脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どっちがタイのものでしょう〜か?(1)トイレットペーパー編

今日は日曜日なので短編を。。。

≪クイズ≫

二つのトイレットペーパーがあります。
IMG_2606-722.jpg
一つはタイで買ったトイレットペーパー、もう一つが日本で買ったトイレットペーパーです。

さて、どっちがタイで、どっちが日本のでしょうか?






≪ヒント≫

IMG_2607-722.jpg

分かりましたね〜?


答え
IMG_2606-722-1.jpg

左がタイのトイレットペーパー、右が日本のトイレットペーパーです。
違いは高さ(幅)

タイの方が高さが低い(幅が狭い)ですよね?
実際に測ってみたら

タイ: 99mm
日本:105mm

日本では紙の幅はJIS規格(JIS P4501-1993)で114mm(±2mm)と決まられているそうな。。。

サンプルにした日本のものは、業務用スーパーで300円/12Rの安物を買ったからケチって幅を狭くしているのかな?
IMG_2394-0611.jpg

6-7年前だったけかな?タイで買ったトイレットペーパーホルダー(食堂なんかでよく置いてある、真ん中からくるくる取り出すやつ、下の写真)を買って、日本のトイレットペーパーを入れようと思ったら、高さがキツキツで紙がうまく取り出せなかったことがあって知った。
IMG-20121130-00420.jpg
IMG_2598-0722.jpg

ヨーロッパなんかも日本より幅が狭かったはず。

トイレに設置してあるホルダーは多少余裕があるけど、やっぱり(114mmだと)ギリギリかな?


まあ、トイレットペーパーはタイでも安いんで、日本からわざわざ持ってくる人はいないはずなんで問題ないけどね。

日本のトイレットペーパーは水への溶けやすさも凄いよね。
タイのトイレではトイレットペーパーを流すことを禁じているけど、これはタイのパイプの細さ以上に「紙が水に溶けるか否か?」も重要だと思うよ。

見てよ、この究極の薄さ(笑)
IMG_2266-0722.jpg
IMG_2265-0722.jpg
ガスト某支店のトイレで撮影

トイレのつまりで困っているタイで日系のレストランや居酒屋を経営している方、日本からこの究極のトイレットペーパーを輸入してみては?(笑)

***

えっ?アンタはなんで日本の持ってるの?って???
この前書いたけど、自転車梱包する際の緩衝材として大量に持ってきたんだよね(笑)
IMG_2393-0611ss.jpg

プラダンで輪行箱220サイズ自作♪これでバンコクに帰りましょう♪オマケ(箱に貼る注意書き)付き

おかげで当分トイレットペーパーは買わずに済みそうだ♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| アパート生活 | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコク・ソイ渋滞の原因は屋台?

最近、バンコク中心部で屋台の撤去取り締まりが盛んだ。

いろんな方の記事を見ていると、賛否両論というよりも否定的な意見が目立つ。
「タイらしさがなくなる」「夜店の様で楽しかったのに」等々。

まあ、確かにそれはそーなのだが、邪魔であったのも事実。
撤去されたとは言っても、撤去後はどこかに屋台の集合体を作って運営させている場所もある様なので、必要ならそういうところに行くのもいいのでは?



さて、オレのアパートの周辺はおそらく規制の対象外。
まあ、ほとんど住宅街だからね?
近くには大きな市場(午前中は生鮮食料、午後からは惣菜系)があって、別に路上に屋台がある必要性はほとんどないのだが、歩いて数分の場所にある屋台は確かに便利だ。

そんなアパート周辺のソイは、夕方以降激混みになる。
もう、バイクの洪水で車が肩身の狭い思いをしながらどうにか走れるか?ってくらいの大渋滞になる。

確かに車両数は多いのだが、それにしてもこの混みようは異常だ。
まあ、異常なものには必ず原因がある。

その一つが車道上にせり出した屋台。

イメージ図
渋滞r

1、車道にせり出した屋台(屋台に買い物に来た人やバイクも含む)で、双方向から来た車がスピードを落とす。
2、そこにバイクが群がる
3、わずかな隙間を見つけてバイクが頭を突っ込むため、車はますます前に行けなくなる。
4、後続車も止まり渋滞発生。
IMG_0399-0424.jpg

多くの屋台は、道のちょっと引っ込んだあたりにある(気を使ってる?)のだが、広く使えるはずの道を狭めているのは事実。屋台というよりも「路上店舗」に近い形態も少なくない。

もちろん、路駐のバイクが原因ってのもあるし、路面のひどい凸凹が多く結果として(走れる)道を狭めているってこともあるけど、オレが見ている限り原因の7-8割りは屋台(常設店舗の店先に出したテーブル等も含む)。

渋滞が多いタイではあるが、運転手は結構冷静というか忍耐強いというか、おとなしく待っている。
日本なら間違いなくクラクションや怒号の嵐になるであろう状況でも全然感情がぶれていない(ように見える)。

この忍耐強さ?というか優しさ?(諦めかも?)は特筆すべきタイの人の気質だと思う。
まあ、普段は優しいタイの人だが、一旦怒ると手に負えなくなるってことはあるけどね。。。



最近あまり行かなくなったが、ひどい状況だったスクムウィット通りのナナからアソークあたりの歩道(北側)。
ここもほとんど露店がなくなって歩きやすくなった♪

この通りでは上の図の「屋台→露店」「バイク→インド人・アラブ人」「車→一般人」と置き換えれば分かりやすいかな?
渋滞rr-2

アラブ人は特に横にデカイから(男女共)追い越しづらいんだよね。
インド人はどこでも集団で立ち止まるし。。。

ここも露店がほとんど消えたんで歩きやすく良くなったよ。
露店があるとビニールシートで周りを囲むから、風通しも悪くて最悪だったけど。



ということで、タイの生活には欠かせない屋台、露店。
これは間違いないけど、やっぱり設置場所は選ばないとね。
今回の屋台撤廃のタイ警察を評価してますよ♪
IMG_8719-0720.jpg

夜店の雰囲気を味わいたければ、屋台村(フアイクアン市場とかディンデーン市場とか)に行けば十分味わえる。
まさに、毎晩夏祭り状態です♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコク路線バス、BMTAの奇跡!ついに実現♪

最近は毎日自転車に乗っているので、バスに乗る機会が全くなかった。

日本から戻ってきて既に1ヶ月以上経つが、路線バスに乗ったのが今日(18日)で2回目。
ロードバイクの姿勢からか?腰がだるくてだるくて、久々にフアイクアンのマッサージ屋に行こう、と約1ヶ月ぶりに路線バス136番に乗った。

既に17:00を回っていたので、混んでいたバス車内。
押されるように運転手席の前に来た。

その時、ついに驚きのものを見てしまったのだ!

IMG_2596-0718.jpg

***

路線バスにモニターが付いたり、いろんなハイテク機器が付き始めたことは過去何度か書いた。

最近、バンコクの路線バスにモニターが付き始めたけど???
バンコクバスにまた新兵器登場???本当に使う気はあるのか???
これがバンコク路線バスの最新兵器一覧だ!

まあ、何かやっているのは知っていたが、期待すると必ず裏切られるのがタイ。

一応、搭載されたモニターに対する期待は「そのバスのルート表示+次のバス停名の表示」ではあったのだが、期待すると裏切られるのが分かっていたんで「どうせ偽モニターだろう?」とかかなり失礼なことを上の記事で書いた。

そして、今日。
1ヶ月ぶりに乗った136番のオンボロ・ノンエアコン・バス。

そのモニターの前に押されて行ったその時、そのモニターを見て驚いた!!!
上のモニター表示のどこが衝撃だったのか?

それはここ。
IMG_2596-0718-1.jpeg

ป้ายหน้า:ตรงข้ามเอสพลานาดรัช...
最後は切れているがここはรัชดาだろう。

つまり「次のバス停:エスプラネード・ラチャダー前」ってこと。

これ見た瞬間「やったね〜♪」と声に出しそうになったよ。

本当にやってくれた〜♪

基本的にはモニター中央にはBMTAの歴史を映し出しているのだが、次のバス停が上の部分に表示され、実際に到着すると
IMG_2597-0718.jpg

บิ๊กซีรัชดาภิเษก ถึงแล้วという表示になる。
この場合は「BIG−Cラチャダピセック(のバス停)に到着しました」ということ。

素晴らしすぎる♪

これ、どうやって次々に表示されるのか分からないけど、多分GPSとかを使っているんじゃないかと思う。
日本のバスでは、運転手が切り替えをするけど、タイの運転手にそんなことを任せていたら全く使い物にならないからね(笑)

いや〜、本当に感激だった。

タイに期待すると裏切られるのが常だったが、今回は期待を抑えていたからか?実現した姿を見て小躍りしたくなった(笑)

今は、BMTAの歴史を放映しているけど、そのうちそのバスのルート表示がされるんではないか?と期待しているが、期待するとダメなので「そんなもん、やるわけないでしょ〜?ここはタイだよ55」と抑え気味。

まあ、タイは新しいものはどんどん導入するけど、その維持管理が全くできないんで、せっかく導入された新兵器もしばらくすると姿を消しているってことも多い。
問題はそこだね?

ということで、今の思いは・・・

タイのバスでしょ?バスのルート表示なんて出来るわけないじゃん?
どうせ、そのうち今ある「次のバス停表示」もなくなるよ、きっと55


さて、どうなることでしょうか?

追記:表示はタイ語のみで、英語の表示はありません。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仁義なき戦い、札と硬貨をかけた店員との壮絶バトル

7/14現在、以前から貯めていた10バーツ硬貨がついに3箱満杯になった♪
IMG_2587-0715.jpg

10バーツ硬貨、タイで一番価値のある硬貨です
10バーツ硬貨、タイで一番価値のある硬貨です(その2)5,000バーツ目標!

なんで10バーツ硬貨を貯めているのかは上のリンク記事に書いたが、最初はアパートの洗濯機(10バーツ硬貨専用)に使うためだったのだが、その後はなんとな〜く無意識に貯めるようになった。



洗濯機用にはもう十分溜まった(数えていないが4000-5000バーツくらいはある?)ので、無理して貯める必要はない。

一方、最近はどうも1、2バーツ硬貨が溜まる傾向にあって、小銭入れやポケットが重いのでもらったそばからどんどん消費しようとしている(10バーツ硬貨は小銭入れに入れず、上の写真のプラ箱に入れている)。

が、そこには大きな敵が立ちはだかっているのだ。

《ケース1》
45バーツのコーヒーを注文して、50バーツ札を渡す。
お釣りは当然5バーツなので5バーツ硬貨1枚戻ってくると想定。

が渡されたのは2バーツ硬貨x2枚+1バーツ硬貨1枚

レジを覗くと5バーツ硬貨はいっぱいあるけど。
この店の値段は5バーツ単位なんで、余計な1-2バーツ硬貨処分で渡されたな・・・

《ケース2》
同じコーヒーショップで。
今度は35バーツの紅茶を注文。
「50バーツ札x1枚」「5バーツ硬貨x1枚」渡す。
想定するお釣りは20バーツ札1枚。

が、戻ってきたのは5バーツ硬貨2枚+2バーツ硬貨5枚

このやろー!と思ったね。
本当に20バーツ札が無かったのか?は未確認。

《ケース3》
先日あったのだが21.50バーツの商品を買った、セブンイレブンでね。
オレは100バーツ札+1バーツ硬貨+50サターン硬貨を出した。
お釣りは当然80バーツぴったり。
想定される種類は「20バーツ札x4枚」

が、渡されたお釣りは・・・
「20バーツ札x3枚」+「5バーツ硬貨2枚」+「1バーツ硬貨9枚」+「25サターン硬貨3枚」の合計79.75バーツ

???

「あの〜、101.5バーツ渡しましたよね?だからお釣りは80バーツぴったりじゃないですか?」

店員曰く
「受け取ったのは101.25バーツです。だからお釣りは間違っていません!」

「・・・」

確かに計算は合っている。
オレが50サターン硬貨と25サターン硬貨を間違えたんだろう。

IMG_2571-0715.jpg
左が50サターン硬貨(0.5バーツ)、右が25サターン硬貨(0.25バーツ)。
色はそれぞれ2種類ある。
差はわずか2mmなんで、2種類あれば分かるが1種類だとどっちか分かりづらい。

で・も・ね、それ、もらった時に言ってよ!
端数を合わせるように出した意味、分かるよね???

とは思ったが、店員は勝ち誇ったような顔をしていたのでこれ以上は言わなかったけど。。。

タイにはこういう人が1-2割り生息している(特に若い奴)。

お札だけもらう予定が重い硬貨がやたらに増えただけ。

***

日増しに増える1、2バーツ硬貨とサターン硬貨

タイの人は多分タンブン(募金含む)しちゃうんだろうけど、オレはそんな信仰心を持ち合わせてはいないので今日もバトルは続く。。。

えっ?バトルって言ってるけど、完敗ばかりでバトルになってないんじゃない?って?
まあね。。。タイの人には勝てません。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイのお金&宝くじ | 00:05 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンコク在住者がバンコクのホテルに泊まって合宿(2)秋吉久美子と朴(ボク)容疑者がいるお粥屋&シーコンスクエア

1日の過ごし方(夕食編)

合宿の楽しみといえば晩飯♪
みんなそうでしょ〜?

ということで楽しみにしていた夕食、ビールを飲みながらいろんなものを食べれる定番食堂といえば、もちろん「お粥屋」。タイの夕飯処の定番中の定番ですね?

まずはgoogleマップでร้านข้าวต้ม(お粥屋)を検索。
ありました♪
比較的近かったこちらの店に。

ข้าวต้มสมพงษ์
Khao Tom Sompong/カオトム・ソムポン



***

しかし、夕方この道を歩いていると野犬の多いこと。。。
たしかにオレのアパート周辺にもいるけど、頭数の桁が違うって感じ。

蚊も多いし、ホテルのソイの入り口には蛇が轢かれて死んでるし。。。ここ本当にバンコクなの〜???
オレの住んでいるディンデーンがいかに都会のど真ん中なのかを知ったよ(笑)

***

お粥屋って、料理区分で言うと「中華料理」系に属すのかな?
店によってはイサーン料理を出すところもあるけど。

ここも、そんな華人風の店主が経営する大きな店だった。

店自体は天井が高くて広々として、味も悪くはなかったんだけど、華人系の主人の不機嫌そうな顔と態度(多分タイの人としては普通の表情だとは思うが)を見ていると、嫌気がさしてきたよ。。。

従業員はキチンと教育されていて素晴らしかったけど、それを全てぶち壊すような雰囲気を持った店主の店だった。
まあ、知り合いになれば頼れる人なのかもしれないけど。。。

写真を撮ったはずなんだけど、なぜか一枚も残っていない。
やっぱり縁がなかったんだろう。。。

ปูทอง/プー・トーン
黄金の蟹って意味かな?



他にお粥屋ないかな〜と思いながら、昼間ホテルから徒歩3分のセブンイレブンに行った時、道の反対側にこんな看板を見つけた。
プートーン
googlemapから借用
この時は閉まっていたが、これはお粥屋だ♪

なんと、ホテルから徒歩3分のところにあった♪

結局ここは2日通った。
かなり広い店で、料理の種類も豊富。中華系料理・普通のタイ料理・イサーン料理・タイ系海鮮料理まであって、まるで「ファミレス系お粥屋」だった。
IMG_2509-0705.jpg
IMG_2506-0705.jpg
IMG_2505-0705.jpg
この店、リーズナブルな料金で料理も旨いが、従業員の教育もかなり素晴らしい。

スマホいじっている従業員は皆無で、みんなキビキビ動いている。
ここも華人系の経営なんだろうね?

そんなか一際目立つ店員が2名。
一人が「秋吉久美子」、もう一人が「ボク容疑者」。

●(若い頃の)秋吉久美子
57934499.jpg
ちょっと言い過ぎかもしれないけど、華人系で細身でのっぺり顏だが従業員の中では一際目立つ。

外人の下手なタイ語を聞くと途端に顔を曇らす人が多いタイの人の中にあって、秋吉久美子は表情ひとつ変えずに丁寧に料理の説明&発音の修正までやってくれる奇特な人。
時より見せる笑顔がステキ♪

この秋吉久美子はその風貌だけではなく、行動も素晴らしかった。
とにかくあらゆる動きが抜群に早いんだよね、いわゆる「デキル」って感じ。

広い店内でも走り回っているし、(良い悪いは別にして)タイで店員が走るってまず見ないと思うよ。
(以前、ペッチャブーンの食堂で見たことある程度)

あらゆる状況に対して表情ひとつ変えず、飄々とした雰囲気はまさに秋吉久美子だった。
本物の秋吉久美子にある一種の「気だるさ」は微塵もないが。。。

●ボク容疑者
朴容疑者
言わずと知れた収監中のチョーセンの元大統領
まあ、これに関してはこれ以上書かないけど似てたよ(笑)

このお店はオススメですよ♪

1日の過ごし方(昼の時間つぶし編)

どんなに自転車が好きでも、タイの真昼間の一番暑い時間帯に自転車漕ぐのは辛い。。。

なので、朝練から帰ったらしばらくホテルの部屋でごろごろしていたけど、つまらないんでGooglemapを見ていたら近くにシーコンスクエアがあることが分かった。
ここならエアコンも効いているし、暇つぶしできる場所もいっぱいありそうなので夕練までの時間出かけてみた。

オレが行った時ちょうどJapanフェアー(正確な名前は忘れた)をやっていたね〜
IMG_2496-0705.jpg
これがタイの人が描く日本のイメージなのかな?

IMG_1382-0706.jpg
ちなみにタイ人のタイのイメージがこれ(3年前のどこかのショッピングモールで撮影)。いい味出してるね〜

日本食風の店がいっぱい出店していたけど、そもそもこのシーコンスクエアには日本料理のチェーン店がいっぱい入っていて(飲食店の1/3-1/2が日本食または日本食系)こんなフェアーやる意味あるのかな???

これを見たからではないが、急にうどんが食べたくなって丸亀製麺へ
IMG_2516-0706.jpg

フードコートも充実しているし、まあ暇つぶしや涼みに行きたい場合はこの辺ではオススメかな?

■シーコンスクエアへの行き方(マニアック編)

ここへの行き方はちょっと検索すれば星の数ほどヒットする(笑)

が、今回宿泊したザ レシデンス エアポート&スパ ホテル (The Residence Airport & Spa Hotel)からシーコンスクエアに行く方法はどの記事にも書いていない(当たり前だ!)。

なので、今後ここに宿泊した方のためにホテル⇔シーコンスクエア移動術を書いておく。
1年に1人でも「役に立った」と言ってもらえれば幸せ♪

●ホテルの前の通り(チャルーム・プラギアット・ラチャガン・ティ9)はGooglemap上にバス停が表示されないが、このようにバス停はある。
IMG_2522-0706.jpg
しかも、11番と206番の表示もあるが、実際には206番が走っているのを一度見ただけ。
それも、運行中だったのか?回送中だったのか分からないし、たとえ走っていてもいつ来るかわからないバスを待つより、頻繁に通るソンテオに乗ろう♪

ここでは2ルートのソンテオが走っている。
どちらも車体は赤もしくは赤系で、よくあるルート番号(数字)は書いていない。
ソンテオr

1、シーコンスクエア(ซีคอนสแควร์)行き(地図の赤線
車体前方上部にシーコンスクエアの略シーコン/ซีคอนと書かれている。これが唯一の識別。
IMG_2503-0705.jpg
IMG_2503-0705-2.jpg

この車はラマ9世公園も通るはずなので、ラマ9世公園/สวน ร.9/สวน ร.๙/สวนหลวง ร.9(多分、สวน รัชกาลที่ 9の略)この表示もどこかに書いてあるはず。

IMG_2503-0705-1.jpg
写真の車両の側面には
ซีคอน(シーコン)-วัดตะกล่ำ(ワット・タクラム)-พาราไดซ์(パラダイス)-สวนหลวง(ラマ9世公園)-คลองปักหลัก(運河の名前???)と書かれているんで、ルートが気になる人はタイ語で検索してみてください。

2、ウドムスック行き(地図の青線
写真がないので、始点がどこだか分からないけど、車の上の方にウドムスック/อุดมสุขとかBTS/บีทีเอสとかいてある。
IMG_2501-0705r.jpg
IMG_2501-0705-1.jpg
IMG_2500-0705.jpg
写真はイメージ。

この表示があるソンテオはウドムスック駅に行ってしまうので注意。

***

ザ レシデンス エアポート&スパ ホテル (The Residence Airport & Spa Hotel)
に宿泊した日本人客で、シーコンスクエアを安く往復したいと思っている人が一体何人いるだろうか?(笑)

ということで、3泊4日の合宿の話はこれでおしまい。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| バンコク食堂 | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT