FC2ブログ

脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

ついに「大人の夏休み」終了!期間限定の新天地(日本)に転居したが寒過ぎて参ってる。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビエンチャン”標準店”ファイル【4】夜のお店と村上春樹

今日のタイ語

สมุนไพร ハーブ、薬草

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(序章)計画・準備編、タイでの列車輪行の検証
2、いきなり出遅れ、客車内に自転車を積めるか?ウドンターニへ
3、ウドンターニのお宿と食事処、ゲーン・センを食す
4、自転車でタイ・ラオス国境を目指せ!
5、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(1)自転車での国境通過術【第一友好橋・タイ→ラオス編】
6、simを確保して初ライド in Lao、ラオスの道は自転車にはちと辛いか・・・
7、ビエンチャン、カオピアック”準"名店巡り
8、ビエンチャン”準"名店ファイル【3】魚のカオピアック・・・カオピアック・パー・セープ

意味深な題名でソッチ系で訪問された方には ヾ(^-^;) ゴメンゴメン
紹介するのは健全なお店です。

男ですからソッチ系も嫌いじゃないんですがね。

えっ?好きだってハッキリ言えよ?って?
まあね。。。




朝や昼はカオピアックを食べまくるので悩む必要は無いのだが、問題は夜。
夜はほとんどのカオピアック屋(というか麺類の店のほとんど)は閉まってしまうのでね。
まあ、ラオスでは朝食用という位置付けかな?

なので、前回も夜の食事場所の確保で結構探しまくったね。

ビエンチャン”標準店”ファイル【1】Pho Zap(フー・セープ)
ビエンチャン”標準店”ファイル【2】Hoang Kim(べトナム料理)
ビエンチャン”標準店”ファイル【3】店名不詳、バー代わりに使える2店

今回は、初日の夜は前回調べた上の店の【3】に行き、2日目の夜はその隣にあった初めての店に行ってみた。

まるで新宿のコンパ会場のような店

前回行ったLong Lonという店(並んだ右側)。

まずはビアラオ
IMG_2318-0405.jpg

が、注文を取りに来ないというか、店員は常連客ばかり相手にしていて完全に無視されている感じ。
まあ、お一人様の外人だから分かる気はするがね。。。

結局注文したのは前回と同じ、豚の足の揚げ物。
IMG_2324-0405.jpg
まあ、無難な一品だと思う。

ちなみにメニューはこれ。
IMG_2322-0405.jpg
IMG_2323-0405.jpg
英語もあるけど、ラオス語の方が料理の内容が分かりやすいと思う(タイ語と似てるから)。

それにしてもこの店、隣が閉まっていたというのもあるんだろうけど超満員。
しかも、ほぼ全員が酔っ払いで、テーブルの上は食べ散らかした皿が散乱し、立ち上がってビールを注ぎまくってる。( ^^)Y☆Y(^^ ) 乾杯!

カラオケがんがんの中で、ビールはケース単位で飲みまくり。
ビールだけでよくそれだけ飲めるよ〜、感心。

知り合いが来るとまた立ち上がり、ビール瓶持って挨拶し注ぎに行く (。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

まるで、この店の客は全員知り合いのような感じだ (*^・ェ・)ノ コンチャ♪
たぶん、小さな街なんで皆顔見知りだとは思うけどね。

まるで、新宿の居酒屋での学生コンパのノリ(@^◇^)/∀☆∀\(^◇^@) チン!
IMG_2320-0405.jpg
IMG_2321-0405.jpg

ワンコも物売りも乞食も乱入して、もう何が何だか分からない店だな〜

前回も来たけどここまでではなかったような・・・その日が金曜日だったから???

明日は別の店にしよう。

同じスタイルの店だが、比較的空いていて従業員の感じもいい隣の鴨焼きの店

IMG_2337-0405.jpg

Pingpet Phouthin、ຮ້ານປີ້ງເປັດだから鴨焼きの店だろう。

場所はここ
上のlonglonの向かって右隣


目印はこの外にある焼き台
IMG_2338-0405.jpg

隣のlonglonの半分くらいの広さだが、作りも雰囲気もメニューも同じようなもの。
IMG_4324-0405.jpg
IMG_4325-0405.jpg

ここもカラオケがんがんかかっている。

メニュー
IMG_4322-0405.jpg
IMG_4321-0405.jpg

ここは比較的空いているからか?店員の対応はとてもフレンドリーでよろしい。
店の作りもメニューも飲み物も同じなんで、これくらいしか差別化ができないけど。。。

ラオスといえばこのハーブ系の種類の多さ
IMG_4323-0405.jpg
同じラープを食べても、タイとラオスのラープは香りがかなり違う。

最近タイでは高級レストラン以外では見なくなったカオニャオの容器。
IMG_4328-0405.jpg
IMG_4329-0405.jpg
久々に見たね〜

注文したのは看板商品の鴨焼き
IMG_4326-0405.jpg

ビエンチャンの夕食で必ず注文する豚足の揚げ
IMG_4327-0405.jpg
ビールのつまみには一番。

お味は・・・まあ〜普通かな・・・
でも、店員の対応がとてもスマートで気に入りましたよ、こっちの店。

で、外向きに座っていたけど、この正面に見える雰囲気がなんとなくラオスっぽくていい感じだった。
IMG_4330-0405.jpg
ラオスって、街中にも大木が生い茂っているっていうイメージがあって、ラオス女性の髪型(長い髪を上で団子状にする型)と重なると、あぁ〜ラオスって感じだった。

***

メコン川沿いにあった暗闇屋台村がなくなって行き場を失ってしまったオレ。
あの、旨かったラオスのガイピン(ガイヤーン)をもう一度食べたいな〜



村上春樹も言っているけど・・・

まったりとした空間とゆっくりとした時間の流れ、大木の木陰、カオニャオ、カオピアック、カオソーイ。。。
オレが思い浮かべるのはこんなところか?

何があるんでしょうね〜?
何を見たんでしょうね〜?
村上春樹の答えを聞いてみたいな。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018ビエンチャン 3月 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1281-d76f908a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT