FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機内食にこだわりはないけど、これはひどい!Nok Scoot

今日のタイ語

ข้าวหน้าเนื้อ カオ ナー ヌア=牛丼

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。


オレがエアラインを選定する上で重要視していることは
「安全性」
「運賃」
「定時運行(出発含む)」
「時刻表=出発、到着時刻」
「座席間隔」
の5つ。

あえていうとひっきりなしに「申し訳ございませ〜ん」と言うアテンダントがいないことかな?( ̄皿 ̄)
あの言葉イライラするんだよね。

***

最近の日本往復はもっぱらScoot/Nok ScootのScoot Plus(Scoot B'z)。
これは上の5つを全て満足しているんでこれ以外の選択の余地がない。
搭乗前に食べておいてよかったー

搭乗口に向かう前に「そーだ〜、朝飯食べてなかった〜」と思い出した。
すると目の前にこんな店が・・・
IMG_8062-0209.jpg
IMG_8060-0209.jpg

それにしても、タイの吉野家のように豊富なメニュー
ここは牛丼屋ではなく日本食堂。

制限エリア内なので高いんだろうなー
牛丼並
IMG_8061-0209.jpg

国内の値段は忘れたが、ほぼ同じ値段???
IMG_8061-0211.jpg

美味しゅうございました。。。
どーでもいいけどひどすぎる

さて乗り込みましょうかねー
IMG_8063-0209.jpg
IMG_8064-0211.jpg

座席間隔は流石のなんちゃってビジネス
IMG_8065-0211.jpg

この日Scoot Plus席はガラガラで、最初隣に座ってきたおじさまは離陸後に空いた席に移動していった・
IMG_8066-0211.jpg

富士山
IMG_8068-0211.jpg

セントレア
IMG_8078-0211.jpg

関空、上の方には神戸空港も見える
IMG_8085-0211.jpg
やっぱりこの2つは近すぎだね。

***

さて、快適フライトで満足満足だったのだが・・・
このcoot plusは無料で食事+飲み物が提供される。
無料というより料金込み。

1、ん?アルコールは選択できず
いつも赤ワインを頼んでいたが、今回「アルコール類は選べません」と・・・
???

なんでー?
今までScootもNok Scootも問題なく赤ワインが選べたのだが・・・

2、記録的な不味さ
今まで何十ものエアラインを利用しているが、機内食の不味さでダントツ1位はUAだった。。。
どーやったらこんなまずい料理が作れるのか???というレベルだった。

オレは数年前まで日本↔︎タイのフライトは米系一本でNW→DELTA→UAと渡り歩き、UAは最高クラスの「1K」まで持っていたくらいよく乗った。
エアラインの選択基準に「機内食」は無いからね。

が、UAは機内食の不味さではダントツ。

そんなUAを久々に凌いだのが今回のNok Scootだった。
IMG_8080-0211.jpg
しょうがないからコーラとともに。

IMG_8081-0211.jpg
味がない・・・(°皿°;)
塩を入れ忘れた?というくらい不味い。。。

今までも美味いとは思わなかったが、これはひどいというレベル(°皿°;)

だからと言って「もう2度と乗らない!」なんてことは全然ないけど、このビーフシチューパスタは頼まない方が無難です。

吉野家で食べておいて良かったー

16日ぶりのタイ

ターミナルビルを出た瞬間、あぁー帰ってきたとホッとしましたよ。

まずは一服
IMG_8090-0211.jpg

が、いつもの喫煙所が撤去されてこんな掘っ建て小屋が喫煙室になっていた。
IMG_8091-0211.jpg
こんなことやっても、吸う人は好きな場所でスパスパ吸っているんでやるだけ無駄なような気がするけどねー

***

こうして17日間に渡るタイ→イギリス→スペイン→日本→タイの旅は終わりを告げた。

イギリスでは大雨で戦車博物館へ行けず
スペインではロストバゲージ
その後のバル巡りはロストバゲージの心理的影響で楽しめず

などとあまり上手くいかなかった旅であったが、これで「次」の目標が決まったので良しとしよう。
神様が「もう一度イギリスとスペインにおいで」と言ってくれたようなものだね( ̄皿 ̄)

おしまい

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ノックエア・スクート | 13:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B-VISAとBromptonと美女へのお土産を持ってバンコクへ帰ろう

今日のタイ語

ใบ バイ=カバンの類別詞
สามใบ サーム バイ=カバン3つ

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

10月31日にバンコクを発って17日目の11月16日(土)

旅を楽しみ、ミッションも完了しての帰国となった。

ギリギリ行動派の勝利!

もともと16日のフライトでタイに戻る予定であったのだが、そのフライトがなかなか取れなかった。

エアアジアは嫌いなのでScoot/Nok Scoot 一択で狙っていたのだが、エコ席は15,000円程度でずーっと出ていたがScoot Plus(今までのScoot B’z)がずーっと35,000円くらいで変動しなかったから。。。

出発の1週間前後にキャンセルが出て安いチケットが必ず出る!という信念?に基づきギリギリまで待った。
そして11/7ついにNokScootで25,100円で表示されたScoot Plus、速攻ポチ。
さらに10kgの荷物を追加して合計27,000円。

Scoot-0202.png

なんちゃってビジネスだけど、荷物が多く積めるし(基本は預け30kg+持ち込み15kg ) し、座席はゆったりだし(昔のビジネスクラスのシート)コスパがいいんだよね。
だから最近はほとんどScootを選択している。

40kgをチェックイン

今回はBromptonやイギリスで買ったお土産もあったので通常30kg(Scoot Plus )の預け荷物に10kg追加しておいた。

11月16日(土)
6:30amごろ家を出て最寄りの空港行きバス乗り場まで。

バス会社の規定ではトランクに入れる荷物は一人一個までと決まっているようなのだが、常連のオレ?は「3つ積んでいい?」と聞くとokとのこと( ̄皿 ̄)
IMG_8047-0209.jpg

空港着後すぐにチェックインカウンターへ
IMG_8048-0209.jpg
荷物はこれ以外に小型ビジネスザックが一つ。

Scoot Plusのカウンターはガラガラ
IMG_8050-0209.jpg
IMG_8052-0209.jpg

プライオリティタグをつけてもらう。
IMG_8053-0209.jpg

IMG_8055-0209.jpg
搭乗券
SEQ No,001(°ロ°;)

早チェックインは3文の得???

スタンプを押されて「セキュリティチェックのプライオリティーレーンが使えます」と言われた記憶が・・・
IMG_8056-0209.jpg

で、このファストトラックを使った記憶が・・・全然覚えていません・・・(°皿°;)
写真があるから多分使ったのだろうと・・・

***

今回は免税店でのミッションもあり
IMG_8057-0209.jpg
ここに寄って・・・

LINEを送る
IMG_8538-0209.jpg

相手は辞めた会社の従業員の23歳カワイイ女の子
辞める数日前に「LINEのID教えて」と言われたので教えておいたら白い恋人を指定された(°ロ°;)


数人には「一度日本に戻るけどまたタイに帰ってくる!I shall return !」と言い残しておいたから・・・

ついでにオレの好きなヨックモックのシガールも混ぜて総額1万円以上の大人買いをした(°ロ°;)



後日2人の美女(特に1人は本物の美人、モザイク入れるのがもったいない!)からお礼のLINEが届きましたよ。
IMG_8539-0209.jpg
超礼儀正しい文章。もっとくだけた文でもいいんだけど。。。
そー言えば・・・、最後の文に「Damascusさんに贈り物があるので住所を教えて」と書いてあり、すぐに返信したのだが一向に送ってこないなー(゚∀゚)

さて、搭乗です。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ノックエア・スクート | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めてのイベリア航空

今日のタイ語

มีตบอล ミートボーン=ミートボール
でもこれじゃあ通じにくいと思う。。。ลูกชิ้น ルークチンの方がわかり易そう。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!
ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)
Bromptonの生まれ故郷までポタリング、道に迷いうのもまた楽し♪
美味いビールはこれだ!(ビール編)
日本で乱立するスマホ決済、イギリスでは?
イギリスで食べたもの
自転車用チェーンロックは機内持ち込みできるのか?実証2件目@LHR
ブリティッシュエアウェーズでマドリードへGO!+エアライン評価

初めてのロストバゲージ(1)60,000バーツのBromptonが行方不明(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
初めてのロストバゲージ(2)虚脱感いっぱい、戻ってくるのだろうか?
初めてのロストバゲージ(3)BA、Lost Baggageの追跡情報は分かり易い
初めてのロストバゲージ(4)最終話/戻り率98%とは言うが、残りの2%を常に考えていた・・・

あぁ〜、これを食べに来たんだよ〜マドリード
どよーんとした中でのバルめぐり(1)美味いもの食べたいならここだ!
どよーんとした中でのバルめぐり(2)ボカディージョならここだ!
冬のマドリードの風景
マドリード空港T4s さらばマドリード!次はいつだ〜?

***

フライトはMAD 12:30→IB6801→10:10(+1day) NRT(13h40m)

これ逆ルートだと風の影響で日本初最長時間のフライトのようだね。
日本が極東にあると言うのを再認識させられる。

***

さて、乗り込んだA330-200の機内
IMG_7988-0129.jpg

機材は真新しくて非常に良かったが、ファランでほぼ満席(°ロ°;)
もっとガラガラかと思ったので超意外だった。

IMG_7986-0129.jpg

モニターの大きさも十分でプログラムも十分だった(もう覚えていないけど・・・)

座席間隔は標準的
IMG_7987.jpg
特に狭いとは思わなかったが、余裕があるとは言えない。

***

長距離フライトだから機内食は2回でる。

【1回目=昼食】
IMG_7989-0129.jpg
IMG_7990-0129.jpg
一瞬、カイモットデェーン(赤蟻の卵)?と思ってしまった(゚∀゚)

メインはミートボールだったけか・・・
IMG_7991-0129.jpg
味は完全に忘れている。
と言うことは普通に美味しかったんだろうねー

【2回目=朝食】

IMG_7996-0129.jpg
IMG_7997-0129.jpg
ボカディージョ
スペインの人にとってはジョークやガオラオに相当する(°⊿°)?

まあ、こういうのは美味しくないんだよね

で、2回の食事の間の飲み物や軽食サービスはほとんどなかったような記憶。
基本的にキャビン最後方にこうして「ご自由に!」というスタイル。
IMG_7993-0129.jpg

よく、エアライン評価で「飲み物サービスが1回しかない」とか「頼んでもなかなか持ってきてくれない」とかで「最低!もう2度と使わない!」なんてクレームしているニッポン人が多いが、オレ的にはいつでもなんでも飲み食いできるこうした欧米的サービス(スマート)の方が居心地いいねー

飛行ルートはこんな感じ
IMG_7992-0129.jpg
IMG_7998-0129.jpg
乗る前はうんざりするだろうなーと思っていたが、大量のワインという名の睡眠薬のおかげで意外とあっという間についてしまった。

***

定刻通り成田着

気温はロンドン、マドリードとほぼ同じか若干高い程度
IMG_8002-0129.jpg

スマホには今更ながらBAからのロストバゲージ情報が入っていた。
IMG_2628-0129.jpg

到着後に食べた久々の日本食(゚∀゚)
IMG_8001-0129.jpg
IMG_8003-0129.jpg

9ヶ月ぶりのニッポン
今回は大きなミッションがあるのだが、滞在期限は16日までの1週間。
どうなることやら・・・

ここで一旦ヨーロッパの旅の記録は終わりとします。

それでは、MAD→NRTで初めて乗ったイベリア航空の評価です。

【 】の数字が評価
総合評価(5段階評価、5が最高)

搭乗区間:BKK(スワンナプーム)→LHR(ロンドンヒースロー空港)→MAD(マドリード空港)→NRT(成田空港)25,589バーツ
※この金額でのコスパを基準として評価

1、機材総合:【4】
 (1)機材の新し度【4】A330 新しかった
 (2)座席(間隔・幅・座り心地):【3】普通
 (3)AV設備:【4】満足
 (4)備品(トイレ含む):【3】まあ普通

2、定刻運行:*(1)【4】ほぼ完璧
*1 定刻に到着したかだけではなく、定刻に出発したかも含む

3、人・サービス総合【5】
 (1)アテンダント:【4】
(2)機内持ち込み荷物:【5】重量個数明記なし=無制限?、これは特筆すべき!
 (3)機内預け荷物:【5】23kgX2個まで
(4)飲食【4】普通に美味しかった
 (5)その他【3】

4、空港設備:【4】
(1)出発・到着空港【4】T4は真新しくて綺麗
(2)乗継ぎ空港【ー】

判定:【優秀】

「最高←優秀←良←合格←最低」の順


《評価の目安》
最高:これはいいね〜、次回もぜひ乗りたい♪
優秀:いいね〜、次回も乗ってもいいかな?
良:出発・到着時刻、料金次第ではアリかな?
合格:一応、次回の選択肢には入れておくか〜、多分選択しないけど。。。
最低:こんな会社潰れちまえ!



なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆

| イベリア航空 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブリティッシュエアウェーズでマドリードへGO!+エアライン評価

今日のタイ語

หนัง ナン=映画

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!
ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)
Bromptonの生まれ故郷までポタリング、道に迷いうのもまた楽し♪
美味いビールはこれだ!(ビール編)
日本で乱立するスマホ決済、イギリスでは?
イギリスで食べたもの
自転車用チェーンロックは機内持ち込みできるのか?実証2件目@LHR

無事に保安検査を完了し制限エリアへ。
アメリカもそうだがイギリスも出国時のイミグレ審査はない。
これで出入国ともスタンプ無しになってしまった。

早くチェックインし過ぎたため、搭乗ゲートが未確定だったので免税店の前のイスに座って待った。

何気に免税店を眺めていると、そうだイギリスの免税店のタバコ売り場はまるで昔の貸しビデオ屋のアダルトコーナーのような小部屋になっているのを思い出した。
IMG_7818-1227.jpg

喫煙自体は室内以外はほぼどこでも吸えるのだが、販売はかなりの規制があるんだねー

***

さて、9年ぶりのマドリードに行きましょうか〜
楽しみー(このときまでは・・・)

このときのロンドンは曇り空で9℃、一方マドリードは晴れで10℃。
いずれにしても寒いねー

乗る機材はこれ、777
IMG_7819-1227.jpg

機内はこんな感じ。
IMG_7821-1227.jpg
IMG_7820-1227.jpg
座席間隔も十分。

BKK→LHRよりは断然新しい機材で、モニターも大きく鮮明で日本語の映画も選択できたが、わずか2時間強のフライトなので音楽を聴いて過ごした
IMG_7822-1227.jpg

IMG_7824-1227.jpg
IMG_7825-1227.jpg

定刻よりかなり早く到着。

そして、到着後には地獄が待ち構えていた。

これにより、楽しみにしていたマドリード滞在がどよーんとした気持ちに沈みあまり楽しめなかったなー

***

それでは、BKK→LHRを含めた初めて乗ったブリティッシュエアウェーズの評価です。

【 】の数字が評価
総合評価(5段階評価、5が最高)

搭乗区間:BKK(スワンナプーム)→LHR(ロンドンヒースロー空港)25,589バーツ/BKK→LHR→MAD→NRT
※この金額でのコスパを基準として評価

1、機材総合:【3】
 (1)機材の新し度【3】777 BKK→LHRはオンボロ、LHR→MADは新しかった
 (2)座席(間隔・幅・座り心地):【3】普通
 (3)AV設備:【3】BKK→LHRはしょぼい、LHR→MADは満足
 (4)備品(トイレ含む):【3】まあ普通

2、定刻運行:*(1)【4】ほぼ完璧
*1 定刻に到着したかだけではなく、定刻に出発したかも含む

3、人・サービス総合【4】
 (1)アテンダント:【4】
(2)機内持ち込み荷物:23kgX1個まで【3】
 (3)機内預け荷物:【5】23kgX2個、これは特筆すべき!
(4)飲食【3】BKK→LHRは標準的機内食、見た目は悪いが味は普通。LHR→MADは機内食も飲み物もなし
 (5)その他【3】

4、空港設備:【4】
(1)出発・到着空港【4】LHRのターミナル5はスゴくキレイ。ただ全自動チェックインなので慣れないとまごつくかも?
(2)乗継ぎ空港【ー】

判定:【優秀】

「最高←優秀←良←合格←最低」の順


《評価の目安》
最高:これはいいね〜、次回もぜひ乗りたい♪
優秀:いいね〜、次回も乗ってもいいかな?
良:出発・到着時刻、料金次第ではアリかな?
合格:一応、次回の選択肢には入れておくか〜、多分選択しないけど。。。
最低:こんな会社潰れちまえ!


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ブリティシュ航空 | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways

今日のタイ語

(ที่นั่ง)ริมทางเดิน ティナン リム ターンドゥーン=通路側座席
(ที่นั่ง)ริมหน้าต่าง ティナン リム ナターン=窓側座席

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照
久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton

オレが過去に乗ったヨーロッパ系エアラインはたったの2つ

■アエロフロート
何度乗ったか覚えていないくらい乗った。
20年くらい前は中東一筋で、中東行くならアエロフロートというくらい各地を網羅していた唯一のエアラインだった。

そういえば機内がガソリン臭く、トイレのドアが開かない(機体構造が歪んでる?)ツポレフとかいう機体に乗ったなー(°皿°;)

■KLMオランダ航空
ベイルートに行く際1度だけ乗った。

前々回のロンドン行きはカタール航空、前回はタイ航空(Cクラス)だった。

そして今回初めてのブリティシュ航空。
あまり評判は良くないが、まあニッポンの人のエアラインに対する評価基準は???なところがたくさんあるから多分問題ないだろう。多くのニッポンの方々に嫌われる米系エアラインが大好きなオレだからね(^∇^)

上級民族に囲まれてオレも上級国民

出発はもちろん上級国民用のファストトラックを利用。
IMG_7554-1120.jpg

ここはイミグレ女性職員も上級でなかなかよろしい(^∇^)

IMG_7556-1120.jpg

15分程度遅れのようだね・・・
IMG_7559-1120.jpg

そういえばさっきフライト情報を見たらこんな訂正が入っていた。

IMG_7558-1120.jpg
搭乗口はファランだらけ(°ロ°;)
当たり前か?

結構混んでいるフライトのようで持ち込み荷物の制限について盛んに放送していた。
オレの荷物は十分制限内なのだが、キャリーバッグが比較的大きく見える。
ファランたちはほとんどかなり小型のキャリーバッグなので目立つ。。。

IMG_7557-1120.jpg
さて乗り込みましょうかね?

座席は最悪だったけどサービスはごく普通、なんでこれで評判悪いのか?

■座席

今回格安チケットだったからだと思うが事前の座席の指定ができなかった。
当日朝web check-inの際に確認できたのだが、777の機材で3-4-3の座席配置の4列席の左から2つ目という最悪の席だった。
777seatmap-1120.png
黄色の●の席。

この時点で変更が効かないので、空港の荷物チェックインの際変えてもらおうと思っていたけどすっかり忘れていた。

ただ不思議だったのはオレの席の左隣(通路側)は指定不可の座席になっていたこと。
もしかしたらここに座席がないのかも?=通路側ってこと???

機内は事前の予想通り満席
IMG_7560-1120.jpg

オレの席の左隣には普通に座席がありがっくり・・・
IMG_7565-1120.jpg

しかし、ドアが閉まってもここには誰も座ってこない。
早速左隣の通路側の座席に移ったが、この座席なんだか変(°⊿°)?

・リクライニングが出来ない
・背もたれが異常に出っ張っている(背筋をピンと伸ばすような座り方しか出来ない)
・シートベルトが普通座席とは違う仕様
IMG_7561-1120.jpg

これで13時間超は辛いが、足が伸ばせるので我慢しよう・・・と思っていたら、豆タンクのような鉄仮面アテンダントが「あら、そこは私の席よ」と言ってきた。

その時初めて分かったのだが、ここはアテンダントの席だった。
だから指定できないようになっていたのね?

で、離陸直前その豆タンクが隣に座ってきて「離陸して私が離れたら座っていいわよ」とニッコリ。

でも、あまりにも硬い背もたれからそこに座りたいとは思わず空けておいたら、そのうちどこからかアジア系の男がここに移ってきてしまった。
ただ、シート間隔は十分にあり足は伸ばせるので特に苦痛には感じなかったなー

■食事

長距離路線だから食事は2回でる
1回目
時間的に昼食
IMG_7568-1120.jpg
IMG_7569-1120.jpg
料理名は忘れたがチキン何とかかんとかだった。
お味は?
・・・見た目通り・・・(°皿°;)

ワイン合計3本飲んで気持ちよく眠った。

2回目
時間的に夕食
IMG_7575-1120.jpg
IMG_7576-1120.jpg
ビーフ何とかかんとかのマッシュポテト添え
ちなみにオレはマッシュポテト好き♪もちろん日本のポテサラも好き♪

お味は?
ちゃんと牛肉の味はしたが・・・見た目よりひどい・・・(°皿°;)

と、こき下ろしてはいるが、オレは機内食には全く期待していないのでまあ「機内食としては標準」としておく。

ちなみに、期待していない機内食でも過去最悪な不味さだったのはユナイテッド。
いつ乗って食べても不味かった。
注:乗っていたのは5-6年前まで、今は知らない。

しかし、今回NRT→DMKでノックスートに乗り(11/16搭乗)超激マズ機内食を食べて、最マズ機内食記録を更新した(°ロ°;)
この話はあとで書く。

■エンターテイメント、モニター

かなり昔に乗った機材に付いているようなかなりの小型モニター。
操作性(タッチスクリーン)の感度も悪く、モニターの精度も不十分。
まあ、15年くらい前の標準仕様かな?

バンコク→ロンドン便だったためか?日本語で見れる映画は3-4本くらいしかなく、ワインを飲んで眠っていた。
目が覚めたのはカスピ海上空だった。
IMG_7570-1120R.jpg
前方にはチェチェン共和国のグロズヌイの名が見える。

少しアップするとシリアの首都Damascusが見えてきた。
IMG_7571-1120.jpg
オレが生きているうちにもう一度行けるかなー?行きたいなー。

IMG_7573-1120R.jpg
ヴォルゴグラード、以前の名をスターリングラードと言った。
言わずと知れた独ソ戦というか第2次世界大戦の大きな転換点となった場所だ。
太平洋戦争でいえばミッドウエーか?

またウトウトしているうちにロンドンに近づいてきた。
IMG_7578-1120.jpg

もう少しだ!

***

British Airwaysの評価はLHT→MAD移動記事の後に書きます。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ブリティシュ航空 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT