fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

超意外!世界最高品質のエアラインに認定!フィリピン航空《往路フライト・BKK→MNL編》

今日のタイ語

สุดยอด 最高
สุดยออออออออออออออออออด!最高〜!!!!

今回初めて乗ったフィリピン航空。

選んだ経緯は↓参照
ついにオレも落ちるところまで落ちたか?フィリピン航空で一時帰国

フィリピン航空といえば、ちょっとネットで検索すると・・・

■エアライン関係
・機材が古い
・座席が狭い
・モニターがない
・機内食がまずい
・アテンダントのサービスがなってない
・遅延が酷い

なので、もう二度と乗らない!等の罵詈雑言の嵐で、乗る前からかなり心配になってきていた。
しかしね〜、どう考えてもLCCより安い料金なので上に書いた誹謗中傷・言いがかりにしか思えない。

オレ的には「日本人客層が悪すぎる=○ズ老人ばかり」と「HPで選択可能な乗り換え便の乗り換え時間が異常に長い」も加えてほしい感じ。

■乗継ぎ空港(ニノイ・アキノ空港)関係
・空港でクズ職員から金をせびられた!
・荷物が出てくるまで2時間かかった!ふざけるな!
・空港からのタクシーがぼったくりのクズ野郎ばかり!

まあ、この辺りは然もありなんって感じだけど。。。

「安くて高品質」なんてそうめったにあるものではなく、そもそも品質というものは値段・料金と比例するものなのにね。

今回は他のエアライン(LCC含む)で最安値で往復10,280Bだったフィリピンエアライン。

出発2日前に発券というギリギリ行動だったが、発券前の半日+発券後の1日半にできる限りの調査で「傾向と対策」は練ってはいたが。
もちろん、運不運というケースも多々あるが、事前に調べておけば回避できる災難も相当あるはず。

さて、「安いものには必ず理由がある」のでその理由探しのフライトになるかな?
と思っていたのだが・・・

結果的には、オレが今まで搭乗したエアラインの中でダントツNo,1だったという超意外な結果だった。

次回から最初に検索するのはフィリピンエアーにしようと思っている。
最高!!!

単純に期待していなかったから余計そう思うということではなく、物理的、計測可能な理由が厳然と存在するのだ。

***

13:50とゆっくり目のフライトだったので10:30頃にアパートを出てタクシーでスワンナプーム空港へ。
BKK→MNL→NRTというマニラ乗り継ぎフライト。
フィリピン航空旅程 往路r

最近は自転車でしか行っていないんでタクシーで行くのは久々。

というか、最近はドンムアンばかりでスワンナプーム発は昨年5月の以来。

フィリピン航空は一番隅っこの10番柱(左の下から2番目)
DSCN0887-0126.jpg
ここにその他雑多なエアラインが合計22。

1−9番柱まではこのように各ドアにつき9エアラインがラインナップされているので、この時点でもうフィリピン航空の扱いがどんなものか?想像できてしまう。。。(笑)
DSCN0888-0126.jpg

空港に到着後チェックイン。
Sカウンター
DSCN0889-0126.jpg
DSCN0890-0126m.jpg
webチェックインを忘れていたが、それほど時間は掛からなかった。

快適な乗り継ぎに事前調査は欠かせない

ここで発券されたのはBKK→MNLのみ
👉ワンポイント:乗り継ぎ時のチェックスルー
基本的には同日乗り継ぎの場合は最初の出発地でチェックインした荷物は乗り継ぎ地で一旦受け取ることなく最終目的地まで運ばれる。これは異種エアライン間でも可能な場合も多い(別々に発券していた場合でも)。
しかし、例え通しで発券したチケットでも、日付をまたいだ場合は基本的に一旦入国し荷物受け取り→再チェックインとなる。

ただし、エアライン、乗り継ぎ国・空港、乗り換え種別(国際線、国内線、または混合)によってその対応は異なるし、特にLCCはチェックスルーができないケースも多い(出来るケースも多いが)。

なので、乗り継ぎの場合は事前に電話等で確認することをお勧めするし、実際に最初の空港でチェックインする際荷物に付けられるタグで荷物の最終到着地を確認することは必須である。

これを怠ると荷物が置いてきぼりを食う可能性もある。。。

マニラ・ニノイ・アキノ国際空港での乗り継ぎ20時間30分!最初は乗り換え時間の長さを逆手にとってマニラ一泊滞在♪ラッキーと思っていたのだが、荷物がスルーされることはないということを電話で確認したので、自転車を持っていくことを諦めたのだ。

自転車のハンドリングの問題以外に、上で書いた「空港でクズ職員から金をせびられた!」の格好の獲物(課税するとか目をつけられやすい)になりそうな気がしたからというのもある。対策は相手のレベルで判断しないといけない。
日本では○○だ!というのは全く通用しない世界、それが東南アジア、西アジア、アフリカなのだ。。。

話を戻そう。

チェックイン後はもちろんこれを食べにマジック・フード・ポイントに行くことは忘れない(笑)
IMG_3527-0126.jpg

快適なフライトに事前調査は欠かせない

BKK→MNLはB777
フィリピン航空旅程-1 -1
このフライトを選んだ理由がこの機材だった。

BKK→MNL(CEB)→NRT間はA320系、A330系、A340系、B777の選択肢があるが、避けたかったのはA320系。
おそらく、評判の悪い「機材が古い」「座席が狭い」「モニターがない」のはA320系だろうと判断。
だってA320系やB737系はLCC御用達のナローボディ機材だし、同じB757も避けていたし、ワイドボディだけど狭いB767も避けていたくらいだから。

以前767ばかり使って最悪座席間隔だったJALを蔑視するようになったのもこのせい。

👉ワンポイント
ナローボディ機とは旅客機のうち内部の通路が1つしかないものをいう。 それに対し通路が2つある旅客機をワイドボディ機と呼ぶ。

ダントツNo,1エアラインの真実

さて、搭乗。
DSCN0891-0126.jpg

ちょっとドキドキしたが、乗ってみると綺麗な777だった。
DSCN0894-0126.jpg
フィリピーノの笑顔に迎えられ目指した席は49H

座って驚いた!!!

あれっ?ここってエコノミープラス席?
いやいや、こんなに後方にエコノミープラス席があるわけがない!

じゃあ、非常口席か?ここは???

な、なんで座席間隔がこんなに広いのか〜??????????

これが座席間隔。
DSCN0893-0126.jpg
身長182cmのオレなので足も他の方より長い(はず)。

腰を深くして座るとこんな感じ
DSCN0898-0126.jpg
その長い足(膝)と前の座席間隔が20cm以上もあるってどういうこと???

周りを見渡してみても、特にオレの49列目だけが広いようには見えない。

もしかしてフィリピン航空の777のエコ席ってこれが標準?

驚いたよ!本当に!!
エコ席で足を組む時に前方座席のどこにも触れずに足が組めたエアラインは今までなかった(非常口席や直前に座席がない席は除く)。初めて〜

身長がある=足が長い(笑)オレにとって、この座席間隔こそエアライン評価の大きな基準。

最高〜♪フィリピン航空〜♪
これがThe Heart Of The Filipinoなのか?←ちょっと違う?

いろんな情報に散々踊らされていたオレだけど、驚きましたよ!いや敬意を表します!

ということで、今まで出国回数100数十回、乗ったエアライン30〜40社、フライト区間300-400を経験してきたオレ。
決して少なくない回数だと思うが、そんなオレが初めて経験する座席間隔(覚えている限りで)。

感激しましたよ♪

最新鋭ピカピカの機材かどうかは分からないけど、ちゃんと最新式のモニターもついてるし、アテンダントの対応もごく普通だ。
DSCN0892-0126.jpg
ただし、短距離路線(フライト時間約2時間半)だからだと思うが、映画は選択できなかった。その代わりTVドラマはある。

機内食も普通。
IMG_3532-0126.jpg
IMG_3533-0126.jpg

Wi-Fiも使えるようだ(使わなかったけど)

文句をいう箇所が見つからない、いや絶賛に次ぐ絶賛の言葉しか出てこない。

事前調査のお陰というかタイミングや運もかなりあったのだろうが、もし「こんなエアラインなんか二度と乗るか〜!」とネットで叫んでいた方々がこの機材に乗ったら間違いなくフィリピン航空を見直すだろう。間違いない。

あんたがた、一体どんな機材に乗ったの〜???
まあ。A320系だろうね〜

BKK/MNL間のたった2時間半のフライト時間があまりにも短く勿体無かったな〜
DSCN0897-0126.jpg

ウソだと思うならこのフライトに乗ってみ♪

もしかして、後々何か巨大な落とし穴が待っているんじゃないか?とかなり警戒したが、結果的にはNRTまでのフライトで不快に思うことは皆無だった。じゃあ、落とし穴は復路かな?(笑)

だって、安いものには必ず理由があるはず。
理由がなくて安いのは・・・もしかしてオレのエアラインを選抜する目が鋭すぎたのかも?←ウソつけ!ただ安いから選んだだけだろ!って?

まあね・・・

****

さて、フィリピン航空(BKK→MNL)の評価です。

【 】の数字が評価
総合評価(5段階評価、5が最高)

搭乗区間:BKK(スワンナプーム)→MNL(ニノイ。アキノ空港)10,280バーツ/BKK⇔NRT往復
※この金額でのコスパを基準として評価

1、機材総合:【5】
 (1)機材の新し度【4】777
 (2)座席(間隔・幅・座り心地):【5】本当は10をあげたい気分
 (3)AV設備:【4】最新のモニターで解像度も高そう(短距離フライトだからか?映画がなく1時間程度のTVドラマばかりだったけど)。
 (4)備品(トイレ含む):【3】まあ普通

2、定刻運行:*(1)【5】ほぼ完璧
*1 定刻に到着したかだけではなく、定刻に出発したかも含む

3、人・サービス総合【4】
 (1)アテンダント:【4】
(2)機内持ち込み荷物:23kgX2個まで*(2)【5】
 (3)機内預け荷物:【4】7kgまで
(4)飲食【3】:普通、なんの問題もなし。短距離路線だがワインも飲める。
 (5)その他【ー】特になし

*(2)本来この区間は総重量30kg個数無制限なのだが、MNL⇔NRTの規定に引きづられたようだ。

4、空港設備:【4】
(1)出発・到着空港【5】DMKよりBKKのほうがあらゆる面で上。文句なし。
(2)乗継ぎ空港【3】次回の記事に書く予定だが、可もなく不可もなく。

判定:【最高!】
とにかく座席間隔は現行エアラインでは最高と思う。その他機材やサービスについて文句のつけようがない。
しかもBKK⇔NRT往復で35000円なら「神からの贈り物」クラス。

ただし、乗継ぎ時間が長いフライトも多く、自転車等大物運搬の場合は支障があるかも?

「最高←優秀←良←合格←最低」の順


《評価の目安》
最高:これはいいね〜、次回もぜひ乗りたい♪
優秀:いいね〜、次回も乗ってもいいかな?
良:出発・到着時刻、料金次第ではアリかな?
合格:一応、次回の選択肢には入れておくか〜、多分選択しないけど。。。
最低:こんな会社潰れちまえ!

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| フィリピン航空 | 11:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

復路の記事も楽しみです♪

座席間隔も広くて文句をいう箇所が見つからないとは、
へぇ~!!ですね (´▽`*)
たくさんのネットの声を鵜呑みにできませんねぇ。
今回の記事はどんなスニーカーか見せてもらえないのだけが不満でした(笑)

| 貝ぬし | 2018/01/27 13:49 | URL | ≫ EDIT

Re: 復路の記事も楽しみです♪

貝ぬしさん
一番いいのは、ガラガラで一列あたり1−2人しか乗っていない様な便ですがね(笑)
これは運に任せるしかないですが、この様なのガラガラ便に巡り合えたのは3−4回くらいです。

靴ですか?一応写ってますよ♪かかと部分だけですが、茶色のローファーもどきの靴が(笑)

| Damascus | 2018/01/27 18:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1213-ef2e7ab5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT