脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Hatari扇風機死亡、生涯労働時間は14000時間???

4月のロンドン行きが迫ってきている。

ギリギリ行動派なので往復のチケット以外は全く手付かずだったが、さすがに焦ってきて初日&2日目のホテルまでは予約した。あとは列車の予約と3−4日目の予約をしなければ・・・

この時期は特に混んでいるわけでもなさそうなので、ギリギリ行動でも今のところは問題ないが、旅程が短くかなり押し込み気味になっているのがちょっと気になるね〜

本当は+フランス、スペイン、ポルトガルも入れたかったが、やっぱりヨーロッパは何でも高くてね〜

***

ここのところ1−2か月前の話ばかり書いているんで、たまには最新の話でも。

バンコクに越してきたのが2014年の最終日。
年明けから冷蔵庫や電子レンジ、扇風機を買って文明的な生活を始めたのだが、そのとき買ったHatariの扇風機、半年くらい前からパワーが極端に落ちてきた。。。
IMG_1051-0328.jpg

1・2・3の風力設定があるんだけど、最強の3でも日本の扇風機の「微風」くらいのパワー。

そして去年の終わりくらいに、ついにハタリいやパタリと止まってしまう。
最初のうちは網の目から指を突っ込んで羽を回すとどうにか回り始めるという、完全手動起動。。。でどうにか最後の力を振り絞ってはいたが・・・

1月の某日には手動起動も効かなくなって死亡宣告。
徐々にパワーが落ちてきたんでモーターが死んだんだろう。

ただ、その時期は日本に行ったりベトナムに行ったりマレーシアに行ったりで「まあ、あとでいいや〜」というギリギリ行動派の典型的な引き延ばし工作も、最近の暑さから耐えられなくなりついに扇風機を買いにBIG−Cへ。

***

タイの扇風機のトップブランドHatari(ハタリ)。
hatari.png

最初は服部(ハットリ)かと思ったが、タイでは知らぬものがいないほどの有名ブランドだ。

だが、最初に買ったHatariの扇風機、2年も持たずに死亡。
日本で使っていた名無しの支那製扇風機(2000円くらい)でも15年以上は持ちこたえていて、入院する兆候もない。
それに比べHatariの虚弱体質は目に余る。。。???

まあ、タイでは350日/年くらいはフル稼働しているんで、単純に年数比較はできないけど・・・

《日本》
使うのは基本6-9月の3-4か月。
昼間仕事をしていれば使うのは夜から朝の6-9時間くらい?

👉4か月x30日x9時間=約1000時間/年

《タイ》
年間350日で1日あたり20時間稼働?
ほぼ一日中家にいるからね・・・

👉350日x20時間=7000時間/年
今回は約2年で死亡したんで、生涯労働時間は7000時間x2年=14000時間

お疲れ様でした・・・

つまりHatariの扇風機は日本での稼働時間から考えると14000時間÷1000時間=14年働けたってことになる?

日本で買った支那製はすでに15年以上でピンピンしている長寿だが、ここ2年はほとんど使っていなかったんでHatariが先に死亡するのも理解しよう。。。

2年間ほぼ休みなしで働いたんで過労死認定か?

***

ということで、またHatariを買おうと思ったが、ほぼ同サイズ&ほぼ同じ値段のSHARP製を買ってきた。
IMG_1050-0328.jpg
右がSHARP、左がHatari

決め手はこの3年保証。
IMG_1058-0329.jpg
3年って日本レベルに置き換えると20年くらいあるんだけど、SHARPさん大丈夫???

スイッチオン!

おぉ〜、すごい風力。
最弱の1でも日本の「強」くらい。

Hatari君も若い時はこれくらい元気だったのかな〜

***

扇風機の外箱が大きかったんでtuk-tukに積んで帰ってきた。
せっかくtuk-tuk乗るんで、ついでにもう一つの「暑さ対策品」も仕入れて来ましたよ♪
IMG_1045-0328.jpg
ちなみにビアリオ 350mlx24缶(1ケース)の値段と、シャープの扇風機の値段はほぼ同じでした。。。

これで今年の暑季対策はバッチリ♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| アパート生活 | 00:05 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーヒードリッパーが見つからない!?バンコクでベトナム式ドリッパーを買うならこの店にGO!

前回はベトナムのお茶について書いたが、今度はコーヒー。
ちなみに、コーヒーについてのウンチクはほぼゼロなので、そのつもりで読んでね♪

濃厚で香り豊かなベトナムコーヒーにもハマってしまっているオレ。

今回買ってきたのはこの3種類。
IMG_0356-0317.jpg
豆の種類と味の関係が全然わからず、Vietnam Coffeeと書かれていたものをとりあえず買ってきた。
素人だからね。。。

まあ、ベトナムのスーパーに行けば、売っているのはほぼ全てVietnam Coffeeなのだがね。。。

で、豆を買って満足してしまったオレ。
普段はネスカフェゴールドブレンドで満足しているんで、バンコクのアパートにはコーヒーメーカーもドリッパーもない。

世界有数の大都会バンコク、ドリッパーくらいどこにでも売っているだろう〜

と考えていたのだが、それが大甘だってことにすぐに気がついた。

***

《ドリッパーの基礎知識》

1、普通のドリッパー

日本なら一家に一個くらいはあるよね?
コーヒー店でそれなりに豆を買えばタダでくれる場合もあるかも?

日本なら、スーパーのコーヒー豆売り場の片隅や、日用品売り場に普通に置いてありそうだし、100円ショップにもありそうだよね?

2、ベトナム式ドリッパー

これは日本じゃあ一般的でないけど、金属製で3つのパーツで構成された「1杯用」のドリッパー。
せっかくベトナムコーヒーを買ってきたんで、本当はこれで入れたかったのだが、日本でもあまり売っていないようなものがタイで売っているわけもなく、まあ見つかればラッキー♪って思ってた。

***

《捜索編》

ドリッパーがないとせっかくのコーヒーも宝の持ち腐れなので、バンコクに戻ったらすぐに買いに出かけた。

1、ダイソー(*1)
IMG_0370-0317.jpg

日本人のイメージではまず100円ショップでは?
ということで、近くのセンタン・グランド・ラマ9にあるダイソーへ

が、紙フィルターは山のように売っているのだが、ドリッパー自体がない。
IMG_0362-0317.jpg
いくら探してもない。。。

しょうがないので先にフィルターだけ買っておく。
IMG_0373-0317.jpg

(*1)タイのダイソーは高いし、あくまでもタイ人相手の商売なので日本の店とは明らかに商品構成が違って、日本人には利用価値が低い。基本は60Bだがバンコク以外は70B?80B?と日本の倍以上で割高。60B以上の割高商品も多い。また、タイのダイソーは「日本っぽい商品がメイン」のタイ人向けなので、「あったらいいな〜」的な便利&高機能商品は多くない。タイには20Bショップが至る所にあり、ダイソーはその立地からも「ちょっと高級」なイメージ。ただし、品質は日本並みなので、タイの20Bショップで売っているような「超々々々粗悪品」とは一味違う。

2、スーパーのコーヒー豆売り場
どうも、日本人的発想が抜けないし、他にイメージできなかったので次に向かったのがスーパー

が、置いてある気配もない。
あるのは2,000Bくらいする本格的なコーヒーメーカーのみ。

***

ここで、ググってみると少ないながらも「XXXで買った」「△△△で売っていた」という情報を得るが、どれも古いものばかり。

そこでこんなことをつぶやいてみた。
ドリッパー

すると即座に2人の方(かっぱ巻さん@benitengu100、plum77さん@nobocon21)から「XXXで売っている」という情報をいただく。
ありがとうございました。

その後、ドリッパーの写真を見せながら歩き回った先がここ

センタン・グランドラマ9のダイソー(再訪)→品切れです
センタン・グランドラマ9のTOPS→ありません
テスコロータス・フォーチュンタウン店→なにこれ?知らない
ビッグCラチャダムリのダイソー→品切れです
ビッグCラチャダムリ店→ありません
エカマイ・ゲートウエイのダイソー→品切れです
その他コーヒーショップ→ありません

う〜ん、たかがドリッパー、されどドリッパー・・・
疲れましたよ。

***

《発見!編》

こうなったら高くてもいいけど、まず間違いなくあると思われる高級店へ
まずは「バンコクでもコーヒードリッパーが売っている」ということを確認するのが目的。

1、伊勢丹
👉もちろんありました。が、お値段250−1,300B。。。

グッドデザイン賞のシールが貼られたお洒落なドリッパーが多数陳列。さすが伊勢丹。
でも、グッドデザイン賞を取った高級ドリッパーは必要ないな・・・

→買わず(買えず?)

2、センタン・グランドラマ9のロビンソン
👉有ったけど、価格は伊勢丹並み。

→買わず(買えず?)

3、フォーチュンタウンにあるSuzuki Coffee
👉あった〜(ただし、これを見つけたのは全て解決した後だった)。お値段80B。
IMG_0570-0317.jpg
IMG_0570-0317-1.jpeg

《解決編》

高級店では確かに売っていたが、品物は高級品。
しかも、ベトナム式には全くお目にかかれなかった。

そこで、最初にググった時に出てきた「チャトチャック市場の横にあるJJモールにはコーヒー器具専門店が複数ある」という情報に基づいて、JJモールへ行ってみた。

オレはチャトチャック市場にはほとんど興味がない(二度行ったことはある。一度はどうしても行きたいという知り合いに強引に誘われた)ので、JJモールという名前自体知らなかったのだが。。。



アパート近くのバス停から136番のバスで一本。
電車で行くなら最寄駅は「地下鉄=チャトチャック駅またはガムペンペット駅」「BTSならモーチット駅」。

平日に行ったんで、周りは超閑散としていた。
まるで港にある倉庫街を歩いているような感じだった。

初めて入ったJJモール。
コーヒー器具店があるという地下(半地下?)へ。
ここすごく広いね〜、一度入ると完全に迷う。。。まるで樹海だ。
IMG_0387-0317.jpg

こんなに広いのに客がほとんどおらず不気味。多分週末はすごい人出なんだろうけど。。。

ぐるぐる回って何軒かあったコーヒー豆屋やコーヒー器具屋を周り、最後にたどり着いたのがこの店。
IMG_0386-0317r.jpg

店頭に陳列されているものを見て小躍りしてしまった♪
IMG_0385-0317.jpg

これだ〜!

ついに見つけたベトナム式ドリッパー

どうせベトナム式なんてタイじゃ売っていないだろう、安めの普通のドリッパーで十分と思っていたのだが、意外や意外、大本命を発見♪

どのサイズにしようかと迷いに迷って右の二つとも買ってしまった。
現品限りかと思ったら、奥から箱入りの在庫品を出してきてまたびっくり♪
IMG_0395-0317.jpg
さすが専門店は違うね〜

小サイズ:70B、中サイズ:80Bとお値段もお手ごろ
IMG_0392-0317.jpg
IMG_0394-0317.jpg

レシートもこんなちゃんとしたやつだった。
IMG_0994-0317.jpg

お店情報
店名:BONA COFFEE
場所:JJモール地下(半地下?)店番号G388
目印:フードコートだったか?、Chester's Grillだったか?の前

《まとめ:バンコクでドリッパーを買う》

1、1,000円くらいなら安いもんでしょ?っていう方

👉まっすぐ伊勢丹に向かうべし。

2、安物でも味なんて変わりゃしないっていう方

👉コーヒー豆を売っている店(例:Suzuki Coffee)で探してみる。
👉ダイソーは「品切れ」と言っていたんで、再入荷するかも?

3、ベトナム式ドリッパーが欲しい!

👉JJモールへ行くべし。

結局、紙フィルターは無駄になっちゃったし、バス代で結構かかってしまったが、こうして足で稼いだ情報はそれなりに価値があるんじゃないか?と勝手に思っている。
IMG_0416-0317.jpg

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクにもあった!?ベトナム市場(2)ベトナム市場の真実

前の記事を読んでいない方はこちら↓を先にお読みください。

バンコクのベトナム市場(1)偵察・位置・営業時間確認編

3月12日(日)

毎週日曜の6:00-9:00amに開かれると聞いた「ベトナム市場」に行くためにこの日は5:30am起き。
外はまだ真っ暗。。。
犬が野生化しているので、日が出てから出発。6:30am。
IMG_0823-0312.jpg
早朝の戦勝記念塔ロータリー
戦勝記念塔へは12番のバスで、そこから18番のバスに乗り換えて超スムースに到着。

時刻は7:10am。

平日なら間違いなく1時間はかかるだろう。
IMG_0825-0312.jpg
日曜朝のサムセン通り。
普段の交通量は知らないけど、まるで10年前のラオス・ビエンチャンのようだ。

***

先週偵察して確認したサムセン・ソイ13を進む。
前方、何気に人が集まってる雰囲気
IMG_0827-0312.jpg
IMG_0830-0312.jpg
情報通り♪

が、やっている屋台はどれも一見普通のタイの屋台ばかり・・・
???

先週聞いたセブンイレブンの前の屋台のおばちゃんに聞いた所「やってるわよ、ここ一帯で」
「でも〜ベトナム料理屋台がないんですが〜?」
「もうちょっと奥の方よ、行ってみなさいよ」

ということで、奥の方でやっていた朝市のような屋台街をぐるっと一周するも、多少品物に特徴はあるけど他のタイの朝市とほとんど変わらず。。。

唐揚げ屋の夫婦に「この辺でベトナム市場があるって聞いてきたんですが?」と聞くと「ベトナム市場???そんなのないよ」と。。。

朝方はかなり涼しいのだが、喉が渇いてコーヒー屋台でアイスコーヒー買いがてら、そこのおっちゃんに同じ質問をすると「あぁ〜、この辺一帯がそうだよ」と。。。

???

同じ問答の繰り返しなのだが「でも〜、ベトナム料理がないですよね〜?」
するとおっちゃん、隣の宝くじ売りの老婆が食べていたスープを指差して「ほら、これベトナム料理だよ」って・・・
どう見てもベトナム料理かタイ料理か区別つかない微妙な料理。。。

福建料理と広東料理の違い?
西日本料理と東日本料理の違い?
肉まんとあんまんの違い?(食べなきゃ分からない)

素人にはわからない。

***

なんとな〜くわかってきたのは、先週いろいろ聞きまわった際にある店の店主が言っていた言葉「この一帯はベトナム系の人が多く住んでいる。だから日曜日の早朝にそういったベトナム系の人が市場を開くのよ」って。。。

ここで言うベトナム市場って「ベトナム系タイ人がタイ人向けに開く普通の朝市なんじゃないのか〜」って。。。

要するに、『日本で普通に開かれているフリーマッケット、開催場所がたまたま在日朝鮮人が多い場所ってだけで、出品しているのもは他の場所のフリーマッケットと何にも変わらない。そこに朝鮮の民族衣装を目当てに行って落胆する』って構図。。。
まあ、キムチと焼肉のタレくらいは売っている。。。って感じ?

オレの予想(希望?)していたのは、ハノイ仕込みのフォー屋台とかベトナムコーヒーを飲ませるカフェ、ベトナムの食料品を売っている店とかがずらりと並ぶ姿。。。

欲張り過ぎか?

***

オレが落胆していると、おっちゃんとの会話を聞いていた隣の老婆の息子?が割って入ってきた。
「ここ全体がベトナム市場だよ。ベトナム料理屋を探しているのかい?ここを戻った先の三叉路、ほら、今赤い車が止まっている辺りを右に入った辺りに数軒あるよ。教会の前辺りにあるから行ってごらん」と。

お礼を行って、期待せず三叉路を右に曲がる。
すると、屋台が数軒見えてきた。

ちょうどこの立派な教会の前辺り。
IMG_0832-0312.jpg

IMG_0834-0312.jpg
IMG_0839-0312.jpg
料理を見るとフーもしくはカノムジンの上に、揚げ春巻きをぶつ切りにしたものを作っている。
う〜ん、確かにタイ料理でこう言った料理はあまり見ないんでベトナム料理と言われればそうかもしれないけど。。。

IMG_0842-0312.jpg
もっと近寄ってみると、バインセオ(ベトナム風オムレツ)っぽいのもあったので、ここは間違いなくベトナム屋台なんだろう。。。が、オレの想像(希望?)とはかけ離れていた。

一軒ポツンとある屋台、老婆二人がちょこんと座っている屋台の上にはなにやらベトナム茶らしきものが。
IMG_0833-0312.jpg
ここで売っているものは全てベトナムブランドのものだった。
例のバンダン茶の写真↓を見せて聞いてみたが、ここにあるのだけと。。。
IMG_0213-0311.jpg

う〜ん、確かにベトナム屋台はあった。
が、正直「これか〜、これだけか〜」ってのがオレの感想。

***

《参考》
戻ってからタイ語でいろいろ検索したところ、ここはまさにベトナム人街のベトナム市場だったことが判明。

1、古い情報だが、「サムセン・ベトナム人街」紹介ページ↓
ชุมชนบ้านญวน สามเสน(タイ語)。
まさにここだった。

2、youtubeもあった。ตลาดเช้าบ้านญวน สามเสน ซอย 13 ความอร่อยแบบต้นตำรับ ll หมวยเรย์
オレの下手な説明よりもこの映像で全てが分かる。


これを見て「ベトナム人街だな〜」と思う方はタイの人だけ???(笑)
オレが見ても、普通のタイの市場での出し物とそう変わりはないんだけど。。。
タイ系ベトナム料理?それともベトナム風タイ料理???

映像の途中で「カオピアックがどうのこうの」と言っているが、本場ベトナムではカオピアックなんて見ないんだけどね~

ラオス人市場とカンボジア人市場が、それぞれの国民でないと見分けがつかないのと同じか?
日本の中華料理を見て、人民たちが???って感じているのと同じだろう・・・か?

***

かなり残念だった今回の「ベトナム市場」探索。
「サムセン通りとラチャウイティー通りの交差点付近で毎週日曜日に開催」していて「まるでベトナムにいるかのような雰囲気になる」という情報だったベトナム市場。

やっとたどり着いたと思ったのだが、少々残念な結果になってしまった。
欲張り過ぎたか?それともオレの勘違いなのか?
天津丼、エビチリ、冷やし中華を求めて大陸に行った様なものなのか???

このままでは諦めきれないので、今度はタイ語サイトにも入り込んで「オレ希望のベトナム市場=ベトナムの食材が選び放題、ハノイのフォーの出店、ベトナムコーヒーやベトナム茶のカフェがある」を探し出してやろう!

えっ?そんな努力をするより、一ヶ月後にハノイに行った方がよくない?って?

まあね、それが一番良いのだが、何かを求めて探し回るって、ヒマなオレには「時間つぶし」も兼ねてるんでちょうどいいんだよ(笑)

***

もし行きたい方はこの地図を参考に
注意:開催は毎週日曜日の6:00-9:00am

目標はサムセンsoi13の中ほどにあるセブンイレブン。

ベトナム市-2
戦勝記念塔からだと、18番バスか515番バスが便利。

第一弾はとりあえずこれで終了
第二弾はあるか???

主よ、我に美味しいベトナム料理を提供してくれる場を与へ給へ、アーメン
IMG_0841-0312-1.jpg

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクにもあった!?ベトナム市場(1)偵察、位置・営業時間確認編

昨日の記事の関連記事だけど、これは帰国後のバンコクでの話。

***

ハノイで買ってきたお茶。
IMG_0356-0310.jpg
これ、美味しくて毎日飲んでいるんで残りが心配になってきた。

コーヒーも美味しいがお茶も絶品、Trà Sâm Dứa(パンダン人参茶)を探し求めて《2016ハノイ(6)》

ベトナムのノービザ入国(15日間)は、一旦出国すると30日以内に再びノービザでの入国ができないので、以前の日本⇔タイ通いのような真似はできない。

じゃあ、バンコクでベトナム食材の店を探せばいいじゃないか〜
が、タイはお茶文化圏ではない(たぶん)ので、お茶(緑茶系)の店を探すのに苦労する。

で、「バンコク ベトナム人街」や「バンコク ベトナム 食材」でググってみたが、全くと言っていいほど何もヒットしない。

唯一ヒットした記事は10年以上も前の記事で「毎週日曜日にSam Sen通り一帯に並ぶこの(ベトナム)縁日」と位置情報もかなりアバウト。
検索ワードを変えて探した結果「サムセン通りとラチャウイティ通りの交差点近く」と表記されていて、だいたい分かったけど・・・ってレベル。

まあ、とりあえず行ってみるか〜

***

3月5日(日)
12:30pm

結局「毎週日曜日にサムセン通りとラチャウイティ通りの交差点近くで開かれるベトナム市場」という情報だけで出発。

まずはバスで戦勝記念塔へ。そこかから適当なバスで向かう。
ベトナム市場1
停まっていたバスの車掌に「動物園前を通る?」って聞いて乗り込んだのでバス番号は憶えてない。

ラチャウイティ通りをひたすらまっすぐチャオプラヤ川に向かって走るバス。
交差点手前の大学っぽい入り口で降りて交差点へ。

はて?どの辺りだろう???
全くわからず・・・

とりあえず交差点を左に曲がってキョロキョロしながら歩き始めた。
とてもベトナム市場をやっているような雰囲気の場所はなかった。

しばらく歩いて「こりゃなさそうだな〜、反対方向へ行くか〜」と思ったその時、向かい側に延びるソイ(ソイ11)に多少の賑わいの雰囲気を感じ取り、サムセン通りを渡ってそのソイに入ってみた(青の矢印地点)。
ベトナム市場2

ソイの両サイドには店がいっぱいあり、なんだかここだけが華やいでる感じ。
ここか???

***

歩いて行くと、営業している店の多くが花(生花+花輪=พวงมาลัย)を売っている店。
行き交う人のほとんどが喪服を着て、これら花を買い求めている。

喪服は今のバンコクでは見慣れてはいるけれど、喪服率が極端に高く???

彼らはソイの真ん中あたりにある門から中に吸い込まれていくので、覗いてみると。。。
IMG_0791-0310.jpg
IMG_0792-0310.jpg
教会?墓地?
十字架だらけで、ここは教会&墓地のようだ。
สุสานวัดนักบุญฟรังซิสเซเวียร์

日曜ミサと墓参りか〜

一気に脱力感が・・・
「これ以上先に行っても何もなさそうだから、さっきの十字路を反対に行ってみよう」と歩き出す。
ちょうど、ソイの入り口にモーターサイの運ちゃんがいたのでダメ元で聞いてみた。

「あの〜、このあたりにベトナム市場があるって聞いたんですが知っていますか?」
「ベトナム市場?このソイの突き当たりを右に行った先にあるセブンイレブンの四角だよ」

やった〜♪この周辺だったんだ〜、聞いてよかった〜♪

「隣のソイから行った方がわかりやすいよ」
「ありがとうございました」

隣のソイとはここ
IMG_0776-0310.jpg
ここの先の四角にあると聞いて歩き出した。

IMG_0777-0310.jpg

が、言われたセブンイレブンの周りはちょっとした市場(食べ物市場)にはなっていたけど、売ってるものはムーピンとかルークチン焼きとか・・・ベトナム風の食べ物は皆無。。。
IMG_0778-0310.jpg
IMG_0781-0310.jpg
なぜか?こんな豚の丸焼きの店が2つもあったけど。

セブンイレブンの対面にあった食堂。
IMG_0782-0310.jpg
IMG_0782-0310-1.jpeg
よく見ると「ベトナム料理」とは書いてあるけど、ここ以外にそれっぽいのはない。

どーしよう・・・
と思っていたら、隣にある屋台の商品がちょっとベトナムっぽかったので、屋台のおばちゃんに聞いてみた。

「あの〜、このあたりにベトナム市場があるって聞いたんですが、どこにあるんでしょうか?」
「あんたどこから来たの〜?」
「日本です」
「タイ語上手ね〜?何ヶ国語喋れるの?」
「まあ、どうにかタイ語と英語はできて、日本語もできるんですが、日本語が一番下手ですかね・・・55」
「555、あんた面白いね〜」

って、オレが知りたいのはベトナム市場なんだけど・・・

「あの〜、ベトナム市場は・・・」
「ここよ、ここで毎週日曜日にやってるわ。ただし、朝6:00から9:00までしかやってないわ、今日もやっていたけどうち以外は全部閉店したわよ」

「(時計を見ると14:00)・・・」

「来週もやっているから日曜の朝いらっしゃいよ。そうそう、私はベトナム人よ」

「あ、ありがとうございました、来週出直します・・・」

6:00−9:00amって相当早起きしなきゃいけないな〜

ということで、この日は豚丸焼き屋台で200gくらい買って帰って来ました。
IMG_0794-0310.jpg
皮を炙ると激ウマ♪

《ベトナム市場の場所》

このセブンイレブンのある四角付近で、毎週日曜日6:00−9:00amに開催されるようです。

よし、来週行くぞ〜!

しかし・・・

***続く***

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近、バンコクの路線バスにモニターが付き始めたけど???

今年に入って以降歩き回ってばかり。

「日本行き」の話が終ったら「パトゥンターニへのバスの旅」「ハノイへの旅」「博物館めぐり」と続く。
その後には3月の「マレーシア」、4月には「イギリス」、5月にはまた「日本」と休む暇もない。。。

いや「暇がない」というより、「暇があり過ぎ」てやりたいこと、書きたいことがいっぱいってことか?

たぶんその間にまた「県庁制覇の旅」を挟むことだろう。

本格的に暑くなったら何もする気が起きなくなると思うので、今のうちに行動しておこうっていうわけ。

そのほかにも「銀行・インターネットバンキング」や「googleマップ」の話など、ブログネタが尽きず追いつかない。


日本行きの話はあと1話程度だけど、今日日曜日はちょっと気がついたことを。

***

2月にハノイからスワンナプームに戻った時、タクシーがあまりにも激混み・長蛇の列だったので、久々に路線バス555番に乗って帰って来た時の話。

オレンジ色の普通のエアコンバスに乗ったら、運転手席の後ろに真新しいモニターがあった。
IMG_0353-0225.jpg

あれっ?こんなのあったっけ???

さすが〜、空港を起点とするバスは違うね〜


と思った。
画面はไม่มีโปรแกรม No program playと表示されていて、特に何も映し出してはいなかったけど。。。

***

後日、普通のノンエアコンの赤バスに乗った時。
IMG_0424-0225.jpg

あれっ?このバスにも付いてるよ、モニターが

こんなオンボロバスに似つかわしく無いな〜、真新しいモニター


ここも同様ไม่มีโปรแกรม No program playと表示されていて、何も映してはいなかった。

***

これって何のためのモニター?

ここでCM流して広告収入を得るためかな〜?
それとも、まさか「次のバス停は○○でございます」なんて表示しようとしてるのかね〜?
まさかね〜、99%ありえない。

以前、バスのGPSと連動させて、一部の大きなバス停で「次に来るバスの番号が表示されるシステム」をやり始めたが、あっという間に無くなった(笑)のを思い出したよ。

久々に白バスに乗ったらこれにはモニターが2つ。
IMG_0426-0225.jpg
IMG_0430-0225.jpg
CMとドラマ(予告編?)みたいのを放映していた。ちょうどスピーカーの真横に座っていたけど、ほとんど聞き取れないね、くぐもっていて。

これは比較的新型のバスだから以前から付いていたのか?オレのよく乗る路線には走ってないんで詳細は不明。。。

まあ、何れにしても何かをやり始めようとしてるんだろうね?
でも、そのうち何事もなかったように無くなってる予感がする・・・

結局、モニター販売会社とB○T○の幹部だけが儲かったって話になるのか???

何をやり始めるのか?ちょっと見ていきましょう♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT