fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

9年間変わらぬマドリードの定宿

今日のタイ語

กุญแจ クンジェー=鍵

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!
ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)
Bromptonの生まれ故郷までポタリング、道に迷いうのもまた楽し♪
美味いビールはこれだ!(ビール編)
日本で乱立するスマホ決済、イギリスでは?
イギリスで食べたもの
自転車用チェーンロックは機内持ち込みできるのか?実証2件目@LHR
ブリティッシュエアウェーズでマドリードへGO!+エアライン評価

9年ぶり3回目で楽しみにしていたスペイン。
IMG_7829-1227.jpg

ロンドンとは違って、ここでは名誉白人扱いは無く有人のイミグレを通過。
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)

バゲッジクレームに到着後の絶望的な大事件の話はここに全て書いた。

初めてのロストバゲージ(1)60,000バーツのBromptonが行方不明(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
初めてのロストバゲージ(2)虚脱感いっぱい、戻ってくるのだろうか?
初めてのロストバゲージ(3)BA、Lost Baggageの追跡情報は分かり易い
初めてのロストバゲージ(4)最終話/戻り率98%とは言うが、残りの2%を常に考えていた・・・

この記事では冷静を装って淡々と書いたが、実は気分はドヨーンと沈み平常心を失っていた。
約30年間で21ヶ国、400-500回のフライトを経験したが事件事故とはほぼ無縁だったオレ。

旅のプロフェッショナルを自認するオレ様がこんな目にあうとは・・・(°皿°;)
まあ、ロストバゲージはプロか素人かは問わないものなのだ。。。

***

当初は空港から市内中心部までは地下鉄移動を考えていたのだが、脱力感が激しく思考力も停止していたのでタクシーで行くことにした。
スペインでタクシーに乗るのは初めてかな?

運ちゃんはシリア大統領バッシャール・アル=アサド閣下に似ていた気がする(°ロ°;)
シリアおたくのオレとしては妙に嬉しかった、かも?

30分くらい走ったかな?市街地の石畳の路地に入り込み右折左折を繰り返しているうちに、なんだか見覚えのある場所で停まった。アサド閣下が周りを見渡すと「あっ、あそこにあるね〜」と指差した先に今晩の宿の看板が見えた。
IMG_7865-1228.jpg
IMG_7865-1228-1.jpg
Murcia(詳細は左欄外のスペインのおすすめホテルを参照)

こんなチンケな安宿、よく見つけたなー、さすがアサド閣下(°ロ°;)



ここは過去2回のマドリード滞在時も泊まった宿。
以前は予約なしで行くのがバックパッカーとしての基本行動だったが、今回は予約しておいた。

残り一部屋だったから(Murciaの公式HPでも残り1部屋だった)。

IMG_7841-1228.jpg
この木の扉を入ると薄暗い廊下があるはず・・・

IMG_7840-1228.jpg
あれ〜?明るいねー、ここは少し改善されてようだ。
以前は入った途端首絞め強盗が出るような雰囲気ありありだったんだけど(゚∀゚)

IMG_7854-1228.jpg
ホテル(というかホステル)は3階だが、日本風に言えば4階。
一つ下の階にあるLos Arcosも9年前からあった。

IMG_7839-1228.jpg
そうそうこの階段( ̄皿 ̄)

これを4階まで上らなくてはならないのだ。
エレベーター?そんなもの安宿にはないよ。
安いものには必ず理由があるのだな。

この時、ロストバゲージにならなかったら23kgのVincitaのバッグを持って4階まで上らなくいてはならなかったのだが、ロストバゲージのおかげで(?)苦もなく上り切りましたよヽ(´∀`)ノ
まあ、気分は最低だったけどこれだけは良かったかな(°⊿°)?

そして、9年前と変わらぬドア
IMG_7838-1228.jpg

ブザーを押して入ると、ちょっと老けたけど9年前のおばさまが相変わらず1人でやっていた。
(このおばさまには基本的な英語が通じる)

チェックイン完了して「そうそう、ここは3つの鍵があるんでしたよね?」とオレが言うとおばさまたいそう驚いて「泊まったことあるの?」と。

こう言うコミュニケーションが距離を縮めて快適ホステルライフに繋がるんだよねー
基本的にスペインの人は人懐っこい人が多いから問題なけど。

前回同様、3つの鍵(1階の入り口、3階の入り口、部屋)のうち3階の入り口の鍵の使い方にコツがあったはずなので(もう忘れている)レクチャーを受けました。

今回は最後の一部屋がバストイレ共同の狭いシングルルームで、バストイレは1つしかないのだけれど過去も含めてカチあったことがないのがこのホステルの不思議(°ロ°;)

廊下のサッシの外にある灰皿
IMG_7867-1228.jpg
スパインに禁煙という言葉はない!さすがー

部屋はこんな感じ(ロストバゲージが配達された際に撮った写真)
IMG_7935-1228.jpg
こんな部屋でも40€以上もしたよ(°ロ°;)
タイなら300-500バーツクラス。

寝るだけだから問題ないけど、スペインの物価も上がってきたねー


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年スペイン | 00:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |