FC2ブログ

脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

ついに「大人の夏休み」終了!期間限定の新天地(日本)に転居したが寒過ぎて参ってる。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【5日目(2)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、これぞ自転車王国タイ!

今日のタイ語

หงายท้อง ンガーイ・トーン:仰向けになる、腹を上に向ける=ひっくり返える
หงาย ンガーイ:上向きにする
ท้อง トーン:お腹
→自転車を上下逆さまにする時にも使うフレーズ

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ!(序章)計画・準備編
2、【初日(1)】バンコク→カンチャナブリー、出遅れてバス移動
3、【初日(2)】バンコク→カンチャナブリー、カンチャナブリーのお宿と食事処
4、【2日目(1)】カンチャナブリー→桑井川神社へ。通り過ぎて、病気再発で散々
5、【2日目(2)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、パンクと坂でヘトヘト。。。
6、【2日目(3)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、名も知らぬ場所のお宿と食事処
7、【3日目(1)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、下り最高〜♪
8、【3日目(2)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、ビルマ人には厳しいタイ
9、【3日目(3)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、これが本当の戦争の”傷跡”
10、【3日目(4)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、今日のお宿と食事処
11、【4日目(1)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、嗚呼!史上”最大”の置き忘れ事件
12、【4日目(2)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、間一髪?転倒・・・タイミング次第で死んでいたかも
13、【4日目(3)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、トンパプームのお宿と食事処+公共交通情報
14、【5日目(1)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、悩んだ末の決断・・・気分を変えてGO !

5月5日

昨日の夕方、地元民に聞きまくったスリーパゴダパス(またはサンクラブリー)への公共交通機関。
①長距離バス(多分エアコン付き)、②おんぼろバス(エアコンなし)、③ソンテオ、④ロット・トゥの選択肢はあったが、一番出発時刻が早い②のおんぼろバスで行くことに。

IMG_4649-0517.jpg

勇気ある撤退は大正解だった♪

ホテル前のバス停で待っていると、定刻8:00amにやってきたのは地元民に聞いていたおんぼろバスではなくソンテオだった。。。

聞いてみると、バスは10:00amまでないのでこれに乗るしかないようだ。
最終目的地スリーパゴダ・パスまでの直通のソンテオはないようなので、途中のサンクラブリーまで。
80バーツ+自転車積込料20バーツ。





タイでは日本のような宅配サービスがない代わりに、都市間を走るバス、ソンテオ、ロットトゥが宅配便の代わりをしている。乗客は乗らず荷物だけ預けるケースがよくある。特に地方都市では。

時にはルートを外れて届け先の家の前まで行くことも。。。
仕組みや料金はよくわからないけど。

なので、都会のソンテオにはあまりないルーフキャリアが装備されている。



今日は委託荷物がいっぱいで、キャリアがいっぱいになってしまっていたが、さすが運ちゃん慣れたもので自転車も積み込んでくれた。
IMG_4651-0519.jpg
IMG_4654-0519.jpg
IMG_4652-0519.jpg

ほぼ定刻に出発。
最初はガラガラだったソンテオ、しかし途中でどんどん乗ってきて完全に定員オーバー。

途中で停まるたびに乗客どおし顔を見合わせ「もう無理だよね〜」ってな会話をしていたが、もう無理と言い始めてから5人位乗り込んできたよ。

途中で婆さんが乗ってきたので席を譲ろうと思ったけど身動きできず。。。

超狭い車内で2時間半・・・地獄でした。。。

10:30amごろサンクラブリーのボーコーソーに到着。
で、肝心のこの区間の坂の具合は???

車内が窮屈で写真は全く撮れなかったけど・・・

トンパプーム()→サンクラブリー()の距離と高度はこんな感じだった。
IMG_2489-0519.jpg

最初の峠(A)は苦しむだろうけどどうにか走れるかな?とは思ったけど、2つ目の峠(B)はとてつもない勾配でソンテオもエンジン全開で走っていたけど時速15kmくらいしか出ていなかったかな?

それにこの区間は側道がなかったので自転車やバイクは走りづらいだろうね〜

特に最後の下り坂はまさに絶壁ともいうようなすごい傾斜で、ソンテオは10km/hもスピード出していなかったんじゃないか?

断念してよかった〜♪
大正解♪

多分、二つ目の峠で死んでいたと思うよ
ビンディングシューズなんで、上りの激坂の途中で止まれない(超低速になるんでビンディングを外すに外せないんじゃなかろうか?)から足がつって立ちゴケするのは目に見えている。

下りも恐ろしいほどの急坂で、ブレーキかけっぱなしじゃないと下れない・・・

よかったよかった♪

こうして無事にサンクラブリー着
IMG_2473-0519.jpg

ここで、緑のソンテオに乗り換えるよう運転手に言われ、自転車を乗せ替えた。

ようやくミャンマー国境に到着

これが乗り換えたソンテオ。
IMG_2475-0519.jpg

ルーフキャリアがないね〜、どうしたもんか?と運ちゃんに聞いてみると「ひっくり返して逆さまで真ん中に置け」というので前輪だけ外してそうしました。
IMG_2478-0519.jpg

ニッポン人的感覚だと「他人様の迷惑になる行為は憚られる」んだろうけど、田舎ではこの程度では誰も迷惑がっていないし、自らの行動を抑制する感覚がタイ滞在3年半で失せてしまったので、「ハイハイ、自転車積むからちょっとどいて〜」とか平然と言いながら積み込みましたよヽ(´∀`)ノ

もちろん、もっと丁寧な言い回しだったけどね・・・

道はスベスベ、側道も広く、疲れたら鉄道でもバスでもソンテオでも自転車積み放題\(^o^)/
まさに、自転車王国タイ!

ここサンクラブリーから終点スリーパゴダ・パスまでは軽い上り坂の20km超。


この区間は自転車でも問題なかったけど、ここまできたら同じだ〜と思いソンテオに載せてしまいましたよ。

IMG_2480-0519.jpg
IMG_2481-0519.jpg
IMG_2482-0519.jpg

多少のアップダウンはあるけど、気持ちよさそうだ♪

スリーパゴダ・パスまでは30バーツ。
自転車積み込み料は取られなかった。

さあ、ここを下ったら到着だ♪
IMG_2485-0519.jpg

着いたところはここ。
IMG_2487-0519.jpg

通りに出てみると・・・
IMG_2488-0519.jpg

遠くにスリーパゴダが見える♪キタ━(゚∀゚)━!
その先の山々はミャンマーだ♪

***

「カンチャナブリーmap」作りました



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【4】自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ! | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もクメールでは相当の無茶をしましたが、挑戦と無茶って違います
からね。
良く友人に引き返す勇気をって言われましたがなかなかそれが出来なくて(笑)

サンクラブリは車でもキツイ道があるので結果として自転車で行った
という事が重要で無理して体壊しても良い事無いので。

| KK | 2018/05/22 14:13 | URL |

Re: タイトルなし

KKさん
挑戦と無謀はある程度経験で判断できます。
経験したことがない人は何でも無謀に見えがちですが、結構チャレンジしがいがあるものも多いです。

| Damascus | 2018/05/22 22:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1314-c59dda09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT