脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術【2】路線バス意外に良い♪《2017ハノイ(3)》

以前書いた空港から市内への移動術。

第1話:ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術

要は、ベトナムのタクシーはトラブルが多く(タイの比ではない)、T2→T1に移動した上で乗り合いバン(40,000ドン)がベストだということを書いた。

ターミナル1=国内線(以下「T1」と表記)
ターミナル2=国際線(以下「T2」と表記)


当時もバス路線があるのは知っていたが、下調べが苦手なオレはルートや終点がどこなのか?よくわからなかったので利用しなかった。

今回は往復で2経路利用してみた結果、これがベスト(宿泊先のホテルの位置による)だと分かったので再度まとめてみる。

ハノイのホテルはここ👇から予約♪

オススメは左欄外♪参考にしてね。

***

「ハノイ 空港 市内 バス」で検索すると、有益な情報がいっぱいヒット。

1、空港⇔市内路線バスのベストルート

(1)86番:30,000ドン/約150円(空港⇔ロンビエン⇔ハノイ駅)
T1,2から発着(T1→T2の順に停車)

(2)17番: 9,000ドン/45円(空港⇔ロンビエン)
T1からのみ発着。

おそらく多くの旅行者はホアンキエム湖周辺の「旧市街地」に宿泊しているので、この2路線が便利。
これ以外にも別のバスターミナル行きの路線があるようだが、今回乗ったのがこの2路線で、この2路線が利用できれば十分か?と思う。

他の路線は「ハノイ 空港 市内 バス」で検索してください。

参考までに位置関係を貼っておく。

赤のピン:ロンビエン・バスステーション(86番停車、17番の終点&始発)
緑のピン:ハノイ駅(86番の終点&始発)
黒のピン(北方面):ハノイ・ノイバイ空港

最短ルートで行くと「空港/市内(ロンビエン・バスターミナル)」の距離は26-27km。

***

2、86番乗車実録(往路:空港→旧市街/ロンビエンバスターミナル)

T2前は相変わらずごちゃごちゃしているので、すっきりしたT1へ移動する。
IMG_9985-0225.jpg

👉T2→T1に移動するメリット
1、86番バスはT1→T2→市内へと移動する。
T2からも乗車できるが混雑により座れない可能性がある(実際に座れない人が多数いた)。

2、17番バスはT1からしか発着していない。

3、そんなメリットのあるT1へは無料バスで移動できる(所要5−10分程度)
T2(1階=到着ロービー)からはビルを出て右方向の手前のレーンから発着している。

この日はT1から17番バスに乗るつもりで、T2→T1へ移動。
が、17番バスの乗り場へ行く途中に86番バスが停車していたのを見て気が変わり86番に乗ることにした。
IMG_9990-0306r.jpg

👉T1バス乗り場
86バス乗り場
T1ターミナルビル1階を出て一つ島を渡って右方向に進む。
色んなバスやバンが停まっているが、だいたい上の地図あたり。86番はオレンジ色のバス。

👉T2バス乗り場
T1を出たバスは次にT2にも停車する。
乗り場はターミナルビルを出て一つ島を渡った左方向(昨年は右方向にあったが、最近変更されたようだ)。
色んな情報によると2番柱あたりらしい。バス職員?が立っていて呼び込み?している場合もあるので分かりやすい。

👉86番バスの特徴
・バス停が少なく、短時間で市内へ行ける。
・その分、普通の路線バスより運賃が高い(30,000ドン≒150円、通常の路線バスの3倍以上、チケットの紙質がいいw)。
IMG_9992-0306.jpg
・つまり、日本でいう「空港高速バス」のようなもの。
・車掌には普通に英語が通じる。
・荷物置き場スペースが広く、大きなスーツケースを持ち込んでも問題ない。
IMG_9991-0306.jpg

👉86番バスルート
ほぼ一直線で市内に入るルート。途中バス停もあったがほんのわずか。
高速道路並みに整備された道をフルスピードで走り抜け、ロンビエンバスターミナルまでの所要時間は30分もかからなかった(標準では40分らしい)

➡️86番の詳しいルート、バス停情報は最下段へ。

IMG_9994-0306.jpg
大きな川を越えたら市内

あっという間にロンビエンバスターミナル

ここはハノイ旧市街の入り口で、ここから路線バス8番に乗り継いで宿泊先のパークソンホテルまでスムースだった。

おすすめです、86番バス。

3、17番乗車実録(復路:旧市街/ロンビエンバスターミナル→空港)

一方、86番バスと正反対なのが17番バス。

👉17番バスの特徴
・バス停が多く、空港⇔市内間は1時間半程度かかる。
・その分、運賃が安い(9,000ドン≒45円、86番バスの1/3以下)。
・つまり、街中を走っている普通の路線バス。
・車掌に英語は通じない(多分。エアポートくらいは通じたw)。
・普通の路線バスなので荷物置き場スペースは無く、大きなスーツケースは持ち込めない。小型のスーツケースや足元に収納できるサイズなら問題ない(*1)

(*1)他のサイト情報だと、ハノイバスは10kg以上の荷物及び30✕40✕60cm以上の荷物の持ち込みは禁止されているらしい。つまりこのサイズ以内なら混雑具合にもよるが持ち込めると思われる。

今回は市内(ロンビエンバスターミナル)から空港のルートに乗ったので順に紹介する。

👉ロンビエンバスターミナルでの乗り場
IMG_0234-0306.jpg

E3.3乗り場。バスは方角的に空港とは逆の方向へ一旦走り出すので、イメージしている方角とは逆側。

👉17番バスルート
最初は空港とは逆の南に向かって走る。
そのうち東に方向を変え、ハノイ郊外の田舎町を走っていく。
普通の庶民が利用するバスなので、バス停は多い。

の〜んびり行くには最適で、途中田舎町ではノンラーを被った農夫が田植えしていて「あぁ〜ベトナム〜」なんていう風景を堪能できる。

➡️17番の詳しいルート、バス停情報は最下段へ。

👉T1バス降り場&乗り場
IMG_0305-0306.jpg
17番バスはT2には乗り入れていないので、T1のバス停のみ。
場所はここ。
17番バス乗り場
IMG_0304-0306.jpg
公衆便所の横がバス停。

***

86番、17番の詳しいルート、バス停情報
ほぼ完璧なルート、バス停情報等を解説をされている記事がある。

ノイバイ空港からハノイ市内への市バスでの行き方

なになに?こんな完璧な情報があるんなら先に教えろ!って?
このリンク先に貼ったら、誰もオレの記事を読んでくれなくなるじゃないか〜(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 空港・移動手段 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハノイのフォー、半年に一度は食べないとね。。。ベトナム航空でハノイへ《2017ハノイ(1)》

2007年に初めて訪れた時のハノイの印象は最悪。
全員が「ベトコン戦士」か「詐欺師」に見え、世界最悪の国だと思っていたのが嘘のように、最低年に2度は行きたいと思うようになったハノイ。

もし、ビザ関連でタイを追い出されるようなことがあったらハノイに引っ越してきて住んでもいいとさえ思うようになってきた。不思議だな〜

今回のハノイ訪問で、ベトナム入国回数が4回目
シリアに並んで入国回数歴代第4位に躍進、シリアには当分行けそうもないので、単独4位も確実だ。

1、タイ
2、アメリカ
3、ラオス
4、シリア
4、ベトナム

一応、タイ情報というカテゴリーでブログをやっているんで、ベトナム情報は控えめに書くつもりだけど、タイ/ベトナム間って1時間半程度なんでたまにはベトナムに行ってみるのも良いですよ〜、いや是非行ってください♪

では、まずはフライト情報から。

ハノイのホテルはここ👇から予約♪

オススメは左欄外♪参考にしてね。

***

今回選んだのは「ベトナム航空」

《往路》2/13
Vietnam 610 便
Bangkok、BKK、12:20 - Hanoi、HAN、14:10
《復路》2/17
Vietnam 613 便
Hanoi、HAN、16:05 - Bangkok、BKK、18:05


決済の関係上Expedia Thaiで予約。
฿5,599.20でちょっとお高いかな?

基本的には片道1時間半程度のフライトなんで、LCCでも全く問題なかったが、検索時点で料金的には1,000バーツ程度の差だった。

それに、この時期のハノイは結構寒いのを経験済みなんで(昨年の2月は最低気温が10℃を下回る日もあった)それなりの防寒着も必要だったし、帰りにはお土産も買うつもりだったので、荷物も30ℓザックだけじゃちょっと心もとなく、全て込み込みのベトナム航空にしたワケ。

LCCの発着時刻って早朝か夜しかなく、利便性を考えたってのも大きいし、明るく広くて気持ち良いスワンナプーム空港の方が好きだというのも結構大きい。

***

2月13日

昼過ぎの便だったので余裕で出発。
IMG_9954-0225.jpg
空港へはもちろんタクシーです、ハイ。

ベトナム航空は6番口
IMG_9956-0225.jpg

ん?ピーチ?
IMG_9959-0225.jpg
そーいえば、ピーチがバンコク/那覇線*1を飛ばすってニュースみたけど、すでに表示ができていた(この時はまだ運行前だった)。
すっかりドンムアンかと思っていたけどこっちだったんだね。

*1とりあえず運航期間は2017年2月19日~2017年3月25日(現時点での発表分)

マジック・フードポイント
IMG_9960-0225.jpg
IMG_9961-0225.jpg
スワンナプームに来たらこれしかない!という逸品。
ガオラオ(上の写真の⑧番)、ご飯セットで60バーツ。

***

Lカウンターに行ってみると、ゲゲッすごい人・・・
IMG_9962-0225.jpg

と思ったら、それはタイガーエアーで、隣のベトナム航空はガラガラ
IMG_9963-0225.jpg
まあ、まだ3時間近く前だからね。

IMG_9964-0225.jpg

咳がひどくて鼻水も出てたんで、空港内の薬局へ
IMG_9965-0225.jpg

ピンボケだが、要は「薬剤師が不在で薬は売れません」の表示。トイレに行ってるとか言ってた。
IMG_9965-0225-1.jpeg
しばらく待たされて、高額(300バーツ超)の薬を買うはめに。。。さすが空港、高いね〜

搭乗口はF1
IMG_9967-0225.jpg
ここは以前NW/Deltaでよく使ってた。
バーガーキングがあるところ。

さて、乗り込みますか〜
IMG_9969-0225.jpg
IMG_9973-0225.jpg

***

機内はこんな感じ
IMG_9978-0225.jpg
機材はA321、近距離フライトだから全然問題なし。

座席間隔は申し分ない
IMG_9977-0225.jpg
しかも、3列独占で比較的前方座席。
これ以上何もいらない感じ。

前回も同じフライトに乗ったが、その際は選択の余地がなかった機内食
IMG_9981-0225.jpg
今回は選べたけど。。。まあ、機内食なんてどーでもいいね。さっきガオラオを食べたばかりだし、ハノイに着いたら美味しいフォーが待っているんで適当につまむ。

1時間半程度でハノイ着。
イミグレで並んでいると日本人ばかり???
IMG_9983-0225.jpg
そーいうことか〜、日本の朝便に乗るとちょうどこの時間に到着するんだね。

空港では1万円両替。
4泊5日なら、お土産買ってもこれで十分すぎるほど。

あとはsimを買って(20万ドンとちょっと高い)、さてターミナル1(国内線)に移動しましょうか〜
IMG_9985-0225.jpg

なぜわざわざターミナルを移動するのかって?
それは後日詳しく書きます。
今回は路線バスを使って市内移動をしてみましたよ♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ベトナム航空 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スクートビズの評価です


さてスクートビズの評価です。

【 】の数字が評価
総合評価(5段階評価、5が最高)

搭乗区間:NRT(成田)→DMK(ドンムアン)36,373円/片道
※この金額でのコスパを基準として評価

1、機材総合:【4】
 (1)機材の新し度【4】かなりキレイな機材。787。
 (2)座席(間隔・幅・座り心地):【4】シート、フットレストの角度は甘い。
 (3)AV設備:【3】有料のスクートTVがある。
 (4)備品(トイレ含む):【3】

2、定刻運行:*1【5】完璧
*1 定刻に到着したかだけではなく、定刻に出発したかも含む

3、人・サービス総合【4】
 (1)アテンダント:【4】
(2)機内持ち込み荷物:15kg(2個まで)【5】
 (3)機内預け荷物:【4】30kgまで
(4)飲食【3】:量は少ないが味はなかなかイケた。ただ、これを有料で食べるか?と言われると厳しい。
 (5)その他【ー】特になし

4、空港設備:【2】
(1)出発・到着空港【2】成田第2ターミナルは嫌い+ドンムアンは嫌い。
(2)乗継ぎ空港【ー】乗継便ではないので評価せず。

判定:【優秀】
FSA(FSC)並みの機材に完璧な定刻運行、36,000円の価値はある。タイ/日本間LCCとしては最高レベルなんじゃないかと思う。ただし、往復で利用すると7万円超となり多少割高感あるか?

日本⇔タイ程度の中距離路線なら何の問題もないね〜

「最高←優秀←良←合格←最低」の順


《評価の目安》
最高:これはいいね〜、次回もぜひ乗りたい♪
優秀:いいね〜、次回も乗ってもいいかな?
良:出発・到着時刻、料金次第ではアリかな?
合格:一応、次回の選択肢には入れておくか〜、多分選択しないけど。。。
最低:こんな会社潰れちまえ!

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった○○の”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スクート | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”なんちゃって”ビジネスだけど、これで十分だと思った「スクート・ビズ」

さて、ミッションも全て終わったし、月末にはバンコクのアパートの家賃の支払いもあるので帰ることに。

今回の調達物資は、メインのカセットコンロ以外はさほど買わず。


バッグの重量は30kg未満だった。

考えた。。。
LCCで荷物料金払っていくか?それとも、レガシーキャリアの格安見つけて行くか?

***

日本入国した時点から結構検索をしていたが、結局格安のレガシーキャリアにはヒットしなかった。
最初から「これも良いかな〜?」と思っていたエアラインで最終発券したのは、フライトの3日前。

発券したのはコレ↓

便名:TZ 291(スクート)
出発:1/31 東京成田 (NRT) 09:35午前
到着:1/31 バンコク・ドンムアン (DMK) 14:55午後


スクート1-0222
スクート2r-0222
えぇ〜、スクートで片道36,373円って高すぎないか?って?

スクート3-0222

えっ?シート番号1A?
手荷物30kg???

そーなのです、エコではなくビジネスクラス♪いわゆるスクートビズなのです。

今回は最終のミッションがいつ終わるか?予測がつきにくく、当初はエコで15,000−16,000円があったのがみるみるうちに25,000円くらいになってきて、少々焦り始めたのだった。

それならあと1万円でビジネス(なんちゃってビジネス)のほうが断然良いね〜ということで発券。

***

まずはこのスクートビズとは?から

上のリンクを開けてもらえば分かるように、

1、座席間隔が広い(38inch、96cm)
2、機内持ち込み手荷物 15kg(2個まで)
3、受託手荷物 30kg
4、機内食+ドリンク(1杯)無料
5、その他、優先チェックイン、電源ほか


が、このクラスの特徴。

では、実録とともに検証・チェックしてみましょう。

***

1月31日

9:35am成田発なので成田前泊も考えたが、いろいろあって当日の高速バスで行く事に。
こういう時はちゃんと起きれるんだよね〜
真っ暗な中始発に乗って高速バス乗り場まで。
IMG_9855-0222.jpg
まだ薄暗いなか出発。

7:30前に成田第2ターミナルビルに到着
この第2って、セキュリティチェック・スペースが狭くて混むし、天井が低くて圧迫感があって嫌い。

一服してからスクートのBチェックインカウンターへ
IMG_9857-0222.jpg
すごい列だが、ここはスクートビスの特権行使で並ばずにチェックイン。
まずは特典一つ使った♪

IMG_9860-0222.jpg
せっかくのビジネスクラスだが、質素な搭乗券だこと。。。

次に、セブンイレブンで大量のおにぎりと弁当を購入。
IMG_9858-0222.jpg
極力、日持ちしそうな具と賞味期限の遅いものを選んだが、どー考えてもバンコクのアパートに着く前に切れちゃうね、賞味期限が。でも、そこはmade in Japanのクオリティー
タイのように「賞味期限=腐り始め〜腐ってる」ではない(笑)

IMG_9859-0222.jpg
大混雑のセキュリティーチェックを抜けて、アパートの管理人達にお土産でも・・・と思ったが、免税店には人民達が群がっていて、とてもレジの列に並ぶ気が起きなかった。

***

搭乗口で呼び止められて、カセットコンロの残留ガスチェックを受けたことは既に書いた。

カセットコンロを手荷物として機内に預ける際、タイに持ち込む際の注意事項

よろしく頼むよキミ〜
IMG_9861-0222.jpg

1Aのバルクヘッド席
IMG_9862-0222.jpg
IMG_9866-0222.jpg
IMG_9864-0222.jpg
座席間隔に文句はなく、幅や座り心地も36,000円の価値はあるかな?
フルフラットシートになる前のCクラスって、レガシーキャリアだってこんなもんだった。

IMG_9865-0222.jpg
ただね〜、座席のリクライニングは8inch(20cm)程度しか倒れない。
また、フットレストの角度?長さ?も不十分。
まあ、これが36,000円の限度かな?なんちゃってビジネスと言われる所以か。

スクートビズシート

***

離陸前に・・・
IMG_9867-0222m.jpg
ん?もしかしてウエルカムドリンク???
シャンパンを要求してはいけないね、36,000円。。。

離陸直後に見えた富士山
IMG_9870-0222.jpg

このスクートビズの特典の一つ、機内食と飲み物一杯無料(というか運賃込み)。
いくつかあったなかからこんなのを選ぶ。
スクート機内食
たしか、これエコ席で有料で頼むと1000円以上もする。。。

IMG_9872-0222.jpg
写真とはかなり違うね?まあ想定内。

日本語でいう「ピリ辛」ってのは全く信じていなかったが、これ結構辛いね〜
もしかして有料の水を注文させる手なのか?(笑)

味はね〜、意外にイケる♪でも量がと〜っても少ない。。。
飲み物は赤ワインにした。

IMG_9878-0222.jpg
定刻の25分前にドンムアン到着。
素晴らしい♪

***

ところが、イミグレが人民の大群であふれていて結局1時間以上かかった。
久々。。。
人民って本当にイナゴか蟻の大群のようだ。。。

昨年9月以降3回連続、税関でX線検査を受けた話はここ⤵︎を参照。

タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(付録:免税範囲、罰則)

タクシー乗り場も長蛇の列で、しょうがないので出発階からタクシーに乗車。
久々にズルしちゃった。

***

アパートに着いて、気になっていた魚の干物はまだジャリジャリしていることを確認。
大量のおにぎりとともにすぐに冷凍庫に放り込む。

今日の晩飯はこれ
IMG_9881-0222.jpg
賞味期限本日7:00pm。
写真を撮ったのが6:54pm
余裕で大丈夫♪

えっ?2時間時差があるって?
Made in Japanだから気にしないね〜(笑)

IMG_9882-0222.jpg
日本のコンビニ弁当は旨いね〜、特にセブンは。

その晩、網焼きカセットコンロを早速使って、まずは小鰯のみりん干し♪
IMG_9885-0222.jpg
バンコクで食べるみりん干しは最高だ〜♪

長くなったので、スクート(スクートビズ)の評価は次回へ繰り越し。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スクート | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スカイマーク、神戸⇒茨城便評価です。

さてスカイマークの評価です。




【 】の数字が評価
総合評価(5段階評価、5が最高)

搭乗区間:UKB(神戸)→IBR(茨城)6,600円/片道(いま得)

1、機材総合:【3】
 (1)機材の新し度【3】B737、普通。
 (2)座席(間隔・幅・座り心地):【3】非常口座席だったため、通常座席の座り心地は不明。
 (3)AV設備:【2】なし。国内線としては普通。
 (4)備品(トイレ含む):【3】国内線としては普通。

2、定刻運行:*1【4】出発は多少遅れたが定刻到着(JAL、ANAのように着陸した時点で「定刻到着でございます〜」なんて言う誤魔化しは無い)。

*1 定刻に到着したかだけではなく、定刻に出発したかも含む

3、人・サービス総合【4】
 (1)アテンダント:【4】有料の笑顔が無い分スッキリ。
 (2)機内持ち込み荷物:10kg【4】
 (3)機内預け荷物:【4】20kgまで料金に込み(荷物が多い人には特にメリットあり)
(4)飲食【3】:チョコとインスタントコーヒー
 (5)その他【ー】特になし

4、空港設備:【4】
(1)出発・到着空港【4】大阪市内からだと乗り換えが必要(伊丹と同じ?)。茨城空港は空いていて、東京駅までのアクセスはよく、500円の高速バスは特筆。
(2)乗継ぎ空港【ー】乗継便ではないので評価せず。

判定:【優秀】
新規LCC(ピーチ、バニラ、ジェットスター)と比べると、ネット料金は割高に見えるが、日時・予約時点・予約クラスによっては遜色無い。基本的にはJAL、ANAの国内線とほぼ同じで料金は安い。空港の選択肢も多い。
おすすめ(特に「いま得」料金)。

「最高←優秀←良←合格←最低」の順

バンコク⇔茨城便、どこかのエアライン就航してくれないかな~☆

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった○○の”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スカイマーク | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT