脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めてのKLIA2、おぉ〜ここが”まさお”がヤられた場所か〜ほか

順序が逆になってしまったが、クアラルンプール空港(KLIA2)に降り立った時のこともちょっと書いておく。

今回降り立ったのがKLIA2。
事前にネットでチェックしていた時に頻繁に出てきた単語で、最初はあのLCCターミナルの別の呼び名なのかと思った。

***

LCCターミナルの思い出(運用期間:2006年3月〜2014年5月)
2008年1月、エアアジアでここに降り立った時のこと。

着陸後に窓から見えるターミナルビルからかなり離れた倉庫のような場所に到着。
えっ???
ここはどこ〜???
状態になったことを思い出した。

当時はスマホはおろか、PCも持ち歩いていなかったし、本屋で立ち読みした(?)地球の歩き方にもそんな情報は載っていなかった(古いのを読んだのか?)

今では当たり前のようになったLCCの倉庫ターミナル。
が、そのころはそんな知識も全くなくオロオロしていた自分がいた。

結局、周りに聞いてメインターミナルビルまでのバスに乗ってほっ
そんな思い出のLCCターミナルはすでに閉鎖され、新たにこのKLIA2を作ったらしい。

LCCの躍進凄まじい。

***

なので、ここKLIA2は初めて。
以前のLCCターミナルとは比較にならないくら立派で、これはもう他の空港ならメインで十分通じるレベル。
IMG_0608-0420.jpg

サテライトの方に着いたので、イミグレまではかなり歩かされた。
特に問題もなくイミグレ&税関通過。

出たところでスマホ用simを買おうとするも、手持ちのリンギットが少なく(以前の余りを持って行った)、店員に「銀行で両替したいけどどこ?」と聞くと左の方を指差す。

周りを見ながら進むが、あるのはsim屋ばかり。。。
ついに一番端まで来てしまったが銀行はない?

と、すぐ横に薄暗いターミナルビルの中で結構目立つ施設があった。

ん?ん〜ん〜???
これどっかで見た記憶があるな〜???
なんだっけ???
IMG_0611-0403.jpg
Clinic?
そうだ!ここ最近毎日見ていたニュースに出ていた場所、そう正男こと”まさお”が担ぎ込まれた空港内のクリニックだった。

ちなみにやられたのは出発ロビー。
IMG_0752-0403.jpg
IMG_0755-0403.jpg
ここかどうかは知らないけど、こんなような所だったよね?

新聞報道などでは「親しみやすかった」「新橋でサラーリマンと酒を飲んだことが思い出」とか超好意的に書いてあることが多いが、チョーセンジンに限っては全く信用できないね。
今回の事件は、ただ単にチョーセンジンが一人減ったってことだ。

***

帰り便もAirAsia
KLセントラル駅からバスでKLIA2着。

”まさお”襲撃現場をみながらチェックイン。
と言っても既にweb-チェックインしていたので、そのまま出国審査へ。

しかし、このKLIA2は並のLCC専用ターミナルじゃないね〜
広いし、免税店やブランドショップが下手な空港より多い。
さすが、LCCの雄エアアジアの本拠地だ。

帰国便はFD314 1535 KUL→DMK 1705
30分前に折り返し便が到着
IMG_0764-0420.jpg

搭乗率は8割強ってとこか?
IMG_0766-0420.jpg
IMG_0765-0420.jpg
相変わらず狭いシートピッチ。
まあ、シートピッチだけじゃないとは思う。
spec上は同じシートピッチでも、座席の作りやシートの厚みなんかで膝が当たるかどうかが変わってくるんだろうが、エアアジアはとにかく窮屈。それは座席幅にも言える。

IMG_0767-0420.jpg
ほぼ定刻にドンムアン着。

税関の話はここ↓で書いた。

続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(3)5回連続は回避

***

荷物はザック一つだったのでバスで帰ることに。
IMG_0768-0420.jpg
何でもかんでもバス、バス、バス!って言ってる人もいるようだけど、こういうのは臨機応変に対応するのが良いね♪
IMG_0769-0420.jpg

しかも、待たずにすぐ来た来たA2バス(戦勝記念塔行き)はご覧の通りガラガラ。
IMG_0770-0420.jpg
これギュウギュウだったら乗らずにタクシー待っていたかもしれないけど、これだけ空いてりゃあ乗らないわけには行かないよね〜

IMG_0771-0420.jpg
夕闇迫る戦勝記念塔。
これを見ると「帰ってきたな〜、家は近い♪」って思う。

こうして2泊3日の「福建麺を食べにだけ行く、クアラルンプール・チャイナタウンへの旅」はおしまい。

***

余った写真をちょっと紹介。

KLIA2のターミナルビルに内にいた案内係のおじさん
途中市内へのバスや電車乗り場へのルートが分からなくなったらこんなおじさんが立っているので聞いてみるのも良い。
IMG_0612-0407.jpg
IMG_0612-0408-1.jpg
親切だね?マレーシアってw

***

帰りに汗かいたんで搭乗ゲート近くのトイレで着替えをしていた時のこと。
広めの個室になにやら赤い紐が・・・
IMG_0757-0410.jpg
IMG_0762-0420.jpg
天井から垂れ下がっている。。。

昔の便所みたいに「水を流す時に引っ張る紐?」かと思ったが、あまりにも細く頼りない紐。

引っ張ってみたい衝動に駆られたが、理性で踏ん張る(笑)
これって何の紐だろうね〜?
もしかして緊急時に引っ張ると警報が鳴るとか???
説明書きが無かったんで未だに不明。

***

マレーシアのバイクのナンバープレートってリヤはもちろん、フロントの泥除けガードにも付いているんだよね。
IMG_0701-0420.jpg
IMG_0702-0420.jpg
なんだか、ドイツ軍みたいでカッコイイ〜
えっ?ドイツ軍みたいってどーいうことか?って?

これがドイツ軍のサイドカー
IMG_1422-0420.jpg
@ロンドンの帝国戦争博物館

なんとなく似てるよね〜?(笑)

***

最後にKLIA2喫煙所情報

基本的には全館禁煙。
1、一番外の車の乗り入れができる場所(道路)の両端に喫煙所はある。
klia2-1.png
が到着ホール(2階)で税関抜けて出てくる場所。
そこからまっすぐ歩くとショッピングモールのようなビルに入り、そこを突き抜けた先のドアの外にある(⭕️印)。
IMG_0614-0408.jpg

2、出発時に便利なのがここ。
ここに到達するまで随分歩かされるが、チェックインカウンターがあるメインのビルの入り口を入る手前を右に行った場所にある。
klia2.png

IMG_0751-0420.jpg

入り口から見たところ
IMG_0748-0420.jpg

ここは展望デッキも兼ねているんで、飛行機でも眺めながらゆっくり一服してください♪
IMG_0750-0420.jpg

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 空港情報・移動手段 | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術【2】路線バス意外に良い♪《2017ハノイ(3)》

以前書いた空港から市内への移動術。

第1話:ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術

要は、ベトナムのタクシーはトラブルが多く(タイの比ではない)、T2→T1に移動した上で乗り合いバン(40,000ドン)がベストだということを書いた。

ターミナル1=国内線(以下「T1」と表記)
ターミナル2=国際線(以下「T2」と表記)


当時もバス路線があるのは知っていたが、下調べが苦手なオレはルートや終点がどこなのか?よくわからなかったので利用しなかった。

今回は往復で2経路利用してみた結果、これがベスト(宿泊先のホテルの位置による)だと分かったので再度まとめてみる。

ハノイのホテルはここ👇から予約♪

オススメは左欄外♪参考にしてね。

***

「ハノイ 空港 市内 バス」で検索すると、有益な情報がいっぱいヒット。

1、空港⇔市内路線バスのベストルート

(1)86番:30,000ドン/約150円(空港⇔ロンビエン⇔ハノイ駅)
T1,2から発着(T1→T2の順に停車)

(2)17番: 9,000ドン/45円(空港⇔ロンビエン)
T1からのみ発着。

おそらく多くの旅行者はホアンキエム湖周辺の「旧市街地」に宿泊しているので、この2路線が便利。
これ以外にも別のバスターミナル行きの路線があるようだが、今回乗ったのがこの2路線で、この2路線が利用できれば十分か?と思う。

他の路線は「ハノイ 空港 市内 バス」で検索してください。

参考までに位置関係を貼っておく。

赤のピン:ロンビエン・バスステーション(86番停車、17番の終点&始発)
緑のピン:ハノイ駅(86番の終点&始発)
黒のピン(北方面):ハノイ・ノイバイ空港

最短ルートで行くと「空港/市内(ロンビエン・バスターミナル)」の距離は26-27km。

***

2、86番乗車実録(往路:空港→旧市街/ロンビエンバスターミナル)

T2前は相変わらずごちゃごちゃしているので、すっきりしたT1へ移動する。
IMG_9985-0225.jpg

👉T2→T1に移動するメリット
1、86番バスはT1→T2→市内へと移動する。
T2からも乗車できるが混雑により座れない可能性がある(実際に座れない人が多数いた)。

2、17番バスはT1からしか発着していない。

3、そんなメリットのあるT1へは無料バスで移動できる(所要5−10分程度)
T2(1階=到着ロービー)からはビルを出て右方向の手前のレーンから発着している。

この日はT1から17番バスに乗るつもりで、T2→T1へ移動。
が、17番バスの乗り場へ行く途中に86番バスが停車していたのを見て気が変わり86番に乗ることにした。
IMG_9990-0306r.jpg

👉T1バス乗り場
86バス乗り場
T1ターミナルビル1階を出て一つ島を渡って右方向に進む。
色んなバスやバンが停まっているが、だいたい上の地図あたり。86番はオレンジ色のバス。

👉T2バス乗り場
T1を出たバスは次にT2にも停車する。
乗り場はターミナルビルを出て一つ島を渡った左方向(昨年は右方向にあったが、最近変更されたようだ)。
色んな情報によると2番柱あたりらしい。バス職員?が立っていて呼び込み?している場合もあるので分かりやすい。

👉86番バスの特徴
・バス停が少なく、短時間で市内へ行ける。
・その分、普通の路線バスより運賃が高い(30,000ドン≒150円、通常の路線バスの3倍以上、チケットの紙質がいいw)。
IMG_9992-0306.jpg
・つまり、日本でいう「空港高速バス」のようなもの。
・車掌には普通に英語が通じる。
・荷物置き場スペースが広く、大きなスーツケースを持ち込んでも問題ない。
IMG_9991-0306.jpg

👉86番バスルート
ほぼ一直線で市内に入るルート。途中バス停もあったがほんのわずか。
高速道路並みに整備された道をフルスピードで走り抜け、ロンビエンバスターミナルまでの所要時間は30分もかからなかった(標準では40分らしい)

➡️86番の詳しいルート、バス停情報は最下段へ。

IMG_9994-0306.jpg
大きな川を越えたら市内

あっという間にロンビエンバスターミナル

ここはハノイ旧市街の入り口で、ここから路線バス8番に乗り継いで宿泊先のパークソンホテルまでスムースだった。

おすすめです、86番バス。

3、17番乗車実録(復路:旧市街/ロンビエンバスターミナル→空港)

一方、86番バスと正反対なのが17番バス。

👉17番バスの特徴
・バス停が多く、空港⇔市内間は1時間半程度かかる。
・その分、運賃が安い(9,000ドン≒45円、86番バスの1/3以下)。
・つまり、街中を走っている普通の路線バス。
・車掌に英語は通じない(多分。エアポートくらいは通じたw)。
・普通の路線バスなので荷物置き場スペースは無く、大きなスーツケースは持ち込めない。小型のスーツケースや足元に収納できるサイズなら問題ない(*1)

(*1)他のサイト情報だと、ハノイバスは10kg以上の荷物及び30✕40✕60cm以上の荷物の持ち込みは禁止されているらしい。つまりこのサイズ以内なら混雑具合にもよるが持ち込めると思われる。

今回は市内(ロンビエンバスターミナル)から空港のルートに乗ったので順に紹介する。

👉ロンビエンバスターミナルでの乗り場
IMG_0234-0306.jpg

E3.3乗り場。バスは方角的に空港とは逆の方向へ一旦走り出すので、イメージしている方角とは逆側。

👉17番バスルート
最初は空港とは逆の南に向かって走る。
そのうち東に方向を変え、ハノイ郊外の田舎町を走っていく。
普通の庶民が利用するバスなので、バス停は多い。

の〜んびり行くには最適で、途中田舎町ではノンラーを被った農夫が田植えしていて「あぁ〜ベトナム〜」なんていう風景を堪能できる。

➡️17番の詳しいルート、バス停情報は最下段へ。

👉T1バス降り場&乗り場
IMG_0305-0306.jpg
17番バスはT2には乗り入れていないので、T1のバス停のみ。
場所はここ。
17番バス乗り場
IMG_0304-0306.jpg
公衆便所の横がバス停。

***

86番、17番の詳しいルート、バス停情報
ほぼ完璧なルート、バス停情報等を解説をされている記事がある。

ノイバイ空港からハノイ市内への市バスでの行き方

なになに?こんな完璧な情報があるんなら先に教えろ!って?
このリンク先に貼ったら、誰もオレの記事を読んでくれなくなるじゃないか〜(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 空港情報・移動手段 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

基本的には全くおすすめしないけど、初めてバスでドンムアン空港へ

『2016年12月のイサーン+ラオ周遊記』スタートします。

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

12月11日(日)

当初7:00amにアパートを出ようと思っていたが、部屋の掃除をしていたら8:00am近くなってしまった。

今日は涼しいし小さめのザック一つだったし、時間的にも余裕があったので、初めてバスでドンムアン空港へ向かおうとしていた。

しばらく歩くと「グッドモーニン〜グ」という声が後ろから聞こえたと思ったら、以前紹介したアパートの初代守衛だった。市場に行くから乗ってきな♪
バイクの後ろに乗せてもらいバス停まで。
IMG_8867-1213m.jpg

来たバスは12番の無料バス。
IMG_8868-1213.jpg

おぉ〜、今日は朝から無料二連ちゃんで幸先いいな〜♪

戦勝記念塔でドンムアン空港行きの高速バスA2を待つ。
途中、ドンムアンと行き先(経由地)が書かれたバスが何台か目の前を通ったが、25分待って来たA2に乗り込む。
IMG_8876-1213.jpg

概ね30分で空港着。高速使ってバス停も少ないけど30バーツと割高運賃。
IMG_8877-1213.jpg

空港横の高速に並行して建設中の新線。
なんだか駅っぽいのが出来つつあるように見えるね(第二ターミナルの端っこよりちょっと先)、詳しくは知らないけど。
IMG_8880-1213.jpg

《初めてドンムアン空港へバスで行った感想》
普段利用しているタクシーと今回のバスの差

・トータル的に費用は最小限に抑えられるが、乗り継ぎが面倒で時間が掛かる。
・住んでいる場所または宿泊先のホテルの位置関係によるが、暑い季節や荷物が多い場合はかなり大変。
・LCCに乗って日本往復すれば万単位の節約になるが、空港までの移動手段でケチっても300円程度の差(場所による)。
・汗流してひいひい言って300円程度の差なら、タクシーのコスパは良い(元々タイのタクシーは安い)。
・今回は荷物が少なく、時間的余裕があったので初めてバスを利用したが、例えば日本往復の際にも利用するかといえば、答えは「否」。安いものには必ず理由があるってこと。使い分けが必要。

※価値観は人それぞれです。バスを利用している人の価値観を否定しているわけではなく、オレだったらこうすると言うこと。

***

フライトまで2時間あるので、まずは朝飯。

以前から気になっていた新第2ターミナルの南端(2階)にあるマジックフードパークに行ってみた。
最近のドンムアンは早朝が多くて、いつも開店前だったので今回が初訪問。

真逆の北端(第1ターミナルのもっと北)の駐車場の中にあるマジックフードには何度も行ったが、エアコンの効きが貧弱かつ客のほとんどが人民で、いるだけで不快な場所だったな〜55

新しい第2ターミナルのマジックフードポイントは、さすがに新しくてきれいだけど入っている店は大したことない。。。
だから標準価格で食べれるんだろうけど。。。

空港のフードコートの朝食はガオラオで決まり。
IMG_8879-1213.jpg

えっ?あんた朝食以外もいつもガオラオじゃなかったっけ?って?

まあね。。。

スワンナプームのマジックフード内にあるガオラオが一番美味しいけど、まあ朝食としてはガオラオが無難かな?

食後一服してセキュリティーチェックへ

まあまあ混んでたかな?

今回のバッグはこのThe North Face Fuse Box一つだけ。
IMG_8896-1213.jpg

30リッター(46×33×15cm/ 1,085g)あるんで、1週間程度の旅にはぴったり。
基本的には街使い用なんだろうけど、長方形でスッキリしてるんでロットトゥに乗っても荷物が邪魔にならなくていいね〜♪

[ザ・ノース・フェイス] リュック BC FUSE BOX NM81630 K ブラック

さて、そろそろ搭乗時刻だ。

***

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった○○の”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング



“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

| 空港情報・移動手段 | 00:05 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すすきのから新千歳空港へ、あなたはバス派?それとも電車派?

タイはもちろん、札幌もagodaで格安ホテル検索

結局、札幌→東京は安さで一番だったJetstarを予約。

最近Jetstarを利用する機会が多いが、直前でもかなり安いのが理由か?

比較的最近ばかりで今回が4回目だがそのうち成田・新千歳間が3回と多い。
1時間前後の短距離フライトなら「料金重視」が当然かな?

出発時刻は9:30am
空港へはバスで行こうか電車で行こうか迷ったが、宿泊先の「東横インすすきの交差点」のほぼ真前に空港行きのバス停があるのを知って、たまにはバスで行ってみようと(いつもは電車)と思った。

今回初めて乗った「すすきの→新千歳空港」バス。
備忘録として記録しておく。

***

9月14日(水)

7:09amすすきの交差点発の空港行きバスに乗る。
空港までの料金は1,030円、所要時間は1時間9分(HPより)。
「東横インすすきの交差点」の目の前で超便利。
すすきのバス停

すすきの交差点からの時刻表

注意:この時刻表に乗っているのは中央バスと北都交通の2社なのだが、ICカードが使えるのは中央バスのみ。

このバス南東方向に進んでいくのだが、一般道を通って延々とバス停に停車していく。
なので時間帯によっては渋滞→遅延に注意

やっと高速に乗ったかと思ったらあっという間に新千歳空港着。
つまり高速を走るのは最後の最後の区間のみ。

同じ時間帯に電車で行った場合の所要時間と料金を比較してみよう。

【すすきの→新千歳空港/電車・バス比較】

条件:東横インすすきのを7:00amにチェックアウトして新千歳空港国内線ターミナルへ行く。

【バス】
7:09am すすきのバス停発
8:18am 新千歳空港国内線ターミナル着

料金:1,030円

大きな荷物も車内に持ち込み、最前列の荷物置き場に置く(最前列の4シートは荷物置き場としている)。
ただし、7:09発の北都交通の場合。他の便の詳細は不明。

【電車】
7:06am 地下鉄南北線すすきの駅発
7:10am 地下鉄南北線さっぽろ駅着・・・200円
7:16am JR札幌駅発(*1)
7:55am JR新千歳空港着・・・1,070円

(*1)地下鉄さっぽろ駅とJR札幌駅間はかなり距離があるので、7:16amに乗り継ぐのは困難かもしれない。その場合は
7:33am JR札幌駅発
8:12am JR新千歳空港着・・・1,070円
となる。

合計運賃:1,270円

駅探調べ

***

《所用時間比較》
バス:1時間9分
電車:49分(最短)〜1時間6分

電車の勝ち♪

《運賃比較》
バス:1,030円
電車:1,270円

バスの勝ち♪

どうやら引き分けのようです。。。

《数値にはできない比較》

バス
バス停まで近い、階段の上り下りなし、バスに乗ったらそのまま新千歳空港国内線ターミナルに横付け。
ただし、道路事情によっては遅延の可能性ある。

電車
・地下鉄の上り下りあり(エスカレーターはあまりない)、さっぽろ(地下鉄)→札幌(JR)間の乗り換え必要かつ距離あり。新千歳空港の駅含めて、混雑時にはスムースな乗降ができない可能性もあり、ギリギリで設定していると予定していた時刻に到着できない可能性あり。
電車自体の運行はバスより正確。

***

バス、電車一長一短あり、出発時刻、ホテルの位置、荷物の多寡、時間的余裕度によって使い分けるのが賢明か?

さて、あなたはどっちに乗りますか?


“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 空港情報・移動手段 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イオンモール成田で最後の爆買いを♪成田空港からの有料・無料の行き方を紹介(付録:成田観光案内)

札幌滞在の記事がまだだけど。。。
東横インの記事を書いたついでにイオンモールの記事を書いておく。

***

今回の資材調達は、基本の食料品(調味料・乾物が中心)は近所のイオンで済ませておいた。

最後にどーしても調達しておきたかった物があったけど、重量物なので自宅→空港までの運搬が大変で、それなら成田のイオンモールで買えばいいんじゃない?と思って行ってきた。

いろんな行き方があったんでココに紹介しよう♪



【イオンカードで5%引き(毎月20日と30日)、さらに免税で8%引き。】

1、【イオンモール成田の場所】


最寄駅は「JR成田駅」または「京成成田駅」。
距離にして3km弱、徒歩30分近くかかる。

行きは歩きでも良いのだが、帰りは荷物もあるのでなんらかの乗り物に乗らないと辛いね。。。

2、【交通手段(行き)】

今回のオレは
「東横イン→(無料バス)→成田空港→(有料バス)→イオンモール→(有料バス)→成田空港→(徒歩)→東横イン」というルートを使った。
ちょっと面倒だったかな?

(1)《無料で行く方法》

以前は空港からも無料バスが出ていたようだが、今は有料になっている。
現時点では、どんなに調べても無料で行く方法はなかったのだが、一つだけあった♪

それは「成田空港近郊のホテルの無料バス」を利用する方法。
これには前泊する必要があるけど。。。

では、近郊のホテルなら全てのホテルに「イオンモール行きの無料バス」があるのか?
答えは「否」

これはイオンモールにあった「ホテル送迎バス」の一覧。
IMG_8515-1001.jpg
現時点でホテル⇔イオンモール成田の送迎をしているホテルは以下の通り。

インターナショナル・ガーデンホテル
ヒルトン成田
成田ゲートウェイホテル
成田ビューホテル
ホテル日航成田
ANAクラウンプラザホテル成田
マロウドインターナショナルホテル成田
ラディソンホテル成田
成田東武ホテルエアポート
成田エクセルホテル東急

このうちオレが泊まったことのあるホテルは成田ビューホテル成田エクセルホテル東急だけ。

成田ビューホテルは時々激安料金を出しているけど、他のホテルはなんとな〜く高級そうで、わざわざ無料バスに乗るためにこれらのホテルに泊まるのは本末転倒のような気がするね。。。

まあ、これらのホテルに宿泊する機会があって、時間を持て余した時は無料バスでイオンモールに行って時間つぶしをするのも一考かな?

ただし、下の時刻表(2016/9/27現在のイオンモール発)の通り、便数はそれほど多くないので注意
IMG_8516-1001.jpg

(2)《有料で行く方法》

①JR/京成成田駅から

京成成田駅側のバス停6番から発着。京成側といってもJRとの間は3分程度で行き来できるんでどっちでも降りても問題無し。

運賃:210円(ICカード206円)
所要時間:約10分、約15分おきに出ているようなので便利♪

京成成田駅⇔イオンモール時刻表

付録-1、ついでにうなぎでも♪

このバス、一方通行の影響か?行きと帰りでは若干違うルートを通るようだが、オレが乗った帰りはこんなルートだった。
イオンバスルート
つまり成田山新勝寺の参道を通る道で、うなぎの川豊の前を通る。
せっかく成田に来たのなら、「成田山新勝寺に参拝して、うなぎを食べる」という成田の王道を体験してみれば?

②成田空港から

一応バスはあることはあるのだが、空港発は8本/日とド田舎のバス並み。。。
まあ、この辺りはど田舎だからしょうがないのかな〜55

乗り場
第1ターミナル:30番のりば
第2ターミナル:3番のりば

運賃:250円(ICカード利用不可)
所要時間:約20-25分

空港⇔イオンモール成田の時刻表はこちら

オレは第1ターミナルから乗ったんで、もうちょっと具体的に書いてみる。

《バスのりば》
バスのりば

30番のりばは1階の出口を出て右隅の方。
右に歩いて行くと7→8→9・・・とのりばが続いていて、30番までどれだけ歩くんだ〜!と思うかもしれないけど、13番の次が30番なんで安心してね55
IMG_8500-1002.jpg

この先の31番は「いわゆる1000円バス」の乗り場なんでみなさんよくご存知だとは思うけど。
IMG_8501-1002-1.jpg

付録-2、30番のりばから出ている路線バス

この30番のりばって初めて来たけど、いろんな方面に出ているんだね〜
IMG_8499-1002.jpg
IMG_8504-1002.jpg

中でも航空科学博物館には一度行ってみたいね〜

***

で、バスを待つこと数分・・・やって来ました♪
乗るのも恥ずかしいこのバス55
IMG_8506-1002.jpg
これがイオンモール行きのバスです・・・

乗客のほとんどが外国人風。
オレの後ろの席にはタイの老夫婦が座っておしゃべりしていました。

第1ターミナルからだと約25分でイオンモール成田に到着。
IMG_8512-1002.jpg

付録-3、イオンモールの周りには食べ物屋がいっぱい

イオンで買い物をした後、日本最後の食事をしようとモール内を徘徊。
モール内の飲食店(全37店)

ここは安くて種類も多かったんで一瞬入ろうかと思ったけど、これからタイに戻るんだよな〜と思い直す。。。
IMG_8507-1002.jpg

モール内にあったサイゼリアにも惹かれたが、モールの周りにいろんな店があったことをここに来るバスから見ていたんで、モールの外に出る。
スシローは店外まで列ができていた(ちょっと遠いけど)、びっくりドンキーでハンバーグもいいな〜(ここもちょっと遠い)。。。

で、一番近場で妥協したのがここ
IMG_8509-1002-2.jpg
IMG_8509-1002-1.jpg

イオンモールとは大通り(408号線)を挟んだ真ん前。

最後はやっぱりウニだよね〜55
IMG_8510-1002.jpg
一皿二貫で100円(ウニやイクラは一貫)で9皿食べたけど、900円(税別)ってのは本当に安いね〜♪

もうこれで思い残すことはないかな?55

***

さて、買うものも買ったし食べるものも食べたんでホテルに戻りますか〜

3、【交通手段(帰り)】

《イオンモール→成田駅のバスのりば&時刻表》
①成田空港行き
時刻表はここ

②成田駅行き
時刻表はここ

のりばはここ
IMG_8517-1002.jpg

成田駅行きは2と4の2箇所あるが、4の方(イオンスーパー側)が始発のようなのでこっちから乗った方が良い。
理由:爆買いしている人民がいると、あっという間に満員になってしまうから(人+荷物)。

今回は最初に書いた通り、成田空港⇔イオンモール間のバスは本数が少なく、タイミングが合わなかったので「イオンモール→(有料バス)→成田駅→(電車)→第2ターミナル」の順で移動。

さらに「第2ターミナル→(無料バス)→第3ターミナル→(徒歩)→ホテル」と移動した。
結構時間かかったな〜。

イオンで買ったものはこれ(箱と中身は別物)。
IMG_8519-1002.jpg

第2ターミナルの喫煙所の外に置いていたら、警官が段ボール箱に近づいてきたんで慌てて「あっ、それオレのです〜」って言っておいた55
お勤めご苦労様です♪

***

いかがでしたか?

普通の方々は自宅→空港へ早く、安く行く方法ばかり考えていると思うけど、時間にゆとりのある方は成田空港近くのホテルに前泊してショッピング&成田観光してみてはいかがでしょうか?

イオンモールについてもっと詳しく知りたい方はイオンモール成田公式HPで♪

せっかく成田空港に何度も来ても、成田は全く知らないなんて勿体なさすぎるね〜♪


“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 空港情報・移動手段 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT