脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どっちがタイのものでしょう〜か?(3)ペットボトル編

普通の人には知らなくても全然問題ないが、特定の人には結構重要な日本とタイの規格違い。

2つのペットボトル、どっちがタイのものでしょう〜か?
IMG_0112-0729m.jpg

これは簡単ね?




そう、左が日本のペットボトル、右がタイのペットボトル。
どちらも容量は500ml(600mlのものも多い)。

タイの方がのっぽだね?
同じ容量で背が高いってことは・・・

そう、タイのペットボトルの方がスリムサイズなんだよね。

まあ、買って飲むのなら何の問題もないし、冷蔵庫に複数本入れておくならスリムな方がいいよね?

ところが、ある特定の人にはこれが大問題なのだ。

その人とは?

タイのサイクリスト

***

ロードバイク乗りは激しい運動なので常に水分補給が必要。
特に夏場は必須。
ロードバイクにはボトルケージというのがあって(自転車とは別売り)、ここに専用のプラスチックボトルを装着しておく。見たことあるよね?


ここに装着するボトルは中ほどが大きくくびれていて、ボトルケージの爪に引っかかるようになっている。


でも、途中のコンビニで買う500mlのペットボトル、これそのまま装着できれば便利だよね〜?

ということで、日本で売ってるこのペットボトルケージの中には「500mlのペットボトル」装着可能ってな商品が結構多い。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OGK ボトルケージ PC-2 500ml ペットボトル専用
価格:1165円(税込、送料別) (2017/7/29時点)




で、問題になるのがペットボトルの太さ(胴回り・直径)。

もう分かりましたね?
日本の500mlペットボトル対応のボトルケージにタイの500mlのペットボトルを差し込むと・・・

ゆるゆる
全く使い物にならないってこと。

参考までに
日本のペットボトルの胴回り:21.9mm
タイのペットボトルの胴回り:19.7mm

かなりの違い。

しょうがないんで、100円ショップで買ったこんなペットボトル保冷バッグに入れたり、タオルで巻いてゴムで留めたり・・・苦労してます。
IMG_0114-0729m.jpg

ということで、電圧の違いのような大きな規格違いに限らず、こういう一見どーでもいい規格違いでも人によっては結構致命傷になることも多いっていうお話でした。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイ&タイ語の豆知識 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうですね。大変ですね。

なるほどね。
また、軟らかいペットボトルが多いですね。
また、タイのペットボトルは、サイズが豊富です。
330ml・450ml・550mlなど、同じコカコーラでもたくさんありますよね。値段も違いますが。
私は、450mlで12Bのコカコーラがお気に入りです。
1回で飲み切りサイズですから。

| スモール明 | 2017/07/30 14:39 | URL |

Re: そうですね。大変ですね。

明さん
そうそう、ふにゃふにゃのペットボトルが多いですね、特に水系。
これがまたダメなんです。
今日も30kmくらい走って、途中で2回水買いましたが、ふにゃふにゃ過ぎてボトルケージに収まらず。
ゴムバンドで縛り付けましたよ。

| Damascus | 2017/07/30 22:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1071-7dddbc75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT