脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

暑くなってきたね〜、でも走りますよ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【5日目(1)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、悩んだ末の決断・・・気分を変えてGO !

今日のタイ語

ขาไป カー・パイ:往路
ขา カー:足、行程、ไป パイ:行く

ขากลับ カー・グラップ
ขา カー:足、行程、กลับ:帰る、戻る

ไป-กลับ パイ・グラップ:往復

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ!(序章)計画・準備編
2、【初日(1)】バンコク→カンチャナブリー、出遅れてバス移動
3、【初日(2)】バンコク→カンチャナブリー、カンチャナブリーのお宿と食事処
4、【2日目(1)】カンチャナブリー→桑井川神社へ。通り過ぎて、病気再発で散々
5、【2日目(2)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、パンクと坂でヘトヘト。。。
6、【2日目(3)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、名も知らぬ場所のお宿と食事処
7、【3日目(1)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、下り最高〜♪
8、【3日目(2)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、ビルマ人には厳しいタイ
9、【3日目(3)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、これが本当の戦争の”傷跡”
10、【3日目(4)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、今日のお宿と食事処
11、【4日目(1)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、嗚呼!史上”最大”の置き忘れ事件
12、【4日目(2)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、間一髪?転倒・・・タイミング次第で死んでいたかも
13、【4日目(3)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、トンパプームのお宿と食事処+公共交通情報

ここトンパプームに着いた時から悩んでいた。

懸念・・・挑戦か?撤退か?

ここから先、トンパプーム→サンクラブリー→スリーパゴダ・パスを「素人・貧脚・エントリーバイク」の三重苦で本当に自転車で上れるのか?
20180517175926667s-0520.png

20180517182203998-0520.png

トンパプーム→スリーパゴダ・パス総距離:87.8km→距離だけなら問題ない、楽勝♪

トータル上り=1311m、下り=1154m
これはちょっと問題だな。。。

問題は二つの峠越え
Aポイント:距離約8.0km、勾配3-4%
Bポイント:距離約6.0km、勾配5-6%(最大10%超?)

この二つの峠は途中のサンクラブリー(75km地点)の手前にあるので、ここを抜けきれば目的地到達は保証されたようなもの。

ちゃんとクライムヒルの練習しているサイクリストなら、10km程度の距離の平均勾配10%前後を走り抜けられるようなので、このコースは難なく?走り抜けられるのだろうが、三重苦のオレに越えられるか???

参考データ:関東地方のヒルクライムランキング

しかも、峠は二つあるのだ。。。

冷静に考えれば「撤退」の二文字しかないが、ここまで来たら「挑戦」してみたい気もある。

トンパプームに入る直前から8:2で悩んでいたが。。。

もし、走り抜けられなければ二つの峠の中間地点(ほぼ山の中)に一泊するしかない。
色々調べると、宿はありそうだが・・・

ここまでの坂でもヒイヒイ言っていたのに平均勾配5-6%(最大個所は10%超え?)を6kmも走れる訳がないな〜
走れたとしても相当のダメージを被りそう・・・



冷静に考える・・・( ̄~ ̄;) ウーン

1、旅がしたい
2、どうせ旅をするなら便利な自転車で(最近の傾向)
3、旅は楽しく快適に
4、ハプニングは旅のスパイスだが思い出程度に・・・


多少の困難、ハプニングや危険性はあったほうがスリリングな旅ができるし、想い出深い旅になるのは今までの経験上分かってはいたし、東部400kmライドも確かに苦しかったけど忘れられないライドだったのは間違いない。

結論は・・・ニッポン人として過去の歴史を無駄にしない( ̄^ ̄)ゞ

しかし、自分の年齢・経験・体力を考えると、無理は禁物。
ここは勇気ある撤退が妥当なところだろう。

日本軍もここタイ・ビルマ戦線で装備・兵力を無視した進軍で、多くの犠牲者を出したではないか!(゚ー゚)(。_。)ウンウン

結論:ここから先は自転車を諦め、車(バス・ソンテオ)でスリーパゴダ・パスを目指す!
往路の道路状況を確認した上で、出来そうだと判断できれば復路は自転車での挑戦も考える。


そう、チャレンジと無謀は違うのだ。
物事には「やってみなけりゃ分からない」と「やらなくても分かる」ことがある。

今回はどちらかというと前者なのだが、無理をして体を壊すより「次回に残す」ことを選択した。

結局、決断したのは5日の明け方だった。

***

5月5日

一応、前日の夕方からいろんな人にスリーパゴダ・パスへの交通手段・時間を聞きまくっていたので7:00amには起き上がり、ホテルの目の前のバス停から8:00am発のバスに乗るべくチェックアウト。

8:00am10分くらい前、バス停にやって来たのは、事前情報のバスではなくソンテオだったが。。。

IMG_4649-0517.jpg


「カンチャナブリーmap」作りました♪


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【4】自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1313-b45239ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT