fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美味いものが食べたければチャイナタウンへ行け(2)クアラルンプールのチャイナタウン、ちょっと寂しくなってきたか?

日本にもチャイナタウン(中華街)と言われている場所がある。

代表的なのが横浜中華街(横浜市)南京町(神戸市)長崎新地中華街(長崎市)で日本三大中華街と言われているそうだ。

横浜と長崎には行ったことがある。

が、日本の中華街と他国にある中華街との決定的な違いは「観光地・飲食街」と「生活・商売の場」だろう。
バンコクにもヤワラートというどでかいチャイナタウンがあり、基本は華僑または華人が寄り添って生活する場であり、商売をする場だ。

が、華僑・華人たちの出身地ごとの料理が食べられる一大飲食街という側面も持つのも事実であり「海外でご飯、麺、豚肉料理が食べたくなったら中華街へ行け」という格言(damascusの格言)は正しい。

***

さて、クアラルンプールのチャイナタウン。


今回で3度目なのだが、ごちゃごちゃ感は相変わらず。
IMG_0672-0412.jpg
朝のチャイナタウン。これが素っぴんだが、なかなか見られない。

IMG_0645-0412.jpg
午前中のチャイナタウン。両端の店が開店し、更に道の両端に出店が設置される。

IMG_0653-0412.jpg
夕方以降のチャイナタウン。両端の出店とともに、道の真ん中にも出店が設置される。
人が歩くスペースが極端に狭まるので、人出が多いとうんざりする。
以前のスクムウイット通りの歩道(アソーク〜ナナあたりの北側の歩道)と同じ状態。

IMG_0654-0412.jpg
両端の商店(常設店舗)の横にはこんな感じの歩道もあるけど、タイと同様この歩道を占拠している店も多く歩きづらい。

まあ、パッポン通りと似たような雰囲気。

従って人が歩くスペースが極端に狭くなって、人出も多いので歩くのが嫌になる。
簡単に言うと・・・
商店(常設)→歩道→露店(道の端)→歩道→露店(真ん中)→歩道→露店(道の端)→歩道→露店(常設)
チャイナタウン道
っていう構成かな?
なかなかすごいサンドイッチ構成だね?

ホテルの前だってこんな感じで露店がひしめいているんで、看板見えてもなかなかたどり着けないだろうね〜入り口に(笑)
IMG_0734-0412.jpg
IMG_0690-0412-1.jpg

最近、バンコクではこう言った出店や屋台の取り締まりが厳しくなり、多くは撤去されてきている。
多くの人が「タイらしさが失われていく」と嘆いているようだが、オレ的には綺麗さっぱりで歩きやすくてご機嫌だ。
タイ警察もたまには良いことをやるもんだ、と感心している。

***

こんな感じで内部のごちゃごちゃ感はそのままなのだが、以前はもっと賑やかだったスルタン通りの夜がちょっと寂しくなっていた?
IMG_0658-0420.jpg
この辺りは夜になるともっと賑やかだったんだけどね〜

IMG_0704-0420.jpg
こんな感じで改装中?解体中?の店がいっぱいあったよ。

次にここに来るのはいつなのか分からないけど、健在であってほしいね〜クアラルンプールのチャイナタウン。

***

おまけ

今回、珍しくチャイナタウンを外れてアロー通りという飲食街?屋台街?に行ってみた。

ググって見ると「昼から賑やか」なんて書いてあったんで真に受けて真昼間に行ったのだが、結果的には8割以上の店は開店前だった。

IMG_0693-0420.jpg
やっぱりここは夜来るところなんだろうね〜?
まあ、オレはチャイナタウン内で十分かと思ってる。。。

で、アロー通りで昼飯食べるの断念してチャイナタウンに戻る時、こんなフードコートを見つけたのだ。
IMG_0700-0420.jpg
Blue Boy Vegetarian Food Centre
齋って書いてあるからベジタリアンなのだろう。

ここでこんな看板があったので入ってみる。
IMG_0698-0420.jpg
ちなみにトムヤムって東炎って書くんだね?漢字ってすごいね〜(笑)

で、福建麺を注文してみると汁系福建麺だった。
IMG_0696-0420.jpg
IMG_0697-0420.jpg
味はもう忘れちゃったけど、まあ普通に美味かったような。
中華系の汁麺って、薄味が多いような気がする。
濃厚なラーメンが多い日本人からするとちっと物足りないかもしれないね?
オレは結構好きだけど。

さて、次回は最終話
KLIA2で見た「正男殺害現場」です。

このマレーシア旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017クアラルンプール(チャイナタウン)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017クアラルンプール(チャイナタウン) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

《国際線》で海外へ自転車を持って行こう♪制限、料金エアライン比較(付録:海外で自転車盗難?クレカ付帯の海外保険の補償範囲)

何度か書いてるが、今回のイギリスには折りたたみ自転車を持って行った。
IMG_1200-0420.jpg
今回の愛車、Hayes & Harlingtonのプラットホームで。

で、イギリスに行って一番驚いたのがこの「自転車」。
話には聞いてはいたが、街中自転車だらけで駐輪場は至る所にある(基本はパイプだけ)。

電車への自転車持ち込みも多く、自転車専用のスペースもある。
一応3−4台のスペースはあるのだが、そこがいっぱいでもどんどん乗せてくる。通勤時間でも!
IMG_1203-0420.jpg

感動したね〜、まさにカルチャーショック。
日本ではまだまだ理解が無い電車への自転車持ち込み(というか日本は人口が多過ぎ!)
タイも基本はダメ(貨物車付きの列車限定でok)。

なので、ヨーロッパでは(っていうかイギリスとスペインしか行ったこと無いけど・・・)日本から(タイから)自転車持ち込んで現地で気軽にサイクリングができる環境にあり、これは是非とも持って行くべきと思ったよ。
ママチャリじゃ大変だけど、ロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車なら是非!

特にイギリスは左側通行なんで、違和感なし(タイも左側通行)。

本当にオススメですよ♪

***

この件についてはイギリスの記事で詳しく書くけど、とりあえず心配なのは「飛行機に積み込むと荷物料金はどーなるんだろう〜?」
ってことかな?

そこで調べてみましたよ。
とりあえずANA、JAL、タイ航空、ついでにエアアジアも。
国際線と国内線の規定には若干違いがあるが、ここに記載したのは国際線。

ANA

1、全荷物重量制限(チェックイン)
Yクラス最大46kg、ただし1個あたり23kgを2個まで
Cクラス最大62kg、ただし1個あたり32kgを2個まで

1個の総寸法(縦+横+高さ)が158cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、受託手荷物重量制限に含む。

3、自転車のサイズ制限
サイズ(3辺の和)が158cmを超えても292cm(115インチ)以内であれば、サイズ超過料金を適用ししない。

4、特別料金等
なし、ただし1または3の重量、サイズ範囲内であること。

5、その他条件等
(1)サイズ(3辺の和)が292cm(115インチ)超えはダメ
(2)重量が45kg(99ポンド)超えはダメ(自転車で45kg超えはないはず)。
(3)電動の乗り物(自転車等)は危険物に該当する。
(4)国内線の場合は同意書へのサインが必要の様だが、国際線にはそのような記載はない。

《所感》
なかなかゆるい制限。
海外へ自転車持って行くならANAがいいかも?

JAL

1、全荷物重量制限(チェックイン)
Yクラス最大46kg、ただし1個あたり23kgを2個まで
Cクラス最大96kg、ただし1個あたり32kgを3個まで

1個の総寸法(縦+横+高さ)が203cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、受託手荷物重量制限に含む。

3、自転車のサイズ制限
通常の荷物と同様。

4、特別料金等
なし、ただし1の重量、サイズ範囲内であること。

5、その他条件等
(1)分解式自転車(一人乗りのツーリング用あるいは競輪用自転車でモーターがついていないこと)を輪行袋(自転車専用収納袋)に入れていただいた状態でお預けいただく事が条件。

(2)1辺が120cmを超える(*)または3辺(縦・横・高さ)の和が203cm(80インチ)を超えるものは無料受託手荷物に含めず別料金。

《所感》
トータル制限重量はANA同様文句なし。

タイ航空

1、全荷物重量制限(チェックイン)
Yクラス30kg
Cクラス40kg
受託手荷物は個数に制限なし、ただし1個あたり最大32kg、および総寸法(縦+横+高さ)が158cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、受託手荷物重量制限に含む。

3、自転車のサイズ制限
サイズ制限は明記なし(普通の自転車なら分解せずに運べるかも?)。
今回オレが乗せた折りたたみ自転車の外寸(梱包済み)は微妙に158cmを超えていたが、チェックインの際には「自転車で〜す♪」と言うと何も言われなかった。

4、特別料金等
なし、ただし1の重量範囲内であること。

5、その他条件等
(1)モーターのついていない、ペダルの取り外せる、一人乗り用のもの。
(2)1台目のみ、受託手荷物許容量に含めることができる。
(3)お預けになる場合、航空輸送に適した梱包のうえ、重量が手荷物許容範囲以内であっても、ご搭乗の72時間前までにその大きさと重さをお知らせください。貨物室内のスペースのご予約を承ります。

上記赤字は日本語HPにのみでてくる文言。
英文およびタイ語のHP上ではでてこないので、日本ローカルルールだろう。

《所感》
日本以外からは分解せず簡易梱包(ブルーシート等で覆うだけ)でも受け付けてくれるかも?
ただし、破損は覚悟。

エアアジア

※以下の料金や規定は成田→バンコク・ドンムアンの場合。

1、全荷物重量制限(チェックイン)
20kgまでは3900円(予約時)

受託手荷物は個数に制限なし、ただし1個あたり最大32kg、および81x119x119cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、ただしスポーツ機器料金が別途必要。

3、自転車のサイズ制限
サイズ制限は明記はないが「一般的で標準的な大きさの自転車」と記載あり。

4、特別料金等
スポーツ機器料金。
20kgまでは3000円(事前予約)。

5、その他条件等
自転車は受託手荷物として扱います。以下の点にご注意ください。
自転車用バッグ、保護ボックスか保護袋、またはプラスチックラップで適切に包まれた自転車のみお預かりします。それ以外の形状でのお預かりはできませんのでご了承ください。

一般的で標準的な大きさの自転車のみお預かりします。
下記取扱方法を遵守してください。
自転車の輸送方法。次の各要件を満たす自転車1台はスポーツ用品とみなします。
・ハンドル:ハンドルは車体に沿うよう倒してください。
・ペダル:他の自転車や受託手荷物を破損しないように、ペダルは取り外して機内に持ち込むか、受託手荷物としてお預けください。
・ギア:ギアは破損しないよう保護してください。
・タイヤ:空気を抜いてください。
・マッドガード(泥除け):マッドガードは取り外すか、破損しないよう保護してください。
・紛失しやすいアイテム:ポンプやライト、自転車用のウォーターボトルなど紛失しやすいアイテムは、しっかり自転車に・固定するか、取り外してまとめてから受託手荷物としてお預けください。
・取り外した自転車のパーツの大きさと重さが規定内であれば、手荷物として機内にお持ち込みいただけます。

《所感》
規定が細か〜い。
なんだかんだで追加料金がかかるのはLCCの宿命。

注意
1、常に最新の情報をエアライン各社から入手してください。ここに記載した内容に間違いがあっても責任は負いません。
2、特にコードシェア便等の場合は事前に要確認。
3、現地の交通規則、マナーを守って運転しましょう♪


***

【付録】

せっかく苦労して持って行った自転車。
現地で盗難や破損があってもクレカ付帯の海外旅行保険で補償もバッチリ?

イギリスでも自転車泥棒はいっぱいいるらしく、特に高価なロードバイクやクロスバイクは標的になりやすいとか。
そういえば「自転車泥棒」っていうイタリア映画があったね〜


現代の「自転車泥棒 in London」

下の動画の最初の泥棒は、なかなか風景に溶け込んでいてよっぽど注視していないと分からないよね〜

タイでは錆びたママチャリだって盗まれるらしく、「これって象でも繋げるの?」ってなくらいぶっといチェーンで繋がれているママチャリをよく見る。

なので、もし何かあったらクレカ付帯の海外旅行保険も使えるかも?と思い検索してみた。

《A社》(損害保険ジャパン日本興亜)
補償額:免責3000円、1旅行中最大30万円、年間限度額100万円

条件
最大90日間
現 金、小切手、クレジットカード 、コンタクトレンズ、各種書類稿本、設計書、図案、帳簿その他これに準ずる物、船舶・自動車などおよび自転車ならびにこれらの付属品、動植物、 商品もしくは製品または業務の目的のみに使用される設備・什器、データ、ソフトウェア、プログラムなどは対象となりません。

自転車はダメか〜、残念・・・

《R社》(三井住友海上)
補償額:免責3000円、1旅行中最大20万円(1個10万円)

条件
A社とほぼ同じ。ただし対象外には「自動車」の記載あるが自転車については記載なし。

注意
1、ご自分保有カードの規定を熟読のこと。ここに記載した内容に間違いがあっても責任は負いません。
2、補償対象外に自転車が含まれていなくても(記載なくても)、事前に直接カード会社または保険会社に要確認。
3、補償が受け取れる場合でも、現地の警察への盗難届等煩雑な手続きが待っている。
4、苦労した割に「補償額はわずかかもしれない(10万円で買った物の補償が10万円ってことではない)」。


***

さあ、自転車を持って海外へ行ってみよう♪
工具としっかりした鍵はお忘れなく。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 飛行機で自転車を海外へ運ぶ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そういえばチキンライスも有名だったよね?南香飯店ほか@クアラルンプール・チャイナタウン

日本でチキンライスといえばケチャップで味付けしたこんなやつ。
440px-Foodsample2-0416.jpg
wikipediaより

まぁ、これはこれで美味しいし、ちゃんとした料理人が作った日本風チキンライスは結構好きな方だ。

が、アジアでチキンライス(鶏飯)といえば、マレーシア・シンガポールの海南鳥飯を始め、タイのカオマンガイ(ข้าวมันไก่)が有名で、これは鶏の煮汁で炊いたご飯に茹で鶏の料理。

日本のチキンライスとは全く違った美味しさがあり、タイのカオマンガイは好きな料理の一つだ。

***

マレーシアには今回で3度目だが、思い起こしてみるとこの海南鶏飯を食べてなかった。
シンガポールでも未経験。

じゃあ、ここクアラルンプールのチャイナタウンの有名な海南鶏飯屋があったはず!と調べてみると「南香飯店」がヒット。
早速行ってみた。

が、ここでもGooglemapに騙されてしばしウロウロ。。。
(地図は最下段参照)

やっと見つけたのがここ
IMG_0712-0416.jpg
IMG_0711-0416.jpg
創業1938年の元祖海南鶏飯とのこと。

では入ってみましょうか〜
そうそう、ここ南香飯店チャイナタウン店の営業時間は11:00-15:00のようなので注意。
ちなみに入店時刻は14:28でした。

***

閉店間際だったからか?置いてあったメニューは鶏肉やご飯の単品メニューしかなかったようなので、セットメニューがあるか?聞いたらあるとのことで「チキンライスセット」を注文。値段は忘れた。。。

店内はこんな感じ
IMG_0705-0416.jpg
周りから聞こえるのは日本語ばかり。。。
だから来なかったんだよね〜ここには。

IMG_0707-0416.jpg
IMG_0708-0416.jpg
ご飯と蒸し鶏+サラダ付きのセット。
飲み物は別料金(だったはず)。

見た目からしてご飯がチト硬めっぽく、鶏肉も骨がが多そう。。。
IMG_0706-0416.jpg

で、お味は?

ん〜ん。。。

ご飯自体は少々ガーリック風味?(だったか?)
旨味はなし。

鶏肉はやっぱり骨が多く(モモ肉のぶつ切り?)見た目よりも食べる部分が少ない。

つけだれの旨味も少なく。。。
(全てタイのカオマンガイとの比較)

一番美味しかったのはセットに付いてたサラダだったかな?
ドレッシングがなかなかイケてた♪

かなりがっかり。。。

「名物に旨い物なし」

おしまい。

***

ついでだからこれ以外に食べたものを記録しておく。

これは4日の朝飯だったか?
金蓮記の朝食メニュー
IMG_0688-0418.jpg
IMG_0721-0418.jpg

普通のお粥だが、チャイナタウンではおなじみの朝食。
おいしゅうございました♪

これはなんだったけか?
IMG_0683-0418.jpg
IMG_0687-0418.jpg
これも金蓮記の朝食メニューの一つ

モチモチの麺(というか餅みたいなやつ)に甘辛いピーナツソース系(サテに付けるタレの様な味)を絡めて食べる。
半分スイーツのようなものだが、これもここの定番の朝食の様だ。

看板見てもどれが料理名なのか???
どなたか料理名を教えてください。

味は幾つか選択できるみたい。

まあ、一度食べればいいかな?
甘々味はあまり得意でないんでね〜

***

さて2泊3日の短期滞在も、福建麺食べて満足したしワンタン麺も美味しかった♪
帰るとしますか〜



このマレーシア旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017クアラルンプール(チャイナタウン)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017クアラルンプール(チャイナタウン) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福建麺(ホッケンミー)で調べるとなぜか出てくる雲呑麺(ワンタンミー)の名店「冠記」@クアラルンプール・チャイナタウン

出発前に福建麺の店を調べていると良くヒットしたのが「冠記」という店のワンタンミー。

別にワンタンミーが食べたいとは思わなかったのだが、「うまい・美味い・旨い」という記事を何度も見ると行ってみたくなるもんだ。

***

福建麺の名店「金蓮記」がある同じ通りにある冠記。
Googlemapで調べた場所に行ってみたのだが、店の前を覆うように並ぶ出店でなかなか見つけられず。。。

やっと見つけたが、入り口はブルーシートに覆われている。
閉店?改装中?
IMG_0678-0416.jpg

ん?貼り紙があるな〜
IMG_0680-0416.jpg
やっぱり改装中だった。

英語と漢字が併記されているけど、これどっちも分かるね〜♪
漢字の方がちょっと詳しく書いてある。
Tang City Food court/唐城美食中心ってのは,前の記事で紹介した麗記という店があったフードコート。
改装中の冠記のほぼ向かい側にある。

IMG_0722-0416.jpg
IMG_0647-0415.jpg
IMG_0665-0416.jpg
こんな感じのフードコート。
いろいろあってここで全部済ませようと思えば済んでしまう。

コの字型に店が配置されていて、冠記の分店(支店)は入ってすぐの右側にあった。
IMG_0646-0416.jpg

メニューはこれ。漢字しかないけど分かるよね〜
IMG_0646-0416-1.jpg
漢字が読めるって素晴らしい♪
漢字を作った「民族」は嫌いでどうでもいいけど、「漢字」と「料理」だけは後世に伝えて欲しい。

さて、左上から二番目のシャーシュー麺(叉焼麺)を注文すると「チャーシューは品切れ」とのことで「鶏絲麺」にする。
この冠記には翌日にも来たのだが、夕方来るといつも「チャーシューは品切れ」のようで、どうしてもチャーシュー麺が食べたい人は昼までに来た方が良いかも?

ここは「やきそば風(ドライ)」と「汁あり(スープ)」が選べるようなのでまずはドライ。
IMG_0649-0416.jpg
もちろん、ここのウリのワンタン(写真右上)も忘れずに注文(ワンタンもいるか?と聞いてくるんで「うん」と答えるだけでよかったはずだがもう忘れた。。。)。

これね〜、見た目通りの味(オイスターソース?甘口醤油?)で旨い♪
それにこの細麺がいいね〜、ソースが絡まってツルツル入るよ♪

特別な味は一切しないし、超激ウマって感じでも全くないけど、見た通りの味で飽きがこない味っていうのかな〜

これ食べた時に、昨年博多で初めて食べた「焼きラーメン」を思い出した。
麺が似てるんだよね〜

博多のイオンで驚いた!「あまくち」、「うまくち」ってなに???博多最後の夜も・・・

食感はこれに似ているけど、味は断然こっちの方がうまいね〜
って、博多の焼きラーメンが高くて不味くて嫌な思い出しかないからか?

一緒に出てきたワンタン。
まあ、これはワンタンだね〜って感じ?
普通に旨いがそれ以上でもそれ以下でもない。

3月2日

***

翌日は8:30am頃訪問。
注文したのはワンタンミーの汁あり。
IMG_0676-0416.jpg
あっさりした味で、これも見た目通り。
普通に美味しい♪

3月3日

***

最終日の朝もまた来た(笑)
今度はチャーシュー麺のドライ
IMG_0729-0416.jpg

特別な味ではないんだけど、なぜか通ってしまうやさしい味の冠記の麺。
うまく表現できないけど「通いたくなる店」だった。
おすすめですよ♪

朝っぱらから福建麺はギトギト・ドロドロでチトきついが、ここのワンタンミーなら毎朝食べてもいいかな〜と思う。
おすすめは「朝は汁あり」、昼以降は「汁なし」。
量が比較的少なくてあっという間に食べられる。間食やおやつ代わりもアリかな?

3月4日


場所は上のmapの「唐城美食中心」内。

このマレーシア旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017クアラルンプール(チャイナタウン)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017クアラルンプール(チャイナタウン) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、命の値段@ハノイ

今回宿泊したホテルについては帰国後に記事を書く予定だが、なかなかどーしてちゃんとしたwホテルだったってことが分かったんで、そのことを先に書いておこう。

***

昨日UPしたこの記事
なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜実体験@ハノイ

実際に発火して、従業員は「別に火事になったわけじゃないしぃ〜、やばいと思ったら別のコンセント使えばぁ〜?」

オレも日本人の両親のもと日本で生まれ育って50年以上。
日本の価値観ってのはなかなか捨てられるもんじゃないね〜、例え標準的な日本人の価値観からかなり外れていると自覚していても、それは「外れている」だけで「イコール・アジア的ではない」ってことだ。

基本的に「何か悪いことが起こらないために対策を施す」、これを徹底的にやるってのが日本的(欧米的)な価値観であって、アジア的には「何か起こったら処置を施せばいい」ってのが基本的価値観なのかな?
いや「何かが起こっても何もしない」ってことの方が多いような気がするが。。。

実際起こるかどうか分からなこと、滅多には起こらないことにコストを掛けることにかなり消極的。
まぁ、たしかにどんなにコストを掛けて二重三重の防御をしたって100%にはなり得ないってことは、日本人なら実体験があるはず(=原発)。

基本的には「アジアでは命の値段が安い」ってことに尽きる。

***

「東洋では、西洋ほど命の値段が高くない。人口が多いから命が安くなる。命は重要ではないのだ」

これは米軍大将の言葉だが、必ずしも間違ってはいないかも?

上の言葉は3:00あたりから

人口が多いからってのはちょっと違う気もするし、戦時と平時ではまた違った受け止め方をするとは思うが。。。
戦争で殺された立場からみれば「そんなことはない!」と腹がたつだろうが、冷静にみれば「そうかも」と思わざるを得ない現実が目の前にいっぱいある。

ベトナム戦争は「西洋→東洋」だったかもしれないが、今のアジアでは同じアジア人同士、いや同じ国民同士で命を軽んじている。
支配者は被支配者の命などなんとも思っていないのが現状だ。
下層階級(外人含む)など虫けら同然というのはタイの支配層の基本的な考えだろう。

一方、日本人の根底にある命の価値も結構軽いもんだとは思う。
「抜刀隊」
刃の下に死ぬべきぞ 大和魂ある者の 死ぬべき時は今なるぞ 人に遅れて恥掻くな1:42あたりから

これは西南戦争の時の警視隊の歌。のちに「陸軍分列行進曲」となる軍歌。神宮外苑での学徒出陣時にも演奏された哀しい曲でもある。
個人的には、軍歌の中では特筆すべき名曲、と思う。
陸上自衛隊、そして抜刀隊ゆかりの警視庁を含む警察庁が現在も使用している。

最たるものはこれだろう
「海行かば」

この曲は嫌いだ。。。

やっぱり日本もアジアだね〜

お上のために捧げるのだからこそ価値があるんだ〜!という人もいるかもしれないけどね。
現実は犬死っぽいケースも多かったと思う。

中越戦争なんかで死んでいった両人民兵士達も端から見てれば犬死としか思えなかったな〜

やっぱりアジアでは命は安いんだろうね?

***

話が飛びまくっているが、ここから本題。

部屋に貼ってある注意書き
IMG_1973-0416-1.jpg
これが全てかな?(赤字、黄色囲みの注意事項)

日本でなら「節電のために・・・」となるだろうけどね(笑)

正直で大変よろしい!
宿泊客の身の安全を最優先に「正直に電気系統の不具合」を告げて注意喚起しているその姿勢を評価しましょう♪
(外出中は客に被害はなく、ホテルが焼けると経営者が困るからだろーけどw)

安宿中心に泊まっているオレなので、今までに焼け焦げた跡のあるコンセントを見た回数は10-20回では済まない。
つまりコンセントからの出火は日常茶飯事(日本でも少なくない)。

オレの泊まっている部屋は大した部屋では全然ないのだが、なぜかいっぱいスイッチがある。
IMG_1959-0416.jpg
IMG_1958-0416.jpg
いっぱいあるけど、この中で機能するのは3つ(部屋の明かり、バスルームの明かりと換気扇)。

まあ、この3つで十分なんだけど、機能しないスイッチはただ単に電球が切れているのか?それとも配線が焼け落ちているのか?微妙なところだな〜

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】4月 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福建麺(ホッケンミー)の元祖、金蓮記@クアラルンプール・チャイナタウン

さて、いよいよメインの福建麺です。

3月2日

ホテルにチェックイン後すぐに向かったのがここ金蓮記

注意:googlemap上に示されている場所は間違っている。Hang Lekir通りの北側にあるように見えるが、実際にあるのは通り(といってもほとんど歩道のような道)の反対側(南側)にある。

福建麺にはマレーシア式とシンガポール式があるというが、この金蓮記はマレーシア式の元祖。
wikipediaから抜粋すると・・・
クアラルンプール式ホッケン・ミーの発祥は1930年前後にさかのぼり、中華民国福建省安渓県出身の王金蓮が1927年にマレーシアに移り住み、クアラルンプールのチャイナタウンである茨廠街付近で屋台を開いて出したとされる。当初は、福建省で一般的な汁そばを主力にしたが、熱帯気候に合わず、「大地魚」と呼ばれるヒラメ類の乾物の粉末、黒い醤油を使ってうまみや濃厚な味を出し、それを麺にしみこませ、からませたものにして、人気を得た。食べる時には、好みでサンバル・ブラチャンや唐辛子ペーストを付ける。


***

階段を上がった2階へ
店内はこんな感じ。
IMG_0640-0413.jpg

超小汚い店かと思っていたが、意外や意外ちゃんとした中華料理屋だった。

では、一応メニューを見てみましょう。
IMG_0637-0413.jpg

IMG_0638-0413.jpg
メニューの表紙に「福建麺」の文字。

トップバッターはもちろん福建麺(最上段)
IMG_0638-0413-1.jpg
IMG_0639-0413.jpg
この店では麺の種類を選べるんだね〜

オレはてっきり(a)面 Mee/ミーだけだと思っていたが、(b)米粉(c)河粉(d)伊面というのもある。
米粉ってのがどんなのか知らないけど、河粉はタイのクァイティオ(ก๋วยเตี๋ยว)の語源で英語表記もkuey Teow。

注文はもちろん面 Mee/ミー
これは太麺の中華麺のことのようだ。

出てきました。
IMG_0642-0415.jpg
そうそう、これこれ〜♪
ただ、以前食べたのよりはかなり黒っぽいけど。。。

麺は極太の中華麺
IMG_0643-0415.jpg
日本のうどんくらいの太さ
そのためか?結構ブツブツ切れているので、麺料理なんだけどスプーン(レンゲ)は必須。

お味は?
見た目の色に影響を受けて超絶に濃厚そうに見えるけど、魚介特にエビのダシ?が効いていて見た目ほどではない。
うまい。
6年ぶりの福建麺。
そうそう、こんな味だった〜

麺はブツブツに切れているけど、適度な弾力(バリカタ?)があってツルツル喉を通る。
具はエビが何本かと魚介類がたっぷり。

会計は伝票を持って一階階段横のレジ(映画館のチケット売り場みたいなところ)で精算
中国茶(たしかジャスミンティーで1MRだったはず)と合わせて11MR。

ごちそうさまでした♪

***

さてこの福建麺、この店で食べたのはこの1回だけ。
たしかこの周辺には福建麺を食べさせる店が他にもいっぱいあったはず。
が、以前に比べかなり荒んだ雰囲気になったチャイナタウン(元々荒んではいましたがね)。

同じ日の夕方、以前食べたことのある店を探してウロウロしたのだが、店がどこだか分からなくなってしまったのと、なんだか工事中?取り壊し中?の店が多く断念。

で、途中で見つけたこんなフードコート
IMG_0647-0415.jpg


ありました♪福建麺。
IMG_0662-0415.jpg
麗記という名のお店。

その後も「○○記」と表記した店が多いので「記」ってどういう意味だろう?と思い調べると「記は屋号」とのこと。
つまり麗記は「麗さんのお店」というニュアンスらしい。


IMG_0664-0415.jpg
見た目は同じで味もほぼ同じだが、魚介の具はさっきの金蓮記に負けてたような気がする。
エビの香りが最高ね〜

タイに比べると若干高めの価格設定だが、この量を考えるとコスパとしてはほぼ同じかな?
それにこういう「ドロっとした料理」は熱々で食べられるところが、生ぬるいタイとの大きな違い。

やっぱり料理は熱々がいいよね〜?

***

翌3月3日

昨日行った金蓮記の隣にあった小汚い食堂に入ってみた。
まあ、この近辺の食堂は一般的な日本人には小汚く見えるんで、普通の食堂かな?

福建麺がありそうだったので、注文しようとするとメニューを差し出してきた
IMG_0717-0415.jpg
昨日福建麺を食べた隣の金蓮記のメニューだ〜

メニューを広げてみても中身は同じ???
IMG_0718-0415.jpg
ただ、1MR程度安くなってる・・・

厨房の方を覗くと・・・
IMG_0684-0416.jpg

黄色枠内拡大
IMG_0684-0416-1.jpeg
???

「王 金蓮記」
ここってもしかして本店なか???この貫禄のある看板???単に厨房だから油汚れ???

良くわからなかったが、とりあえず福建麺と酸辣湯を注文
IMG_0715-0416.jpg
うん、盛り付けも味も昨日の金蓮記と同じ。

IMG_0714-0416.jpg
酸辣湯
これはなぜかここの厨房では作っておらす、店員がどこからともなく持ってきた。
もしかしたら昨日行った店で作っているのかもね?

どちらも大変美味しゅうございました♪

***

さて、すでにノミネートされてる「新橋烏森口の蘭苑菜館の五目焼きそば」「ベトナムのフォー・サオ・ボー」に続きこのホッケンミー世界三大焼きそば入りか?

この福建麺、間違いなく濃厚な味でオレ好み♪
6年ぶりに食べたがやっぱりうまかった♪

では、「世界三大焼きそば」入り?

だが、ちょうどこの時ネットで調べてみると、この福建麺にはマレーシアスタイルとは別にシンガポールスタイルがあることが分かった。
オレはこのシンガポールスタイルは未経験だったので、これを食べてからでも遅くはないと思い、今回の滞在での殿堂入りは見送ることにした。

そういえば「新橋烏森口の蘭苑菜館の五目焼きそば」も、もう数年食べていないからね〜
5月中旬に日本に行くんで、その時食べて最終判断を下すことにした。

福建麺シンガポールスタイルと蘭苑菜館の五目焼きそば、どちらも楽しみだな〜♪

***

Googlemap自体はかなり便利に利用させてもらっているのだが、たまに???って時もある。
今回も位置が違っていたり、載っていなかったりの店があったのでDamascus的クアラルンプール・チャイナタウンmapを作りました。これは実際に行った場所なので確実です(2017年3月現在)。

参考にしてね♪

このマレーシア旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017クアラルンプール(チャイナタウン)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017クアラルンプール(チャイナタウン) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なるほど〜、火事はこうして起きるんだね〜、実体験@ハノイ

Twitterでは毎日更新しているので見ている方は既に知っていると思うが、実は11日からソンクラーンを回避するためハノイに来ている。

オレ、タイのこういった行事(宗教系またはそれを問わず)が大嫌い。
特にタイ仏教は坊主含めて嫌いなのだな。

1日だけならまだしも、3日またはそれ以上24時間途切れることなく続く大騒音の中で過ごすと思うと(うちの近所はそういったバ○が多い)耐えられない。。。

想像してごらん?家の真横で昼はロック系歌手のコンサート、夜は盆踊りが3日間続くことを。ついでに深夜〜早朝は近所のバカ高校生がマフラー外したバイクで暴走していることを。
嫌でしょ?

ハノイのバイクとクラクションも相当なものだよ?って???
そお?子守唄にしか聞こえないけどね〜(笑)

書き始めた「クアラルンプールの福建麺の話」の他にも「シンブリー、アユタヤ県庁訪問」「イギリスでの自転車の旅」や「その他タイ情報」と書きたいことは山ほどあるのだが、ここハノイで極楽生活(廃人生活とも言える)をしていると全く筆が進まず。。。

「日本では北のミサイルが着弾する恐怖」に怯えていたであろう15日。
ここハノイのホテルで着弾ならぬ着火を体験した話でも書いて誤魔化しておくか〜

***

4月15日

シャワーを浴びて、髪を乾かそうとドライヤーのプラグを浴室のコンセントに差し込んでスイッチオン。

ぶぉ〜、とまではいかないがまあまあの風力で半分くらい乾いたかな?と思ったその瞬間、ドライヤーのパワーが急激に落ちる。。。

???

ほんの1−2秒後にパワーが復活したのだが、その数秒後にまたパワーダウン

???

と、そのとき異変が視界の片隅に入ってきた。

げげっ、コンセントの内部がパチパチいって炎🔥がうっすらと見えるではないか〜
しかも、黒煙を上げ始め、やばいと瞬時にドライヤーのスイッチオフ

が、内部のパチパチは収まらず、コードを掴んで引っこ抜く。

IMG_1905-0416.jpg
プラグ側

IMG_1906-0416.jpg
コンセント側

うっかりプラグを触ってしまったら火傷するくらい熱かった。
そりゃそうだよね〜200V以上の電流で焼かれたんだから。

以前、日本でドライヤー自体が熱を帯びて、内部の熱線が真っ赤になっていたのは見たことがある。
多分ドライヤー自体がイカれたんだと思うが。。。

海外で日本用100Vのドライヤー(200Vでもスイッチの切り替えで使用可。切り替え忘れた)を使ったときも、瞬時に発熱し危うかったことがあるが、コンセントからの発火は初めてだった。

確かに、ボロ宿に泊まるとコンセントのカバーが焼け焦げているのを何度も(多分10回や20回じゃきかないくらい)見たことはあるが、自分で体験したのは初めてだった。。。


ここまでひどくはなかったけど、この発火初期段階だった。

なるほどね〜、今回の原因は良くわからないけど火事ってこうやって起きるんだ〜って初めて体験しましたよ。

東南アジアの安宿じゃあ、床をささっと掃いて掃除はおしまいなんで、コンセントのカバーを開けての掃除なんて、建物が出来て以来一度もやったことないんだろうね〜

という日本のオレの家(部屋)でもやったことなかったっけ😜

このコンセントの上にある小さな換気扇。
これを見てみると・・・
IMG_1934-0416.jpg
IMG_1933-0416.jpg
コンセントカバーを外して掃除なんてするわけないね〜

ちなみに、部屋の掃除に来た女の子に身振り手振りで状況を説明すると「あっそう〜、じゃあ別のコンセントを使えば〜?😐」と至極基本的な、アジア的な模範解答をいただきましたよ♪

あんたは正しい!
オレもまだまだ日本人だったな〜、まだまだアジア修行が足りない。反省。

皆様お気をつけください。

とは言っても、コンセントの選択の余地がないから気をつけようがないか・・・
命の安〜い国も多いからね。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017ハノイ【2】4月 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空港でのラゲージ・ラッピング サービス、タイ・イギリス・日本比較

今回のイギリス行きでは折りたたみ自転車を持って行った関係で、往復とも空港にあるラッピングサービスを利用した。

プロローグ、イギリスを自転車で走る♪・・・「バンコクで中古自転車を買う」の巻

(ラゲージ)ラッピングとはその名の通り「ラップ」で荷物をす巻状にするもの。これにより、カバンが不測の事態で開いてしまうのを防ぐとともに、盗難・傷などから守る梱包方法。

以前より盗難の多いスワンナプーム空港、最近も「ピーチ便でカギが壊されてりこじ開けられていた」(*1)なんてニュースがあった通り、貴重品を入れて預ける場合や鍵を壊されたりバッグを壊されてりしたくない場合にはそれなりに有効かと思うので、今回初利用した泰英での実体験と成田・羽田空港の情報(日本では未体験)を取り入れて3国の比較をしてみた。

(*1)開港当時より多発、最近あまり聞かなくなったと思ったらやっぱりいまだにあるらしい。もちろん空港職○または役○の仕業。お咎めなし(笑)

***

折りたたみ自転車用の大型バッグを購入し段ボールや発泡スチロールで補強したが、かなりスカスカで一抹の不安を覚えたので今回初めてラッピングサービスを受けてみた。

《タイ・スワンナプーム空港》

場所:4階出発ロビーの出入り口側に多数
IMG_1643-0410.jpg

料金:150バーツ(現金のみ)
IMG_1143-0410-1.jpg
今回の自転車は普通のスーツケースよりかなり大きかったが、大きさによる料金の違いはなし。
ラッピングマシーンに乗るサイズなら均一料金。

所用時間:1−2分(先客を待つ時間含まず)
IMG_1143-0410.jpg

特記事項:ぐるぐるに全体を巻く→緑のビニールで持ち手を作る→さらにラッピングする。
持ち手をちゃんと付けるなんて、タイらしくない心配り?(笑)

出来上がり↓
IMG_1149-0410.jpg

感想:とにかく安くて(150バーツ=約500円)丁寧で早い!

参考
スワンナプーム空港HPより
Luggage Wrapping Service
บริการห่อกระเป๋า(荷物梱包サービス)
บริการห่อกระเป๋าที่สนามบินสุวรรณภูมิ ค่าบริการชิ้นละ 150 บาท มีบริการขายกล่องกระดาษ ตามขนาด S,M,L
(スワンナプーム空港荷物梱包サービスは1個あたり150バーツ。段ボール販売サービスもありサイズSML)

***

《ヒースロー空港/第2ターミナル》

場所:5階出発ロビーの左奥の隅
Excess Baggage Companyというバッグ屋
heathrowT2rap.png

料金:以下の2種類
Classic 12.5ポンド(1000ポンドまでの補償付き)
Ultra 13.5ポンド(2500ポンドまでの補償付き)
IMG_1580-0411.jpg
ここも大きさによる料金差は無く、上の料金差はあくまでも補償の差。

レシートを見るとWrapping費用が11.5ポンドで、保険料?が1ポンドになっているんで、Ultraの保険料は2ポンドってことのようだ。

バンコクスワンナプーム空港同様、大きさによる料金の違いはないようだ。
ラッピングマシーンに乗るサイズなら均一料金と思われる。

所用時間:1−2分(先客を待つ時間含まず)
IMG_1581-0411.jpg

特記事項:バッグの紐(持ち手)部分を残しぐるぐるに全体を巻く。
出来上がり↓
IMG_1618-0411.jpg

感想:やっぱり高いね〜、タイと比較するからだとは思うけど。ラップは全体的にタイよりも厚めの印象。

参考
ヒースロー空港HP
これみるとExcess Baggage Companyというバッグ屋はヒースロー各ターミナルで手広くやっているようだ(map付き)。

***

ここから先はやったことがないので、空港HPからの抜粋のみ

《成田空港》

成田空港HP

例:wRapper RAPI(T1)
料金:
三辺の合計(高さ+横+奥行き) 160cm未満 1,000円(税込)
三辺の合計(高さ+横+奥行き) 160cm上 1,500円(税込)

日本らしく大きさによって料金設定を変えている。

《羽田空港》

羽田空港国際線ターミナルHP

例:店名不明
料金:
三辺(縦・横・高)の合計160cm未満 ¥1,000
三辺(縦・横・高)の合計160cm以上 ¥1,500
規格外(ゴルフバック等)     ¥2,000

どうやら1箇所しかないようだね。。。不便。

どうでもいいけど、羽田空港のHPって超検索しづらいね〜
このHP作ったヤツ、最低。

《関西国際空港》

関西空港(T1)HP

例:YOUR WRAP(ユア ラップ)(T1)
料金:
サイズ 3辺の和      手荷物例      料金(税込)
S   ~115㎝(46ins) ピーギーバッグなど     800円
M   ~140㎝(56ins) スーツケースなど     900円
L   ~160㎝(63ins) ゴルフバッグなど     1,000円
LL   ~250㎝(99ins) 複数個をまとめた包装など 1,200円
特殊     -  自転車・サーフボード・車椅子 1,500円

こりゃあ細かい・・・
使うラップの長さで原価計算しているんだろうね〜
あぁ〜、日本。。

ググってみると、日本ではそれなりに時間をかけて丁寧にやっているよう。
こんなのくるくる巻くだけなんで最大3分もあれば十分だと思うが、中には30分待たされたなんて記事も・・・
唖然呆然だよね。

***

傷だらけで使い込んだキャリーバッグも箔が付いてカッコイイものだが、盗難除けや買ったばかりのお気に入りのバッグを傷つけられたくない方にはうってつけのサービスか?

基本、貴重品は預け荷物に入れずに肌身離さず持つべきことをお忘れなく♪

***

注意:中に微妙なもの(預け荷物禁止品)を入れていると、搭乗口で開梱要求される恐れあり。
拒否できないのでラッピングが無駄になる。
要注意!

参考記事↓
皆様の疑問にお答えします♪(2)殺虫剤系を日本から持ち込むことは出来るのか?

また、ガスコンロを入れる時にはチェックインカウンターで事前に申し出て「残留ガス検査」を受けておいたほうが無難。
っていうより、「カウンターで残留ガスチェック」→「ラッピング」→「チェックイン」っていう工程は無理かも?

参考記事↓
カセットコンロを手荷物として機内に預ける際、タイに持ち込む際の注意事項


このイギリス旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 飛行機手荷物全般 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロレンスゆかりの地を訪ねる、イギリスの旅を終えて・・・カテゴリーに「次」への思いを込めた

イギリスへの旅、8日完了し一旦バンコクに戻ったが、13日から始まるソンクラーン(水掛祭り)脱出計画に基づき11日からハノイに滞在している。

暇なのでこの記事を書き始めた、

***

今回の旅は昨年チケットを発券した際に書いた通り、アラビアのロレンスこと「T.E.ロレンスゆかりの地を訪ねる」という普通の旅行者とは全く違ったイギリスの旅だった。

TGでヨーロッパ往復(ビジネスクラス)を発券♪ギリギリ行動派ここにあり!(笑)

詳細はタイへ帰国後にまとめるが、大失敗あり意外な発見ありで充実した旅だと思っている。

やり残したこともいっぱいあり(これが次の旅への原動力)「次回もあるぞ!」と行く気持ちで敢えて「2017イギリス(Clouds Hill)」というカテゴリーを作った。

***

今回訪ねたのは
1、ロレンスが最後に過ごした家(Clouds Hill)
2、事故にあった場所(Clouds Hill)
3、葬儀が行われた教会(Moreton)
4、ロレンスが埋葬されている墓(Moreton)
5、ロレンスの胸像があるセントポール大聖堂
6、「知恵の七柱」を執筆したと言われるロンドン・ウエストミンスターの家

IMG_1287-0410.jpg
墓地の門

やっぱり来て良かった。
初めて見た映画アラビアのロレンスはたしか小学生か中学生の頃。
なんだか数十年の思いが実った気がした。
オレが唯一尊敬している人物がロレンス、その人だ。

訂正:尊敬している人物はT.E.ロレンスと黒澤明の2人です。

一般的な日本人には全くといっていいほど知られていないロレンス。
「アラビアのロレンスという映画」は聞いたことがあるっていう程度か?

が、そんなゆかりの地を訪れる母国イギリスの人は多い。
知られていないのはイギリス以外の国でだけで、事実イギリスを代表する人物が埋葬されているセントポール大聖堂にはロレンスの胸像も奉納?されている。
しかも、ほぼど真ん中の位置に。。。

***

今回はロンドン郊外(というかヒースロー空港近くのHays&harlingtonという駅近く)のホテルに4泊し、どこに行くにもここから電車に乗って移動した。思いの外便利だったし、何と言っても「なんだかロンドンに住んでいる」錯覚がしてきた(笑)
IMG_1576-0410.jpg
Haysの街

ロレンス関連以外にも2日に渡りロンドン中心部を歩いてみたり、博物館に行ったり、初めて二階建てバスに乗ったり。。。
IMG_1519-0410.jpg
二階建てバスの二階最前列からの景色

書きたいことはいっぱいあるので帰国後にまとめてみる。
久々に「食べ物以外の目的の旅」「アジア以外の旅」をしたが、年に1度くらいはこういう旅をしていきたいな〜と思うね。

これから少しづつ書いていくので、興味のある方は訪問してね♪

このイギリス旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017イギリス(Clouds Hill) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美味いものが食べたければチャイナタウンへ行け(1)ホテル チャイナタウン2(エアコンのリモコン探しクイズ付き)

最初は空港→チャイナタウンの移動術でも書こうと思ったが、今回初めてのバス移動だったしそれほど詳しくは書けそうもないので、そういった情報は他の方が詳し〜く書いているのでそちらに譲ることに。。。

***

前回の記事にも書いたが、今回は福建麺(ホッケンミー)を食べに来ただけ。
だから、宿泊は当然チャイナタウンになるのだが、これは必ずしも今回だけには限らない。

特に食文化の全く違う国、例えばイスラム圏を2wksほど旅していると、現地の食事に多少飽きが来るときがある。
ご飯が食べたいとか豚肉が食べたいとかの欲求が湧いてくる。

そういったときに便利なのが、世界中に巣食っている人民達、そう世界のいたるところにチャイナタウンがあり、そこには(多少日本風とは違うが)ご飯、麺料理、豚肉と普段食べてるものにありつける。

欧米で中華料理はどちらかというと「安物料理」に属するようだが、アラブ圏では「高級料理」。
豚肉は絶対食べないムスリム達は絶対に寄り付かない=非ムスリム=外人御用達レストランなのだな。
(ちなみに特に厳格な戒律のない国であればアルコールを飲ませるバーはある。ムスリム達もこっそり静か〜にビールを飲んでいる姿は笑える)

日本で生まれ育ったものならば「中華料理は苦手」という人はまずいないだろう。

***

そういうことでここクアラルンプールのチャイナタウンに来たのだが、クアラルンプールに来る度にここチャイナタウンに宿を取っている。

今まではレッドドラゴンという貧民窟に泊まっていたが、さすがにこういうところは卒業させていただき、今回はHotel Chinatown 2/ホテル チャイナタウン2に2泊。


「2」というくらいだから1もあり、クチコミ等を見る限りほぼ同じようなホテルらしい。

IMG_0666-0410.jpg
ホテルの入り口。昼間は比較的わかりやすいが、夜になると路上いっぱいに屋台が出るので、どこが入り口か全く分からなくなるので注意。

IMG_0669-0410.jpg
2階にフロントがある。
まあ、ウソはついていないんだろうけど、アゴダの写真はかなりライトアップ?されていている(笑)→Hotel Chinatown 2/ホテル チャイナタウン2。まあ、一般的な安宿だ。
ちなみにオレが泊まったときは2泊で1400バーツだった。

そうそう、チェックインの際に20MRのデポジットを取られた。
IMG_0730-0410.jpg
これを見るとマレー語で日本はJepunというようだね?

フロント掲示されていた料金表。
IMG_0632-0410.jpg
これによるとドミトリーもあるようだね。

安宿だけど一応エレベーターはある。
IMG_0633-0410.jpg
フロントのある2階が「1階」表示のヨーロッパ風?
でも、Gではなく「−1」という表示が面白い。

エレベーターを降りるといきなりこんな防火扉が・・・
IMG_0692-0410.jpg

ここを開けるとロビーがある
IMG_0667-0410.jpg
オレが入ったとき、このソファーにファランのおばさんが寝そべっていたが、オレが入っても微動だにしなかった・・・

このホテル(多分他の多くもそうだと思う)では室内禁煙だが、ロビーでは遠慮なくタバコが吸える。不思議。
給水機もあり便利。
そして謎のアイロン台が・・・

さらに謎の靴箱もあり、靴がぎっしり入っていた。
IMG_0719-0410.jpg
多分、オレの部屋の向かいの部屋には人が「住んでいる」んだろうね。

部屋はこんな感じ
IMG_0634-0410.jpg
IMG_0635-0410.jpg
IMG_0636-0410.jpg
可もなく不可もなし。

ちなみに部屋からの眺めはこんな感じ。正面は市場のようだが入っていないんで詳細は知らず。
IMG_0732-0410.jpg

まあね〜、貧民窟から貧乏人宿に1段階昇格したかな?ってレベルだね。

***

ついでに今まで書いてきた以外のここの設備について書いておく。

ちなみに予約した部屋は「デラックス ダブル (Deluxe Double)=窓あり」700バーツ/泊
どこがデラックスかは最後まで分からなかったが、窓なしの部屋が多いので注意。

1、冷房は効きすぎるほど効く。

ただね〜、最初エアコンのリモコンが見当たらなくて。。。
部屋中を探し回ったのだが全く分からず、フロントに電話しようとしたその瞬間「あった〜!」

クイズです。
この写真の中にエアコンのリモコンが「隠されています」
さてどこでしょうか?答えは最下段です。
IMG_0636-0410.jpg

こういうのってフアヒンのホテル以来だな〜
フアヒン/エアコンスイッチの不思議、Oh〜アメージング・タイランド♪
アメージングはタイランドだけじゃないね。

2、TV付き

3、コンセント

広めの部屋の割にコンセントが一つ(TVのコンセントに使用)しかない典型的な安宿。
IMG_0671-0410.jpg
そういうときに便利な三つ叉プラグ。
「変換プラグと三つ叉プラグ」は貧乏旅行には必携ね。

4、冷蔵庫なし

これはちょっと減点かな?

5、貴重品ボックス

部屋にはないが、フロント横にあった。使っていないので詳細は不明
IMG_0670-0410.jpg
基本的に、部屋に設置されている貴重品ボックスは危なっかしくて使う気は全くないが、結構使っている人が多いようなだね〜、危機管理ができてないと思うよ(高級ホテルでも、従業員による窃盗事件多発しているようだ)。
フロント横にある方が安全性は高いように思う。

6、その他
シャンプーとバスフォームはあったがその他のアメニティーはなし。
ドライヤーもなし。

《総評》

チャイナタウンのほぼど真ん中にあり、食べ歩きには超便利。
貧民窟に近い宿が多いチャイナタウンにあっては、ほどほどのレベル。
チャイナタウンにこだわり、それなりのレベルでリーズナブルな料金をお望みなら選択肢の一つになり得る。

予約はこちらから♪↓
Hotel Chinatown 2/ホテル チャイナタウン2

***

さて、「エアコンのリモコン探し」の答え。
IMG_0636-0410-1.jpg
棚の下に「隠されている」エアコンのリモコン。
身長182cmのオレからすれば完全な死角。
絶対に嫌がらせだなこれ・・・

このマレーシア旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017クアラルンプール(チャイナタウン)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017クアラルンプール(チャイナタウン) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT