脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

《検証》日本(成田・羽田)→タイ(スワンナプーム・ドンムアン)へ自転車を運ぶにはどこのエアラインがいいか?

自転車関係の記事が続き、うんざりしている方も多いとは思いますが備忘録なので我慢してください。
IMG_2301-0602.jpg

日本(成田・羽田)→タイ(スワンナプーム・ドンムアン)へ自転車を運ぶにはどこのエアラインがいいか?

大切な自転車、ダンボール箱に入れても乱暴に扱われれば損傷も覚悟のフライト。
日本→タイ間には多くのエアラインが飛んでいるが、「直行便」と「乗り継ぎ便」に大別できる。

乗り継ぎ便は搭乗者はもちろん、荷物も中継場所で載せ替えられるため損傷の確率が上がる。
ただでさえデリケートな自転車を運ぶにはその確率が少しでも少ない「直行便」を選びたくなるのではないだろうか?

以前は米系(デルタ・ユナイテッド)も飛んでいたが、現在東京→バンコクを飛ぶ直行便(定期便)は以下の5社しかない。
全日空、日本航空、タイ航空、エアアジアX、ノックスクート

では、このうち自転車を運ぶにはどのエアラインがいいのか?
ノックスクート以外は以下の記事で詳細を書いたが、簡単にまとめてみよう。

《国際線》で海外へ自転車を持って行こう♪制限、料金エアライン比較(付録:海外で自転車盗難?クレカ付帯の海外保険の補償範囲)

日本(成田・羽田)→タイ(スワンナプーム・ドンムアン)直行便比較

1、全日空

(1)運賃
日本在住者がタイへ旅行する場合は往復で発券する場合がほとんどで、平均的に60,000円程度。
だが、オレのように片道発券者(または2-3ヶ月間隔)は超高額な運賃になってしまう。
例:片道運賃=20万円超(普通運賃)

(2)受託手荷物(エコノミークラス)
46kg、ただし1個あたり23kgを2個まで。自転車も受託手荷物に含む。

(3)自転車梱包サイズ
三辺の和が292cm(115インチ)以内、重量が45kg(99ポンド)以内

2、日本航空

(1)運賃
全日空と同じ

(2)受託手荷物(エコノミークラス)
46kg、ただし1個あたり23kgを2個まで。自転車も受託手荷物に含む。

(3)自転車梱包サイズ
三辺の和が203cm(80インチ)以内、重量が32kg(70ポンド)以内

日系2社は運賃が論外で対象外となる。

3、タイ航空

(1)運賃
片道運賃は50,000-60,000円程度(時期による)。

(2)受託手荷物(エコノミークラス)
30kgで個数制限なし、自転車も受託手荷物に含む。

(3)自転車梱包サイズ
梱包サイズは特に明記なし。
参考までに「箱の外寸は136x21x72cm、三辺の和が229cm」の場合受託okだった(電話で確認)。

運賃がちょっと高いし、受託荷物総重量がちょっと少ないが選択肢に入れてもいいレベルか?

4、エアアジア

(1)運賃
最安10,000円前後(受託手荷物料金は別)

(2)受託手荷物(エコノミークラス)
20kg=3,900円〜40kg=7,900円まで(ただし1個32kgまで)、個数制限なし、自転車は別途手数料要。

スポーツ用品特別料金が必要
20kg=3,000円〜40kg=6,500円(ただし1個32kgまで)

(3)自転車梱包サイズ
最大の一辺の長さが277cmまで(*1)、重量はスポーツ用品特別料金で指定した範囲内。

(*1)最大の一辺の長さのこと。極論すれば277cm角の巨大な箱まで大丈夫。エアアジアのコールセンターで確認済み。
ただし、国内輸送(自宅→空港の宅配便・電車・バス)でこのサイズ(277cm)はほとんど輸送不可だと思われる。

これはトータルコスパでなかなか優秀

5、ノックスクート

(1)運賃
最安20,000円前後(受託手荷物料金は別)

(2)受託手荷物(エコノミークラス)
20kg=3,520円〜40kg=7,200円まで(ただし1個32kgまで)、個数制限なし、自転車も受託手荷物に含む。
HPから確認

(3)自転車梱包サイズ
サイズについての記載はどこにもない。
コールセンターに何度か電話したが全くつながらず。これじゃあ利用したくても利用できないね・・・
エアアジアとの差は大きい。

参考:スクートで日本⇔台湾で自転車を運んだと言う記事は見かけるので、おそらく通常のロードバイク程度のサイズ(両輪取り外し)は積載可能と思われるが、確認取れない以上利用できない。

悪くはなさそうだが、詳細が不明で手が出せず。コールセンター業務を大幅に改善する必要がある。

結論

これはもうエアアジア一択。
過去、もう二度とエアアジアの日本/タイ線には乗らないと宣言したが、ここは完敗です。
Thai AirAsiaX(タイエアアジアX)で初のタイ→日本/エアライン評価は?

ちなみに、6月の某日で予約した場合の運賃は以下のとおり

運賃(諸税込み):  11,900円
手荷物(30kg):   5,900円
スポーツ用品(20kg):3,000円
合計:20,800円、安い♪(クレカ手数料、座席指定料は含んでいません)

エアアジアさん、よろしくお願いします。。。

さて、箱を手に入れに行こう♪

《関連記事》
《国際線》で海外へ自転車を持って行こう♪制限、料金エアライン比較(付録:海外で自転車盗難?クレカ付帯の海外保険の補償範囲)
《検証》タイで買った自転車を日本に持って行くには、これだけ面倒な準備しなくてはならない!出だしからつまずく
《検証》日本から海外(タイ)へ自転車を持っていく方法、逆コース(タイ→日本)より面倒なことが分かった

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 飛行機で自転車を海外へ運ぶ | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1024-ef98636a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT