脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

初めての落車・転倒で気が滅入ってます・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プラダンで輪行箱220サイズ自作♪これでバンコクに帰りましょう♪オマケ(箱に貼る注意書き)付き

みなさんうんざりの自転車ネタです。

こういうネタは他でやれ!って声も聞こえてきそうだけど、日本→タイ(または他国)へ自転車を輸送するには避けて通れない話。いつか誰かの役に立つことを信じて、いや自身の備忘録として書きます。

***

タイから日本に自転車を持ってくる方法(国内輸送含む手順)
《検証》タイで買った自転車を日本に持って行くには、これだけ面倒な準備しなくてはならない!出だしからつまずく

日本からタイへ自転車を持って行く方法(国内輸送含む手順)
《検証》日本から海外(タイ)へ自転車を持っていく方法、逆コース(タイ→日本)より面倒なことが分かった

自転車を乗せるエアライン情報
《国際線》で海外へ自転車を持って行こう♪制限、料金エアライン比較(付録:海外で自転車盗難?クレカ付帯の海外保険の補償範囲)
《検証》日本(成田・羽田)→タイ(スワンナプーム・ドンムアン)へ自転車を運ぶにはどこのエアラインがいいか?

と書いてきたが、いよいよ大詰めの出国日が近づいてきている。
ギリギリ行動派を自負しているオレだが少々焦ってきてはいる。。。
上の記事で、
《日本国内輸送》=JAL ABC
《エアライン》=エアアジア
《タイ国内輸送》=空港タクシー

と決まったが、梱包する箱がまだ未入手なのだ。

上のリンク先の記事でも書いたが、通販で買う=高すぎる、自転車屋でもらう=ちょうどいいサイズがあるかどうかは運、自作する=面倒の三択があるが、近くのサイクルベースあさひに聞いてみたら「大き目の箱はないです。次回いつになるかは未定だよ」とのことで、ギリギリ行動派のオレもついに立ち上がった。

そう、箱を自分の自転車に合わせた寸法で自作するということに。

プラダンで輪行箱自作

■プラスチックダンボール(プラダン)で輪行箱自作

ググってみると色んな方が自作しているのが分かり、図面まで公開されている方もいた。
特にNo Bike No Lifeの管理人さんはすごい。
この方の記事・図面は大いに参考にさせていただいたが、サイズだけは自分の自転車に合わせて作図した。

■航空規格203cmは本当か?

上の記事の方もそうだが、輪行箱を製作・販売しているコーワという会社でも重要視している203サイズ、つまり三辺の和が203cmが近年航空輸送での規格(上限)になりつつあるということだが???

オレが調べた限り(日本/タイ直行便5社)、この203サイズを上限にしているのはJAL1社のみ。
残り5社は
ANA:292cm
タイ航空:上限は不明も230cmクラスでも問題ないとの回答だった。
エアアジア:1辺の最大が277cm
ノックスクート:不明

JALにこだわりがある人以外、このサイズにこだわる必要なさそうだ。
あとは、自分が行く目的地へ飛んでるエアラインのHPで確認、記載なければ直接エアラインに聞いてみよう。

■日本国内輸送上限240cmが一応の目安。

203cmにこだわる必要はなくても、日本国内輸送(自宅→空港)の上限がほぼ240cm。
220cmだと240cmより宅配費が1500−2000円くらい安く済むので、220cmを目標として自分の自転車のサイズを測定。240cmを超えると、たとえ輸送できる会社があったとしても、個人での契約では相当な高額になるはず。

結果、箱の内寸が1200x720x230cm=215cmあればイケると判断。
4m厚のプラダンで作るので、外寸220cmはクリアできる見込みが立った。

ただし、①前後輪②ペダル③シートポスト④ハンドルは間違いなく外す必要があり、入れ具合ではリア・ディレイラーとフロント・アウターギアを外した方がいいかも?ってな構想だった。
対象自転車:cannondale caad 8、56サイズ
IMG_2374-0609r.jpg

図面を書く

■内外寸法の差はどう計算したら良いのか?

最初は単純にプラダンの厚み4mmを考慮すればいいと思っていた。
確かに木材やプラの貼り合わせ構造であればそれで間違いないのだが、このプラダンの曲げ+接着構造だとそう単純ではないのかも?と思い始めた。

どういうことかというと、たとえばプラダンを折り曲げる位置に線を入れて内側に折り曲げると・・・
IMG_2375-0610.jpg
上が順目(プラダンの筋に沿って曲げる)、下が逆目(プラダンの筋と直角に曲げる)

IMG_2380-0609rrr.jpg
順目(黄色の→の先が線を入れたところ)
かなり内側にめり込むので、内寸は厚さ4mmのうち3mmほど短くなる、一方外寸は厚さ4mmのうち1mmほど長くなる。
外寸の1mmは誤差の範囲なので「線引きして内側に折り込むとほぼ外寸になる」ってことだ。

IMG_2378-0609.jpg
逆目もほぼ同じ結果。

サンプルは2個で、折り目の位置によって違いはあるかもしれないが、まあ大体こんなもんだと理解した。

やってみなくたって分かる!こんなの当たり前だって???
オレってギリギリ行動派だけど、やる時は結構慎重派なのだな(笑)
完全主義者ともいえるかも?

切り出し寸法はあくまでも自分の自転車+タイヤに合わせてくださいね。

組み立て

これを元に、1820(ℓ)x910(w)x4(t)mmの素材を3枚購入。
買ったホームセンターでは素材切りをしてくれるので、本体(2つ)と蓋(1つ)分を切り出してもらった。

ちゃっちゃと切って、折り目をつけて組み立てていって・・・

完成〜♪
本体とフタを別の色にして、美的にもナイスな箱完成です。
「完成の感激に浸りすぎて写真はなし」
所要時間3時間程度。

オレも「横への対荷重対策として三角柱」を考えていたけど、この方は一体成型でこの三角柱を作る製法。
素晴らしい♪

図面や組み立て方は前出のリンク先の記事が詳しいのでここでは省略です。

梱包

まずは①前後輪外してリアにはエンド工具を装着、②ペダル③シートポスト④ハンドルを外して入れてみるとすっぽり♪
当たり前だが完璧な寸法。
IMG_2386-0611.jpg

ハンドルの収納位置は試行錯誤の末この位置で固定(長さに余裕があったので)。
フレームはどこが何に当たるか不明なためダンボール等で保護し、チェーンもポリ袋で覆った。
IMG_2388-0611.jpg

最後はこんな感じ
IMG_2392-0611.jpg

最初は逆さで収納したが、重心が上に来る(クランク等が重い)のでふらつきがあって安定性に欠ける。
コンパクト設計のため、箱の幅を狭くしたのが裏目に出たか?

今度は普段の上下の通りで収納。こっちの方が良さげ。
IMG_2389-0611.jpg
自転車のふらつきを抑えるため、他の収納物等でふらつきを抑え完成♪

特に活躍したのがこれ
IMG_2394-0611.jpg
12ロールで300円くらいの安物トイレットペーパーを買ってきた。
何に使ったのかって?

緩衝材兼安定材

二つくらいスーパーのポリ袋に入れて緩衝材代わりにした。
IMG_2390-0611.jpg
IMG_2393-0611.jpg
(両面テープで底に貼り付けてある)

これは単なる旅行者には思いつかないアイデアかな?と自画自賛(笑)
バンコクのアパートに着いたらポリ袋から出して使えるからね♪無駄にならない究極のエコ緩衝材だ!

底の薄さが気になったので、フタをもう一つ作って補強しようと思ったが今回はやめた。

バンドで締めて、注意書きを貼って最終確認。
IMG_2395-0611.jpg
(写真は注意書きは貼ってません、PPバンドは最終的に適切に切断済み)
完了です。

反省と次回の対策

1、三辺の和を220cmにするために、幅を24cmにしたのだが結果的にこれはギリギリだった。
フレームサイズばかりに目が行き、ホイール(タイヤ)収納を考慮してなかったというか、ホイールシャフト部の出っ張りに意外に難儀した。

最終的にはダンボールを側面に当てて、極力突起部が箱を貫通しないようにしたのだが、やはり箱自体がかなり膨らんだ感じになってしまった。

また、箱は自立するのだが、やはりちょっと心もとない。。。
最低30cmはほしいところかな?

2、蓋と底の補強
最後にバンドがけをしたのだが、やはりかなり食い込んでいる。
一応バンドが通る角にはダンボールの破片で補強したが、ここは次回対策を取らないといけない。。。

***

日曜日に福山通運が引き取りに来た。
まずは無事に成田まで運んでくれることを祈ってます♪

No Bike No Lifeの管理人さんに感謝。

《おまけ》
最終的に箱に注意書きを貼り付けたのだが、この注意書きの「英語」「タイ語」「日本語」版を下記に貼り付けておく。
印刷して使ってね♪
タイ語
注:女性の場合はครับค่ะに直したほうがいいかもしれないけど、まあ意味的には同じなので気にしなくてもいいかも?
めんどくさかったら末尾のนะครับを消しちゃってください。

英語
日本語
(各国語とも書いてある内容はほぼ同じ)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 飛行機で自転車を海外へ運ぶ | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1028-a66dc534

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT