fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

杜の都ハノイ(10)たまにはステーキ♪牛食文化のあるベトナムはタイよりも居心地が良いかも?

引き続き1月23日(土)

外は霧雨。
ホテルのお姉さんに「外はむちゃくちゃ寒いね〜」というと「今の外気温は8−9℃ですよ」と。。。
そりゃあ寒いわけだ。南関東の冬並み。

寒いけど部屋にいてもつまらないんで、昼飯ついでに出発♪
目指すはハノイで人気のステーキハウス。

そーいえば、タイに来て1年経つけど一度もステーキなんて食べていないな・・・
日本でだって。。。
最近日本で人気の「いきなりステーキ」にも行ったことないし。。。

場所はここ

Bít Tết Hoàng Long
Bít Tếtとはステーキのことで、店名がホアン・ロン

ホーチミンでは街歩きしているといくらでもあったステーキ屋。
今回ハノイではあまり見つけられなかったんで、地球の歩き方に載っていたこの店へ
前日に行った Phở Thìn フォー・ティンの近くだった。

IMG_5985-0207.jpg
左の厨房で焼いて、右の部屋で食べる

店内はこんな感じ
DSCN0803-0207.jpg
すでに15:00頃だが結構客はいるね〜
食事時は大混雑だそうだ。。。

DSCN0805-0207.jpg
やっぱりチリソースあるね〜
タイのやつより辛さが強くて美味しい♪

まずはパンとキュウリ
DSCN0804-0207.jpg
パンはベトナムらしく軽めでサクサク美味しい♪
このキュウリのピクルス?も甘酸っぱくて美味しかった

さて、来ました♪
ここもメニューはこの一品だけのようで、人数さえ言えば自動的に運ばれてきます。
DSCN0806-0207.jpg

熱々、しばらくは蓋をかぶせたまま

開けると
DSCN0808-0207.jpg

なんだか日本のファミレスのステーキセットみたいだ。

DSCN0809-0207.jpg
肉はこんな感じでかなり薄め
味はまあまあ。。。

付け合わせの肉団子?ハンバーグ?が結構イケた♪

お値段100,000VD(170THB)、決して安くはないです。
(円換算は右カラム上の為替レート参照)

まあまあかな?
決して絶品ではなかったけど。。。

タイには牛食文化はない(というか仏教思想からか?食べる人が減ってきているようだ)が、ベトナムは普通に牛肉屋があるので良いね〜

***

さて、お腹もいっぱいになったしゆっくり歩いてホアンキエム湖まで戻ろう♪


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【1】1月 | 09:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

杜の都ハノイ(9)朝の定番♪フォー・ザー・チュエンのフォーと街歩き

ハノイ旅日記再開します。

ここで一つ訂正を。
一つ前の記事で「今日は最後に別の店でもう一杯フォーを食べたんだけど、長くなったんでここで一旦切ります」と書いたけど、これ次の日の記憶違いだったので訂正します。

結局22日はビアホイ屋に行って終わりにしたんだっけ。。。

1月23日(土)
気温はこんな感じだったけど、けっこう寒かったな〜
IMG_5961-0205.jpg

今日は実質的な最終日。

まずは朝食、世界一のフォー「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」

IMG_5968-0204.jpg
IMG_5963-0204.jpg
昨日より列が長いね〜、この時の時刻8:25am

このクソ寒いのに半袖短パンの観光客・・・
IMG_5962-0204-1.jpg

人民かな?

今日は地元民の多くが頼んでいる揚げパン(タイでいうところのパートンコー)も一緒に。5,000VD
IMG_5964-0204.jpg
IMG_5966-0204.jpg

観察してると、こうしてつゆに浸して食べているようなのでオレも。

でも、ベトナムの揚げパン、タイのと比べるとメチャメチャ油っぽくて、オレ的にはもういいや〜って感じ。

何も入れずにそのまま食べるのがベスト
IMG_5965-0204.jpg

バンコクからハノイに引っ越してこようかな〜55
バンコク7、ハノイ2、日本1くらいの比率で滞在するのが良い感じかも♪

今日は全くのノープラン。今日はホーチミン廟も軍事博物館もやってるはずだけど、も〜いいや・・・

ちょっと街歩き
IMG_5933-0205.jpg
ハノイの街では花売りが多い。
これ分かりづらいけど、自転車に花満載して売り歩いてる。

IMG_5981-0205.jpg
これなんだろうね〜、テト(旧正月)用の飾?かな?

IMG_5972-0205.jpg
これもそれっぽいね?

IMG_5979-0205.jpg
これね〜、何だろうと思って覗いてみたんだけど、どー見ても「ゴカイ(釣り用の餌)」にしか見えないんだけど。。。
お召し上がりになるんでしょうか?

IMG_5974-0205.jpg
日本はマイナス金利時代に突入したけど、ベトナムでの銀行金利は7.2%?
10年で2倍?(複利計算、税金考慮せず)でも物価も2倍以上いっている気がするけど。。。
それに、借金したら利息15%/年くらい取られんじゃないかな〜55

IMG_5971-0205.jpg
この写真、最初なんで撮ったのかな〜って思ってたけど、思い出した♪

IMG_5971-0205-1.jpeg
アルミの鋼材?
バイクの3倍の長さ。。。
これってタイでもありがちだけど、ベトナムのバイクの洪水の中よく走れるな〜って感心したよ♪

IMG_5975-0205.jpg
寒いんで、途中でカフェでホットミルクコーヒー。
底に練乳が1cmくらい沈んでる。それにコーヒー自体はエスプレッソ並みに濃く苦い。
これがベトナムコーヒーの基本→ここをクリック

IMG_5973-0205.jpg
泊まったパークソンホテルの周辺には、こんな店が一杯あった。
これって何?墓石に埋め込むやつかな???

寒いので一旦ホテルに撤収。
ロビーでこんな張り紙発見♪
IMG_5982-0204.jpg

ラオス行き寝台バス
ハノイ→ビエンチャン、ハノイ→ルアンパバーン


ルアンパバーンにカオソーイ食べに行きたかったんで、これは好都合だけど、一体何時間(何日?)かかるんだろう。。。
20代ならチャレンジするかもしれないけど、今やったらルアンパバーンに着いたら廃人になっていそう55

時刻は10:00am
気温を見ると・・・
IMG_5983-0205.jpg

朝より1℃下がってる。
寒いけど、昼寝したらベトナムステーキでも食べに行くか〜♪


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【1】1月 | 00:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

杜の都ハノイ(8)”こここそが、ハノイNo,1フォーの店”の匂いは、近所のラーメン屋と同じだった♪本物はどれだ?

引き続き1月22日(金)

とりあえず行こうと思っていた場所の訪問は終わった。。。
時刻はまだ11:00amごろ。。。

ちょっとお腹も空いてきところなんで、ホテルへ撤収ついでに何か食べていこう♪

IMG_5914-0131.jpg
歩道を疾走するバイク集団。。。
こういうところはタイと同じだな。

朝行った「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」の前を通ると既に閉まっていた。。。
IMG_5917-0131.jpg

営業時間は6:00-10:30am、5:30-9:30pmなので注意。

歩いていると、肉が焼けるいい匂いがしてきて、看板をみると「ブンチャ」と書いてある。
IMG_5920-0131.jpg
IMG_5924-0131-1.jpg

ブン=米麺、チャ=混ぜるという意味で、日本風に言えばつけ麺ってところかな?

この麺はタイで言う所の「カノムジン」つまり「コシのないそうめん」みたいなやつ。
これを「甘々のつけダレにつけて食べる」んだけど、なぜかこのつけダレには「焼肉と肉団子」が入っているんだよね。。。
IMG_5919-0131.jpg
IMG_5922-0131.jpg

付け合せは揚げ春巻き
IMG_5923-0131.jpg

9年前にも専門店で食べたんだけど、このつけダレはやっぱり今回も甘々過ぎてオレには合わないね。。。

事前に値段を確認しなかったオレも悪いんだけど、会計のとき店のババアはニコ二コ顔で50,000ドンと。。。
どう見ても40,000ドン以下のレベルなんだけどね。。。
隣に座っていた地元民の客とババアが目を合わせてニヤリとしていたな。。。
気分ワルっ

取りあえずホテルに戻ってビアHANOIを飲んで昼寝。
IMG_5925-0201.jpg

***

2:00pmごろに出発。
外はかなり寒い・・・

向かった先は地球の歩き方によると「こここそが、ハノイNo,1のフォー」とも言われている名店だ。
IMG_5945-0201-1.jpeg
まったく目立たない店構え。

IMG_5944-0201.jpg

その名も「 Phở Thìn フォー・ティン」

店内はこんな感じ。
IMG_5941-0201.jpg

既に3:00pm近かったんで空いているが、昼飯時は超満員になるらしい。。。

ここのメニューはフォー・ボー・タイ(軽く湯通しした牛肉のせフォー)のみ。
椅子に座ると、勝手に出てくる。
IMG_5938-0201.jpg
どうです♪このネギ(ガイドブックによるとネギ+アサツキらしい)♪
IMG_5943-0201.jpg

IMG_5939-0201.jpg
熱々のスープに美味そうな平麺

いただきます〜す♪
ここのフォーはザー・チュエンとは違って、ちょっとどろっとした感じの濃厚系スープ
濃厚といっても味が濃いわけではないのだが、なんだかちょっとトロミ?脂?があるような感じ。

うまい♪

で、これ食べていた時に「このスープ、なんだか高校生の時に食べた「カッパ大王」のラーメンみたいだ」って急に35年も前のことを思い出したんだよね〜

良い意味で独特の匂いのあるスープ。
この匂いが店内に充満している。
牛骨?で取ったスープなのかな?

この匂いが高校生の時に一度だけ行った近所で評判のラーメン屋のスープの味だったんだよね〜
カッパ大王、いま食べログで見ても当時の面影は全く無い。
当時は薄暗〜い店で、店内の壁に「食用蛙(の足)の干物?」が所狭しと並べてあって、そういえばホーチミンと同じような貧相なヒゲのオヤジさんが「お待ちしておりました」と迎えてくれる、かなり不気味な店だった。
Ho_Chi_Minh_1946.jpg
そうそう、こんな感じ?55
こんなオヤジが薄暗い店の奥から「お待ちしておりました」なんて言ってきたら不気味でしょう〜?

ここのラーメンは独特の臭みがあるんだけど、なんだか引き込まれるような味で、店の雰囲気とぴったりの「怪しい旨さ」だった。
当時から評判のラーメン屋(中華料理屋?)だったけど、電車に乗らないと行けないんで結局行ったのは一回だけだったけど、強烈に印象に残る店であり、ラーメンだったんだな〜、だってこうして約35年ぶりにハノイで思い出してしまうぐらいだから55

IMG_5940-0201-1.jpg
完食です♪

今朝食べた世界一とも言われる「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」のフォー、いや、これこそNo,1とも言われている「 Phở Thìn フォー・ティン」のフォー、どちらも絶品でした。

どっちが良いかって?
う〜ん、難しいね。。。

本格的醤油ラーメンの名店と本格的豚骨醤油ラーメンの名店のラーメンを比較するようなもんで、これはもう好みの問題かな?
「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」は万人ウケする本格派、「 Phở Thìn フォー・ティン」は独特な旨味のある個性派ってところ。
オレ的には「 Phở Thìn フォー・ティン」の旨味(人によっては臭みに感じるかも?)が一歩勝っているような気もするけど、人にお勧めするなら「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」かな?

分かり難い?って?
まあ、それだけどちらも絶品で際どい違いってことです。

場所はここ(地球の歩き方に載っていた店)


追記
調べてみると近くにも同じような店がある


さらにこんなコメント発見!

This is not the original Pho Thin, The original Pho Thin is with the full name Phở Thìn Bờ Hồ and its located at 61 Đinh Tiên Hoàng - Hoàn Kiếm - Hà nội that near Hoan Kiem Lake. The Original has opened for more 60 years and the taste is not change since 1940. If you want to know the true Pho you should try this place ! The Pho Thin Bo Ho opened at 04:30 Am - 13:00 Pm for the morning and 05:00 Pm - 22:30 Pm for the evening !

これによると場所はここ


こりゃあもう一度ハノイに行く口実が出来たね55

今日は最後に別の店でもう一杯フォーを食べたんだけど、(訂正:日にち間違いでした)長くなったんでここで一旦切ります。


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【1】1月 | 00:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

杜の都ハノイ(7)ベタな観光スタート。やっぱりガイドブックはちゃんと読まなきゃダメだね・・・

引き続き1月22日(金)

着きましたホーチミン廟です。
IMG_5876-0129.jpg

さすが建国の祖を祀った場所、異常に広い道路。。。
なかなか立派ですね♪

横にはホーチミン博物館なるものがありましたが、共産主義者の人生には何の関心もなく素通りです。
これが博物館らしい。
IMG_5877-0129.jpg

このホー爺さんの一生についてはこれを読めば十分ですかね?
IMG_5878-0129.jpg

廟の正面。

この中にホーチミンの生身の死骸が展示されている?らしいです。

こうして永久保存されている政治家の死骸で有名なのは「レーニン」「蒋介石」「毛沢東」「金日正」「金正日」そして「ホーチミン」。。。まるで悪の枢軸そのものですよね?55
これに「ヒトラー」と「ポルポト」が加われば万全でしたが55

よく、ホーチミンは「腐敗や汚職に無縁で、禁欲的で無私な指導者であり、自らが個人崇拝の対象になることを嫌っていた」と言われ清貧の政治家と言われているようですが。。。本当でしょうか???
閉鎖的な強権政権の国では都合の良いことしか言いませんので、まずは疑ってかかることが大切です。

ホーチミン本人の意に反して、神格化され個人崇拝の対象になってしまった今。自分が崇拝した主義主張に自分の意を捻じ曲げられるとは思いもしなかったでしょうね?

ベトナムは共産党一党独裁の強権国家。
気を許してはいけません。。。
建国の祖ホーチミン自身でさえ、死後利用され「晒し者」になってしまったぐらいですから55

さて、時刻は10:00am
まあせっかくここまで歩いてきたんだから、世紀の革命家の死骸でも見ておくか・・・と思い、ぐるぐる歩いて入口を探す。着いたところとは逆の西側に入口らしき所があり、4万ドン払って入場したが、そこは「パックタオ公園」と言われる公園だった。。。

ここからホーチミンの家や廟に入れるのかと思ったけど、その気配なし。。。
えっ?こんな公園に入るだけで4万ドン???
完全に無駄金だった。。。

園内では人民よりタイ人観光客の方が多かった。あちこちからタイ語が聞こえたよ。
IMG_5879-0129.jpg

IMG_5882-0129.jpg

これが廟の裏側。
完全に閉まっている。

外に出て「地球の歩き方」を見て納得

ホーチミン廟
開館時間
4/1〜10/31 7:30-10:15
11/1〜3/31 8:00-10:45

休館
月曜日、金曜日
入場無料


555
今日は金曜日でしたね。。
日本人の感覚でいうと金曜日休館ってことは全く頭になかったね〜
それに今の時期は10:45までしか入れないらしい。
その時の時刻は10:00ちょっと過ぎだったからギリギリ間に合ったけど、そもそも金曜が休館じゃあしょうがないね。。

イスラム教の国なら金曜日が休みって知っていたけど。。。
ちゃんとガイドブックを読んでいない証拠だな55
まあ、死体を見てもしょうがないのでさっさと廟を後にした。

ハノイ一、いや世界一のフォー「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」からの道のりはこんな感じ


***

で、次はこの近くのベトナム軍事歴史博物館へGo!
ここはホーチミン廟へ来る時に通った場所にある。


歩いて10分くらいの距離
この博物館の前にも「オートバイ、オートバイ、チープ、チープ」とうるさい運ちゃんがたむろしていた。
オートバイって日本語だよね?

IMG_5890-0129.jpg
博物館の建物。
ここは基本的に広大な軍の施設の一部が博物館になっているだけで、やたらと軍人が行き来していた。
まさにこの絵とおんなじ格好で。。。
IMG_5867-0128.jpg

入口のチケット売り場で料金表を見ると、大人40,000ドン、カメラ持ち込み30,000ドンと書いてあったので「あの〜、大人一枚それとカメラも一緒に」って言って100,000ドン札を出すと「今日は休館日です。野外展示物は自由に写真を撮って良いです」と言いながら60,000ドンのお釣りを差し出す。。。

えぇ〜、ここも金曜日が休館なの〜???

ベトナム軍事歴史博物館
開館時間
4/1〜10/31 8:00-11:30、13:00-16:30

休館
月曜日、金曜日

入場料
大人   40,000ドン
7-大学生 20,000ドン
6歳以下   無料
カメラ持ち込み 30,000ドン


ちゃんと昼休み時間は取ってあるのね?
さすが公務員天国ベトナムです♪

オレってこういうベタな観光施設にはほとんど興味ない(特に東南アジアの寺院、博物館や有名建造物には興味なし。ただし中東の遺跡には大変興味あり、また近代戦争に関する資料にもちょっと興味ある)ので、最近滅多にガイドブックなんか見ていなかった。

基本、オレはガイドブックを持っていく場合でも現地到着してからルートを決めたり、見たいところを決めるタイプなので事前に熟読したことはほとんどない。
大概「行きの飛行機の中で読もう」と思っても読んだためしがない55
事前に読むのは「入国」に関するページと、最初に行く場所へのアクセス方法ぐらいかな?

なので、「行ったけど閉まっていた」・・・なんてことは何度かあった55

そんな時は「また来ればいいや〜」って思っていたし、本当に興味がある場所には何度も何度も行っている。
一見効率が悪そうに見えるけど、これがオレの旅のパターンで、行き当たりばったりの気まま旅が一番楽しいと信じて疑わない。。。
あそこに行きたい、あれも見たいと最初から全部詰め込んで計画した旅はオレのしょうに合わないんだよね。。。

この博物館に興味があったのは、サイゴン陥落の際、大統領官邸に一番最初に乗り込んだT54型戦車(識別番号843)が国宝として展示されているから。
ただ、よく調べてみると本当に最初に突入したのはT59型戦車(識別番号390)だったようだ。
この2両が国宝として登録されているらしい(390号は別の博物館に展示中)。

野外には別のT54型戦車(識別番号985)が展示されていた。
IMG_5883-0129.jpg
IMG_5884-0129.jpg

で、鋳物の砲塔をよ〜く観察してみると・・・
IMG_5885-0129.jpg
IMG_5887-0129.jpg
う〜ん、相当粗い仕上げをしているな〜
(それともかすった砲弾の痕???さすがにこんなにかすらないよね?)
巣もいっぱい出ていて、こりゃあ内部欠陥も相当ありそうだ55

まあ、戦車は美術品じゃないのでこんなもんでも良いのかもね?

ちなみにこの奥に展示されていた米軍のM48型戦車
IMG_5893-0129.jpg
IMG_5897-0129.jpg
こちらも鋳肌むき出しだけど、無駄な仕上げが必要ないレベルのようだね?

当時のアメリカとソ連の鋳造技術の差かな?

えっ?あんた見るところ間違ってない?って?
会社員時代、この鋳物や鍛造品の欠陥でずいぶん泣かされたんです。。。
なので、ついつい目が行っちゃうんですよ55

9年前にはホーチミン・シティーの戦争博物館やクチトンネルにも行ったことがあるが、これでよくアメリカに勝ったな〜と感心するほど貧弱な装備。。。人海戦術、ゲリラ戦法って大国相手に意外に有効なことが分かった。。。
ソビエトのアフガニスタン戦争しかり、アメリカの対アルカイダ、対ISしかり。。。

ここでは本館が閉まっていたので外に無造作に展示されているガラクタ?を見て回った。
IMG_5888-0130.jpg
IMG_5889-0130.jpg

ん?んん〜ん???
こっ、国宝?このオンボロMIG-21が???
米軍機14機撃墜のマークが輝かしいね〜

あとは本当のガラクタ
IMG_5892-0130.jpg
IMG_5905-0130.jpg
ベオナム戦争といえばこのUH−1H。地獄の黙示録の最初のシーンを思い出す。

このUH-1Hは日本ではFHIが作っていた。今は改良型のUH−1Jだけど。。。
これ、両方ともかつての仕事で関わった機種で、特にUH−1Jは製造スタッフとして一部品の開発に関わっていたんで懐かしいね。。。

ここには古い監視塔?みたいのもあった。
IMG_5891-0130.jpg

この塔の上からの景色
IMG_5911-0130.jpg
眼下に眠る戦争の残骸、遠くに見える近代的な高層ビル。。。

果たしてこの戦争で亡くなった方は報われたのか?犬死にだったのか?



なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【1】1月 | 00:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

杜の都ハノイ(6)ハノイの街歩きをしていて気がついた「ベトナムとタイとの違い」・・・なんだか分かりますか?

引き続き1月22日(金)

大満足の「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」のフォーを堪能。
これでもう、今回の旅の目的の8割は達成してしまったかな?

これ以降はノープランなので、近くの公園?のようなところのベンチで一休みしながら、地球の歩き方を見つつ今後の予定を考えてみる。
時刻は9:00am

地図を見るとハノイの一大観光地「ホーチミン廟」がどうにか徒歩圏内のようだし、その近くの「ベトナム軍事歴史博物館」にはベトナム戦争時のサイゴン陥落の際に大統領官邸に突入した戦車(国宝!らしい)が展示されているらしい。

まあ、ベタな観光地であるけど行ってみるか〜
基本的にこういう観光地めぐりは好きじゃないけど、食べ物ばかり食べている訳にもいかず、かと言ってホテルで寝てるのもバカバカしいし。。。渋々重い腰を上げました。

ということで、地図を見て頭に叩き込んで歩き出す。
途中見た景色はこんな感じ

IMG_5859-0128.jpg
これは葬儀屋。帰りに店の中を覗いたら、立派な棺桶の在庫がいっぱいあった55

IMG_5862-0128.jpg
IMG_5860-0128.jpg
アジアっぽい風景。
まあ、タイでも同じような景色はいくらでもあるけど、決定的に違うところがあるね〜

何だか分かる?

正解
「ゴミが全くない」

ベトナムの人って素養が高いのか?それとも規制が厳しいのか?良くわからないけど、街を綺麗にしているってのは確かだな。。。首都のハノイだからかもしれないけど。。。

これはホアンキエム湖のほとりで見た光景
下の写真の掃除のおばさん?何してるのか分かりますか?
IMG_5806-0128-1.jpeg

そ〜なんです、な、なんと花壇?の下の方の汚れを磨いているんです♪
IMG_5806-0128-2.jpg
思わずカメラを向けてしまいましたよ55

えっ?そんなのふつ〜じゃん。。。だって???

いえいえ、広くアジアで「掃除をする。綺麗にする」=「床に落ちているゴミを箒で掃く(*1)」ことを意味するのであって、「磨く」ってのは「掃除の範疇」には入っていないんです。。。
まあ、家の中だけはモップで床を磨くってのはありますけど。。。
(*1)ちなみに掃いたゴミは、そのまま野外にポイっ♪

当然タイでもそうです。
だから、壁や窓ガラスは触るのも嫌なくらい汚れていることが普通です。

タイって「忠義・孝行」や「親切・慈悲」については子供の頃から熱心に学ぶけど、その他が決定的に欠けている・・・
まあ、そんなことは分かった上で住んでいるんだけどね。

ベトナムの皆さん、しっかり街を磨いてくださいよ♪
怠けてたら「強制収容所行き」になって「思想再教育の刑」になるかもしれないからね?55

そしてバス停にあった市街地図?バス路線図?
IMG_5864-0128.jpg

これもタイにはマズないね〜
基本的にタイの人って地図読めないからね55
だから、タイに観光に来て地図見せて「今どこ?ここに行くには地図上でどう行ったらいいの?」って聞いても要求通り教えてくれる確率は3%以下だろうね。。。
もし、教えてくれる人に出会ったら、その人は「幼少の頃から外国で教育を受けた人」だと思うよ。。

「タイの悪口ばかり聞きたくない!」って?

いや、悪口じゃなくて「客観的な比較」、もっと高尚に言えば「文化人類学的見地」を述べたにすぎない55

さて、だんだんと街の雰囲気が「旧市街の庶民の街」から「外国公使の住む高級住宅街」へと変わってきました。
道も歩道も広く、ゴミひとつ落ちていません。
タイのように「歩道はあるけどガタガタで歩けない」何てことは全然なく、歩いていて気持ちがいいです♪
IMG_5865-0128.jpg
IMG_5866-0128.jpg

IMG_5868-0128.jpg
IMG_5871-0128.jpg

まさに「杜の都」です。

地図を見て道順を頭に叩き込んで歩いていたので間違えるはずはないんだけど、そろそろ着いてもいい頃なんだけど上のような写真の道が続く。

途中なんども「オートバイ、オートバイ」と言って来るモータサイのおっちゃんがいたけど、オートバイって日本語?ベトナム語???
日本語ならオレを日本人と見抜いているってことだよね???

どっかの大使館?大使公邸?の前にいた警備員に「ホーチミン廟に行きたいんだけど」と聞くと「すぐそこだ」と言われてちょっと歩いた先に、いきなりこんな景色が広がっていた。。。
IMG_5874-0128.jpg
IMG_5876-0128.jpg

おぉ〜♪ここだけ別世界だな〜

次回はベタな観光名所「ホーチミン廟」と「ベトナム軍事歴史博物館」です。。。
ちゃんとガイドブック読んでいなかったんで大きな落とし穴が待っていました・・・


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【1】1月 | 00:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT