脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

タイの銀行口座でインターネットバンキングを開設する(バンコク銀行)【2】開通

バンコク銀行から出てきたスリップ。
IMG_9943-0212.jpg

最下段に書いてある通り、3日後にはPINナンバーが無効になってしまうので早速やってみよう。

***

Step-1、
バンコク銀行のHPを開く

Step-2、
TOPページ右上にある Bualuang iBankingをクリック
bblstep9.png

Step-3、
初回登録のためresister onlineをクリック
bblstep8.png
bblstep8-1.png

Step-4、
尚、この登録作業は7:00-22:00までしかできないので、時間外にやろうとすると以下の画面が出てこれ以上先に進めなくなる。
bblstep7.png

Step-5、
次の画面で細かい契約条項が表示されるが、一番下までスクロール
bblstep6.png
心配な方は全文をお読みください。

Step-6、
最下段にある①チェックボックスをクリック、②AcceptTerms and Conditionsをクリック
bblstep5.png

Step-7、
Step6まで行くと、登録済みの携帯電話にワンタイム・パスワード(OTP)がSMSで送られてくるので①に入力。
②下段に生年月日を入れて、③最下段のConfirmをクリック。
bblstep4.png
注意:①のOTPは送られてきてから5分以内に処置が必要。また、3回間違えるとロックされる。

Step-8、
①に新しいパスワードを登録(2箇所)、②e-mailアドレスを入力、③確認(Confirm)をクリック。
bblstep3.png

Step-9、
はい、おめでとうございます♪登録内容を確認して、間違いなければ最下段のConfirmをクリック
bblstep2.png

Step-10、
あなたのアカウント状況です。
bblstep1.png

***

どうです?簡単でしょ?

まあ、そんなに頻繁に使うものじゃないけれど、こうやっていろんなことにチャレンジ(大げさだけど)することにより、有り余る時間を使って暇つぶし♪するのも楽しいもんよ。

あまり使わないと、ログインできなくなっちゃう可能性もあるので注意。
実際にカシコン銀行は2年以上使っていなかったら、ログインできなくなって困ってしまったよ(笑)
その際の解決方法は別途記事にする予定。

《追記》
せっかく開通したバンコク銀行のインターネットバンキング。
昨日ログインしようと思ったら。。。
bblstep-11r.png

ログインできない。。。。
なんで〜???

あぁー、コールセンターに電話しなきゃいけないよ。。。
めんどっちいな〜

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■手続き関係(タイの銀行) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイの銀行口座でインターネットバンキングを開設する(バンコク銀行)【1】申請〜登録

前の記事で書いた通り、オレはバンコク銀行とカシコーン銀行に普通口座を2つ持っている。

タイの銀行口座を開設する方法(過去記事&最新情報付き)

そのうち、カシコーン銀行は口座開設直後にインターネットバンキングができるように登録してもっらっていた(当時はノービザでもなんの問題もなかった)が、バンコク銀行は未開通。

1年くらい前に、口座のあるバンコク銀行バンカピ支店に言ってインターネットバンキングが使えるようにしたいと申し出たところ、「あなたの口座はコードナンバー53なのでインターネットバンキングは利用できません」と言われすごすご引き下がった。

当時このコードナンバー53の意味するところがよく分からなかった(今でも正確には分からない)が、カシコーン銀行のインターネットバンキングが使えるし、現状困っていなかったので「まあ、いいか〜」で済ませてしまった。

が、やっぱり使えたほうが何かと便利と思い直して、2月3日に再びバンコク銀行バンカピ支店に出向いた。

***

【インターネットバンキング編(バンコク銀行)】

2階に上がり男性行員のデスク前に座る。

オレ「あの〜、インターネットバンキングを使えるようにしたいんですが。。。ワークパミット(労働許可証)は持っていませんが、O-Aビザ(ここではリタイアメントビザ)を持っています。なにかと不便でね〜、使えるようになりますかね〜?」

行員はパソコンのキーボードを叩いて1枚印刷し
「あなたの口座はコードナンバー53ですね。だからインターネットバンキングを使うためにはコードナンバーを11に変えなくてはなりません」

オレ「そのコードナンバーってなんですか?」

行員「これはですね、53は○!▲※□◇#◎△!※□◇?○▼※△☆▲※◎★●、11は○!▲※□◇#◎△!※□◇?○▼※△☆▲※◎★●ということです。だから、あなたのコードを変える必要があるんです」

会話は全てタイ語だったが、肝心なここ・・・何を言っているのか正直分からなかったが、なんとなーく53は非居住者、つまりワークパミットや有効な長期滞在ビザを持っていない人の口座コード、11はそういったビザ等を持った人の口座コードかな?っていう程度。

参考:コードナンバー=顧客タイプ(Customer Type)

オレの場合、この口座開設時には「ノービザ」だったので、その情報のまま登録されていたのだろう。

コードナンバーはその人の属性によって数種類あって振り分けられていると思われる。

ちなみにこのコードナンバーは通帳等をどう見ても記載されていない。
つまり、行員しか知り得ないコードのようだ。

パスポートのビザのページ等のコピーを取ってサインさせられた上で「来週の金曜日にまたここに来てください。これから書類を上司(関連部署?)に回します。このビザなら大丈夫だと思いますよ。それでは来週の金曜日に。。。」

で完了。

な〜んだ、あっけなかったな〜

👉ここまでのまとめ

銀行に出向いて「インターネットバンキングを使いたい」と言うだけ。その際には自分に有利な条件(ビザを持ってる等)をきちんと伝えること。
これだけ。


これだけだと???な方のために、バンコク銀行日本語Hp記載の内容を抜粋しておく。

インターネット・バンキング申込必要書類等 (海外送金サービスを除く)
インターネット・バンキング申込用紙*1
パスポート
労働許可証*2
登録する口座・投資信託の通帳・小切手等
登録するクレジットカード(バンコック銀行発行のクレジットカードのみ)
タイ国で契約した携帯電話番号(ワンタイムパスワード送信用)

*1 口座開設と同時にお申込みの場合は、口座開設申請用紙 をご利用いただけます。

*2 労働許可証をお持ちでない場合は、所定の長期滞在ビザをご提示いただく必要があります。

※海外送金サービスのご利用をご希望の場合は、別途お申込が必要です。また、ご利用は労働許可証をお持ちの方に限られます。

申し込み当日に必要だったのは、パスポート(ワークパミットやビザ付き)、通帳のみ。
ただし、最終的にはタイの携帯電話番号+ATMカードも必要になる。

それにしても、中心部のこんなに大きな支店なんだが、行員でまともに英語が話せる人が少ないのに驚いた。。。

***

指定された翌週金曜日、2月10日

長袖シャツに長ズボン、靴下履いてナイキのスニーカーを履いて出かける(笑)

10:00、バンコク銀行バンカピ支店着
IMG_9913-0212.jpg

2階に上がり、先週対応した男子行員のデスクに向かったがあいにく他の客の対応中。
隣の空いた女子行員に声を掛けられ
「あの〜、先週インターネットバンキングを申し込んだんです。彼(隣の男子行員を指差して)に今日来るように言われてきました(直訳調)」

女子行員が男子行員に問いかけると首を振る男子行員
女子行員曰く「จำไม่ได้หรอ(覚えてないの〜?)」と。。。
少々心配になる・・・

しょうがなくPCのキーボードを叩く女子行員
1枚の紙を印刷し終わると「ATMカードを持ってきましたか?手続きは1階のATMでやります。一緒に来てください。」

どうやら申請は認められたようだ。

👉ここまでのまとめ
先週申し込み時にはパスポートと通帳を提出。ビザのページ他を印刷しサインしただけ。
これによりコードナンバー53→11に変更され、インターネットバンキングができるようになったようだ。


***

1階のATMへ。
IMG_0414-0223.jpg

ここで登録の操作方法はバンコク銀行日本語ホームページに詳しく書いてあるので抜粋する。
ATMでのお申込

インターネット・バンキングへのお申込資格をお持ちのお客様(労働許可証をお持ちのお客様もしくは所定の長期滞在ビザをお持ちのお客様)は、ATMからのお申込も可能です。(申込受付時間:7時~22時)

ただし、口座開設時に労働許可証もしくは所定のビザをご提示いただいていない場合は、店頭にて顧客タイプ(Customer Type)の変更が必要です。口座開設支店にパスポートと労働許可証(お持ちであれば)をご持参ください。変更手続きには通常7営業日程度かかります。

窓口でやった手続きというのがこれのこと


自分の顧客タイプが分からない場合は、とりあえず以下の手順でやってみる。
最後まで出来たらラッキー、途中で何らかのメーッセージが出て先に進めなかったら、窓口で相談すると良い。


①ATMカードを差し込み、暗証番号を入力してください。

②言語の選択画面で「ENGLISH/日本語」を選択してください。
以下、日本語対応済みのATMは日本語で表示されます。

③「Apply for/amend service / サービスの申込/内容変更」→「Bualuang iBanking/Bualuang mBankking / インターネットバンキング/モバイルバンキング」→「Apply /お申込」を順に選択します。確認メッセージが表示されますので、手続きを続行するには「Agree / 同意する」を選択してください。

④「Please create your PIN number(4digits) / 初回ログインに使用する4桁のPINコードを指定してください」→ 「Continue / 継続」。
「Please re-key your PIN number for confirmation / 確認のため、もう一度PINを入力して下さい」→ 正しければ「Confirm / 確認」を選択して下さい。

⑤「Please Enter and Verify Mobile Number / 弊行にご登録の携帯電話番号を入力してください(数字のみ)」。入力が正しければ「Correct / 正しい」を選択して下さい。
※携帯電話番号は、初回ログイン時に必要となるOTP(One-Time Password)の送信先となります。電話番号が誤っていると、手続きを続行することができません。登録携帯電話番号の変更は、店頭で承ります。変更手続き完了には1週間程度お時間をいただきます。

⑥「ATM Process complete. Your mobile phone number is …….. / ATMからのお手続きは完了いたしました。お客様の携帯電話番号は……..です。」と登録完了画面が表示されます。「Would you like to use another service? / 引き続き他のサービスを利用しますか?」→ 「No / いいえ」を選択して終了です。 ATMカードとスリップをお受取ください。ATMスリップには、ログイン先URLと初回ログイン時に使用するユーザIDが印字されています。※PINの有効期限は3日間です。3日以内に初回ログインをお済ませください。有効期限が切れた場合は、最寄のバンコック銀行ATMにて①から再度お手続きください。店頭で再度お申込を承ることはできませんのでご注意ください。


長々と書いてあるが、これを読むよりも実際のATM画面に従って操作すれば良いだけ。

この際に必要なものは「ATMカード」と「銀行に登録済みの携帯電話番号*(1)

さて、登録後に出てきたスリップ
IMG_9943-0212.jpg

ここに書いてあるようにバンコク銀行のHp上で登録することによりインターネットバンキングの利用が可能になる。

次回はこのHp上での登録手順を書く。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■手続き関係(タイの銀行) | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

非居住者がタイの銀行口座を開設する方法(過去記事&最新情報付き)

今般、バンコク銀行でインターネットバンキング登録ができた(放っておいたがようやくやった)で、あらためて2回に渡りタイの銀行口座開設編とインターネットバンキング開設編を書いておこうと思った。

非居住者(旅行者=ノービザ・ツーリストビザ)でタイで銀行口座を開設したい、インターネットバンキングを利用したいという方が大変多い。
そのため、検索すると莫大な記事が見つかる。
しかし、これら多くはあくまでも「その時に、その銀行の、その支店の、その担当者に、その人が行って出来た」に過ぎず、あらゆる条件下でも万全な対応策はない。

従って、この記事も全く同じで、あくまでもDamascusの実録&備忘録ということを忘れずに。

特に最近は色々と厳しくなってきているのは事実。ただし「タイの全銀行が全ての非居住外国人に対して口座開設を禁じる」という法律はない(一部、行政指導はあるらしい)ので、道は探せばあるはず。。。

***

【銀行口座開設編】

IMG_0411-0223.jpg

現時点でタイの銀行口座は「バンコク銀行」と「カシコーン銀行」のそれぞれ普通口座を持っている。
それぞれ、過去ノービザ時代に開設した口座。

ここでは、それぞれの口座をどのように開設したのかを実録としてまとめる(備忘録)。それぞれ、それなりに昔の話なので現時点でも有効なのか?については全く分からない。

それではちょっと無責任すぎるので、各行の公式サイトで確認した限りの最新情報も合わせて記載しておく。

全てはご自分で調査実践してください。
銀行口座もリタイアメントビザ同様、業者に依頼すればそれなりの手数料で開設可能らしいが、何事においても自分でやらないと気が済まないオレは、それなりの下調べ及び当たって砕けろ精神で歩き回って情報を収集した結果、2行の開設にこぎつけた。

当たって砕けろ精神だけは今も昔も有効なハズ。
皆様のご検討をお祈りします。

***

1、バンコク銀行
(1)開設支店:バンコク・バンカピ支店
(2)開設日時:2010年1月
(3)開設時の属性:ノービザ、住所はバンコクのホテル
(4)手順
これは、当時バンコク銀行の日本語サイトに記載されていた方法で、その通りに準備して申請した結果問題なく口座開設できた。

①日本で「戸籍謄本」の申請、入手
②上記①を在タイ日本大使館へ持参し、戸籍記載事項照明(英文)の申請、入手
③パスポートと②の戸籍記載事項照明(英文)を銀行に持参し口座開設

《参考記事》
タイで銀行口座開設
タイで銀行口座開設2
タイで銀行口座開設~完了!

ただし、2017年2月現在バンコク銀行日本語ページにこの記載はなく、同じ方法で開設ができるかどうかは全く不明(多分もうできないと思う)

NEW!最新情報》

その代わり口座開設に関して以下の様な記述があるので抜粋・要約しておく(2017年2月現在)。
・口座開設必要書類=パスポート、労働許可証
・労働許可がない場合はNon-Immigrant B, ED, O, O-A 等の長期滞在ビザ


👉口座開設は、各支店の判断。必要書類は、口座開設支店へ直接確認要。
私見:支店の判断とは言うが、支店というより対応した行員の判断が大きい。運不運がある。タイでは全般的に担当者の裁量が大きい(というより気分次第?)ので、ダメでも諦めずに日をあらためて別の支店、担当者へアタックすべし。

・非居住者バーツ口座(個人名義)の開設・閉鎖は、シーロム本店(*1)のみ。入金・出金含むすべての手続きもシーロム本店店頭にて口座名義人本人の手続きが必要。
・非居住者普通預金口座にATMカードを発行不可。
・バンコク銀行の考え=「特別なご利用目的(*2)のない限り非居住者口座の開設を積極的には勧めない」

(*1)バンコク銀行曰く「シーロム本店1階口座開設カウンター内「ジャパンデスク」では、日本語の話せるタイ人スタッフが口座開設をはじめとする種々のお取引のお手伝いをいたします。」とのこと。
(*2)要は長期ビザ等を取得する目的等、明確な理由が必要ってことだと思う。ただし、ここで言っているのは「あくまでも目的=予定」であって、先のことはわからない。目的さえちゃんと言えれば開設は可能と思われる。

詳細はここの中の「各種預金口座のご案内」に詳しく書いてある。

👉非居住者とは「ワークパミット」や「長期滞在ビザ」を持っていない旅行者のことと思われる。
非居住者→シーロム本店で口座開設可能(と思われる)
居住者→どこでも可。ただし、必要書類や開設可否は支店・担当者ごとに違うので要確認。

そもそも、長期ビザを取得するには銀行の口座が必要なのに、これらがないと開設できない(制約がある)ってことに矛盾を感じるが、口座を不正な行為に悪用される恐れがあることは事実なんで、厳格に適用しているのだろう。

2、カシコーン銀行
(1)開設支店:バンコク・BIG−Cラチャダムリ支店
(2)開設日時:2012年7月
(3)開設時の属性:ノービザ、住所はバンコクのホテル
(4)手順

①カシコーン銀行の場合は、バンコク銀行のような公式なインフォメーションがなかったので各支店を歩き回った。
結果的には7支店を回ったが、すべて以下の理由により口座開設を断られた。
・ワークパミット(労働許可証)がなければダメ=7全支店

ただし、条件を満たせばワークパミット不要という支店も幾つかあった。
・住居証明(タビアン・バーンのこと?イミグレ発行のあれのこと?)があれば可=2支店
・タイ人保証人がいれば可=3支店

👉これを見ても分かる通り、同じ銀行でも支店・担当者によって答えはかなり違う。

②タイ人の保証人を一人確保し、同行の上口座を開設できた。

👉ただし、「もし、この口座が犯罪に使われた場合責任を負う」と保証人が一筆取られていた。
その辺の単なる知り合いのバーの女子だと厳しいかも?(笑)

《参考記事》
ミッション ヤン・マイ・セット(完了せず)。。。
ミッション セット・レオ(完了!)その1
ミッション セット・レオ(完了!)その2
ミッション セット・レオ(完了!)その3

NEW!最新情報》

カシコーン銀行日本人窓口廃止????

この記事を書くためにカシコーン銀行のHPにアクセス。
言語を日本語に変更しようとしたが英語とタイ語しか選択できず???

念のため、日本語で記載されたサイトをいくらクリックしてもアクセスできない。
今でも「カシコーン銀行」で検索すると「日本語専用コールセンター」等が表示されるが、クリックしてもこの表示
日本語ページ

ってことは、日本人向けのサービスをやめてしまったのか?

しょうがないので英語版でsaving accountの口座開設(open account)ページを開くと、必要書類に以下の記載がある。
Documents required

National ID card (Smart Card)
Copy of House Registration (in case other ID cards are submitted)
これ、どう見てもタイ人用の内容。。。

ここまでしか調べていないが、なんとなくカシコーン銀行で非居住者の外人が新たに口座を開くのは難しくなったのかな〜と思う。

***

まとめ

1、属性別(ビザ等の種類)

数年前までは旅行者(ノービザ、ツーリストビザ)でも一定の条件のもと開設できる銀行・支店がそれなりにあった。
口座開設+ATMカード+インターネットバンキング合わせて取得できた。

しかし、現時点ではかなり厳しくなってきているようだ。
あくまでも目安だが、属性による難易度は以下の通り。

①ワークパミット(労働許可証)所有者
最強の手形。これがあれば、タイ主要銀行の多くで口座開設(+ATMカード+インターネットバンキング)できる。

②長期滞在ビザ所有者
ワークパミットと比べると力は弱いが、銀行・支店によっては開設(+ATMカード+インターネットバンキング)可能。1年以上のOビザが理想的だが、バンコク銀行の場合はED(留学)ビザでも可能となっている。

③ノービザ、ツーリストビザ=非居住者
バンコク銀行以外ではかなり難しい。以前カシコーン銀行でオレがやったような「タイの保証人」で開設できるかは不明も、食い下がって説明すれば対応してくれる銀行はあるかもしれない。

2、銀行別(公式Hpからの情報)

①バンコク銀行はワークパミットがなくても長期滞在ビザを持っていれば、支店や担当者によって多少の違いはあっても、日本人向けに公式な口座開設方法を書いているので口座開設は可能と思われる。

しかも、シーロム本店には「ジャパンデスク」なるものもあるようなので、タイ語も英語もちょっと・・・という人でも大丈夫。

非居住者(ワークパミットも長期滞在ビザも持っていない人)でも、「おすすめはできません」とは書いてあるが「できない」とは言っていないのでチャレンジする価値はある。
そもそも、その長期滞在ビザを取得するためには、先に銀行口座が必要なので「口座開設ができないわけがない」。

ただし、非居住者はATMカードも持てず、入金引き出しともシーロム本店に限定されるのはかなり厳しい。

②カシコーン銀行は、ワークパミットまたは長期滞在ビザを持っていないと正直ちょっと厳しいかな〜と感じている。
が、実録(上のリンク先の記事)に書いた通り、オレ自身も7支店回って断られ続けながらもどうにか開設できたので、「当たって砕けろ精神」+「一度ダメと言われたくらいでは引き下がらず、食らいついていく精神」で頑張ってください。

③その他では三菱東京UFJ銀行傘下のクルンシィ銀行(アユタヤ銀行)では条件付き(長期滞在ビザ所有者)ながらも開設可能のようだ。
「クルンシィ タイ ベネフィットパッケージ」

***

最後に
ネットで検索すると山のように出てくる「私はこうしてタイの銀行口座を開設した」という記事。
最初に書いた通り、それは「その時に、その銀行の、その支店の、その担当者に、その人が行って出来た」ということを忘れずに。まさに「ラブ・ストーリーは突然に」の世界だ。全然違うって?(笑)

近年、政府からの指導で一段と厳しくなってきた「非居住者の口座開設」。
とにかく早くやってしまうことが一番だと思う今日この頃。。。

次回はインターネットバンキング編

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■手続き関係(タイの銀行) | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これって粗悪品売りつけ商売か?カシコーン銀行と、ついでに伊勢丹でお買い物

久しぶりにタイの話題です。

先日○○カードをお持ちですか〜?カード発行ラッシュ♪の記事で書いた通り、カシコーン銀行のキャッシュカード兼デビットカードのコーティングが剥がれてしまい、このままでは金も下ろせないので帰国翌日の25日早速再発行に行ってきました。
IMG_6820-0322.jpg

行ったのはラチャダムリにある某支店
IMG_6851-0325.jpg

1:30pm頃だったんで誰もおらずガラガラ
早速「あの〜、これ新しくして欲しいんですが〜」といい、裏のコーティングの剥がれたカードを見せると、早速手続き開始。

参考までにカードを新しくするには「パスポート」と「通帳」が必要。

で、お姉さん開口一番「150バーツです」と。。。

う〜ん、前にも書いたけどこのカードって3年しか使ってないんだよね〜
昔の日本のカードも結構剥がれたりしたことあったけど、そんなことがあったのも、もう20年以上前の話

これって「粗悪品を売りつけて、再発行手数料で儲ける」って考えなのかな〜???

以前、ATMにカードを飲み込まれて再発行した時は基本的には無料だった。

まあ、使い方の問題も1%くらいはあるんだろうけど、これってカード自体の品質の問題だと思うけどな〜
150バーツって結構価値があるんで、バカバカしいけど面倒なので払った。
IMG_6853-0325.jpg
これが新しいカード。カードデザイン変わったね〜
今度のは5年は持っても欲しいね〜

これがレシート。
IMG_6854-0315.jpg

IMG_6855-0325.jpg
で、この7822ってのが当初設定の暗証番号で、すぐにATMで変更可能。
ちなみに既に変更済みです。

まあ、これで今日からの生活も安心かな?
後は残高を増やさなくっちゃ55

***

そうそう、せっかくここまで来たんで伊勢丹に寄ってみた。

今回、帰国便の預け荷物に靴用の「防水スプレー」を入れようと思ったんだけど、前日にあったベルギーでの爆弾事件で色々と厳しくなってるんだろうな〜と思い断念。

基本的には「引火性のあるスプレー」は機内持ち込みも預けも不可。詳しくは国土交通省のHP参照
普段ならこっそり入れても多分問題ない(と思う。多分ね。)けど、今回は没収されるのも癪なんでバンコクで買おうと思って諦めた。。。

この防水スプレー、日本の靴屋なんかには普通に置いてあるけど、タイの靴屋では全然見つけられず。。。
まあ、タイの一般の人は、防水スプレーなんて一生使わないだろうからしょうがないけど。。。

伊勢丹の靴屋なら・・・と思い行ってみると4種類くらいあった。
IMG_6856-0325.jpg

さすが伊勢丹!

値段も日本で買うのと同じくらいの300バーツ。

タイで良い靴履いてもあっという間に泥だらけ、汚水まみれになりそうで55
少しだけでも長い期間キレイであって欲しいから買いましたよ♪


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■手続き関係(タイの銀行) | 10:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコク銀行vsカシコン銀行

3月18日(水)

現在、タイで持っている銀行口座はバンコク銀行とカシコン銀行の二つ
1、バンコク銀行
・普通口座
・インターネットバンキングなし
・リタイアメントビザ(NON-O)の80万Bの預金
・登録住所は開設時のホテル
IMG_3345-1.jpg

2、カシコン銀行
・普通口座
・インターネットバンキングあり
・登録住所は開設時のホテル
IMG_3346-1.jpg
ということで、今日二つの銀行に行ってきた。
目的は住所変更、定期預金口座開設可否、インターネットバンキングの開通(バンコク銀行のみ)

まずはバンコク銀行
入ってすぐのところにいた美女行員にインターネットバンキングを使いたいんだけど〜と、パスポートと通帳を出して言うと「ATMカードはあるか?ATMカードを使って開設する」とかなんとか言っていた。。。
しかし、持っていなかったので通帳で色々調べると行員曰く
「あなたの口座番号は53という区分になっている。これではインターネットバンキングは開通できません」と。。。
その53番という区分の意味を聞いたけど正直よくわからなかった。。。
NON−Oビザを持っているが・・・と言ってもワークパミット(労働許可書)が必要と・・・
住所もタイに移して今ディンデーンに住んでいるって言っても「ダメ」・・・

ん〜ん、タイ語の理解率40-60%程度かな?
これがオレのタイ語の限界。。。
早くタイ語学校に行ってレベルを上げなきゃ・・・

バンコク銀行お堅過ぎますね〜
まあ、インターネットバンキングは必須ではないのでここは一旦引き下がる。。。

そしてカシコン銀行
ここは開設当時からインターネットバンキングができるので、住所変更だけ・・・と思っていたが、念のため「あの〜質問があるのですが・・・、私はワークパミット持っていませんが、NON−Oビザを持っています。定期預金口座開設できますか?」
行員「ダイ、ダイ(出来るよ、出来るよ)」。。。(ビザなしでも出来そうな雰囲気)

すると、今プロモーションでこんなにいい金利なのよ〜とばかりシュミレーションをしてくれた。
IMG_3347-1.jpg
(よく見るとこれは生命保険付きの定期預金のようで、詳しくは辞書なしではわかりません。。。)

う〜ん、いいね〜♪でも、ちょっと考えさせてというと、周りの行員も集まってきて「普通口座なんかよりよっぽどいいでしょう?絶対お・と・く♪」となかなか解放してくれない55

そのうち、「今の残高15万Bのうち12万Bを定期預金にしなさい!残り3万Bもあればご飯食べられるでしょ?」というすごい攻撃が始まった55

これ、日本の銀行で日本語で言われたら頭にくるけど、カシコン銀行の美女行員に優し〜くタイ語で言われると全然平気555
しかも、このプロモは今月いっぱいとかなんとか言っていて盛んに引き止められる
「ごめん、家で一晩考えさせて、明日もう一度来るから・・・」
「家でいったい何考えるの〜?お・と・く・よ♪」
となかなか解放してくれない55

そりゃあ保険付きで、お得なのは分かるけど。。。
でも、本当は普通の定期預金でいいんだけどな〜55

バンコク銀行の預金は、次のリタイアメントビザ(NON-O)の更新まで60日間の預金継続維持が必須だから移せない。銀行変えても継続と認められればいいけど、無理そうだし可能だとしても面倒だろうから止めておこう。。。

「分かった!明日また来るから、約束するよ!」と言ってやっと解放された55
こりゃあ、家に帰って辞書片手にじっくり読まねば本当にどうお得なのか?わからないね・・・

いっそのこと、リタイアメントビザ(NON-O)の1年取ったら80万Bもカシコン銀行に移してしまおう♪
その頃はまた新たなプロモも始まっているだろう。。。

バンコク銀行vsカシコン銀行
カシコン銀行の圧勝♪でしたね55


ぽちっとお願いします♪
タイ・ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

| ■手続き関係(タイの銀行) | 10:04 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |