FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美味いビールはこれだ!(ビール編)

今日のタイ語

คราฟต์เบียร์ クラーフッビアー=クラフトビール(大雑把にいうと地ビール)

ต์ท์と書く場合あり。英語なので人によって様々。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!
ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)
Bromptonの生まれ故郷までポタリング、道に迷いうのもまた楽し♪

余った写真で今回のイギリス滞在で発見したことやふーんと思ったことなどをバラバラと書いておく。

ビールは上面発酵がうまい

以前の会社で5回くらいアメリカへ出張をしたことがある。
大概、東部に入ってから中部を周り西海岸から日本に戻るコースだった。

初めてニューヨークに行った際、現地のサプライヤーの社長Rに色々とご馳走になったのだが、今でも憶えているのは「サミュエルアダムス」というボストンのビールと、本場フィラデルフィアで何度も食べたフィラデルフィアステーキだけ( ̄皿 ̄)

このサミュエルアダムス、今でこそ日本にも輸入されているようだけど、1990年代初頭には日本では見かけなかった。

オレが「これ、日本に持って帰りたいー!」と言ったら、社長のRが「じゃあ3ケースほど送りましょうか?」と冗談を飛ばしていたがオレは真剣だった(°皿°;)

それほどうまいビールだった。
美味いというか、日本にはない濃い味で旨味があった。
日本にはない味だったから新鮮だったのかもしれない。

***

今回、ヘイズの街のホテルに泊まったが、すぐ近くにあるThe Botwell Innというパブに毎日通った。

ホテルについては2年前散々書いたのでここを参照↓
ロンドンの超おすすめホテルとHaysの街、ロンドン在住の気分に浸れるかも?(1)BWA Hotel

正面
IMG_7681-1210.jpg


IMG_7800-1210.jpg

初日こそGuinnessとStellaという誰でも知ってるオーソドックスなビールを飲んだ。
IMG_7601-1210.jpg
IMG_7618-1210.jpg

が、地元民が飲んでるビールを観察していると、黒ビールほど黒くはないが普通のビールほど色が薄くない「茶色」というか「赤味がかった色」のビールを飲んでいる人が多かった。

なんていう銘柄だろう?
地元民が注文するタイミングを観察しているとAbbotという銘柄が比較的多いことが分かった。

2日目に早速注文してみる。
IMG_7624-1210.jpg

キンキンに冷えたビールサーバーではなく、なんだかクラシックなビールサーバから注がれたAbbot。
一口飲んでみて、あっ!これだー!と唸ってしまった。

そう、20年以上前に飲んだあのサミュエルアダムスを彷彿させる味だった。
現実にはサミュエルアダムスの正確な味は忘れてしまっているのだが、こんな感じの味だった、か???
多分今飲み比べたら「違う」ってことになるんだろうけどオレの好みの味だった。

ちなみにAbbotは上面発酵ビール(Ale)、サミュエルアダムスは「上面発酵でありながら下面発酵と同じ低温で熟成させ、飲みやすく、バランスの良いエールに仕上げてあります(日本ビールの宣伝文句)」で同じではないのだが似てる?

ビールの種類や製法についてはここを読むとよーくわかる。

味を文字で表現するのは難しく、また感じ方は人それぞれなんであくまでもオレの感じは

・少し酸味というかフルーティーさがあるかな?
・色と同じで深みというか味があって、何かつまみを食べながら飲むというより、ビールだけを舐めるように飲むのが合ってる。

ちなみに、提供される温度は一般的なビールと比べると高め。

本当に舐めるようにじっくり飲むのがおすすめだ。

***

最近は日本でもクラフトビールが流行っている(随分前から?)ようで、うちの近所にもクラフトビール専門店があるようなので、次回日本に行った時に寄ってみようと思う。

もちろんバンコクにもアイリッシュパブはゴマンとあるし、ドイツビール系の店もあるので高いとは思うけど是非Abbotoを探しに行ってみようと思う。

多分Ale系のビールなら同じような味わいなんじゃないかな?

ちなみにこのThe Botwell InnではAbbotは確か1パイントで£2.79(うろ覚えです)と激安だった。
浴びるように飲むにはイギリスに行くに限る。

ナニナニ?飛行機代がかかるって?
それは別腹だ!!!(°ロ°;)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年イギリス | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bromptonの生まれ故郷までポタリング、道に迷うのもまた楽し♪

今日のタイ語

บ้านเกิด バーンクート=生まれ故郷

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!
ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)

翌日の昼はマドリードへのフライトなので、丸一日使えるのはこの日が最後。

11月4日(月)
メインの戦車博物館へ行けず残念ではあったが、昨日のロンドン中心部のポタリングはなかなか楽しかった。
Bromptonを買って本当に良かったーと思う。

そんなBromptonは,Made in London
一時期、台湾で作っていたこともあるそうだが、今は元どおりロンドン郊外の工場で作っている。

別にイギリスの人が特に自転車作りに優れているとは思わないが、まあChinaやKoreaよりは断然いいと思う。
そもそもそんな国と比較してごめんなさい(人ω<`;)

***

この一日、どこに行こうかと考えていたが、せっかくなのでBromptonの生まれ故郷へ行ってみようと思う。
場所はすぐに分かった。

ホテルからは10kmくらい。
ポタリングにはちょうど良い距離だ。

***

ルート設定完了して走りましょう。

こんな感じのヘイズの街を抜け、少し迷った交差点を右折して進む。
IMG_7757-1210.jpg
IMG_7758-1210.jpg

ある地点でGooglemapのナビ通りに進めず、住宅街に入り込み住民に不審な目で見られ急いでルートを探すがどーしても分からず。

ここか?と思って走っているとルートから外れるの繰り返し。
同じ地点を4往復くらいして。。。

IMG_7759-1210.jpg

えっ?ここ〜???まさか〜

そのまさかでした(°皿°;)

この先は完全ダートコース(とは言っても若干砂利を含んでいるのでBromptonでどうにか走れる程度。ロードバイクなら諦めたかも?)

まっさらなmap上だと確かに点線で描かれた道なのだが、ルート設定をすると太い青の道にしか見えなかったので・・・

進んでいくと小川があったりで、なんだか個人の農場にでも迷い込んだ気分。
IMG_7760-1210.jpg

途中で見かけた看板によるとMarnham Fieldsという農園(country-style park)のようだね。
IMG_7765-1210.jpg
IMG_7763-1210.jpg

すぐ隣にはwikipediaにもあるもっと大きな農園もあった。

IMG_7764-1210.jpg
今の季節は枯れ草ばかりだけど、ひまわりが満開だとさぞかし見応えのある場所かも?

途中、リードなしの大型犬とすれ違ったけど、さすがタイの半野犬とは違い「ふん」と言った感じですれ違いましたよ。
イギリスは犬も格が違うね(゚∀゚)

歩道橋も完全自転車対応。
IMG_7766-1210.jpg

IMG_7767-1210.jpg

またこんな住宅街を抜けると、目的地近くのグリーンフォード駅に到着。
IMG_7768-1210.jpg

ここを過ぎてすぐのところにありましたー
IMG_7770-1210.jpg
IMG_7770-1210-1.jpeg

記念撮影
IMG_7772-1210.jpg
IMG_7771-1210.jpg
IMG_7773-1210.jpg

Bromptonくん、ここが君の生まれ故郷だよー
憶えているかい?

***

また霧雨が降ってきたので電車に乗って帰ることに
さっきの駅まで行ってGoogmapでルート検索。

ふーん、地下鉄への自転車持ち込みは時間制限があるのねー?
IMG_7777-1210.jpg

ここでいう自転車はあくまでも折りたためない自転車のことだと思うので、Bromptonのような折りたたみ自転車はいつでも乗せられるのかな?

この駅のエレベーターはケーブルカーのような仕様だった。
IMG_7779-1210.jpg

来た電車に適当に乗り込んでGoolemapを見ながら進み具合を見ていると・・・

えぇー?途中で曲がると思ったら直進してるー
このままロンドン中心部へ行ってしまうのか???

慌てて適当な駅で降りる
駅名は忘れたがこの駅、なんだか人民系か朝鮮系が異様に多い駅だった。

そこからまたポタリングで迷いながらイーストリング駅まで。
IMG_7780-1210.jpg
ロンドン郊外の瀟洒な住宅街を走ってイギリスを実感。

無事ホテルに戻ってきました。

列車の中の表示
IMG_7781-1210.jpg

ってことは、自転車はとりあえずどこに置いてもいいってことね?( ̄皿 ̄)

***

ダートコースを走ったのと、落ち葉や小枝をいっぱい踏んだのでBromptonはかなり汚れていた。
IMG_7784-1210.jpg

バスルームに入れてシャワーで綺麗にしましたよ。

これにてイギリス滞在は完結。
スペインの話に移る前に、その他について書いてみる。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年イギリス | 15:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)

今日のタイ語

บิกเบน ビックベン
สะพานเวสมินสเตอร์ サパーン ウェース ミンスター=ウエストミンスター橋

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照
久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!

バッキンガム宮殿内の自転車専用道には・・・
IMG_7700-1205.jpg

このように自転車専用の右折&左折信号まである♪
スバラシ

バッキンガム宮殿を抜けるとこのような完璧な自転車道
IMG_7701-1205.jpg

この自転車道はこの先テムズ川沿いまで、いやそのずーっと先まで続いている
スバラシ過ぎ

あっという間にビッグベン前まで来たが、いっぱいいたサイクリスト達はウエストミンスター橋を渡らずテムズ川沿いの自転車道に流れていく。
???この橋渡れないのか?

ここは2年前に行った2wks前にテロがあった場所でその後の警備も厳しく、障害物がいたるところに置かれていて勝手に入るとそのまま射殺されそうでオレも従った。
ご存知の通り、この前この先のロンドン橋で同じようなテロがあったねー

そのままテムズ川沿いの自転車道を走る
IMG_7713-1205.jpg
IMG_7714-1205.jpg

ふと、googlemapを見ると事前にチェックしておいたBrompton Junctionの近くを走っていることが分かり向かうことに。


細い小道をぐるぐる走り到着
IMG_7702-1205.jpg

写真を撮ってると背後で日本語が聞こえたので振り返ってみると、対面にあったThe Freemasons Armsとかいうパブ?レストラン?からぞろぞろとニッポンのおじさんおばさんが出てきた。
盛んに写真を撮ってるオジ様がいたので「ここ有名な店ですか?」と突然声をかけたら驚かれてしまった。

ただ単に昼食をとった場所の写真を撮っていたそうだが、店の正面には創業1680年(詳しくは忘れた)の文字が。
しかもフリーメーソン?

有名な店のようだね?

***

Brompton Junctionからテムズ川方面に下っていくと、ちょうど正面に橋が見えた。
ウォータールー橋だったと思う。

ここを一気に渡ってビッグベン方面へ。
この辺りなんだか歩いたことあると思ったら、5年前にタイ料理を食べにきたあたり(多分)と帝国戦争博物館に来た時に歩いた場所だった。

一気にテムズ川沿いの撮影ポイント着
IMG_7704-1205.jpg
IMG_7707-1208.jpg

絵になるね〜

これBrompton以外はサマにならなと思うよ( ̄皿 ̄)

***

その後ウエストミンスター橋に戻ると普通に自転車が渡ってた・・・
IMG_7711-1205.jpg
イギリスを代表するもの全てが収まった一枚。
ビッグベン(工事中で残念)、二階建てバス、そしてサイクリスト(゚∀゚)

橋を渡って少し観光を

スコットランドヤード(ロンドン警視庁 )
IMG_7715-1205.jpg
普通の旅人はわざわざ来ないよねー(°⊿°)?

IMG_7719-1205.jpg
やっぱりサマになってるよねー?

ここは国防省
IMG_7720-1205.jpg

庭には朝鮮戦争の記念像があり、朝鮮人らしきのが盛んに写真撮ってたけど、今南があるのはこういった人たちの犠牲があったからなんだよー。呑気に写真なんか撮ってないで文とか金とかをどうにかしろよ(°皿°;)

国防省の裏にある観光名勝
IMG_7721-1208.jpg

2年前も来たけどここがなんなのかは今も不明。。。
直立不動の衛兵が居て観光客が群がっているけど。

***

さて、帰りますかー
この頃から降り続いている霧雨が強くなって、ハイドパークの入口にある門の下で雨宿り。
その正面には・・・
IMG_7725-1208.jpg
IMG_7725-1208-1.jpg

敵将チャーチルの銅像
こいつも原爆投下に深く関わっている。
人類の敵

ハイドパーク北側の自転車道
IMG_7727-1208.jpg
車道の幅とほとんど変わらない(°ロ°;)

素晴らしすぎる道
IMG_7728-1208.jpg

***

こんな素晴らしい国に行けば、誰しもサイクリストに憧れるはず。

あぁ、間違ってもニッポンで自転車道を真似したらダメだよ。
同じように自転車道を整備したら、ママチャリ+ハーレーダビットソンが我が物顔で暴走し始めるからね。
欧米とニッポンとじゃ、自転車文化が全く違うんで・・・(つω-`。)

参考:ニッポンのハーレーダビットソンとはコレ↓
タイの歩道はバイクが走るが、日本の歩道ではハーレーダビットソンが暴走する

***

ということで、楽しかったロンドンポタリングもおしまい。
IMG_7733-1208.jpg

明日もう1日あるからあそこに行こう!


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年イギリス | 19:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!

今日のタイ語

อาหารเช้าแบบอังกฤษ アハーンチャオ ベープ アンクリット=イングリッシュ ブレックファスト

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照
久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・

11月3日(日)
前日は戦車博物館へ行けず失意の底にいたが、気を取り直して残りの滞在を楽しもう♪

まずは朝飯。

5白6日のすべての日にほぼ朝晩通ったThe Botwell Inn。
IMG_7688-1205.jpg
イギリスのパブもスペインのバルも朝食〜夜食まで大人から子供まで通える便利な店。

日本にはないねーこういう形態の店。

IMG_7684-1205.jpg

IMG_7687-1205.jpg
IMG_7686-1205.jpg
上から2番目のTraditional Breakfast
これにおかわり自由のコーヒーをつけても711円。

ガストのモーニングAがいかにショボいかよーくわかる(゚∀゚)
IMG_8004-1205.jpg

朝っぱらからビールを飲んでるおっさん(というか年金生活者?)もいる。
IMG_7685-1205.jpg

昨日とは打って変わって快晴だ〜
IMG_7689-1205.jpg

じゃあ、今日はロンドン中心部へBromptonを持って行ってみよう♪

今日は1日 Bromptonと共にいよう♪

2日前は宿泊先のヘイズの街(ロンドン中心部まで25km前後)からポタリングで行ってみようと思ったが、今日も結構寒く辛そうなので電車に乗って行くことに。

IMG_7690-1205.jpg
この頃にはあんなに晴れていたのに曇り空に・・・
ロンドンらしい空模様だ。

IMG_7691-1205.jpg

電車に乗ってしまえば20分程度でロンドン・パディントン駅に。

IMG_7732-1205.jpg
さすがに駅構内は自転車で走るな!という表示が・・・

駅の出口は喫煙天国(°ロ°;)
IMG_7731-1205.jpg



ここパディントン駅からビッグベンまでは5km程度。

Googlemapの経路検索で自転車マーク使えます♪

ところで、Googlemapで経路検索する際この自転車マークがあることは皆知っているだろうけど、日本やタイではここをクリックしても何も表示されない。
googlemap-1205.png

この自転車マークで経路が表示されるのは「自転車専用道路が整備されている場合に限られる」からだ。
日本より自転車先進国のタイですら表示されないので、日本で表示されないのは当たり前。

イギリスではもちろんバッチリ表示される。
どんなに長距離でもね。

これぞ真の先進国だ( ̄皿 ̄)

やっぱりBromptonはイギリスの街が似合う

走り始めてすぐにどでかい公園にぶつかる。

IMG_7693-1205.jpg
IMG_7694-1205.jpg
後から知ったのだがハイドパークだった。
なんだか聞いたことがあるけど(゚∀゚)

さらに進むと・・・

???

IMG_7698-1205.jpg

なんだかいつか見たことあるような建物が・・・

そうだ、バッキンガム宮殿だ〜
ポタリングの良いところは、適当に走っていて意外なところに行けること。
そしてすぐに方向転換できるところかな?

早速自転車降りて記念撮影
IMG_7699-1205.jpg

ここで会ったお巡りさん
IMG_7696-1205.jpg

うーん、このフレームのロゴがいいね〜
IMG_7696-1205R.jpg

続く・・・


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年イギリス | 18:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・

今日のタイ語

รถถัง ロットタン=戦車

ทีเกอร์ 1 ティガー ヌン= タイガーI型

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照
久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス

第一弾ってことは第二弾もあるってこと?って?
そう、第二弾はこの後起こった例のロストバゲージですよ(つω-`。)

初めてのロストバゲージ(1)60,000バーツのBromptonが行方不明(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

今回の旅の主目的は?

今回のイギリスへの旅の主目的はBromptonに乗ってCrowds Hillを走りつつ、前回行けなかったボービントン戦車博物館へ行くこと。

そう、2年前にやり残したことをやりに来たのです。
2年前の記事はここ↓
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて

ホテルのあるヘイズ&ハーリントンと博物館のあるウールの位置関係はこんな感じ。


博物館の詳細は↓
The Tank Museum
ここには世界で唯一、実際に稼働するタイガーI型戦車が現存する。
tiger-1201.png

戦車は男のロマン

なになに?軍国主義者だって?人殺し兵器だって?
勝手に言ってなさい。

2年前に念願のT.E.ロレンスの墓参りをしたのだが、この時もトラブルがあってこの戦車博物館に寄る時間が取れず今回に残したのだった。
The Trail (3)St.Nicholas Church & Grave。ついにロレンスと対面。

2年後の今日、ついにもう一度行く機会を得た・・・はずだった。。。

旭は拝めたのだが・・・

11月2日(土)
前回は往路電車の遅延+道に迷って時間切れだった。
今回は電車遅延を考慮して余裕の乗り継ぎで行こうと思う。

7:29ヘイズ&ハーリントン発レディング行きの電車に乗り込む。
IMG_7631-1201.jpg
IMG_7630-1201.jpg
この時期の日の出は7:00amごろ。
札幌よりも北にあるからしょうがないねー

今回は土曜日なので電車も空いていて楽チン
IMG_7632-1201.jpg

レディングにほぼ定刻通りに到着。
しかし、朝から少しあった風がこの時にはかなり強くなり、雨も降ってきた。

2年前の経験があるから今回は乗り換えもスムース・・・のはずだったが、ホームには人だかりが
IMG_7638-1201.jpg
IMG_7637-1201.jpg
cannondale synapseを持った若者も心配そうに空を見上げていたが・・・

オレの乗る8:25発ベイジングストーク行きの表示が無い・・・
アナウンスが盛んに流れている。
やばい?

よーく聞くと「強い風の影響で列車が遅れています」とのこと。
遅れているのはまあ良いが、オレの乗る列車は???

ホームにいた駅員に「8:25発のベイジングストーク行きに乗りたいのだがプラットホームは?」と聞くと

風が強いのと途中で土砂崩れがあったので運休です

えぇ〜!!!まいったなー

駅員「1番ホームの8:35発に乗って行きなさい」

あぁー行けるんだ。。。
後で知ったのだが、土砂崩れの箇所はオレが乗る予定の列車の直接のルート上ではなかったのだが、この時はこれ以上進めないのかと思った。

IMG_7636-1201.jpg

ベイジングストーク行きは定刻より少し遅れて出発。
途中さらに雨風が激しくなる。

ベイジングストークに到着。
乗り換えホームに着き例の行き先掲示板を見るが、最終目的地Woolには「お問い合わせください」の文字が・・・
IMG_7664-1204.jpg
写真は別の駅のもの。
各駅毎に一番早く着く次の列車が表示されている。
慣れないと???だが、慣れると最高に分かりやすい。

やばいねー
これ以上遅れるとまた時間がなくなるし、何と言っても雨の中タンク博物館までBromptonで行かなくてはならなくなる。

どの電車も遅れているようで、駅員のいるインフォメーションは黒山の人だかり。
10分くらい待ってやっと空いてきて聞いてみると「うーん」と言いながらスマホで運行状況を確認しながら「ボーンマス」までは次の列車に乗って行けるけど、その先はボーンマスでもう一度聞いてください」とのこと。

この日はラグビーW杯のイングランドX南アフリカの決勝。
IMG_7641-1204.jpg
このベイジングストーク駅で待っている間に試合をやっているようで、多くの人がスマホで試合を見ていた。

「試合状況はどお?」とか聞いているおじさんもいた。

20分くらいで次の列車が来て乗り込むが、車内アナウンスで「途中で土砂崩れがあったので列車の運行が乱れています」と。。。やばい・・・

途中の風景
◯◯フォレストという名前の駅がいくつかあった。
こういうヨーロッパの森のコテージで週末を過ごすのも悪くないね?
IMG_7654-1204.jpg

IMG_7657-1204.jpg
IMG_7660-1204.jpg
さすが自転車先進国!
後進国のニッポンとは全然違うねー

オレのBromptonは
IMG_7661-1204.jpg
IMG_7666-1204.jpg
こんな感じで収納

***

かなり遅れてボーンマスで降りて駅員に聞くと「今止まってます、いつ再開するか分かりません」とのこと。

スマホで確認してもこの通り
IMG_7644-1204.jpg
後30分ちょいで到着なのだが、16:00くらいまでの列車は皆運休。
タクシーで行こうかとも思ったけど、帰りの運休が長引いたらさらにめんどくさそうで・・・

結局、帰りのことを考えて諦めました・・・

タンク博物館断念2回目。
残念(つω-`。)

とりあえずボーンマスの駅の写真。
IMG_7645-1204.jpg
IMG_7647-1204.jpg
IMG_7649-1204.jpg

前回もここで乗り換え(というか列車の切り離しをしてたので前の方の車両に乗り換えた)た記憶がある。
イギリスの駅ってどこもこんな感じの煉瓦造りの駅舎で風情があって良い。

***

今回目的の戦車博物館には行けなかったけど、もう一度イギリスに来る理由が出来たってことで納得した。
おそらく神様は「もう一度イギリスにおいで」と言ってくれているのだと(゚∀゚)

次回は春先が良いかなー
タイの休みだとソンクラーンの辺りで料金は高くなりそうだけど、早め早めで計画して実現させよう♪


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年イギリス | 21:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT