fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

"イギリスの敵"をこよなく愛するオレ。ナチス、サダーム&サムライ@帝国戦争博物館

ロンドンに来たらもう一か所行きたい所があった。

それが帝国戦争博物館
ここは2014年の訪英時に行こうと思っていたのだがこの時は休館中だった。
img_2-0706.jpeg

25年目のロンドン(9)ベタな観光スタート①

セントポール大聖堂の見学を終え、Googlemapで検索(この時はsimを購入済みだった)すると、すぐ近くから帝国戦争博物館近辺に行くバスを見つけた。
IMG_1348-0707.jpg
非常にわかりやすいバス停表示。
タイと比べるのは失礼とは思っても、やっぱり便利だね〜

IMG_1346-0707.jpg
初めての2階建てバス?

IMG_1349-0707.jpg
と、かなり期待したが来たのは普通のバスだった。。。
残念。
IMG_1350-0707.jpg

途中でみた景色
IMG_1370-0707.jpg
IMG_1408-0707.jpg
IMG_1409-0707.jpg
やっぱりヨーロッパに自転車はよく似合うよ♪

***

着きました♪
IMG_1412-0707.jpg
IMG_1411-0707.jpg
海外の博物館って結構無料のところが多い。
あの世界の宝を貯蔵している大英博物館だって無料だからね〜
こういうのは日本も見習った方がいいよ。

IMG_1419-0707.jpg
イギリスの名機、スピットファイヤー

IMG_1417-0707.jpg
東部戦線でドイツ軍が苦杯を舐めたソ連が誇る名戦車T34
ドイツ軍の戦車の方が圧倒的に格好いいし、性能も上だったけど。

やっぱりソ連製は鋳造品の仕上げが荒いね?
IMG_1416-0707.jpg

下はハノイで見たベトナム戦争時のソ連製戦車T54戦車の砲塔。
IMG_5885-0129.jpg
同じだね?

杜の都ハノイ(7)ベタな観光スタート。やっぱりガイドブックはちゃんと読まなきゃダメだね・・・

日本は基本的に戦争しない国だから、兵器関係も全部ピカピカツルツル(笑)
見えないところまでピカピカに磨いていて、まるで美術品の様。

***

話を博物館に戻そう。
展示物はいっぱいあったのだが、興味深かったものだけ紹介しよう。
IMG_1421-0707.jpg
これは迫力あったね〜、在りし日のサダーム。

IMG_1420-0707.jpg
こんな解説付いてるけど、これって泥棒ってこと?
なんだかサダームを悪魔の様に書いているけど、その後起こった(今尚収集つかない)イラクの現状をどう説明する?イギリスさんよ。

サダームが生きているときにイラクに行きたかったね〜
カダフィが生きているときのリビアにも・・・

***

これもすごいコレクション
IMG_1427-0708.jpg
IMG_1429-0708.jpg
IMG_1428-0708.jpg
でも、これも泥棒だな。

おぉ〜、これもオレのお気に入り♪
IMG_1422-0708.jpg
IMG_1423-0708.jpg
小学生のころ、タミヤの1/35のプラモ作ったな〜
このM42(機関銃)がまたカッコイイね〜

IMG_1424.jpg
ピカピカのBMWのロゴ付き。
このロゴって1917年からあるらしいね〜
でも、当時の軍用バイクにこんなロゴ付いてたっけ???

ドイツ軍って制服も戦車も銃器もすごく洗練されていると思うよ。
中でも一番のお気に入りは、KAR98
Karabiner_98k.jpg
当時、アメリカの歩兵は連射のできるM1ガーランドが主力だったので、このボルトアクションは古めかしく見えるけど、機能も見た目も素晴らしい♪洗練された美を感じるね〜

***

イギリスにはもう一つの敵がいた。
IMG_1432-0710.jpg
IMG_1431-0710.jpg
IMG_1434-0710.jpg
IMG_1433-0710.jpg
真ん中の刀は450年前の物らしい。
なかなかいい話だね〜
「昨日の敵は今日の友」か・・・

***

他にも、イギリスの英雄(軍人以外にも)の勲章や功績を展示した部屋があった。
ロレンスのもあるかな〜?と思って、一つ一つ見ていったけど無かった(見つけられなかった?)。

まあ、ロレンスの功績は歴史に残っているし、彼自身勲章なんかあまり興味なかったんだろうから・・・

3年前、閉館していてこれなかった帝国戦争博物館。
まあまあだったかな?

***

最後に念のために・・・
オレは戦争好きでも軍国主義者でも右翼でもありません。
単なる銃器&軍装品マニア。

それを使って何かをしようという気は全くありませんよ♪
武器は確かに人を殺すための物だけど、それは国や自分(家族)を守るための物でもあるんです。

反戦!平和!!非武装!!!なんて念仏唱えているだけでは何も解決しませんよ♪

***

イギリスの旅も残り2話。
次回は「残りの写真をかき集めた話」、最終話は「帰国便の話」です。

このイギリス旅行記関連記事は各カテゴリーに分散されています。まとめて読む場合は目次から入ってください。
目次:2017イギリス(Clouds Hill)。40年追い続けた旅の終着地、T.E.ロレンスを訪ねて

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2017イギリス(Clouds Hill) | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1053-28931b06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT