
タイの病院へ行こう♪(2)大流血事故で病院に搬送される・現場検証付き≪閲覧注意≫
タイの病院へ行こう♪(3)大流血事故で7針縫うことに、ラマ9世病院の使用言語はタイ語100%だった
転倒事故後フォーチュンタウンに預けた自転車はどうなったか?職員の返答は「預かっていません」???
タイの病院へ行こう♪(4)一針少ないけど・・・まっ、いいか〜、抜糸@ラマ9世病院
「ラマ9世病院」ってこんな病院だった、タイの私立病院「良い点&注意すべき点」
タイの病院へ行こう♪(5)転倒の後遺症?くも膜下出血か?再びサミティヴェート病院へ

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT