脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

暑くなってきたね〜、でも走りますよ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車は貨物車へオレは寝台車へ、タイの方から初めて聞いた言葉

今日のタイ語

รับผิดชอบ 責任を負う

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(序章)計画・準備編、タイでの列車輪行の検証
2、いきなり出遅れ、客車内に自転車を積めるか?ウドンターニへ
3、ウドンターニのお宿と食事処、ゲーン・センを食す
4、自転車でタイ・ラオス国境を目指せ!
5、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(1)自転車での国境通過術【第一友好橋・タイ→ラオス編】
6、simを確保して初ライド in Lao、ラオスの道は自転車にはちと辛いか・・・
7、ビエンチャン、カオピアック”準"名店巡り
8、ビエンチャン”準"名店ファイル【3】魚のカオピアック・・・カオピアック・パー・セープ
9、ビエンチャン”標準店”ファイル【4】夜のお店と村上春樹
10、タナレーン→ノンカイ列車移動、乗り遅れる。原因は・・・事件簿①
11、自転車でタイ・ラオス国境を渡る(2)自転車での国境通過術(第一友好橋・ラオス→タイ)
12、ノンカイのお宿とお気に入り食堂
13、今回の事件簿②・・・AIS sim紛失事件、タイの皆さんありがとー
14、帰りはどうしようか〜、辛いけど3等車に乗って帰る?それとも・・・
15、夕方までの暇つぶし、タイはトイレ一つで何度も楽しめる♪ in ノンカイ

18:30の列車なのだが、16:00にはショッピングセンターでの暇つぶしも限界に達しノンカイ駅に向かう。
IMG_2363-0412.jpg
IMG_2362-0411.jpg
駅前には一応ホテル?や食堂?もあるようだね?

駅周辺にあった遠目には桜のような花を付けた木
IMG_2378-0412.jpg



人民が作った車両、スバラシ(今は・・・)

構内に入ると19:10発の特急寝台が入線していた。
IMG_2364-0411.jpg
IMG_2367-0411.jpg
今まで見たことのない最新式の車両だが、人民達が作ったものらしい。

IMG_2390-0412.jpg

ちょうどドアが開いていたんで中に入ってみよう♪
IMG_2389-0412.jpg
タイも欧米と同じくプラットホームが低いので、ステップは可動式でドアが開くと下りてくる仕組み。

中に入ってみると、車両間のドアは自動式だし設備は最新でスバラシ
IMG_2387-0412.jpg
寝台車

IMG_2388-0412.jpg
食堂車

う〜ん、タイらしさが無いね〜
人民製なので数年もすれば化けの皮が剥がれてきそうだが、今はピカピカで日本の車両と遜色なく見えるね?
バンコクの路線バスでも人民製は最初はピカピカで綺麗なんだけど、数年すると一気に劣化が始まるもの。

まあ、「人民の取り繕った厚化粧」と「タイのメンテナンス能力ゼロ」が掛け合わせれば結果は言わずもがなだけど。

オレの乗るオンボロ列車の車掌の口から驚きの言葉

待つこと1時間半。。。
IMG_2380-0411.jpg

ようやくオレの乗る18:30発の134番列車が後ろ向きに入線してきた。
IMG_2392-0412.jpg
IMG_2394-0412.jpg

人民製と比べると差がありすぎ (*`へ´*)

自転車を引いて先頭車両にある貨物車まで行く。
結構長い編成で長いホーム
IMG_2398-0412.jpg

途中車掌がいたので自転車積みたいと言い、貨物票を渡すとここに積めと指示される。
IMG_2399-0412.jpg

乗り込んでみると・・・
IMG_2397-0412.jpg
以前は3等車として使っていた車両かな?
ロングシートが残っている。

貨物車というか乗務員の休憩所としても使われているっぽく、私物が結構置かれていた。

積みこむときに作業員が「積み込んだらその辺りに置いておけ」というようなことを言っていたんで、とりあえずその通りにした。
IMG_2396-0412.jpg
たぶん、作業員が最終的に荷物の固定をするんだろう。。。

が、その兄ちゃんはそのままどこかへ行ってしまった・・・
う〜ん、この兄ちゃんを信用してもいいもんか???

ただ置いただけじゃあ列車の揺れで倒れたり、ドア開けっ放し(というかドアそのものがあるのか?)なので最悪は車外に放り出されてしまうかも?と心配になり、もう一度戻って天井から吊り下がっている無数の紐のうち2本を使って自転車を固定させた。
IMG_2403-0412.jpg

これでバッチリ???
鍵はかけなくても大丈夫かな〜?
途中駅での積み降ろしのときに持って行かれる危険性は???

少し不安になって車掌のいるところまで行って「あの〜、自転車積み込んだんですが鍵をかけておいたほうが良いですよね?」と聞くと、車掌曰く

「鍵はかけなくても大丈夫、失くなったりはしない。我々には責任があるのだから (`・ω・´)ゝ キリッ」

と力強い返答が。

タイ語の知識として「รับผิดชอบ ラップ・ピット・チョープ=責任を負う」という単語は随分前から知っていたのだが、この言葉をタイの方から直接聞いたのは初めてだった (;゜0゜)

結果が伴うのかは知ラナイけど

タイ国鉄スバラシ

さて、乗り込みますか〜

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【3】自転車でタイ・ラオス国境を渡る | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1289-738e27ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT