FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初めてのタイ、バンコク観光の王道(2)

今日のタイ語

โก่งราคา ゴーン ラカー=ぼったくり価格

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

寺や仏像に興味がないので写真少なめです。

引き続き2日目/日曜日

次はメインイベント(らしい)ワットパクナムへ。
最近有名になった寺のようだけど、前述のごとく寺や仏像には全く関心がないオレ。
当然初めて。

最初ワット・パクナムという名前からパクナム(サムットプラカーン県)にあるのかと思ったけど、チャオプラヤ川を渡ったパシーチャルーンにあることを知った。

めんどくさいのでタクシーで行く。

そこそこ人は多いが、ワットプラケの人民の群れと比べると格段の人の少なさ。
しかも無料。

4階だったか?5階だったか?階段で上がる途中に「お静かに」という日本語と英語だけの注意書きあり。
まあ、馬鹿騒ぎする癖のあるニッポン人に対する警告ですな(°ロ°;)

IMG_8353-0111.jpg
IMG_8352-0111.jpg
さすがに人気スポットだけあって綺麗な装飾だった。

が、遠くから眺めているからだろうなーと素直でないオレの心の声( ̄皿 ̄)
タイ仏教に対しては厳しい態度のオレ、ひねくれ者?

なんだかせまーい敷地にどでかい仏像を新築中だった。
こう金ピカ仏像が竹の子のように乱立してくるとねー、なんだか有り難みが益々希薄になってくるねー
ひねくれ者?

まあ、ここは文化の違いということで済ませましょうかー
あっても別に困らないからね( ̄皿 ̄)

***

次もご指定のエラワン(ラチャダムリ通り)。
久々に来たけど、線香やろうそくに付ける火が無くなっていた(°⊿°)?

皆、火を付けずに砂場に差しておしまい。。。
これって・・・あのー、つまりー、そのまま回収して再利用するんですよねー
それなのに20→30バーツ値上げって・・・
あのー、これって○ったくりですよねー

その後セントラルワールド内のナラヤでお買い物。

一度ホテルに戻り、アソークにある巨大なマッサージ店「ヘルスランド」へ。
予約なしだったが、古式マッサージが1時間300バーツだったようで3人とも2時間コースを選択。
初めて来たけど、こんなどでかいマッサージ屋は見たことない・・・っていいう規模でした。

19:00に再びホテルで待ち合わせ。
隣のターミナル21のMKでタイスキ。

いきなりのMKダンスに3人ともどびっくりしていたようだ(゚∀゚)

3日目/月曜日

オレはこの日から仕事。
月初は何かと忙しく、自分たちでツアーを申し込んであった。
S__20307973-0111R.jpg

これ、見た瞬間「まぢ〜???」っていうくらい濃厚というか無謀なスケジュール。

タイ滞在期間が少ない人向けの無理やり詰め込みスケジュール。
80歳手前の老婆と50歳前後のおばさんが参加するやつじゃないよねー

本人たちもある程度厳しさは分かっていたみたいだけど・・・

一応「これって東京→箱根→日光→東京ディズニーランド→東京っていう感覚だよ」と忠告しておいたが・・・

ツアーは高級バンを使って「3人+学生1人」だけだったようだ。
うん、10代向けのツアーだよ。

後から聞いたところによると、この学生さんは妹の息子と同じ神戸大の学生だったようで、妹の息子とも顔見知りだったらしい(°ロ°;)
まあ、地方の国立大学は学生数が少なめだからその可能性はあるけど。。。
世間は狭いねー

***

その日は「今からプロンポンのワットポーマッサージに行く」と18:00ごろにLINEが来た。
マッサージが終わった頃プロンポン駅に迎えに行ったが、さすがにお疲れのようだったので駅前のイムチャン食堂で夕食。
初めて入りましたこの店。
IMG_8354-0112.jpg

味は65点くらいかな?
まあ、何でも屋なのでそんなレベルか?

4日目/火曜日

この日は完全休養日に充てたらしい。

午後から目星を付けていた店で買い物三昧。
一応、BTSやMRTの切符の買い方と改札の通り方はレクチャーしておいたのでマスターしたらしい。

18:00にホテルロビーで待ち合わせをして、地下鉄でタイ文化センター駅へ。
降りた瞬間から人民系の大集団がホーム、改札の外に群がっていた。

そう目的地はタラートロットファイ・ラチャダー
出口がわからなくなったので駅員に「タラートロットファイへは何番出口から出れば良いですか?」と聞くと「あの人民の群れについて行きなさい」と言われる始末(°皿°;)

ここへ至る道も人民だらけ、市場の入り口は先日のワットプラケオ並み(°皿°;)

人民だらけの市場を散策しお目当の光景を見るために駐車場4階へ
IMG_8358-0112.jpg
おーおー!
さすがにいい眺めでしたねヽ(´∀`)ノ
これ写真じゃ伝わらない(写真の10倍くらい良い)

実はここも初めて。
オレのアパートから無理をすれば歩ける距離(20分前後?)なのだが。。。

この市場が人民に大人気になったおかげで夜のラチャダー通りは大渋滞になり、普段の生活でタクシーに乗るとき「ラチャーダー・ソイXXX」と行った途端「あそこは混むから行かないよ」と言われるようになって久しい。
MRTも混むしね。。。

5年前にはなかった(?)から問題なかったけど、人気観光地の近くに住むと生活面の影響がでかいことを実感している。

この日も疲れていたので、エスプラネード内にある高級レストランで食事。
IMG_8359-0112.jpg
ローマ字ではクブカオ クブプラと読めるけど正しくはกับข้าว กับปลาガップカオ・ガッププラー。

最終日/水曜日

18:00ごろにホテルロビーで待ち合わせ。
この日もグルメ三昧、マッサージ、買い物三昧だったらしい。

23:00過ぎのTG便に乗るため、ターミナル21のフードコートで軽く食事。
ここ、あまり来たことが無かったけど安いし美味いねー、意外。

道は大渋滞だったのでMRT→エアポートリンクでスワンナプームへ。
チェックインはすぐに終わったけど、セキュリティーチェックへのエスカレーターが大渋滞。

2時間半前にチェックインしたので余裕はあったけど。

***

こうして4泊5日の初タイ旅行は完了。

参考:妹の1人はプーケットの大津波の2日後の予定でツアー予約をしていたけど、体調不良でキャンセルした翌日にあの津波を知って胸をなで下ろした経験あり。

***

今回行ったところをまとめてみました。
( )はオレが行った回数、下段は感想

《寺院関係》
・ワットアルン(2回目)
遠くから見るに限る。

・ワットプラケオ(2回目)
素晴らしいけど拝観料が○ったくり過ぎ。それに人民が多過ぎて疲れる。

・ワットポー(初めてだが入らず)
寝転がった仏像見るだけで200バーツも○ったくり

・ワットパクナム(初めて)
まあ、確かにキレイ。しかも比較的空いていて無料。
そのうち拝観料取られるんだろうなー

・エラワン(数回目)
値上げしたくせに線香ローソクの使い回しが気に食わない。

《食事》
・ソンブーン(4回目)
美味いけど高い、高いけど美味い。つまり高いものには理由があるってこと。

・イムチャン食堂(初めて)
いつも混んでるけど味はイマイチ、駅前の好立地以外メリットなし。

・ガップカオ・ガッププラー(初めて)
メニューは豊富だが、どれもオーソドックス過ぎて触手が動かず。
味はまあまあだが値段も高め。

・ターミナル21のフードコート/ピア21(3ー4回目?)
意外に美味い、それに安い。
オレ的にはここまでくればアパート近いのであまり寄るメリットなし。

まあ、こんなところですかねー

母親にタイの感想を聞いたところ「歩道の段差、凸凹、障害物、階段(歩道橋)の急角度で歩きにくい」とのことだった。
「なんで歩道の真ん中にいろんな障害物があるのー??』というのが驚きだったらしい。

段差は洪水対策なのでしょうがないが「そう、タイは弱者のことは全く考えず、弱者には徹底的に厳しく住みにくい国なんです」と回答しておいた( ̄皿 ̄)

逆を言えば「日本は守られ過ぎてる」とも言えるけど。

それなのにいわゆるリベラル(この言葉は変だと思う)は「日本は格差社会だ!弱者に支援を!全てアベが悪い!(゚∀゚)」と言っているけどやっぱり変だよ。そういう奴らは2ー3年実習でタイの刑務所に入ってみると良いよ。
日本の過保護さが身に染みるほどわかるから( ̄皿 ̄)

若者が生きる厳しさを知るにはタイの方が良いかな?

皆さんお疲れ様でしたー


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| タイ2020 | 13:56 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めてのタイ、バンコク観光の王道(1)

今日のタイ語

ครั้งแรกクラン レェーク=初めて

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

スペインのバル巡りが終わっていないけど、ここで一話挿入します。

***

実は1/4-8まで母親と妹2人の合計3人が日本からバンコクに来ていました。
まっ、そのアテンドで忙しく記事のアップができなかったんですがね。。。

あまり写真を撮っていないので写真少なめで備忘録として残しておきます。

初日/4日土曜日

15:30頃のTG便で到着とのことでスワンナプームまで迎えに行きました。
IMG_8339-0111.jpg

IMG_8340-0111.jpg

flightradar24で確認しつつ到着時間ピッタリに着いたけど、そこから1時間くらい出てこず。。。

IMG_8341-0111.jpg
到着後この表示板に便名が出てきたのが約20分後。
聞くと一番隅っこのゲートでイミグレもほどほど混んでいたようですね。
最近TGには乗らないけど、確かに端っこのゲートだったような。

その後タクシーに乗りアソークのロビンソンの上の「ウエスティン」にチェックイン。
以前、大学時代の同期が来た時に彼女たち(同期+娘)もここに泊まっていたんで2度目。
さすが高級ホテルって感じで、翌朝のビュッフェに感動していましたよ(゚∀゚)

時間はすでに18:00だったのでそのまま地下鉄に乗ってファイクアンへ。
着いたのはここ
IMG_8346-0111.jpg
ソンブーン・ポチャナー・ラチャダー支店

ソンブーン自体に来たのが4度目かな?
IMG_8343-0111.jpg

定番のプーパッポンカリー(殻なし)他で約3,500バーツという贅沢でした。
注文しすぎたので余ったプーパッポンカリーとカニチャーハンは持ち帰りにしてもらい、しばらく冷凍庫に眠ったのち美味しく頂きました

2日目/日曜日

定番のバンコク寺巡り

まずはサパーン・タークシンからボートでワットアルンへ
しかし、サパーン・タークシンこのボート乗り場は観光客には非常に分かりにくく、相変わらず割高なボートへの誘いが強引。試しに聞いてみたけどバカバカしくて。

以前ボートは王宮側(ท่าเตียน/ターティアン)に停まってから渡し船でワットアルンというルートだったけど、今は直接ワットアルン側に着くようだね。

まあ、離れて見るとそれなりの風格があるけど、近くで見ると子供騙しのようなちゃちな寺だ。

渡し船で対岸に渡りワットポーへ。
この道の途中妹があっ!という声を出したので聞いてみたらジャニーズ系の某氏が奥さんと子供づれで歩いていたそうな。。。奥さんは美人だったけど子供ふたりはそれほどでもなかったと( ̄皿 ̄)

両親とも顔面改造人間なのか?

ワットポー、200バーツもするんでオレだけ外から足だけ写真を撮って出口で待ってました。
IMG_8347-0111.jpg

寝っ転がった仏像見るだけで200バーツも払えません(♯`∧´)

その後ワットプラケオへ。
この頃には日も昇りかなり暑くなってきたので皆ヘロヘロに。。。
アリのごとく湧いてくる人民系観光客と一緒に門の中へ。。。
もう、朝の新宿駅のラッシュ並み(°皿°;)

ここは入口と出口が分かれているのでしょうがなく入った。
IMG_8349-0111.jpg
○ったりくの500バーツ。

ドイツにお住いの方のコーヒー代くらいになったかな?

オレ的にはタイの寺や仏像には全く関心がない。
信仰心がないオレから見ると多くは子供騙し程度の代物にしか見えない。

しかし、ワットプラケオだけは莫大な金を投入したことが一目瞭然でそれなりの見応えはあるかな?
IMG_8350-0111.jpg
今回2回目の入場だが相変わらず装飾は素晴らしい。
でも、まあ・・・150バーツ程度が相場と思う( ̄皿 ̄)

人民に揉まれまくって疲れた我々はtuk-tukを捕まえてカオサンへ。
なんでもカオサン通りに行きたい店(バンブーなんとかという名の服・アクセサリー店)があるとか。

買い物済んで疲れ果てたので近くで200バーツくらいするマンゴーシェイクで体を冷やす。
IMG_8351-0111.jpg
結構どっしりした飲みごたえがあり満腹になった気がした。

続く・・・


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| タイ2020 | 19:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |