FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンコク・ソイ渋滞の原因は屋台?

最近、バンコク中心部で屋台の撤去取り締まりが盛んだ。

いろんな方の記事を見ていると、賛否両論というよりも否定的な意見が目立つ。
「タイらしさがなくなる」「夜店の様で楽しかったのに」等々。

まあ、確かにそれはそーなのだが、邪魔であったのも事実。
撤去されたとは言っても、撤去後はどこかに屋台の集合体を作って運営させている場所もある様なので、必要ならそういうところに行くのもいいのでは?



さて、オレのアパートの周辺はおそらく規制の対象外。
まあ、ほとんど住宅街だからね?
近くには大きな市場(午前中は生鮮食料、午後からは惣菜系)があって、別に路上に屋台がある必要性はほとんどないのだが、歩いて数分の場所にある屋台は確かに便利だ。

そんなアパート周辺のソイは、夕方以降激混みになる。
もう、バイクの洪水で車が肩身の狭い思いをしながらどうにか走れるか?ってくらいの大渋滞になる。

確かに車両数は多いのだが、それにしてもこの混みようは異常だ。
まあ、異常なものには必ず原因がある。

その一つが車道上にせり出した屋台。

イメージ図
渋滞r

1、車道にせり出した屋台(屋台に買い物に来た人やバイクも含む)で、双方向から来た車がスピードを落とす。
2、そこにバイクが群がる
3、わずかな隙間を見つけてバイクが頭を突っ込むため、車はますます前に行けなくなる。
4、後続車も止まり渋滞発生。
IMG_0399-0424.jpg

多くの屋台は、道のちょっと引っ込んだあたりにある(気を使ってる?)のだが、広く使えるはずの道を狭めているのは事実。屋台というよりも「路上店舗」に近い形態も少なくない。

もちろん、路駐のバイクが原因ってのもあるし、路面のひどい凸凹が多く結果として(走れる)道を狭めているってこともあるけど、オレが見ている限り原因の7-8割りは屋台(常設店舗の店先に出したテーブル等も含む)。

渋滞が多いタイではあるが、運転手は結構冷静というか忍耐強いというか、おとなしく待っている。
日本なら間違いなくクラクションや怒号の嵐になるであろう状況でも全然感情がぶれていない(ように見える)。

この忍耐強さ?というか優しさ?(諦めかも?)は特筆すべきタイの人の気質だと思う。
まあ、普段は優しいタイの人だが、一旦怒ると手に負えなくなるってことはあるけどね。。。



最近あまり行かなくなったが、ひどい状況だったスクムウィット通りのナナからアソークあたりの歩道(北側)。
ここもほとんど露店がなくなって歩きやすくなった♪

この通りでは上の図の「屋台→露店」「バイク→インド人・アラブ人」「車→一般人」と置き換えれば分かりやすいかな?
渋滞rr-2

アラブ人は特に横にデカイから(男女共)追い越しづらいんだよね。
インド人はどこでも集団で立ち止まるし。。。

ここも露店がほとんど消えたんで歩きやすく良くなったよ。
露店があるとビニールシートで周りを囲むから、風通しも悪くて最悪だったけど。



ということで、タイの生活には欠かせない屋台、露店。
これは間違いないけど、やっぱり設置場所は選ばないとね。
今回の屋台撤廃のタイ警察を評価してますよ♪
IMG_8719-0720.jpg

夜店の雰囲気を味わいたければ、屋台村(フアイクアン市場とかディンデーン市場とか)に行けば十分味わえる。
まさに、毎晩夏祭り状態です♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイのセブンイレブンってクレカが使えたっけ?いつから???

いつも長い記事ばかり書いているんで、安息日の今日はちょっと短めに♪

***

タイもクレジットカードがかなり浸透はしてきたように感じる。
まあ、それなりの金額を使うような店や外人が多い店では以前から使えたけど、いまだにカード手数料は使用者持ちなんてのも多いけど。。。

銀行に口座作ると、ほぼ自動的にVISAのデビットカードが付いてくる(キャッシュカードとして)し、大手のスーパーマーケットでは普通に使えるし。

とは言っても、普段の買い物や食事は、まだまだ個人商店(屋台を含む)が主体のタイ。
そんなところで使う金なんてたかが知れているんで、特にクレジットカード決済の必要性はほとんど感じてはいないけど、いざという時(よく財布を忘れて外出することがあるw)には使えるに越したことないよね?

で、先日セブンイレブンに行った時、???ってな表示があった。
IMG_2521-0701.jpg

???

VISA???

IMG_2521-0701-1.jpeg
当店では300バーツ以上の購入金額の際、VISAカードが利用できます。

へえ〜、知らなかったよ。。。VISA(クレカorデビットカード)カードが使えるようになったんだね〜

ちょっと調べてみたら、どうやら昨年以降使えるようになったらしい。。。
タイのセブンイレブン、ビザカード取り扱いへ

***

これで、財布忘れてもセブンイレブンなら大丈夫だな〜
えっ?クレカは財布の中じゃないの?って???

まあ、そうだ(笑)

でも、よく考えてみたらセブンイレブンで300バーツ以上の買い物ってしたことないね。
酒(ウイスキー系)でも買わなきゃ300バーツ越えはあり得ないけど、タイも便利になってきたもんだ。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイで”強制的に知る”日本の童謡・唱歌

以前こんな記事を書いた。
”こい”にウナサレル日々・・・

要は、ダイソー店内で壊れたレコードのごとく繰り返し流されていた「”池の鯉”の歌が頭から離れなくなってしまった」という話。



その後、ダイソーに行く機会がなく、やっと「池の鯉」が記憶から消し去られたと思っていたが、2−3月にコーヒードリッパーを探し求めてダイソー各店を彷徨ったり、その後も軍手を探しに行ったりとか、買いはしないが結構頻繁にダイソーに足を踏み入れている。

そして、やっと「”池の鯉”地獄」から這い上がってきたと思っていたら、またこんな歌が頭から離れなくなってきた。。。

そう、最近行くたびに「壊れたレコードの様にかかってた」のがこの歌


最初、なんの歌だか全然わからなかったが「一寸法師」と「今は〜立派なお〜おとこ」だけは聞き取れたのでyoutubeで調べたみたらこれだった。

***

昭和30年代後半生まれのオレ。
子供の頃、親に連れて行かれた立川駅前には「傷痍軍人」が軍服姿で乞食同然でいたのを見た世代(ただし本物の傷痍軍人だったかは不明)。
当時は戦争が終わってまだ20年くらいだったのだな・・・

そんな世代なので、日本の童謡・唱歌だったら大概は知っていた(少なくとも聞いたことがあった)つもりだったが、前の記事の「池の鯉」もバンコクのダイソーで初めて知ったし、今回の一寸法師も初めてだ。

どちらも店内では壊れたレコードの様に、オレが店にいる間中流れているんで耳に残って仕方がない(笑)

しかしね〜、タイで日本の童謡・唱歌を知ることになるとは思わなかったよ〜

あぁ〜、また「〜いっすんぼ〜し〜」が耳鳴りの様に頭に響いている〜(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プロローグ②イギリスを自転車で走る・・・出発前の準備、どうしても日本的な発想が抜けない人に最適な「伊勢丹」

イギリス行く前に折りたたみ自転車を買って、地元の自転車屋でそれ用のバッグ(輪行バッグ)も買い、緩衝材も詰めてパキングはほぼ完了。
IMG_1087-0428.jpg
これが今回持っていく中古の折りたたみ自転車。
重量軽減のため、この後スタンドは取り外した。

IMG_1089-0428.jpg
折りたたんだ状態(サドルは抜いてある)

IMG_1128-0428.jpg
IMG_1127-0428.jpg
部屋にあったダンボールと外で拾ってきた発泡スチロールで突起部を保護。

この後、折りたたみ自転車用のバッグに詰めた。
後は空港でラッピングをすれば完了。

・・・なのだがいろいろと不安もあり、対策品を探し求めた。

キャリーカート

タイでキャリーカートはどこで売ってる?

買ったのが鉄フレームで約16kgもある自転車。
頑丈そうで比較的大き目なのを選んだ結果なのだが、これ結構重いんだよね〜

特に、現地に着いてからホテルまでの移動(バラして自転車に乗るという方法もあるが)、結構疲れそうだと思ったので軽量の「キャリーカート」に目をつけた。
こんなやつ↓


一見チャチそうだが、これでも耐荷重は30kgあるんで十分。

が、これどこにも売っていないんだよね〜
市場に行くと似たようなものを持ってるおばさんも見かけるんだけど、どこに行けば売ってるのか???

スポーツ洋品店(アウトドアコーナー)、ショッピングモール、市場、ビッグC、テスコロータス・・・
どこにも無かったし、店員に聞いても「ないね〜」

こういう時は素直に「伊勢丹」に行けばあるんではないか?
以前、さんざん探したコーヒードリッパーも伊勢丹であっさり見つかったし。。。

コーヒードリッパーが見つからない!?バンコクでベトナム式ドリッパーを買うならこの店にGO!

行ってみたらあっさりありました〜
(店員がべったりくっ付いてきたんで写真はなし)
上の写真のような細いパイプで超軽量&頑丈なやつが数種類も。

やっぱりね〜日本で見慣れたものがついつい頭に浮かんでしまうんだけど、タイでは売っていないことも多い。
便利なもので溢れかえっている日本、必要最低限のなかで知恵を働かせる(?)タイ、この違いかな?

でもね〜、値段をみたら2000バーツ前後と目玉が飛び出るほど高くて断念。。。

「こんなものが欲しい!と思ったら伊勢丹に行け。
ただし、時間的余裕があれば日本一時帰国の時に買え!」


これに尽きるかな?
最後に近所のホームプロに行ったら500-1200バーツでこんなのがあった。
IMG_1094-0429.jpg

このタイプはかさばりそうだし、この時はすでに買う気は当初の50%未満に下がっていたんで見送り。
熱しやすく冷めやすい?
面倒だからタクシーに乗ればいいか〜♪と発想を転換した。

軍手

タイで軍手はどこで売ってる?

自転車で移動途中にトラブルが起きた時、いろいろ自転車をいじってると手が汚れるよね?
そんな時に便利なのが軍手。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヨ☆ピカ 日本一軍手(10双)[軍手]
価格:306円(税込、送料別) (2017/4/29時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すべり止め手袋(5組入)[軍手]
価格:347円(税込、送料別) (2017/4/29時点)


これもまた日本人的発想だな〜

そもそも軍手は日本発祥のもので「軍用手袋」のこと。
手を汚したくないという日本人的発想(?)と安い価格で、日本では広く使われているが海外では基本的に売ってない。

まあこれならタイのダイソーに行けばあるだろうと思い行ってみるが、手袋はあるが軍手はない。。。
店員に写真を見せて「これある?」って聞いてみたら(軍手のタイ語が分からない。多分軍手はグンテなんだろうけど)「子供用のしかない」って。。。

なんで〜?
たまたま在庫切れなのかもしれないし、テスコロータスの60バーツコーナーに行ったら売ってるかもしれないが、

「こんなものが欲しい!と思ったら伊勢丹に行け。」

の格言を思い出し行ってみると。。。
IMG_1123-0428.jpg
IMG_1124-0429.jpg
ありました〜、もう笑っちゃったよ、すごいね〜伊勢丹
日本人の痒いところに手が届く品揃え、さすがです♪
伊勢丹価格で1セット75バーツ。

たぶん、タイの庶民たちには「全く不要でワケのわからない商品」ばかりなんでしょうね〜伊勢丹って(笑)

これで「コーヒードリッパー」「キャリーカート」に続き3戦負けなし♪

体のお手入れ

慣れない12時間のフライト、慣れないサイクリング
いきなりやると体(特に腰)への負担が増しそうなので、事前にお手入れ。
IMG_1129-0428.jpg
あまり好きではないマッサージだが、出発前日やった後体が軽くなったような気がした。

これで道具も体も準備万端。

一人壮行会

IMG_1133-0428.jpg

***

準備作業はこれにて完了♪
それでは行ってきま〜す♪

このイギリス旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーヒードリッパーが見つからない!?バンコクでベトナム式ドリッパーを買うならこの店にGO!

前回はベトナムのお茶について書いたが、今度はコーヒー。
ちなみに、コーヒーについてのウンチクはほぼゼロなので、そのつもりで読んでね♪

濃厚で香り豊かなベトナムコーヒーにもハマってしまっているオレ。

今回買ってきたのはこの3種類。
IMG_0356-0317.jpg
豆の種類と味の関係が全然わからず、Vietnam Coffeeと書かれていたものをとりあえず買ってきた。
素人だからね。。。

まあ、ベトナムのスーパーに行けば、売っているのはほぼ全てVietnam Coffeeなのだがね。。。

で、豆を買って満足してしまったオレ。
普段はネスカフェゴールドブレンドで満足しているんで、バンコクのアパートにはコーヒーメーカーもドリッパーもない。

世界有数の大都会バンコク、ドリッパーくらいどこにでも売っているだろう〜

と考えていたのだが、それが大甘だってことにすぐに気がついた。

***

《ドリッパーの基礎知識》

1、普通のドリッパー

日本なら一家に一個くらいはあるよね?
コーヒー店でそれなりに豆を買えばタダでくれる場合もあるかも?

日本なら、スーパーのコーヒー豆売り場の片隅や、日用品売り場に普通に置いてありそうだし、100円ショップにもありそうだよね?

2、ベトナム式ドリッパー

これは日本じゃあ一般的でないけど、金属製で3つのパーツで構成された「1杯用」のドリッパー。
せっかくベトナムコーヒーを買ってきたんで、本当はこれで入れたかったのだが、日本でもあまり売っていないようなものがタイで売っているわけもなく、まあ見つかればラッキー♪って思ってた。

***

《捜索編》

ドリッパーがないとせっかくのコーヒーも宝の持ち腐れなので、バンコクに戻ったらすぐに買いに出かけた。

1、ダイソー(*1)
IMG_0370-0317.jpg

日本人のイメージではまず100円ショップでは?
ということで、近くのセンタン・グランド・ラマ9にあるダイソーへ

が、紙フィルターは山のように売っているのだが、ドリッパー自体がない。
IMG_0362-0317.jpg
いくら探してもない。。。

しょうがないので先にフィルターだけ買っておく。
IMG_0373-0317.jpg

(*1)タイのダイソーは高いし、あくまでもタイ人相手の商売なので日本の店とは明らかに商品構成が違って、日本人には利用価値が低い。基本は60Bだがバンコク以外は70B?80B?と日本の倍以上で割高。60B以上の割高商品も多い。また、タイのダイソーは「日本っぽい商品がメイン」のタイ人向けなので、「あったらいいな〜」的な便利&高機能商品は多くない。タイには20Bショップが至る所にあり、ダイソーはその立地からも「ちょっと高級」なイメージ。ただし、品質は日本並みなので、タイの20Bショップで売っているような「超々々々粗悪品」とは一味違う。

2、スーパーのコーヒー豆売り場
どうも、日本人的発想が抜けないし、他にイメージできなかったので次に向かったのがスーパー

が、置いてある気配もない。
あるのは2,000Bくらいする本格的なコーヒーメーカーのみ。

***

ここで、ググってみると少ないながらも「XXXで買った」「△△△で売っていた」という情報を得るが、どれも古いものばかり。

そこでこんなことをつぶやいてみた。
ドリッパー

すると即座に2人の方(かっぱ巻さん@benitengu100、plum77さん@nobocon21)から「XXXで売っている」という情報をいただく。
ありがとうございました。

その後、ドリッパーの写真を見せながら歩き回った先がここ

センタン・グランドラマ9のダイソー(再訪)→品切れです
センタン・グランドラマ9のTOPS→ありません
テスコロータス・フォーチュンタウン店→なにこれ?知らない
ビッグCラチャダムリのダイソー→品切れです
ビッグCラチャダムリ店→ありません
エカマイ・ゲートウエイのダイソー→品切れです
その他コーヒーショップ→ありません

う〜ん、たかがドリッパー、されどドリッパー・・・
疲れましたよ。

***

《発見!編》

こうなったら高くてもいいけど、まず間違いなくあると思われる高級店へ
まずは「バンコクでもコーヒードリッパーが売っている」ということを確認するのが目的。

1、伊勢丹
👉もちろんありました。が、お値段250−1,300B。。。

グッドデザイン賞のシールが貼られたお洒落なドリッパーが多数陳列。さすが伊勢丹。
でも、グッドデザイン賞を取った高級ドリッパーは必要ないな・・・

→買わず(買えず?)

2、センタン・グランドラマ9のロビンソン
👉有ったけど、価格は伊勢丹並み。

→買わず(買えず?)

3、フォーチュンタウンにあるSuzuki Coffee
👉あった〜(ただし、これを見つけたのは全て解決した後だった)。お値段80B。
IMG_0570-0317.jpg
IMG_0570-0317-1.jpeg

《解決編》

高級店では確かに売っていたが、品物は高級品。
しかも、ベトナム式には全くお目にかかれなかった。

そこで、最初にググった時に出てきた「チャトチャック市場の横にあるJJモールにはコーヒー器具専門店が複数ある」という情報に基づいて、JJモールへ行ってみた。

オレはチャトチャック市場にはほとんど興味がない(二度行ったことはある。一度はどうしても行きたいという知り合いに強引に誘われた)ので、JJモールという名前自体知らなかったのだが。。。



アパート近くのバス停から136番のバスで一本。
電車で行くなら最寄駅は「地下鉄=チャトチャック駅またはガムペンペット駅」「BTSならモーチット駅」。

平日に行ったんで、周りは超閑散としていた。
まるで港にある倉庫街を歩いているような感じだった。

初めて入ったJJモール。
コーヒー器具店があるという地下(半地下?)へ。
ここすごく広いね〜、一度入ると完全に迷う。。。まるで樹海だ。
IMG_0387-0317.jpg

こんなに広いのに客がほとんどおらず不気味。多分週末はすごい人出なんだろうけど。。。

ぐるぐる回って何軒かあったコーヒー豆屋やコーヒー器具屋を周り、最後にたどり着いたのがこの店。
IMG_0386-0317r.jpg

店頭に陳列されているものを見て小躍りしてしまった♪
IMG_0385-0317.jpg

これだ〜!

ついに見つけたベトナム式ドリッパー

どうせベトナム式なんてタイじゃ売っていないだろう、安めの普通のドリッパーで十分と思っていたのだが、意外や意外、大本命を発見♪

どのサイズにしようかと迷いに迷って右の二つとも買ってしまった。
現品限りかと思ったら、奥から箱入りの在庫品を出してきてまたびっくり♪
IMG_0395-0317.jpg
さすが専門店は違うね〜

小サイズ:70B、中サイズ:80Bとお値段もお手ごろ
IMG_0392-0317.jpg
IMG_0394-0317.jpg

レシートもこんなちゃんとしたやつだった。
IMG_0994-0317.jpg

お店情報
店名:BONA COFFEE
場所:JJモール地下(半地下?)店番号G388
目印:フードコートだったか?、Chester's Grillだったか?の前

《まとめ:バンコクでドリッパーを買う》

1、1,000円くらいなら安いもんでしょ?っていう方

👉まっすぐ伊勢丹に向かうべし。

2、安物でも味なんて変わりゃしないっていう方

👉コーヒー豆を売っている店(例:Suzuki Coffee)で探してみる。
👉ダイソーは「品切れ」と言っていたんで、再入荷するかも?

3、ベトナム式ドリッパーが欲しい!

👉JJモールへ行くべし。

結局、紙フィルターは無駄になっちゃったし、バス代で結構かかってしまったが、こうして足で稼いだ情報はそれなりに価値があるんじゃないか?と勝手に思っている。
IMG_0416-0317.jpg

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| スーパーマーケット/市場 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT