FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Garmin edge 530【タイ語版】を買いにサヤームへ、おまけ伊勢丹

今日のタイ語

ภาษา パーサー=言語

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

しばらく記事を書く気力がないので日常生活を残しておきます。

5月23日(土)
久々にバンコク中心部へ買い物に行く。
どこが中心かはよく知らないけど。。。

欲しいものはいっぱいあるけど、日本に行けないので我慢してた。
が、これからも当分行けそうにないので、どうしても欲しいものだげ厳選してタイで買おう。

Garmin edge 530

言わずと知れたサイクルコンピュータの雄Garmin edge シリーズ。

前から欲しかったけどスマホアプリでも十分代わりになっていたので我慢していた。
が、やっぱり欲しいー

Garmin以外にも色々とブランドはあるのだが、最初に欲しいと思ったものを買わないと必ず後悔するオレ。
安いものは数千円からあるのだが、サイクリストの世界にいると金銭感覚が麻痺してくるのだ。

候補-1=edge 130
小型軽量で評判はかなり良い。
どちらかというと簡易版かな?


候補-2=edge 530
これが標準クラス。
この上に830,1030とあるのだがコスパを考えるとこれが上限。

2日間考えてedge 530に決める。

さて、どこで買うか?
このGarminは日本もそうだがどこで買っても同じ値段。
じゃあ、通販で買うより正規代理店で・・・

調べるとバンコクに2店、チェンマイに1店あるようだ。

Garmin Shop
ちなみにバンコクは(1)サイアム(サヤーム)スクエア3階(2)チョンノンシー駅近く
(1)が便利

オレが行ったのはサイアムスクエア3階のこの店
IMG_9451-0523.jpg
雰囲気はアップルストアみたいな感じ。

当然客は誰もいない。。。

「入店は最大6名まで」と書かれた扉を開けてカウンターへ。
カウンターには「この近くに立たないでください」との貼り紙。

店員はフェースシールド完備。
なんだかスターウオーズの世界に迷い込んだ感覚

店頭にはedgeシリーズがなかったので店員に型番を言って店の奥から出してもらう。
IMG_9454-0523.jpg
センサーセットのGarmin Edge 530、15,900バーツ
今のレートで日本とほとんど同じでした。

IMG_9453-0513.jpg

***

このレビューについては後日。
正直言って機能が多すぎておじさんには何が何だか分かりません(°皿°;)
そもそも言葉(日本語版も英語をそのままカタカナにしてあるようだ)が分からない(°ロ°;)

ワークアウト?サイクリングダイナミクス?セグメントエクスプローラーウィジェット???低強度有酸素????

(°⊿°)?(°⊿°)?(°⊿°)?(°⊿°)?(°⊿°)?

しかも、タイで売ってるのは東南アジア版のようで、選択言語はタイ、ベトナム、マレーシア、インドネシア各語+英語のみ。タイ語でも良かったけど無難に英語を選択したのだが、うーん???の連続。

Garmin Conect(日本語だが)から???
本体設定は???

例えば削除ならDeleteで統一すればいいようなものを、なんだか聞いたことのない単語(それでも削除のことだろうとはなんとなくわかるが’)が散りばめられていて???

それでも半日でどうにか基本設定を終え、心拍数以外はなんとなく分かってきた・・・かな?
詳細は後ほど

ホットサンドメーカー(フライパン)

Twitter界で旋風を巻き起こしているこのサンドイッチメーカー




リロ氏のTwitterは↓
https://twitter.com/ly_rone

オレも猛烈に欲しくなってLazadaあたりで探したが、タイ発送のものは無く断念(中国からの発送のみ)。
日本でこれだけ話題になっていれば・・・
日本人の痒いところに手が届く店といえば・・・

そう、伊勢丹

プロローグ②イギリスを自転車で走る・・・出発前の準備、どうしても日本的な発想が抜けない人に最適な「伊勢丹」

超久々に行ってきました。

IMG_9455-0524.jpg
IMG_9456-0524.jpg
IMG_9457-0524.jpg

誰もいない土曜のプルンチット駅
ここまで観光客がいないとなんだか清々しい気がするねー
このままずーっと外人入国禁止にしたらどうですかね〜( ̄皿 ̄)

伊勢丹本当にやってるの?
IMG_9458-0524.jpg

やってました♪

しかし、このホットサンドメーカーはなかった。
ここに無いってことはタイ中探しても無いってことだよね・・・

残念

帰りは1階のスタバで
IMG_9459-0524.jpg

いつの間にかホットラテが120バーツになっていた(+5バーツ)。

***

久々の贅沢をしましたねー

伊勢丹を出るときに5階の食料品売り場で佃煮系に触手が出かかりましたが・・・

8月閉店と聞いている伊勢丹バンコク、これが最後かなー???


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| バンコク街の景色 | 19:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2年半ぶりのラマ9世病院(2)タイの薬は効くが怖い

今日のタイ語

โกลด์ เคอร์รี่ ゴーンカリー=ゴールドカレー

こういう汁物のぶっかけ飯は一般にข้าวแกงカオ ゲーンという。
また、一般的にカレーはกะหรี่カリーと書くことが多いが、この店の場合は日本語に近づけるため?เคอร์รี่という文字を使っているようだ(詳しくは不明)。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

命を削り痛みを取る?

さて、アパートに戻ってきて早速薬を飲んだのだが、疲れからかそのままベッドに倒れこんでしまった。

IMG_8401-0125.jpg

2時間くらい経った後、あまりの寒さで目が覚めたらエアコンがガンガンかかっていて激寒だったのだが、なぜかすごい発汗をしていて驚いた(°ロ°;)

で何気なくいつもの通り立ち上がりタオルを取りに行ったのだが・・・

あれっ〜!!!
立ってるよオレ〜(°皿°;)

薬を飲んでたったの2時間で急激に痛みが引いた。
少しは痛いが無理なく部屋の中を歩きまわれる程度。

タイの薬、効き目はすごいけど、異常な発汗といい急激な回復といいなんだか命を削ってない???
効果は注射なのか投薬なのか分からないけど・・・

アパートの管理人のお姉さんはオレの足(膝)を心配してくれて「ご飯買いに行ってあげるよ」と言ってくれていたのだが、これで月曜日の食料確保は自分で可能になった。

***

火曜日
痛みはほぼ完全に消えた。
左膝うらの多少の違和感(ツッパリ感)が残ってはいたものの、これなら会社に行ける。

会社には「午前中は様子見して午後から出社します」と報告。
サラリーマンの鏡だね〜( ̄皿 ̄)

が、痛風経験者の上司は「完治してから出社のこと」と優しい言葉を返してくれたので甘えることとした。

結局水曜日から出社したのだが、すでに違和感も綺麗さっぱり無くなっていた。

再診

24日の14:00-14:30が指定された再診の時刻。
IMG_8444-0125.jpg

昼に会社を出て無料送迎バスが出ているMRTペッブリー駅へ
IMG_8439-0125.jpg
左が病院発、右がペッブリー発

陸の孤島のラマ9世病院へ行くにはこれに乗るのが便利。

ペッブリー発の方が利用者が多いと思うので拡大しておく。
IMG_8439-0125-1.jpeg

ちなみに帰りは病院を出て右側のソイのあたりにモーターサイがいる。
MRTラマ9世駅まで20バーツだからこれに乗るのがオススメ。

この日の13:45発の送迎バスの乗客はオレ一人だった。
IMG_8443-0125.jpg

***

ペッブリー駅に着いたのが13:00過ぎゴロだったので駅構内(MRTとARLの乗り換えの途中)にあるここでランチ

IMG_8440-0125.jpg
ここ、学生だらけの店でおじさん一人でではいたたまれませんなー(゚∀゚)
特に女子大生多し!

しかしねー、学生がこんな200バーツランチを気軽にできるってタイも豊かだねー
オレが学生の時はせいぜい300円前後の立ち食いそばや激安のC&Cカレーだったけど。。。(つω-`。)

カツカレーのMで200バーツくらいだったっけ・・・
IMG_8441-0125.jpg
数年前、タニヤで初めて見かけて入った時は、食べているとすぐに冷めてくるし福神漬けが逝っていたしで、もういいかーと思っていたけど、今回はカツは揚げたてでアツアツでルーもそれなりに保温が効いていてまあまあだったか。

ただ、福神漬けが激甘なのはタイ仕様なのか???

そうそう、金曜日は割引だったと記憶していたけど、この店では特にそんな割引はやっていなかったような・・・

相変わらずの大食いチャレンジ
IMG_8442-0125.jpg

店内のモニターにはこのかわいそうなファラインの映像が流れていたよ。
最後は泣いてるじゃないか。。。
晒し者?(°皿°;)

日本国内でも10kg完食者はいないようだね。
1時間以内に10kg完食すれば40,000バーツ。でもこれ無理だし、もし完食してもタイの薬以上に命を削ることになると思うよ。

***

さて、予約時間の14:00ちょうどにラマ9世病院到着。
予約票を持っているのでそのまま診察室のある部屋へ行き、受付で登録する。

看護婦から「タイ語できますか?」と聞かれたので「まあ、どうにか理解できますよ」と返しておいたけど、放送でオレの番号が呼ばれる時だけ英語だった・・・悲しいね・・・(っω・`。)

医者からはどお?と聞かれたので改善状況を報告し、その後血液検査の結果報告。
ハッキリ言って尿酸値とかの項目はタイ語(多分英語をそのままタイ語にしたものが多い)で言われてもちんぷんかんぷんだけど、ハイハイって適当に頷いていた(゚∀゚)

まあ、その他の分かる範囲では深刻なことを言っていないってことは誰にでも分かるんでね。。。
食生活に気をつけなさい!ってところはちゃんとわかりましたよ(゚∀゚)

***

無料の水(な訳がないので「診察料金込みの水」が正しい表現)を飲みながら会計を待つ
IMG_8446-0125.jpg
IMG_8447-0125.jpg

本日の診察費(薬代含む)は・・・
IMG_8448-0125.jpg
いい料金取りますなー
端数の8バーツが水代か(°⊿°)?

もらった紙をよく見ると次回の予約票が入っていた。
そんなこと言ってたっけー???

でも、空いていて医者のレベルもそこそこでリラックスできるこのラマ9世病院、オススメです♪

***

帰りは先日と同じところでモーターサイを降りたが、電柱には目もくれず( ̄皿 ̄)にスタスタと歩いてアマゾンカフェへ。
まだ15:00なのだが会社へは戻りたくないので直帰。。。

こうして少し余裕が出てきたのでこの記事を書き始めました。

タイでの食生活は乱れがち。
まあ、オレの場合は日本でも乱れていたんで変わんないけど。

同年代のみなさまもお気をつけくださいヽ(´∀`)ノ

この話、続かないことを祈る


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2年半ぶりのラマ9世病院(1)バンコクで2度目の痛風発作

今日のタイ語

เกาต์ ガウ=痛風
英語のgoutガウトのタイ語読み

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ヨーロッパの旅の記事がなかなか書けません。
先週末にある程度まとめて書こうと思ったのですが、痛風の激痛により書く気力が喪失してしまいました。

今日は備忘録として久々に行ったラマ9世病院について書き残しておきます。

左膝裏に違和感が・・・

最初に気づいたのは先週の木曜日くらいか?

もう何年も患っているので痛風の発作と分かっていた。
バンコクでは2度目の発作だ。
1度目はサミティべート病院へ行ったっけ。
バンコクで、ついに病院行き・・・
バンコクで、ついに病院行き・・・(2)高級病院は薬の袋も高級っぽい♪
バンコクで、ついに病院行き・・・(3)タイの病院に行って分かったこと、ついでにバーミー・コンセーリーに寄ってきました♪

以前薬局で買った痛風の痛みを抑える薬を探したが見つからず、その頃は痛みというより違和感程度だったので放置してしまった。

金曜日には少し痛みが生じてきたが、帰宅時間にはいつも行く近所の薬局が閉まっているのでここでも放置してしまった。

痛みが増してきたのは土曜日。
薬局へ行く時間はあったがまたも放置。

喉元過ぎれば熱さ忘れる
まさにこれだった。

日曜日、いつものスカイレーンへ行くのも無理。
でも、まあ多少足を引きづりながらも歩くことはできたのだが。。。

いつもの薬局へ行くが日曜日だからか?休業。
その近くの薬局もクリニックもお休み。

激痛

月曜日、寝ている間にも痛みが増してきているのはなんとなく認識していたが、5:30amのめざましで起き上がったとき明確に認識した。

立ち上がれない、いやベッドの上から移動できない。。。

会社へは今日の出勤は無理と連絡し休むことに。

それからが大変だった。
無理して水をいっぱい飲んでいたため、頻繁に尿意をもようすのだが、3m先の便器にたどり着くのが困難。。。
椅子やベッドから立ち上がって左足がまっすぐになるまで10秒、便器に到達するまで20秒

尿意を模様してからだと間に合わない(°ロ°;)

たまたま在庫のあったタイガーバームの湿布を膝の表裏に貼ってしばらく経つと少しは楽になったがトイレまでの30秒が20秒くらいに短縮された程度だ。

ここまで来ればもう病院に行くしかないね。。。

久々のラマ9世病院へ

どこの病院にしようか?
1、近所のクリニックはいつも激混みなので除外。
2、前回行ったサミティべート病院は交通が不便でタクシー利用すると往復それなりの金がかかる。
3、ラマ9世病院は近いのでタクシー代が安く済む。

ここラマ9世病院はサミティべート病院のように日本語デスクがあるわけではないが、前回の転倒→緊急搬送→7針縫うの通院ではタイ語でどうにかなったので、痛風くらいはどうにかタイ語で問題ないだろうと思い、ここに決めた。

タイの病院へ行こう♪(2)大流血事故で病院に搬送される・現場検証付き≪閲覧注意≫
タイの病院へ行こう♪(3)大流血事故で7針縫うことに、ラマ9世病院の使用言語はタイ語100%だった
タイの病院へ行こう♪(4)一針少ないけど・・・まっ、いいか〜、抜糸@ラマ9世病院
「ラマ9世病院」ってこんな病院だった、タイの私立病院「良い点&注意すべき点」
タイの病院へ行こう♪(5)転倒の後遺症?くも膜下出血か?再びサミティヴェート病院へ
タイの病院へ行こう♪(6)ついに高額医療(検査)を受ける。タイで頭部CT検査を受けるといくら掛かるのか?

アパートからはタクシーで50バーツくらいで到着
IMG_8445-0124.jpg

タクシーを降りようと思ったが激痛で降りれず。
病院の人の手を借りて車椅子に・・・
IMG_8390-0124.jpg

多分自力で受付カウンターまで歩いたら30分はかかっていたかも?

そういえば前回も車椅子で緊急処置室に運ばれたっけ

車椅子で押されながらカウンターへ行くまでに「痛風です、左足に激痛があり全く歩けません」と症状を説明。
すんなりと処置室前まで運ばれる。

なんだか感じの悪そうな看護婦に体温、血圧、心拍数を図られてしばし待つ。

***

15分くらい待っただろうか?
名前を呼ばれ看護婦に車椅子を押され処置室へ。

痩せて小柄にした蛭子能収のような医者に10くらいの質問をされそのうち8つは分かって答えたのだが、残りの2つの質問が理解できず。。。

前回の転倒→7針手術の時は通訳なしで対応できたのだが、今回は通訳を呼ばれてしまった(無念)

腎臓病の持病はないか?って・・・
それ英語で言われれも分からないよ。。。

問診の後は採血と鎮静剤の注射。
前回同様お尻への注射

医者の診断書には・・・
IMG_8399-0124.jpg
痛風
20-24日は静養すべし

タイの一般の会社は有給休暇の他に約30日の病気休暇が取れるシステムがある。
しかし、痛風で1週間休んだら怒られるだろうなーという日本人的発想で、歩けるようになったら会社に行くつもりで診断書を受け取った。

今週の金曜日に予約して、血液診断の結果を聞くことになった。

会計は・・・
IMG_8400-0124.jpg

以前、日本で自費で診察を受けたことがある。
その時のは10,130円だったんでほぼ同じだけど、日本の料金は薬代抜きなのでトータルでは日本の方が高いねー

会計済んだらすぐにこんなメッセージが
IMG_8396-0124.jpg
さすが高級病院は違うねー

電柱にしがみついて動けなくなった

その後病院の入り口でタクシーを呼んでもらった。

最初はまっすぐ帰ろうと思ったけど、タイガーバームの湿布を買おうと無謀にも途中で降りてしまった。
タクシーから降りるときにすでに後悔したのだが、全く歩ける状態ではなかった・・・

降りたらすぐに近くの電柱にしがみついたっきり身動きが取れなくなってしまった・・・
まいったー

その様子を見ていた果物売りのおじさんが「モーターサイ呼んでやろうか?」と言ってくれて実際に呼んでくれた。
助かりましたー

モーターサイは乗り降りを除けば問題なく、無事にアパートへ到着。
早速薬を飲んで眠ってしまった。

疲れた1日だった。

続く・・・

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| タイの病院&お薬 | 17:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年バンコク正月の風景、帰省・カウントダウン・セブン番犬・レジ袋廃止などなど

今日のタイ語

เคาท์ดาวน์ カウダウ=カウントダウン

ご存知の通りタイ語 ์ (ガーラン)は発音しないので、countdownのtとnは発音しないのでカウダウとなる。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

2020年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


***

年末年始にどこにも出かけないってことはあまり記憶がない。
が、今年は訳あってどこにも出かけていない。

訳とは「リエントリーパミット」を持っていないので出国できない(してもいいけどB-Visaが失効しちゃう)のだな。
そのカラクリはまた別記事で書くかもしれない。

ハノイに行きたかったのだが10月末に行ったばかりで3ヶ月経過していないのでいつものノービザでは入国できないので諦めた。

しょうがないので、12/28-1/1までラートクラバンの定宿に泊まってSky Lane三昧ではあったが。。。

今回は2年ぶりで「バンコク街の景色」のカテゴリーで記事を書いてみる。
こういった普段の生活を書く機会が減ってきた(=バンコクでの生活が普通になってきたからかな?)ので正月くらいはいいよね。

タイの正月

タイには3つ(またそれ以上?)の正月があるけど、元日の正月はその中でも一番重要度というか正月の価値が低いかな?

残りの二つはソンクラーンと春節(華人、華僑が中心)。

ただし、年末年始は大概の会社は休みになるしそれなりの連休になる(今年は12/28-1/5の9連休が多い)ので、バンコクに多い地方出身者は皆田舎に帰るので日本の年末年始と似たような風景になる。
タイは日本と比べて連休が少ないので民族大移動の様相になるよ。

そんな年末年始のバンコクの風景は・・・
(Twitterであげた写真とダブルものも多い)

〜大晦日

ラートクラバンの宿に泊まっていても昼はやることがないのでディンデーンのアパートに戻っていた。

28日、アパートのメーバーン(掃除を中心とした雑用係のおばさん、学校でいえば用務員さん)も帰省してしまうので、各階のゴミ集積所には普段のダストボックスの他に大きなゴミ袋2つをくくりつけて帰っていった。
IMG_8287-0102.jpg
毎年の風景。

そんな29日の往復時に見たマッカサン駅/ペッブリー駅の連絡橋からの景色
IMG_8262-0102.jpg
IMG_8261-0102.jpg
さすが年末〜
会社は休みだしみな田舎に帰ってしまったのでありえないほどガラガラのアソーク通り(ラチャダー通り)。

バンコクに住む地方出身者は田舎に帰るが、代わってやってくるのが観光客。
30日の夜に飲みにいったのだが、アソーク駅の高架から下を覗くと・・・
IMG_8288-0102.jpg
なんと、スダーレストランに列ができている(°ロ°;)

確かにこの近くにこの規模の店は多くはないけど、高くてそれほど美味くもないここに行列ができるとは・・・
まさにかき入れ時ですな〜、観光産業は(゚∀゚)

31日、こうして今年最後の夕日はスワンナプーム空港管制塔の先に沈んでいきました。
IMG_8291-0102.jpg

大晦日SkyLane で走った後、夜少し用事があって一旦街中まで行きラートクラバンに戻る際のマッカサン駅/ペッブリー駅の連絡橋からの景色(上と同じ場所)。
IMG_8298-0102.jpg
IMG_8297-0102.jpg

この時間帯はほぼ毎日激混みなのだが超ガラガラ(°ロ°;)
時々、会社帰りにここをBromptonで走っているのだが、バイクと車の渦の中を縫うように命がけで走っているのが嘘のようだ。

ここまでガラガラだと、バイクや車はスピードを出すのでかえって危険かもしれないけど。。。

カウダウ@ラートクラバン

普段はエアポートリンクでスワンナプームまで行って、そこから無料バスを乗り継いでラートクラバン交差点まで行くのだが、深夜だし時間かかりそうだったので一つ前のラートクラバンで降りた。

そこからソンテオ(夜は10バーツ)で宿の前まで。
降りると若者がみなスマホを斜め上に向けて構えている???

と、その時周辺にあるバーからカウントダウンの大合唱が・・・



ここは交差点だが上空数10メートルで花火が炸裂しまくっていた。。。
IMG_8312-0102.jpg

ここ飛行機が超低空で飛ぶルート(この日は離陸)なので、搭乗客は真下で炸裂する花火が見られたでしょうか?

中心部ほどの華麗さはないが、田舎ではかなりの派手さ。
無論「眠る子も起きる」爆音(゚∀゚)

ここラートクラバンはなぜかバーが多い。
IMG_8305-0102.jpg
IMG_8302-0102.jpg
IMG_8303-0102.jpg

タイの田舎では若者のたまりばになっているバー。
やっぱりここラートクラバンは田舎なのかなー?ちなみに一応ギリギリだけどバンコク都内です。

しばらく花火を見ていたが、そうだビール買うの忘れてた〜!
すでに00:00am過ぎていたがダッシュで真ん前のセブンへ。

小走りでアルコール売り場に行くと・・・

IMG_8319-0102.jpg
IMG_8320-0102.jpg
すでにアルコールを置いてあるケースにはシャッター(目隠し)が降りており、不届きものを撃退するためか番犬?まで配置していた(°皿°;)
まだ00:03amなのにー

おそるべしラートクラバンのセブンイレブン(´∀`σ)σ

恐れをなしたオレは、つまみと氷だけ買って外の屋台村でビールを買って宿へ戻りました(。pω-。)
IMG_8322-0102.jpg

元日

少し頭がクラクラしてはいたが、翌朝元日は朝からちゃんとSkyLane で走りましたよ・・・
IMG_8324-0102.jpg
IMG_8325-0102.jpg
少し寝坊したので朝日が上がってしまっていたけど(^∇^)

それにしても年末年始は道がガラガラなのは良いけど、どこもかしこも店が閉まってしまうので食料確保が難しい
なのでセブンイレブン通いの年末年始・・・
そんなセブンイレブンも今日からはレジ袋廃止(大手スーパー&コンビニは1日からレジ袋廃止)・・・のはずだが
IMG_8330-0102.jpg

まあ、在庫処分なのかもしれないけど( ̄皿 ̄)

日本のように有料でということでもなく全廃(やることが極端すぎる!高いエコバッグは売っているけど)。
また生物(肉とか魚)用の超極薄ポリ袋もないので不便なこと極まりない。
車を持っていない人はスーパーでの買いだめもできない。

これ、タイに根付くとは到底思えず。

いつものタイのように、なし崩し的に「レジ袋廃止」などなかったことになることを期待、いやそうなるはず(゚∀゚)

***

昨年は生活環境が大きく変わった年だった。
今年は少し落ち着きたいねー( ̄皿 ̄)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| バンコク街の景色 | 22:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイの若者の年収は?最低賃金だけが計算根拠ではない

今日のタイ語

อัตราค่าแรงขั้นต่ำ アトラー カーレン カンタム=最低賃金レート

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

イギリス記事が続きますがここでブレイク。

***

少し前に「タイの最低賃金(日当)は300バーツだから25日働くとして300 x 25=7500バーツで、タイの人はこの範囲内で生活している」と書かれた記事があった。
注:300バーツは仮の数字に置き直しています。

読んだ瞬間、自分の感覚とかなり乖離があったので今の会社の実態をもとにタイの若者の収入について書いてみる。

注意:当然のことながら会社、住んでいる地域、職種、年齢、学歴、職歴等により大きな差があります。

バンコク近郊、工業団地勤務の若者の実態

■入社時の学歴と年齢

いわゆる新卒(学校を卒業したて)の採用者はいない。みな、今までなんらかの仕事を経験してきた者が多い。
採用時の年齢は20-26歳くらいの女性が多く、平均すると23歳くらいか?
従業員全体でも7:3で女性が多い。

学歴の多くが高卒で中卒もそれなりにいる(高卒には職業訓練校も含む)。
多くはイサーンや北部からの出稼ぎ者。

■日当と月給の違い

オレの勤務する県の最低賃金(日当)は330バーツ。
都県別最低賃金
採用後に契約する雇用契約書には日当は330バーツと記載されている。

しかし、月給欄には9900バーツの記載がある。要するに30日分ということ。
そして実際に支払われる月給は9900バーツである。

■月給以外の手当て

タイの(特に外国資本系の)会社の場合、この手当てがふんだんにある。
従業員はこの手当てを含めた年収を勘案して転職を繰り返す傾向がある(より待遇の良い会社へ)。

(1)時間外手当て
通常賃金の1.5倍が支払われる。

(2)休日勤務手当て
雇用形態によって違うが、月給契約の場合は通常賃金の3.0倍が支払われる。

日本と比べて破格のこの仕組みにより、従業員は積極的に残業・休日出勤をこなす傾向にある。

(3)その他手当て
住宅手当(2000バーツ前後)、食事補助、皆勤手当、勤続手当等個別の手当も豊富で、もちろん交通費(送迎)や健康保険等日本にある福利厚生は完備している。

(4)賞与
これは日本と比べても破格。
12月のボーナスはだいたい5ヶ月分はある。これ以外にソンクラーン休暇前にも少額だが(0.5-1.0ヶ月)出る。

追記(5)イベント参加費用は全て会社持ち
年収には関係ないが、会社が開催する社員旅行、スポーツイベント、新年会・忘年会・歓送迎会、誕生日プレゼント等あらゆる行事の費用は会社持ち。
支出なく参加できるメリットあり。
日本の会社のように親睦会費を積み立てしたり、会費を払ったりするケースは皆無!

結論(23歳前後の女性新入社員の給与例)
9,900(基本給)+5,000バーツ(残業等)+3,000バーツ(その他手当)=17,900バーツ+60,000ボーナス

残業をいかにこなすか?によるところが大きいが、23歳前後の入社2-3ヶ月の若者でも月給で18 千バーツ、年収で250〜300千バーツ(1,000千円前後)になる。
当然のことながら勤務年数が増えれば更に収入も増える。

■重要なのは世帯年収とタイの社会

(1)世帯年収
入社してくるタイの若者は女性の23歳前後であってもほとんどが独身ではない。
タイで独身かそうでないかの基準は、結婚したか(役所に婚姻届を出したか)ではなく、パートナーがいるかどうかで決まる。

女性の従業員名簿を見てみるとMrs.は全体の2-3割で残りがMissとなっているが、独身者は1割もいない(たぶん数%)。

つまり、パートナーとの共稼ぎがほとんどで(中には働かない男もいると思うが)、単純計算で収入は2倍になるが支出は1.5倍程度だろう。

独身女性の中には共同で部屋を借りて住んでいる場合もあるので(タイではこういうパターンが多い)、人数が多ければ多いほど支出が少なくなる(だいたい2000バーツ程度の部屋に住んでいる)。

(2)タイの支出の特異性
タイの女性は若年齢(20歳前後、またはそれ以下)で子供を作る傾向がある(社会的身分による、低階層ほどそういう傾向にある)。

つまり、養育費がかかるということ。
もちろん養育費は日本でもかかるが、日本での合計特殊出生率と出産年齢では大きな差があるので、若年層の養育費率はタイの方が高いと思われる。

そして、その子供の多くは実家の両親に預けられるケースがほとんど。
タイでは50歳前後で第一線から退く人が多い(社会的身分による)。
つまり、実家への仕送り(子供の養育費+親の生活費)の収入に占める比率が日本より高い。

今時の日本では高齢者の方が若年層よりも資産(自由に使える金)を持っているが、タイではその逆のケースが少なくない。

もう一つの特殊な支出はタンブン。
要するに坊主への施し。
これ、意外にバカにできないらしい。
宝くじで4000バーツ当たった女性が「全額タンブンする」と言っていたが、何のための宝くじ?って思ってしまう。
オレには理解できない世界だが。。。

***

夫婦で年収が200万円前後あれば、子供や親への仕送りを考えても車を買ったり多少の贅沢も可能。
問題はこれがいつまで続くかな?ってことかも?
オレと同様、キリギリス的生活者が多いからねータイでは(°ロ°;)

日本もそうだが、タイも地域、社内的身分(階層)や個人により収入・支出は千差万別で、「いや違う!」という意見もあるだろう。
ここに書いた内容は、バンコク近郊の工業団地で自分で見た聞いたこと+周りを見ていてそうだろうと想像する内容を殴り書きしているだけ。

バンコク近郊の工業団地とは言っても会社による差も激しく(やはり自動車関連は総じてここに書いた内容よりも収入が上のケースが多い)全体を平均した数字なんてとても出せないので、あくまでも自分の周りの実態を書いている。

書いたきっかけは最初に書いた通り「最低賃金を基準に収入を計算して、タイの人はこれしか収入がない!」という記事を見て違和感を感じたからで、こうやってみるとタイの若者意外に収入があることが分かっていただけたかと。。。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| タイのお金&宝くじ | 12:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT