脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

暑くなってきたね〜、でも走りますよ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【4日目(3)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、トンパプームのお宿と食事処+公共交通情報

今日のタイ語

タイの乗り物
รถเมล์ ロット・メー:郵便配達の様に決まった場所をぐるぐる回りちょこちょこ停まる車=近距離路線バス
รถ ロット:車全般、เมล์ メー:郵便、英語のMail(メール)
IMG_5574-0101.jpg

รถทัวร์ ロット・トゥァー:ツアー車=長距離バス
รถ ロット:車全般、ทัวร์ トゥァー:旅行、英語のTour(ツアー)
IMG_4188-0319.jpg

รถตู้ ロット・トゥ:箱型車=バン、バンを使った小型バス
รถ ロット:車全般、ตู้トゥ:戸棚、ケース、タンス=箱型のもの
IMG_9532-0121.jpg

สองแถว ソーン・テオ:2列=(椅子が)2列(ある車)=小型・中型トラックの荷台に長椅子を2列載せた車=乗り合いタクシー
สอง ソーン:数字の2、แถว テェーオ:列、隊
2taew-0515.jpgThai-Songthaew-0515.jpg

สามล้อ サーム・ロー:3輪車(3輪車であれば人力・エンジン付きを問わない。トゥクトゥクはサーム・ローの一種)
สาม サーム:数字の3、ล้อ ロー:車輪、ホイール
img_5-0515.jpegIMG_5161-5161.jpg

ตุ๊กตุ๊ก トゥクトゥク:トゥクトゥク(というエンジン音)=トゥクトゥク
att3_s-0515.pngimg_1-2-0515.jpeg

แท็กซี่ テェクシー:タクシー、英語のTaxi
แท็กซี่มือสอง_new-1

รถเช่า ロット・チャウ:料金を払って借りる車=レンタカー
รถ ロット:車全般、เช่า(料金を払って)借りる

รถเหมา ロット・マオ:貸切車(タイでは運転手付きで貸し切るケースが多い)
รถ ロット:車全般、เหมา全体をひっくるめて計算する(車代・ガソリン代・運転手代を全部含めて借りること)
貸切専門会社以外の普通のタクシーでも、交渉次第で時間ルート(半日、1日等)を決めて貸切ができる。

มอเตอร์ไซค์ モーターサイ:オートバイ、バイクタクシー、英語のMotorcycle(モーターサイクル)
201508141511-0515.jpg

上の写真のように、バイクタクシーがたむろっている場所(乗り場)をวินมอเตอร์ไซค์ ウィン・モーターサイという。バイクタクシー乗り場。
วิน ウィン:勝利(英語のwin、特に競馬の1着馬をいう場合が多い)
要するに、順番に客を乗せていくのだが、この場所に最初に入ったバイクが最初に客を獲得できる=win勝利、ということかららしいが詳細は不明。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ!(序章)計画・準備編
2、【初日(1)】バンコク→カンチャナブリー、出遅れてバス移動
3、【初日(2)】バンコク→カンチャナブリー、カンチャナブリーのお宿と食事処
4、【2日目(1)】カンチャナブリー→桑井川神社へ。通り過ぎて、病気再発で散々
5、【2日目(2)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、パンクと坂でヘトヘト。。。
6、【2日目(3)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、名も知らぬ場所のお宿と食事処
7、【3日目(1)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、下り最高〜♪
8、【3日目(2)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、ビルマ人には厳しいタイ
9、【3日目(3)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、これが本当の戦争の”傷跡”
10、【3日目(4)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、今日のお宿と食事処
11、【4日目(1)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、嗚呼!史上”最大”の置き忘れ事件
12、【4日目(2)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、間一髪?転倒・・・タイミング次第で死んでいたかも

今日のトンパプームのお宿は、途中のセブンイレブンで休憩中にネットで予約してから行ったトンパプム プレイス (Thongphaphum Place)というお宿。

IMG_4632-0515.jpg

ロケーション


クエー川に架かる橋を渡った最初の交差点を右折したテッサバーン通りの市場の隣にある。

IMG_2472-0515.jpg
ここが、3272号線を右折してテッサバーン通りに入る場所。この門が目印。

おそらくこの街の中心部と思われる最高の立地。





部屋


IMG_4628-0515.jpg
IMG_4647-0515.jpg

広すぎず狭すぎずちょうどいい感じ。
エアコン付きで600バーツ。

ただ、冷蔵庫は無かったが、後述する理由により全く問題なし。

家具はすべて木製。
バスルームの湯沸かし器まで木製の箱に収められていた (;゜0゜)

山間部だから、こういう木材が豊富なんだろうね〜

部屋によってはこんな壁も木の部屋もあるらしい。


環境

とにかく最高♪

■通信環境
Wi-Fiもサクサク入る。

■コンビニほか
ホテルの正面にセブンイレブンがある(ただし入り口は裏側)。
雨が降っていてもほぼ濡れずに行ける♪

部屋に冷蔵庫が無いと書いたが、セブンイレブンという巨大冷凍冷蔵庫がほぼ正面にあるので超便利。

目の前が市場で、食事処に困ることもなく、街の中心部なので雑貨屋等も多い。

■食事処
街の中心だから食べる場所には困らない。

持ち帰るなら目の前の市場で、ファストフードなら目の前のセブンイレブンで、店で食べたいなら周りにはいくらでもある。そもそも、街自体が小さいので隅から隅まで歩ける範囲。

どうしようか?迷ったが、困った時はお粥屋。
これ、タイでの鉄則だね \(^o^)/
googlemapにข้าวต้มカオ・トム=お粥と入れるとเอกข้าวต้มエーク・カオトムという店がヒットしたので行ってみた。



店に入るとメニューを渡されつつ、同時にオススメメニューを言われた。
ここのおばさん、モーレツに早口で10品ぐらい言うもんだから???

あの〜、もうすこしゆっくり話してもらえませんか?

おばさん微笑みながらゆっくりオススメメニューを言ってくれたのだが、10品連続で言われるとやはりそのうち???

トムヤム系がオススメとのことで、滅多に食べないトムヤムクンを珍しく注文。

食べれば美味しいんだけど、特別好きなわけじゃないんだよね・・・
日本食でいうと肉じゃがと同じレベルかな?ヽ(´∀`)ノ

で、結局ビール2本とこの2品(トムヤムクン+豚のニンニク炒め)。
IMG_4641-0519.jpg

お味はまあまあ。
やっぱりトムヤムクンは多すぎて一人で食べるのはちょっとキツイね〜(´・_・`)
それにビールのツマミにならない。

食べながら見ていたのは、壁・天井にびっしりくっついていたヤモリくん。
IMG_4643-0519.jpg

久々に長時間、彼らの捕食を眺めていたけど、意外に狩りがへたっぴだったのが印象的だった (゚∀゚)

この店の他に、市場の隅の川沿いに結構雰囲気の良さげな店(クルゥア・ルアン・スワン:場所はDamascus的カンチャナブリーmapを参照)もあったんで、次回はこちらへ行きたいな。
IMG_4636-0519.jpg
IMG_4637-0519.jpg

その他・全般

ほんと便利な場所で移動や食事には絶対のオススメ。
隣の駐車場の奥に大きな物干し台があるんで、そこで洗濯物を乾かすこともできる。

トンパプーム・公共交通情報

■バス
①バンコク(モーチット)⇔トンパプーム⇔サンクラブリー・スリーパゴダパス
1日2便あるという人と、1便しかないと言う人がおり詳細は不明。
時刻表も掲示されておらず、乗る場合は事前(前日)に要確認。

乗り場はKhrua Ngo PAという名の食堂の前(らしい)


②カンチャナブリー⇔トンパプーム⇔サンクラブリー・スリーパゴダパス
バス停の付近にいた人に聞いたが、これも時刻表はないとのこと。
少なくともトンパプーム→サンクラブリーの始発は10:00am

乗り場は市場内のセブンイレブンの横(トンパプーム・プレイスの目の前)。
IMG_4634-0516.jpg


■ソンテオ
上の②と同じバス停から8:00amにトンパプーム→サンクラブリー行きのソンテオがある。
これ以外にも便はあるはずだが、誰に聞いても時刻は分からなかった。

■ロット・トゥ
トンパプーム→サンクラブリーの始発は9:00am

乗り場はここ


タイの常識=タイでの注意事項
(一般に知られた明確な情報がある場合を除く)

聞く人によって答えは全部違う。

推定理由=自分の経験値で答えるからか?
つまり、いつのどんな情報かはその人によって違う。しかも「ちょっとあやふやだけど、多分○○ですよ」ではなく、みな自信を持って答える。
以前はそうだった、そんな話を聞いたことがある、そんなのを見た記憶がある(事実かどうかは不問)。○○さんがそんなことを言っていた(事実かどうかは未確認)。

特に田舎の人は自分のテリトリー以外の場所について、聞かれても分からない=旅行者が知りたいことなど知らなくても生きていけるから(日本も似たようなものだが、日本と比べても特に多い)。または、大卒のエリート以外地図が読めない人が多い(日本と比べて圧倒的に多い)。

参考

ทองผาภูมิトーン・パー・プーム:金の岩山の地
ทอง :金
ผา : 岩山、崖
ภูมิ:大地、土地

金の産出が多い地だったようだ。

「カンチャナブリーmap」作りました♪


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【4】自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1311-c1ccb3f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT