脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

初めての落車・転倒で気が滅入ってます・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保存版(2015年)タイ・リタイアメントビザNON−Oの真実(1) Rev.1

タイ・リタイアメントVISA関連記事の目次は↓
目次:実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」「リエントリー・パミット」「90日レポート」への道

世界中どこでもagodaで格安ホテル検索

この記事は2015年の2月以降、私自身がタイで自力で取得した【リタイアメントビザNON−O】の記録です。
(過去に書いた記事を【保存版】という形でまとめました。

最終update:
2015/12/4(Rev.1)イミグレーションの受付時間を変更


過去、いろんな方々がいろんな方法で取得し、その方法をブログで紹介しています。
また、移住関係のHPや手続き代行業者も取得条件等を概略で紹介しています。
しかし、これらを見ればみるほど混乱してきませんか?
そうです、皆それぞれ微妙に違うのです。。。

しかし、書かれていることは嘘でもなんでもなく「その人が」「その時に」「その場所で」「その係官が」対応した時に必要だった条件であるということです。

この記事にしても本質は同じです。

あくまでも「私が」「2015年2ー4月に」「バンコクのイミグレ・Division1で」「私の対応した係官が」要求した書類と審査内容を記録したもので、時間が経てばその他過去のブログと同じ様になってしまいます(極力updateするつもりですが)。なお、私の書ききれなかった条件については他の記事を参考とされるか、イミグレーションに直接確認してください。
イミグレの規定は頻繁に変更されます。

ここに記載したすべての情報はバンコクのイミグレーション・ディビジョン1のHP記載事項と私の経験です。
バンコクのイミグレーション・ディビジョン1のHPはここを参照してください。

参考
リアルタイムでupしてきた以下の記事を簡潔にまとめたもので、その時々の状況については以下の各章を併せて参考にしてください。
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(序章)
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(1)まずはNON−O/90日の申請①
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(2)まずはNON−O/90日の申請②
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(番外編)80万B
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(3)まずはNON-O/90日の申請③
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(4)NON-O/90日の受領
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(番外編)今回の反省ほか
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(5)2回目のNON-O申請(1年有効)①
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(6)2回目のNON-O申請(1年有効)②
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(7)2回目のNON-O申請&受領(1年有効)①
実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(8)2回目のNON-O申請&受領(1年有効)②


リタイアメントビザとは?

リタイアメントビザという正式名称は存在しません。NON−IMMGRANT VISAの中のカテゴリーOの条件の一つに「リタイアメント目的」という項目があり条件が示されています。
ここでは「リタイアメントビザNON−O」と表記をします。

リタイアメントビザ取得までの流れ(大枠)

1、ノービザ【有効期限30日】orツーリストビザで入国【有効期限60日】
2、滞在期限が15日以上残った状態でリタイアメントビザ(NON-O)へ変更申請【有効期間90日】
3、15日の審査期間を経てリタイアメントビザ(NON-O)受領【有効期間90日】
4、3の有効期限が切れる(30日)前に今度はリタイアメントビザ(NON-O)の延長申請&受領【有効期間1年】

まとめると「ノービザorツーリストビザで入国」→「期限切れ15日以内にノービザorツーリストビザからリタイアメントビザNON-O 有効期限90日への変更申請・受領」→「左記が切れる30日前までにリタイアメントビザNON-O 有効期限1年への延長申請・受領」というステップです。

リタイアメントビザ取得までの流れ(詳細)

では、上記で振った番号ごとにその条件を記載していきます。
バンコク・イミグレーションディビジョン1のHPに記載された内容を黒字で、その日本語訳を青字で、補足事項を赤字で記載しました。

すべての基本はイミグレーションディビジョン1のHP←クリック! です。

『申請前の準備及び条件の確認(90日ビザ)』

【1,ノービザorツーリストビザで入国】省略
【2,リタイアメントビザ(NON-O)へ変更申請(有効期限90日)】

HPの左の四角の枠内の「Required Documents」をクリックすると、またまたいろいろと出てきますが、真ん中あたりの枠の「change visa」をクリックです。
change visaとはノービザやツーリストビザから別のビザ、今回はNON-Oのリタイアメントへのchangeという事になるので。。。

すると、いろんなVISAの種類が出てきますが、真ん中よりやや下に「FOR RETIREMENT PURPOSES -- 50 YEARS OLD 」というのが出てきますのでそこをクリックすると、必要な書類と注意事項が出てきます。

DOCUMENTS TO BE SUBMITTED IN SUPPORT OF THE APPLICATION FOR VISA OR VISA STATUS ALTERATION (NON-O): FOR RETIREMENT PURPOSES
VISAまたはVISA変更(NON-O)の申請に際して提出する書類:リタイアメント用

1,The application must be submitted at least 15 days before visa expiration and, in case of overstaying in Thailand, application could not be submitted.
申請書はビザの有効期限の少なくとも15日の前に提出されなければならない。タイでオーバーステイしている場合は申請書を提出できない。

他の記事では違う日にちを記載しているものもありますが、公式HPでは15日と記載されています。あくまで基本は15日前までです。

1.1 Form TM.86 for the foreigner, who has Tourist and Transit Visa and applies for Visa Status Alteration and applies for non-immigrant visa; or
観光とトランジットビザを持っていて、ビザ変更をしノン・イミグラント・ビザを申請する外国人はTM.86の申請書を、または

タイ入国前にツーリストビザを持っている人はTM.86の申請書に必要事項を書きます。
申請書はここをクリック。申請書は当日イミグレのインフォメーションでももらえます。


1.2 Form TM.87 for the foreigner, who enters into Thailand without visa, but is allowed to stay in Thailand with a permit of stay for a period of 15 day, 30 days, 90 days and applies for non-immigrant visa.
ビザなしでタイに入国し、15日、30日、90日の滞在許可証を得ていてノン・イミグラント・ビザを申請する外国人はTM.87の申請書

日本人のノービザは基本が30日です。空港等の入国審査でノービザで入国した人はTM.87の申請書に必要事項を書きます。
申請書はここをクリック。申請書は当日イミグレのインフォメーションでももらえます。

2,A copy of passport pages (for example, personal information page, last entries stamp, visa sticker and extension stamp (if any) and departure card (Form TM.6))
パスポートのページのコピー(例えば、個人情報ページ、直近の入国スタンプ、ビザのシールと延長スタンプ(もしあれば)と出発カード(様式TM.6))

私の経験上では
パスポート原本・・・提示
写真のページのコピー1部・・・提出
最後に入国したスタンプのページのコピー1部・・・提出
出入国カードの残り半分の原本・・・提示
上記のコピー1部・・・提出


3,Either one 4x6 cm photograph or one 2 inch size photograph
4×6センチ、12インチサイズのどちらかの写真

これはその通りに準備します。イミグレのある建物の1階に写真屋があるのでそこで撮って貰えばok
当日必要なのは1枚だけ。TM.86またはTM.87申請書の所定の位置に糊で貼る。糊はイミグレにもあります。

4,Application fee of Baht 2,000
申請料2000バーツ

準備しておきましょう。ただし、当日以下に記載する銀行口座からは下ろさないほうが無難(通帳や残高証明の金額と不一致を起こしかねないため)

5,5.1 A guarantee letter from the bank in Thailand in Thai language (Attention: Immigration Commissioner)*
タイ語で書かれたタイの銀行からの保証のレター(入国管理局長宛)

これは銀行発行の残高証明書のこと。当日イミグレ1階にある銀行で取得できます。

5.2A copy of all entries of the applicant’s passbook showing that the applicant has a savings or fixed deposit account of not less than Baht 800,000* (all documents must be in the Applicant’s name).
普通預金または定期預金口座に80万バーツを下回らない預金があることを示す申請者の預金通帳の全コピー(すべての文書は、申請者名義でなければならない)があること。

銀行口座に80万バーツ以上あればよし。
入金時期は不問です。多くの記事に「3ヶ月以上の預金保持期間が必要」と書かれていますが、それは1年有効期限のビザを更に1年延長申請する時の条件で、ずっと先の話です。つまりこの段階では3ヶ月以上預金があることとは一切規定されていないし、事実私は申請の前日(正確には土日を挟んだ3日前)に入金していますが問題なく90日有効のビザが発行されました。

私の経験上では
通帳の原本・・・提示
通帳の最終ページのコピー1部・・・提出
(規定では全ページとなっていますが、係官が受け取ったのは上の通り)

5.3Evidence of foreign currency fund transferred to Thailand*
外貨をタイに送金したことを示す書類*

この書類については多くの他の記事で「無くても問題なくビザ取れた」とあります。
事実はそうなのでしょうが、私の場合は事実、提示提出を求められましたし、公式HPに記載がある以上準備しておくのが当然と思います。

これも海外送金をした人なら当日イミグレ1階のその銀行に行って「送金証明書」を発行してもらいます。
私の場合は日本円現金を持ち込みました。その場合は空港で発行する「外貨持ち込み票」でもいいようです。
私は後者を持っていたので原本・・・提示、コピー1部・・・提出しました。


参考:これが入国時に税関で発行してもらった外貨持ち込み票です。
IMG_3167-1.jpg
*(Documents under 5.1, 5.2 and 5.3 must be issued and updated to be the same date of the Application and all documents must be in the Applicant’s name.)or
(5.1、5.2および5.3の下でドキュメントが発行され、申請書と同じ日付とするように更新し、すべての文書は申請者名の名前でなければなりません)または

銀行発行の各種書類は申請日に1階の銀行で発行してまらうのがベストでしょうね。。。

6,A guarantee letter from the local or overseas Embassy or Consulate, proving the monthly pension of the Applicant not less than Baht 65,000 per month (together with reference documents showing the source of said monthly pension); or
現地または在外大使館または領事館が発行した、月額65,000バーツを下回らない年金を受けているという保証のレター、(本人の年金の支払いもとを示す参考書類も一緒に)、または
これは年金受領者の条件であり、私は該当していないので詳細コメントは控えます。

7,Evidence of deposited money under Clause 5 and evidence of income under Clause 6 (for one year) showing the total amount not less than Baht 800,000
5項での預金額と6項での収入(年額)の合計が80万バーツを下回らないということを示す証拠書類
これは年金受領者の条件であり、私は該当していないので詳細コメントは控えます。


Remarks
1. The Applicant must appear in person every time.
申請者は毎回必ず出頭しなければならない。

2. The Applicant must sign to certify on every page of the Applicant’s documents.
申請者は文書のすべてのページに証明するために署名しなければならない。

ここで言う文書とはコピーのことです。
提出するコピーはすべて自筆のサイン(申請書・パスポートと同一)をしておく必要があります。


3. To be convenient and for speedy service, the Applicant for visa or visa status alteration must arrange and submit a complete set of documents in proper order and must prepare the originals as proof.
快適で迅速なサービスのために、ビザやビザ変更の申請者は、適切な書類を完全にセットして提出しなければならない。そして、確認のための原本も揃えておく必要があります。

おっしゃる通りです。そうしましょう。

4. For more details, please visit our website at http://bangkok.immigration.go.th
詳細については、http://bangkok.immigration.go.th当局のウェブサイトをご覧ください。


困ったら上のHPに必ず戻りましょう。それでも分からなければ一度イミグレに出向いてインフォメーションで直接聞いてみるのもいいかもしれません。



『申請(90日ビザ)』

さあ、書類の準備はできましたね?
それでは申請に行きましょう。

場所はジェーンワッタナ通りにあるイミグレーション・ディビジョン1です。
開館時間は8:30-16:30(昼休みの12:00-13:00は業務が中断します)
⇒(Rev.1)2015/9/1より、受付時間が8:30-15:30に変更されました。受付さえしてもらえば通常の閉館時間16:30を過ぎても処理してもらえるとのことです。
Immigration Division 1 would like to announce the change of the Queue Cards’ timing at Government Complex branch from: 08.30–16.30hrs to 08.30–15.30hrs starting 1st September 2015.
Our service will be provided at normal office hours from 08.30–16.30hrs or until the last queue.

ここへバスで行く場合の行き方は、わらしべ長者さんのこの記事←クリック!が一番明快です。

建物に入る階は2階なので、必要に応じて1階の写真・コピー屋、銀行に行って必要なものを揃えてください。

全部揃ったらイミグレに入り、奥まで行って書類・パスポートを見せて整理券をもらってください。
あとはその整理券に記載されたブース(C1)に行って自分の番をひたすら待ちます。

【申請時の面接】
自分の番号が呼ばたら指定のブースに入り、係官に必要書類を提出・提示します。
私の場合、ここで聞かれてたことは年齢くらいでした。
ここでの会話は英語またはタイ語です。

書類に不備がなければ下の写真の注意書きを写真に撮るように言われるので、デジカメ等で撮って置いてください。
IMG_3157-1eng.jpg
ここに書かれているのは以下の内容です。

1,このノン・イミグラントビザにより3ヶ月の滞在が許可されます。
2,1年有効の滞在許可に変更する場合(この記事の最上段の4項目の申請のこと)あなたの管轄内の入国管理局で(90日)の有効期限が切れる30日前までに延長申請書と必要書類を提出しなくてはなりません。
3,ビザを維持し有効期限を維持するためには、タイ王国を出国する前に、あなたの管轄エリア内の入国管理局でリエントリー・パーミット(再入国許可)を受ける必要があります。
4,あなたの管轄エリア内の入国管理局で90日ごとにNotification of Residence(90日レポート)をする必要があります。


この時点で何かする必要はありません。
まずは90日のビザを取得することが先です。

申請料2000Bを払い青い領収書を渡されて、次回(ビザの受領)の出頭日(基本は15日後)を指定されて申請は完了です。

【3,リタイアメントビザ(NON-O)の受領(有効期限90日)】

さて、指定された日(基本は申請日の15日後)に再度イミグレに出頭します。

申請時に係官から言われると思いますが、当日持参するものは以下の2種類のみ
・パスポート・・・原本
・申請時にもらった申請料の受領書(青)・・・原本

申請時には受付で整理券の発行を受けましたが、受領時には整理券は不要です。
直接申請したブース(C1)に行き、適当な係官に上記2種類の書類を渡してビザの発給を待ちます。

比較的早く係官から名前を呼ばれるので、係官からビザのスタンプが捺されたパスポートを受け取って完了です。
(私の場合はすぐに呼ばれたので、近くで待機していた方が良い)

ここで受領するビザは申請日を起点に有効期間90日間です。

これで晴れて約3ヶ月の滞在が可能になります。

次は1年有効のビザ申請(延長申請)ステップ4です。

続く


タメになった♪面白かった♪と思ったら
ぽちっとお願いします♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング



| リタイアメントVISA2015 | 07:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です

まとめるのは意外と大変だったと思います。
お疲れ様でした。

そうそう私の場合、写真の撮られたNoticeを見せられた記憶がないです。やはり係員により変わるものだと思います。
もっとも、私の記憶はあてにはなりませんが(笑)

感謝をこめて、ぽちっとしました。

| ALSTER | 2015/05/10 13:07 | URL |

Re: お疲れ様です

ALSTERさん
過去記事の切り貼りで9割方済みましたのでそれ程手間はかかりませんでした。

そーですか、このNOTICEって結構重要な事書いてありますが、その提示が無かったってことは、やっぱり係官によって(いい意味で)臨機応変に対処しているんですね~たぶん。。。
ちなみに私が対応したのは「ちょっと眠たげなやや美人系」の係官でした。。。

ポチありがとうございました♪

| Damascus | 2015/05/10 17:55 | URL |

リタイヤメントビザ延長申請期間

2015/11/23

貴重な体験記ありがとうございます。

ある方のブログによると、90日のビザから1年間のビザに延長する場合にビザ有効期限の30日前から申請ができると移民局の人に聞いたそうです。2年目からの1年間延長は45日前とのことです。ブログ http://ameblo.jp/sle2013/entry-12085992069.html

| チョモランマ東 | 2015/11/23 20:20 | URL | ≫ EDIT

Re: リタイヤメントビザ延長申請期間

チョモランマ東さん
訪問&コメントありがとうございます♪
<90日のビザから1年間のビザに延長する場合にビザ有効期限の30日前から申請ができる>→私は31日前に行き申請受理されました。この時係官にいろいろ聞いたんですが明確な答えは得られませんでした。詳しくは→http://damascus925.blog.fc2.com/blog-category-7.html#no195
<2年目からの1年間延長は45日前とのことです>→その通りです。私の記事にも書きましたが、私も別の係官に直接確認して45日前からと確証を得ています。
いづれにせよ、これらがHP上で明確に書かれていないので、係官によっては違うこと言ってくるかもしれませんので注意が必要ですね。

| Damascus | 2015/11/23 20:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/09/06 22:53 | |

Re: NON−O/90日の申請

内緒さん

内緒さんが何のビザを取得しようとしているのか?が分からないのですが、リタイアメントのNON-Oビザを取得しようとしているという前提で書きます。

・もし、私がイミグレ職員だとしても同じように「NON-ED=留学ビザを取れ」と言います。
・タイ語を勉強するという目的であれば、「NON-ED=留学ビザ」が一番適切だからです。
・要するに、タイのビザはその目的によって多くの種類があるので、一番適切なビザを取得する必要があるのです。これは「必要がある」というよりも「そうしなければならない」のです。なので、そのイミグレ職員の指示は適切です。

・NON-Oリタイアメントビザは「有り余ったお金をタイで消費していく老人」向けのビザであって、就労したり学校に行ってタイ語を勉強したり、精力的に動き回るためのビザではありません。

と書きましたが、実際には余った時間を利用してタイ語を勉強しても咎められることはまずありませんが、主目的であってはいけません。TM-87の滞在理由には「ビザに合った」を書く必要があるのです。


という前提で、NON-Oリタイアメントビザを申請する際の滞在理由には「タイでリタイアメント生活を満喫したい」と言う「当たり障りのないこと」を書いておけば十分です。

適当ですが「I want to stay in Thailand for my retirement life 」とでも書いておけばいいのではないでしょうか?
退職後の滞在の理由ですから、これで十分と思いますよ。
要は「何もせずにタイに金を落とし続けます」ということが分かればいいんです。

参考になりましたでしょうか?
尚、このコメントン通りに処置した結果、何らかの不利益を被ったとしても一切責任は負いませんので悪しからず。

| Damascus | 2017/09/06 23:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/125-7a28539a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT