脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新しいショップを開拓・店員さんは皆とても親切だったよ@Bovelo & FortuneBike

今日のタイ語

โซ่ チェーン
อัตราเร็วสูงสุด 最高速度

何の変化もない毎日だが、今日はちょっと近所に出かけてみる。

今のブラックアロー号。
特に不満はないのだが、中古で買ったものなので以前のオーナーがどんな整備をしていたのか分からない。
多分、何もやっていないんじゃないかとは思うけど。

だからというわけではないが、足回りがちょっときになるオレ。
ブレーキシューだけは最上級のDura-aceに変えてプラシーボ効果に酔っているが(笑)、BBはギシギシいうしディレイラーの調子も完璧ではない。

何よりも、チェーンのオイル汚れがひどくて(←それは前オーナーとは関係ないんじゃないの?って?まあね・・・)新しいオイルに変えたいが、その前にチェーンもそろそろ替え時なのかもしれない。前オーナーがどれだけ乗ったのか知らないけど、オレになってから2000km弱は乗っているんで、それだけでもそろそろ交換時期かも?

ということで、近所の(といっても10km弱はある)自転車屋に行ってみる。
行ったのはBoVeloというショップ。
IMG_3480-0120.jpg

ここは行く前からなんとなーく、スピードバイクの店ではなくランドナー系統の店だろうと思っていた通り、araya等クロモリのバイクが多い店だった。

ランドナー(フランス語: Randonneur、Randonneuse、ランドヌーズ)は、フランス発祥のツーリング用自転車。フランス語の「ランドネ」(小旅行)に由来する。日本では日帰りから2-3泊程度の旅行向けの用途で使われることが多く、一般にサイクリング車とも呼ばれる。使う機材がほかの自転車に比べて保守的であるといわれる。
wikipediaより

なので、ペダルもMKSの種類が結構豊富だった。
まあ、多くは日本と比べると2〜5割くらい高い物もあるけど、同じくらいか微妙に安い物もある。
ハイグレードの物ほど日本より高めかな?

で、やっぱりタイ的サービス精神旺盛で、うろうろしていたら「何をお探しですか?」って(笑)
タイの専門店ではゆっくりぶらぶら商品を見るのは許されないらしい(笑)

なので単刀直入に「チェーンが欲しいです、9速の・・・」と言うと、希望の商品をすぐに出してくれた。
IMG_2105-0116.jpg
CN-HG93(日本のamazonnでも2,630円するから700バーツはお買い得?)

今ついているのは多分CN-HG53(日本のamazonnで1,373円)だからちょっとアップグレードかな(笑)

まあ、タイの専門店ではどこでもあらかじめ買うものを決めていくというのがルールの様で、「何となく来ました、ぐるぐる回って見させてもらっていいですか?」というのは店を入ってすぐに言わないと店員から「何を買いに来ましたか?」と聞かれるのが常だ。

これはまさに文化の違いか?

でも、ここの店員さんめちゃくちゃ親切丁寧でフレンドリーだった。
最初は英語対応だったのだが、オレが適当なタイ語をしゃべっていると合わせてタイ語にしてくれたし、やたらに個人的な話に進展していくし・・・

おしゃべりしているだけで楽しかったよ♪

MKS(日本のペダルメーカー)やaraya(日本の自転車メーカー)とも付き合いがあるらしく、写真を見せてくれたりと。。。

ほんと、日本ってありとあらゆる世界でトップメーカーがある国なんだな〜とあらためて思った。

ただ、ライトも買おうと思って見ていたらが、このCateyeのVolt−400(400ルーメン)が1950バーツ(6,800円くらい)もしたので諦めた。これは日本で買ったほうが安いね。


そうそう、先週行ったスカイレーンの帰りに安物グローブを落としてしまったらしく、しょうがいないのでここで買うことに。
IMG_2107-0116.jpg
このショップで売っているシューズ、ウエアー類はFunkierというブランドがほとんどで、選択の余地なくこれを買った。
750バーツ也。

まあ、デザインはあまり気に入っていないけど、今度日本に戻るときに買い直せばいいね。

帰り道。
このショップは以前紹介したバンコクスベスベ快適道路の一つ、ถนนวิภาวดีรังสิต Vibhavadi Rangsit Road(ウィバワディ・ランシット通り)沿いにある。
4泊5日のサイクリング合宿まとめ(やったこと&感じたこと)、付録【バンコク・スベスベ快適道路】

この快適道路スピードに乗れるんで結構好きだ♪
そんなにムキになって漕いだわけではないが、スベスベ度合いが良いんでスピードがでるね〜
IMG_2102-0116.jpg

車の多い一般道でこれ以上出すと怖いんで、今日はこれくらいにしておくか〜

追記
後日ここBovelo(web http://www.bvbangkok.com)でこんな物を買いましたよ♪
IMG_3506-0118.jpg

その後、スティサン通りにあるFortuneBikeでもこんな物を♪
IMG_3507-0118.jpg

総額4,840バーツの久々の大人買い。

それぞれのショップの場所は↓を参照。


次回以降買ったものを紹介しましょう。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメージング・サイクリングルート♪スカイレーン(SkyLane)への道

今日のタイ語

น่าประหลาดใจ アメージング(驚愕でびっくり仰天)
น่าแปลกใจ アメージング(不思議な驚き)

先週の木曜日にスカイレーン(SkyLane)へ行ったら、その日以降の木金が閉鎖日になった・・・という話を書いた。

初めてのSky Lane(スカイレーン)、のハズだった・・・

そのリベンジで、今日1/15(月)に再訪問したのだが、上の記事にも書いた通りルート上の「ペッブリー(ペッチャブリー)通り」の路面が非常に悪く、工事区間もあって快適なサイクリングとはほど遠かったので、今回新たなルートを試してみたのだが、これが思いの外楽しめるルートだったので、今回はスカイレーン(SkyLane)の紹介というよりはそのルートのアメージングさを書いてみようと思う。

***

バンコク中心地からスワンナプーム空港(=Sky Lane(スカイレーン))へ北側から入る車以外のルートは主に
(北側から順に)

1、ラマ9世通り→バンコク・チョンブリー高速道路の下(側道?)→ラート・クラバン通り←今回
2、ペッブリー通り→パタナカン通り→ラート・クラバン通り←前回
3、スクムウイット通り→オンヌット通り→→ラート・クラバン通り

前回は2のルートだったので、今回は1のルートを試してみた。
3のスクムウィット通り経由はバスが多くて走りづらい+排気ガスまみれになるので、今のところ試す予定はない。

1のルート作りで面倒だったのが
(1)「高速道路」が主体の道路で、その下や脇を一般道が走っているのだが自転車が通れる道を探すこと。
(2)最終的に右折して南下しなければならないのだが、途中から真ん中に高速道路、その両脇に一般道という配置になるので、右折ポイントを確保すること(右折できるポイントが少ない。一旦そこを過ぎてしまうと数キロ以上右折できるポイントがない)

そこで、Googlemapのストリートビューを駆使して右折ポイントを探した結果こんなルートになった。
ルートskylane-1R

では、試走してみましょう♪



ラマ9世通り交差点からバーン・タップ・チャーン駅まで

この通りはラームカムヘン付近に行く際にバスで通ったことがあるので、なんとなく分かっていたのだが期待通りスベスベ率が高い道だった。
DSCN0865-0116.jpg

この日はそれほど日差しが強くなかったが、この道は高架線の下にあるため日差しが遮られて快適♪

ただし、交通量の多い道であり、左折レーンと左からの合流が多く、猛スピードで走る車にはかなり神経をすり減らしたのも事実。

また、何箇所かあるジャンクション(立体交差点)はまさに高速道路を走っている気分にさせられ快適だが、やはり高速で走る車には気が抜けないのも事実。
IMG_3484-0116.jpg
このジャンクションは真っ直ぐ行くと高速道路、一般道は左に行かなくてはならない
うっかりすると高速道路に入りそうになるしかなり神経を使ったかな?

ちなみに道路標識の色は・・・

日本:青=一般道、緑=高速道路
タイ:青=高速道路、緑=一般道

と逆なので注意が必要。うっかり入ると5000バーツの罰金の箇所も・・・
それより、一旦入ってしまうと戻れないのが怖い(笑)

そんなスベスベ快適道路を走っていると、チェックポイントが見えてきた。
IMG_3486-0116.jpg
この陸橋、ここを渡って反対車線側=エアポートリンクのバーン・タップ・チャーン駅側に行く。

IMG_3487-0116.jpg
真ん中が高速、両脇が一般道なので上下線を行き交うことができない。
歩道橋を渡らざるを得ないのだ。

ここまでのルート、スベスベ道で最高〜♪
ペッブリー通りとは比べ物にならないね?

ちなみにこの歩道橋、自転車用レールがある。
IMG_3488-0116.jpg
さすがサイクリスト天国バンコクだ〜

でも、ロードバイクは担いだほうが上りやすいかも(笑)

アメージング・ゾーン(バーン・タップ・チャーン駅からラートクラバン通りへの秘密の抜け道)

下の図の通り、上側のラマ9世通りの横断報道を渡って下のラートクラバン通りに抜けるルートは、まさにアメージングゾーンだった。
アメージングゾーンRRR

ここから先、ラートクラバン通りまでGooglemap上では道がない(繋がっていない)ことになっている。
ここは下を国鉄の一般路線が、上をエアポートリンクが走っている箇所。

■橋はなくても川を渡れる不思議

ストリトビューも対象外で不安ではあったが、「タイの国鉄で渡れない場所などない!」と思って行ってみたらやっぱりあったよ、抜け道が。
IMG_3489-0116.jpg
IMG_3490-0116.jpg
Googlemap上、ここに橋はないことになっているが、電車の橋のすぐ脇を走る小道があったよ♪
ここ、単に線路上のレールの横に板を渡しただけで、電車が通過する時には渡れない(確実に電車とぶつかる)。

つまり、電車用の橋を渡るってことでGooglemap上に橋がないのは正しい♪が、ここはタイランド♪
予想通りだな(笑)

IMG_3491-0116.jpg
線路はこうやってひょひょいと渡れる。

さらにその先にはこんな光景が・・・

■Googlemap上の緑の点線の正体は?

IMG_3492-0116.jpg
運河(ドブ川?)の上に架けられた幅1mほどの歩道・・・

この歩道がでこぼこが結構あって、乗って走ると運河(ドブ川)にドボン・・・なんてことになりかねなく怖いので押して歩いたが、オートバイは皆結構なスピードで走っていた。。。
DSCN0867-0116.jpg
DSCN0868-0116.jpg
ぶらぶら散歩するにはタイらしさが感じられていいのかもしれないけど、車高(?)が高く低速では安定しないロードバイクで走るのはかなり怖いかも?

この歩道、結構長くて舗装道路との接続もなく不安になって、その辺に座っていたおばちゃんに「ラート・クラバン通りにはどうやっていけばいいんでしょうか?」と聞くと親切丁寧に教えてくれた。

その時オレの横をオートバイが通って行ったので、おばちゃん曰く「あのオートバイの後についていきなさい!」と・・・

オレ「運河に落っこちそうで怖いんでゆっくり行きますよ・・・」

Googlemap上には謎の緑の点線があって、なんだろう?とは思っていたが、その点線の正体がこれだったのだな♪
緑の点線

■斜度30?の橋

ようやく砂利道に出て運河へドボンの恐れがなくなってホッ
DSCN0869-0116.jpg
砂利道がこんなに嬉しいと思ったのはロードバイクに乗るようになって初めてだ(笑)

そのうちようやく文明の証、舗装道路に抜ける。
DSCN0870-0116.jpg
あー助かった・・・

この先には、さっきのおばちゃんが「ムーバーン」と言っていた集合住宅街があり、そこの警備員にラート・クラバン通りへの道を教えてもらう。

しばらく走ると先にこんなものが見えてきた・・・
DSCN0871-0116.jpg

???

なんだあの橋???
DSCN0871-0116-1.jpg
写真で見ると大したことなさそうだけど、斜度20-30はありそうな橋だ・・・
まるで太鼓橋。

これはまともに上れそうになかったので、初めてインナーロー(前後とも一番軽いギヤ)に入れて、オリャー!(°皿°" )と掛け声とともに駆け上がる。
結構あっさり上れてしまい拍子抜け・・・

こうして無事アメージングゾーンを抜けてラートクラバン通りに。
ホッとすると同時に、ちょっと気が抜けたかな。

***

このルート、もう一度通ってみたいかって?
真っ昼間ならいいけど、早朝や夕方ここで犬に襲われたら・・・
考えたくもないので、時間帯によるかな?

初♪SkyLane(スカイレーン)

ラートクラバン通りに入り、途中犬に襲われながら(なんでこんな真っ昼間に元気なんだよ〜?、さっきのアメージングゾーンでなくてよかった)無事スカイレーン入り口近くのコンビニで補給食。
DSCN0872-0116.jpg

今日はカスタードクリームパン。

この上空を飛び去る航空機を眺めながらいただきました。
DSCN0873-0116.jpg
DSCN0873-0116-1.jpeg
エミレーツのA380、さすがにこの巨体はど迫力だった。

最後にこの橋を渡れば・・・
IMG_3493-0116.jpg

うひょー、見えてきましたスカイレーン
IMG_3494-0116.jpg
でも、今日も誰も走っていないね。。。
気のせいだよね?今日は月曜日、休みじゃないはずだよね?

ゲートに行くと先週木曜日にもいた警備員が。
オレの姿を見ると思い出したように「あにき〜、今日はやってまっせ」とニヤリ。

・・・・

結局1周(23.5km)しただけで終わってしまった。
コースに出た時は「うひょー」と興奮気味だったのだが、日陰がなくて暑い。。。
ジリジリ焼ける肌。

もう一つは強い向かい風。
ここは空港の周辺を周回するコースで、何もないだだっ広い場所。
風が抜け放題なんだよね。。。

10km地点でもうバテバテ。

家からここまで30km走って来て全然疲れがないのだが、わずか10kmでバテるとは。。。
もう、最後の5kmくらいからは「ゴール地点はどこ???」というくらいバテていたよ。
IMG_2109-0116.jpg
このスピード記録を見ればバテバテは一目瞭然。
ジリジリスピードが下がっているよね(笑)

自分なりに理由を考えてみると
1、暑い、日陰がない(だからみんなは早朝に来るんだろうけど)
2、向かい風がきつい
3、コースが単調で強弱がつけにくい=快適なサイクリングには適度な強弱が必要。
ここまでの行程上のスピード強弱とは明らかに違うよね?

公道上では信号、渋滞、地雷なんかでスピードの強弱があるけど、コース上では一定スピードになるのでその持続・保持は厳しい(←単純に脚力がないだけ)

ということで、1周でバテバテになっておしまい。木曜日は公道を70km走って疲れはあまりなかったのにね〜

時刻は11:30。
お昼にしますか〜

ということで、また旅客ターミナルまで行ってガオラオ(笑)
IMG_3501-0116.jpg
主目的はスカイレーンではなくこのガオラオになってしまいそう・・・

疲れたのでタクシーに乗って帰って来ましたよ。



今日の走行記録
コース
IMG_2110-0116m.jpg

左はcateyeサイコン、右はCyclemeter(iPhoneアプリ)の数値。

■総距離
60.89km/59.38km

Googlemapのタイムラインを見ると56.6kmだった(笑)

■総時間
2h45m/3h39m

■最高スピード
38.2km/36.95km

■平均スピード
22.14km/16.22km
アメージング・ゾーンでかなり歩いたからね〜
iPhoneアプリは休憩時間を含む時間で割ってるからかな?

■消費カロリー
1207cal/2986cal

相変わらず相当の違いだね。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい視点でバンコクを見るにはやっぱりこれしかない?バンコク・ポタリング

今日のタイ語

มุม 角度
มุมมอง 見る角度、つまり「視点」

ちょっと前の話。
狂犬病接種3回目に病院へ行く途中、病院前のラマ4世通りを歩いている時ふと目に入った自転車マーク。
IMG_3447-0112.jpg

こういうのにすぐに反応してしまう自分がちょっと誇らしい(笑)。。。

なんだなんだ?新しいサイクリングロードでもできるのだろうか???
IMG_3447R-0112-1.jpeg

IMG_3447-0112-2.jpg
では読んでみましょう♪

ラタナコーシン島周辺へ新しい視点での旅

バンコク都による、ツアー用サイクリングコースの一つ

ちなみにラタナコーシン島とは海に浮かぶ島ではなく、チャオプラヤー川とローブクルン堀で区切られたエリアのこと。
バンコクの古く懐かしい区画らしい。

川に囲まれているんで、確かに島っぽく見えるね?

詳しくはAmazingThailandを参照

Rattanakosinmap のコピー
いわゆる王宮周辺らしい。

ふ〜ん、バンコクの古くて歴史ある街角を自転車で散策するわけね?
いわゆるポタリングということかな。

ポタリング(pottering)は、自転車またはオートバイであちこちを気楽にぶらつくことで、「のんびりする」とか「ぶらつく」意味の英語「potter」に現在分詞や動名詞を示す接尾辞「-ing」を付けた造語である。 自転車を用いる「散歩」的なサイクリングをいう。
wikipediaより

で、早速「เกาะรัตนโกสินทร์ จักรยาน(ラタナコーシン島_自転車)」で検索してみると。。。
いっぱいヒットしました♪

特にこのサイトปั่นจักรยานรอบเกาะรัตนโกสินทร์ 5 ทริป 5 สไตล์(ラタナコーシン島を自転車で巡る5つの旅、5つのスタイル)には複数のルートマップが載っていてとても参考になる。

ふ〜ん、じゃあ今度行ってみるか〜



バンコク=車・バイクの乱暴な運転+道が劣悪=自転車で走るなんて超危険ってな先入観がある方が多いと思う。
まあ、これは間違ってはいないが、少なくとも車・バイクの運転者たちの多くは「日本人より自転車に理解がある」のも間違いはなく、そういった意味で日本で走るより気持ちいいというのも事実。

「バンコク_自転車_ツアー」で検索すると、自転車ツアーを主催しているツアー会社がいっぱいヒットする。
例えばこんなの(トリップアドバイザー)↓
バンコクのサイクリング ツアー Bangkok

何度もバンコクへ来て、寺も仏像もナイトマーケットも見飽きて、怪しげな夜の世界へどっぷりな日本の皆さん♪
夜の世界もいいけど、たまには違った方法・視点(มุมมองใหม่ๆ)でバンコクの街を疾走するのも悪くないかもよ?

えっ?やっぱり怖い?って?
じゃあ、オレが試走してみましょう♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 18:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めてのSky Lane(スカイレーン)、のハズだった・・・

今日のタイ語

ยาม 警備員・ガードマン
ร.ป.ภ.รักษาความปลอดภัยの略) 警備員・ガードマン
อาคารผู้โดยสาร 旅客ターミナルビル

1月11日(木)

朝起きたら久々に冷たい朝だった。

年末、一時的に最低気温15℃前後の寒気が来ていたタイではあるが、その後はいつもと同じような25℃前後に戻っていたんで、久々に爽快感を味わった。

久々の涼しい朝、一日中曇りっぽい天気を予想したら、よし行こう♪と即決。
が、この日ヤフオクで狙っていた商品の締め切りが迫っていたのでそれに集中していたら、11:00過ぎてしまったが依然として曇り空で涼しい♪

結局、最後のバトルで落札できなかったが・・・



Sky Lane/スカイレーンに向かってGO !

ブラックアロー号の空気を満タンにし、ボトルに冷水を詰めて出発♪

ルートはペッブリー(ペッチャブリー)通り→パタナカン通り→ラートクラバン通りのオーソドックスなルート。
目指すはスワンナプーム空港、Sky Lane/スカイレーンです。
IMG_3454-0112.jpg

スカイレーン(Sky Lane)の再開は12月末???
《速報》Sky Lane、2017/12/23ついに再オープン決定!ただし「一部だけの試験開業」?
Sky Lane(スカイレーン)用SNAPゲット♪@セントラル・ラマ9

途中、ペッブリー通りは相変わらずのガタガタ・砂利道。
もちろん舗装されているのだが、砂利道にコンクリートをぶちまけたようなジャリジャリ道。
走っていると振動で手・腕が痛くなる。

もちろん地雷も多く、スピードを全く出せず。
しかも、途中には万年工事区間もあって超ノロノロ運転を強いられる。
今度ほかのルートを探ってみよう♪

途中こんな快適な道もあるにはあるのだが・・・
IMG_3455-0112.jpg

そうこうしているうちに1時間半。
そろそろスワンナプーム空港エリアに入りコンビニで一休み。
IMG_3456-0112.jpg

ここは離陸した飛行機が真上を一直線に通る場所。
IMG_3457-0112.jpg

ゴール、いやスタート地点は近い♪

この交差点を右折すればスカイレーンのハズだったがうっかり通過してしまう。
IMG_3458-0112.jpg

Sky Lane/スカイレーン到着♪が、警備員からまさかの発言が・・・

さて、最後の陸橋を越えればスカイレーンが見えてくるハズ。
心が躍る初のスカイレーン♪

IMG_3459-0112.jpg
お〜これか〜♪

あれ〜?
誰も走ってないね〜?

平日の真昼間だから???

IMG_3460-0112.jpg
広大な駐車場も車がほとんどおらず。

平日の真昼間だから???だよな〜

ゲートに近づくと暇そうな警備員が静止してきた。
IMG_3468-0112.jpg

警備員「どこに行きますか?」

オレ「サカイレーン(スカイレーンのタイ語発音)です」

そこにまさかの警備員の発言が・・・

警備員「今日はお休みです」

オレ「えぇ〜、マジ〜???」

警備員「そうなんですよ、今日と明日(毎週木金)は休みなんです」

オレ「30km自走してきたのにそんな殺生な〜」

警備員「555、週末にもう一度お越しください」

ちなみに戻ってきてからskylaneのfacebookを見たらこんなお知らせが・・・

■SkyLane(スカイレーン)の閉鎖日のお知らせ
skylaneclosed.png
SkyLane(スカイレーン)は2018/1/11以降、毎週木金は閉鎖します。

って、初の閉鎖日じゃん、今日って・・・

スワンナプーム空港旅客ターミナルビルまで自転車で進入できるのか?

がっくりと肩を落とすオレ。

しょうがない、セカンドプラン発動だ!

警備員に空港までの道順を聞いて出発。
一応「空港内に入れますか?自転車で」と聞くが「う〜ん、よくわからないけどとにかく行ってみ、まっすぐ行って右折すれば空港へ行けるよ」

空港内の道路は、以前よく乗っていた連絡バスで道の完璧度は確認済み。
めちゃくちゃ綺麗でスベスベ道路なのだが、空港という特殊性からか?でかいダンプ、トレーラー、バスが多くて結構怖い。でも、あまりにスベスベで、あのペップリー通りの悪路の反動からか思いっきりペダルを踏めて楽しかった。
IMG_3467-0112.jpg
車がいなけりゃこんな感じ。

さて、空港ビル(passenger terminal)の表示に従い途中左折しようとするも・・・
IMG_3461-0112.jpg
IMG_3461-0112-1.jpeg

う〜ん、自転車はやっぱりダメか〜
この道は上に抜けているんで、多分出発階(4階)へつながる道なんだろう。
確かに出発階で自転車やバイクを見たことはないね・・・

と、その脇を通る道発見。
IMG_3462-0112.jpg
これは到着階(1階)への道なのか?

が、ここにもこんな看板が・・・
IMG_3462-0112-1.jpeg
「空車タクシー以外左折(進入)禁止」

やっぱりダメか〜

が、よく見ると空車タクシー以外にバイクも何台か入ってるのを見て、オレも入ってみた。
するとそこは案の定1階の到着階へつながる道で、タクシーが列をなしていた。

なるほどー、これだけ長蛇で列を待っているわけね、タクシーの運ちゃんたち。
短距離の客を乗せたときに不満たらたらで文句を行ってくる気持ち、少しは分かりましたよ。。。

途中、警備員によるチェックポイントがあって、止められるかと思ったけど、進入車線を指示されただけで何も言われず無事旅客ターミナルビルへ進入成功♪

ここって、自転車でも入れるんだね。

セカンドプランはスワンナプーム空港のあの場所

さて、スカイレーンは残念だったが、即座に発動したセカンドプラン。
それは、オレの大好きなマジックフードポイントのガオラオ(笑)

またそれ?って?
まあね、好きなんだよこの味が♪

マジックフードポイントの看板を背に記念写真をパチリ
IMG_3463-0112.jpg

そのまま、この柱に自転車をくくりつけて早速ガオラオ

今日も人民たちで一杯のマジックフードポイント。
全く空席なし・・・

しょうがないので、VIPルームの様な別室に入るといっぱい空いていた。
席を探す人民たちも結構覗いているが、ほとんど入ろうとしない。

ちょっと暗めの照明と、シックな色の座席の雰囲気から入るのを躊躇している様だが、いくら見ても入場制限の貼り紙がないので勝手に入って自転車ヘルメットを置いて場所取り成功。

早速ガオラオ。
IMG_3465-0112.jpg

美味いね〜、この味。
具材は貧弱で55バーツもするが、いろんな肉・内臓の出汁の効いたこのスープ、大好きなんですよ♪

ここのガオラオを食べに自転車で来た初めての人になったな♪間違いない(笑)

スワンナプーム空港旅客ターミナルビルからの脱出の仕方

ガオラオを堪能し、一服したら帰りましょうか?

なんの躊躇もなくタクシーの後を付いて行ったのだが、その先には見覚えのある看板が・・・
IMG_3461-0112-1.jpeg

その後周辺をぐるぐる回るが、結局出口はここしかない。

そんなはずはない、バイクで入ってきた人が出られる道があるはず。

迷いながら途中で見た光景
IMG_3466-0112.jpg
結構迫力あるよ

周りを観察していると、VIP到着ロビーの前の道をバイクが走っているのを発見。
スワンナプーム出口
ここを通って無事脱出。

その後はほぼ同じルートを辿って帰ってきましたよ。
当初計画では、スカイレーンまでは自走、スカイレーンで2周(40km超)、多分疲れてるからタクシーで帰宅と考えていたけど、スカイレーンで走れなかった分自走で帰ってきたがほとんど疲れを感じなかったな〜

サイコン(サイクルコンピューター)を2種類同時に動かしてみた結果

最後に自転車用サイコンについて。

オレは安いcateyeのサイコンつけているんだけど、今回iPhoneアプリのサイコンを同時に使ってみた。
IMG_2097-0112.jpg

最終的にその数値を比べてみたのだが、あまりの違いに驚く。

サイコンはスポークに付けたセンサーとフォークに付けたセンサー読み取り機でホイールを回転させた回数・時間間隔で距離やスピードを測定する仕組み。もちろんホイール径とかの設定をする必要があるが。

一方、アプリはGPSを利用して距離やスピードを測定する仕組み。

超短距離では誤差が出るかもしれないけど、数十キロではそれほど誤差はないと思ったのだが。。。

ルートはこれ、往復とも同じコース
20180112-0112m.png

以下左はcateyeサイコン、右はCyclemeter(iPhoneアプリ)の数値。

■総距離
70.79km/73.43km
3km差ってデカいと思う。

ちなみにGooglemapのタイムラインを見ると64.2kmだった(笑)

■総時間
3h29m/5h44m
これは止まってる時間(休憩時間)を含むか含まないか?の違いだけの様だけど。。。

■最高スピード
37.2km/53.97km
うーん、体感最高スピードは40km位だったので、明らかにiPhoneアプリがおかしいな。
GPSの精度の問題なんだろうけど、例えば一瞬でも位置情報が数十m違ってたらそりゃあこれだけの誤差はでるだろうね〜

■平均スピード
20.3km/12.78km
ペップリー通りの砂利道を長く走ってりゃあこんなもんか?
iPhoneアプリは休憩時間を含む時間で割ってるからかな?

■消費カロリー
1082cal/3863cal

3倍以上の差はカロリー計算をする基本指標が全く違うからか?
総時間の差から来るのかも?

よく考えてみれば、iPhoneアプリは休憩のたびに「停止」の処置をする必要があるようで(当たり前???)、ゆっくりライドをする場合の使い勝手は悪いね。休憩のたびに操作するなんて多分忘れちゃうよ(笑)

***

それにしても、バンコクの中心地はガタガタ道が多くて(スベスベも結構あるが、その落差はあまりにも大きい)走りづらいけど、その代わり信号がほとんどないので(片道35kmで信号は10箇所未満、多分5-6箇所くらい)そういった意味では快適だ♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人の階段を上り始めた・・・か?スポーク調整

今日のタイ語

ประแจขันหัวซี่ลวดล้อ スポークレンチ

最近欲しいパーツや工具が増えて困っている(笑)

まあ、もっとも欲しいハイスペックなロードバイクもあるんだけど、これは我慢しているんで足元中心に部品交換・整備に励んでいる。

中古で買ったブラックアロー号。
IMG_2448-1231.jpg

今まで交換したのは
1、ブレーキシュー
2、チューブ
3、タイヤ
くらいかな?

次にチェーンの交換をしようと思ったけど、今狙ってるコンポの換装如何でチェーンも変えざるを得なくなる可能性もあってもう少し様子を見る予定。

なので次は
4、コンポ換装(クランク、ディレイラー、シフトレバーほか)+スプロケ、チェーン等)
5、ホイール+スプロケ、チェーン等(4の交換に伴って必然)
を考えているけど、これは日本に戻ってから。

ディレイラーやブレーキ調整(ケーブル含)もできるようになった(見よう見まね、できているかどうかは???)ので、もし4ができなければ(買わなければ)BB交換または整備とハブの整備に挑戦しようと。。。

それには結構工具が必要で、トータル的には日本で揃えてやる方が何かと便利かなと思っているんでもう少し先になりそう。
それら(換装、整備)はもちろん自力でやるつもりだけど、もしうまくいかなかったらタイに持ち込んで自転車屋で組んでもらったり整備してもらった方が日本の自転車屋よりも断然安い(1/10以下?当てずっぽです)んで、そういうセカンドプランも立てている。

楽しみだ〜♪



で、先日リアブレーキシューの掃除をしている時に、ふと気がついたことがあった。

それは・・・

(動画の終わり方が汚くてすみません)
えっ?部屋が散らかりすぎ?って?
まあね、自転車の向きをいろいろ変えていたら、周りのものがどんどん散乱してきた(-。-;

そうじゃなくって、ホイールの回転のこと。
かなり振れているよね?
縦方向・横方向ともブレブレって感じ

いろいろ調べると、これってスポークの張りが均一じゃないかららしい。

で、先日タイ赤十字病院→牛野屋の次にルンピニー公園角にあるProbaikeに寄ってこんなものを買ってきた。
IMG_3453R-0106.jpg
スポークレンチ(日本ではニップル回しとも言うらしい)、140バーツ

日本でも同じような値段だね?


これは
IMG_0135R-0108.jpg

こうやってスポークとリムをつなぐ箇所のニップル(ネジ)を締めたり緩めたりするレンチ。
これでスポークの張りを調整してホイールの振れを取るらしいね。

ほんと便利な世の中になったよね〜
youtubeで「スポーク_調整」で検索するといっぱい出てくるよ、やり方が。

早速挑戦。
(ちゃんとやるには、それなりの器具も必要なのだが、今回は超簡易的調整の範囲)

が・・・

調整してホイール回してみると、えっ???なになに〜?前よりひどくなってる

どうやら反対に回していたみたい、そりゃそうだな・・・
(見たyouyube映像ではリムが上だったのだが、オレはリムを下にしてやっていたんで混乱したが、普通の正ネジだった)

で、試行錯誤の末ようやく満足するホイール回転になった。
元々のリムの精度の問題もあると思うので(自分の腕の無さを他人のせいにする悪い癖)こんなもんかな?ってところで完了。

一応完成版の映像は録ったのだが、ベテラン関係者に見られると恥ずかしいのでアップせず(笑)

こうして一歩づつ大人の階段を上っていくのだな。

早くコンポの換装をしたい〜♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT