fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東横イン・ユニットバスのトラップ?仙台----五橋横丁・串揚げ&メンチ----

9月5日(土)---その3---

平泉で列車を待っている間にネットで予約した「東横イン仙台西口中央」に向かう。
駅から結構距離があった。
IMG_4599-1.jpg
さすが土曜日?結構混んでいて、東横インの検索でも最初は全室満室だったけど、しつこく検索していたら喫煙シングルが1室だけ空席が出たところをすかさず予約。
本当は禁煙ルームの方がいいんだけどね〜

最後にまとめて書こうと思うけど、日本のビジネスホテルの喫煙ルームって喫煙者でも嫌になるくらいタバコ臭がすごいんだよね。。。
他の国ではそんなことないんだけど、日本でこんなに酷いのは・・・
①窓が全開できない
②その割に換気扇のパワーが貧弱

からだと思う。

タイでも安宿では普通に部屋でタバコ吸えるけど、窓が全開できるし入り口のドアも隙間だらけなんで風通しが良くて、結果煙がこもりにくい=臭がそれほどでも無い。。。ってことだと思う。

オレもヘビースモーカーだけど、新幹線の喫煙車(いまでもあるのかな?)は絶対乗りたくなと思うほどすごい臭がするのと同じで、日本のビジネスホテルの喫煙室は間違いなく健康に悪い(宿泊者だけでなく、掃除のおばちゃんとかの健康上も良く無い)ので、もっと換気力を強力にする必要あると思う。。。

なんで、こんなこと書いたのかって?
そ、そっ、それが第四弾の遠縁なので。。。55

で、チェックインしたのが19:00pm過ぎだったので、軽くどこかに食べに行こうとぐるぐる回ったけど、いいところ見つけられず。
結局、ホテルの直ぐ近くにある五橋(いつつばし)横丁という、5店舗が入った集合店舗の中のKiechan's(キーチャンズ)という名の串揚げ屋に入る。

ここ横丁とは言っても、表通りに5店舗並んでいるだけなのだけど、他店の注文(出前)もできるらしい。

で、普通に串揚げセットと小さいメンチカツを頼む。
IMG_4594-1.jpg
IMG_4595-1.jpg

このメンチカツかなり美味い♪いい肉を使っているのかな?
IMG_4596-1.jpg

美味しいのでもう一つ注文したよ。。。
ソースが付いてくるけど、何もつけずに食べるのがベスト♪

生ビール、角杯ソーダ濃いめX3杯飲んでホテルに戻る。。。

部屋に入った瞬間のタバコの臭がかなりひどくて、喫煙者のオレでも気持ち悪くなってしまう。。。
ザックから出した着替えの服にも臭が染み付いていたんで、他の服をユニットバスに避難させておいた。

ユニットバスってそれ自体換気扇が付いているし、部屋のようなきつい臭がし無いからね。。。

で、このバスルームのどこに服を置いたかが、重要なんだよね・・・
安ホテルのユニットバスってこんな感じだよね?
バス

何を話そうとしているのか分からない?って???
ここ、次の話しに繋がる重要なポイントなんでよ〜く覚えておいてくださいね55

バス のコピー

で、どこに置こうか?って考えて周りを見渡すと、ちょうどバスタオルを置いておく棚があって、おぉ〜ちょうどいいって感じでここに置いておいたんだ。。。
上の図でいう左の赤丸のところね。。。

で、一番重要なポイントはとびらの位置。
この東横インの場合は棚側にとびらがあったんだよ。。。
ここ重要♪


ポイントって書いたけど、これそのまま「言い訳」って訳してもらってもいいかもね55

これでタバコの臭もつかずに安心だね♪
その日は眠りにつきました。。。


なんか良くわからないけど、続きを読んでやろう♪
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ショック!中尊寺でアルツ疑惑連発!第三弾・・・とても「るんるん」どころではない!平泉~一関~仙台 ----中尊寺金色堂----

9月5日(土)---その2---

行き当たりばったりで降りた平泉。
当然何の情報もない。
まずは駅にあったパンフレットをもらい、駅前の地図を見てだいたいを把握する。

平泉駅構内のコインロッカーに荷物を入れて準備完了

後で気がついたんだけど、駅のコインロッカーは300円、だが駅前には荷物預かり100円(大200円)ってのがあったんで、貴重品が無ければこっちのほうがいいかも。下の写真(駅舎を背にして撮影)参照。
IMG_4590-2.jpg
IMG_4590 のコピー

パンフレットによると、どうも平泉の有名どころを巡回するバスがあるらしい。
平泉町巡回バス「るんるん」←クリックでルートあり
IMG_4586-2.jpg

このネーミング、どうにかならないのかな~55
IMG_4586-1.jpg

これがその「るんるん」
相当年季の入ったバスで、バンコク市内を走っているバスと大差ないレベル
エアコンの送風口もこんな感じだし、全体的に錆び・破損も多く掃除もダメダメレベル。。。
IMG_4585 2-1
このバスも世界遺産に登録したら?55

バスは15分ほどで中尊寺前に停車。
さて、ここから山登りスタート♪
IMG_4574-1.jpg

月見坂という参道を約700-800m上るのだが、これ結構な急こう配。。。
IMG_4575-1.jpg

運動不足の人にはかなりキツイよ55
IMG_4663.jpg

IMG_4577-1.jpg

でも、周りは大木に囲まれていて雰囲気はいいね~
IMG_4581-1.jpg
IMG_4584-1.jpg

途中にあるお堂もなんとなく雰囲気が良いね~
やっぱり日本人にはタイやミャンマーのキンキラ・ピカピカの寺院や仏像より、こういった塗装が剥げ落ちた感じのほうが威厳というか畏怖を感じるよね~

キンキラ・ピカピカだと、おもちゃみたいで。。。
オレが東南アジアの寺院に全く興味が無いのはこういう理由なんだろうな~。。。それに仏教徒じゃないし。。。

で、途中本堂なんかもあってお参りして、いよいよ本命金色堂

入場券を買うところがあったけど、金色堂はどこ???

順路からするとまずは博物館?みたいのがあってそこからみたい。
で、入ろうとするとこんな掲示が・・・
傘の持ち込みはご遠慮ください。傘はこちらの傘立てに。

まあ、博物館なんで当然かな?
今時点では雨は降っていないので、ほとんど傘のない鍵付きの傘立てに函館駅で買い直したビニール傘を収納。
公共施設の入り口によくあるでしょ?こういう鍵付きのヤツ。
無題11

なんだか話が見えてきた?って?
まあ、そう焦らずに・・・55

で、博物館内部には仏像や金色堂に安置されている?奥州藤原家の棺の装飾品等が展示されていて結構興味深かった。
オレって、なんていうか「過去に人が実際に使っていたものにすごく興味があるのだな。数百年、数千年の時を隔てて、今ここにあるって言う不思議さ?数百年数千年前の人が実際に使っていた現物が今目の前にあるって言う事にすごく感動してしまうのだ」

で、博物館を出ていよいよ金色堂へ。。。
って言ってもあの光り輝く金色堂はどこ???

皆が入っていくコンクリート造りの建屋???
IMG_4580-1.jpg
奥の建物の中に金色堂がある。

オレはそれまで金色堂は京都の金閣寺の様に普通に雨ざらしで立っているものと思ったが、このコンクリート造りの覆堂の中にあったのだ。。。知らなかった。
今のコンクリート造り覆堂は1965年に建てられたようだが、それ以前も木造の覆堂があって、近くに保存されてた。。。

堂の中は線香と花の匂いが充満し、まさに寺。
実際にこの金色堂には今も奥州藤原氏3人の遺体と1人の首が納められているようだ。。。

確かに金で覆われた堂なのだが、金と黒色の調和で厳かな雰囲気を醸しだしている。
東南アジアのキンキラとは一味違う。。。と思う。。。

なお、博物館も金色堂も館内撮影禁止なので写真はない。
このリンクで写真みてください。
さて、なんだかんだで約1時間が経過し、16:19分発の電車に乗るにはそろそろ。。。

帰りの月見坂。
上るのは息が切れたが、下りは膝が笑いそうになるくらいキツイ。。。

なんだか膝ががくがく言い始めたころようやく下山しバス停に到着。

ポケットに手を入れバスの料金150円をまさぐっていた時、ポケットの中に違和感が・・・

取り出すまでもなく、その瞬間すべてを悟って頭から血が引いてくるのが分かった。。。

IMG_4593 のコピー-1

そう、金色堂に預けた傘、その傘立ての鍵だった。。。


もう絶対この月見坂を登れない。。。これは体力的な問題で無理。
それにこれから乗る列車にも絶対間に合わなくなる。
そして、これがアルツ疑惑第三弾だったと冷静に考えると、またまた恐ろしくなる。。。

確かに、雨の降っていない今、傘立てには傘がほとんどなかった。
つまり、ほかの観光客はほとんど皆傘を持っていない。

雨が降っておらず、しかも周りのみんなが傘を持っていない状況で、傘を忘れるなんて・・・ふ、ふっ、ふつーだよね~
って無理に思おうとすればするほど恐ろしくなる。。。
今回2本目の傘の置き忘れ。。。しかも、今日だけでジャンパーに続いて2回目。。。
この旅で3回目・・・

これって疑惑の域を越えている?ってやっぱり思うよね?
オレもそう思った。。。

ボー然と立ち尽くすオレ。。。
もう戻る気はさらさらない。。。
でも、この鍵は返さなきゃ・・・

あ、あっ、あとで郵送すればいいよね?そ、そっ、そうだよ、540円の傘なんてどうってことないよね~
っと、アルツ恐怖から逃れるために、この後の処置に頭を切り替えていた。。。

翌日、このキーに書かれていた電話番号に電話して事情を話し、タイへの帰国直前に羽田空港でポストに入れました。

後で冷静になって考えると、このキーには中尊寺という名前と住所、電話番号が明記されていた・・・ってことは、やっぱりこういう人多いんだろう〜555、オレだけじゃないんだろうな〜、い〜っぱいいるからこうしてちゃんと書いてあるんだ。そうだよね?って自分で納得していたけど、よ〜く考えてみたら寺参りなんてするのは、もう後期高齢者、つまり軽度の真正アルツ患者が多いからなんだろうね、本当は55

平泉駅でコインロッカーの荷物を取り出しながら思ったのは「この荷物を忘れたら直ぐに病院行きだな」と55
よかった〜覚えていて〜55

平泉駅16:19一関行きに乗り込み、一関で仙台行きに乗り換える。
IMG_4592-1.jpg

この仙台行き、4両編成の車掌付の電車。
札幌を出てから初めての電車だった。。。

もう、そろそろこの旅も終わりかな?
電車を見てしみじみそう思ったよ。。。

18:23、既に陽の落ちた仙台駅ホームに滑り込む。
途中で予約していたホテルに向かう足取りは心なしか重かった。。。

このホテルで発生する第四弾を既に覚悟していたのかもしれ無い・・・


こりゃあもう確定だね?
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング




| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀河鉄道の昼・アルツ疑惑第二弾・とほほ・・・八戸~盛岡~平泉 ----八戸・せんべい汁----

9月5日(土)---その1---

東横イン八戸の朝食
納豆二つ♪
納豆

特に納豆好きな訳じゃないんで、わざわざ買って食べることはあまりないけど、こういう機会があればじゃんじゃん食べますよ♪

で、ここの特筆はこの汁。
せんべい汁

普通味噌汁なんだけど、ここのはお吸い物みたいやつだった。
しかも、鍋の中をのぞくと豚の脂身みたいなやつが一杯浮いていて???
食べてみると麩のようなものだった。

後で調べてみると「せんべい汁」ってやつかな~?
ってことはあの麩みたいなやつは煎餅が水分を吸ったやつかな?

珍しくって美味しくて3杯飲んだ55
Good♪

で、昨晩から「次どこ行こうか~?」って考えていて、たまたまTVで田野畑村(岩手県)を紹介していたんだ。
280px-Kitayamasaki.jpg

ここ、上のリンクでも分かるようにリアス式海岸の風光明媚な場所で、特にホテル羅賀荘が有名?みたいでさっそく検索したけど満室。。。残念

それから、ふと思い出したんだけど、東北の「田んぼアート」って有名だよね?
250px-Sengoku_busho_of_rice_field_art.jpg
こういうやつ。。。

そうだ、ここに行こう!って思って検索してみると青森県南津軽郡田舎館村が有名らしいね~
でも、ここって第二候補地だった弘前の近くなんだよね~
あぁ~弘前に行ってればよかった~って大後悔・・・

まあ、行き当たりばったりの旅はこういうの付き物なんで。。。

残りの日程を考えると、あまり遠回りもできないんで、しょうがなく次の目的地を仙台に決める。

ここまで書いた地名の位置関係はこんな感じ
東北1

仙台も久々だな~、5-6年?いや7-8年ぶりかな?
よし!太助の牛タン食べるぞ~ってことでホテルをチェックアウト。

決めたときには8:57発の列車にはすでに間に合わず。
次は・・・と調べるとなんと11:13。。。
2時間後か・・・

こういうところはタイに似てるね55

時間が余っていたんで八戸駅にあるドトールコーヒへ。
店に入った時、ジャンパーを持っていたのは確かに記憶している。。。。

11:00過ぎ、店を出て11:13発の盛岡行きの青い森鉄道に乗る。
盛岡到着は12:59、つまり1時間45分の長旅だ。。。

途中青森/岩手県境の目時駅からIGRいわて銀河鉄道に変わる。
乗ってる列車は同じだけど、運営会社が変わるだけ。。。
まあ、銀河鉄道って言っても「その辺の普通の爺さん婆さん」が乗ってるただのローカル線だけどね55


盛岡着。。。
で、網棚に乗せたザックを取ろうとしたとき。。。
あれ?ジャンパーがない???

んん???
持っていた記憶があるのはホテルを出たとき、そして八戸のドトールコーヒーに入った時まで。。。

出た時に持ってたっけ?記憶にない・・・
かといってジャンパーは確かザックの上に置いたよな〜
ザック持ってるってことはジャンパーも持っていたはず・・・

それとも、昨日の蟹田駅で列車に乗る時落としたようにどこかで落としたか???

うん、そうだ♪落としたんだろう♪うんうん。。。
どこかに忘れたなんて考えると恐ろしくなるからね〜、忘れたことを忘れてるってことになるから55
八戸の人は薄情だな〜、落としたのに教えてくれないなんて55
うん、うん、落としたのか〜しょうがね~な~55
でも、1時間45分かけて取りに戻るのは体力的に無理。。。諦めました。。。

忘れた恐怖を紛らわすため、薄情呼ばわりした八戸市民のみなさん、ゴメンなさい。

冷静に考えても忘れた30%、落とした70%と思っているんで、一応「アルツ疑惑第二弾」とはしておくけど、「『アルツ疑惑』の疑惑」ってとこかな?555

「銀河鉄道に昼」に乗ってよかった〜、「銀河鉄道の夜」だったらこのまま脳味噌崩壊してあの世行きだったかもね55

で、盛岡ではわずか9分の乗り換え時間しかなくトイレに寄るのがやっと。。。
昼飯抜きで一関行き13:08に乗り込む。
これに乗って一関で乗り換えれば16:30には仙台到着予定だった。。。

今日は移動で終わりそうだな〜って思っていたのだが、もうすぐ一関というところで車内アナウンスが・・・
「次はひらいずみ〜、平泉に停車します」

!!!

そうだ、過去この線に乗った時、次回は平泉で降りて中尊寺でも寄ろう♪って思っていたことを思い出した。

慌ててザックを網棚から降ろすと平泉で途中下車。
EC6CD1FE-2AF9-472C-85EC-921997B13F69.jpg

こういうところが行き当たりばったりの鈍行列車の旅のいいところだ♪

まずは観光時間を入れて仙台にいつ到着するかを確認。
現在時刻14:25。
駅前の観光案内図や駅にあったパンフレットで、おおよそ1−1.5時間で見て回れる(中尊寺のみ)ことが分かった。
16:19平泉発の下りに乗れば一関乗り換えで、仙台には18:23に着くことが分かった。
余裕だな〜

オレ的には神社仏閣にはほとんど興味がないんだけど、なぜかこの中尊寺は印象に残っていた。。。
いつの間にか世界遺産になっていたけど。。。

長い間訪れてみたかった平泉・中尊寺♪
IMG_2004.jpg

久しぶりの寺巡り、行ってみましょう♪


えぇ~?疑惑~?確定じゃないの???
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「連絡船→」っていつの話???蟹田~青森~八戸----炉端焼き・炙亭(あぶりてい)----

9月4日(金)---その3---

大満足の「炭火焼・とりやす」を出て蟹田駅へ。
時刻表を見ると14:05発青森行き普通電車がある。これだと14:42に青森着。

あらためて北海道&東日本パスを見ていて「これって函館⇔新青森も特急券さえ買えば特急に乗れる(乗車券は不要)なのかな?」
って疑問を持ち、駅員に聞いてみると「乗れますよ~」って返事。。。

な~んだ、そうだったのか~
最初から分かっていれ間違いなく函館→青森は特急に乗っていただろうな~
たしか1710円程度で大幅な時間短縮が出来たからね~

でも、もし特急に乗ってたら「炭火焼・とりやす」に寄ることはなかったんで、まあ良しとするか~

で、すぐに来た13:44発の新青森行き特急白鳥24号に乗る。
特急券は青森まで510円、青森には14:09着。
IMG_4529.jpg

乗ったのはこの車両
IMG_4531.jpg
IMG_4532.jpg

でね、薄手のジャンパーを持っていたんだけど、着るには暑いので肩から下げていたバッグに軽く括り付けていたんだよ。
列車に乗り込んで席に着くと可愛い顔した車内販売のお姉さんが「あの、これお客様のですよね~」って言ってそのジャンパーを渡してくれたんだ。。。
ってことは、乗った時に何かのはずみで落としていたんだね。
まあ、忘れ物じゃあ無いんでこれはこれで良いんだけど、このジャンパーの運命はもうこの時に決まっていたんだね(涙)

何の話か分からない?って?
これから読み続けていただければもう一度このジャンパーの話が出てくるんで、そこでつながります。
引き続きお読みいただければ幸いです♪


話をもとに戻す。。。
海沿いを走り、あっという間に青森着
IMG_4534.jpg
IMG_4538-2.jpg

ここ青森駅も10数年ぶりだ~
ここは駅の雰囲気が全然変わっていないね~55
跨線橋もそのまま
IMG_4547-1.jpg

で、ホームの端にある喫煙所まで歩いていた時の事。
ふと足元を見ると・・・
IMG_4536.jpg

えぇ~
連絡船って・・・
いつの話???


青函連絡船は1988年(昭和63年)で廃止されたハズ。
それからもう27年も経っているのに、こんなに鮮明な表示が残っているなんて・・・
不思議~

これは撮り鉄に対する警告?
IMG_4541.jpg

まるで大陸系華人や半島人に対する警告と同じだな55

さて、これから乗るのは青い森鉄道。
IMG_4546-1.jpg

これは東北新幹線開業に伴い民間移管された線
ちなみに、青森→八戸→目時は青い森鉄道、目時→盛岡はIGRいわて銀河鉄道という会社が運営している。
銀河鉄道とはいっても、ただのローカル線なんだけどね55

北海道&東日本パスはこの両線とも使用できる。

本来であればここで①八戸②弘前③秋田の選択をするはずだったのだが、すっかり忘れて青い森鉄道の八戸行きに乗り込んだのが14:40。八戸までは1時間半の旅だ。。。

田園とも山合いともつかぬ風景の中ひた走る青い森鉄道。けっこう飛ばすよ55
IMG_4548-1.jpg

16:11、今日の目的地八戸駅に到着。
IMG_4550-1.jpg

八戸の中心街は海寄りにあるので、駅前はそれほどの賑わいはない。
まあ、新幹線ができる前はもっと何もなかったけどね55

今日のお宿はいつもの東横イン。
1C866FB5-C2D9-45A7-A334-775003CA7B14.jpg

汽車の中で予約しておいた。

前日の7時間に今日の約6時間の移動(バンコク往復できるじゃん♪)で疲れ果て、駅前の炉端焼き「炙亭(あぶりてい)」で食事。
7B8B0172-900C-4BFA-9AB6-B9A621CA8CD5.jpg
57455727-2336-4D8C-A3E6-CB8F0B940DB5.jpg

疲れていたし、とりやすの大盛り唐揚げと大盛りごはんがまだ胃袋の底のほうに溜まってる感じなので、しめ鯖700円(200バーツ)とホタテ焼き600円(171バーツ)で〆る。。。
64AB7B56-961E-4D68-8EE5-4ECDDA193E84 (2)
791795FF-B5C1-47ED-8972-9621829A30C7.jpg

このホタテ焼き、貝殻の下は普通塩を片栗粉か何かで固めたやつを敷くよね?
要は固定用として。
でも、ここの店はご飯が敷いてあって、もちろん食べれるらしい。これで600円(171バーツ)はお得♪

でも、お腹一杯なんで結構苦しかったかな?555

さて、とりあえずホテルに帰って明日の移動先でも考えるか~♪

最後に一枚
これ八戸駅前の写真なんだけど、とっても奇妙なものが見えるよ〜?
IMG_4551-1.jpg

答えは下↓




IMG_4551 のコピー-1
えぇ〜、この店って酒屋と本屋が同じ店舗???
確認はしなかったけどね55


う〜ん、うまそ〜う♪
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

津軽海峡トンネルを抜けるとそこは「タイ」だった???函館~木古内~蟹田----蟹田・炭火焼とりやす・唐揚げ定食&焼き鳥----

9月4日(金)---その2---

【前半は堅苦しい話ですが、後半には今回の旅で出会った最高に素晴らしい店を紹介しています♪最後までお読みください♪】
【めんどくせーな〜、と思う方は→ここから本題までスクロールしていただいても結構です♪】

一つ前の記事で書いた「オレの勘違い」とはこういう事。
その前に、概略図を付けますね。これが無いとマニア以外は???になるだろうから。。。
津軽海峡2


オレの買った「北海道&東日本パス」は普通列車限定っていう制約がある。
いわゆる「各駅停車」と「快速列車」だけに乗れるということ。逆に言えばこの切符では「特急・新幹線」には乗れないということ。

さらに詳しく言うと・・・
①特急・新幹線に乗る場合は特急券のほかに乗車券も買わなくてはならない。
②ただし、津軽海峡線の「木古内(北海道)⇔蟹田(青森)」は特急しか走っていないので、特例として特急券なしで「北海道&東日本パス」だけで特急に乗れる。

そしてもう一つ重要な条件として
③「函館⇔新青森」間は特急券を買えば、①の条件が除外されて乗車券を買う必要が無い=「北海道&東日本パス」+「特急券」で乗車できる。

注:この記述はあくまでも「北海道&東日本パス」を使った場合の目線で記載しています。
通常の切符や青春18きっぷほかの乗車条件と同じまたは違う場合があります。
実際に乗車する場合は、それぞれの切符の条件でご自分で確認してください。


仕組みが分かってしまえばなんてことないんだけど、初めて読んだときは???って感じ・・・

最初、これを良く読まずに「木古内⇔蟹田」間には普通列車が走っていないのでその区間だけは特急に乗れる(特急券不要)【←正しい】、ただし「函館⇔新青森」間は特急料金+運賃が必要【←間違い】と勘違いしていたのだ。

正しく理解できていたら函館→青森は特急券買って特急に乗っていたと思う。
なので、以下に書く木古内駅でも蟹田駅でも途中下車しなかったはず。。。

分かる?
ちょっと難しいかな?


まあ、とりあえず各駅停車で函館から木古内に行って、木古内→蟹田は特急、蟹田からはまた各駅停車で青森まで行こうと考えていた。

函館→木古内は約1時間。
11:31木古内着。
IMG_4516-1.jpg

この木古内駅に到着するちょっと前から、新幹線の高架線っぽいのが見えてきて、あれ~?北海道新幹線ってもう着工してるの~?なんてのんきなことを考えていた。。。

木古内駅ではほぼ新幹線の駅舎が完成していて、駅前は整備工事中。。。
IMG_4511-1.jpg
IMG_4512-1.jpg

???

いろいろ看板が出ていて「2015年度、北海道新幹線 木古内駅開業!!」
って看板を見たとき腰が抜けそうだった55
IMG_4514-1.jpg

へぇ~、まだまだずぅ~っと先だと思っていた北海道新幹線、もう開業なんだ~
かなりの驚きだった。。。時代についていけてないな〜

*ちなみに2015年度に開業するのは「新青森⇔函館北斗」間だけ。

さて、ここから青森県の蟹田駅までは普通列車が走っていないので11:59木古内発の特急白鳥22号に乗ります。
昔ながらのケーブルに付いた乗車位置票。懐かしいですね~
ichihyou.jpg

→ここから本題

津軽海峡トンネルを経て約1時間後の12:52、青森県側の蟹田駅に到着。
IMG_4527-1.jpg

前述のとおりこの木古内⇔蟹田間の特急料金は無料です。

次の各駅停車青森行きは14:05発。
約一時間あるのでどこかで食事でも。。。
って、蟹田駅前、な~んにもない~
IMG_4526-1.jpg

駅前の地図を見るとすぐ近くに海があるのでまずは行ってみよう♪

と、歩いていたところ一軒気になる食堂があった。
ハッキリ言ってバラックの様な建物、看板もない店(写真をよく見たら下の木のやつが看板のようだね?)、でも店内満員!
IMG_4524-1.jpg

なにこれ?

この店を逃すと徒歩圏内に食堂がなさそうだったので、仕方なく入る事に。。。
そう、この時は仕方なく入ったのだが、この店「今回の旅で一番の大当たりの店」だったのだ!

それがこの「炭火焼き・とりやす」

ほぼ満席だったが、入り口近くのカウンターが空いていたので座ることに。
なんだか床がべたべたするな~って見ると油?で真っ黒。。。
カウンターも不潔ではないが、分かり易く言うと「タイの安食堂」と似た状態555

店内の雰囲気は昭和と言っても良いし、タイの安食堂って言ってぴったりな感じ。。。
IMG_4518-1.jpg

カウンターの中は大きな鉄板、炭火の焼き台、そして奥には揚げ物用の大きな鍋。。。
店内は炭火で焼いている焼き鳥の焦げる匂い、そして揚げ物の油のにおいが充満している。。。(注:排煙はちゃんとしている)
う〜んカウンターの中もまるでタイ♪

近年ではなかなかお目に掛かれない飲食店だ。

こういう雰囲気はいいな~♪

で、ちょうど横にあったメニューを見てびっくり!衝撃!って言ったほうがぴったりな表現だ。。。
IMG_4521-1.jpg

えっ?マジっ??
店構えは昭和だけど、価格まで昭和???いや、タイ???

ん???
オレはいま日本国内を旅しているんだよね~???
津軽海峡トンネルを抜けるとそこはタイだった!なんてことはないよね~

今どき唐揚げ定食500円って。。。
焼き鳥一本85円って。。。スーパーより安いんじゃないの?

迷ったけど唐揚げ定食を注文。
目の前で焼いてる炭火焼の焼き鳥が美味しそうだったので「あの~、焼き鳥2本焼いてください。それからびんビールください~」
と頼むと、おっちゃんの返事が
「うち、アルコールおいてないんだよね、焼き鳥屋なのに酒が無い店。。。555日本でもウチくらいだよね555.。。」

ビールもないのにお通し(付きだし)三種・・・55
IMG_4517 2-1

で、他の客を見ていると唐揚げが山盛りに、ご飯も超大盛り。。。
えっ?あれって二人前頼んだんだろうな~。。。なんて思ってて

出てきたのが
IMG_4520 2-1

555
これはもう笑うしかないね。。。(写真にはないけど味噌汁も付いている)
すごいボリューム
しかも、ご飯はおばちゃんがよそってきて「これくらいでいい?」って聞いてきたけど、その時点で大盛り555

さらに出てきた焼き鳥がまたドでかい

これで定食500円(156バーツ)?焼き鳥一本85円(24バーツ)???
しかも消費税込み???

やっぱり、ここはタイ???

参りました。。。
あまりのボリュームに、もう残さず食べきることに専念555

味は普通に美味しく、大満足♪
まさにB級グルメの聖地だな55

タイに帰国?後調べてみたら、なんと、食べログにも載っている名店?なのだ!
「とりやす」

詳しい場所を教えろ!って?
大丈夫♪ここ蟹田で降りたらここしか店見つからないから55
念のため地図を貼っておきましょう♪
蟹田地図2
絶対に迷わないと思うよ55

酒は飲まず、焼き鳥と唐揚げと鶏カツと焼きそばだけで、1年間過ごせるっていう人は蟹田に移住すべし♪
しかも、1日1食で十分すぎるほどの量あり。

最後にここのおっちゃんと少々会話
「おたぐ、どごがらぎだ(どこから来た)?」
「いまはタイに住んでます♪」
「タイがらわざわざ〜、いまはいっぢばんいいぎせつだね〜、さむぐもなくあづぐもなぐ(寒くもなく暑くもなく)」
「季節も最高だけど、この焼き鳥も最高だね〜」
「おおぎかったろ(大きかったでしょ)?ふづうの人は2本食べればおなかいっばいになるよ555」
「もう満腹、おなかがはち切れそうです555、ところで店内の写真撮ってもいいですか?」
「いいよ〜」
おっちゃんの言葉は津軽弁っぽく読んでください55

言葉の聴きづらさもタイ語を聞いている感じ?55

ということで、恥ずかしがるおっちゃんの許可をもらって撮ったのがこの写真。。。
IMG_4523 2-1

蟹田のとりやす・・・
もうここに来ることはないだろうな〜と思いながら、満足感いっぱいで店を後にしたのであった。。。


う〜ん、うまそ〜う♪これで500円???
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:01 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館朝市で満足満足----きくよ食堂・うに・蟹・いくらの三色丼----

9月4日(金)---その1---

曇り空の函館。
天気予報を見たら、午後から雨ということ。。。
じゃあ、早めに出発しましょうか・・・

その前に朝飯。
函館で朝飯と言ったらやっぱり朝市。

で、函館駅のすぐ隣にあるこの朝市。
時間はまだ7:00am前です。。。
IMG_4486-1.jpg


昨晩駅舎を出てすぐ目に付いたのが、新しい建屋。。。
IMG_4487-1.jpg

なんだこりゃあ???

オレの知っている函館朝市はバラック小屋(言い方悪くてすみません)が密集し、狭い路地を腰をかがめて通るっていう記憶しかなかった。。。
う〜ん、函館駅舎もピカピカになって朝市までもがこんなになってしまったのか・・・(涙)

で、近くに言ってみると、どうもこの建屋は「どんぶり横丁市場」という名前で、海鮮どんぶりの店が入った建物だということが分かった。
IMG_4489-1.jpg
IMG_4488-1.jpg
IMG_4504-1.jpg

で、この建屋の横を覗くと。。。
IMG_4491-1.jpg

ありました♪以前の朝市の街並み♪
良かった〜♪ほっ♪

では、早速朝飯にしましょう
行き先はもう決まってます。

そうです。
きくよ食堂♪
オレはいつもここです♪
IMG_4494 のコピー

ここは以前1日4食ウニ丼を食べた店555
オレはウニさえあれば半年は生きられるかな?55

7:00am前なのに結構います観光客。。。
今日はきくよ食堂の本店に入りましょう♪

ウニ丼にしようかと思ったんだけど、ウニ丼は時価2500〜4000円つまり714〜1143バーツという事だ。
こうは書いてあっても、過去にここで食べたウニ丼はいつも4000円だった。

迷って結局ウニ入りの三色丼にした。
IMG_4495-1.jpg

中身は選べたので、ウニ・カニ・イクラにした。
この三品は王道だと思う♪
もちろんイカソーメンも♪

ではアップで♪
IMG_4496-1.jpg
IMG_4497-1.jpg

まだ7:00am前だけど、まあいっか?ということで瓶ビールも♪
平日の朝っぱらからビールに三色丼&イカソーメン

サラリーマンやってたら無理だね55

出てくるのを待ってる間もどんどん客が来る、この「きくよ食堂」。
壁には紀宮が来店した時の写真が貼ってあった。。。
皇族ってもっと良いモノ食べてんじゃあないの?
わざわざこんな小汚い(失礼!)大衆食堂に来なくったって。。。って思ったよ55

お味は?
表現する適当な言葉が見つかりません・・・

余市の「いとこ丼」、小樽の「極上うに丼」、そしてここ函館の「三色丼」。。。
あぁ~日本人って幸せだな~って思ったよ、ホントに♪

まあ、日本に居たってそうそう頻繁に食べるもんじゃあないので、どこに住んでても同じかな?

お代はこんな感じ
A6DB7B02-A1A6-4987-8CB5-27D6EFB2EE86.jpg


さて、この辺りをちょっと徘徊してみましょう。
IMG_4502-1.jpg

時々タイ語が聞こえますね~
ただ、時間が早かったのか?空模様が怪しかったからなのか?時々中国語系の言葉が聞こえてくる程度で、観光客は少な目だった。。。オレにとっては好都合だけど。。。

最近どこでも見かけるタイ語表示
ハングルが余計だな・・・
IMG_4501-1.jpg

っと、うろうろしていたらいつの間にか雨が。。。
それも結構激しく降ってくる。。。

急いで函館駅まで走り、売店でビニール傘を購入。154バーツ。
今度は失くさないようにしなくちゃね?
前回は晴れの日に傘立てに置いたんで、そりゃあ誰でも忘れるよ~555
ねえ?


取りあえずホテルに戻って今日の行先を考える。
候補は三つ
①八戸
②弘前
③秋田

八戸は通ったことはあるけど宿泊した事はない。弘前、秋田に至っては通ったことすらない。。。
なので普通に考えれば②or③になるのだが、残りの日本滞在期間と行きたいところを考えて、最短ルートの①八戸を第一候補としたが、まあどこに行くにもまずは青森まで行かなくてはならないので、青森行きに集中しよう。。。

青森行きの時間を見ると8:30を過ぎた段階では10:27発の木古内行きしか無いのだな。。。
8:08発の次の列車が10:27発って。。。

ということで10:27函館発木古内行きの鈍行列車に乗ったのだが。。。

ここはオレがちょっとした勘違いをしていたのだが、その勘違いが結果的に素晴らしい出会いを生んでくれたのだ♪
やっぱり、こうした行き当たりばったりの旅、勘違いが幸運を生むってことあるんだな~

次回は、今回の旅で一番書きたかった出来事です。

乞うご期待♪


う〜ん、うまそ〜う♪
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はるばる来ました函館♪活きイカ販売日本一の店55----函館・「ホッケ刺し」と「とんとん焼き」----

9月3日(木)---その3---

16:09の長万部始発函館行き
これは1両のワンマン列車

ここから函館まではどちらかというと海沿いを走る
こんな感じ・・・
道南2-2


途中森駅で31分の待ち合わせ。。。
IMG_4467-1.jpg

森駅といえば「いかめし」弁当が有名。
以前(って言っても10数年前)は500円だったはずだけど、今は650円〜

でも、15:00頃「かにめし」を食べたし、函館でも何か美味しいものを食べたいと思っていたんでここは我慢。。。

森駅からの眺め
IMG_4468-1.jpg
奥の山は駒ヶ岳かな???

そして19:25、ようやく函館駅に到着です。
IMG_4469-1.jpg

小樽から7時間超の鈍行列車の旅もようやく終了です♪
疲れた〜

函館も10数年ぶり。。。
あれ〜?、たしか跨線橋があったはずなのだが、いつの間にか綺麗な平屋?になっている。。。
IMG_4471-1.jpg


駅舎も随分綺麗になっているね〜
IMG_4472-1.jpg

以前は北海道へ渡ってきた?これから本州に向かう?バックパッカーでいっぱいだった函館駅。
ここで寝泊まりする(函館駅は深夜の1−2時間は閉鎖される)旅人も多くいたちょっとむさ苦しい駅舎だったけど、よくある綺麗なJR駅と同じになってしまったな〜
ちょっと旅情を誘う駅だったんだけど。。。

まあ、時代の流れだからしょうがないね。。。

で、今日の宿に向かう。。。
実は、ここに着くまでの間ネットで色々検索したんだけど、函館の宿もほぼ満室状態。。。
何か催し物でもあるのか?そもそも外人旅行者でいっぱいなのか?
う〜ん、まいったな〜と思っていた。。。

10数年前は、駅で「宿案内」ってのがあって色々紹介してくれたんだけど、インターネットで検索が主流になった今でもあるのかな〜
以前は駅近くにあった安宿街?のボロい旅館を紹介してくれたんだけど、今googleマップで見てもその辺り一帯が無い?多分新しく造成されてしまったんだろう。。。

そんな中、しつこく同じサイトで検索を続けていたところ、駅近くのホテルの空きが出てきた。
ちょっと予算オーバーだったけど、これを逃したらもう無いだろう。。。って思って速攻でポチっとした。

そこへは駅から歩いて5分程度。
まあ、リノベーションしたようだけど、その前は相当ボロいホテルだったんだろうな〜っていうところが随所に見受けられる建物だ。。。
まあ、昭和40年代っていう雰囲気満載のホテル555
IMG_4505-1.jpg

オレの部屋は幸いリノベーション済みで、見かけはまあ新しく見えたけど壁が・・・
タイの安宿〜中級ホテルのほとんどがそうであるように、このホテルの壁の薄さにはびっくり♪
隣の宿泊者の息遣いまで聞こえるんじゃない?ってほど音が筒抜けなのだな55

壁の厚さまでは改修しなかったってことだな・・・


でも、ここ安いシングルルームだったら1200-1400バーツ前後で泊まれそうだし、何と言っても駅前の海鮮居酒屋が固まる場所に極近いので便利♪

晩飯は回転寿司でも。。。って考えていて、周辺や朝市のある場所あたりを徘徊したけど見つけられなかった。。。
以前は朝市会場の近くにあったはずだが。。。

しょうがないので出直しだ。。。
一旦シャワーを浴びにホテルに戻り途中のコンビニでウイスキーソーダとこのおつまみを・・・
IMG_4473-1.jpg

函館と言ったらやっぱりイカでしょ?55
ちょっと違う?55

で、すっきりしてから近くの海鮮居酒屋が固まる場所へ。。。
どこも結構混んでいたけど、適当に入った店のカウンターに

上を見上げると・・・
「当店は日本一活きイカを売るお店です」って。。。
すごい!
IMG_4477 のコピー-1

でもよく見ると・・・
IMG_4477-2.jpg

555
ここ、お好み焼きやだったんだ〜
店の外観やメニューからは想像つかなかったんだけど、よく見ると確かにちゃんとしたお好み焼きのメニューがある55

頼んだのは「ツブ貝刺し(166バーツ)」「ホッケの刺身(194バーツ)」下のタコ刺しはお通し
それにホッケ焼きの半身(値段忘れた)
IMG_4479-1.jpg
IMG_4480 2-1

ホッケの刺身って初めて食べたけど、やっぱりホッケの味がするね〜当たり前か55

イカ刺しは明日朝市で食べようと思っているので、ここでは止めておいた。
活きイカ刺し一杯566バーツはちょっと高いね〜

日本一の活きイカ刺しの店だったけどね55
IMG_4474 2

で、お好み焼きのメニューを見ていてすごく気になった料理があった。
それがこれ
IMG_4481 2-1

とんとん焼き
これ、山芋をお好み焼き風に焼いたやつなんだけど、サラリーマン時代に新橋の某料理屋で大好きだったメニュー
これを食べるためだけに通ったもんだった。。。

お好み焼きやにはめったに行かないんで(嫌いなわけじゃなくて一人では入りづらいから)久々に出会ったメニュー
263バーツとかなり高めだったけど、思わず頼んでしまった。。。
IMG_4482 2-1

う〜ん、とんとん焼きの正統派ってどんなのか知らないんだけど、チーズもケチャップソースもちょっとね。。。
醤油で和えたほうが美味いんだけどな〜
新橋の店では鉄板で出してきて、醤油でドロドロにかき混ぜる(たしかウズラの卵を入れた)ってスタイルだったんで。

それにこれ、相当でかい。。。
図体の割に大食漢ではないオレにはかなり重かったが、完食した。。。

おかげで朝まで胃がもたれた感じだったけど。。。

今日は7時間の鈍行列車の旅で相当疲れていたんで、早めにホテルに戻り就寝。。。

明日は函館朝市で朝飯だ〜


お好み焼き屋で日本一ってどうやって検証したんだ?
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:26 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気ままな鈍行列車の旅、どこに泊まるかは状況次第♪小樽〜倶知安〜長万部----長万部・かなやのかにめし----

9月3日(木)---その2---

今日の函館行き最終列車、小樽発12:20まであと10分。。。
順調に歩き出し、もう小樽駅の駅舎が見えてきたとき。。。

あっ!傘忘れた〜

極上うに丼を食べたうろこ亭で「傘はあちらの傘立てにどうぞ〜」って言われて傘立てに立てた傘。。。

でも、もう引き返している時間はない。。。
まあ、540円のビニール傘なんで諦めよう。
今から取りに戻っていたら今日中に函館に辿りつけないのだ〜

だいたい、雨の降っていない時に傘を傘立てに置いたら、フツーの人は皆忘れるよな、そうだそうだ555
と自己弁護はしたものの、2010年にあった「忘れ物多発事件」を思い出してしまったのだな。。。

2010年事件番号1、3「また!!!やっちまった~!!!」
2010年事件番号2「やっちまった~(汗)」「スワンナプーム空港ターミナル5F!」

あの時はあまりの忘れ物の多さにアルツハイマーを疑ったくらいだったが、今思えば仕事のストレスが原因の単なる疲れだったんだろう。。。
昨年末に「脳ドッグ」で検査したけど、脳の委縮は見られなかったんでちょっと安心はしていたけど、久々の忘れもので嫌な記憶がよみがえってしまった。。。

小樽駅のホームで12:20発の長万部行きの列車を待っている間に、そんなことすっかり忘れてしまったが。。。55
第二弾、第三弾が待ち受けているとも知らずに・・・55

で、定刻通り小樽発長万部行きディーゼル2両編成は出発♪
余市辺りまでは結構混んでいたけど、その先はもうオレと同じような閑人の旅好きか、鉄道マニアっぽいやつしか残っていなかったな。。。

対面に座っていたおっちゃんは分厚い「JR時刻表」を持っていた。。。

オレは鉄道マニアでもなんでもなくて、ただ単に鈍行列車に揺られて旅をするのが好きなだけ。
なので、キハ〇〇〇はどうのこうの・・・ってのは全く興味ないんだけど、その代り時刻表マニアであることは間違いない。。。

時刻表を眺めて旅をした気になるっていうのか、妄想の世界に入ってしまうというのか。。。
オレを黙らせたければ「地図」と「時刻表」を与えてやればOK♪
一日中時刻表眺めて「日本中を旅している妄想」にはまり込んでいるだろうから。。。

久々に分厚い時刻表を見て懐かしく思ったな~

そうそう、それにまだまだ先の話だけど、北海道新幹線(函館⇔札幌)はどうも函館⇔長万部⇔倶知安⇔小樽⇔札幌っていうルートになるようだな。もちろん新線を建設するんだろうけど。。。
そうなると、この函館本線の山ルートはどうなっちゃうんだろう???
第三セクター?それとも廃線なのかな?

そんなことを考えながらの鈍行列車の旅でした。。。

さて、列車の中はこんな感じ
IMG_4441-1.jpg
倶知安(くっちゃん)までは1時間10分

倶知安で12分の待ち合わせ。
IMG_4445-1.jpg

ここで地元の女子高生がいっぱい乗ってきた。
1時間に一本程度の列車で通学ってのはオレには想像できないけど。。。乗り遅れたらどうするんだろう???

ホームから1枚パチリ♪
IMG_4448-1.jpg

これが乗ってきた2両編成のワンマン車
IMG_4447-1.jpg


13:42長万部に向けて出発。
このあたりは晴れていれば羊蹄山とか眺めがよさそうなんだけど、曇っていて景色はほとんど見えず。。。

長万部到着15:15、倶知安からは約1時間半の行程。
小樽からだと待ち時間を入れて2時間55分の鈍行列車の旅

倶知安で乗ってきた女子高生の集団は途中駅で降り、結局長万部到着時に乗っていた客はやはりマニアっぽい旅人ばかり。。。そりゃそうだよな~
IMG_4458-1.jpg

札幌⇔長万部っていうルートで考えると、東室蘭経由の特急に乗れば2時間程度、一方小樽経由の山線鈍行だと3時間半程度かかるからね。。。
好きじゃなきゃ乗らないよ、こんなルート555

さて、今日の宿をどうしようか~
汽車の中でつながりづらいインターネットを駆使して検索したけど、今日の長万部温泉宿はどこも一杯らしい。。。

そうは言っても直接電話をすれば空いていることも多いので、2-3軒にかけてみたけどやっぱりどこも満室だった。
このあたりの温泉宿は毛ガニの夕食を楽しみに来る客が多いって聞いてたけど、今日みたいな平日でもやっぱり当日は無理なんだね~

さて、そうすると今日中に函館まで一気に行くしかないね。。。
時刻表を見ると16:09発の長万部発函館行があるけど、これに乗っても函館着は19:25。。。
つまり3時間以上の長旅なのだな。。。

小樽発が12:20、函館着が19:25ってことは、鈍行列車に7時間05分乗ってるってこと。。。
腰が壊れそうだな555
東京⇔バンコクよりも時間がかかるってことだよ、これは♪

待ち時間が1時間弱あるので、ちょっとここに寄ってみました。
IMG_4450-1.jpg
そう、長万部といえば毛ガニ、そして「かなやのかにめし

ちなみにオレはここ長万部に2度来たことあるけど、毎回買っているこの「かにめし」
まあ、全国の駅弁の中でもかなり有名な駅弁だ。

しかも、今や長万部で乗り降りする人はほとんどいないので、なかなか買うチャンスが無いだろうと思う。
(もしかしたら特急車内でも売ってるのかな?)

これが「かにめし」弁当
IMG_4453-2.jpg
IMG_4455-2.jpg

お味は?
毎回思うんだけど、ちょっと、いやかなり甘めなんだよね。。。でも・・・
美味しくいただきました♪55
確か308バーツだったけかな?

でも、駅弁ってどんなに冷めてても、大したもんじゃなくてもなんで美味しく感じるんだろうね〜?
やっぱり旅の気分が全てをプラス思考にするかな〜?

固くて冷たくなったご飯に、これまた冷めたしょぼいおかず。。。
これが美味しく感じるって不思議だと思う。。。

制約された環境のもと、これしか食べられないから、そんなものでも美味しく感じるのか?とも思ったけど、オレ、崎陽軒のシュウマイ弁当が好きで普段でもよく買って食べてたけど、どんな環境下でも美味しいのだな555

日本の駅弁って不思議な食べ物だ〜


さて、16:09の長万部発函館行きの改札が始まった。


う〜ん、うまそ〜う♪
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さあ、鈍行列車の旅のスタート♪小樽で極上うに丼♪そして、アルツ疑惑の発端がここだ!----うろこ亭・うに丼---

9月3日(木)---その1---

今朝はスッキリとは言え無いけど、雨は上がっていた。
東横インの今日の朝飯はこれ。。。
IMG_4405.jpg

今朝は納豆の代わりに海苔だった。。。
連泊の人に飽きさせないような工夫はあるのね?55

IMG_4409.jpg
IMG_4410.jpg

10:06amの普通小樽行きに乗り込みます。
いよいよ、各駅停車の旅の始まりです♪

旅と言ってもダラダラ乗っているだけですがね。。。
IMG_4412.jpg

これは完全に通勤車両ですね。。。

小樽には10:46amに着きました。

ここ小樽に泊まるつもりは最初からなかったけど、今日の宿泊地を考えあぐねていたのだな。。。
長万部の温泉宿?それとも一気に函館まで行ってしまおうか?

今日中に函館まで行くとなると12:20pm発の長万部行きに乗る必要がある。
これが鈍行列車の最終なのだ。。。まだお昼なのにね
IMG_4415.jpg

これが小樽の時刻表。。。
えっ?列車はいっぱい走ってるじゃないか?って???

よ〜く見てね、左は札幌行き、これから乗るのは右。
IMG_4415-1.jpg

一時間に一本程度、しかも長万部まで行くのは12:20pmの次は14:50、16:53、19:21しかないのだな。
残りは倶知安(くっちゃん)どまり。。。
14:50の列車だと今日中には函館に着けないのだな。。。

位置関係はこんな感じかな。
地図−3


なので、今日の宿泊地は決まって無いけどとりあえず12:20発の小樽→長万部行きに乗ることにして、ちょっと小樽の街歩きでもしてみましょう♪

最初は石原裕次郎記念館へ、って考えていたけど、これ二つ手前の小樽築港駅にあったんだね。
そういえばこの駅でおば様?お婆様?がいっぱい降りてたっけ?55

駅から続く道をまっすぐ行けば数百メーターで有名な運河沿いに出る。
IMG_4416-1.jpg
途中モーレツに気になる店を発見♪
が、とりあえずそのまま運河へ
IMG_4419-1.jpg
IMG_4418-1.jpg

昼間はまあこんなもんかな〜
やっぱり夜の方がいいね〜

運河沿いをちょっと歩いて、来た道とは一筋?離れた道を来た方角へ戻る。
さっきの気になる店もあったのだが、まあ遠回りになるけどとりあえず歩く。。。

と。。。これは旧日銀の小樽支店
IMG_4421-1.jpg

ここも10数年前に来たことあるんだけど、まあせっかくだから寄ってみましょう♪

中に入ると、きちんとした格好の案内整理のおじさん。
入場見学は無料だけど、入場者情報を書く紙があったので一応書く。

住所の欄、どうしようかと思ったけど「外国」を選択。
すると10数カ国の中から国を選ぶようになっていたんで、Thailandを選択。
ウソはついていませんよ〜55

その案内のおじさんに渡すと、おじさん「え〜、それではこちらのパンプレットをお持ちください」と言って英語版のパンフレットを渡そうとするので「あの〜、タイ語はありますか〜?」と普通に日本語で聞くと、「え〜、申し訳ありません、タイ語はちょっと。。。あの〜日本語お上手ですね〜」

555

「ごめんなさい、私日本人です。。。日本に住所がないんでタイって書いたけど555」
「555、そうでしたか〜」

ということで見学開始!

ここ、こじんまりしているけど結構面白かったね〜
銀行の内部ってなかなか入れないし、小学校の社会見学でも銀行ってあんまりないんじゃないかな〜?

では金庫の中に入ってみましょう♪
IMG_4427-1.jpg

これで1000億円〜(真券ではありません)
まあ、十分かなこれだけあれば555
IMG_4426-1.jpg

一億円なんて、これっぽっちか・・・
あっという間だな、使い出したら・・・
IMG_4424-1.jpg
IMG_4425-1.jpg

本当はもっとじっくり見たかったんだけど
ここを出たのが11:40ごろ、長万部行きの汽車まであと40分。。。

それでは、さっきの気になった店に行ってみましょう♪
IMG_4438.jpg
IMG_4437.jpg
うろこ番屋の「うろこ亭」

ここも余市のかきざき食堂と同じで、一階が魚屋の店。
こういうところって比較的良い店が多いと思う。。。

店内はこんな感じ。。。
IMG_4431.jpg

昼飯時なのに客は少ない。。。

雨は降っていないが、コンビニで買った540円のビニール傘を持っていたら店員が
「傘はあちらの傘立てにどうぞ〜」っと。。。
これが今回の旅の悲劇?いやアルツハイマー疑惑の発端だったのだ。。。

で、頼んだのはもちろんこれ♪
IMG_4432.jpg
極上うに丼

ではアップで♪
IMG_4433.jpg


IMG_4435.jpg

ごちそうさまでした♪
もう、言葉は要りません・・・
大満足ですね〜♪


お代は1,104バーツ
IMG_4646-1.jpg

一品で1000バーツ越えはなかなか経験できませんね〜55

さて、長万部行きの列車の時間が迫ってます。
レシートの印字では12:07、列車は12:20発。。。
満足感に浸って番茶をすすっている時間はありません。

そろそろ店を出ましょうか。。。


う〜ん、うまそ〜う♪
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の札幌・・・ ----ジンギスカン・味の羊ヶ丘&ラーメンすみれ----

やっぱりなんだかiPadの記事の写真がおかしいな〜
macやiPhone,iPadminiではちゃんと表示される写真、日本の家に置きっぱなしだったiPad2で見ると全然違う写真がupされてる。。。
違いはiOsの最新版をインストールしているか否かの違いなのだが。。。

もし、コメントと全然違う写真がupされていたら、お使いのディバイス&osを教えてください。

さて、本題に入ります
9月2日(水)---その2---

この日は結局夕方まで雨が降り続いていましたね。。。

で、6:00pmごろ、再度ジンギスカンに挑みます。

味の羊ヶ丘
羊ヶ丘-3

この店は10数年前札幌に来た時に何度か通った店。
当時は2階の店に入ったけど、今回は1階へ。。。

客の入りは、まあ半分くらいだったかな?
ここもだるまと変わらず美味しい肉を出す店なんだけど、ブランドで負けているのかな?
羊ヶ丘2−2

羊ヶ丘

一度その地位を築いてしまえば、多少の事ではその地位は不動なのだろう。。。
事実、ここはだるまと客の数ほど味が違うかって言えば、そんなことは全然無いくらい美味しいのだな。。。

10数年前、札幌駅前から続く通りに面した好位置にあっここに、ぶらりと入って普通に美味しかったんで何度か通ったんだな。。。

味の羊ヶ丘っていうだけあって、肉は美味いけど野菜がちょっとしょぼいかな?
でもここは確か野菜は食べ放題なんで、どんどん追加もできたはず。。。

あぁ〜、食べた食べた〜

お代は・・・
羊ヶ丘-4

合計749バーツでした。

ホテルに戻って休憩。。。

0:00amくらいかな?
この時間から食べるのはデブの元・・・

もう地元民は皆家に帰った頃を見計らってやってきたのがここ。。。
すみれ(純連)
IMG_4403.jpg

これもホテルの裏にあって、徒歩3分圏内
まあ、これも札幌ラーメンを代表するお店ですね。

ちなみにオレの母方の祖母の名前が「すみれ」だった。。。
関係ないか・・・55

この時間はさすがに待たずに入れてカウンターの隅に陣取りました。
頼んだのは「すみれの代名詞」とうたう味噌ラーメン
IMG_4402.jpg

さて、お味は。。。

超熱いスープ、なんだか油を熱したようなスープで、最後までこの熱さは弱まりませんでした55
う〜ん、やっぱり味噌ラーメンの味がする。。。って当たり前なんだけど。。。

ごちそうさまでした♪

えっ?それだけ?って。。。やっぱりオレ、味噌ラーメンはダメだな。。。
ごめんなさい。。。


明日から南に向かって大移動のスタートです。
南にも美味しいものはいっぱいあるはず♪


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT