FC2ブログ

脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

ついに「大人の夏休み」終了!期間限定の新天地(日本)に転居したが寒過ぎて参ってる。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車でタイ・ラオス国境を渡る(2)自転車での国境通過術(第一友好橋・ラオス→タイ)

今日のラオ語

ຂົວມິດຕະພາບ ລາວ-ໄທ ແຫ່ງທຳອິດ タイ-ラオス友好橋

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(序章)計画・準備編、タイでの列車輪行の検証
2、いきなり出遅れ、客車内に自転車を積めるか?ウドンターニへ
3、ウドンターニのお宿と食事処、ゲーン・センを食す
4、自転車でタイ・ラオス国境を目指せ!
5、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(1)自転車での国境通過術【第一友好橋・タイ→ラオス編】
6、simを確保して初ライド in Lao、ラオスの道は自転車にはちと辛いか・・・
7、ビエンチャン、カオピアック”準"名店巡り
8、ビエンチャン”準"名店ファイル【3】魚のカオピアック・・・カオピアック・パー・セープ
9、ビエンチャン”標準店”ファイル【4】夜のお店と村上春樹
10、タナレーン→ノンカイ列車移動、乗り遅れる。原因は・・・事件簿①

注意:ここから書く内容はこの時自分自身で実体験したことですが、もちろん他にも方法はあると思いますので色々試してみてください。

ノンカイ⇔ビエンチャン間にあるタイ-ラオ第一友好橋。

復路は列車で渡る予定だったのだが乗り遅れて、再度自転車自走で渡る羽目に。。。
今回はラオス(ビエンチャン)からタイ(ノンカイ)へ渡る術を公開しよう。

タイ(ノンカイ)からラオス(ビエンチャン)へ渡る術をはここ↓を参照。

自転車でタイ・ラオス国境を渡る(1)自転車での国境通過術【第一友好橋・タイ→ラオス編】

以下の記事にある位置関係はこれを参照
第一友好橋

基本はタイ→ラオスと同じだが、見たものはタイ側とは全く違うものだった。



ラオス→タイ国境通過術(出国・ラオス側イミグレ)

《step-1》
イミグレボックスの横に自転車を停める。
IMG_4336-0403.jpg

《step-2》
通常のラオスの出国手続きを受け、出国印を押されたら一旦先に進み出口から出る。

《step-3》
出口から出たら車道に出てラオス側に戻って自転車を引き取る。
もし、この姿を警官が見ていて何か言われたら自転車を指差して「จักรยานジャックラヤーン!」と叫べば戻ることを許してくれるはず。

堂々と戻れば多分何も言われないでしょうね。
万が一言われたらパスポートの出国印を見せて自転車を取りに行くといえばokでしょう。

ラオス-タイ国境通過

さあ、タイ-ラオス友好橋に突入です♪

ここがラオス側最後のチェックポイント。
IMG_4341-0403-1.jpeg

うっ、えっ???

IMG_4341-0403-2R.jpeg

タイ側では自転車・オートバイは通行禁止の標識が出ていたが、こちらラオス側では共にokの標識 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

タイ側の標識↓
IMG_4282-0329-2.jpeg
ふふふ・・・

まあ、ところ変われば制度も変わるということか?
それとも、タイの赤丸に斜線という標識は通行okという意味だったのかな〜(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
確かに、自転車とオートバイに斜線が掛かっていないね〜 、ひとつ勉強になったよ ┐(´-`)┌

「決めたことは守る!」「規則を遵守する!」と教えられてきた日本人がラオス→タイ→ラオスのルートを通ろうとすると、戻れなくなって大量の難民発生!ってなことになりかねないね(。´・(ェ)・)
まあ、オレは違うけど。。。

***

このチェックポイントでは車はみな一旦停止をして、紙(紙幣?)を渡してからバーを上げてもらっていた。

自転車で通ろうとすると「バーの間を抜けて行け」と言われる。
たぶんこれは、バーの上げ下げの回数と受け取った紙(紙幣?)の枚数を合わせているんだろうと思う。
なので、バーの間をすり抜けて進む。

IMG_4342-0403.jpg
IMG_4344-0403.jpg

歩道を通って徒歩で来た人たちはここまで。
国境線上まで行くことはできない。
IMG_4346-0403.jpg

そして、国境線上へ
IMG_4394-0403.jpg

風が気持ちい〜♪
自転車で通る人だけに与えられた特権だ♪

ラオス→タイ国境通過術(入国・タイ側イミグレ)

さて、快適な橋上を走り抜けるとタイ側イミグレに到着する。

《step-1》
進んでいくと警官にイミグレ横に駐輪するように指示される。

タイってなんでもユルユルと思っていたが、ラオスから戻ると「意外に厳し〜」って感じる(゚д゚)

《step-2》
通常のタイの入国手続きを受け、入国印を押されたら一旦先に進み、税関を抜けて出口から出る。

《step-3》
出口から出たら車道に出て自転車を取りに戻る。

まあ、一応こんな標識「徒歩進入禁止」はあるけど、自転車取りに戻らないといけないんで無視して入ります。
IMG_4402-0403.jpg

先に警官がいてこちらを見てたけど、ささっとヘルメットをかぶってずんずん行けば、その先に自転車があることが分かるんで何も言われず。

ここでも重要なのは堂々と戻ることです(笑)
万が一言われたらパスポートの出国印を見せて自転車を取りに行くといえばokと思う。

往路同様、自転車を引いてそのままイミグレ通過も出来るとは思うが、税関で難癖つけられる可能性もあるのでなるべく外に駐輪しておいたほうがいいかもね。
外に駐輪してるってのは税関から丸見えだけど (゚∀゚)

この日は日曜日だったからか?税関はお休みだったようだ (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

***

ちなみに上の写真で少し写っているけど、橋上だけを走る国境バスにこんなバスが使われていた。
IMG_4339-0403.jpg

以前はかなり年季の入ったオンボロバスばかりだったけど新調したんだね?
う〜ん京都の市バスだな、こりゃあ〜

IMG_4339-0403-1.jpeg
って言われてもね〜、誰もわからないと思うよ (´∀`*)

まとめ

往路との繰り返しになるが・・・

1、タイ-ラオス第一友好橋(ノンカイ-ビエンチャン)のタイ側には自転車・オートバイ通行禁止の標識はあるが、ラオス側には自転車・オートバイ通行可能の標識がある。なので何も問題なく渡ることができる。
(ここはタイでありラオスであるので、往復とも問題なく渡れる。)

2、重要なことは「標識に従うのではなく、あくまでもその場の警官ほかの指示に従う」こと。
道路標識等が「禁止」「許可」を示していても、その場に居る警官の指示が一番重要。

警官がいなければ、警官に制止されるまで自分で考えて行動すれば良い。

3、国境(というか出国ポイント、入国ポイント)を通過後に逆流することは、ここタイ・ラオスではそれほど問題行動とはされていない。最終的にパスポートに押印された通りに行動すればすべては許される(はず)。

4、2や3を恐れてビクビクしながら行動すると逆に目立つので、すべての行動は当然のごとく「堂々と」行うことが注目を浴びないコツかな。
万が一呼び止められても、正式手続きをしているのであれば何も問題は発生しないははず。

5、イミグレ通過方法、手続きについては以下の記事を参考にしてください。
2016年版ですが、2018年も以下の注意以外は全く変更なしでした。

ノンカーイ⇔ビエンチャン国境通過術2016年版@フレンドシップ・ブリッジ(今更ながら・・・)

注意

1、ラオス出国の際、平日は出国税無料のはずだったが日曜日は45バーツ支払う必要がある。

2、この出国税のカードは、一度イミグレで出国スタンプを押してもらった後、ラオス側に戻って出国税カードを売っているボックスで買うという「南国的」な手順だった。「先進的」な制度に慣れたニッポン人にはもう一度並び直さなくてはならず面倒くさかったよ。

日曜日は出国税割増とか免税店は閉店とか、あぁ〜ラオスはバリバリの共産主義国家だったってことを再認識させられましたね。


ぜひ、挑戦して橋の上で涼しい風に吹かれてみてください♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【3】自転車でタイ・ラオス国境を渡る | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1284-0c2c0d2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT