脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(5)2回目のNON-O申請(1年有効)①

タイ・リタイアメントVISA関連記事の目次は↓
目次:実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」「リエントリー・パミット」「90日レポート」への道


世界中どこでもagodaで格安ホテル検索

さて、90日有効のリタイアメントビザ(NON-O)が取れて一安心。。。
といきたいところですが、1年有効のビザに延長申請する期限はもう1ヶ月半後に迫っています。。。

それではそのカラクリと手順について検証してみましょう。

1年有効のリタイアメントビザへの変更(期限延長)の条件と必要書類

(ここから先は未体験ゾーンを検証する内容です。今後体験した上で間違いがあれば訂正します)

【リタイアメントビザ(NON-O/1年有効)取得までのステップ】

1、ノービザ【有効期限30日】orツーリストビザで入国【有効期限60日】
2、滞在期限が15日以上残った状態でリタイアメントビザ(NON-O)へ変更申請
3、15日の審査期間を経てリタイアメントビザ(NON-O)取得【有効期間90日】
4、3の有効期限が切れる前に今度はリタイアメントビザ(NON-O)の延長申請
5、有効期限1年のリタイアメントビザ(NON-O)の取得【有効期間1年】


前と同じように本家本元のイミグレサイトを見てみましょう♪
Immigration Division 1←ここをクリック

前と同様、左上の四角の枠内の「Required Documents」をクリックし、出て来た項目のうち「Visa Extension」を選択します。
前回はノービザ→NON-Oビザへの変更だったので「Change Visa」でしたが、今度はNON-Oビザの有効期限を「90日」→「1年」へ延長するので「Visa Extension」を選択します。

いっぱい出てきますが、真ん中より下あたりにある「In the case of retirement」を選択すると条件と必要書類が出てきます。それでは読んでいきましょう♪

The alien:
(1) Must have been granted a non-immigrant visa (NON-IM).
non-immigrant visa (NON-IM)が承認されていること。

(2) Must be 50 years of age or over.
50歳を超えていること。

(3) Must have evidence of having income of no less than Baht 65,000 per month; or
1ヶ月に65,000バーツを下回らない収入があるという証明書があること。または、

(4) On the filing date, the applicant must have account deposited (saving / fixed account)
in a bank in Thailand of no less thanBaht 800,000 for the past three months.
For the first year only, the applicant must have proof of a deposit account in which said amount of funds has been maintained for no less than 60 days prior tothe filing date; or
提出日に申請者はタイの銀行に800,000バーツを下回らない預金(普通/定期口座)が過去3か月あること。
初回に限っては、申請日に申請者自身の口座預金に60日を下回らない継続した期間の預金口座の証明があること。または、


(5) Must have an annual earning and funds deposited with a bank totaling no less than Baht
800,000 as of the filing date.
提出日に、継続した収入と銀行資産が資産の合計が800,000バーツを下回らないこと。

(6) An alien who entered the Kingdom before October 21, 1998 and has been consecutively
permitted to stay in the Kingdom for retirement shall be subject to the following criteria:
1998年10月21日以前にタイ王国に入国し、且つ継続してリタイアメント目的で滞在を許可されている外国人は以下の基準にあてはめられる。

(a) Must be 60 years of age or over and have an annual fixed income with funds maintained in
a bank account for the past three months of no less than Baht 200,000 or have a monthly income of no less than Baht 20,000.
年齢が60歳またはそれ以上であって、資金200,000バーツを下回らない資金を含めた年間固定収入が過去3か月間金額銀行口座に維持されていること、
または、毎月の収入が20,000バーツを下回らないこと。


(b)If less than 60 years of age but not less than 55 years of age, must have an annual fixed income with funds maintained in a bank account for the past three months of no less than Baht 500,000 or have a monthly income of no less than Baht 50,000.
年齢が60歳未満で、55歳以上であれば、資金500,000バーツを下回らない資金を含めた年間固定収入が過去3か月間金額銀行口座に維持されていること、
または、毎月の収入が50,000バーツを下回らないこと。


Documents to be submitted
提出書類

1. Application form
申請書

2. Copy of applicant’s passport
申請者のパスポート

3. Evidence of income such as a retirement pension, interest or dividends; and/or
退職者年金、利息、配当金等の収入を証明するもの

4. Account deposited (saving / fixed account) certificate issued by a bank in Thailand and a copy of a bankbook
タイの銀行が発行した預金口座(普通口座/定期口座)の証明書と通帳のコピー

5. Only in the case of Criterion (6), the applicant must submit documents equivalent to Clauses 1-4 stated above.

(6)の基準に該当するものは、上記1-4と同等の書類を提出すること。

【補足事項】
1、申請の期限
ここには「申請の期限」について触れられていませんが、90日有効のビザ申請の際係官から注意事項を言い渡されています。これがそうです↓
IMG_3157-1.jpg

前の記事でも書きましたが、これの2項目目に「1年有効の滞在許可に変更する場合(この記事の最上段の4項目の申請のこと)あなたの管轄内の入国管理局で(90日)の有効期限が切れる30日前までに延長申請書と必要書類を提出しなくてはなりません」
「30日前までに」とは書かれていますが、実際には「30日の1週間くらい前」でないと受け付けてくれないという情報があります。

つまり90日有効のビザではあるけど、1年有効のビザにするにはその30日前までに延長申請が必要になり、更に90日ビザ取得に要した15日間の審査期間などを差し引くと、残りの期間は1ヶ月半しかないというからくくりがあるので注意が必要です。

2、預金の継続保持期間
1年有効のリタイアメントビザ(NON-O)を申請する(延長申請)する条件として、「すでにNON-Oビザを持っている」「50歳以上」「80万バーツの預金or6.5万バーツ/月の収入」などは当然のことですが、重要なのは(4)の「資産の継続保持期間」です。

最上段の項目2、つまり「ノービザ→NON-O(90日間)の変更申請の際にはなかった条件」が加えられています。
上に書いてある通りですが「初めてNON-O(90日間)→NON-O(1年間)の延長申請をする際には資産(預金)が60日以上継続していること」が絶対条件になります。また、「2回目以降の延長申請時には3ヶ月以上」が絶対条件です。

NON-O(90日間)のビザを取ったからと言って、すぐに預金を下ろしてしまうと次のNON-O(1年間)に延長できなくなってしまうのです。

今回は「初めてNON-O(90日間)→NON-O(1年間)の延長申請」なので60日間の預金継続が必要ですが、オレの例で検証するとギリギリだったことが後で判明します。
詳細は前の記事「実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(番外編)今回の反省ほか」を参照してください。

翌年以降の延長時には3ヶ月という条件が付くので、申請予定日の遅くとも3ヶ月前には預金を戻しておく必要がありますが、その間はタイ株などに投資して利ざやと配当を得る♪なんてことも可能です。
マイナスにならないよう注意w

NON-Oのビザを持っていると多くの銀行で定期預金口座を開設できます(持っていなくても開設できる場合もあり)。タイの定期預金金利は1.375%(6ヶ月定期)は付くので単純計算で半年で11,000B5,500の利息(税引き前)が付きます。リスクを取りたくない方は定期預金もいいでしょう♪
1万バーツ(1年で)といえば1ヶ月分の家賃に相当しますね(オレの場合はそれ以上w)

もうひとつ。。。
リタイアメントビザ(NON-O)ではタイで就労することはできませんが、これら金利や株式譲渡益・配当なんかも80万バーツの資産に組み込むことができるわけです。
まあ、数千万円の現金を保有している方が多いリタイアメントビザ(NON-O)保有者には、あまり関係ない話なのかもしれませんが。。。オレは全然持っていませんので、資産増加計画が必要ですww
株をやる方、タイには「そう遠くない将来」に必ず訪れるある「大きなリスク」があるので気をつけて下さい。。。

話がズレました。。。
上のイミグレ公式ホームページに書かれているように、以前は20万バーツ、50万バーツで取れたリタイアメントビザ(NON-O)。年齢制限が下がったとは言え、条件のUPが激しいです。
20→50→80とくれば、次に100となることは火を見るよりも明らかですね。。。
しかも、変更は突然来ますので、すでに条件が揃っている方は早めの申請がオススメです♪

次は申請書類について少々補足します。

追記:プロらしき方かた「延長申請は30日前から期限切れの間にすれば良い」とのコメントありました。
自分自身で確認した上で要すれば正しく修正しますが、現時点で記事の変更は致しません。


追記:上記コメントは「何の根拠もないデマ情報」でした。ただし、延長申請の受理期間については諸説あるので  「実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(8)2回目のNON-O申請&受領(1年有効)②」  を参照してください。(2015/5/2)

追記:これらの記事を簡単に2つの記事にまとめました。こちらも参照してください←クリック♪(2015/5/10)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング



| リタイアメントVISA2015 | 10:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

VISA習得指導

これでVISA習得のコンサルティング会社を立ち上げて
指導料収入が得られますね(^_-)-☆

| Marky | 2015/03/12 11:20 | URL |

Re: VISA習得指導

Markyさん
どうせ今後もコロコロと条件が変わっていくと思うので、いっそのこと「タイ移住アドバイザー」にでもなろうかな〜55

| Damascus | 2015/03/12 11:41 | URL |

ありがとうございます。ナイス情報。6月にNON-Oビザに切り替えるところでした。そのころチェンマイで可能かな。保証金100万Bもなりそうですね。

| TOM | 2015/03/12 18:03 | URL |

Re: タイトルなし

TOMさん
訪問&コメントありがとうございます。
お役に立ててうれしいです♪
基本的には「全国共通」の制度なんでしょうが、その時、その場所、その人によってちょっとした違いがあるようですね~
プーケットとバンコクでは結構違うようだし。。。
まあ、何かあっても言われて通りやれば大丈夫ですよww

| Damascus | 2015/03/12 19:21 | URL |

申請時期

>「1年有効の滞在許可に変更する場合(この記事の最上段の4項目の申請のこと)あなたの管轄内の入国管理局で(90日)の有効期限が切れる30日前までに延長申請書と必要書類を提出しなくてはなりません」
>「30日前までに」とは書かれていますが、実際には「30日の1週間くらい前」でないと受け付けてくれないという情報があります。

この記載は間違いではありませんか?

90日滞在許可から1年のビザへ切り替える申請時期は、「90日滞在許可の期限の1か月前から期限日」までの間ですよ。

<リタイアメントビザ新規取得>

●申請条件

以下①~③のいずれか、及び④を満たしていること。
 ①60歳以上、年金額が年間で80万バーツ以上ある
  (為替変動にご注意下さい。若干の余裕が必要です)
 ②60歳以上、年金額とタイでの貯金併せ、年額で80万以上ある
 ③50歳以上、タイでの貯金が80万バーツ以上ある。
 ④ビザ申請日時点で、滞在期限が15日以上残っていること

※②及び③について
 初回取得のときのみ、以下が必要です。
  ・銀行の発行する、外貨がタイの口座へ送金されたことを示す証明書
  ・日本円を現金で持ち込んだ場合、両替証明(銀行や公認両替商が発行するもの)  

●取得までの流れ

通常の段取りとして下記の通りとなります。
①ノービザ(30日)や観光ビザ等で入国、残日数が15日を切る前までにビザ切替え申請。  
  →まず90日の滞在期限が得られます。

②上記90日ビザの期限日~1ヶ月前に延長申請
  →1年間の滞在許可。通常は即日許可
  

| タイイミグレ | 2015/03/14 12:05 | URL | ≫ EDIT

プロモーション定期預金がお薦め

>NON-Oのビザを持っていると多くの銀行で定期預金口座を開設できます。タイの定期預金金利は1.375%(6ヶ月定期)は付くので単純計算で半年で11,000Bの利息(税引き前)が付きます。

80万Bの預金に、半年で11.000Bの利息は付きませんよ。
6か月定期なら5,500Bでしょうよ。

カシコンバンクなら、50万B以上の場合、10か月定期預金のプロモーションがあり、2.3%です。

タイは日本同様、物価上昇率が低く、インフレ率は1%程度です。
最近はインフレ率がマイナスになっており、日本のようにデフレ懸念が出てきました。
3月11日には、タイ中央銀行が政策金利を2%⇒1.75%に引き下げています。
タイ経済が不況で、景気テコ入れが目的です。

定期預金金利もプロモーション金利が昨年までは3%台でしたが、急激に低下しています。

| SCB | 2015/03/14 13:31 | URL | ≫ EDIT

リタイアメントビザの行方

>以前は20万バーツ、50万バーツで取れたリタイアメントビザ(NON-O)。年齢制限が下がったとは言え、条件のUPが激しいです。20→50→80とくれば、次に100となることは火を見るよりも明らかですね。

20万Bや30万Bの時代があったというのは本当?

少なくとも、2003年以降は、80万Bで固定ですね。
その他の条件も、ここ13年間は変更はありません。
唯一の変更(?)点は、「住所の確認の強化」です。
3年前までは、ビザ申請書に住所を書くだけで良かったのに、2年前から、アパートの賃貸契約書(住宅保有者はタビアンバーン)の提出が必要になったことです。

80万Bという預金条件はフィリピンと並んで低すぎるかもしれませんね。
隣国のマレーシアでは預金は1000万円以上必要で、かつ月収が33万円以上必要です。

シンガポールではリタイアメントビザは既に2012年に廃止されています。
現在は数億円の投資をシンガポールにしないと居住ビザは取れなくなっています。
要は貧乏外国人は来てくれるな!ということです。

| シーロム | 2015/03/14 13:43 | URL | ≫ EDIT

Re: 申請時期

タイイミグレさん
コメント・ご指摘ありがとうございます。

> この記載は間違いではありませんか?
> 90日滞在許可から1年のビザへ切り替える申請時期は、「90日滞在許可の期限の1か月前から期限日」までの間ですよ。

⇒延長申請をした経験がないので、係官から受け取った(写真を撮った)注意書きをもとに記事を書きました。
英文では・・・must be submitted to an authorized officer 30 days prior to the expiration date・・・これを「期限切れの30日前に提出しなければならない」と解釈しました。
30 days prior to the expiration dateは「期限切れの30日前」なのでしょうか?それとも「30日前から期限切れまでに」なのでしょうか?
タイ語のほう確認しましたが、同様に「期限切れの30日前に・・・」との表現でした。

タイイミグレさんはかなりお詳しいのでプロとお見受けしました。
プロの方がおっしゃっていることに間違いないのでしょうが、自分自身で確認をとってみます。
電話では自信がないのでイミグレに出向いて直接聞いてみて結果を反映させます。
それまでは記事にタイイミグレさんの見解を併記して「要確認事項」と記載しておきます。

これ以下の内容については「間違いの指摘ではない」と解釈して特に返答はいたしません。
あしからず。。。

| Damascus | 2015/03/14 14:56 | URL |

Re: リタイアメントビザの行方

シーロムさん

> 20万Bや30万Bの時代があったというのは本当?
> 少なくとも、2003年以降は、80万Bで固定ですね。
> その他の条件も、ここ13年間は変更はありません。

1998年と書いてあるのでもっと前の話です。
もっとも、イミグレHPに書いてあることから推測しただけですが。。。

| Damascus | 2015/03/14 15:12 | URL |

Re: プロモーション定期預金がお薦め

SCBさん
> 80万Bの預金に、半年で11.000Bの利息は付きませんよ。
> 6か月定期なら5,500Bでしょうよ。
⇒ごめんなさいそうですね。。。訂正します。
>
> カシコンバンクなら、50万B以上の場合、10か月定期預金のプロモーションがあり、2.3%です。

⇒いろんな銀行でプロモをしているのは知っています。
今度じっくり比べてみようと思っています。

| Damascus | 2015/03/14 15:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/111-8058342b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT