fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロンドンの超おすすめホテルとHaysの街、ロンドン在住の気分に浸れるかも?(2)Haysの街①選ぶ楽しみがあるスーパー

前回の記事で「ロンドン在住・ロンドン勤務」「ヘイズの街に住んでいる」気になれると書いたHaysにあるBWAホテル。

このHaysの街についてちょっと書いておこう。
ちなみにHaysはヘイズと読むが、ヘーズと書かれていることが多い。

ローケーション

ロンドン中心部の主要駅の一つ「ロンドン・パディントン駅」まで12マイル(約20km)、「ヒースロー空港駅」までは3.5マイル(5.6km)の位置にある「Hayes & Harlington(ヘイズ・アンド・ハーリントン)駅」が最寄りの駅。

ヘイズは駅北側、ハーリントンは駅南側に広がる街で、両街の真ん中にあるからこういう駅名になったんだと思う。

これ、東京で言えば蒲田あたりかな?(ヒースロー空港とパディントン駅を、羽田空港と東京駅に置き換えた場合)。
そう聞くと「便利な場所」だってことが分かるでしょ〜?

Haysの街並み(スーパー、雑貨店)

駅から北への道沿いは商店街

ホテルがその北への道を歩いて10分くらいだから、毎日商店街を歩いた。

ここが街の入り口であるHayes & Harlington(ヘイズ・アンド・ハーリントン)駅
IMG_1453-0510.jpg
新しい駅舎の工事中のようだった。

ロンドン市内中心地の地下鉄には必ず改札口があるが、National Railの駅の多くは改札口がない。
みんなsuicaと同じオイスターカードを持っていて、駅の出入り口付近にある読み取り機にかざして出入りしているだけ。
(オイスターカードはこの駅までしか使えないらしい。ちなみに、この駅でオイスターカードを買う場合は、道を渡ったところにある売店でしか売ってない。)

駅前のテスコ・エクスプレス
IMG_1437-0510.jpg
IMG_1437-0510-1.jpg
テスコ・ロータスじゃないよ(笑)


💡豆知識①
タイにあるスーパーマーケット・チェーン、テスコ・ロータスは英テスコとタイのCPグループとの合弁会社。

💡豆知識②
日本競馬界に燦然と輝く名種牡馬、テスコボーイの馬主がテスコ創業者だった。
トウショウボーイが代表産駒、その他にサクラユタカオー。
母の父としては、クシロキング、ゴールドシチー、アイネスフウジン、イソノルーブルと当時を沸かせた名馬がいる。


ここはエクスプレスと付いているように、テスコ・ロータス・エクスプレスと同じ大きめのコンビニ?小さめのスーパー?
生鮮食料品から食べ物ならなんでも揃ってる。

「何にしようかな〜」という選択肢はタイは足元にも及ばない。
IMG_1573-0510.jpg
IMG_1572-0510.jpg
ワインの種類も多いく冷蔵・冷凍品の品揃えが立派。
やっぱり、こういうところはタイとはレベルが違うってところだな。

久々に「選ぶ楽しみ」を味わった(笑)

IMG_1574-0510.jpg
黄色いシールはタイのテスコロータスと同じで「値引き価格シール」。

ここには到着した日の夜にワインを買ったり(時差ぼけ対策薬)、朝出かける時に朝食買ったりで毎日通っていた。
IMG_1199-0510.jpg

特に朝は焼きたてのパンや、前の晩からの残り物の黄色いシールを狙ってね(笑)
IMG_1575-0510.jpg
が、具はいいけどパンがいただけないね〜

そしてもう一つ、何度か通ったのがPoundlandという100円ショップならぬ1ポンドショップ。
IMG_1439-0511.jpg
最初知らずに入った時は「値札」がなくて???だったんだけど、「2個で1ポンド」とかという商品もあって、あぁ〜そういうことか〜と気づいたよ。

1ポンドっていうと140円くらいだから日本よりは高めだけど、タイのダイソーよりは安いし品揃えは日本の100円ショップと遜色がない。

で、こういうスーパーってほとんどが無人レジなんだよね?
日本でもイオンにある(イギリスのシステムとほぼ同じ)、イギリスのスーパーは有人レジがない(あるけど従業員がいない)店が圧倒的に多かった。
IMG_1440-0511.jpg
最初は戸惑ったけど1回やってみれば楽勝♪
モニターで「はい次はXXしてください」ってマンガ+字幕付きで出てくるんでわかりやすい。
戸惑ったのはお金を入れる場所が分からなかっただけ(笑)

2014年にロンドンに来た時は、市内中心部のボロ宿に泊まっていたけど、中心部だったんで周りのカフェや店の商品の値段に驚いた(高すぎて)が、住宅街のスーパーは日本とそれほど変わらない価格だっていうことに気がついたよ。

Heysに泊まったおかげかな?

***

この街の人種構成は6−7割りが移民系(インド・パキスタン系、アラブ系)って感じ。
なので、街中の雑貨店や食堂はインド・アラブ系が多く、店主や店員の多くはその筋。

リカーショップってなんだかアメリカでもインド系が多かったけど、ここでもそう。
こんな感じの雑貨店がいたるところにあった。
IMG_1450-0522.jpg

モバイル店でsimを買って、こういう店でチャージ(top-up)できるし、深夜まで営業しているんで便利だった。
いわゆるコンビニはなかったけど、こういう雑貨店がいっぱいあれば十分だね?

雑貨店の中にはこういったアラブ系?フルーツ屋も多く、ここもなぜだか夜でも営業中。
IMG_1198-0522.jpg

今のイギリスでの移民系の割合がどうなのか?は詳しく知らないが、この街はかなりの比率を占めていて、ほとんどインド・アラブ系に占領されているといってもいいかも?
Brexit(ブレグジット)を実感させられたね〜

4泊5日の昼以外はこの街を歩いたけど、ターバン巻いたインド人が多いけど普通のイギリスの街。
特に不安になる要素は全くなかった。

いい街だよ♪



このイギリス旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017イギリス(Clouds Hill) | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/05/23 07:34 | |

Re: 残念でした

内緒さん
了解しました。
戻りは成田になるか羽田になるか未定ですが、成田の場合は極力ご連絡いたします。
ご自愛ください。

| Damascus | 2017/05/23 10:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1013-a5b78ed7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT