脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソンクラーン逃避行、ハノイの格安おすすめホテルに7泊8日♪

もう、すっかり忘れてしまったのだが、実はイギリスから戻った直後の4/11-18の8日間、ベトナムのハノイに行ってきたのだ。この日付を見れば分かるように「ソンクラーンからの逃避」である。

もう忘れたことも多く、大したことはやらなかった8日間なのでざっと記録しておく。



今回はハノイだけに8日間という長期?の滞在だったので、少しでも宿代を浮かせたくて事前にかなり調べた。

結果的に選んだのが今回紹介するハノイ・オールドクォーター・ブティック・ホテル/Hanoi Old Quarter Boutique Hotel

場所はここ。

ちなみに、オレが予約した時点でGooglemapにこのホテル表示が無かった(同じ名前のホテルは登録されていたが、場所がかなり違っていた)ので、オレが登録しておいたのだ。

ハノイ・オールドクォーター・ブティック・ホテルのおすすめポイント

■立地
地図を見てもらえば分かる通り、オールドクォーターの北側に位置している。
周りは食堂やカフェだらけで、怪しげな路地の食堂街も近くにあり(これは後で記事にする)、食べ物には全く困らない。

このオールドクォーター地区は外人バックパッカー客も多く、それゆえファランに便利な施設(コンビニやアルコールが飲める店)も多く、少々ファラン志向に偏っている部分もあることはあるが、便利であることは間違いない。

オールドクォーターの北側に位置していると言うことは、空港からのバスの発着場「ロンビエン・バスターミナル」にも近いということ。
ハノイブティック1
徒歩10分

■宿泊料
ハノイというかベトナム全般に言えることだが、多くはタイよりも物価が安め(あくまでも庶民レベルの生活をすればという意味)で、ホテル料金もかなり安めなのだが、ここもその例に漏れず安い。

今回の宿泊料金は以下の通り
4/11-14(3泊)1,973バーツ(6,000円ちょっと)
4/14-18(4泊)105ドル(12,000円くらい)
合計で18,000円/7泊だから、1泊あたり2,600円くらい?

なぜ宿泊を分けたのか?というと、この前のイギリスの時もそうだったのだが、いきなり全部の予約をしてしまった後「このホテル失敗だ〜」という事態にならない様に、まずは泊まってみて気に入ったら残りを予約するってのが4-5泊以上する場合のオレ流儀。

結果的には後の4泊分は料金が上がってしまったが、それは結果論、満足してます♪

標準的な料金は
スーペリア (Superior) 15米ドル
デラックス (Deluxe) 20米ドル

スーペリアは窓なしの部屋が基本なんで、断然デラックスがオススメ。
IMG_1655-0720.jpg
IMG_1657-0720.jpg
写真だと綺麗そうに見えるけど、作りや家具類は値段なり。。。
テラスが付いているんでここで喫煙もできる。

IMG_1659-0720.jpg
テラス(2階)からの眺め。

IMG_1673-0720.jpg
注意事項

IMG_1658-0720.jpg
アメニティー(笑)
こういう使い回しの櫛を見ると釜山のボロ宿(多分連れ込み宿)を思い出す。

敵地潜入2012③アメニティー完璧?の釜山の宿♪

■朝食付き
上の料金は朝食付き。
ホテルの半地下が食堂になっていてここで食べる。
IMG_1667-0720.jpg
IMG_1668-0720.jpg
メニューは豊富に見えるが、よく見ると大したものはない。

IMG_1669-0720.jpg
チキンニュードルだったけか?
まあ、インスタント麺ね。。。
結局ここで食べたのはこの一回きり。
だって宿の周りは美味いフォー屋がいっぱいあるからここで食べる理由がない。

■その他
受付は2−3人が交代でやっていたが、女の子2人は完璧な英語を話す。
あまりにも完璧なんで???ってなことも(笑)
完璧な対応と笑顔♪
ベトナム人のイメージと違いすぎるので少々びっくり(笑)

一応ツアーデスクもある。
IMG_1674-0720.jpg

ここに宿泊した時に起こったことはここで既に記事にしたのでこれ以上は書かないが、7泊中困ったことや嫌な思いをしたことはなく、快適な滞在であった。

なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、実体験@ハノイ
続・なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、命の値段@ハノイ

位置、料金、部屋の程度、スタッフ・・・どれを取ってもオススメできるポイントばかり。

ハノイでは既におすすめホテルとして2つ紹介してきたが、料金的にはここが一番安く、今後のハノイ滞在はこの3つを適宜選んでいこうと思っている。
杜の都ハノイ(3)ハノイのお勧めホテルParkson Hotelでオレの価値観が変わった?
ハノイおすすめホテルが2つできた。パークソンとビンアン・ホテル、決定的に違うのはシャワールームのドア(笑)《2017ハノイ(5)》

≪大まかな身分別おススメホテル≫
日本では1万円以上のシティー・ホテルが普通:ビン アン ホテル ハノイ (Binh Anh Hotel Hanoi)
東横インクラスで十分:パークソン・ホテル(Parkson Hotel)
日本では安い民宿ばかり;ハノイ・オールドクォーター・ブティック・ホテル/Hanoi Old Quarter Boutique Hotel

オススメです♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、命の値段@ハノイ

今回宿泊したホテルについては帰国後に記事を書く予定だが、なかなかどーしてちゃんとしたwホテルだったってことが分かったんで、そのことを先に書いておこう。

***

昨日UPしたこの記事
なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜実体験@ハノイ

実際に発火して、従業員は「別に火事になったわけじゃないしぃ〜、やばいと思ったら別のコンセント使えばぁ〜?」

オレも日本人の両親のもと日本で生まれ育って50年以上。
日本の価値観ってのはなかなか捨てられるもんじゃないね〜、例え標準的な日本人の価値観からかなり外れていると自覚していても、それは「外れている」だけで「イコール・アジア的ではない」ってことだ。

基本的に「何か悪いことが起こらないために対策を施す」、これを徹底的にやるってのが日本的(欧米的)な価値観であって、アジア的には「何か起こったら処置を施せばいい」ってのが基本的価値観なのかな?
いや「何かが起こっても何もしない」ってことの方が多いような気がするが。。。

実際起こるかどうか分からなこと、滅多には起こらないことにコストを掛けることにかなり消極的。
まぁ、たしかにどんなにコストを掛けて二重三重の防御をしたって100%にはなり得ないってことは、日本人なら実体験があるはず(=原発)。

基本的には「アジアでは命の値段が安い」ってことに尽きる。

***

「東洋では、西洋ほど命の値段が高くない。人口が多いから命が安くなる。命は重要ではないのだ」

これは米軍大将の言葉だが、必ずしも間違ってはいないかも?

上の言葉は3:00あたりから

人口が多いからってのはちょっと違う気もするし、戦時と平時ではまた違った受け止め方をするとは思うが。。。
戦争で殺された立場からみれば「そんなことはない!」と腹がたつだろうが、冷静にみれば「そうかも」と思わざるを得ない現実が目の前にいっぱいある。

ベトナム戦争は「西洋→東洋」だったかもしれないが、今のアジアでは同じアジア人同士、いや同じ国民同士で命を軽んじている。
支配者は被支配者の命などなんとも思っていないのが現状だ。
下層階級(外人含む)など虫けら同然というのはタイの支配層の基本的な考えだろう。

一方、日本人の根底にある命の価値も結構軽いもんだとは思う。
「抜刀隊」
刃の下に死ぬべきぞ 大和魂ある者の 死ぬべき時は今なるぞ 人に遅れて恥掻くな1:42あたりから

これは西南戦争の時の警視隊の歌。のちに「陸軍分列行進曲」となる軍歌。神宮外苑での学徒出陣時にも演奏された哀しい曲でもある。
個人的には、軍歌の中では特筆すべき名曲、と思う。
陸上自衛隊、そして抜刀隊ゆかりの警視庁を含む警察庁が現在も使用している。

最たるものはこれだろう
「海行かば」

この曲は嫌いだ。。。

やっぱり日本もアジアだね〜

お上のために捧げるのだからこそ価値があるんだ〜!という人もいるかもしれないけどね。
現実は犬死っぽいケースも多かったと思う。

中越戦争なんかで死んでいった両人民兵士達も端から見てれば犬死としか思えなかったな〜

やっぱりアジアでは命は安いんだろうね?

***

話が飛びまくっているが、ここから本題。

部屋に貼ってある注意書き
IMG_1973-0416-1.jpg
これが全てかな?(赤字、黄色囲みの注意事項)

日本でなら「節電のために・・・」となるだろうけどね(笑)

正直で大変よろしい!
宿泊客の身の安全を最優先に「正直に電気系統の不具合」を告げて注意喚起しているその姿勢を評価しましょう♪
(外出中は客に被害はなく、ホテルが焼けると経営者が困るからだろーけどw)

安宿中心に泊まっているオレなので、今までに焼け焦げた跡のあるコンセントを見た回数は10-20回では済まない。
つまりコンセントからの出火は日常茶飯事(日本でも少なくない)。

オレの泊まっている部屋は大した部屋では全然ないのだが、なぜかいっぱいスイッチがある。
IMG_1959-0416.jpg
IMG_1958-0416.jpg
いっぱいあるけど、この中で機能するのは3つ(部屋の明かり、バスルームの明かりと換気扇)。

まあ、この3つで十分なんだけど、機能しないスイッチはただ単に電球が切れているのか?それとも配線が焼け落ちているのか?微妙なところだな〜

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、実体験@ハノイ

Twitterでは毎日更新しているので見ている方は既に知っていると思うが、実は11日からソンクラーンを回避するためハノイに来ている。

オレ、タイのこういった行事(宗教系またはそれを問わず)が大嫌い。
特にタイ仏教は坊主含めて嫌いなのだな。

1日だけならまだしも、3日またはそれ以上24時間途切れることなく続く大騒音の中で過ごすと思うと(うちの近所はそういったバ○が多い)耐えられない。。。

想像してごらん?家の真横で昼はロック系歌手のコンサート、夜は盆踊りが3日間続くことを。ついでに深夜〜早朝は近所のバカ高校生がマフラー外したバイクで暴走していることを。
嫌でしょ?

ハノイのバイクとクラクションも相当なものだよ?って???
そお?子守唄にしか聞こえないけどね〜(笑)

書き始めた「クアラルンプールの福建麺の話」の他にも「シンブリー、アユタヤ県庁訪問」「イギリスでの自転車の旅」や「その他タイ情報」と書きたいことは山ほどあるのだが、ここハノイで極楽生活(廃人生活とも言える)をしていると全く筆が進まず。。。

「日本では北のミサイルが着弾する恐怖」に怯えていたであろう15日。
ここハノイのホテルで着弾ならぬ着火を体験した話でも書いて誤魔化しておくか〜

***

4月15日

シャワーを浴びて、髪を乾かそうとドライヤーのプラグを浴室のコンセントに差し込んでスイッチオン。

ぶぉ〜、とまではいかないがまあまあの風力で半分くらい乾いたかな?と思ったその瞬間、ドライヤーのパワーが急激に落ちる。。。

???

ほんの1−2秒後にパワーが復活したのだが、その数秒後にまたパワーダウン

???

と、そのとき異変が視界の片隅に入ってきた。

げげっ、コンセントの内部がパチパチいって炎🔥がうっすらと見えるではないか〜
しかも、黒煙を上げ始め、やばいと瞬時にドライヤーのスイッチオフ

が、内部のパチパチは収まらず、コードを掴んで引っこ抜く。

IMG_1905-0416.jpg
プラグ側

IMG_1906-0416.jpg
コンセント側

うっかりプラグを触ってしまったら火傷するくらい熱かった。
そりゃそうだよね〜200V以上の電流で焼かれたんだから。

以前、日本でドライヤー自体が熱を帯びて、内部の熱線が真っ赤になっていたのは見たことがある。
多分ドライヤー自体がイカれたんだと思うが。。。

海外で日本用100Vのドライヤー(200Vでもスイッチの切り替えで使用可。切り替え忘れた)を使ったときも、瞬時に発熱し危うかったことがあるが、コンセントからの発火は初めてだった。

確かに、ボロ宿に泊まるとコンセントのカバーが焼け焦げているのを何度も(多分10回や20回じゃきかないくらい)見たことはあるが、自分で体験したのは初めてだった。。。


ここまでひどくはなかったけど、この発火初期段階だった。

なるほどね〜、今回の原因は良くわからないけど火事ってこうやって起きるんだ〜って初めて体験しましたよ。

東南アジアの安宿じゃあ、床をささっと掃いて掃除はおしまいなんで、コンセントのカバーを開けての掃除なんて、建物が出来て以来一度もやったことないんだろうね〜

という日本のオレの家(部屋)でもやったことなかったっけ😜

このコンセントの上にある小さな換気扇。
これを見てみると・・・
IMG_1934-0416.jpg
IMG_1933-0416.jpg
コンセントカバーを外して掃除なんてするわけないね〜

ちなみに、部屋の掃除に来た女の子に身振り手振りで状況を説明すると「あっそう〜、じゃあ別のコンセントを使えば〜?😐」と至極基本的な、アジア的な模範解答をいただきましたよ♪

あんたは正しい!
オレもまだまだ日本人だったな〜、まだまだアジア修行が足りない。反省。

皆様お気をつけください。

とは言っても、コンセントの選択の余地がないから気をつけようがないか・・・
命の安〜い国も多いからね。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目次:2017ハノイ【1】

IMG_0042-0301.jpg

【期間】2017年2月13日-17日
【出国便】2/13 VN610 1220 BKK→HAN 1410
【帰国便】2/17 VN613 1605 HAN→BKK 1805

【ルート及び移動手段】
1/13 BKK発、HAN着
1/13-16 ハノイ(泊)
1/17 HAN発、BKK着


【記事】

≪乗り物編≫
ハノイのフォー、半年に一度は食べないとね。。。ベトナム航空でハノイへ《2017ハノイ(1)》《カテゴリー「ベトナム航空」》
う〜ん、残念・・・ニセモノです@ハノイ《2017ハノイ(2)》《当該カテゴリー》
ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術【2】路線バス意外に良い♪《2017ハノイ(3)》《カテゴリー「空港・移動手段」》

ハノイで路線バスに乗ろう♪超簡単で快適・安い♪利用しないと絶対ソン♪タイの路線バスにも応用可能なノウハウを公開《2017ハノイ(4)》《当該カテゴリー》

≪ホテル編≫
ハノイおすすめホテルが2つできた。パークソンとビンアン・ホテル、決定的に違うのはシャワールームのドア(笑)《2017ハノイ(5)》《当該カテゴリー》

≪飲食編≫
コーヒーも美味しいがお茶も絶品、Trà Sâm Dứa(パンダン人参茶)を探し求めて《2017ハノイ(6)》《当該カテゴリー》
【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル・その2《2017ハノイ(7)》《当該カテゴリー》
今回のハノイ滞在で最大の成果!ついに見つけた!これで「世界三大焼きそば(暫定版)」そろい踏み♪《2017ハノイ(8)》《当該カテゴリー》
オバマ前大統領も来店したBún chả Hương Liên(ブンチャー・フオンリエン)《2017ハノイ(9)》《当該カテゴリー》
社会主義万歳!ベトナム共産党万歳!!ビアホイ万歳!!!《2017ハノイ(10)》《当該カテゴリー》

《観光編》
歴史に翻弄され、葬り去られた”栄光の390番”。オレは本当の君の姿を知っている《2017ハノイ(11)》《当該カテゴリー》
マケイン氏撃墜記念碑とカフェB52《2017ハノイ(12)》《当該カテゴリー》
勝てば官軍!・・・ホアロー刑務所跡《2017ハノイ(13)》《当該カテゴリー》

《買い物編》

お土産買って帰るとするか〜INTIMEX(スーパーマーケット)《2017ハノイ(14)》《当該カテゴリー》

《帰国編》
ベトナム航空で余裕の帰国、が・・・555番バスにやられた〜《2017ハノイ(15)》《カテゴリー「ベトナム航空」》
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(2)中型バッグでもやっぱりやられたX線《カテゴリー「入国審査・税関」》

《まとめ・雑感》
ポイ捨てにもマナーがある。ハノイってこういう所だ♪《2017ハノイ(16)》《当該カテゴリー》

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【1】 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポイ捨てにもマナーがある。ハノイってこういう所だ♪《2017ハノイ(16)》

写真が余ったのでもうひと記事

《ハノイのポイ捨てマナー》

ハノイの街は本当にきれい。
それはタイに住んでいるから余計にそう思うんだろうとは思うけど。。。

全くゴミがないわけじゃなく、誰かがこうしてきちんと集めてあるんだよね。
IMG_0067-0401.jpg
多分近所の人がやっているんだと思うけど、いたるところに「ゴミの小山」があって、道全体にゴミが散乱しているタイとは決定的に違うね。

そんなハノイにはポイ捨てだってちゃんとしたルールがある(たぶん)。
喫煙天国ベトナム。
大概の男はスパスパ吸っているし、禁煙な場所はごく少ない。
しかし、なぜか?灰皿が少ないな〜とは思っていたが、吸い終わった吸い殻はみなこうしてポイッと路上に投げるのだ。
IMG_0093-0401.jpg
IMG_0093-0401-1.jpg
火のついた吸い殻

投げ捨てる場所がポイント。
足元に捨てて踏みつけて火を消すのが普通だと思っていたのだが、そうやっている人は比較的少なく、ポイッと道路に投げ捨てる。
要は歩道と車道の際、日本でいうと排水溝の蓋あたり。

こうして捨てるとそのうち火は消えるし、後でまとめて箒で掃く時も手間が省けるし、なにより踏み潰して床が黒くなることを避けられる。

なるほど〜、「ポイ捨てにもマナーがあった」ことを初めて知って感激♪

***

《ハノイの公衆便所事情》

タイで困ることの一つに「公衆便所が少ない」ってことがある。
バンコクのBTSや地下鉄の駅にトイレはない(あるところもある)し、他の場所でもほとんど見かけない。
大都市であればショッピングモールやスーパーに駆け込めばどうにかなるが、それもないとどこかの店に駆け込んでトイレを貸してもらうか、飲みたくもないコーヒーを飲むた羽目になる。

IMG_0141-0401.jpg
が、ハノイではこんな感じでバス停横に公衆便所があることもある(もちろん全部のバス停にあるわけではない)。
公園なんかでも普通に見かける(使っていないのでそれが便所かどうか確認したわけではないが)なかなかやるね〜

こんなところにも「街を清潔に保とう」という考えが見える?(タイとの比較)

《大収穫?》

お茶を買いに行ったドンスアン市場で見かけたもの。
IMG_0236-0401.jpg
IMG_0236-0401-1.jpeg

大収穫ですね〜、身にもハエがいっぱいだが、まあどうせ焼いて食べるんだから気にしないけど。。。

《やっぱり犬猫は少ないが・・・》

これもタイとの比較。
タイは野犬がとにかく多くて困りもの。
夜は完全に彼らの世界だからね。。。

それに比べハノイではあまり野犬を見ない(猫はそれなりにいる)。
タイや近隣諸国から食用の犬を輸入(密輸)しているくらいだから、まあ納得。

そうなると、犬用品は需要がないのでハノイでは売っていないのか?
いえいえ、ちゃんと売っているし活用しているみたいですよ♪
IMG_0239-0401-1.jpg

《食べ物のコストパフォーマンス(タイ比)》

フォーは店の格式や具によってさまざまだが35,000-50,000ドンが標準的。
その他の麺類やぶっかけ飯系も似たようなもの。
これは175-250円相当。

一方、タイではクイッティアオ系で40-50バーツが標準的。
ぶっかけ飯系も品数によるがまあそんなもの。
これは120-150円相当。まあ、1食200円以内ってとこかな?

これだけ見るとタイのほうが圧倒的によさそうだが、コストパフォーマンスはコストだけじゃないよね?
そう、ベトナムの1食の量はタイの2倍前後はある。

麺類もご飯ものも量は2倍、つまり、一品だけでお腹いっぱいになれる。
これはホテル近くの飯屋。
IMG_0248-0401.jpg
IMG_0247-0401.jpg
仕組みはタイのぶっかけ飯屋と同じだが、日本人的にはこっちの方が旨そうに見える。。。

御飯+3品のおかずで40,000ドン、つまり200円。
IMG_0245-0401.jpg

違いはこの御飯の量。
これ、間違いなくタイの2倍以上あるよね~?
しかも、ベトナムの米は箸で食べられるほど粘度があり、味も日本の米に近い。

コスパはベトナムの勝かな?

《ハノイってどういうとこ?》

この質問に最適なのはこれかな?

ホーチミンも同じ。

おしまい

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【1】 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT