脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

90日レポート、90日目に出国する場合は申請が必要なのか???

タイ・リタイアメントVISA関連記事の目次は↓
目次:実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」「リエントリー・パミット」「90日レポート」への道

6/13に入国してもうすぐ3ヶ月。
ということは90日レポートが迫っていた。

2014年の大晦日にバンコクに引っ越して来て以来、まだ一度しかやったことがない90日レポート。
理由はもちろん「90日以上連続してタイに滞在していない」から。
つまり、2ヶ月に一度の頻度で国外脱出しているから。

そんなオレだが、なんだか最近はやることがあったり、どこに行っても暑そうで出かける気が失せていた。



が、先日記事にしたように、急遽日本に向かうことになって気になったのは90日レポートをやる(提出する)必要があるのか?ということ。

以前の90日レポートの記事にも書いたが、
The notification must be made within 15 days before or after 7 days the period of 90 days expires.
申請は90日目を基準に15日前から7日後まで。

「物語」90日レポート♪黄昏ショッピングモール・・・ラートプラオ(1)
「物語」90日レポート♪黄昏ショッピングモール・・・ラートプラオ(2)

タイ入国90日目に出国する場合、90日レポートは必要なのか?

発券した日本行きのチケットは9/10発。

さて、90日レポートに引っかかるのか?
指折数えてみると・・・

6月=18日間滞在
7月=31日間滞在
8月=31日間滞在

ここまでで80日、ってことは滞在90日目というのは9/10、そう出国日じゃないか〜

これって90日レポート必要なんだろうか???

日本語では簡単に90日レポートと言っているが、正式な名称は
การรับแจ้งอยู่ในราชอาณาจักร เกิน 90 วัน
Notification of staying in the Kingdom over 90 days

「90日を越えて王国に居住している通知」

タイ語で เกิน 90 วัน、英語でover 90 days
タイ語のเกินって90日を「超える」って意味だから90日を含まない=91日以上って意味?
英語のoverも90日を含まない=91日以上って意味?

???

おそらく「90日までは何もしなくていいけど、それより長く(91日以上)滞在しているやつはちゃんとビザ申請の際の住所に住んでいることを再確認しなきゃならん」ということなのだろうか?

???

じゃあ、90日目に出国するオレは申請しなくていいのか?

???

多分90日目に出国すれば問題ない。
その根拠はイミグレHP上のこの記載。

これは申請が可能な(罰金対象にならない)申請期間の記載。
The notification must be made within 15 days before or after 7 days the period of 90 days expires.

ポイントは最後の赤字。
90日の期限が切れる・・・

つまり90日目までは有効期限内だってことじゃないかな?
有効期限内に出国すれば問題ないはずだよね?

念のためタイ語でも確認
คนต่างด้าวสามารถแจ้งที่พักอาศัยได้ ก่อน 15 วันหรือหลัง 7 วัน นับจากวันครบกำหนด หากเกินกำหนดนัด หรือเกินกำหนดที่จะต้องแจ้งที่พัก คนต่างด้าวต้องมารายงานตัวด้วยตนเองเพื่อดำเนินการเปรียบเทียบปรับ โดยจะถูกเปรียบเทียบปรับ 2,000 บาท
期間満了日

やっぱり90日目が「期間満了日」なんで90日目に出国する場合は90日レポートは必要ないことになる。

厳重注意:ここに記載した内容はあくまでも文・単語の位置付けからの推定であって、実際の運用は一切確認していません。特にタイは「決め事」と「実際の運用」には大きな乖離があることがしばしばです。したがって、この通りに実行してなんらかの不利益を被っても当方は一切責任を取りません。

ラートプラオのイミグレに行く

分かったようで実はよく分からなかったが、まあ取り敢えずやってしまった方いいだろう。
ボーダーライン上にいる場合は、どっちに転んでも良いような準備をしておく、これ常識ね。
違反してると罰金の対象になるし。

念のため係官に聞いてみよう。

ということで、比較的近いラートプラオ(他の記事ではラップラオと表記されることが多い)のイミグレに約2年ぶりに訪問した。

137番のバスに乗ってインペリアルワールドという「黄昏ショッピングモール」へ。
IMG_2743-0908.jpg

約2年ぶりに来たが、相変わらず黄昏ているしエスカレーターも一部動いていない。
ここ、いつまで持つのかね〜?

4階にあるアイススケートリンクは存続していた。
IMG_2753-0908.jpg
せっかくのセレブのスポーツも、ここでやっていてはかなり格が落ちそうな感じ(笑)

さて、薄暗い館内を歩いてイミグレへ
IMG_2748-0908.jpg

着いたのが13:20くらい。
13:30まで休憩時間だったようだが受付は始まっていた。

「90日レポート」と言って申請書と受付番号の札を受け取る。
IMG_2749-0908.jpg

書く項目が極端に少ないのであっという間に記入を終えると、係官が「○○○番からXXX番はここに並んで」「▲▲▲番から□□□番はここ」と指示してきたので指示通り並ぶ。

ここはインペリアルワールド内のイミグレは、基本的にミャンマー・ラオス・カンボジアパスポート保持者の労働許可の申請に特化されているので90%はそれらのパスポート所持者。
基本的にタイに半永住しているので、タイ語もペラペラ。

係官は皆タイ語で指示を飛ばしている。

さて、7−8人の列に並ぶとあっという間に自分の番に来た。

持ってきたのは「パスポート原本」「TM.6(出入国カード)の原本」のみ。
コピー類や写真は一切不要。
これと、その場でもらった申請書(TM.47)を一緒に差し出した。

これは約2年前の自分の記事を読みなおして確認しておいた。
役立つね〜オレのマニュアル(笑)

すると、係官が「タイ語はできますか?」と。。。
なんだ〜???
TM.30がらみ???

ちょっと緊張しながら「ハイできます」と答えると、超ハイスピードのタイ語が10秒ほど。。。
???
半分分かったが半分分からず。
「あのー、それって私のパスポートの期限のことでしょうか?」
「そうよ」

つまり、オレのパスポートは2018年の6月で失効するんで、「早めにパスポートを切り替えて、ジェーンワッタナーのイミグレでビザの移し替えをしておいてね」ということだったようだ。

ということで、超あっさり90日レポート完了♪
IMG_2751-0908-m.jpg

これでドキドキせずに10日の出国ができそうだ。
めでたしめでたし。

あっ、変な質問を受けて一瞬頭が真っ白になってしまったので「90日目の出国」について聞くの忘れてた〜
気がついたのは帰りのバスの中だった。。。

役立たずでスミマセン。。。

90日レポート・2017年版

最後に2017年のインペリアル・ワールドのイミグレ(ラートプラオ)での実績をまとめておく。

■イミグレの場所

バスで行く場合、降りる場所は「インペリアル・ワールド/imperial world」or「Big-Cラートプラオ」。

建物に向かって右側の入り口から入ると分かり易い。
IMG_2744-0908.jpg

手前のエスカレータで2階に行き、そこから奥まで進んでエスカレーターで5階へ。
IMG_2746-0908.jpg

エスカレーター降りたら右前方をずんずん進むと、奥まった先にある。
IMG_2747-0908.jpg

■開館時間
08:30-12:30
13:30-18:30
12:30-13:30は昼休み

■必要なもの
1、TM.47(90日レポートの申請書、当日入り口の受付でもらう、写真は不要)

2、パスポート原本

3、TM.6原本(出入国カード)

これだけ。
もちろん無料。

■その他

1、TM.30がらみのツッコミは無し。

2、以前盛んに報じられていたアンケート?(緊急連絡先、交友関係、LINEやFBのIDといった超個人情報)もなかった。
結局なくなったんだろうね。一度も経験しなかった。

タイは本当に「行き当たりばたりで何かを始めるが、いつの間にか無くなっている」ってことが非常に多い。
これ、前いた会社の体質とそっくり(笑)

***

帰りがけに歩道橋の上から見たイミグレ前の通り(ラートプラオ通り)。
IMG_2754-0908.jpg
結構道がスベスベっぽく見えるね〜
次回は自転車乗って来てみよう♪

ここに書いた内容はあくまでもバンコクのイミグレ(ラートプラオ)での実録であり、地方とは細部で異なることがある(ようだ)。

これらはあくまでも「この日」に「この場所」で「この担当官」に当たった結果であって、これらが今後も有効であるという保証は一切ない。常に最新のイミグレHPを確認のこと。

また、この記事をもとに処置した結果、不利益を被っても一切責任は負わないので悪しからず。。。


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 90日レポート | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続報・タイ税関最新情報(5)超大型荷物(自転車)やダンボールを持って税関を通過しようとすると・・・

シリーズ5回目だが、題名から「かなり厳しくなってきたので注意が必要」は削除した。

過去の記事はここを参照
タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(付録:免税範囲、罰則)
訂正記事・タイ税関の免税範囲
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(2)中型バッグでもやっぱりやられたX線
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(3)5回連続は回避
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(4)結局、元の鞘に納まるが「傾向と対策」を書いておく

今回の荷姿

さて今回は、一つ前に書いた通り超大型のダンボール箱(自転車入り)+大小合わせて5個の荷物(小さめのダンボール含む)でドンムアン空港の税関に挑んだ。

荷姿はこれ

1、自転車
IMG_2427-0614.jpg
推定15kg

2、その他荷物
IMG_2416-0615.jpg
IMG_2417-0615.jpg
IMG_2418-0615.jpg
合計30.1kg。今回は30kg分の手荷物料金を払っていたのでドンピシャ!
写真以外に機内持ち込み手荷物2つ(8.9kg)と免税店で買ったお土産(推定1kg)
こっちは完全に超過だ(笑)

こんな荷物じゃあX戦検査確率はほぼ100%だろうと思い、タバコは免税範囲内。その他にちょっとした免税範囲超過品は仕込んでいたが・・・(笑)

フライト
XJ601便(成田9:15→13:45ドンムアン)

税関とは無関係だが、今回利用したエアアジアX。
これ、日本から乗るのは初めてだが以前バンコク→関空に乗った際、機内持ち込み手荷物は7kg+PCバッグ(多分3kg)の合計10kgだと思っていたのだが、今回「持ち込み手荷物は2個までで合計7kgです」と言われて???

合計8.9kgの荷物から着るもの他を取り出して7.9kgでokが出た。

ルール変わったの???
機内持込み荷物制限7kg、タイ・エアアジアXとの壮絶な?バカバカしい?神経戦 DMK→KIX

実録・6月13日(火)14:30のドンムアン空港税関

さて、本題です。

今回は超特大ダンボールを含む「100%X線検査要」手荷物満載+真昼間なのでまあ間違いなく検査されるだろうと踏んでいた。

手荷物を受け取るターンテーブルのある場所は、一番混んでいるときの半分以下の客数。
奥の税関検査場(X線検査)への道はスカスカで、皆どんどん吸い込まれていく。

意を決して中に・・・

すると、意外にも「中くらいのキャリーバッグ」を持ったの客全員(5−6人)が係官に指示されてキャリバッグをX線機械に入れている。

そこにこんな姿で登場したオレ。
IMG_2426-0614.jpg
飛んで火に入る夏の虫状態?

もう、全品X線検査+要すれば開梱検査までされるかも?って誰でも思うよね?
しかも、今日は中型キャリーバッグでも全員検査されているんだから。

ところが、X線機械の横にいた若目の係官はこう言ったのだった・・・

係官「自転車か?」
オレ「そ、そーです」
係官「いいよ」
オレ「???通っていいってことですか?」
係官「通っていい」

と言いながら、こんなやつ↓をどけて、わざわざ通路を広げてくれた。


えぇ〜、中型キャリーバッグは100%検査なのに、こんな超怪しい荷物を通しちゃっていいの〜???(笑)

若い兄ちゃんは通してくれたけど、それを見ていた上司が「ちょっと君、待ちたまえ。荷物をこっちへ」なんて言って来るんじゃないか?とドキドキしながら通過した。

ほんと拍子抜けだった。

直近過去8回の記録まとめ

X線検査を実施されるようになって以降の8回のみ。

勝=X線検査なし、負=X線検査あり、( )内は勝率
1、税関場所

スワンナプーム空港:3戦1勝2敗( 33%)
ドンムアン空港  :4戦3勝1敗( 75%)
ノンカイ(陸路) :1戦0勝1敗( 0%)

2、曜日

日:1戦1勝0敗(100%)
月:0戦0勝0敗( ー )
火:4戦2勝2敗( 50%)
水:1戦0勝1敗( 0%)
木:0戦0勝0敗( ー )
金:1戦0勝1敗( 0%)
土:1戦1勝0敗(100%)

3、時間帯

早朝04:00-07:00:0戦0勝0敗(ー)
朝 08:00-10:00:1戦1勝0敗(100%)
昼 11:00-15:00:3戦1勝2敗( 33%)
夕方16:00-19:00:2戦1勝1敗( 50%)
夜 20:00-22:00:0戦0勝0敗(ー)
深夜23:00-03:00:2戦1勝1敗( 50%)

ついに勝率5割復帰。

今回の推論

1、やっぱり昼間はそれなりに検査しているようだ。

2、特に日本からの直行便は、大量のお土産を抱えたタイ人観光客でいっぱい、彼らが到着する時間帯は大漁が期待できるからか?

3、外装ラベルに注意書き(下の写真)を貼っていたから中身が推定しやすく「めんどっちーなー、自転車ならいいか〜」と思われたのか?または、自転車の箱はギリギリX検査機を通るか通らないかのサイズ。X検査機を通らなければ開梱検査しかなく、やっぱり「めんどっちいな〜」と思われた???
外装ラベル

面倒な荷物を時間をかけて検査するより、タイ人のお土産に狙いを定めたほうがお手軽で高確率だと考えているのかも?

4、他にも「他の客が検査されていたキャリーバッグと同型のバッグを複数持っていた」がこれも無検査だったのは「めんどっちい客だからとーしちゃえ」と思われたのか?

***

まあ、結局よくわからないが「手間暇かけるより、お手軽で高確率な”高コストパフォーマンス”を目指している」んだろうな〜と思った。

ちょっと懸念していた「自転車への関税」も全くの杞憂だった。
これは、現物は中古だから可能性は低かったし、もし何か言われたら「この自転車でタイ一周旅行をします。タイでいっぱいお金を落としますよ♪」というセリフも準備していたのだが(笑)

無責任な傾向と対策

上でも書いた通り、やはり昼間はそれなりにやっている。
場所とタイミングの問題だが、今回は自転車を持っていなかったら逆にX線検査対象になっていたと思う。

他の方の情報も合わせると、深夜〜早朝(特に早朝)は手薄になって「以前のスカスカ税関」と同じかな?

それと、以前のドンムアン空港の係官の発言「日本から来た荷物はX線検査対象」ということから、日本からの昼到着便はそれなりの確率なのか?とも推定される。

まあ、こればっかりは運だが、何事においても傾向と対策は必要だ。

Good Luck !

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 入国審査・税関 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコク・イミグレでタイを知る@ジェーンワッターナ

今回3度目のビザ更新に行ったバンコク・ジェーンワッターナにあるイミグレ。

もう、何度も行ったので特別の感慨はないが、ここで見たもの感じた事をつらつら書き綴ってみる。

まるでスケートリンク?

イミグレのある建物内部。
IMG_2142-0517.jpg
IMG_2141-0517.jpg

ここはThe Government Complex Commemorating His Majesty the King's 80th Birthday Anniversary, 5th December, B.E. 2550 (2007)
ศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติ ๘๐ พรรษา ๕ ธันวาคม ๒๕๕๐
というやたらに長い名前の政府系合同庁舎のようなもの。

こういうところにはやたらに金かけるね〜
まあ、東京都庁舎(新宿)も作るときは散々非難されたけど、皆もうなんとも思っていないか〜(笑)

こんなような建物二つが中心になった場所。
ロの字型の建屋に屋根付た感じかな?

やたらに広い空間で、サッカーでもできるんじゃないかと?
いつもピカピカに磨いていて、まるでスケートリンクのようだ。

小汚い街中も、これくらい磨いてくれるといいんだけどね〜?

タイの役所にはドレスコード/服飾規定がある

ここに限らず、タイの役所には厳しいドレスコードがある。
役人自体は、日本でいう軍人みたいな制服を着ていて、だらけた服装の人は皆無。

役人は偉いんで、偉い人はそれなりの格好をする必要があるからか?
結構威圧的な制服?

一方、ここを訪れる人にも一応の規制はある。
それがこれ。
IMG_2144-0512.jpg

IMG_2144-0511-1.jpg
左はVest???
เสื้อกล้าม要は下着の事。Tシャツとは微妙な違いだけど。。。
右はシースルーのこと?

IMG_2144-0511-2.jpeg
左はShirt Top???Cropped topsのことか?要は「ヘソ出しシャツ」
こ、これって・・・タイの一番偉い方がドイツの空港で着てたやつじゃぁ???(笑)

右はタイトパンツ
UAのドレスコード(社員利用)でも引っかかってたね?

IMG_2144-0511-3.jpg
最後はショートパンツ、ミニスカートにサンダルか〜
これってタイのフォーマルウエアじゃなかったんだね?(笑)

実際見てると、ファランに限らずどーみても日本人ってのも「Tシャツ+短パン+サンダル」が多いね〜
そんなのがゴロゴロしてるから役所もあまりうるさく言わないけど、まあ役人から真っ当な人間と評価されたかったら「長袖+長ズボン+革靴」がいいのかもね?

でも、その格好だと役所に着くまでは浮きまくりかも?

ちなみに服関係の英語/タイ語対比はこのサイトが分かりやすい。

なんでこの人がイミグレに?

待ってる間にここに来る人を観察していると面白い。
一見イミグレとは無縁そうに見える人が結構いるのだ。

1、学校の制服を着た女子中高生
どっからどう見てもタイ人にしか見えない女子中高生(なぜか男子中高生より女子のほうが目立つ)が結構多い。
しゃべる言葉も完璧なタイ語。

で、持ってるパスポートを見ると8割方「大陸」のパスポートだ。
なるほどね〜、大陸の国籍を捨てない華僑が多いのは知識として知ってはいても、これだけ多いと結構びっくりだ。
タイは多国籍国家と言われているが、「他国籍国家」つまり大陸の人民に牛耳られているのがよ〜く分かる。

もちろんタイ国籍を持っている華人もすごく多いんだろうけど。

日本の空港で出国審査を待っているおばさんの列。
完璧な日本語でどう見ても日本人なのだが、手元のパスポートは緑(半島)ってのもよく見る。
牛耳られないように気をつけよう♪

2、坊主
確かにファランの坊主も、街中でたまに見かけることがあるんで、なにも不思議ではないけれど、やっぱりイミグレに坊主って似合わないな〜とは思う。
この日は東南アジア系の坊主が来ていた。
IMG_2147-0517.jpg
ミャンマー?ラオス?カンボジア???
たぶん、左に立っている坊主は付き添いだと思う。

外人の坊主ってどんな種類のビザを持っているんだろうか?
もし、金が尽きてビザの延長ができなくなったら坊主になるっていう選択肢もありか?(笑)

3、モーターサイの運ちゃん
オレンジのベストを着ているんで一発で分かる。
以前、空港から乗ったタクシーの運ちゃんがラオス人で、周りのタイ人運ちゃんからいじめられている(上客を全然回してくれない)なんて言ってたかな、まあいるんだろうことは知っていたが。

顔つきはどーみてもタイ人なのだが、やっぱり周辺国からの出稼ぎなのかな?
やっぱり、モーターサイの運ちゃんとイミグレってしっくりこない(笑)

役所の仕事の割り振りはどうなってるのか?

イミグレは、ビザの種類やリエントリー等によって多くの窓口がある。
一番人(客)が多いのはおそらく「ビザの延長」「リエントリーパミット」かな?

この二つの窓口は待合室のベンチに座る外人が減ることはなく、常に窓口でなんらかの手続きをやっている。
はっきり言って休み暇もない業務で大変だな〜とは思う。

が、一方ほとんど客がこない窓口も多数存在する。
2:00pmでも来客者が1人しかいない窓口。

こんな窓口の係官は当然・・・
スマホでお遊び中(笑)

一日中スマホで遊ぶってのも結構辛いとは思うけど、激務の窓口と比べるとね〜?
これって、職員が定期的にローテンションされているのかな?
例えば2日激務の窓口担当したら、その後の2日は激ヒマの窓口担当になるとか・・・

でも、何度かここに来たけど、大概同じ係官が同じ窓口にいるように思うけどね〜
リエントリーの窓口にいるメガネをかけた係官は、喋りはモーレツに早くテキパキと仕事をこなして見ていて気持ちがいいくらい。

この窓口に仕事が出来なくてのろまの係官がいたら、外人達のストレスは相当なものだから、適材適所、うまく配置してると思うよ。タイの役所も結構やるね〜と思ってる。

あのヒマヒマ窓口の係官は偉いのか?それとも鈍くさいのかな?(笑)

やっぱり規則はあっても守る人がいないのがタイ

日本人の価値観の中に「人様に迷惑をかけない=マナー」と並んで重要視される「決め(られ)たこと・規則は守る」。
これ、家庭でも社会でも徹底的に教え込まれ実践させるよね?
別に悪いことじゃないけど、度がすぎるととっても疲れるもの・・・

以前の会社の仕事が、自衛隊向けの航空機関連だった。
航空機のほとんどをアメリカからのライセンス生産に頼っている日本では、ほとんど全てが米軍が制定した規格を適用しているのが実態。
日本人はそれを超厳格に守っているが、それらを制定したアメリカではかなり緩い。

日本人「この部品はMIL Spec No,xxxと照合すると不適合だ」
アメリカ人「いや、使えるよ」

これで何度も悩まされ、5−6回アメリカの複数の会社に出向いたが8−9割は上の会話で全く噛み合わず。。。

その点はタイも似たようなもので「法規やルールは欧米並みだが、その運用は極めて緩やか=誰も守らない」。

これはイミグレビルのトイレの張り紙
IMG_2139-0524.jpg
トイレでの洗い物禁止、やったら罰金1000バーツ

何でもかんでも罰金罰金のタイらしい表示。
街の看板を読む(19)なんでもかんでも罰金!罰金!!罰金!!!

このトイレの奥に喫茶店があるのだが、トイレに入るとその喫茶店の店員がコーヒーカップを洗ってる(笑)
IMG_2138-0524.jpg

鏡にオレの顔が映って相手と目が合ったのだが、笑いを抑えられなかったよ。。。

***

イミグレって遠いし待ち時間が異様に長くて疲れる場所だけど、こうして人間観察していると結構面白いもんよ♪

こんな空間にも「タイらしさ」がぎっしり詰まっているんでね。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| リタイアメントVISA2017 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(4)結局、元の鞘に納まるが「傾向と対策」を書いておく

過去3回に渡り書いてきた「タイ税関最新情報」。

タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(付録:免税範囲、罰則)
訂正記事・タイ税関の免税範囲
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(2)中型バッグでもやっぱりやられたX線
続報・タイ税関最新情報、かなり厳しくなってきたので注意が必要(3)5回連続は回避

事実だけを多少面白おかしく書いただけで、煽ったつもりはないのだが、結果的にこれら記事の注目度はそれなりに高く、初めての方からのコメントも多かった。

最後の記事で「次回のレポートは4月上旬」と書いておきながら放っぽりぱなしだった(反省)ところ、ある方から指摘を受けて急遽筆をとった。

過去のまとめ(9月以降の5回)

1、NRT→BKK(タイ航空)
日時:2016年09月27日(火)23:00頃
場所:スワンナプーム空港
荷姿:中型キャリーバッグ+41ℓボストンバッグ+30ℓザック+26ℓザック
👉X線検査実施

2、ビエンチャン→ノンカイ(徒歩)
日時:2016年12月14日(水)13:30頃
場所:ノンカイ(陸路)
荷姿:30ℓザック+小型ウエストバッグ
👉X線検査実施

3、NRT→DMK(スクート)
日時:2017年01月31日(火)15:00頃
場所:ドンムアン空港
荷姿:40ℓキャリーバッグ+41ℓボストンバッグ+ 30ℓザック
👉X線検査実施

4、HAN→BKK(ベトナム航空)
日時:2017年02月17日(金)18:30頃
場所:スワンナプーム空港
荷姿:41ℓボストンバッグ+ 30ℓザック
👉X線検査実施

5、KUL→DMK(エアアジア)
日時:2017年03月04日(土)17:00頃
場所:ドンムアン空港
荷姿:41ℓボストンバッグ+26ℓザック
👉X線検査回避

直近の2回(4月実績)

結論から先に書くと以下の結果だった。
6、LHR→BKK(タイ航空)
日時:2017年04月09日(日)8:30頃
場所:スワンナプーム空港
荷姿:41ℓボストンバッグ+30ℓザック+折りたたみ自転車
👉X線検査回避

7、HAN→DMK(エアアジア)
日時:2017年04月18日(火)23:30頃
場所:ドンムアン空港
荷姿:41ℓボストンバッグ+30ℓザック+ダンボール(小)×2箱
👉X線検査回避

***

6、LHR→BKK(タイ航空)の実録

早朝到着だったので、もしかしたら税関職員も眠くてロクな検査をしないだろうとは思っていたが、袋に入れてラッピングした折りたたみ自転車がかなり目立つんでやられるだろうと踏んでいた。
IMG_1618-0411.jpg

空港でのラゲージ・ラッピング サービス、タイ・イギリス・日本比較

イギリスは免税たばこも超高額で買うに買えず、免税範囲は超えていなかったのであまり心配せずにX線検査場へ。

角を曲がると税関職員は2名。
が、眠そうな顔でこちらを一瞥もしない。
やっぱりね(笑)

そのまま出口へ。
これで昨年の9月以降2勝4敗、2連勝達成だ。

7、HAN→DMK(エアアジア)の実録

ベトナムでしこたま買ったお茶と、箱買いしたフォーのインスタント麺。
IMG_2035-0525.jpg
経験から「超大型のスーツケース(アラブ人がよく持っているやつ)」と「ダンボール箱(小さくても)」はかなりの高確率でX線検査対象となるので、この2つのダンボール箱がある限り免れられないと思っていた。

中身は「お茶」と「インスタント麺」だが、大量のお茶は何かの麻薬系と勘違いされるかな?嫌だな〜という心配はあった。

税関検査場への通路はスカスカで、みなスイスイと奥へ消えて行くが、ダンボール箱持ってたらまず回避できないだろうと身構えて角を曲がる・・・

X線機器が大きく口を開けてはいたが、税関職員の姿は無い・・・
誰もいない、一人もいない(笑)

あぁ〜、これは以前の姿に完全に戻ったな〜と半ばあきれ顔で無事通過。

これで3勝4敗、3連勝達成だ♪
勝率五割まであと1勝となった。

無責任な傾向と対策

昨年9月から今年2月までの4回連続X線検査はなんだったんだ〜???と言いたいところだが、まあ元の鞘におさまったってことだろう。
無駄な心配が無くなったってことで悪い気はしないね。

で、実績が7回になったのでちょっと傾向を探ってみよう。
勝=X線検査なし、負=X線検査あり、( )内は勝率
1、税関場所

スワンナプーム空港:3戦1勝2敗( 33%)
ドンムアン空港  :3戦2勝1敗( 66%)
ノンカイ(陸路) :1戦0勝1敗( 0%)

2、曜日

日:1戦1勝0敗(100%)
月:0戦0勝0敗( ー )
火:3戦1勝2敗( 33%)
水:1戦0勝1敗( 0%)
木:0戦0勝0敗( ー )
金:1戦0勝1敗( 0%)
土:1戦1勝0敗(100%)

3、時間帯

早朝04:00-07:00:0戦0勝0敗(ー)
朝 08:00-10:00:1戦1勝0敗(100%)
昼 11:00-15:00:2戦0勝2敗( 0%)
夕方16:00-19:00:2戦1勝1敗( 50%)
夜 20:00-22:00:0戦0勝0敗(ー)
深夜23:00-03:00:2戦1勝1敗( 50%)

う〜ん、やはりサンプルが少なすぎるのでかなり強引だが、勝つには「ドンムアン空港の土日の深夜から朝までの時間帯」を狙うのが効果的か?(笑)

季節(各国の連休で客が多くなったりする)によっても違うんだろうけどね。

休日出勤の深夜〜朝じゃあ分かる気はするが。。。
これ見たからと言って、この時間にX線検査を受けてタバコ没収+罰金20万円科されても責任は一切とりませんので悪しからず。。。

事実を元に面白おかしく書いただけですからね♪

次回のレポートは6月上旬を予定してます。
題名は変えたほうがいいかもね?(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

***

尚、文中に出ている各バッグは以下のもの。

1、中型キャリーバッグ(推定50ℓ)/samsoniteの古いタイプ
img_0-0525.jpeg

2、40ℓキャリーバッグ/The North Face


3、30ℓザック/The North Face


4、26ℓザック/samsonite


5、41ℓボストンバッグ

| 入国審査・税関 | 09:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ・リエントリー・パミット申請用紙(TM-8)の書き方とポイント

TM-7に続いてリエントリー・パミットのTM-8の書き方&サンプルです。
この申請書も下線とタイ語と英語がバラバラっぽく見えて、どこに書いていいかちょっと迷いますよね?

記入する前に・・・

TM-7同様、記入は「青のボールペン」が望ましい。無い人は文房具屋で買ってください。

TM-8(上半分)

IMGreentoryform-1r.jpeg

(1)記入場所と記入日
よく分からないが住んでいる場所(イミグレの所在地)を書けばいいでしょう。
記入日ですが、念のため提出日に合わせた方がいいでしょう。

サンプルは「2017年5月7日のバンコクで書いた」場合です。

(2)申請者の情報
サンプルは「1966年4月20日に東京で生まれた日本人、車寅次郎さん無職で50歳、住所はバンコク、クロントイ区クロントイ町スクムウイット ソイ・ナナタイ4番地」です。

👉ワンポイント
英語でPresent addressとある箇所はタイ語でปัจจุบ้นอยู่บา้านเลขที่(現住所、番地)と書いてあるので、いきなり番地(ここでは"4")を記入すればいいです。
部屋番号やアパート名は不要です(もし言われたら追記すればいい)。

また無職を英語でなんというのか知りませんがNoの書いておけば十分です。
リタイアメントビザを持っている場合は、間違っても職業名は入れないこと(たとえそれが日本での仕事でも)。

(3)申請内容

上段の□のボックスは、左がシングル右がマルチプルです。
車寅次郎さんはマルチプルを選択しています。

👉ポイント
料金差が2,800バーツと高額なので、よーく考えてどちらか選択してください

その下は、リエントリー・パミットを取得したら何しにどこに行く予定か?を記入します。
余計なお世話ですがね・・・

車寅次郎さんは「2017/6/1に飛行機に乗って日本の友人に会いに行って、6/10にタイに戻ってくる」予定の様です。

👉ポイント
ここははっきり言って適当でいいです。
出国する予定が明確ならその通り書いてもいいですが、多くの方が「予定はないけど一応取っとくか〜」でリエントリ・パミットの申請をしているので、未定の方は適当な日付を埋めてください。

何しに?なんて全く余計な御世話だが、ここも適当「友人に会う」とか「病院に行くとか」知ってる英単語を並べておけばいいです。

正確に書いたからといって、誰も読んでいません(笑)
係官がチェックしているのは「文字が埋まっているか」だけです。

TM-8(下半分)

IMGreentoryform-2.jpeg

(4)最新入国時の情報

ここも迷うところなんじゃないでしょうかね〜?
いきなりMy previous visa・・・って、以前のビザ???今持っているビザの前のビザ???って・・・

タイ語もครั้งสุดท้าย(最後の)・・・と書かれていて???
以前の?最後の???

👉ワンポイント
ここで言いたいこと(書かせたい内容)は
あなたの最新(最後)のタイ入国の際に使った「ビザは何」で、それは「いつどこで発行」されましたか?そして、その時の「入国スタンプに記載された滞在期限はいつまで」ですか?
ということだと思う。

人によっては、最新(最後)のタイ入国後にビザの切り替え(延長)をしていて、入国の時のビザと今現在持っているビザが違う場合がある。
ここではあくまでも「入国時の情報」のようだね(たぶん)。

車寅次郎さんの最新入国時の情報は「2016/5/25にタイ・バンコクで発行されたnon-immigrantビザを使って、2017/4/30に入国し、その際にもらった滞在期限は2018/5/11」のようです。

👉ワンポイント
ここでいう最新のビザとは「最新の延長したもの(毎年更新するやつ)」ということ。
最初に発行されたビザのことではないので注意。

あとは写真を貼ってサインして終わりです。

👉ワンポイント
イミグレのフォーマットを印刷するとどうしても一番したが切れてしまうことがある(オレの場合。上下調整すれば直るかも?)が、あまり気にしないように。

Good Luck !

《注意》ここに書いた内容はあくまでもバンコクのイミグレ(ジェーンワッタナー)での実録であり、地方とは細部で異なることがある(ようだ)。

本文中にも再三書いが、これらはあくまでも「この日」に「この場所」で「この担当官」に当たった結果であって、これらが今後も有効であるという保証は一切ない。常に最新のイミグレHPを確認のこと。

また、この記事をもとに処置した結果、不利益を被っても一切責任は負わないので悪しからず。。。


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| リエントリーパーミット | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT