FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結局のところTM.30って本当に必要なの〜???(2)2020年B-VISA更新

今日のタイ語

ยั่วยุ ユア ユ=煽る

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:タイでは欧米並みに法律やルールは定められているがその運用は緩やかであり、適用は担当官の裁量の幅が大きい。従って、同じことをしても「その時」「その場所」「その担当官」により結果はまちまちである、ということは十分理解した上での記事です。

TM30は本当に必要なのか?

前回の記事
結局のところTM.30って本当に必要なの〜???B-VISA更新

B VISA更新・時系列

今回、11月に新しい会社に転職後のVISA更新状況及びTM.30との関連について時系列で備忘録として残しておく。

11月中旬
在日本タイ大使館でBビザ取得(有効期限入国まで3ヶ月入国後3ヶ月、~2020年2月中旬)、11月下旬タイ入国
★-1

1月下旬
S県イミグレーションでBビザ更新(有効期限1ヶ月、~3月上旬)

2月上旬
会社の問題(手続き上の問題)でいきなりVISA失効スタンプを押される。
IMG_8734-0309.jpg

対応後Bビザ再更新(有効期限1ヶ月、~3月上旬)
IMG_8733-0309.jpg

2月10-13日
インドネシアに向けて出国、タイ再入国
★-2

2月中旬
イミグレポリス急襲

イミグレポリスが突然踏み込んできた!まじ〜?

簡単な聞き取りと勤務状態の写真を撮られて無罪放免。

3月上旬
1ヶ月の審査期間を経てBビザ更新(有効期限11ヶ月、~2021年2月中旬)
IMG_8736-0309R.jpg

TM.30の実態

【TM.30のポイント】

11月下旬のタイ入国以降、オレの場合は2回TM.30の申請(報告)をする義務があった(★-1、★-2、入国後24時間以内に要申請)。
しかも、2回ともその直後にVISA更新という関所があったのだが。。。

★-1
24時間以内の申請はせず。
そうは言っても入社したばかりの会社に迷惑をかけるのもなんなので、入国2週間後くらいにアパートの管理人にTM.30申請をお願いした。

パスポートのコピーにサインをした後「出しとくから」の一言でおしまい。
特に申請受領書(半券)はもらわず。
つまり、TM.30の申請をした証拠を一切持っていなかった。

この状態で1月下旬にBビザ更新したが、この件に関しては一切指摘なし。

★-2
インドネシアからの帰国後、すっかり忘れていたが先週思い出した。
しかし、生来のめんどくさがり屋かつギリギリ行動派のオレはギリギリまで待った挙句、すっかり忘れたまま3月上旬のVISA更新日を迎えた。

この状態(TM.30は無届)で3月上旬にBビザ更新したが、この件に関しては一切指摘なし。

***

ってことは、★-1で届出した事実(半券なし)をS県イミグレで確認して★-2でもそれが有効(?)として扱われたのか、そもそもTM.30なんて申請しているかどうかは見ていないの2つに一つ。

時々煽り記事を見かけるが、事実(今回のオレの場合)はそういうことだった。
TM.30なんて所詮こんなもんですよ(°ロ°;)


皆さん、コロナウイルス同様気にし過ぎなんじゃないでしょうか?

VISAの有無は絶対的なものなので、これには全身全霊を傾けるが、コロナウイルスのように感染率0.0002%、致死率0.000005%に神経をすり減らしたり、TM.30に気をもんだりって・・・

VISAは絶対的なものとは言っても、切れてもバレなければ住み続けることはできるけど。。。
中にはこんな猛者もいることだし。

ตม.รวบพ่อหม้ายแดนปลาดิบ ฝังตัวอยู่ในไทยผิดกฎหมายกว่า 8 ปี
8年以上の不法滞在の日本人捕まる


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| NON-B VISAへの道 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結局のところTM.30って本当に必要なの〜???B-VISA更新

今日のタイ語

แบบการแจ้งรับคนต่างด้าวเข้าพักอาศัย สำหรับเจ้าบ้าน เจ้าของ หรือผู้ครอบครองเคหะสถาน=外国人の家の所有者、住宅所有者による居住通知書=ตม. 30=TM.30

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:タイでは欧米並みに法律やルールは定められているがその運用は緩やかであり、適用は担当官の裁量の幅が大きい。従って、同じことをしても「その時」「その場所」「その担当官」により結果はまちまちである、ということは十分理解した上での記事です。

昨年11月に在日本タイ大使館で取ったB-VISA。
この有効期限は入国後3ヶ月なので、今年2月半ばに失効する。

前の会社はBOI企業だったため、入国後すぐにビザ延長の手続きをした結果1年7ヶ月有効という中途半端な延長ビザをもらったので悠々自適だった。

今回入社した会社は非BOI企業であるため、どうなるのか興味津々だったが先日結果が出たので結果を備忘録として残しておく。

初めてのTM.30申請だが・・・

VISAに関しては自力で取得・更新がモットーだが、Bビザに限っては自力でできる範囲は限られている。つまり会社任せなのだ。
そこがちょっと不満。

そして一番の不安材料はTM.30の絡み。
このTM.30問題は数年前からネットで騒ぎが起きた

4年前にこんな記事を書いた。
激変?タイVISAとロングステイ(TM.30と10年VISA)

ロングステイビザに至っては「現在のリタイアメントビザが廃止されて新たにロングステイビザに変わる」と誤解した人多数で、中には「ザマアミロ」的な投稿をTwitterで見たりした(゚∀゚)

この時点ではバンコクでは不要だったTM.30なのだが、今ではバンコクでも必須でやらなかったがために罰金○○○バーツ取られた!とかまことしやかにネット上流れている。

確かに、イミグレに行くとこんな掲示があるので必要なのは間違いないのだが。。。
IMG_4358-0212.jpg

本当〜???
タイではルール化されていても適用されないことは日常茶飯事。
事実、TM.30も制定後長らく適用されず放置されてきた経緯がある。

まずは疑ってかかるのがオレ、ダマスカスの流儀( ̄皿 ̄)
ネットの煽り記事など基本的には信用しない。

事実、2015年12月〜2018年月まで一度もTM.30の申請をしたことがなく(申請してもらうことをしたことがなく)VISAの更新時も何ら指摘を受けず、2019年1月から10月のR県勤務中も一度も申請したことがないのだが、一度も問題視されたことがないのだ(°⊿°)?

今回、11月16日に入国した際は少し心配になって(いきなり会社に迷惑をかけるのもなんなんで・・・)アパートの管理人に「TM.30って知ってますか?申請して欲しいんだけど」と依頼すると、パスポートのコピーにサインを求められただけで「出しといたから」と言われて終わってしまった。

つまり、オレは申請した証拠を一切持っていないのだな。。。

そんんな中で先日B-VISAの更新に行ってきた。

少しドキドキしながら申請に行ったのだが。

注意(Damascusの場合)
1、ビザ更新手続きは就労地であるS県のイミグレ
2、現住所はバンコク

TM.30の申請控えを全く持たずにVISA更新に行ったら・・・

ジャーン
IMG_8653-0213R.jpg

何の指摘も受けずにビザ更新できたー(°ロ°;)
ただし、会社の審査?があるので更新は1ヶ月のみ・・・この辺の仕組みはよくわからなかったが。。。

ん?
TM.30って本当に必要なの〜???
煽り記事ってやっぱりいい加減だな〜

今回TM.30申請の控えを全く持たずにイミグレに行き、VISA更新ができた推定理由

1、ビザ更新時のイミグレと居住地(TM.30)が違うといちいち確認しない。
2、イミグレには全国を網羅した登録情報を閲覧するシステムがあって、オレがバンコクで申請したことを把握した。
3、たまたまイミグレ担当官が確認を忘れた。
4、そもそもTM.30なんてやってもやらなくてもいい。

理由は全く不明です。

再度の注意事項
注意:タイでは欧米並みに法律やルールは定められているがその運用は緩やかであり、適用は担当官の裁量の幅が大きい。従って、同じことをしても「その時」「その場所」「その担当官」により結果はまちまちである、ということは十分理解した上での記事です。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| NON-B VISAへの道 | 00:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ところ変われば・・・ワークパミット(WP)編

今日のタイ語

หนา ナー=厚い

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

B-VISAを持って帰り、その後の1週間はSkyLane漬けだった。

書くことはたくさんあるのだけれど、まずはワークパミット(WP)情報から書いていこうと思う。

BOI企業と非BOI企業ではかなり違

辞めた会社はBOI企業、今度入った会社は非BOI企業。
手続きがこうも違うのか・・・と実感したので備忘録として残しておく。

参考までにBOI企業とはなんぞや?とかBOI企業の場合のVISAの更新&WPの取得手続きについては以下を参照。

NON-B VISAへの道(13)ワークパミット(WP)編 ② タイでのスマホアプリ化は順番が逆のような気がするが・・・

***

要約すると
1、B-VISAは就労するために入国・滞在することを許可する証(大使館領事部、イミグレーション管轄)
 更新は就労地のイミグレーションで行う。
2、WPはB-VISA所持者に対して発行する労働許可証(労働省管轄)
 更新は就労地の労働省で行う。

居住地(県)と就労地(県)が違う場合も就労地で実施する。

***

B-VISAは入国前にWPは入国後に取得し、セットで持っていないとタイで就労できない。
延長も基本的にはそれぞれ申請する必要がある(セットでできるワンストップサービスもある)

最初にまとめておく。

(1)前回
・BOI企業
・VISAの更新&WPは入国後20日後に同時に完了(20日もの間WPなしで働いていてもマイペンライ)
・企業所在地=R県だがVISAの更新&WPはバンコクサムヤーンにあるワンストップサービスでできる。
・WPはスマホアプリ

(2)今回
・非BOI企業
・VISAの更新は3ヶ月の有効期限が切れる1ヶ月前から
・更新時に審査があるようで、1ヶ月の延長しか認められない(審査完了後に1年の更新になる?)
・WPは入社後即日(こっちの方が正しい気がする(゚∀゚)
・企業所在地=S県。VISAの更新はS県のイミグレで、WPの取得はS県の労働省で。
・WPは紙(手帳タイプ)

注意:これはBOI企業と非BOI企業の違いなのか?それとも申請する県による違いなのか?は不明。

WPは手帳型

入社の翌日くらいにWPの申請に行った。少しくらい遅れてもマイペンライ(゚∀゚)
2cmくらいの分厚い資料を持っていき申請。
タイの役所はなんでこんなに書類が必要なのか???そんな分厚い書類をどうやって保管しているのか?

なんだかんだで1時間くらい待ってもらったWP
IMG_8589-0211.jpg
IMG_8590-0211R.jpg

IMG_8591-0211Rr.jpg

ちなみにBOI企業の時のWPはこれ、スマホアプリ
IMG_4354-0222R.jpg
IMG_4356-0222R.jpg

前回は発行から1年10ヶ月くらい有効だったが、今回はたったの1年。

BOI企業の恩恵を肌で感じたねー

これで晴れて新天地での就労が名実ともにできるようになった。

***

次回はビザの更新
そういえばTM.30の申請控えは持っていないけど大丈夫か〜???


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| NON-B VISAへの道 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼門?の在日タイ大使館領事部へ、鋭い尋問を受けている人も・・・

今日のタイ語

สอบสวน ソープ スアン=尋問する

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

在日タイ大使館領事部ビザの申請には事前にHP上で予約が必要(大阪ほか領事館の場合は自身で調べてください)。

ビザオンライン事前予約システム

前日だと結構先まで埋まっていることが多いので、今回はロンドン、マドリードへ行く前に申請していた。

真っ当な人は普通に受理されるが・・・

11月11日(月)

9:00からの予約だったので7:30ごろ神奈川の家を出る。
着いたのはちょうど9:00ごろ。
久々の日本(9ヶ月ぶり)、久々のラッシュアワーの東京・・・疲れました。。。
IMG_8028-0202.jpg
大使館に併設されたタイ大使公邸

領事部は前回は激混みだったが、今回は適度な混み具合。

1時間ほど待ったが、その間いろんな人の人間模様を見させていただいた。

【20代後半から30代の男性の場合】

申請書類を出し、パスポートを見た瞬間係官から鋭い指摘(尋問)を受けていた。
あれから2ヶ月経つがあまりにも大きな声で尋問されていたので今だに記憶がある。

係官「あなた、以前就労ビザでタイで働いていたようですが、その後何度かノービザでタイに出入国していますね?」
男性「はい、そ、それは観光で・・・」
係官「タイで働いていた時はどんな仕事を?」
男性「○○関係の仕事を・・・」
係官「その後の職歴を教えてください」
男性「に、日本の会社に勤務して・・・」
係官「どんな関係の仕事ですか?」
男性「同じ○○関係でして」
係官「それでは今回の就労ビザ申請ではタイでどんな仕事をするつもりですか?」
男性「○○関係です」
係官「その間のノービザ滞在が長い時は30日近くになりますが本当に観光ですか?複数回長期滞在していますよ?そんなに会社を休めるんですか?」
男性「いや、そのーちょっと」

係官「もし、ノービザで入国時にタイで○○関係の仕事をしていたのであれば、これは明らかな出入国管理法違反になりますよ!その場合、今回の申請は認められません!」

男性「いやー、そのーちょっと。。。」
係官「それでは前回のビザでのタイ就労から現在に至るまでの職歴とノービザで入国した時期・期間・目的を時系列に紙に書いて提出してください。それを見た上で今回の申請を受理するかどうか決めます」
男性「は、はい・・・」
係官「英語で書いてください」
男性「えっ?え、英語でですか・・・」

と、まあこんな感じ。

これは厳しいねー

その点オレのパスポートは1年前に更新したばかりなので過去を詮索される可能性は低いし、例え詮索されても一点の曇りもないので安心はしていたが、さすがにそんな尋問を目の当たりにすると少しはビビる(°ロ°;)

しかも、一点の曇りもないのだけれど、オレのパスポートは「リタイアメントビザ」→「失効スタンプ」→「就労ビザ」→「失効スタンプ」がべたべたと押してあるんでそれなりに目立つのが嫌なんだよねー

彼の結果は知らないけど・・・

オレの番

さっき男性を尋問していた係官(女性)は前回オレの書類をチェックした人(1回目)。

前の会社の総務担当者がデタラメな書類をよこしたため(オレも確認していなかった)、散々嫌味を言われて突き返された思い出の係官。

今回の担当者は少しおとなし目の別の女性係官だった。
一通り書類をチェックしパスポートを舐めるように見ていたが、特に何も言われず受理された。
当然のことながらHP記載の必要書類だけで満額回答だったということ。

申請料金9,000円なり。。。

***

2日後の13日(水曜日)、午後から受け取りに行く。
IMG_8029-0202.jpg

無事にB VISA シングル(3ヶ月有効)を受領
IMG_8075-0201.jpg

一安心。
これで無事当初予定通り16日のフライトでバンコクに戻れるなー

残り実質3日は日本での滞在を楽しもう♪
寒くて参ったけど・・・(°皿°;)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| NON-B VISAへの道 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニッポン滞在は7日間、目的は2回目のB-VISA取得(事前準備編)

今日のタイ語

ผู้ค้ำประกัน プー カム プラガン=保証人

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

今回の日本滞在の目的は前の記事に書いた通りB-VISAの再取得。

滞在期間は11/10〜16

本当は11月いっぱいゆっくりして、12月1日から次の会社に入社を予定していたのだが、会社側からどうしても早く入社してほしいという強い要請があり1週間繰り上げたため11月16日の便でバンコクへ戻らなくなってしまった。

17日から入社日まではSkyLaneで走るために1週間の余裕が必要なのだな( ̄皿 ̄)

再び鬼門の在日タイ大使館へ

IMG_8016-0201.jpg

鬼門というほどのことはないのだが、前回辞めたA社のチョンボにより不受理という屈辱を受けたので。。。
それに、おっかないおばさまもいるので・・・
大使館のいう通りの書類を集めればなんの問題もない、はず。。。

在日タイ大使館(東京)のB-VISA申請手順と必要書類

まさかまたここに来ることになるとは予想もしていなかった。
が、こうしてちゃんと記録しておけば2度目は全く困らない。
このブログは自分自身の備忘録であるのだな( ̄皿 ̄)

NON-B VISAへの道(11)在日タイ大使館へのビザ申請(再)、これで一発受理

上のリンク先で書いたがもう一度まとめてみよう。

【申請する前に】
「有効なタイの再入国許可書または、査証所持者は査証申請は出来ません。新しい査証を申請する場合は、有効な再入国許可証・査証を発行元にてキャンセルをしてから査証申請が可能です。」
これ結構落とし穴なのだが、今回のオレは有効だったビザを退職と同時に失効されたので問題なし。

【準備する書類】
これは大使館(領事部)のHPに記載されているのでそれに100%従うこと。
100%以上でも100%未満でもだめ。
(以上は無駄な労力という意味)

ただここに記載されている内容はあくまでも在日本タイ大使館領事部=東京目黒に限るということが重要だ。
他国にある大使館は言うに及ばず、同じ日本にある大阪ほか領事館でも準備する書類が微妙に違うので注意。
(東京以外の領事館は未経験なのでここには書きません)

在日本タイ大使館領事部(東京目黒)/ノンイミグラント-B (就労/ワーキング) 必要書類

1、パスポート原本
・有効なタイのビザ・リエントリーパミットのないこと(必須)。

2、申請書 1部
・手書き不可(可能とは書いてあるが余計な詮索をされるのでタイプすることを強くお勧めします)
・大文字(Hanako Thailandは不可、HANAKO THAILANDとすること)
・文字数が多い場合文字が縮小されるが省略せずに(文字の大きさを気にせず)タイプすること。

3、カラー写真 1枚
・申請書には2枚貼るところがあるが、日本国籍者は1枚だけ貼れば良い。HPを熟読すること。

4、タイの将来の雇用主からの英文招聘状原本
・フォームは任意だが、以下の内容は必須。一つでも抜けていると受理されない。
・レターヘッド入りの用紙使用
・申請者名、就労時の役職、給与の額、入国予定日、就労期間、必要とされるビザの種類が記載(必須)
・社判または社印または角印入り
・タイ商務省発行の会社謄本に名前が記載されている代表者の直筆署名

5、経歴書
・手書き不可(可能とは書いてあるが余計な詮索をされるのでタイプすることを強くお勧めします)
・大文字(Hanako Thailandは不可、HANAKO THAILANDとすること)
・文字数が多い場合文字が縮小されるが省略せずに(文字の大きさを気にせず)タイプすること。

これだけ、これ以上でもこれ以下でもだめ。

参考
今回会社からは4の招聘状をもらったが、総務は気を回して「タイ商務省発行の会社謄本のコピー」と「代表者のパスポート+自筆署名」を半ば強制的に持たされた。
総務曰く「過去大阪領事部では要求された。これがないと4の招聘状の信憑性が問われるので必ず一緒に提出してください。また「タイ入国の航空便の予約書も必須です」と言ってきた。

しかし、オレは前回の経験から「そんなものは不要」と鼻で笑って事実提出はおろか提示もしなかった。

結果はもちろんHPに書かれている5つの書類だけで受理発行された。

そんなところに余計な気を回さす、書く内容や要求されている事項に100%合致しているかに気を使った方が良い。

注意:あくまでもこの時この場所この担当官の場合であり、タイは時、場所、人により判断が変わるので注意。
最新のHPの内容を熟読のこと。

前回との違い

とは言っても今回のオレの立場は前回とは微妙に違うので少し頭を使わなければならなかったのも事実。

【日本の保証人】
申請書と経歴書には「日本の保証人」の名前、住所を書く欄がある。

前回は日本の会社に採用されていたので、日本の会社が「日本の保証人」であった。
つまり「会社名」と「会社の住所」を書いておけばよかったのだ(会社名と会社の住所を証明するものはなんら求められないのでただ書けば良い)

しかし、今回はタイの会社に就職したためこの「日本の保証人欄に会社名は書けない」

さてどうする???

1、一応日系企業の子会社なので、親会社の社名と住所を書いておく
→親会社に採用されたわけではないので今回は無関係。虚偽を書くと「永久不適合者」の烙印を押されるのでリスクは取れない。

2、親、兄弟、親戚を保証人にする。
→まあ、これが無難。
保証人とは言っても、続柄、職業や年収を書く欄もないので親の名前と住所を書いておいた。

ただ「これは誰?」と聞かれても良いように親のパスポートのコピー+自筆サインだけは持っていったが、やはり何も聞かれず無駄に終わった。

結論
なんども書くがHPに書かれている書類だけを100%埋める(満足させる)ことができれば受理される。
余計なことは考えずに100%それに専念すること。

余談
今回は7日間(実質5日間)の短期決戦だった。
申請は予約制で定員に達すると申請自体が先延ばしされるシステム。

今回は月曜日=申請・受理、水曜日=受領、土曜日バンコクへのフライトというギリギリスケジュールであり、直前だと予約が取りにくく月曜日不受理だと実質不可能になるの可能性が高く、上の保証人のコピーを持っていったのだ。

ギリギリ行動派はスリルがあって楽しい(°ロ°;)
ただし、何があっても自分で解決する!できる!という自信と信念が必要です、ハイ。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| NON-B VISAへの道 | 14:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT