脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

でもやっぱりscoot(笑)なんちゃってCクラス2万円!

帰り便を検索してたらお得な情報が♪
scoot-mmm.png

NRT→DMKのエコ席で最安9,900円(カード手数料含まず)もあったけど、このスクートビズは超お得♪だよね〜
scoot-mm.png
荷物30kg+食事付きで22,700円(全て込み)♪
最初バーツの間違いか?と思って何度も確認した。

ギリギリ行動派を自負するこのオレが、瞬時にポチってしまったよ(笑)
これでエコ選ぶ人はいないわな・・・

このbizクラス、普通安くても3万円くらいはするはずなんだけどなぜか激安。
連休の谷間だから???

もう二度と乗ることは無いと言っていたCクラス(正確にはscoot bis)に再び乗れる日が来た〜

さようなら・・・たぶん人生最後?のビジネスクラス搭乗、BKK→NRT
まあ、LCCだけどオレにはこれがお似合いか?

ということで帰り便をお得に確保で満足満足。
30kgのお土産買わなくちゃね(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スクート | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「貨物」としてタイに帰ろう♪ 「お客様」と「貨物」の違い by エアアジア

今回は色々と用事があって、もしかして最長記録?っていうくらい長い期間(約1ヶ月)日本にいた。

今回の成果はやはりブラックアロー号ことCannondale Caad 8を買ったこと。
そして、このブラックアロー号を飛行機でタイまで運ぶことが最大のミッションとなった。

エアライン選び・箱作りそして実際の輸送についてはすでに詳し〜く書いたので、今日はそれ以外の写真を使ってまとめてみる。

《検証》日本から海外(タイ)へ自転車を持っていく方法、逆コース(タイ→日本)より面倒なことが分かった
《検証》日本(成田・羽田)→タイ(スワンナプーム・ドンムアン)へ自転車を運ぶにはどこのエアラインがいいか?
プラダンで輪行箱220サイズ自作♪これでバンコクに帰りましょう♪オマケ(箱に貼る注意書き)付き
《実録》日本からタイへ自転車を持って来た、ハラハラ・ドキドキ・ときには怒りモード、さて結果は?

***

人生最後のビジネスクラス搭乗を終えたオレ。

さようなら・・・たぶん人生最後?のビジネスクラス搭乗、BKK→NRT

今日からはお客様ではなく「貨物」としてエコノミー搭乗と落ちぶれる。。。

予約したのは6/13 9:15成田発のエアアジア便。
落ちるとこまで落ちたな〜(笑)
なので成田で前泊して万全の体制で臨んだ。

荷物はこれ+自転車
IMG_2412-0831.jpg
エアアジアの成田のチェックインカウンターはカートで入れないんで超苦労したよ。
ここが第1の「お客様」と「貨物」の違い

それでは秤に載せていきましょうかね〜
今回は自転車20kg+普通荷物30kgの料金を支払い済み。

まずは自転車
IMG_2414-0831.jpg
18.1kgになってるけど、緩衝材や工具類+下の台座も含めた重量。
自転車以外も20kg以内で色々と詰め込んだ。

次は中型ザック
IMG_2416-0831.jpg
これは衣類が中心だから軽めの8.3kg

中型キャリーバッグ
IMG_2417-0831.jpg
食材関係中心だから重めの17.3kg

8.3+17.3=25.6kg
あと4.4kg

最後はイオンモールで買ったお土産
4.4kgで収まるか???
IMG_2418-0831.jpg
4.5kg!
素晴らし〜♪

特に最後のダンボールは手で持った感覚で「まあ、4−5kgだな」と思った通り♪

合計:8.3+17.3+4.5=30.1kg

思わず「ドンピシャ!」と声に出してしまったら、エアアジアのお姉さん「これはokです」と。。。
「これは」と強調したのは多分0.1kgのことだと思うけど。。。

***

落とし穴は機内持ち込みの中型ザックと中型ウエストバッグ。
「機内持ち込みはその二つですか?念のため秤に載せてください」とエアアジアのお姉さん。

この時までエアアジアは手荷物1個(7.0kg)+PC1個っていう規定だと思っていた。
実際に今まで10kg超のバッグを何度も持ち込んで、実際に計られたこともあるけどなんの問題もなかったから。

まず軽めの中型ザックを載せると5.5kgくらい。
お姉さんも笑顔。

ウエストバッグは明らかに軽そうに見えるのだが、こっちにmac(1.5kg)を無理やり入れておいた。
作戦ね(笑)

が、さすがニッポンのLCC。
「そちらも」と促されて渋々載せると3.4kg。

2つ合わせると合計8kg超。

オレ「こっちはPCだからいいんでしょ?」
お姉さん「ダメです。荷物は合計2個までで総重量が7.0kgです」
オレ「えぇ〜????PCは別じゃなかったっけ?」
お姉さん「総重量で7.0kgです」

???

いろいろと押し問答したが「2個で総重量が7.0kgです」で押し戻される。

いつ変わったんだろう?
(どうも、今年になって変わったらしい)

自転車の重量測定やらで他の人たちの数倍は時間が掛かっているオレのチェックイン。
後ろを見ると長〜い列。

タイの人たちは多分余裕なんだろうけど、ニッポン人たちは相当苛立っている様子。
しょうがないんで中型ザックから機内で着るための上着やタオルなどを取り出して再計量。合計7.9kgまで落としてokが出る。

要は8.0kg未満まではokなのかな?(スタッフの裁量範囲?)

結局、チェックインカウンターを離れたあとに、取り出した物は全部ザックに戻したし、免税店でもお土産買ったんで、最終的な総重量は10kgはいっていたかな?

う〜ん、ここが第2の「お客様」と「貨物」の違いか。



IMG_2422-0831.jpg

ラッキーなことに通路側。
最近2回連続で真ん中席だったんで嫌気がさしていたけど。。。
IMG_2423-0831.jpg
が、やっぱりエアアジアは座席間隔が狭いし座席幅も狭すぎる。

ここが第3の「お客様」と「貨物」の違い。そして、もっとも顕著な違いなんだよね。
空いてるスペースにぴったり詰め込むのが貨物。

まさに「貨物」と言われる所以だ(エコ客=貨物。日本のエアライン内での隠語)

***

皆さんはLCCに乗る際食事はどーしていますか?
6時間近いフライトになるとさすがにお腹が空くんで、オレの場合は事前に食いだめする派+予備でおにぎり持ち込んでこっそり食べる派。

この時はおにぎりを買い忘れて空腹が辛かった。

周りの客(ほとんどがタイ人)のほとんどは、事前に予約した食事をもらっていたけど、オレから見れば「そんな高くて少なくて不味いのよく食べるな〜?」って感覚だった。
機内食を楽しみにしている人が意外に多いのに驚いている。

が、この時は本当にお腹が空いて、しょうがなく激高のこれを注文。
IMG_2424-0831.jpg
隣のタイ人お姉さん、これを食べているオレを憐れみの目を向けていたように感じたのは気のせいか?

ここが第4の「お客様」と「貨物」の違いか。

ドンムアン空港は相変わらずの人民系客の多さでうんざり。

この時の税関の様子はここを参照。結果的には自転車を持っていたおかげでノーチェックで通過できたようだ。

続報・タイ税関最新情報(5)超大型荷物(自転車)やダンボールを持って税関を通過しようとすると・・・

こうして、総重量60kgの荷物を無事運搬完了♪
IMG_2426-0831.jpg

今回は珍しく1ヶ月も日本にいたんで、次回は半年後くらいかな?

***

今年初めからの溜まりに溜まった旅日記・旅情報もこれで全て吐き出してしまった。
いや、やっと追いついた。

日本から戻ってきて以来2か月半、珍しくどこにも出かけていない。
来月半ばには2015年12月以来の久々の90日レポートが迫っている。

このまま出かけないのか?それとも・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| エアアジア | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さようなら・・・たぶん人生最後?のビジネスクラス搭乗、BKK→NRT

5/15-6/13の約一ヶ月間日本にいた。
その時のことはブログでも速報という形で記事を書いたし、Twitterも頻繁に更新していたので知っている人も多いだろう。

今回はあるミッションがあって行ったのだが、その詳細は書かない。
そんなミッションがちょっと長引いたので珍しく1ヶ月近く日本に滞在していたので、その間に起きたことやったこと見たことをつらつら書いておく。

***

今まで何度もビジネスクラスに搭乗したことはあるが、一度だけあったUPグレード(コロンボ→バンコクのキャセイ)以外は全て貯まったマイレージを使っての発券。

つまり、自分の資力では発券したことは無いし、発券出来ない。
もうどのエアラインのマイレージもほとんど端数しか残っていないのでその望みも断たれている。

なので、たぶん今回が人生最後のビジネスクラス搭乗になるんだろう・・・との思いで最後の搭乗をまとめてみる。

今回搭乗するBKK→NRTももちろんマイレージ発券。
NRT→BKK→LHR→BKK→NRTの最後の経路。

このチケット発券の経緯はここ↓に書いたのでこれ以上は書かない。

TGでヨーロッパ往復(ビジネスクラス)を発券♪ギリギリ行動派ここにあり!(笑)

今回のエアラインは長い間お世話になったTGだ。

***

5月15日(月)
7:35発のTG676便に乗るため夜明け前にアパートを出る。

ついに最後の日を迎えたスワンナプーム空港のAカウンター
IMG_2206-0813.jpg
既にゴールドカードも期限が切れているので今後はBカンターも利用できない。

正面にあるファーストクラス専用チェックインカウンター
IMG_2205-0813.jpg
ここはついに入る機会がなかったね・・・

今日が最後の日とは誰も知らないAカウンターのTG職員たち。
IMG_2207-0813.jpg
当初はタイで買ったホワイトアロー号を持って行こうと、スポーツ用品の予約をしていたのだが、日本で新たにロードバイクを買うつもりだったのでキャンセルしてもらった。

あぁ〜、もう二度とこのエリアに足を踏み入れることはできないのか〜と思うとちょっぴり感傷的になってしまったオレ。

チェックインも出国審査もセキュリティーチェックも、一般とは隔絶された世界だった。
空港の喧騒から完全に遮断されたまさに「プライオリティーゾーン」だったAカウンター。

さようなら・・・

出国審査を抜けると、ラウンジへ入る下のエスカレーターが目の前にある。
IMG_2226-0813.jpg
ほんと、至れり尽くせりの設計。

今日が最後のエスカレーター
IMG_2228-0813.jpg
再びこれに乗ることはないだろう。
さようなら・・・

***

ラウンジは心に焼き付けておいたので写真はなし。

最後のCクラス搭乗券
IMG_2230-0813m.jpg
既にゴールド会員資格はないのだが、搭乗券の最下段に「TG*G」が印刷されていた。
これって、発券ベースなんだと初めて知る。

さて搭乗
IMG_2231-0813.jpg
最初「涙で霞んで見えない」のかと思った「雨のスワンナプーム空港」。

最後のCクラス、君、よろしく頼むよA380君。

運命の分かれ道
IMG_2232-0813.jpg
IMG_2232-0813-1.jpg
あぁ〜、ここも今日が最後だね、と思いながら右に曲がった。

右の通路は2階席に通じているので傾斜が付いている。
一歩一歩踏みしめなら登っていくオレ。
2階席のドアの前で一度だけ振り返ってみた。。。

もうこの坂道を登ることはないんだな〜と思うとちょっと涙が出てきたかも?(ウソ)

さようなら・・・

***

最後のCクラス。
しっかり目に焼き付けておこう。
IMG_2233-0814.jpg
IMG_2234-0814.jpg
最後のシャンパン

IMG_2240-0814.jpg
最後のワイン。。。いやワインはエコでも飲めるか(笑)

IMG_2241-0814.jpg
まずは前菜
カリフォルニアサラダ海老入り ディジョンマスタードドレッシング。
パン盛り合わせ(穀粒パン、ジョガブレッド、ブラックオリーブフォッカチア、チーズグリッシーニ)

カリフォル二アサラダ以外は全く意味が分からず(笑)
日本語で書いてあるが日本人には理解不能。

IMG_2242-0814.jpg
鴨のコンフィ かぼちゃの甘煮 インゲン豆バター炒め
鴨肉が好きだったので洋食を選んだが、この濃いソースのおかげで鴨なのか鶏なのかイマイチよくわからなかったのが残念だ。

これは「コンフィ」以外は分かる日本語だった。

IMG_2243-0814.jpg
チーズ盛り合わせとフレッシュフルーツ(カマンベールチーズ、フルーツチーズと胡桃パン、ドライストロベリー、フルーツ盛り合わせ)
なんかしょぼいね。。。

IMG_2244-0814.jpg
パンプキンアイスクリームとマカデミアナッツ

IMG_2246-0814.jpg
食後のコーヒー

あぁ〜、終わってしまった。。。

BKK→LHRではメニューを持って帰ろうと思っていたが、最後に回収されてしまったので、今回は撮っておいた。
IMG_2245-0814.jpg

さようならビジネスクラス

***

この時期、タイは酷暑なのだが成田は20℃を切っていた。
IMG_2247-0814.jpg
が、結構湿度を感じたな〜

こうして、人生最後のビジネスクラスのフライトが終わった。

エコノミー席と乗り比べた人には分かると思うが雲泥の差。
エアラインにとって「お客様」とはビジネスクラス以上の乗客を指す言葉で、エコノミーは「貨物」。

そういった意味で、客として乗った最後のフライト。
ちょっと感傷的にはなったがまあしょうがないね。

明日からはLCCの「貨物」として「耐ヘ難キ(苦痛)ヲ耐ヘ、忍ヒ難キ(扱い)ヲ忍ヒ」で頑張ります♪

最後は今日の終戦記念日に合わせ玉音放送風にしてみました。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイ航空 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大っ嫌いなドンムアンへ、が意外なことに・・・by エアアジア

そういえば往路の話を記事にしていなかったっけ。

なので、先にちょっとだけ書いておく。

***

今回の荷物は小型ザックと中型キャリーバッグ
IMG_1637-0811.jpg

最近、真昼間で荷物が少なめの時はエアポートリンクを主に利用している。
IMG_1641-0811.jpg
駅まで近いしやっぱり便利だよね。

往路はJetstarでBKKから搭乗。
IMG_1647-0811.jpg
やっぱりドンムアンより断然いいよ。
ドンムアンは混むし(特に大陸の人民が多すぎる)、あの薄暗い雰囲気がね〜

スワンナプームができる前散々利用したけど、バンコクに着くとあの薄暗さで「バンコクに来た〜」って感じたぐらいだから。
まあ、タイでは明るいよりも薄暗い方が涼しげでいいのかもしれないけど。。。

Jetstarだと結構余裕がある。
IMG_1648-0811.jpg
Airsiaとシートピッチは大して変わらないはずだけど、数字だけじゃないんだろうね〜?

今回初めて第2ターミナルから直接86番バスに乗ってハノイ中心部まで行った。
IMG_1649-0811.jpg
それまでは第1ターミナルまで移動して乗っていたけど、今回たまたまターミナルビルを出たら停まっているのが見えたんで飛び乗った。

ほぼ満席でどうにか座れたけど、確実に座りたかったらやっぱり第1まで行く方が良いかな?

ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術【2】路線バス意外に良い♪

***

さて復路。
今回はお土産をたんまり買ったので、持って来たバッグだけじゃ足りず、プラス小型のダンボール2つになった。

20:50発のエアアジア便だったんで、夕方余裕を持ってホテルを出たが途中で雨が・・・
背中にザック+中型キャリーバッグを引っ張って、さらに小型のダンボール2個。
軽いけど結構きつかったよ。

途中の交差点で、バイクの渦に巻き込まれたけど、横は一切見ずにずんずん進んだ。

これよりもっとひどい渦だった(笑)
怖いけど楽しいね〜ハノイ。

こんなバイクの渦でよく事故が起きないもんだ・・・
と思って、バスターミナルで86番バスを待っていると「ガシャーン」という音。

振り返ってみるとバイクが転倒している。
IMG_2019-0811.jpg
積荷の瓶類?がめちゃくちゃになっていて、運ちゃん激怒していた。
接触した相手を引っ張ってきてなんだか取っ組み合いの喧嘩になるのか?と思ったら、口喧嘩だけだった。

電話でどこかに連絡を取ったかと思うと、双方あっという間に走り去ってしまった。
ベトナムも接触事故程度なら警察の出番はないようだね。

***

夜のハノイ・ノイバイ空港
IMG_2028-0811.jpg

今回復路は20kgの荷物を予約していた。
IMG_2021-0811.jpg
全部の荷物を手で持ってみて「まあ、だいたい20kgだな。1−2kg程度のオーバーは許容範囲だよね?エアアジアさん」と思いながらチェックインカウンターへ。

さて、一つづつ載せていきましょう。
IMG_2025-0811.jpg
IMG_2024-0811.jpg
12.7kg

まあまあだね。

IMG_2023-0811.jpg
IMG_2022-0811.jpg
市場のおばちゃんから恵んでもらったダンボール

んん?4kg
想定外・・・

12.7kg+4kg=16.7kg
あと、3.3kg...

IMG_2027-0811.jpg
フォーのインスタント麺箱買い。

さて。。。

IMG_2026-0811.jpg
2.5kg

合計:12.7kg+4.0kg+2.5kg=19.2kg

ドンピシャ♪
オレの手秤もなかなかの精度だな〜と自画自賛(笑)

そうそう、ザックは持ち込み手荷物ね。



写真じゃジェットスターとの違いはわかりづらいけど、エアアジアはキツキツ。
IMG_2030-0811.jpg
IMG_2031-0811.jpg
結構混んでいたHAN→DMKのフライト。

往路はジェットスターだったんでスワンナプームだったのだが、帰りはエアアジアなのでドンムアン。
最近、ドンムアンのイミグレが混雑でひどいという記事をよく見かけるが、ドンムアンはスワンナプームができる前から混雑がひどい。
国際線が戻ったあとでも、40−50分待つのは普通でひどい時には1時間半以上かかる。

最近は特にひどくて「4時間待ち」なんてあるらしいが。。。

とにかく大陸の人民だらけで、彼らの外見や振る舞いを見ていると半分以上は土人並み。
待つのもうんざりだが、土人の振る舞いを見ているだけで疲れが倍増する。。。
だからドンムアンは嫌い。

が、この日は既に23:00を回っていたからなのか?こんなにガラガラだった。
IMG_2033-0811.jpg
普段は手前のスペースも土人で埋まっている。

あぁ〜良かった♪

タクシー乗り場もガラガラ
IMG_2034-0811.jpg

この時の税関の様子はこっちで記事にしたので参照方

続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(4)結局、元の鞘に納まるが「傾向と対策」を書いておく

***

日付が変わる直前アパートに戻ってきた。
IMG_2035-0811.jpg

調達品大公開♪
IMG_2036-0811.jpg

箱買いのフォーのインスタント麺
IMG_2038-0811.jpg

インスタント麺をそれほど食べるわけではないが、タイのインスタント麺は一部の例外を除いて激マズ。
このフォーのインスタント麺は、そこそこイケる♪

次のハノイ行きまで持つといいね♪

おしまい

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| エアアジア | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生最初で最後の「ビジネスクラスで行くヨーロッパ往復の旅」(復路)、40数年に渡って追い続けたオレの長い旅も一区切り。

往路フライトは3話も書いてしまったが、復路は1話だけ。

***

4月8日(土)

すべて終わった。
あとは帰るだけ。

フライトがLHR発1230の便なので余裕でホテルをチェックアウト。
折りたたみ自転車があるので、ホテルにタクシーを呼んでもらった。
来たのは大型のバン。
なんだか白タクみたいで、運転手はマイク・タイソンみたいなおっちゃん。

が、空港着いて料金聞いたら5ポンドだった。
ん〜???これが相場なのか?
来るときに乗ったブラックキャブは10ポンド以上したはずなのに???

理由は不明。
用意していた10ポンド札を渡して「釣りはいらぬ」と言ったら、マイク・タイソン氏にっこり(笑)

***

ヒースロー空港第2ターミナル。

まず、折りたたみ自転車をパッキングしてもらう。
IMG_1581-0712.jpg
この話はここ↓に詳しく書いたんで参照してください。
空港でのラゲージ・ラッピング サービス、タイ・イギリス・日本比較

IMG_1584-0712.jpg
チェックインカウンターは大混雑だったが、Cクラスはほとんど待ちがなく快適♪

IMG_1585-0712.jpg
最後の一服。

保安検査場を抜けると免税店?
あれれ?イギリスって出国審査がなかったんだっけ?
3年前なんでもう忘れてしまったよ。

タイ航空の搭乗口までは相当歩かされた。。。
途中の免税店でお買い物
IMG_1587-0712.jpg
タバコが見当たらないのでぐるぐる回っているとありました♪

が、このタバコ売り場、完全に壁で囲まれて中が見えないようになってる。
中に入るとかなり広いスペースなのだが客がゼロ???

値段を見ると1カートン10,000円くらい。
高〜い!
なるほど、これから海外行くのにこんな高いタバコなんて誰も買わないよね?
だから客がいないんだ。。。納得。

チェックインするときに「ラウンジはシンガポール航空かユナイテッド航空をご利用できます」と言われた。
この選択肢だったら断然こっちだよね?
IMG_1596-0712.jpg
IMG_1596-0712-1.jpg
IMG_1593-0712.jpg
IMG_1589-0712.jpg
このイングリッシュソーセージ。
中にパン粉が詰まっていて「不味い」という評判なのだが、オレ的には結構お気に入り♪
ドイツのソーセージにだって美味くないものは少なくない、と思う。

IMG_1595-0712.jpg

さて搭乗しますか。
IMG_1597-0712.jpg

まずはシャンパン
IMG_1602-0712.jpg

1食目
IMG_1606-0712.jpg
IMG_1608-0712.jpg
IMG_1609-0712.jpg
メインは確かサーモン系料理

食後はワインをたらふく飲んでお休み〜

二食目
IMG_1613-0712.jpg
IMG_1612-0712.jpg
お粥

そうそう、インターネットが使えるカードをもらった。
IMG_1610-0712.jpg
が、激遅で使いものにならず。

さて、そろそろバンコクに到着ですか・・・
IMG_1614-0712.jpg
IMG_1615-0712.jpg
夜も明けかけの5:00am過ぎ、スワンナプーム空港に到着。

フライト中は快適だったが、到着と同時にどっと疲れが出た。

今回はヤバいものを持っていなかったので楽々通関。
そのときの話はここ↓
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(4)結局、元の鞘に納まるが「傾向と対策」を書いておく

***

スワンナプーム空港に着いてまずやったこと。
マジックフードポイントでガオラオを食べる♪
IMG_1617-0712.jpg
あぁ〜、やっぱりこれは旨いね〜
Cクラスのハイソな食事も良いけど、オレにはこれが一番口に合うよ(笑)

IMG_1618-0712.jpg
これが今回の荷物。
左の(ラップでグルグル巻きのやつ)折りたたみ自転車も無事。
次回はブラックアロー号を持って行こう♪

今回の戦利品。
IMG_1620-0712.jpg
コンビーフや肉系缶詰がメイン。
後ろのボトル(3本)はスパークリング・ウォーター。
重いけどCクラスだったんで持って来た。

なんで水なんかを?って???
まろやかで美味しかったんだよね(笑)

手前のこれ、朝テスコで買ったクロワッサン・チョコレートの成れの果て。。。
IMG_1623-0712.jpg
美味しかったから3つも買ったけど、食べ切れず持って帰ってきた(笑)
青リンゴやプリングルズも買ったけど食べなかったもの。

コンビーフは7/12現在も残ってる♪
味わって食べたいね♪

***

これで、今回の旅はおしまい。

失敗も多かったが、かなり充実した旅だった。
海外を自転車で走るなんて今までは全く考えていなかったが、飛行機への持ち込みも意外に簡単だったし、今後はこういう「新しい形態の旅」を増やしていきたいと思う。
飛行機で自転車を海外へ運ぶのINDEX

まずは「バンコクでサイクリスト」になることから始めようと思う。

ずっと頭の片隅に残っていた「ロレンスの墓参り」。
これで「映画を見て以来、砂漠に憧れ、アラブに憧れ、ダマスカスに憧れ、ロレンスに憧れ、40数年に渡って追い続けたオレの長い旅」も一区切り。

そういえばウールの「戦車博物館」を見学していなかった。
そうそう「次に残した」んだっけ?(笑)

そう遠くない内にもう一度イギリスに行きたいね、そしてまだまだある「ロレンスの痕跡のある場所」を旅してみたいね。
まだ旅は終わっていないはずだ。

おしまい

このイギリス旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイ航空 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT