脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

暑くなってきたね〜、でも走りますよ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンコクで自転車用スペシャル工具を探せ!探せばあるもんだ〜

今日のタイ語

ประแจ ขันจี๋/ ดุม / คอจักรยาน プラジェー・カン・ジー/ドゥム/コージャックラヤーン:コーンレンチ(Cone Wrench)
ประแจ プラジェー:レンチ全般
ขัน カン:締める
จี๋ ジー:ベアリング受け→Hubのcup & coneのconeのことか?※1
ดุม ドゥム:ハブ(Hub、要は車輪の軸)
คอจักรยาน コー・ジャックラヤーン:自転車の喉→ステムのことか???

※1参考文献

ลูกปืน ルーク・プーン:ベアリング

ราคาต่อคู่ (2つ)セットの価格

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

先日こんな記事を書いた。

旅の後始末、スプロケ掃除とホイール分解洗浄・・・ありえねぇー

要は、行きつけのスティサンにあるフォーチュンバイクという自転車屋には自転車用の薄型15-16mmレンチ(ホイールのハブをバラすため)が売っておらず、店のレンチを貸してもらったという話。
Home Pro等のホームセンターにも分厚いレンチしか売っていない。

この時は借りたレンチでリアホイールのハブだけ分解洗浄し、フロントはやらずじまいだった。


その後「ประแจ บาง จักรยานレンチ 薄い 自転車」で検索すると、いろいろヒットしたのだが、そのなかでYC-152という型番がフォーチュンバイクで貸してもらったレンチであることが分かった。

薄型レンチ

結構いろんな店でヒットするのだが、そのなかでThai Bike Shop ร้านไทยไบค์という店でも扱っていることが分かり、比較的近い場所(国鉄サムセン駅前)にあることが分かったのだが・・・



自転車工具は自転車屋では売らないものなのか???

近いと言っても自転車で行くと30分くらい?しかも戦勝記念塔を抜けていくという、バンコクで最も交通量の多い場所を走らなくてはならず、なかなか気が進まなかった。

「タイの道路は素晴らしく、車の運転者の自転車への理解も含めて日本はタイに及ばない」と常々書いているが、それはあくまでもバンコク郊外〜地方の道路事情であって、バンコク都内は車は多いし道はひどすぎるであまり走りたくないんだよね〜

そんな時たまたまとある日本人が多い街にある居酒屋に行く機会があり、近くに自転車屋があることを知ったのでダメ元で行ってみたところ・・・

オレ「あの〜、薄型のレンチは売っていますか?(タイ語)」

店主「うちでは扱っていませんね〜(日本語)」

えっ????

そう、日本人経営の自転車屋だった。
知らなかったよ・・・

で、さらに「ではバンコクではどういうところに売っているのかご存知であれば教えてください」

店主「そうですね〜、この近くだったらファクトリーギアですかね〜」
と詳しく場所を教えていただいた。

soi26の奥やメガバンナーにも支店がある、日本の工具専門店だ。

せっかく教えていただいたのだが、なんだかプロ用の高級精密工具店のようなので申し訳なかったがあまり気乗りはしなかった。

やっぱり自転車屋に自転車修理・整備用の工具は置いていないのか???

確かに自転車屋にとっては修理・整備も仕事。
その工具を売るってことは、分かりやすく言うと「中華料理屋でレシピ、中華鍋や調味料を売っている」とか「本屋にamazonの端末を設置する」とか「学校の教室の一つが河合塾」ってことと同じなのかもしれないね?

そういうものなのかな〜???

工具類充実の自転車屋もあった

しょうがないので、検索結果に出てきたThai Bike Shopという店に行ってきた。

netで見ても、自転車用工具類を豊富に扱っているようだ。
そうだよね〜、これが正統派自転車屋だと思うよ。

場所はサムセン駅の真ん前、切符売り場の真正面。
IMG_4830-0606.jpg



この駅には何度か来たことがあったけど、朝早い時間帯だったからここに自転車屋があることに気がつかなかった。

***

オレ「あの〜、薄型のレンチありますか?」

店員「はぁ〜???」

オレ「ホイールのハブを分解するための薄いレンチです」

店員「???もっと詳しく教えて」

オレ「???」
しょうがないので外に停めてある自分の自転車まで店員を引っ張り出し、ホイールのハブを指差して「これを分解するためのレンチです。薄いのじゃないと外せないでしょ?薄い15-16mmのレンチが欲しいんです」

店員「???」
イマイチわかってくれない。。。

この人、単にこの店にいるだけで自転車には詳しくないのか???
店員が商品の中から出してきたのは分厚いメガネレンチやペダルレンチ(確かに15mmだけど)を出してくる始末。

これだけ言っても分かってくれないのは、オレのタイ語能力不足よりも店員の自転車知識不足だな〜

品番言えば分かるかな?と「品番はYC-152です」と言うとPCで検索して「あぁ〜」とつぶやくと、奥からこれを取り出してきた。
IMG_4832-0606.jpg

オレ「そうそうコレコレ」

ようやく二人ともにっこり。
疲れました・・・

お値段はnet価格と同じ250バーツでした。
この店は通販でも買えるようですよ。

***

そんなこんなでバタバタしたので、あまり詳しく店内観察していないのだが、ざっと見る限りレンチ類も豊富だし自転車整備の工具を結構取り扱っているようだ。

もちろん自転車本体もあって、オレが今ひそかに狙っているCannondale caad 12 Ultegraも展示してあった。
IMG_4829-0606.jpg

お値段は・・・
IMG_4829-0606-1.jpeg

うーん、今すぐは買えないな〜
タイでの価格は大体このくらい、日本での定価とほぼ同じ(26万円くらい)。
ただ、この実車はカーボンホイールを履いているし、ステムも純正と違うのでお買い得???

最初は上の様なつや消し黒がカッコイイな〜と思っていたんだけど、スカイレーンで度々見る黄色のcaad12がカッコよく見えて、今狙ってるのはこの黄色。
caad12ultegra y
2018年版にはこの黄色がなかったので、狙いは2019年かな?

50過ぎのオヤジには派手すぎる???( ̄皿 ̄)うしししし♪

スカイレーンのビデオにも出てくるよ


***

翌日さっそくこのレンチを使ってフロントホイールの分解洗浄を実施。
IMG_2581-0606.jpg
整備前

この前やったリアよりはグリスが残っていたけれど、きれいに洗浄後高級グリスをてんこ盛りに挿入して完成\(^o^)/



ベアリングのアタリ出しに苦労したけれど、乗ってみたらギアが1段以上軽くなった気がするほど軽快になった。

やっぱり、自転車はこまめに整備しなくちゃダメだね。

そんな時、バンコクで工具が充実しているThai Bike Shopはオススメですよ。
通販もやっている♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅の後始末、スプロケ掃除とホイール分解洗浄・・・ありえねぇー

今日のタイ語

เครื่องมือ クルゥアン・ムー:道具
เครื่อง クルゥアン:器、具、物、มือ ムー:手

ประแจบาง プラジェー・バーン:薄いレンチ
ประแจ プラジェー:レンチ・スパナ一般、บาง バーン:①河口、河または運河または海に流入する小水流、②(厚みが)薄い

参考
①河口に位置した村、町にバーン○○という地名が多い。バンコクもบางกอกバーンコークから来た単語

②その他に
味が薄いはจืด ジュゥーット、色が薄いはอ่อน オーン。他にも言い回しはあるが。。。

自転車用工具についての詳細は↓を参照
知っていてもほとんど役に立たないタイ語(6)タイ語で自転車用語(工具・メンテナンス用品編)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

カンチャナブリーから帰還後、バイクはドロドロだった。。。

スプロケ掃除

フレーム周りは雑巾掛けすれば良いが、スプロケットはオイルと土・砂が混ざり合って真っ黒けのけ。
ドロドロ
IMG_4769-0516.jpg

さて、外してピカピカにしましょう♪
IMG_0174-0518.jpg

前回日本に行った際に買い揃えた工具が役に立ちましたね♪


パーツクリーナーを吹きかけてしばらく置いたあとに磨き上げます。

Before
IMG_0175-0518.jpg

After
IMG_0176-0518.jpg

どうです?
見違えるようになりましたね。

で、装着して近所を走っていたのだが、なんだかリアホイール辺りからカチッカチッという音が聞こえるようになり、なんだかとっても不気味だった。

スポークかな?と思い振れ取り(というか締め上げ)をしたが、まだ鳴りは収まらず。

スプロケ強く締めすぎたかな?

とうことでもう一度外して組み直し。

すると、あの嫌な音は消え去ったのだが、その際リアホイールの回転が極端に渋い(重い)ことに気がついた。

初めてのホイール分解・調整

ホイールを回してみるとね〜なんだかとっても早くスピードが落ちるんだよね〜
正確には覚えていないけど、以前より回転が随分渋くなったかな?

???

スプロケはそんなにきつく締めて無いし、クイックリリースだっていつもと同じ強さ。

???

このバイクは前オーナーが昨年4月に買ったと言っていた。
その後自分にはロードバイクは合わないとほとんど乗らずにオレのもとに来たもの。

従って、1年間ホイールの整備はやっていない。
オレになってからは結構酷使しているのに。。。┐(゚~゚)┌

ホイールのハブの分解整備の頻度がどれくらいが適切なのかは知らないけど、雨の中も走り回ったしいっちょ分解整備してみるか〜♪ということになった。

が、バブを分解するには15-16mmの薄型レンチと17mmのレンチが必要とのこと。

持っていたモンキーでやろうとしたけど、薄型レンチがないと噛まないんだよね。。。

どこに売っているんだろう?
ホームプロには分厚いレンチしかなく、とりあえず買っては来たけど全く噛み合わず。

じゃあ、自転車屋へ・・・
ってことで、すでに顔なじみになっているスティサンのFortune Bikeに行ってみた。



あの〜、薄型レンチ売ってますか〜?

う〜ん、売ってないね〜、どうしたの?

実はホイールの回転が良くないんで自分で分解整備しようと思って・・・そうですか〜、どこに売っているんですかね〜?

そういう専門店に行かないと売ってないね・・・
うちにあるのはそういう専門店に発注したんだよ。

と言いながら工具箱をゴソゴソしだすと・・・

ハイ、これ、貸してあげるよ♪終わったら返してくれればいい♪
IMG_4785-0518.jpg

えぇ〜!!!ありえね〜〜〜〜!!!

確かに頻繁にここで買い物しているんで顔なじみではあるけど、どこに住んでいる何人かも分からないやつにレンチを貸してくれるってありえね〜!!!

***

日本の自転車屋にレンチ貸してくださなんてお願いしたことはないけれど、まず貸してはくれないだろうね〜、その場で使うと言っても。。。

工具はいわば武士の刀のようなもの。
そこんじょそこらに売っている安物ではなく、プロ用の精度の高い、そして価格も高い一級品を使っているから、素人に使わせて狂わされたらたまったもんんじゃないからね〜

(後で調べてみると、このレンチはYC-152というもので250バーツ程度で売っているものと判明)

それは理解しているよ。

それは分かってはいるけど、どうも日本の自転車屋は職人気質の人が多いような気がする。

もっと言えば気難し屋で閉鎖的な店(人)が多いような気もする。

今でも、自分の店で売った自転車以外は点検も修理も一切しないなんて店もあるようだ。
店の言い分は「自分で組み立てたもの以外に手を出して問題が発生したら責任を取れないし、取りたくない」なんて話も聞こえて来る。。。

自転車のプロ相手なら分かるけどね・・・

そんな理屈が通るのは自転車屋だけだろうねー

***

翌日返します♪
と言って早速部屋でホイール分解

結構きつく締まっていたんで苦労してホイールのハブのネジを回す。
中の軸を引き出すと・・・

反対側からベアリングがポロポロと落下・・・
雑巾敷いといたからよかったけど、これ紛失したらやばいからね〜
IMG_2532-0518.jpg

ベアリングがボロボロ落ちるってことはグリスがなくなってるってことかな?

残っていたグリスもなんだか泥色。。。
元の色は知らないけど・・・
IMG_2533-0518.jpg

グリズを完全に落としてピカピカに磨く。
IMG_2534-0518.jpg

新たに高級グリス?をたっぷり塗りこんで・・・


ベアリングのアタリ調整はyoutubeで先人のやり方を見よう見まねでやってみた。
ベテランやプロに言わせれば「素人がそんなところに手を出すと危険」とか言ってるけど、みんな最初は素人だったんだよ。
何度もなんども調整してみてはホイールを回してみて、素人ながら「ここだ!」というところでナットを締め上げた。

タイヤも装着して組み込んで回してみたら、かなり良くなっている感じ♪
まあ、もともと安物のホイールだからyoutubeに投稿しているような高級ホイールとは違って大したことはないんだけど、まあまあ満足♪

あぁ〜、軽くて高性能なホイールが欲しいな〜ヽ(´∀`)ノ


やっぱり怖いんで (゚∀゚) 交換後は乗る前に必ずホイールの確認はしている。

これで、またロードバイクの大人の階段を一歩上ったかな?



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイレーン(SKY LANE)に変化が???名前は変わっても、これからもヨロシク♪

今日のタイ語

สนามลู่ปั่นจักรยานサナーム・ルー・パン・ジャックラヤーン:サイクリングレーン

สนาม サナーム:広場、広い場所
ลู่ ルー:道路、(陸上競技等の)トラック
ปั่น パン:回転させる=(ペダルを)漕ぐ
จักรยาน ジャックラヤーン:自転車

เจริญ チャルーン:増進、進歩、発展
สุข スック:健康
มงคล モンコン(ラ):幸運、吉兆
จิต チット:心、精神

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ミャンマーへのライドの話はちょうど区切りがいいんで、ここらで最新の話題でも。

***

久々にスカイレーンのfacebookを開いたら、いろいろと変化があったので備忘録として残しておく。

1、サイクリングコース名変更

なんだか見慣れない言葉が・・・

“HAPPY AND HEALTHY BIKE LANE”

???

สนามลู่ปั่นจักรยานเจริญสุขมงคลจิต

???

なに?何かあったの???

ページをスクロールしていくと、3/17付けの投稿にこんな事が書いてあった。
สมเด็จพระเจ้าอยู่หัว ทรงพระกรุณาโปรดเกล้าโปรดกระหม่อมพระราชทานนามสนามลู่ปั่นจักรยานในบริเวณท่าอากาศยานสุวรรณภูมิ ซึ่งนับเป็นพระมหากรุณาธิคุณแก่ บริษัท ท่าอากาศยานไทย จำกัด (มหาชน) และธนาคารไทยพาณิชย์ จำกัด (มหาชน) ตลอดจนพสกนิกรทุกหมู่เหล่าเป็นล้นเกล้าล้นกระหม่อม ในการนี้ทาง บริษัท ท่าอากาศยานไทย จำกัด (มหาชน), ธนาคารไทยพาณิชย์ จำกัด (มหาชน) และ บริษัท จัดการลู่ปั่น จำกัด (CTMC) มีความยินดีขอแจ้งให้ทุกท่านทราบว่า สนามลู่ปั่นจักรยานฯ จะใช้นามพระราชทานว่า สนามลู่ปั่นจักรยาน “เจริญสุขมงคลจิต” และชื่อภาษาอังกฤษว่า “HAPPY AND HEALTHY BIKE LANE” ในการสื่อความและการประชาสัมพันธ์ทุกช่องทาง แทนชื่อเดิม สกายเลน ไทยแลนด์ (SKY LANE THAILAND) นับแต่บัดนี้เป็นต้นไป
อนึ่ง โครงการลู่ปั่นจักรยานบริเวณท่าอากาศยานสุวรรณภูมินี้ เป็นโครงการซึ่งจัดตั้งขึ้นโดยความร่วมมือระหว่าง บริษัท ท่าอากาศยานไทย จำกัด (มหาชน) และ ธนาคารไทยพาณิชย์ จำกัด (มหาชน) เพื่อยกระดับคุณภาพชีวิตของประชาชน และมุ่งหวังให้เห็นถึงความสำคัญของการออกกำลังกายเพื่อสุขภาพที่แข็งแรงและส่งเสริมให้ประชาชนดูแลสุภาพ อีกทั้งเป็นการสนับสนุนกิจกรรมที่ดีต่อสิ่งแวดล้อม และมุ่งเน้นในการตอบแทนประโยชน์และความสุขต่อประชาชนและสังคมโดยแท้จริง
ลู่ปั่นจักรยานบริเวณท่าอากาศยานสุวรรณภูมิมีระยะทางทั้งสิ้น ๒๓.๕ กม. เป็นลู่ปั่นจักรยานระดับมาตรฐานสากล ซึ่งได้รับความนิยมจากนักปั่นทุกประเภท ปัจจุบันโครงการฯ กำลังดำเนินการพัฒนาโครงการลู่ปั่นจักรยาน เพื่อยกระดับมาตรฐานสู่ระดับสากลอย่างเต็มรูปแบบและเพื่อความปลอดภัยของนักปั่นจักรยานทุกคนโดยได้ทำการปรับปรุงจัดทำลู่ปั่น Fast Track ขึ้นเพื่อให้นักปั่นที่มีความชำนาญได้ปั่นแยกจากนักปั่นทั่วไป รวมถึงจัดสร้างสิ่งอำนวยความสะดวกต่างๆ เพื่อรองรับความต้องการของนักปั่นรวมถึงประชาชนทั่วไปอย่างทั่วถึง
โอกาสนี้ ในนามของ บริษัท ท่าอากาศยานไทย จำกัด (มหาชน), ธนาคารไทยพาณิชย์ จำกัด (มหาชน) และ บริษัท จัดการลู่ปั่น จำกัด (CTMC) ขอพระราชทานพระราชวโรกาสกราบถวายบังคมแทบเบื้องพระยุคลบาทด้วยความสำนึกในพระมหากรุณาธิคุณอย่างหาที่สุดมิได้

国王陛下は、スワンナプーム国際空港周囲のサイクリングコースの名称を新たに命名しました。
(中略)
これ以降、サイクリングコースは従来のスカイレーン・タイランド(SKY LANE THAILAND) に代わり「สนามลู่ปั่นจักรยาน "เจริญสุขมงคลจิต"(直訳:健康増進・心の幸福サイクリングレーン)」へ、英語表記は「HAPPY AND HEALTHY BIKE LANE 」という名称を使用します。
(後略)


他の投稿には英語訳も付いているのだが、なぜだかこの投稿だけはタイ語のみ。
なぜだ?

気になって読んでみた結果が上の日本語訳。

そーですかー

国王が命名したのだから、下手にコメントするといろいろと誤解を受けそうだからこれ以上は書かないが、先日タクシー運転手と話をした時には今まで通り「สกายเลนサカイレーン=SKY LANE」と言っていたけどな〜

まあ、そういうことだ ( ̄▽ ̄*)ニヤッ



2、短距離トラック完成

4/3の投稿には新たに短距離トラックがオープンしたとある。

更に、4/5にオープン時間の変更の連絡が。。。
わずか2日で変えるなよ〜(*`・з・´)

ประกาศเรื่องเวลาการให้บริการ
ตั้งแต่วันเสาร์ที่ 7 เมษายน 2561 เป็นต้นไป #ทุกเสาร์และอาทิตย์ ลู่ใหญ่ 23.5 กม. เปิดให้บริการระหว่างเวลา 06:00-20:00 น. (คันสุดท้ายเข้าประตูเวลา 20:00 น.) #วันธรรมดา จันทร์-พุธ เปิดให้บริการ 06:00-19:00 น. ตามปกติ
ลู่เล็กและลู่วิ่ง 1.6 กม. และสะพานเชื่อมลานจอดระยะยาว เปิดให้บริการ 06:00-21:00 น. ยกเว้นวันพฤหัสบดีและศุกร์ ตามปกติค่ะ
แล้วพบกันที่สนามลู่ปั่นจักรยาน เจริญสุขมงคลจิต - Happy and Healthy Bike Lane นะคะ

Announcement of change in Operation Hours:
Starting from the weekend of April 7th 2018, the main 23.5km track will operate from 6.00 – 20.00 (last cyclist ENTERING at no later than 20.00) for every Saturdays and Sundays. Weekdays, the main track will operate from 6.00 – 19.00 (last cyclist ENTERING at no later than 19.00). Small track and the bike bridge to/from long term parking will be operating from 6.00-21.00 everyday. We will still keep Thursdays and Fridays closed for maintenance purposes until further notice.
Thank you from the Happy and Healthy Bike Lane Team

3、休みなしに戻った♪

しかしよく連日変更するね〜(゚∀゚)
木金はクローズだったのだが、毎日オープンに戻った♪
これは朗報だな

ประกาศข่าวดีค่ะ!
ตั้งแต่วันจันทร์ที่ 7 พฤษภาคม 2561 เป็นต้นไป สนามลู่ปั่นจักรยานเจริญสุขมงคลจิต เปิดให้บริการทุกวันตามตารางการให้บริการดังนี้ค่ะ
ลู่ปั่นใหญ่ 23.5 ก.ม.
- จันทร์ - ศุกร์ ระหว่างเวลา 06:00 - 19:00 น.
(คันสุดท้ายเข้าสนามเวลา 19:00 น.)
- เสาร์ - อาทิตย์ ระหว่างเวลา 06:00 - 20:00 น.
(คันสุดท้ายเข้าสนามเวลา 20:00 น.)
ลู่เล็ก/ลู่วิ่ง และสะพานเชื่อมลานจอดรถระยะยาว
- ทุกวัน ระหว่างเวลา 06:00 - 21:00 น.

Good news!
Starting from Monday May 7th, 2018. Happy and Healthy Bike Lane will open everyday with the follow operating hours;
Main track
- Weekday from 06:00 - 19:00
(last cyclist entering no later than 19:00)
- Weekend from 06:00 - 20:00
(last cyclist entering no later than 20:00)
Small Track, Jogging Track and the Bike Bridge to / from long term parking
- Everyday from 06:00 - 21:00

上の時間は入場時間の期限なので、実質+1時間は走れるってことだね♪

***

名前は変わっても、世界に誇れるこの素晴らしいレーンがこれからも同じ整備レベルで存続することを心から願ってます♪



ありがとう!タイランド♪
そして、これからもヨロシク♪

タイ!最高だよ!

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【番外編-②】メリット大あり、タイで輪行+現地でポタリング・マニュアル Rev.1

今日の日本語

ここはタイだ! タイ国旗

【悪い意味】
タイの人が外人に対してよく使う言葉
タイの暗部を全て包み隠す都合のいい言葉で、最後の捨て台詞に多い。
「ここはタイだ!文句あるか!嫌なら国に帰れ!」というニュアンス

【良い意味】
オレがよく使う言葉
法整備やルールは欧米並みだその運用は緩やかで、何をやっても大概のことは許される(*1)という意味。
「ここはタイですよ、日本の習慣に従う必要はありません」というニュアンス

(*1)許されるかどうかは、法やルールではなくタイの人の価値観による。

旅先や滞在地で「自転車があったら便利だろうな〜」と思ったことはないだろうか?

そりゃあ便利だろうけど、自家用車ならともかく公共交通機関に自転車を積むなんて手間かかるでしょ?
めんどくさいことは嫌なんだよね〜、便利さと面倒くささで相殺されちゃうんじゃない?

って思っている方がほとんどではないかな?

たしかに、日本でそれをやろうとすると、公共交通機関のルールを調べたり問い合わせしたり、実際に持ち込もうと思ったら他の乗客から白い目で見られたり嫌味を言われたり・・・

「他人に迷惑をかけるな〜!」という言葉が大好きな国民。
タイの人が外人によく言う言葉「ここはタイだ!」(悪い意味で)と同じくらいね(´∀`σ)σ

色々とめんどくさいのだが、タイにはそんな制約はほとんどなく、まさに「ここはタイだ!」(いい意味で)なのだ。

そんな便利で簡単で安く上がる「タイで輪行」について書いてみる。



旅先でレンタル自転車やバイクを借りて走ったことがある人は少なくないだろう。
徒歩や現地の交通手段を使うより行動範囲が広がるし、何と言っても時間や場所に制約されないというのが最大のメリット。自分の行きたいところに行きたい時に行って好きなだけ時間を使える。

それに、観光地の場合、現地の交通手段は意外にバカにできないくらい高い場合も少なくなく、経済的なメリットも大きい。

今回の「自転車でタイ・ラオス国境を渡る」旅で列車輪行を初めて体験した。
これで、今まで経験した輪行は
1、飛行機輪行
2、バス輪行
3、列車輪行
(1)手荷物として客車に持ち込む
(2)貨物車に積載

と、ほぼ全ての輪行形態を経験した。

ロードバイクを買って1年以内に3種類の輪行を経験したローディーって少ないはずだ。

日本の様な制約はほとんどなく、いつでもどこでも公共交通機関に自転車を積んで旅先で乗れる。
そんな経験をここでまとめてみる。

なお、ここで対象にしているのはロードバイク等であり、折りたたみ自転車であればほぼ全ての公共交通機関に持ち込めるので敢えて書かない。

飛行機輪行

IMG_3798-0419.jpg

■形態(荷姿)と費用(料金)

LCC以外は手荷物重量に含まれるので無料。
LCCはエアラインによりけりだが、通常の荷物料金に含まれる場合とスポーツ用品料金を徴収される場合があるので発券前に要調査。

《参考》
Thai Smile:145 x 160 x 110cmまで積載可能。手荷物重量内であれば無料。
Air Asia:サイズ機材によるが、通常の輪行箱なら問題無し。スポーツ用品料金がかかる。
Nok Air:サイズ機材によるが、通常の輪行箱なら問題無し。スポーツ用品料金がかかる。

基本的には「箱」に入れる必要がある。

国内線の場合は日本でも箱に入れるのは義務ではなく、袋やそれに代わるものでいいのだが、破損のリスクが高いので箱入れがオススメ。

■メリット&デメリット

確かに飛行機であればタイ国内はもちろん、海外へも簡単に行ける。

だが、箱の場合は飛行機を降りた後の扱いに困る。
空港からホテルへの移動ですら場所によっては載せられる移動手段がない、あっても移動手段が限られるため運転手に足元を見られ高額料金を請求される可能性がある。

また、箱を持っての移動は実質不可能なので、拠点のホテルを中心にしなければならず、移動範囲が限られる。

箱を折りたためる場合は、ホテルに頼んで保管してもらう手もあるが、いずれにしてもまた戻ってくるという制約からは逃れられずいろいろ不便。

以上の理由から、タイ国内での飛行機輪行はあまりお勧めできない。
タイでは飛行機以外の輪行手段が豊富なので困らないはず。

輪行箱についてはこんなソフトタイプもあることはあるが、いずれにせよ現地到着後に箱(袋)の扱いに困ることは同じ。


■オススメ度
★☆☆

鉄道(タイ国鉄)輪行

■形態(荷姿)と費用(料金)

(1)手荷物として客車に持ち込む=無料
ただし、そのままではおそらく無理(断られる)で、折りたたみ自転車は折りたたんで、ロードバイクやMTBは前後輪を外した状態であれば可能。ただし、車掌の指示に従うこと。
袋(輪行袋)や箱に入れる必要はない。
IMG_4251-0420.jpg

車両によりけりだが、前後ホイールを外した状態で立てかける場所がある車両と無い車両がある。
基本は以下の貨物車だが、貨物車が連結していなければ客車に持ち込むしかないので、なるべく混雑しない時期・時間帯が望ましい。

(2)貨物車に入れて運ぶ=有料
タイの国鉄は一般的な旅客列車に貨物車が連結されていることが多い。
貨物車が連結していれば、そのままの状態で貨物車に積む。
別途貨物料金が必要。
IMG_2403-0419.jpg

■貨物車が連結されているかを調べる方法

タイ国鉄はインターネットで乗車券を発券することができるが、貨物分の料金はインターネットでは支払えない。
乗車券ををまず発券した上で当日早めに駅に着き、所定の貨物料金支払い場所に現物を持って行き料金を支払う。
IMG_2364-0419.jpg

ノンカイ駅では乗車券発券窓口で同時に支払いをしたが、これは駅によってマチマチだと思うので駅員に要確認。

ここで一番知りたい情報は「貨物車が連結されている車両はどれだ?」ということだが、調べた範囲で公開されている情報は見つけられなかった。

ただし、このサイトは少し情報が古いが「貨物車が連結されている列車番号」はもちろん、どういう手順でやればいいのかを非常に詳しく書いてあるので参考になった。

Transporting Motorcycle On Thailand Train
ここに載っていない列車に乗る場合や、事前に確実に知りたければ駅に出向いて駅員に確認するしか方法はないかな?

貨物料金はノンカイ→バンコク(約600km)で90バーツだった。
IMG_4442-0419-1.jpg

■メリット&デメリット
列車での移動は長距離バスと比べて時間がかかることが多く、遅延も少なくない。
しかし、客車はバスに比べゆったりしていて、長距離移動でも立ち上がったり歩くこともでき気晴らしにもなる。

また、タイの駅は郊外にあることが多く、小さな駅なら駅前に交通手段がない場合も少なくない(というか全く何もない駅も多い)

自転車があれば、駅からどこにでも行くことができる。

ただ、列車自体の本数は1日2−4本程度の路線も多く、路線網も日本と比べるとはるかに貧弱なので、日本の感覚で「電車で♪」というわけにはいかないかな。

■オススメ度
★★☆

長距離バス輪行

■形態(荷姿)と費用(料金)
タイには長距離を走る大型バス(日本でいう観光バス、高速バスサイズ)と短中距離を走るロットトゥというハイエースなどのバン型がある。

(1)大型バス

基本の荷姿はそのまま。箱や袋に収納する必要なない。
どんなバスでも自転車をそのまま積める訳ではなく、バス会社やバスの様式によって変わってくる。

特に新型の2階建車両の場合、荷物室が比較的小さく自転車をそのまま積めない車両もある。
実際、トラートのバスターミナルであるバス会社から「荷物室が小さいから普通の自転車は積めない」と言われた。

そんなバスしかない場合は、前後ホイールを外すことによって積める場合もあるかもしれないので、バス会社職員にきちんと説明すること。

積込み例-1
トラート→バンコクのエアコンバス(距離:約300km)
積込み料金:100バーツ

IMG_4190-0419.jpg

この場合、自転車をゴムバンドで荷物室の支柱にくくりつけて動かないよう運転手が全てやってくれた。
ただし、バス会社や荷物室の構造によってマチマチ。

積込み例-2
バンコク⇔カンチャナブリーのエアコンバス(距離:約110km)
積込み料金:100バーツ

IMG_4488-0507.jpg

この場合は、後部の非常口から積み込んだ。トイレの前で邪魔かとは思うが(笑)

積込み例-3
サンクラブリー→カンチャナブリーのノン・エアコンバス(距離:約210km)
積込み料金:100バーツ

IMG_4753R-0525.jpg

この場合は、後部座席近くにある箇所の座席を取り外し荷物置き場にしてあった。
自転車を積むには最適なスペースだった。

積込み例-4

前輪を外して積むケースもあるようだ。


(2)ロットトゥ

基本的に乗客だけでいっぱいいっぱいになってしまう車なので、そのまま車内に積むのはおそらく不可能。
ただし、前後ホイールを外せば後ろドアと後ろ座席の隙間に積めるかもしれない。

また、ルーフキャリアーを付けているロットトゥの場合は、自転車を屋根の上に乗せてくれる場合もあるらしい。
ロットトゥでルーフキャリアーを付けているのを見た記憶はないのだが、マイクロバスなどでは確かにある。
これは未経験だが、実際にマイクロバスの屋根に乗せているのを見たことはある。

(3)ソンテオ

地方の乗合タクシー。
都会のソンテオには付いてない場合もあるが、田舎だとルーフキャリアが付いていることが少なくない。

積込み例-1
トンパプーム→サンクラブリーのソンテオ(距離:約77km)
積込み料金:20バーツ

IMG_2473-0519.jpg

この場合は、上のルーフキャリアに乗せてくくりつけてくれた(運転手が全部やってくれる)。

積込み例-2
サンクラブリー→スリーパゴダ・パスのソンテオ(距離:約22km)
積込み料金:20バーツ(往路は無料だったが、復路では取られた。運転手による?)

IMG_4732-0522.jpg

この場合は、ルーフキャリアが無かったので、荷台(乗客が乗る場所)に逆さにして積んだ。
タイの田舎ではこの程度では誰も迷惑と思っていない(少ない資源を皆で協力しあって使う発想がある)ので、運転手に確認した上で躊躇せずに積もう♪

■メリット
タイは日本と比べバス網が圧倒的に発達している。

バンコクからであれば、各県庁所在地は間違いなく直通バスがあるし、バスの経路上であれば大概のところで降ろしてくれるので、便利さは日本の比ではない。

また、地方の大きなバスターミナルは意外と市中心部から離れているので、自転車があればバスを降りた後の移動もスムース。

デメリットはほとんど思いつかない。

距離やバス会社によると思うが、概ね100バーツ前後だと思われる。

なお、タイの乗り物の種類についてはここを参照。

■オススメ度
★★★

輪行(自転車を持って旅をする)メリット

最初に書いた通り、現地での観光やちょっとした移動にとっても便利。
時間や交通機関に制約を受けずに自由に移動できる。

■レンタル自転車との単純費用比較

観光地の場合、レンタル自転車屋がある場合が多い。
場所や店、自転車のレベルにもよるが、ママチャリ系やそれに準じるレベルの場合は50バーツ前後/日が相場かな?

列車・バスとも自転車の積載費用が100バーツ程度(往復で200バーツ前後)なので、1−2日程度ならレンタル自転車を借りる手もあるが、4日以上なら自分の自転車を持って行くほうがコスト的は同じかお得。

■レンタル自転車との違い(メリット)

(1)自転車そのものの整備レベル
タイのレンタル自転車は「ブレーキが効かない、効きづらい」「妙にペダルが重い」「変速が効かない、効きづらい」なんてことも多い。

走ってみて意外に坂が多かったなんてこともあるので、乗り慣れた変速機付きの自転車があったほうが断然いい。
レンタル自転車のほうが安かったけどメチャクチャ疲れた・・・なんてことがあるかもしれないし。

(2)万が一の場合の修理キット
一番怖いのはパンク。借りた場所から遠く離れた場所でパンクしたら最悪。
レンタル自転車は借りて初めてタイヤサイズが分かる場合が多いが、自分の自転車ならあらかじめ予備のチューブや修理キットを持っていけるので、現地で万が一のことがあっても安心。

(3)店の営業時間に左右される
それに、店によってはデポジット(現金orパスポート原本)を預ける必要があったり、営業時間に制約を受けることもあり。

■犬対策

狂犬病

これはタイならではかな?
タイで忘れてはならないのが犬(野犬、飼い犬を問わず)。
犬も頭がいいんで、自転車なら追いつける!と知っているから追跡されて威嚇される可能性はあるけど歩きよりは断然いいよね?

日が暮れてからの徒歩移動は自殺行為だよ。

アユタヤで野犬3匹のフォーメーション攻撃に合ったとき、重いペダルのママチャリで全力疾走してメチャクチャ疲れた。
「あぁ〜変速機付きの軽くて速いヤツだったら〜」と恨めしかったなー

■行動範囲

これは言わずもがな。
行動範囲は断然広がる。

多少のアップダウンがあって、ゆっくり周りを見ながらでも1日あれば50-60kmは走れる(もちろん個人差あり)。
つまり、20-30km先程度だったら自転車で十分観光ができるよ。

そりゃあオートバイのほうが行動範囲は広いけどね。

■現地での保管も問題ない

IMG_4022-0423.jpg

大概のホテルではよっぽど汚れている場合を除いて、スポーツタイプの自転車であれば部屋に持ち込むことが出来る。
オレの場合は、今まで多くのホテルに自転車で行ったが、部屋に持ち込むのを断られたことはない。

エレベーターのないホテルではロビーや駐輪できる場所を提供してくれることも。

自転車には寛容なタイ

***

ということで、輸送費用も安く簡単で現地での活躍間違い無し!

あれこれ頭で考えているよりもいちどやってみては?
「あぁ〜、自転車持ってきてよかった〜♪」となること間違い無し (^ー^)v

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Skylane合宿決定♪次なる野望に向けての修行

今日のタイ語

กำลังใจ やる気

ここのところやることがあって、なかなか自転車で出かける予定が立たなかったが、思い切って2泊3日で合宿@Skylaneを決行予定。

skylaneのHPskylaneのfacebook

前回行ったのが平日の昼前だったのであまりにもガラガラで、だーれもいない中を単独で走っているとなんだか修行しているような気がして気が滅入ってしまった。

前回行った際の記事↓
初めてのSky Lane(スカイレーン)、のハズだった・・・

アメージング・サイクリングルート♪スカイレーン(SkyLane)への道

じゃあ土日か?というと下の動画のように逆に人が多すぎるような気がするし・・・

真っ暗な早朝から続々とサイクリストが集まってくる。

ということでやっぱり平日にした。
まあ、修行でいいや(笑)

こうやって動画を見てると、かなり金をかけたロードバイクばかり(平均50万円超?もっと???)で、オレのようなエントリーモデルだとかなり恥ずかしいかな?特にホイールがね。。。
IMG_3842-0215.jpg
やっぱりあるところにはあるんだね〜お金って♪

まあ、あまり人目は気にしない図太い神経の持ち主なので強行突破(笑)

この合宿終了後には、いよいよ長距離ライドが待っている。
そろそろ暑くなってきたので、朝はまだ涼しいこの季節に早く実行に移さないと日干しになっちゃいそうだ。

やっとやる気が出てきたよ♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT