fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なかなか良いホテルを見つけたよ♪@長崎

今回の長崎の宿はホテルモントレーグループ「ホテルモントレー長崎」

いつも東横インばかりで飽きてきたので、楽天トラベルで評判が良くて安いホテルを検索して見つけた。
6/9-6/11チェックアウトの2泊で11,400円(朝食付き)。

IMG_7657-0630.jpg
何だかちょっと南欧をイメージした作り?

こんな中庭は南欧というより中東か?
IMG_7658-0630.jpg
IMG_7527-0703.jpg

部屋は・・・
IMG_7576-0703.jpg
IMG_7577-0703.jpg
IMG_7579-0703.jpg

建物や外観は南欧をイメージしても、部屋は日本基準の広さ。
一人だったら十分だけど。。。

最近増えてきたけど、部屋のカードキー抜いても使えるコンセント。
これはポイント高いよ♪
IMG_7580-0703.jpg

部屋は明るいが館内はちょっと、いやかなり薄暗い感じ。
まあ、敢えてそうしているんだろうけど。。。

エレベーター表示も凝っている
IMG_7595-0703.jpg
IMG_7591-0703.jpg
アナログ

ホテル前の通り
IMG_7655-0703.jpg

全体的に女性または若いカップルをターゲットにした感じのホテルだが、実際に泊まっていたのはおばさん(限りなくおばあさんに近い)と人民系家族。

まあ、シーズン前の平日だから真っ当な勤め人は泊まっていないか・・・

ここ場所もすごく良くて、観光スポットはどこもすぐ近く。
モントレー長崎
長崎の繁華街、思案橋へも10分ちょっとで行ける。

「長崎に来たからには”グラバー園”、”大浦天主堂”、”オランダ坂”は必見よ。昼食は四海楼でちゃんぽん、夕食は中華街で中華三昧♪」っていう一般的な観光客にはうってつけのロケーションと思う。

オレの場合は”グラバー園”、”大浦天主堂”、”オランダ坂”はほとんど興味なし。
四海楼のちゃんぽんは食べたけど、中華街は素通りで軍艦島コンシェルジュの埠頭に近かったのが良かった。
思案橋には2晩連続で通ったし、中華街の裏にイオンもあったのが良かったかな?

ホテルの周りにはべっ甲屋が多い。
IMG_7634-0704.jpg
IMG_7635-0704.jpg

これは提灯屋
IMG_7637-0704.jpg

IMG_7651-0704.jpg
長崎では鯨肉を扱う飲食店をよく見た。
食べたくなったが高そうなので次回に取っておくことにした。。。

今回は朝食付き2泊で11,400円だったので1泊に換算すると5,700円なのだが、朝食を個別に頼むと1,700円と結構お高い。
IMG_7593-0704.jpg
IMG_7594-0704.jpg
朝食会場は上の写真の中庭の隣にあるがそれほど広くはなく、スタート直後はおばさん(おばあさん)と人民系家族ですぐにいっぱいになってしまう。。。
ただ、壁際にカウンターのような場所があるので、一人で食べるのも他人を気兼ねしなくて済むのは良い。

内容はまあまあかな?
そりゃあ東横インばかり泊まっていると、すごく良く見えちゃうけど55

ディナーもやっているようだが、この値段では手が出ないな・・・オレは。
IMG_7659-0704.jpg

ロケーションは最高、朝食はまあまあ、お値段は格安。
言うことなしでした、ホテルモントレー長崎。

agodaでの予約はここから♪→ホテル・モントレー長崎





なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【4】ハノイ・神奈川・福岡・長崎 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軍艦島コンシェルジュのツアーで、ついに軍艦島上陸です♪(その2)

さて、右舷に異様な島影が見えてきましたね〜
IMG_7549-0701.jpg
こうしてみると、まさに軍艦ですね〜

この角度からもっとアップで全容を見てみよう。


IMG_7552-0701.jpg
ツアー船は「軍艦島の船尾」の方に回り込む。
IMG_7553-0701.jpg
IMG_7554-0701.jpg
まさに廃墟の島。。。
世の中には「廃墟マニア」という趣味嗜好もあるようで、でもなんとなく理解できそうな感じ。。。

いよいよ上陸です♪
IMG_7558-0701.jpg
このツアーに参加する際に言われる注意事項のひとつに「傘(雨傘・日傘とも)の使用禁止」というのがある。
このツアーに参加する際は雨に備えてレインコートを持って行った方がいいでしょう。
他の注意事項は上のリンクを参照。

島内にあった島の全景
IMG_7561-0701.jpg
IMG_7560-0701.jpg

IMG_7559-0701.jpg
IMG_7566-0701.jpg
IMG_7567-0701.jpg
これはプールだそうだ。確かに底の白線がわずかに残っている。

IMG_7565-0701.jpg
IMG_7568-0701.jpg
上は1916年(大正5年)建設の日本最古の鉄筋コンクリートのアパート。

案内人は島の歴史(炭鉱の歴史)、炭鉱社員の暮らし、そこで生活していた人々の暮らし、風土などを丁寧に説明してくれて本当に理解しやすかった。
解説によると、当時(戦後〜廃坑まで)の三菱社員の給料は破格(いくらだったか忘れたが、幹部の給料は今にしたら数百万円/月?)だったらしく、この島の生活水準はかなり高かったようだ。

まあ、こんな高層住宅に住んで高給取りでも、絶海の孤島?のようなところで生活するのは嫌だな、オレは。。。
高層住宅はあっても当然エレベーターもエスカレータもないしね55

当時の生活についてはこれなんかで分かるかな?


***

当初から予想はしていたけど、島内の建物はかなり風化が進んでいるものが多く、土台の土がほとんど流されている建物もあるようで、上陸ツアーの行動範囲もかなり狭い範囲のみ。
廃墟の中を歩くってよりも、遠く廃墟を望むって感じかな?

こんな風景を見たかったんだけどね・・・

無理なのはわかってるけど55

***

長い間来たかった軍艦島。
ようやく念願達成でした♪

海の蒼さが印象的だった軍艦島。
IMG_7573-0701.jpg

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】





なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【4】ハノイ・神奈川・福岡・長崎 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軍艦島コンシェルジュのツアーで、ついに軍艦島上陸です♪(その1)

ホテルと軍艦島上陸ツアー会社「軍艦島コンシェルジュ」の位置関係。

もう、目と鼻の先って感じ♪

もうすぐ近くに海があって港がある。
で、歩き出すと何か巨大なビルが見えた。
IMG_7652-0630.jpg

これは後日同じ場所(コンビニの前)から撮った写真だけど、その時もこんな感じで見えたんだよね〜建物が。

おぉ〜、さすが日本を代表する長崎の港。
ターミナルビルも立派だな〜♪
ってその時思ったんだよね。

で、もう少し歩いて岸壁に出た時に見えたのがこれだった
IMG_7529-0630.jpg

えっ?
もう目が点だった。。。
IMG_7532-0630.jpg
デカぁ〜

これね、船首が見えなければビルにしか見えないよね〜

この時停泊していたのはボリビア船籍の人民国系の船とのこと。
なるほど〜、金持ちはこれに乗ってやってくるんだな。

ちなみにこの船は翌朝には出港していて、昼過ぎ?に別の豪華客船が入っていた。
その次の日もまた別の船。。。
ほとんど1日しか停泊していないってことのようだけど、人民ってこんなどでかい船何隻持ってるんだよ〜?

軍艦島上陸ツアーが終わって港に戻る時に直ぐ横を通ったので、動画に収めておきました。


***

ここが軍艦島コンシェルジュのオフィスのある常盤ターミナル。
IMG_7533-0701.jpg

ちなみにツアー会社によって乗船する埠頭が違うので注意。
軍艦島コンシェルジュの場合は上のGooglemapを参照。

IMG_7535-0701.jpg
IMG_7534-0701.jpg

今回乗るのは午後便(13:00集合、13:40出港→16:05帰港)。
当日の朝HP経由で予約・支払済なので、オフィスで名前を言って「軍艦島上陸証」と「長崎市入場券」をもらう。
ちなみに乗船料は4,000円、入場料は300円の合計4,300円だった。
IMG_7537-0701.jpg

さて、乗る船が来ましたね。
ちなみに手前の船は貸切のとき使うらしい。
IMG_7539-0701.jpg

この軍艦島コンシェルジュは案内人の方が一人専属でいて、最初から最後まで案内・解説してくれる。
「今日はどちらから?」と聞かれたので「タイから来た」と言うと、この案内人の方も何度かタイや東南アジア諸国に行った事があるらしく、乗船前にしばしおしゃべりを楽しむ。

さて、出港です♪

この軍艦島コンシェルジュの上陸ツアーは途中「伊王島」というところに帰港する(ただし、伊王島での下船はできない。ここから乗船する人だけ)。

湾内にも見所がたくさん。
世界遺産(今回登録された世界遺産は軍艦島単独ではなく、明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が対象)が点在しているらしく、逐一解説してくれた。

奥の白いビルが世界に誇る三菱重工長崎造船所。元いた会社の人の中には「見たくもない!」って言う人がいるかも?55
IMG_7542-0701.jpg

巨大なクレーン群
クレーン中央部のスリーダイヤモンド(MHIのマーク)はテニスコートの広さがあるとか・・・
IMG_7543-0701-1.jpg

しばらくすると、右舷に見えてきましたね〜軍艦島♪
IMG_7547-0701.jpg

つづく・・・

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【4】ハノイ・神奈川・福岡・長崎 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長崎と言ったら何をイメージする?オレは「軍艦島」、軍艦島へGo!

翌日は長崎への移動日。

もちろん長崎も初めて。

長崎と聞いてオレがイメージするものは
1、三菱重工長崎造船所
2、内山田洋とクールファイブ
3、キリシタン
4、原爆
5、軍艦島

(順不同)
あと雑多なところでは、カステラとか長崎ちゃんぽんとか食べモノ系。

1の長崎造船所は、前にいた会社の仕事の関係。
会社では護衛艦や潜水艦に装着する装備品も(メインは航空機用装備品)作ってた。
オレの直接かかわった仕事関係でも、技術屋さんや現場作業員は頻繁に長崎に出張していたが、結局オレは一度も行かなかった。出張先は航空自衛隊関連ばかりで、たまには船の建造現場を見たかったんだけどね~

2はもちろんコレ


3は学校教育の成果かな?

4は言わずもがな。。。

5の軍艦島
オレが軍艦島の存在を知ったのは1980年公開の映画「純」だった。
純

よっぽどの映画通じゃないと知らない作品かな?
上のチラシに書かれた上映映画館「池袋文芸地下」「銀座並木座」、オレはもちろん行ったことがあるが、今は無い名画座の老舗だった(文芸座自体は改装して存在する)。こんな映画館で上映するような地味な映画だが、当時欧米では評判高かったようだね?まあ、何とも言えない曖昧模糊とした映像とストーリーがファランに受けたのかな?と思っている。

作品自体は大したことないが、出てきた軍艦島のイメージは残像となりいつか行ってみたいな~とずっと思っていた場所。

そう、今回の長崎訪問の主目的は「軍艦島」に上陸すること。

***

今回の日本行で明確な目的地はここだけ。
なので、上陸ツアー会社の選定等の事前準備は(オレにしては)完璧だった♪

参考にしたサイトはこれ
このサイトの管理人さんは実際に3社に乗船して比較していて非常に分かり易い。

これを見れば分かるけど、この上陸ツアー料金は結構高め。
最初は高島海上交通に申し込もうと思ったけど、当日の午後の予約が何故か選択できず。
ここを選ぼうとした理由はただただ「軍艦島上陸証明書」が欲しかったから55

結局、軍艦島コンシェルジュの午後便(14:00〜16:20)を予約してから博多を立つこととした。

***

6月9日(木)

14:00出港の船に乗るために早朝から行動。
向かったのは博多・天神バスターミナル
IMG_7511-0630.jpg
な、なんとここから新宿行きのバスが出ている・・・
IMG_7511-0630-1.jpg
こんなの乗る人いるのかな?
ちなみにこのバスが新宿に着くのは翌朝の9:25。
運賃は11,000-20,000円。時期や座席によって変わる(早割で最安7,500円)。
詳しくは西鉄バスのHPで。

これ見るとすごいシート使ってる。
羽田や成田に行く電車賃を考えれば、運賃だけ見ればありかな?
でも、14時間あったらヨーロッパに行けるね?55

話を戻す・・・

買ったチケット。オレにしてはかなり早い8:00am台の行動開始だ♪
IMG_7512-0630.jpg
ちなみに金券ショップに行けば、JRの特急でも同じくらいの金額で行けるチケットを売っているらしい。
asian night'sさん情報。この時は知らず・・・)

IMG_7513-0630.jpg
この天神バスターミナル、泊まったホテルから徒歩で来れる場所にあって便利なんだけど、バスの発着階への行き方が全然分からず、ターミナルビルの周りをウロウロ。
すごく近代的でキレイなバス待合所。

IMG_7514-0630.jpg
結局このバスの乗客は全部で5人くらいだった。

***

途中事故渋滞で結構遅れ、長崎駅前のバスターミナルに着いたのが11:00am過ぎ。
長崎駅前のバスターミナルは博多・天神バスターミナルとは打って変わって「昭和チック」なターミナルだった。

一応、今日から2泊分予約しているホテルは、ここからチンチン電車に乗って大浦海岸通りという駅近く。
これは全く偶然だったのだが、このホテルは今日乗る軍艦島上陸ツアーの船着場至近距離にあった。

IMG_7518-0630.jpg
長崎駅

IMG_7516-0630.jpg
このチンチン電車に乗って大浦海岸通りまで。
が、途中で乗り換えるらしく、案内表示板で色々見ていたら駅員らしい人が乗換駅や乗り換え方法を親切丁寧に教えてくれた。
ここも人民系や半島系が多い。

IMG_7519-0630.jpg
IMG_7520-0630.jpg
築町という駅でこれを受け取って乗り換えるらしい。

IMG_7522-0630.jpg
日車製の車両。
クラシックなハンドルと最新のICカード読み取り機の対比が面白い。

相当古い車両なんだろうね、バンコクの赤バス並み?

大浦海岸通り駅で降りて徒歩1−2分のところにあったホテル・モントレー長崎
IMG_7657-0630.jpg
IMG_7658-0630.jpg
こんな中庭があって南欧風の作り。
若い女性に人気がありそうだが、実際の客はおばさま(お婆様?)と人民系ばかり。
まあ6月の平日だからね。。。

ホテル詳細は別に書くつもり。なかなかいいホテルだった。

さて、荷物を預けたら、今回のメインイベント「軍艦島上陸ツアー」だ!

楽しみ〜♪


DVD>誰も見たことのない世界遺産「軍艦島」DVD BOOK [ 黒沢永紀 ]

価格:3,996円
(2016/6/29 17:18時点)
感想(0件)




なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【4】ハノイ・神奈川・福岡・長崎 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

博多ど素人ラーメン物語。そうそう、中洲で迷子になったな〜

さて、ここからは今回の博多滞在で食べたものをづらづらと書いてみる。
初九州上陸なんで、ど素人の記録。
あそこ行ってあれ食べて・・・なんてつまらない記事書くな!なんていうコメントはご遠慮いただいております。

このブログ自体がオレの日記・備忘録なんです。

***

6月8日(水)

まず向かったのが歩いていける場所にあった一蘭
ラーメン通から言わせれば「なんでそんなところに行ったのか?もっと美味しい店はいっぱいあるのに・・・」なんて思うかもしれないが、ど素人なので勘弁してね?
みんなこうして大人になっていくんですから・・・

中洲らしいところを渡った先にありました。
IMG_7497-0627.jpg
一蘭本社総本店。

IMG_7503-0627.jpg
二階に上がります。
12:30pmという昼飯時にもかかわらず、二階の券売機前には3−4人がいるだけ。
しかも人民系の観光客。。。

待つのかな〜?と思ったけどすんなり入店。平日だから???
なんか拍子抜け

店内も人民系・半島系の顔ばかり。
まあ、オレも初めて博多に来た観光客だから同じか?

IMG_7498-0627.jpg
味集中カウンター。
あっ、これテレビで見たことあるね〜

ラーメンなんてみんな並んでススってたほうが美味しいと思うけど。

IMG_7499-0627.jpg
こういうウンチクというか苦労話というか自慢話はあまり好きじゃない。
味そのもので勝負しなさい。

IMG_7500-0627.jpg
頼んだのは普通のラーメン。固め濃いめ、あと何だったけか?

スープは濃厚で美味しい。
けど、これって博多のとんこつラーメン?ってのが第一印象。
なんだかウチの近所にある家系とんこつ醤油っぽい色と味。。。

美味いことは美味いけど、他のラーメンと比べて頭一つ抜けているっていう感じがしないね、評判の割には。

替え玉190円してとりあえず満足。
食後は喉が乾くね〜、これもとんこつ醤油系と同じ。
IMG_7502-0627.jpg

美味しいけど、それなりってのが結論かな?
世界三大麺に入るのはちょっと厳しいかな?
一蘭ファンの皆様ゴメンなさい。

***

夜はこれもネットで見つけた鶏皮焼きの名店「かわ屋」
IMG_7507-0628.jpg

ここは行列必至とのことだったが、開店とほぼ同時に行ったのだが誰も並んでない???

が、扉を開けると店内は満席。
カウンターは2−3人分くらい空いていたが、予約があるらしい。。。
残念。。。

***

ちょっと時間を置いて日が落ちたあと、中洲に出かけてみる。
今日の昼間に来たあたりに屋台が並ぶのだろう♪と勝手に推測して行ってみるも一軒も出ていない???

???

ん?オレの勝手なイメージだと、この川沿いあたりにずら〜っと屋台が並んでる・・・はずなんだけどな。

実にオレらしく、事前にちゃんと場所を調べておかなかったからなのだが、大概は適当に歩いていれば目的の場所は見つけられてきた、今までは。。。

どうも、今回は「東京→福岡のチケット」にしても、「中洲の屋台の場所」にしてもギリギリ行動派&行き当たりばったりの悪い面が出てしまっている。
まあ、たまにはあるよそんなこと♪

ということで、適当に歩いて飲み屋を探したがコレといった店が見つからず。
IMG_7509-0628.jpg
おっ、ここは看板にタイ語ありだからタイの人も来るのかな?と思って覗いてみたが満席。

歩き疲れて、結局コンビニでビールと弁当買って食べましたよ。。。

この左側に屋台が並んでいれば完璧な写真なのだが・・・
IMG_7508-0628.jpg

あとで調べてみたらこういうことだった55
中洲−1

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【4】ハノイ・神奈川・福岡・長崎 | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT