fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイ東部4県庁訪問400kmライド(2)1日目、バンコク→チョンブリー②10人以上を巻き込んでiPhone6大捜索、感謝♪

今日のタイ語
ลืม〜 〜を(置き)忘れる
ลืมไว้ 〜を置き忘れる
ผมลืมโทรศัพท์มือถือไว้ในห้องน้ำ 私はトイレに携帯電話を置き忘れました。

トラートまでロードバイクで走ってきました。
その7日間(実際に走行したのは4日半)をまとめてみましたよ。

ここまでの記事はここ↓
タイ東部4県400kmライド(序章)計画・準備編
タイ東部4県庁訪問400kmライド(1)1日目、バンコク→チョンブリー①事件の前兆

さて、それからしばらく走って、もう少しでチョンブリーのアマタナコン工業団地に入る手前にあったPTTのガソリンスタンド寄った時の話。

これから書く内容の位置関係。
バンコクチョンブリー-2

ここで冷水を2本買って15分ほど休憩している時。
ここまで多分5リットルくらいの水を飲んでいたが、汗で全て処理されていたのか?尿意は全く感じなかったのだが、先のことを考えてトイレに寄ることに。

自転車はセブンの横に駐輪しておいたので、貴重品の財布・iPhone5s(simなし)・iPhone6(simあり)を手に持ってトイレへ。

(これら貴重品は走行中小さめのウエストバッグに入れて、自転車の前部にくくりつけていた)

ポケットが小さめだったので財布とiPhone5s(simなし)を入れて、小便器の上にあるスペースにiPhone6(simあり)を置いて小便器前に立つ。

置いた場所はオレの目線とほぼ同じ、つまりちょっと高めの場所。
この時こう思いながら置いたのだ。

「ここに置いて忘れることはないだろうな〜555」

履いていたズボンはレーサーパンツではないが、チャックなしの短パンで非常に非効率な格好で用をたしていた。
そのめんどくささといったらいつもよりかなり神経を使う格好。

で。。。

はい、置き忘れてその場を離れてしまいました・・・あぁ〜|||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||

気がついたのは、さて出発するか〜と思ったその5分後。

やばい!

慌ててトイレに戻るが置いた場所には何もない・・・∑(゚□゚;)ガーン

そばにいた掃除のおばちゃんに「ここに携帯電話を忘れたんですが見ませんでしたか?」と聞くも
「知らないね〜」と。。。

参りましたハァ━(-д-;)━ァ...

8割方諦めたのだが、その掃除のおばちゃんが他のおばちゃんに聞いてくれたりして色々探したが出てこず。

ここで9割方諦めた。
ただし、見つけた人がどこか他に届けていないか?と思いおばちゃんに「他にあたるところないでしょうか?」と話をしている時だった。

おばちゃん早口すぎて半分くらいしか理解できなかったので「は〜?アライナ?」などと無駄な会話をしている時、一人の男性に声をかけてくれたのだった。



おばちゃんがその男性に経緯を話すと「その電話番号にかけてみれば?」と。。。
まあ、そうなんだが、通話できるのは無くなったiPhone6だけで、いま手に持っているiPhone5sはsimなし。

すると、その男性が「じゃあ、オレがかけてみるよ」と。
その男性、胸にぶら下げているIDカードをみるとAISの社員だった♪

オレの電話番号を教えてかけてみると繋がった!
会話を聞いていると
「その電話の持ち主がその電話を探している。いまどこにいる?」
「アマタナコンのมอลล์モール」
「いまから引き取りに行くんで正確な場所を教えてくれ」
「アマタナコンのมอลล์モールの前のXXXにいる」
「分かった、いまから引き取りに行く」

だいたいこんな会話をしていた。

よかった〜♪
まあ、持ち去ったのがどういう意図だったのかはもうどうでもいい。
戻りさえすれば。

ただ、そのモールの場所がイマイチ分からず、しかも自転車でどのくらいの距離なのかも分からず困っていたら・・・
「車に自転車を積んで連れて行ってあげるよ」と。

ハイエースのバンの後ろには何やら機材が積んであるのだが、その上に自転車を乗せてくれるというではないか〜

感謝感激♪
まさに神さま、いや仏様

車中には4人が乗って休憩していたのだが、前輪を外しみな協力して自転車を乗せてくれた。
結構きれいな車なのだが、汚れた自転車でチェーンの油汚れもあるはずなのになんの躊躇もなく積み込み。
すぐに出発♪

***

橋を渡ってアマタナコンに入る直前のPlus mallの前にあるバス乗り場に着くと、大学生くらいの女の子が近づいてきた。
IMG_3965-0313.jpg

ドアを開けるとオレのiPhone6を手に持っているのが見えた♪

男子便所におき忘れたiPhone6を何故女子大生が持っているのか?はもうどうでもよかった。

あぁ〜、戻ってきた♪
なんと運のいいことだろうか、いや掃除のおばちゃんやAIS社員の多大なる協力のお陰なのだが、この大捜索・大追跡も無事成功裏に終わった。

タイの皆様、本当にありがとうございました。

などと感激に浸っていると、AIS社員はささっと自転車を下ろして去っていった。

自転車を近くの木にもたれさせて、前輪の組み付けをしようとすると、荷台の荷物が重くて安定せず。
するとモーターサイの運ちゃんたちが3人ほど集まってきて自転車を支えてくれた。

感謝感謝
もう、こんな言葉しか思いつかない。

しばらく休憩して、再度モーターサイの運ちゃんにお礼を行って再出発しました。
IMG_3966-0313.jpg

***

ということで、約9kmの道は自走ではなく車の移動になってしまったが、そんなことより9割がた諦めていたiPhone6を取り戻せて本当によかった♪

そして、汚れた自転車をなんの躊躇もなくきれいな車に積み込んで運んでくれたAIS社員の方々、その間を取り持ってくれた掃除のおばちゃん、前輪のセットで自転車を支えてくれたモーターサイの運ちゃんたちへ感謝♪

ここがタイで本当によかったと思っていますよ。

***

次回はちょっと旅の話からずれて「忘れ物がひどい、これは病気か?」ということについて書いてみます。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【2】東部4県400kmライド | 07:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

強運の持ち主と喜んでいられないですねぇ、、、

忘れ物ひど過ぎですねぇ、、、しかも貴重品ばかり ( ̄□ ̄;)!!!!

いいタイの人々に出会えて本当によかったですよ!!!

| 貝 ぬ し | 2018/03/14 11:06 | URL | ≫ EDIT

Re: 強運の持ち主と喜んでいられないですねぇ、、、

貝ぬしさん
これはADHDという症状(病気?)のようで次回そのことについて書いてみます。
ちなみにその後同じことがもう一度発生してます(笑)
もうだめ・・・

| Damascus | 2018/03/14 11:55 | URL |

先日私も酷い忘れ物をしましたよ。
友人を連れてナコンラチャシマのピマーイ遺跡に行った時、ピマーイの料金所前の駐車場に車を置いて100バーツ払って遺跡に入り。

なんだかんだで1時間程遺跡見学をして、遺跡を出て車に向かう時にポケットに車の鍵が無いことに気がついて慌てました。
何のこと無い、エンジンかけっぱで施錠もせずに1時間駐車場に放置してました。

| KK | 2018/03/14 12:15 | URL |

最初に持ち去った人の意図はどうあれ、他の方々が本当にいい人たちで良かったですね!
話はちょっとずれますが、以前会社の同僚が乗り合わせたラッシュアワーの山手線で、突然意識を失って倒れたおじさんを皆またいで降りていった(なので同僚が助けた)という話をタイ人の友人にしたら、日本人の冷たさにドン引きしてました。さすがにタイではあり得なさそうですもんね。

それにしても貴重品管理、お気をつけください〜(*_*)

| kinaco | 2018/03/14 12:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

KKさん
危なかったですね〜
多分、友人と一緒という「非日常」が悪さした結果だと思います。
私も忘れ物や置き忘れの多くが「非日常」の中で起きていますから。。。
お互い気をつけましょう♪

| Damascus | 2018/03/14 14:32 | URL |

Re: タイトルなし

kinacoさん
まるで中国のようですね〜、まあ、中国では下手に手助けすると後から訴えられるという理由からのようですが、日本の場合は「会社に遅れる」からかな?(笑)

本気で紛失対策を考えなくてはいけませんね(涙)

| Damascus | 2018/03/14 14:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1248-56393e20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT