FC2ブログ

脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

ついに「大人の夏休み」終了!期間限定の新天地(日本)に転居したが寒過ぎて参ってる。。。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【5日目(4)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、実際のところ国境線の9割はこんな感じなのだろう

今日のタイ語

泰緬鉄道はタイでは3つの名称がある。
ทางรถไฟสายมรณะ ターン・ロット・ファイ・サーイ・モラナ:死の鉄道

ทางรถไฟ ターン・ロット・ファイ:鉄道
สาย サーイ:線、線状のもの
มรณะ モラナ:死ぬ

ทางรถไฟสายพม่าターン・ロット・ファイ・サーイ・モラナ:ビルマ鉄道
พม่า パマー:ビルマ(ミャンマー)

ทางรถไฟสายกาญจนบุรีターン・ロット・ファイ・サーイ・カンチャナブリー:カンチャナブリー鉄道
กาญจนบุรี:カンチャナブリー:カンチャナブリー

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ!(序章)計画・準備編
2、【初日(1)】バンコク→カンチャナブリー、出遅れてバス移動
3、【初日(2)】バンコク→カンチャナブリー、カンチャナブリーのお宿と食事処
4、【2日目(1)】カンチャナブリー→桑井川神社へ。通り過ぎて、病気再発で散々
5、【2日目(2)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、パンクと坂でヘトヘト。。。
6、【2日目(3)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、名も知らぬ場所のお宿と食事処
7、【3日目(1)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、下り最高〜♪
8、【3日目(2)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、ビルマ人には厳しいタイ
9、【3日目(3)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、これが本当の戦争の”傷跡”
10、【3日目(4)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、今日のお宿と食事処
11、【4日目(1)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、嗚呼!史上”最大”の置き忘れ事件
12、【4日目(2)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、間一髪?転倒・・・タイミング次第で死んでいたかも
13、【4日目(3)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、トンパプームのお宿と食事処+公共交通情報
14、【5日目(1)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、悩んだ末の決断・・・気分を変えてGO !
15、【5日目(2)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、これぞ自転車王国タイ!
16、【5日目(3)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、国境?そんなのカンケーネー (゚д゚)、ペッ

さて、これからサンクラブリーまで戻ってモンブリッジでも見に行くか〜とは思ったが、せっかく自転車で来ているんで付近をぐるぐると。
ただし、基本的にこの街は坂の街(ミャンマー側に下っている)だし、狭い街なんで限られているけどね。。。



日本の痕跡

ここスリーパゴダ・パスは「3世紀にタイ仏教がインドから伝わったルート」「アユタヤ王朝時代はビルマ軍がタイへ進行のルート」であると共に、近年では「泰緬鉄道のルート」だった。

ネットで泰緬鉄道のルートを調べると、ここスリーパゴダ・パスを経由してビルマにつながっていたことが分かる。

この付近にも至る所に線路が展示してある(多分観光用の展示?)
IMG_4675-0520.jpg
IMG_4701-0520.jpg
IMG_4704-0520.jpg
方角は正しそうだけど。

こんなお寺もあった。
IMG_4703-0520.jpg
IMG_4703-0520-1.jpg

日の丸がちょっとおかしいけど・・・

pics2648.gif

国境?そんなのカンケーネー(゚д゚)、ペッ その2

その後ソンテオ乗り場に行くために、上り坂をキコキコ上っていたらやたらに人通りの多い路地があった。
何があるんだろう?
スリーパゴダ-3

IMG_2500-0521.jpg

下り坂を下って行くと・・・
上の地図では途中で道が途絶えているように見えるけど、実際にはこんなところにたどり着きましたよ。

IMG_4708R-0521.jpg

木が邪魔で見づらいけど、小川?のようなところに木橋が掛かっていて、前を行く2人の女性はスタスタ渡ってどこかに消えて行きました・・・

この木橋、両端に「通せんぼ」するように木の障害物が取り付けられている???
IMG_4706-0521.jpg

はは〜ん、ここはミャンマーとの国境線だな フム(( ˘ω ˘ *))フム

こっそり渡っちゃおうかとも思ったけど、渡ったからってオレになんらかの得があるとは思えなかったんで、ぐっと我慢しましたよ(ノ-.-)ノ

見てるとね〜、タイ側から大量の物資を手押し車でここまで運んできて、ここから手渡しで物資をミャンマー側に持ち込んでる人がいた。
IMG_4705R-0521.jpg

こうなると、国境ってなんだろう?パスポートってなんの役にたつの?税関や関税って?ってなことになるよね〜 アレレレ!?(・_・;?
もちろん、限られた地区の人だけに許された特権で、この地域には両国とも検問所がいっぱいあるんで、たとえ国境は渡れても、それ以上先には行けない仕組みになっているんだろうけど。。。

ビルマ人に言わせれば「オレ達のテリトリーに勝手に国境線引いておいて何言ってんだ?」ってことになるんだろうけどね。

ということで、例えここを渡ってミャンマーに入ったとしても、それ以上先へは行けない(この先の途中に間違いなく検問がある)ので悪い気を起こさないように!

自分を守れるのは自分だけ

戻る途中の十字路の先にスーパーのようなものがあったので、アイスでも買おうと入ろうとすると・・・

IMG_2495-0521.jpg
IMG_2494-0521.jpg

???

店先に大量のサンダルが・・・

そう、ここは土足厳禁のスーパーでした

確かにタイには土足厳禁の店があることはあるけど、これだけ規模の大きいスーパーで土足厳禁ってのはお目にかかったことがない。

で、入ってみると中規模の普通のスーパーなのだが、店員+客全員(総勢10人くらい?)から一斉に注目を浴びてしまった。。。
しかも、ただちらっと見るだけではなく、皆オレを凝視したまま固まってる・・・

えっ?

思わず「あの〜、入っちゃまずかった???」

店員「いえいえ、welcome !」

多分、自転車ヘルメットをしたまま入店したんで「何者???」と思われたんだろうね〜

店先でワンコと遊びながらアイスを食べる
IMG_2497-0521.jpg

ここはビルマ人たちが越境してきて買い物をするところのようだ(推定)。

で、彼らの買い物を観察していると、会計を済ませた商品をカゴに入れたまま店外に持ち出して、レシートと現品を1個づつ、本当に真剣にレシートと現品を照合していたよ。

レシート上から順に商品を確認して、確認できた商品はカゴの外へ。
全部確認できたらレジ袋に入れて帰って行った。

IMG_4724-0521.jpg

ビルマ、タイの人に限らず、日本人以外は欧米人もこういうチェックを欠かさないよね〜
でも、一品一品現品照合するのは初めて見たかも?

日本人:他人に迷惑をかけないように、必要以上に自分の行動を抑制する。その結果、多少自分に不利益があっても我慢する。
ただし、後から間接的に文句をいうケースが多い。

日本人以外:自分の不利益になるかもしれないことは、場所や時間を問わず徹底的にチェックして自分を守る。
問題があればその場で直接言う。

なんだかこういう構図が見えてくるね〜
どっちがいいとか悪いとかじゃなくてね。

日本では自己責任論が盛んだけど、自己責任って自分の行為全てにかかってくるものであって、当たり前で特別なことじゃないんだよね〜

***

スリーパゴダパス。
特に見るものもないし、市場で買いたいものもないし、ミャンマーには入れないし、旅の目的だった「ミャンマーでモヒンガーを食べる」も断念せざるを得ないし、暑いし・・・

帰りますか〜

一応、お土産でミャンマービールを買いましたよ。
IMG_4698-0520.jpg

「カンチャナブリーmap」作りました♪


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【4】自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1316-31bced3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT