fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NON-B VISAへの道(2)煮え切らない部長を脅してタイ出張をゲット♪

今日のタイ語

เซไค โนะ ยามะจัง セーカイ ノ ヤーマチャン=世界の山ちゃん
初めて名古屋で見たとき(20年くらい前?)は「名古屋にしかないのに何が世界の山ちゃんだ〜?」と鼻で笑っていたが、今や日本を含め5各国で店舗経営する「世界の山ちゃん」になって驚き。
「夢を語って邁進する」ことは必要だな・・・

มิโซะคัตสึ ยาบะตง ミソカスゥ ヤーバトン=味噌カツ矢場とん
タイ語には「ツ」の音がないのでคัตสึ khatswとかなり無理した表記になってる。「かつや」も同じ。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの話は↓を参照

NON-B(就労/ワーキング)VISAへの道(1)申請条件で大きな落とし穴にハマる

早速会社へこの事実を報告
VISA条件1217

しかし、オレは2019年5月まで滞在可能なNON-O(リタイアメント)VISAとリエントリーパミットを持っている。

つまり、Bビザを申請する前にタイへ行って現在有効なNON-O(リタイアメント)VISAとリエントリーパミットをキャンセルしてくる必要があるのだ。

煮え切らない部長の判断

10/末、メールでVISAを担当する部門の部長へ報告するとともに処置を仰ぐ。

しかし、待てど暮らせど返事がこない。
どーもこの会社は決断能力がかなり欠如しているようで、あらゆる問い合わせに対する答えがモーレツに遅いのだ。
何でもかんでも社長の決済が必要なのだが、その社長が不在がちという一面もあるのだろうけど、とにかく遅い。

3週間経って返事がないので痺れを切らせて督促すると、ようやく日時を決めて部長と会うことになる。

しかし・・・
うーんと言ったきり返事がない・・・
なんで〜???

温厚なオレ(‥ )ン? もさすがに頭にきて
「あの〜、お答えが出ないようですが、答えは2つに一つじゃないですか?つまり『この事態の原因は会社ではなく個人にあるのだから、自分で時間を作って自腹でタイに行く』か『そうは言っても、業務上必要なビザを取得するためには必要な処置なんで、会社の経費で行くか』でしょう?違いますか???」

さらに間髪入れず不満を込めて言い続ける
「この話を報告したのは1ヶ月も前ですよね?その時ならまだ安いチケットがあったので、欠勤して自腹で航空券を購入しても行けたんですよ。でもね、今は11月の末、すでにチケットは高騰を始めています。会社が回答を保留していたおかげで、自腹の航空券代が上がってしまっているんです。どーしますか?今返事ください!」

試用期間中の社員が、人事も担当している部長相手に言うことじゃないな(゚∀゚≡゚∀゚)

部長は困った顔をしながら
「じゃあ、そのー、とりあえず出張申請を書いてください・・・」

まったく・・・ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

結局この出張申請はあっさり認可され、12月半ばから移動日を除いて2日間の日程でタイへ行くことになった。
あの1ヶ月はなんだったんだ〜???┐(´д`)┌

さあ、2ヶ月ぶりのタイだ〜ヽ(´∀`)ノ

初めてのセントレアからの搭乗

日本にある国際空港で国際便を利用したことがあるのは
1、新千歳空港(出発のみ)
2、成田空港(出発、到着)
3、羽田空港(出発、到着)
4、関西空港(出発、到着)
5、中部空港(到着のみ)
6、福岡空港(出発のみ)
7、那覇空港(到着のみ)

中部地方の会社だから出発空港は強制的にセントレアになる。
つまり、出発は初めてなのだ。

今回の出張で会社が準備してくれたのは往復航空券と往路のセントレア行きのバスチケット。
航空券は会社指定の旅行会社経由手配で約7万円。
旅行会社経由だから「タイの入国書類」や「日本の税関申告書」まで作ってもらって至れりつくせり。

まるで農協ツアーのようだな〜(^∇^)

日本にも乗り合いロット・トゥがあった!

12/12
まだ日が昇らない早朝にバスに乗る。
が、来たのは意外にもロットトゥ(゚∀゚)

驚きました、日本にもロットトゥがあったとは〜
IMG_3867-1215M.jpg
IMG_3868-1215.jpg

乗客は7-8人で、皆出張者のような格好。
そりゃそーだよね〜平日だから(^∇^)

日が昇る頃にはセントレア着。
IMG_3871-1215.jpg

3時間半前に着いてしまったので、とりあえず平民のメッカ、カードラウンジへ
IMG_3874-1215.jpg
ここ、ビールは飲み放題なのだが朝から飲む気にもなれず、トマトジュースとコーヒー

IMG_3876-1215.jpg
時間になってチェックインカウンターに行ってみるとガラガラ
こりゃあ楽チンだね〜

さっさと搭乗券をもらって時間をみると、まだ2時間半もある。
上の階にレストラン街らしきものが見えたので行ってみると・・・
IMG_3878-1215.jpg
IMG_3880-1215.jpg
さすが名古屋〜
このほかにもきしめん屋やカレーうどん屋もあり、さすが名古屋って感じだ。

でも不思議なのは「名古屋名物・台湾ラーメン」とか「名古屋名物・台湾まぜそば」って看板がいっぱいあったこと。
なぜ名古屋の名物が台湾なの???
「名古屋名物まぜそば」ではなく「台湾」を頭に付けるのはなぜ????

もし本当に名古屋名物なら「名古屋まぜそば」がしっくりくるし、これが本当の台湾料理なら名古屋名物ってのも変だよね?

不思議だ〜

IMG_3879-1215.jpg
退税って言葉は初めて知ったのだが、これは上の英語の通り「税金払い戻し」という意味らしい。
免税は「税金分を支払わない」で、退税は「一度払った税金の払い戻しを受ける」の違い。

IMG_3881-1215.jpg
朝早かったのもあって、空いてる店が少なく結局SUBWAYのBLTで済ませた。
SUBWAYって日本人には人気ないみたいだけど、オレ的には結構好き。

さて、そろそろ出発しましょうかね〜

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| NON-B VISAへの道 | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハノイの定宿でトラブルで久々にブチ切れた、部屋を移っても移っても次から次に襲いかかる罠

今日のタイ語

กับดัก カップ・ダック=罠

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ついに赴任までカウントダウン開始♪
ど田舎生活ともオサラバで気分が良い(^∇^)

ただ、記事が全く追いつかない。。。
気合いでupしていく。

***

これから書くことは一泊2000円程度の安宿で発生したトラブルです。

安いものには理由がある。
つまり、この程度のトラブルは十分にあり得る範囲なのだが、二転三転したホテル対応にブチ切れてしまった。

こうならないためには、それなりの料金のそれなりのホテルに泊まる以外ないのだろうけどね。

まあ、一応備忘録として書き残しておく。

原因は雨

今回も定宿の3階の部屋に泊まった。
仮にAホテルとしておく。

部屋はまあまあだったけど、バルコニーの扉が施錠されていて少々不満だったのと、天井周りがむき出しの防火パネルのような物で覆われていた部屋だった。
IMG_3228-1221.jpg
IMG_3229-1221.jpg

写真写りは悪くないけど、かなりのボロ部屋だった。
まあ、20ドルだからこんなもんかね?

行きつけのビアホイ屋で飲んでいると突然の雨。
しばらく雨宿り兼ねて飲んでいたが、小降になったのでホテルへ向かった。
IMG_3242-1221.jpg

部屋に入るなり何かモーレツな違和感が・・・

ん?

足元をみると

すぐにフロントへ
「部屋で雨漏りがあります。まるでホアンキエム湖のようになってます」とまだまだ冗談を言う余裕があった。

実際に部屋を見てもらった時に「それでは別の部屋へ移ってもらいます」と言っていた。
準備が出来るまで荷物を持ってフロントで待っていたのだが、呼びに来た人はまた同じ部屋に連れて行くのだ。

「なんで〜?さっき部屋を変えると別の人が言っていたよ」

「今日は空室がないので、今日はこの部屋で寝てください。明日部屋が空き次第別の部屋に移ってもらいます」

確かに水浸しだった部屋は掃除されていたが、また雨が降れば同じことが起こることは明白だった。
それに「明日部屋が空き次第別の部屋に移る」というのもかなり疑わしい。こういう安宿の場合のこの言葉は「もし明日の夜まで空室ができたら」という意味で、もし他の客の予約や飛び込みがあったらそちらを優先してしまうのはほぼ明らかだった。

そういう経験を何度もしたからね。。。

「いやだね、この部屋に泊まるのは。また降ってきたら同じでしょ?今はまだ雨季だよね?」
「・・・・」

で、もう一度フロントへ行き別の人と交渉。

少し声のトーンを上げて「あのさー、同じ部屋には泊まれない、さあ、あなたどーしてくれる?」

「では、別の部屋をご用意します」
って???さっき全て満室って言っていなかったけ???
言えば出てくる打ち出の小槌か?(^∇^)

移った先にも罠が

階段を上って4階か5階の部屋へ案内される。
IMG_3250-1221.jpg

なんだかかなり長い間使っていな買った部屋のような匂い・・・埃臭い。
エアコンのスイッチを入れてもなかなか反応せず。

部屋の広さは問題ないのだが、やはりこの部屋もモーレツな違和感がする。
何だろう???

一応部屋をやバスルームを見てOKを出し、一人になってベッドに腰掛ける。

違和感が最高潮に。

部屋が妙に暑い・・・今エアコンを入れたばかりだからか?
外の雑音が妙に聞こえる・・・なんなんだ???

もう一度部屋を見回して音のする方向へ行ってみると・・・
IMG_3253-1221.jpg

カーテンで巧妙に隠された窓はガラスなし・・・

これじゃあエアコン入れても涼しくならないはず。

ここでブチ切れた。
すぐにフロントに行きさっきとよりも声のトーンを上げて

「あの部屋はなんだ?窓にガラスが入っていないじゃないか?雨風が防げないしエアコンも効かない。あんな部屋に泊まれるかー?」

「残る部屋は最初の部屋しかありません。戻りますか?」

「どっちも嫌だ。もう結構、部屋代を返してくれ(ホテルでの現金払い)。そしてこの事実をbooking.comへ報告しておくよ」

「分かりました、それでは隣のホテルに移ってもらいます」

まあ、もともと出て行く気は無かったのだが、頭にきて冷静さを失っていたのかな?
でも、結果オーライだった。

さらに移った先にも落とし穴が

隣のホテル(以降Bホテル)はどうも同じ経営者のホテルのようで、すんなりと案内された。
IMG_3263-1221m.jpg
IMG_3259-1221.jpg
IMG_3260-1221.jpg

部屋はAホテルと同じような感じ。
まあ、これならok

しかし、この時は暗くてよくわからなかったのだが、バルコニーには出れずさらに黒いネットで覆われていたので昼でも部屋が薄暗い、さらに床が埃だらけで素足では歩けず、しかも、水シャワーのみ。
IMG_3274-1221.jpg

雨漏りやエアコンの効かない部屋よりは断然マシなので結局ここで4泊した。

IMG_3272-1221m.jpg

***

最初に書いたように、安いものには必ず理由がある。
2000円程度の部屋はなんでもあり。

この程度のトラブル込み料金が2000円という料金になっているのだな。

しかし、何も言わなければ不安のままあの雨漏り部屋で4泊したことになり、リスク回避には2000円という料金を考えすぎて下手にホテルに対し忖度しないことが重要かな?
言いたいことは全部言おうヽ(`ω´*)ノ彡☆

この4泊中に雨が降らなければ全く気づかなかった欠陥。
運も悪かったのか?

大人の夏休み最後の旅、ホテルには振り回されたが美味しい物をたらふく食べて大満足のハノイ4泊5日でした。

さて、バンコクに帰るか〜

次回は最終話

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 05:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハノイな風景、御用だ〜!

今日のタイ語

ปิ้ง ピン=炙る
ほぼย่าง ヤーンと同じ意味で地方によって使い方が違う。

ปลาหมึก แห้ง プラームック・ヘン(ほぼパームック・ヘンと聞こえる)=イカの干物
ちなみにイカの干物はタイにも普通にあり、炭火で炙って延ばして(または叩いて)食べる。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

情けない話だが、4泊5日のタイ出張で疲れが出た。。。
4年前は弾丸、会社へ直行直帰を含めてこんなの普通だったんだけどね〜
年とったのかな〜?

まあ、ぼちぼち更新していくこととする。
まずはベトナム編を片付けよう。

***

さすが日本のスーパカブ!

ベトナムでは軽トラック扱い。
そんな酷使に耐えるニッポンのバイク、スバラシ♪
IMG_2604-1217.jpg
IMG_3359-1217.jpg
IMG_3337-1217.jpg

ハノイ式スルメの炙り

定宿の隣のカフェでコーヒーを飲んでいると、店のおっちゃんがスルメとポリ容器を持って店先へ。
IMG_3235-1217.jpg
金属製の皿にポリ容器からオイル(ベンジン?)を垂らし火を付けるとスルメを焼き始めた。

木の棒で叩いて仕上げ
IMG_3237-1217.jpg
ビールを飲んでいる客のおつまみだった。

頼めばなんでも作ってくれそう(゚∀゚)

おっちゃん元気かな〜?

定宿前の朝限定の路上喫茶
IMG_3265-1217.jpg
IMG_3264-1217.jpg
いつもは朴訥そうなおっちゃんだったのだが、今回はずーっとこの奥様(向こうを向いている人)だった。
あまり元気そうでは無かったのだが、全然姿を見ないとちょっと心配になるね〜

ハノイは変わる・・・

以前行ったインティメックスというスーパーマーケット。
ハノイには少ない本格的な総合スーパーだったのだが行ってみると跡形も無くなっていた・・・

ショック

IMG_3316-1219.jpg
完全に取り壊されて、跡地にはフォーシーズンズホテルが建つらしい。

まあ、たしかにホアンキエムこのほとりの絶好の位置にあったオンボロスーパーだったのでしょうがないね・・・
こうしてハノイも変わっていくのだろう。

と思いながら歩いているとド派手な建物にインティメックスの文字が。
IMG_3314-1219.jpg
移転していたんだね?

入ってみると中は以前と同じようなぼろっちい作り。
どーみても「仮店舗」にしか見えないけど、そう見せておいてこれが「本店舗」なんだろーねー、ベトナムでは。

市街地にある数少ない総合スーパー、お土産買いには便利ですよ♪

下のmapで元々「市場/買い物③」にあったのだが今は「市場/買い物⑤」に移転済み。


ハノイの警備員の武器は結構合理的?

最終日にイオンカラーの無料送迎バスに乗ってイオンモールに行ってきた。
IMG_3338-1219.jpg

ここへの行き方は↓の記事を参照。

AEON MALL Long Biên(ハノイ)に行く。無料送迎バスでの行き方+路線バス情報

ハノイのスーパーも全く日本と変わらず。
IMG_3347-1219.jpg

ショッピングモールとしてもほぼ完璧で、日本やタイと同じレベル。
全体的にセピア色の街ハノイに飽きたら、また暇つぶしにはもってこいだな(^∇^)

モール内の仕様はまさにニッポン
IMG_3353-1219.jpg
喫煙天国ベトナムでもちゃんと喫煙ルームがある♪

ただ大きく違うところは警備がやたらに厳しいところ。
基本的に大きなバッグを持って入るとやたらに警戒される。
前出のインティメックスの場合は荷物預かり所があってそこに預ける仕組みになっている。万引き防止?

ここではレジ袋も厳封されてしまう。
IMG_3350-1219.jpg
人間性悪説に基づいているようだね?

そんな跋扈する悪人にはこれでどーだー!
IMG_3348-1219r.jpg
IMG_3349-1219.jpg
日本の警備員は存在自体が大事で、基本的に悪人に立ち向かう教育は施されていない(特殊警備は除く)。
ベトナムでは「戦う警備員」が基本のようだ。
まあ、これが普通だと思うけど、ニッポンでやったら「客を犯罪者扱いしている」とか「恐怖を感じる」とかいうクレーマーの輩が現れて面倒くさそうだね(^∇^)

***

さて、ハノイでの「最後の大人の夏休み」の話もあと2話くらいでそろそろおしまい。
早く現在に追いつかねば・・・(°皿°;)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NON-B VISAへの道(1)申請条件で大きな落とし穴にハマる

今日のタイ語

การตรวจลงตรา ガーン・トゥルワット・ロン・トラー=査証、ビザ
วีซ่า ヴィサー=ビザ(英語)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ベトナムの話やその後の日本への移動、日本での生活等書くことが山ほどあるのだが、Bビザ関係の進捗もあるのでこの話を混ぜながら書いていこうと思ってる。

***

今回日本の会社に就職したことは既に書いた。
応募の条件はもちろん「タイ赴任」なので、赴任前にNON-B(就労/ワーキング)VISA、通称Bビザを取得しなくてはならない。

以前シリーズ化して書いた「NON−O リタイアメントVISA」については全部自力で取得した経緯を書いたのだが、今回のNON-B(就労/ワーキング)VISAは就労を目的としているので会社の援助がないと取得できず、そういった意味では完全自力でやるわけではないのだが、一応自分の備忘録とこれから取得しようとしている同じ条件の方々への情報提供という意味合いで書き残しておこうと思う。

目次:実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」「リエントリー・パミット」「90日レポート」への道

NON-B(就労/ワーキング)VISAとは?

タイへ入国するには、観光を目的としたノービザ制度(通常30日)以外には必ずVISAが必要だ。
まあ、これはどこの国でも同じ。

今回はタイで就労するためのVISAということで、在東京タイ大使館のHPを見てみると、Bビザには幾つかの種類があることが分かった。

(1)NON-B(就労/ワーキング)
(2)NON-B(業務/ビジネス)
(3)NON-B(教師)
(4)NON-B(アーティスト/興行)
(5)NON-B(業務3年)

ちなみにNONとはノンイミグラントの意味で、要するに定住者(移民)ではないということ。

この中で(1)と(2)はその区別が分かりづらいね〜
就労/業務/ワーキング/ビジネスって日本語ではほとんど同じ意味で使われるから。

その違いは(2)の滞在目的は「事業提携者との会合、専門的または事業集会、会議出席そして予め準備された専門的な仕事の遂行などの業務のため」といわゆる出張業務が中心で、(1)の中長期的な滞在を伴う就労と区別されているようだ。

今回オレが取得するのはもちろん(1)のNON-B(就労/ワーキング)。

後で詳しく書くが、このNON-B(就労/ワーキング)はあくまでも入国の条件として必要だということで、実際に就労するにはワークパミット(就労許可証、WP)が必要で、これはタイ入国後にタイ国内で取得する必要があり、たとえNON-B(就労/ワーキング)を持って入国できても、それだけで就労できるわけではない。

NON-B(就労/ワーキング)VISAはどこで取るのか?

ビザというものは基本的に、入国前に在外大使館で申請・取得するのが普通。
ただし「NON−O リタイアメントVISA」はノービザや観光ビザでタイ入国後にタイのイミグレーションでも取得可能で、実際にそうする人も多く、事実オレも入国後にイミグレで取得した。

しかし、NON-B(就労/ワーキング)は基本的に「日本で就労していた人が突然タイ赴任を命じられて取得する」という傾向が強いので、ほとんどの人は日本出国前に在日本のタイ大使館または領事館で取得すると思う。
もちろん、タイ国内や隣国(ラオスほか)でも取得できるらしいのでそうする人もいるだろうけど、オレはそれを実践していないのでこの場でその情報は書かない。

これから書くのは東京のタイ大使館で取得するNON-B(就労/ワーキング)の話である。

ということで、会社からの辞令が出る前にNON-B(就労/ワーキング)の必要書類を調べるため在東京タイ大使館のHPを見ていたのだが、とんでもない条件があることが発覚した。。。

NON-B(就労/ワーキング)VISA申請に必要な書類、条件

在東京タイ大使館のHPに記載されている内容をそのまま転記する。

1、有効な旅券 (有効期限が6ヶ月以上有効なもの、査証欄の余白部分が2ページ以上あるもの)
2、申請書 全ての欄を記入し、申請者が署名したもの
3、申請者カラー写真1枚 (サイズ 3.5×4.5cm)*申請書に張り付けてください
4、タイの将来の雇用主からの英文招聘状原本
5、経歴書  全ての欄を記入し、申請者が署名したもの
6、以前、タイでの就労したことがある申請者は、以前の就労許可書のコピー1部。

以上が日本国籍者に必要な書類なのだが、それ以外の国籍者には以下も必要となるらしい。

7、日本国籍以外の申請者は在留カードのコピーまたは外国人登録証明書コピー。また申請時に原本を提示。
8、航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要
9、タイ労働福祉省雇用部門発行のThe letter of consideration of` Work Permit“Form WP 3”

しかし、会社では「大使館の対応する人によって必要な書類が違うので・・・」ということで、上の1−9で取得可能なものについても準備しておくと言われた。
タイらしいね〜(^∇^)

注意:VISAについては以上だが、入国後のWP申請の際に「最終学歴の卒業証明書」を求められるらしいので、これは入国後に取り寄せようとするとめんどくさいので、VISA申請と同時に取得しておくように言われた。

尚、実際に必要だった書類については実際に申請した段階で結果として書き残すので、ここではこれに留めておく。

えぇ〜マジ〜???

在東京タイ大使館のHPに記載されている必要書類を見ていた時に驚きの事実を知ることになる。

それはこういう一文だった。。。

VISA条件1217

えぇ〜???
これはやばい!

そう、オレは2019年5月まで滞在可能なNON-O(リタイアメント)VISAとリエントリーパミットを持っているのだ!

ここではマイペンライは通じそうもないね?

ってことは一度タイに戻ってVISAとリエントリーパミットをキャンセルしなきゃいけないのか???
今は試用期間3ヶ月の身でもちろん有給休暇も無い状況(ただし、欠勤しても給与は変わらない身分)で、年末に向けて航空券の値段も上がり続けている状況(発覚したのは10/末)。

やばい!早く会社に報告せねば・・・

続く・・・

注意:NON-O(リタイアメント)VISAは「ノンイミグラントO-A(ロングステイ)」という名前に変わっているようだ。
←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| NON-B VISAへの道 | 07:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春巻きの具が気になるけど美味いから許す

今日のタイ語

ปอเปี๊ยะทอด ポーピア・トート=揚げ春巻き

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

昨日の夕方、2ヶ月ぶりにバンコクに入りました。
いろいろ違和感はあったのだけれど、アパートに入った瞬間「リタイアメント生活」の雰囲気に飲み込まれてしまい、ちょっとヤバいかな?と感じ始めました。

今回はあくまでも業務出張、流されずミッションコンプリートを目指します。
そもそも、業務出張でリタイアメント生活の拠点のアパートに泊まること自体、記憶を呼び戻し怠惰な生活に引きずり込まれるようですね〜、ヤバい(゚∀゚)

まずは’今日の朝ちゃんと起きれるか?

ブログも頑張って更新します(^∇^)



ハノイの基本中の基本

ハノイ三大料理のほかにもハノイに来たら行かなきゃソンソンというところがある。
IMG_3239-1212.jpg

そう、ビアホイ屋
ホーチミンやほかの都市にもあるが、ハノイはグラス一杯で飲める店が他の都市より多い気がする(ホーチミンではグラス5杯分くらいのボトル入りで出してくれる店に行ったことがある)。

雨の日にはこうして室内で・・・
IMG_3240-1212.jpg

晴れの日には外で小さいテーブル(というか椅子)で・・・
IMG_3365-1212.jpg

ここがオレのハノイで行きつけの店の店主
IMG_3366-1212.jpg

ノートには誰が何杯飲んだか書いておき、会計の時にノートで確認する。

IMG_3367-1212.jpg
ビアホイ一杯5000ドン(30円くらい?)

おっちゃん、難しい顔してるけど普段は優しいよ。
金が絡むと厳しい顔になるけど(゚∀゚)

酎ハイグラスで注がれる薄〜いビール。
薄いのは薄いのだが、一杯30円だから何杯でも飲めるし5杯くらい飲めばほろ酔いにはなるよ(゚∀゚)

この店は2016年にハノイに2度目に来た時以来毎回(来た時は毎日)通っているんで、このおっちゃんはもちろん奥さん、息子さんや常連客とは顔なじみ♪
この界隈じゃあ一番安いかな?5000ドンは。

2007年に初めてハノイに来た時はどこでも一杯2000ドン(当時15円くらい)だったけど、10年で2倍以上に上がったけどそれでも30円は安いよ。

日本で発泡酒を飲んでるおじさま方、ぜひハノイに来てみてください。
ビール天国です(^∇^)

ただ、グラスは基本飲み回し。。。
一応、水が入ったバケツにチャポント浸けるだが、洗う様子もなく水に浸けるだけで他の客に回すんで、そういうのがダメな人には無理かな???

バインセオ???

上のビアホイ屋では普段ピーナツ系(小皿で5000ドン)しか食べないのだが、今回は店先で美味そうなものを見つけた。
IMG_3319-1212.jpg
なんとなく南部のバインセオ風だよね?
揚げているけど。

聞いたら1個10000ドン(50円くらい)だというので2つもらうことに。
店先には揚げたものが並んでいたけど、頼んだら揚げ直して温めてくれたよ。

IMG_3320-1212.jpg

良くわからないけど中身は春巻きの具みたいだった。

ファランが通りすがりに興味を持って指差ししながら「チキン?ポーク?ビーフ?」とか聞いていたけど、店の人も客もだーれも答えず(゚∀゚)
しょうがないから「野菜とキノコっぽいよ」と教えてあげたら持ち帰りで買っていった。

味はまあまあで、ビアホイのつまみとしてはいいけどハノイ三大料理(フォー、ワンタン麺、フォーサオボー)と比べると普通だね。

春巻きはベトナムに限るけど具が気になる

定宿の近所にある揚げ物屋
IMG_3296-1212.jpg
ここでのオススメはカニ春巻き(メニューの下から3つ目)、15,000ドン(50円くらい)/個

毎回買ってるけど美味いね〜
少々油っぽいけど・・・

やっぱり春巻きは揚げが一番、且つベトナムが一番美味い♪

ただ一つだけ気になることが・・・
IMG_3298-1212.jpg
春巻きの手前のゴカイ?アオイソメ?

日本では釣りの餌にしか使わないけど、ベトナムの方々は食用にしている?
IMG_3297-1212.jpg

中身をよーく確認して(・_ ・)ジーッ
IMG_3301-1212.jpg
カニ以外は入っていないな?
ってか、入ってても分からん
もれなく入ってたりして(^∇^)

入ってても美味いから許す

次回挑戦!

もう一つ気になるものがあった。
これも定宿の隣にある出店のもの。
IMG_3318-1212.jpg
葉っぱに包んだあったかそうな食べ物。
おこわ系かな?

IMG_3318-1212-1.jpeg

昼過ぎに結構客が付いてたね?
おやつ代わり???

これは次回挑戦だな。

そうそう、おこわといえばハノイの名店ソイ・イェンが復活してたね?
IMG_3364-1212.jpg
今回は4泊5日と短く、ここまで手が回らなかったので次回あの「うまうまおこわ」をまた食べよう♪

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 05:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4泊5日では全然足りないベトナム・ハノイの食べ歩き、飲み歩き・・・

今日のタイ語

ต้นหอม トン・ホーム=長ネギ
หัวหอม フゥワ・ホーム=玉ねぎ

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

話がなかなか「現在」に到達しません。。。

ベトナム・ハノイの話を書いているけど、これは9月末の話。
その後、日本へ移動、会社に入社、会社での研修、中部地方の田舎暮らしと2ヶ月以上時間は進んで、今日から超短期のタイ出張に出かける。

海外出張はアメリカ6回、台湾1回に続く8回目だが、最後に行ったのが2003年の台湾出張だったので実に15年ぶりの海外出張だ♪

とは言っても、その後120回超タイに来ている(プライベート)ので新鮮さには欠けるけど、まあ会社の金で海外に行けるのはやっぱりイイね〜(^∇^)

日の出前の真っ暗な早朝から出発です。

行ってきま〜す♪

***

以下紹介する店の場所や店名はこのmapを参照。


ハノイのフォーの標準だが旨い店

フォーを食べるなら前出の、Phở Thìn フォー・ティン(map「フォーほか麺類②」)か、Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン(map「フォーほか麺類①」)がオススメなのだが、定宿からは結構距離がある。

なので、よく行く店の中で比較的近場で美味いのがこの店、Pho Vuiだ(map「フォーほか麺類⑦」)

IMG_3324-1209.jpg
IMG_3266-1209.jpg
IMG_3267-1209.jpg
IMG_3268-1209.jpg
IMG_3269-1209.jpg

ここも有名店のようで、8:00amごろ行くと席が埋まっていることが多いので、オレは大体7:00am行くようにしている。
この店の特徴は、他の店と比べて生姜が効いている気がする。

スープは絶品で間違いない。
たしか50,000ドン。

オススメです♪

安くて旨いが味は値段なり・・・

ここもよく行く店、というか路上で勝手に商売しているけど。。。

店名不明(map「フォーほか麺類⑱」)

IMG_3271-1209.jpg
IMG_3373-1209.jpg
IMG_3374-1209.jpg
IMG_3234-1102m.jpg
(最後の写真は昨年撮影)

まあまあの味で30,000ドン、と今まで紹介してきた名店に比べるとかなり安く、肉も大きめなのだが、安いものには理由がある。。。

そう、スープに化学調味料臭があるのだ。
名店のフォーを食べた後に食べると違和感ありありなのだが、そうでなければハノイのフォーとして十分♪
50,000ドンと言うのはハノイの庶民にとって朝食としては高めなんだろうか?毎朝結構な客が集まっている。

小さめの椅子に小さめのテーブル(というか椅子を兼用)で食べるフォー。
これぞハノイ〜♪ベトナム〜♪を味わえるのでまあ合格レベルかな?

ハノイの人たちは毎朝フォーを食べることができる世界一の幸せ者です♪

見た目に騙されたが肉団子が美味かった

基本的にハノイは美味いもの屋だらけなのだが、すでにお気に入りの店が多すぎてそれらの店を巡回するだけで精一杯。
常に新しい店、食べ物を物色してはいるのだが、見つけても「それってお気に入りの店のお気に入り料理を削ってまで食べる価値あるのか?」と問答してしまい二の足を踏むことが多い。

どんなに食べても1日4食が限度?5食はキツイからね〜(°皿°;)
ハノイを食べあるいていて一番悲しいのが「限度があるの自分の胃」なのだな。。。

そんななか、今回は初めての店に一回だけ入った。
店というより路上食堂だけど(^∇^)

Pho Vuiで朝フォーを食べた帰り道、気になる路上食堂があった。
IMG_3332-1212.jpg
IMG_3325-1212.jpg

map「フォーほか麺類⑲」

一見してBUN屋だとわかるのだが、何に興味を惹かれたのかというと、丼に浮かんだキュウリ?のようなものと、薄黄色に濁ったスープがなんとなーくカレースープに見えたから。
前日に食堂の前を通った時から気になっていた。

Pho Vuiで朝フォーで腹9分くらいだったが食べてみることに。
おねえさんにいろいろ聞かれたが言葉が通じないとわかると「ハイハイ」とか言って全部のせ?を出してくれた。
IMG_3326-1212.jpg
キュウリに見えたのは単なるネギだった。。。

IMG_3329-1212.jpg
スープは薄黄色に濁っているがカレー味などするわけもなく、ベトナムスタンダードの単なる超薄味スープ。
ちょっとがっかり。。。

IMG_3327-1212.jpg
BUNはなんだか食べ応えがないんだよね。。。フォーと比べると。

超薄味で旨くなかったので、唐辛子ほかの調味料をバンバン入れて適当に味を作って胃に流し込んだよ。

でもね、この肉団子が意外なほど旨かったのは書き残して置く価値がある。
IMG_3331-1212.jpg
鶏肉系かな?
あっさりしているけど、かなり旨かった。
黒いのがなんだか結構気になるけど。。。
こういうのは知らない方がいいのかもね(^∇^)

次回は麺屋以外の店です。

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 03:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハノイ三大麺のラストはもちろんコレ♪

今日のタイ語

แตงกวา テェーン・クワー=キュウリ
ดอง ドーン=漬ける
แตงกวาดอง テェーン・クワー・ドーン=キュウリの漬物

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

忙しいわけでは全くないのだが、どーも記事を書く気力が失せている。
これは「寒い・暗い・なーんにも無い」のど田舎生活三重苦による精神的なものだと思っている。

やっぱりオレはこういうなーんにも無い場所には住めないことを再認識したよ。
ビーチリゾート?高原リゾート?
そんなところは半日いたら飽きてくる。

オレが好きなのは人がいっぱいいて店もいっぱいあるところ。
ぐちゃぐちゃ過ぎれば過ぎるほど人が多いところがいいね〜
新宿の歌舞伎町のようにね(゚∀゚)

タイへ赴任してから新しいスタートが切れる!と待ち望んでいるのだが、なかなか辞令が出ずに中途半端状態。。。
1月早々に行ってもらうとは言われているのだがね。。。

まあ、今週はちょっとばっかりタイへ行ってくる(出張)予定なので気晴らしができるかな?(^∇^)

世界一の焼きそば

さて、ベトナム・ハノイの話に戻る。

ワンタン麺とフォーティンのフォーを食べたらもうこれ以上深入りは不要だね?
いやいや、大切なものを忘れているね〜

そう、これフォーサオボー
IMG_3249-1209.jpg
IMG_3247-1209.jpg
IMG_3248-1209.jpg
IMG_3246-1209.jpg

一応、世界三大焼きそばの第1位なのだが第2-3位が確定していない。。。

もうねー、朝食にフォーティンのフォー、昼食にワンタン麺、そして晩飯にフォーサオボーのサイクルで半年はイケるかな?
この3つを食べるためだけにハノイに来る価値は大ありだ〜

これを称して「ハノイ三大麺」と命名する。

ちょっと甘めのの味付けで野菜も牛肉もたっぷり
どこで食べても60,000ドンと少々値は張るがその価値は十分。

ベトナム料理は「薄味」か「甘々味」の2パターンしかないが、これは例外的に「濃い味」。
一緒についてくるスープみたいなもの(キュウリの浅漬け)はベトナムスタンダードの激甘なので注意。



上のお店はmapの「フォーほか麺類⑫」なのだが、本当に旨いのは「フォーほか麺類⑩」。
ただ、泊まっている宿から少々歩くので、最近はもっぱらこっち。

フォーサオボーを食べるときの注意

激ウマで晩飯には丁度良い(朝にこれを食べている人は少ない)のだが、一つだけ注意がある。
それは、たいていの店はかなりの大盛りで、コレ一食でお腹いっぱいになること間違いなし。

タイの少量料理に慣れていると面食らうくらいの量。
なので、これを食べた後にビール(ビアホイ)を飲むと気持ち悪くなるので注意が必要だ。

なので、ビールを飲みたいときは食べながら飲むか、先にビール(ビアホイ)で腹を満たしておこう。

次回以降は、このハノイ三大麺以外のものをまとめて紹介しよう♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 15:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これを食べずして麺を語るなかれ@フォーティン

今日の名言

The two most important days in your life are
the day were born and
the day you find out why

Mark Twain

人生で一番大切な日は
”生まれた日”と
”生まれた理由が分かった日”

マーク トゥエイン

今回のハノイ滞在は4泊5日。
まあ、一般的には普通の期間だがオレ的にはハノイには1週間はじっくり滞在したいと思っている。

見るところやることは全くなく、ひたすら飲み食いするだけなのだが、その飲み食いの選択肢が多すぎて1週間くらいはいないと満足できないのだな。。。

それに1日1度は食べなくてはならぬ店もあり、4泊5日では新しい店を開拓するのは結構難しいもんだ。

そんな食べ歩き。
今回のシリーズは日ごとではなく行った店ごとにまとめてみたいと思う。

フォーの王者、フォーティンとベトナムコーヒーはセットで・・・

もう何度も書いているので分かってはいると思うけど、ハノイに来たらここに行かねばハノイに来た意味がないほどの名店。
日本に来る外人はほぼ京都金閣寺を訪れると思うが、ここフォーティンは日本でいうと「金閣寺レベル」ということだ。←イミフ(°皿°;)

下記mapの「フォーほか麺類②」
第2話:ハノイ食べ歩き(1)【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル



初日の昼飯を食べにバスに乗っていく
IMG_3275-1202.jpg
ハノイの人にお茶は欠かせない。
それは運転中であってもね(^∇^)

もうねー、入る前から顔がニヤついていたよ
IMG_3281-1202.jpg

おっ、ここも値上げか〜
IMG_3280-1202.jpg
いきなり10%up

まあ、ここのフォーなら100,000ドンでも食べる価値はある。

IMG_3276-1202.jpg
IMG_3277-1202.jpg

にやけ顏ですするフォー。

もう言葉はいらない。
説明もいらない。
とにかく食べてみれば分かる、これを食べずに一生を終える人がいるなんて信じられない。
なんてなんてかわいそうな人達だろう。。。

これを食べるために生まれてきたのだ!とまで思ってしまう絶品←ちょっと違うかも?(゚∀゚)
せっかく生まれてきたのなら美味いものをたらふく食べたい、と思っている方々を必ずや満足させる。

世界三大麺のダントツ1位のフォーの中でもダントツに旨い逸品。

ニヤけた顔のまま店を出る。

あれ?ここ禁煙になったんだね〜?
IMG_3279-1202.jpg

喫煙天国ベトナムもついに陥落か?

ここを出たら交差点の斜め前のカフェに行くのがオレの定常業務
IMG_3282-1202.jpg

上記mapの「カフェ①」

ここで交差点をぼーっと眺めながらフォーティンの旨さを噛みしめるのだ。
IMG_3295-1202.jpg

至福のひとときだ。

注:美味い不味いは個人の嗜好の問題です。この記事はあくまでもDamascusの主観に基づいていますので注意。

つづく・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 06:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最初に向かったのはフォーではなく・・・世界三大麺堂々の筆頭次点

今日のベトナム語

Mỳ vằn thắn ミー・ワンタン=ワンタン麺
(ベトナム語は詳しくないので読みは当てずっぽうです)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

引き続き9月26日

9:00am、ハノイ着。
IMG_3225-1201.jpg
ほんとあっという間だね〜

いつもの86番バスでハノイ市街地へ
IMG_3226-1201.jpg

ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術【2】路線バス意外に良い♪《2017ハノイ(3)》

が、いつもの通り乗車してから車掌に30,000ドンを渡すと「あと5,000ドン」と言われる。。。
???

車内の料金表示を見ると・・・30,000→35,000ドンに値上げされていた。
IMG_3227-1201.jpg
一気に17%値上げか〜キリが良すぎるね〜

あとで市内の普通路線バスに乗ったのだが、こちらも値上げしていた・・・
IMG_3748-1202.jpg
6,000ドン区間が7,000ドンに。。。

ベトナムの銀行金利は10%前後だが、これじゃあ銀行に預けていても追いつかないね〜

定宿にチェックイン。
宿についての話はあとでたっぷり書くので、今日のところは省略。

ミー・ワンタン、堂々のランクイン

一服ついてまず向かったのは「フォー屋」ではなく・・・
IMG_3233-1201.jpg
そう、ミー・ワンタン(ワンタン麺)の店(下のmapの「フォーほか麺類⑰)

IMG_3231-1201.jpg
確か30,000ドン

フォーだけじゃない麺王国ベトナム(2)Bún Riêu/ブン・ズィエウとMỳ Vằn Thắn/ワンタン麺



早速いただきます〜

IMG_3232-1201.jpg

う〜ん、旨い!
ツルツルの細麺(米麺ではなく卵面=九州ラーメン風)
ベトナム料理らしくかなりの薄味なのだが、香り高いスープ
ワンタンもプリプリだし、その他にも具沢山でワンタンが見えないね〜?

幸せ〜

もうねー、これはもしかしたらフォーを超える美味さかも。。。。

ということで、今更ながらDamascusが決める世界三大麺の筆頭次点に加えることにした(2018年9月現在)。

1位:フォー(ベトナム)
2位:カオピアック(ラオス)
3位:カオソーイ(ラオス)*注1
(次点)ミー・ワンタン/ワンタン麺(ベトナム)
(次点)讃岐うどん(日本)
(次点)クワイジャップ・ユアン(タイ)

*注1:タイ北部のカレーラーメンではありません。

文句無しのランクイン♪

現在2位のカオピアックは名店ナムプコーヒーがなくなった(業種替え)ので、陥落は近い。
次回、再度食べ比べてみた結果ではミー・ワンタンが2位か3位に躍り出る可能性大だ。

皆さんも、ぜひ食べに来てください!
激ウマですよー

さすが麺王国ベトナム!
他の追随を許しません。
上の6麺中5麺がベトナムまたはベトナム系の麺料理です。

バンコクからわずか1時間半、1万円程度(往復)でこれが食べられると思えば安い!!!

満足満足、最後の最後に食べられて幸せだ〜

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“大人の夏休み”最後の旅《第二弾》♪最後はやっぱりハノイで〆だね

今日のタイ語

วันเกิด ワン・クゥート=誕生日

จิ้มจุ่ม チム・チュム=イサーンの鍋物
基本的にはสุกี้ スッキー=いわゆるタイスキと同じ。
違いは分からない。。。鍋が違うだけ???タレが違うだけ???

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

A市のA社に入社して既に1ヶ月半が過ぎた。
まあ、いろんな問題を抱えている会社だということを肌身に感じてきたが、タイに行けばそんなしがらみがかなり薄まると期待しているんで、早くタイへ赴任したいと思っていた。

そんな時「6ヶ月の研修を3ヶ月に切り上げて、来年早々タイに赴任してもらう」という話が出てきた。
まったく計画性のない会社(オーナーの意向が全てで、気分次第で方針がコロコロ変わる。そして決断が遅い=オーナーの意向を確認するためなのか?部長といえども権限がなさすぎ)で嫌気がさしてきたが、タイに行くことを考えればガマンガマン(^∇^)

ということで、日本滞在も残すところあと1ヶ月ほど。
当ブログの記事はいまだに9月なので、このままでは日本に行くまでの記事が日本にいる間に終わらない可能性も?(゚∀゚)

ブログの題名を変えようと考えているのだが、記事が追いつくまではそのままにしておく。。。

***

“大人の夏休み”最後の旅《第一弾》を9月24日に終わらせてバンコクに帰ってきたばかりなのだが、途中のビエンチャンでカオピアックとカオソーイ(ラオス)を食べた時に思いついた「ベトナム・ハノイのフォー」。

やはり“大人の夏休み”最後の旅に世界三大麺を食べる、まさに総決算そのもの。

さあ!最後の最後はハノイで美味いもの食って夏休みを〆よう!

ナーンに滞在中に早速ググって発券したのがこちら
IMG_2887-1201.jpg
9/26 ドンムアン→ハノイ
9/30 ハノイ→ドンムアン

クレカより手数料が安いので、セブンイレブン払いで発券。

この後は
10/2 ブロ友さんとの会食
10/4 ドンムアン→成田
10/10 前の会社の仲間たちと会食
10/12 神奈川→A市へ移動、会社の寮に入寮
10/15 A社入社

と煮詰まったスケジュールだ。
充実してるね〜

ハノイ行きの往復料金は2780バーツ(総額)、1万円くらい?まあまあ安いほうだ。
エアラインは親会社がちょっとやばい「タイ・ライオンエア」
そういえばこの後の10/29に親会社の飛行機が落ちたね・・・

まあ、そういったリスクは大いにあるのだが、タイライオンエアのいいところは受託手荷物料金込みだということ。
基本:国内線10kg、国際線20kg、機内持ち込みは7kg

エアアジアほかと料金が同じなら断然利用価値あり。
頻繁に比較していると、8-9割方エアアジアとほぼ同額か安い。
もっぱら最近のお気に入りで、“大人の夏休み”最後の旅《第二弾》の往路にも利用した。
最近日本線も就航するようだね?
おすすめですよ♪

***

メーホンソーンから戻った翌日、ハノイへの出発の前日は・・・
IMG_3205-1201.jpg
最近は「あれっ?昨日誕生日だった〜?」なてことは絶対無いね。
祝ってくれるのはFB、Twitter、LINEだけだけど(^∇^)

と言うことで、出発前日は近所のチムチュム屋で独り誕生会&独り壮行会

IMG_3204-1201.jpg
IMG_3203-1201.jpg

早起きの練習も必要だな(^∇^)

9月26日

7:10amのハノイ行きに乗るため、4:45amにはドンムアン空港着
IMG_3211-1201.jpg
サラリーマン再開に向けて早起きの癖をつけておかねばね?(゚∀゚)

タイ・ライオンエアーのチェックインカンターはガラガラ
IMG_3208-1201.jpg

荷物は軽めに・・・と思っていたけど結構いってるなー
IMG_3207-1201.jpg
お土産たっぷり買う予定なんで大丈夫かな〜???

7:10発ハノイ行き
IMG_3220-1201.jpg

朝日を浴びるタイ・ライオンエアー
IMG_3221-1201.jpg
君〜、しっかり頼むよ〜

座席間隔はエアアジア並みだが、1時間半程度のフライトなんで問題無し。
IMG_3223-1201.jpg

座席指定もしなかったけど(いつも)、エコ普通席の最前列の通路側だった。
IMG_3224-1201.jpg

さて、午前中には宿に着くからまずは朝飯兼昼飯で行くのはあの店だな〜
フライト中よだれが止まらなかった(^∇^)

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ハノイ【1】9月 | 06:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT