脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

暑くなってきたね〜、でも走りますよ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【5日目(7)】スリーパゴダ・パス→サンクラブリー、サンクラブリーのお宿と食事処・ガラスの宮殿 ( ゜A゜;)マジ?

今日のタイ語

ตลาดนัด タラート・ナット:日や時間を決めて(約束して)開設する市場

ตลาด タラート:市場
นัด ナット:約束する、約束、日取りを決める

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの話は↓を参照。

1、自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ!(序章)計画・準備編
2、【初日(1)】バンコク→カンチャナブリー、出遅れてバス移動
3、【初日(2)】バンコク→カンチャナブリー、カンチャナブリーのお宿と食事処
4、【2日目(1)】カンチャナブリー→桑井川神社へ。通り過ぎて、病気再発で散々
5、【2日目(2)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、パンクと坂でヘトヘト。。。
6、【2日目(3)】桑井川神社→名も知らぬ場所へ、名も知らぬ場所のお宿と食事処
7、【3日目(1)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、下り最高〜♪
8、【3日目(2)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、ビルマ人には厳しいタイ
9、【3日目(3)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、これが本当の戦争の”傷跡”
10、【3日目(4)】名も知らぬ場所→ヘルファイヤー・パス(地獄の切り通し)、今日のお宿と食事処
11、【4日目(1)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、嗚呼!史上”最大”の置き忘れ事件
12、【4日目(2)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、間一髪?転倒・・・タイミング次第で死んでいたかも
13、【4日目(3)】ヘルファイヤー・パス→トンパプーム、トンパプームのお宿と食事処+公共交通情報
14、【5日目(1)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、悩んだ末の決断・・・気分を変えてGO !
15、【5日目(2)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、これぞ自転車王国タイ!
16、【5日目(3)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、国境?そんなのカンケーネー (゚д゚)、ペッ
17、【5日目(4)】トンパプーム→スリーパゴダ・パス、実際のところ国境線の9割はこんな感じなのだろう
18、【5日目(5)】スリーパゴダ・パス→サンクラブリー、サンクラブリーの公共交通機関情報
19、【5日目(6)】スリーパゴダ・パス→サンクラブリー、世界最長の木製橋(damascus認定基準)モンブリッジとミャンマービール

サンクラブリーの宿選びは結構迷った。

というのも、街の中心がいいか?モンブリッジに近い方がいいか?
それは、街の中心からモンブリッジまで1.5kmくらいあるんで。。。

街自体の規模もわからなかったし、まあ自転車もあるからちょうど真ん中あたりで・・・
ということで選んだのがバーン・ワン・ケェーオ บ้านวังแก้ว (Baan Wang Kaew) という民宿みたいな宿。

ちなみに意味は・・・
บ้าน バーン:家
วัง ワン:宮殿
แก้ว ケェーオ:ガラス

えぇ~、こんなゲストハウスもどきが宮殿~???
名前、盛り過ぎです・・・

こんな宿(失礼!)でも900バーツと宿代は宮殿並みに高い。
全般的にサンクラブリーは宿代が高いということ。。。

街の中心部には大した宿がなく、どちらかというとモンブリッジに近ければ近いほど高級ホテルが並んでいるという、まさに観光地だった。



ロケーション




部屋

部屋はこんな感じ

IMG_2502-0525.jpg
IMG_2504-0525.jpg

新しい建屋なのかな?結構きれいな部屋だった。
一応、冷蔵庫もあって必要なものは全部揃っている。

ただ、バンコクの安アパートみたいな部屋で、入り口はサッシ・・・ガラスの引き戸・・・
なので、鍵もサッシの鍵。

なるほどー、だから「ガラスの宮殿」なのか? Σ(´Д`lll)エエ!!

こういうのは初めてだな (;゜0゜)

まあ、いいとこ400-500バーツのゲストハウスだな。
900バーツはボリ過ぎだが、周りはどこも高いのでサンクラブリーというところはそういうところなんだろう。

サンクラブリー
宿の外観を撮り忘れたのでホテルサイトから借用
オレが泊まったのは2階の右側。




環境

■通信環境
Wi-Fi完備。
サクサクつながる。

■食事処
市街地とモンブリッジの中間地点と中途半端で、周りは単なる住宅街でめぼしい食事場所はない。

食事をするなら、モンブリッジ近くに行くと高級ホテルがあるので、そこのレストランで食事ができるかも?

そうでなければ市街中心部に行けばそれなりに食堂もあり、また夕方からは惣菜市場が開かれる。
まあ、どこにでもある普通の市場で、基本は揚げ物か焼き物しかないが。。。

■コンビニほか

中心部にセブンイレブンがある。
これがなければ超寂れた街という印象。。。

結局、食事場所を見つけられず(ビールを飲みながらつまみを食べるという店)、セブンイレブンでビールと氷を買って、市場で揚げ物を買って宿の部屋で食べました。。。

これは味気ないね〜 (っω・`。)

その他・全般

この宿は一般的にはゲストハウス。
普通の住宅街の一角にあり、敷地に入っても普通の民家に入り込んだような感じ。

ただ、ここの経営者のおばさん(おばあさん?)は気さくな人で、オレが自転車で来たモンだからいろいろ質問されつつ、おしゃべりに花が咲いたよ♪
特に帰りのカンチャナブリー行のバスについて聞いたら、親切丁寧に教えてくれた。

ありがとう♪

何度も書くけど、サンクラブリーの街自体宿代が高い。
この立地と設備で900バーツはちょっと納得がいかないが、滞在自体はとても快適でしたよ♪

***

歩きの人は、場所が中途半端なので避けたほうがいいかも?

「カンチャナブリーmap」作りました♪


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【4】自転車でタイ・ミャンマー国境を目指せ! | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1318-e581e714

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT