fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウドン⇔ノンカーイ⇔ビエンチャン、今時の公共交通機関事情(3)ビエンチャン→ノンカーイ編①

今日のタイ語

กำลังก่อสร้าง ガムラング ゴーサーン=工事中

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

6月4日(土)

5日の昼便でウドン空港からバンコクに戻らなければならない。
朝カフェに寄って考えた。
IMG_5051-0612.jpeg

1、ビエンチャンにもう一泊して翌早朝出発する。
メリット:カオピアック屋をもう1巡できる
デメリット:中共ウイルス禍のノンカーイ→ウドンの公共交通機関が激減しているので所要時間が読めない。飛行機に乗り遅れるかもしれない。

2、ノンカーイ泊
メリット:4年以上泊まっていない。そういえばポチャナーディディ(おかゆ屋)に久々に寄ってみたい気がする。
デメリット:やはりウドンまでの所要時間が読めない

3、ウドンターニ泊
メリット:ここまで来れば交通機関について悩む必要ない
デメリット:一泊しても行きたいところがない

結論→今日はノンカーイに泊まる。
結果的に正解であった。

***

Damascus的ビエンチャンmapも参考にしてください


タラートサオ・バスターミナルのノンカーイ行きバス乗り場はどこに?

タラートサオの交差点を過ぎ、バスターミナルを左手に進み最初の角を右に曲がったところがオレの知る最新の「友好橋行きバス乗り場」だった。

そのつもりでズンズン進んで角を右に曲がるが、大型バスは一台も停まっていない。。。
停っているのはソンテオかオンボロミニバスだけ。。。

バス停のベンチに座っている人も低所得者層ばかり。
バス停表示も長らく使ってないので、このように色あせている・・・
IMG_5069-0612.jpeg

ベンチに座っている人からはガン見されながらウロウロし、近くの売店のおっちゃんに声をかけた
「あのー、国境の橋に行きたいんです。以前はここからバスが出ていたはずですが今でもここから出発するんでしょうか?ここで待てばいいんでしょうか?」

「国境行きのバス?もうここからは出てないよ。この先の道の反対側に行ってごらん」と指差しした方向は今きた道だった。。。

お礼を言って戻って以前バスターミナルのあった辺りまで来たとき入り口を見つけた
IMG_5065-0612.jpeg
IMG_5070-0612.jpeg

そう、昔のバスターミナルがあったあたりに大型バス乗り場が戻っていたのだ。
詳しい場所はDamascus的ビエンチャンmapを参照

***

これが時刻表
IMG_5072-0612.jpeg

友好橋行きはこれ
IMG_5073-0612.jpeg

詳しくはクリック&拡大して見てほしいが、始発は6:15で以降正時事に1本。
ルートはセントラルバスステーション(ここ)→友好橋→ブッダパーク→友好橋→セントラルバスステーション
以前と同じだね。

近くのベンチで待機していた運ちゃんや車掌たちに色々聞くと「14番のバスで運賃は 12,000キープ」とのこと。

乗ったのは緑の日の丸バス
IMG_5075-0612.jpeg

これもかなり年季が入ってきた・・・

その代わり新たに人民が同じことをやりだしたらしい
IMG_5079-0612.jpeg

ラオスもカンボジアやスリランカ同様人民軍に占領されるんだろうねー

***

時間があったのでバスターミナルの奥の方まで行って見たが・・・
IMG_5080-0612.jpeg

一体いつ完成するの〜(。>д<)

オレの予想
このまま朽ち果てていき、20年後にまた再開発が始まる!

長くなるので②につづく・・・


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜のお店@ビエンチャン

今日のタイ語

แมลงวัน マレーンワン=ハエ

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

今回のビエンチャン行きのメインはカオピアックを食べることだが、カオピアックの店は基本朝〜昼がメイン。

なので夜はいつもの店へ直行
あまり遠くに行くと帰り道の犬が怖いもんでね



夜行くお店

2軒同じような店が並ぶ。
Long LonとKhamphew Ngum phaoだ。

この2軒については過去に書いた記事を参照

ビエンチャン”標準店”ファイル【4】夜のお店と村上春樹

17:00ちょっと過ぎに行ったにもかかわらずLong Lonは満席(°皿°;)
しょうがなくKhamphew Ngum phaoの方に入った。

IMG_5043-0614.jpeg

この日の気温はそんなに低くはなかったが、大木の木陰で涼しい風が入るので気持ちよかった。
タイもそうだがラオスも外にある席がいいね〜

ただ、この日はハエが異常に多くて困った・・・

メニューを見る前に、まずはこれ
IMG_5036-0614.jpeg

ちゃんとしたメニューがある店
IMG_5038-0614.jpeg

IMG_5037-0614.jpeg
英語の解説がない料理が気になるねー
それに英語の誤訳が多い。

33、34、35は誤訳と入れ替わりが入り混じってる(。>д<)

注文したのはメニュー36番
ちなみにこれも英語がないやつ

タイ語にするとทอดกระดูกข้างかな?
これだと、どこの部位だか分からないけど、骨つき豚肉(これがスペアリブかな?)だったような気がする。

IMG_5039-0614.jpeg

オープンレストランだから特に物売りがよく来る

ちょうど誰かが頼んでたイカ焼きの匂いがしたので2本もらった。

「1本いくらですか?」
「1本シップパンで2本でサオパンよ」とおばさん。

久々のラオ語だったので最初は???

あぁ〜、そうだラオ語の数字は万と20はタイ語と違うんだったっけ?
思い出したよ

この記事の「今日のラオ語」を参照3年ぶりのラオスへGO ! まずはウドンターニへ

イカ焼き
IMG_5040-0614.jpeg

つまみには最適でビアラオ3本くらい飲んで腹パン

そうそう、ここには物売りと同じくらいいわゆる乞食もいっぱい来る。
オレがいた1時間くらいの間に10人くらい見たかな?

2人の少女(多分幼稚園児くらい)が来た時には流石に哀れに思い20バーツづつあげたけど、2人が帰るときには手にいっぱいの札を持っていた。

額はたかが知れているだろうけど晩飯くらいは食えるだろうねー?
多分日本だったら皆断るだろうけど、タイの人もラオの人もこういうのに結構反応する。
タンブン、タンブン

ということで、たった1泊2日なのであっという間に終わってしまったビエンチャン滞在。

時間と胃袋の容量が足らず魚のカオピアック屋でカオソーイを食べることができなかった・・・
次回は最低2泊3日は確保したい。。。

さて、タイに戻りますか〜


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今回行ったカオピアックの名店@ビエンチャン

今日のタイ語

ชาม チャーム=どんぶり(大きめのbowls)
ถ้วย トゥワイ=小さめの碗(小さめのbowls、カップ程度のものも含む場合がある)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

今回ビエンチャンにはわずか1泊2日。
無理すれば2泊は出来たかもしれないが、中共ウイルス禍が残る地方都市の公共交通機関の惨状を考慮して2日目の昼過ぎにはタイに戻らざるを得なかった。

結果的には正解だったのだが。。。

今回は(も?)カオピアックの名店を巡る旅、メインイベントである「巡った名店」をまとめて記録しておく。

ビエンチャンmapも参照



カオピアックセープ

ホアンキムホテルにチェックイン後まず来たのがここカオピアック・セープ
以前にも書いたがここは時間帯によってスープの濃さが変わる(煮詰まるから遅ければ遅いほど濃い)のだが、今回はちょうど12:00ごろだったがちょうどよい味だった。

IMG_5023-0613.jpeg

まあまあ旨い
IMG_5024-0613.jpeg

太麺と細麺があるようで太麺が1本混じっていた。。。

ムークロープ入り、トゥワイ・ノイ(小どんぶり、と言っても他店の普通サイズ)で15,000キープ
バーツ換算で30バーツ!
そのうち上がるだろうねー

それにしてもラオスのムークロープは美味しいね〜
タイのとは全然違う
豚自体が違うんだろうね〜

ナムプーコーヒー

既に記事にしたが、カオピアックの名店ナムプーコーヒーがカオピアック屋として再開していた。

【緊急速報!】あのカオピアックの名店ナムプコーヒーが復活!!!@ビエンチャン

カオピアック・セープで腹八分になったあと、ここの奥様とおしゃべりでもしようと立ち寄ったのだが、まさかまさかの再開であった
IMG_5025-0603.jpeg

これが交差点から見たナムプーコーヒー
IMG_5050-0613.jpeg

器が見えた時は目を疑ったが、小躍りしながら店に向ったよ。
IMG_5050-1-0613.jpeg

やっぱりカオピアックはここだね~
IMG_5047-0613.jpeg
IMG_5048-0613.jpeg

翌日の朝も立ち寄って奥様とおしゃべりしたが、やはりオレを覚えてくれていたようだった。
次はいつ来るの?と聞かれたので「2-3か月以内に来ますよ」と答えておいた。
IMG_5031-0603.jpeg

中ドンブリで17,000キープ(34バーツ)
IMG_5029-0603.jpeg

これが34バーツで食べれるなんてビエンチャンに引っ越したくなってきたよ
キープ暴落様々だな

カオピアック・メーベ

ホアンキムホテルから一番近いカオピアック・メーベ
以前「看板は(古くなったので)外しちゃった」と言っていたが見事に復活
IMG_5062-0613.jpeg

11:00頃と中途半端な時間なので客少なめ。ただし昼過ぎには閉めてしまうので注意
IMG_5058-0613.jpeg
IMG_5059-0613.jpeg

味はいつもの様に薄いのだが多分これがカオピアックの基準なんだと思う
IMG_5060-0613.jpeg

IMG_5061-0613.jpeg

メニュー
上から小、中、大どんぶり
小ドンブリで20,000キープ(40バーツ)

タイからの観光客のおばさんが店員と話ていたのを聞いていたら、オレと同じで2年ぶりで来たと言って写真を撮りまくっていた

オレも帰りがけに同じことを言って写真を撮っておいた

***

ビエンチャンは近くて入出国も簡単なので年に3-4回は来たいねー


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 09:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビエンチャンの定宿とキープ大暴落の話

今日のタイ語

แชมพู シェンプー=シャンプー

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

お気に入りの女子従業員がいなくなって寂しい・・・

6月3日(祝)

タラートサオ・バスターミナルから歩いて宿を目指す

ほぼ直線で行けるので非常に便利な定宿
周りを見ながらゆっくり歩いて10分程度
周りは何も変わっていなかったが、タラ―トサオのショッピングモールはだいぶ年季が入ってきた感がある。
IMG_5021-0611.jpeg

初めてビエンチャンに来た時(2006年)にはまだなかったのでそんなに古くは無いのだが・・・

ちなみにこれが2007年の時の写真
IMG_5211-0611.jpg

ピカピカだったんだけどね~

***

定宿着

ホアンキムホテル


↑上の写真をクリックでagodaサイトに飛びます。

IMG_5035-0611.jpeg
IMG_5032-0611.jpeg

ここは隣接してあったホアンキムレストラン(ベトナム料理)とナニヌミニホテルが合併(そのものずばり壁をぶち抜いて)できたホテル。
最後に泊った時は壁はぶち抜かれていたが、ホテルはナニヌのままだったのだが。

ホテル上部にはナニヌの名残が・・・
IMG_5033-0611.jpeg

***

いつも受付にいて笑顔で出迎えてくれる女子従業員の姿が見えなかった。

受付にいたのは前回からいるおっちゃんと若い男だけだった。
オレがここを定宿にした理由は女性の従業員の性格が素晴らしく、おしゃべりしてて非常に楽しいからだったのだが。。。

開口一番「あの~、以前いた女性の従業員はいないんですか?」
「あぁ~XXね(忘れた)、彼女はもういないよ。XXXで働ている(忘れたが工場とのこと)」

うーん、残念・・・

今いるおっちゃんは確かホアンキムレストランにいた人だと思う。
この人の目つきや行動を見ているとゲイではないかと思ってるw

お気に入りの女子従業員もいないことだし、このおっちゃんとは余り関わりたくないので事務的にチェックインを進めていった。

すごいね~
IMG_5056-0611.jpeg

ラオ語、タイ語(看板にタイ語は書いていないけど)、英語、中国語、ベトナム語が通じるらしい
一緒にいた若いあんちゃんは、確かに英語も超堪能だった

部屋はこんな感じで薄暗く狭いのだが、オレは寝るだけなので十分。
IMG_5054-0611.jpeg

部屋には外向きの窓はないのだが、窓のあるバスルームの扉を開けていれば明るい光が入ってくる
IMG_5055-0611.jpeg

オレの掌が大きいわけではありません
IMG_5053-0611.jpeg

ホテルでこれ見れば99%の人がシャンプーだとわかるが、以前コンビニでファランがシャンプーのボトルを手に「これってシャンプーだよね?」と店員に聞いていたのを思い出した。
IMG_5052-0611.jpeg

タイのシャンプーはタイ語しか書いていないものも多いので・・・
このシャンプー見て思い出したw

ホテルサイトより250バーツ以上もお得だが驚いたのはそこじゃなかった・・・

このホテル、事前にagodaで検索した際には550バーツ(手数料含まず)だった。
IMG_5204-0611.jpg

フロントで聞くと「200,000キープ」とのこと。
タイバーツで払いたいというと電卓を叩いて見せたのが400バーツ

agodaで今検索すると手数料込みで650バーツ超
IMG_5205-0611.png

つまり250バーツもお得♪ってこと。
しかも部屋はガラ空きだった。

しかし、おれが驚いたのはそこではなく為替の方だった。
前日、yahooサイトで見たところ1バーツ=400キープだったはず?

IMG_4970-0611.png

400バーツ=200,000キープってことは1バーツ=500キープじゃないか~

500バーツ札1枚出すと50,000キープ札のお釣りをもらった。

たぶん公式レートとは違う実勢(闇?)レートがあるんだろうけど。。。

ラオスに来てもあまりキープに両替しない(硬貨も含めてタイバーツが流通している)のではっきりとは覚えていないが、オレの感覚では1バーツ=200~300キープだったはず。。。

日本円も大暴落していてウキウキしている(日本での買い物が安くなるから)がラオスはその比じゃないな
まだ暴落が始まったばかりなので物価にはそれほど反映されていなかったが、多くをタイに頼るラオスでキープの暴落は影響大ありだろう・・・

その後、お得なキープを確保するためにホテルで両替したが常に1バーツ=500キープだった。

そのおかげで美味しいカオピアックを安く(30-40バーツ)で食べることができラッキーだった♪

次の記事はそのカオピアックの話




なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウドン⇔ノンカーイ⇔ビエンチャン、今時の公共交通機関事情(2)ノンカーイ→ビエンチャン編

今日のタイ語とラオ語

ຕະຫຼາດເຊົ້າ タラートサオ=ตลาดเช้า タラートチャオ 朝市のこと

ປະຕູໄຊ パトゥサイ=ประตูชัย プラトゥチャイ 勝利の門(凱旋門)のこと

このようにラオ語ではタイ語のに置き換わる(チャがサに変わる)。

またประ(ほぼ発音しない)が取れてປະになる(プラがパに変わる)
ラオ語の方がシンプルな気がする。。。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ただ橋を渡ってバスに乗り換えて行けばよかった2019年まで。。。

まあ基本的には同じなのだが少し違ったところもあったので記事にする。

タイ出国手続き

IMG_5012-0606.jpeg

黄色のゲートを越えてイミグレへ

IMG_5014-0607.jpeg

イミグレはガラガラだった

ただ、入口でパスポートチェックがありリエントリーパーミットを確認された。
IMG_5168-0608.jpg

出国はスムースだが税関で荷物チェック(X線検査)があった。

タイ出国での検査はあまり記憶にない。。。

イミグレ出口でバスのチケットを買う。
3日は祝日だったからか?35バーツだった(通常は30バーツ)

京都市バスではなく普通の友好橋専用のオンボロバス
IMG_5016-0607.jpeg

3年ぶり11回目の国境を越える
IMG_5018-0607.jpeg

陸路での越境はやっぱりいいね〜
ワクワクするよ

ラオス入国手続き

ラオスイミグレ
IMG_5019-0607.jpeg

少し混んでいた。
タイの20-30代女子旅グループが多かった気がする。

いつもは多かったラオスの15-17歳くらいの若い女性、「あぁ〜、出稼ぎからの帰りかな〜?」とすぐ分かるグループは皆無。国境が開いたばかりなのでまだ稼いでいないからか???

その代わりタイのサイクリストを多く見かけた。
IMG_5020-0607.jpeg

そうそう、オレもこんなところにロードバイク 置いてイミグレ通ったな〜と懐かしく思った。
あれから4年か〜

目次:2018タイ旅【3】自転車でタイ・ラオス国境を渡る

IMG_5166-in-0608.jpg

以前と同じラオスの入国スタンプ

【ラオスのイミグレでの提示書類】
1、パスポート

2、入国フォーム
近くで職員が配っている。いなければ持ってる人に聞くべし。
宿泊先名と電話番号が必要なので注意

3、ワクチン接種証明書
他の人全員が提示していたので慌ててバッグから取り出した。

注意:宿泊先名検索や提示するワクチンパスポートはスマホアプリでも可だが、この時点でラオスのsimを入れておかないと使えない、オレは一瞬アセった(。>д<)

友好橋→タラートサオ

ここからは写真がない・・・

今までは道の反対側に止まっている緑のバスに乗ればタラートサオまで行けた。
バスの台数も多く、常に1台は停車していたと記憶している。

が、1台もいない。。。

参考:イミグレを抜けた先にタクシーのチケットを売るおっちゃんがいる。バスがいない=廃止された?と思い一応料金を聞いてみたら500バーツとのこと。。。

とりあえず道を渡りバス停近くまで行くとNo,14เปิดให้บริการ(14番バスは営業しています)とか書いてある貼り紙があった。
路線図をみるとこの14番がタラートサオまで行くようなのだが、待っている人がほぼいない・・・

あとで(戻りの際)分かったのだがこの路線は営業しているのは間違いないが、本数が激減しており1時間に1本程度の運行だった。

このまま待つか?と思ったのだが乗り合いソンテオのおっちゃんが「タラートサオまで50バーツ」と言ってきたのでこれに乗ることに(総勢8人乗車)。。。ちなみに14番バスなら12,000キープ(約25バーツ)。

どうしてもケチりたい人や時間がたっぷりある人は待つのもあり。

20分ほどでタラートのサオバスターミナル近くに着。

IMG_5066-0608.jpeg

このバスターミナル、いまだに工事中(。>д<)
もう10数年工事してるんじゃないの???

それともこれが完成版なのか?(°ロ°;)

このタラートサオ・バスターミナル、中共ウイルス禍で乗り場が大きく変わった。
詳しくはビエンチャン→ノンカーイ編で

つづく

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT