脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

暑くなってきたね〜、でも走りますよ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンコクで自転車用スペシャル工具を探せ!探せばあるもんだ〜

今日のタイ語

ประแจ ขันจี๋/ ดุม / คอจักรยาน プラジェー・カン・ジー/ドゥム/コージャックラヤーン:コーンレンチ(Cone Wrench)
ประแจ プラジェー:レンチ全般
ขัน カン:締める
จี๋ ジー:ベアリング受け→Hubのcup & coneのconeのことか?※1
ดุม ドゥム:ハブ(Hub、要は車輪の軸)
คอจักรยาน コー・ジャックラヤーン:自転車の喉→ステムのことか???

※1参考文献

ลูกปืน ルーク・プーン:ベアリング

ราคาต่อคู่ (2つ)セットの価格

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

先日こんな記事を書いた。

旅の後始末、スプロケ掃除とホイール分解洗浄・・・ありえねぇー

要は、行きつけのスティサンにあるフォーチュンバイクという自転車屋には自転車用の薄型15-16mmレンチ(ホイールのハブをバラすため)が売っておらず、店のレンチを貸してもらったという話。
Home Pro等のホームセンターにも分厚いレンチしか売っていない。

この時は借りたレンチでリアホイールのハブだけ分解洗浄し、フロントはやらずじまいだった。


その後「ประแจ บาง จักรยานレンチ 薄い 自転車」で検索すると、いろいろヒットしたのだが、そのなかでYC-152という型番がフォーチュンバイクで貸してもらったレンチであることが分かった。

薄型レンチ

結構いろんな店でヒットするのだが、そのなかでThai Bike Shop ร้านไทยไบค์という店でも扱っていることが分かり、比較的近い場所(国鉄サムセン駅前)にあることが分かったのだが・・・



自転車工具は自転車屋では売らないものなのか???

近いと言っても自転車で行くと30分くらい?しかも戦勝記念塔を抜けていくという、バンコクで最も交通量の多い場所を走らなくてはならず、なかなか気が進まなかった。

「タイの道路は素晴らしく、車の運転者の自転車への理解も含めて日本はタイに及ばない」と常々書いているが、それはあくまでもバンコク郊外〜地方の道路事情であって、バンコク都内は車は多いし道はひどすぎるであまり走りたくないんだよね〜

そんな時たまたまとある日本人が多い街にある居酒屋に行く機会があり、近くに自転車屋があることを知ったのでダメ元で行ってみたところ・・・

オレ「あの〜、薄型のレンチは売っていますか?(タイ語)」

店主「うちでは扱っていませんね〜(日本語)」

えっ????

そう、日本人経営の自転車屋だった。
知らなかったよ・・・

で、さらに「ではバンコクではどういうところに売っているのかご存知であれば教えてください」

店主「そうですね〜、この近くだったらファクトリーギアですかね〜」
と詳しく場所を教えていただいた。

soi26の奥やメガバンナーにも支店がある、日本の工具専門店だ。

せっかく教えていただいたのだが、なんだかプロ用の高級精密工具店のようなので申し訳なかったがあまり気乗りはしなかった。

やっぱり自転車屋に自転車修理・整備用の工具は置いていないのか???

確かに自転車屋にとっては修理・整備も仕事。
その工具を売るってことは、分かりやすく言うと「中華料理屋でレシピ、中華鍋や調味料を売っている」とか「本屋にamazonの端末を設置する」とか「学校の教室の一つが河合塾」ってことと同じなのかもしれないね?

そういうものなのかな〜???

工具類充実の自転車屋もあった

しょうがないので、検索結果に出てきたThai Bike Shopという店に行ってきた。

netで見ても、自転車用工具類を豊富に扱っているようだ。
そうだよね〜、これが正統派自転車屋だと思うよ。

場所はサムセン駅の真ん前、切符売り場の真正面。
IMG_4830-0606.jpg



この駅には何度か来たことがあったけど、朝早い時間帯だったからここに自転車屋があることに気がつかなかった。

***

オレ「あの〜、薄型のレンチありますか?」

店員「はぁ〜???」

オレ「ホイールのハブを分解するための薄いレンチです」

店員「???もっと詳しく教えて」

オレ「???」
しょうがないので外に停めてある自分の自転車まで店員を引っ張り出し、ホイールのハブを指差して「これを分解するためのレンチです。薄いのじゃないと外せないでしょ?薄い15-16mmのレンチが欲しいんです」

店員「???」
イマイチわかってくれない。。。

この人、単にこの店にいるだけで自転車には詳しくないのか???
店員が商品の中から出してきたのは分厚いメガネレンチやペダルレンチ(確かに15mmだけど)を出してくる始末。

これだけ言っても分かってくれないのは、オレのタイ語能力不足よりも店員の自転車知識不足だな〜

品番言えば分かるかな?と「品番はYC-152です」と言うとPCで検索して「あぁ〜」とつぶやくと、奥からこれを取り出してきた。
IMG_4832-0606.jpg

オレ「そうそうコレコレ」

ようやく二人ともにっこり。
疲れました・・・

お値段はnet価格と同じ250バーツでした。
この店は通販でも買えるようですよ。

***

そんなこんなでバタバタしたので、あまり詳しく店内観察していないのだが、ざっと見る限りレンチ類も豊富だし自転車整備の工具を結構取り扱っているようだ。

もちろん自転車本体もあって、オレが今ひそかに狙っているCannondale caad 12 Ultegraも展示してあった。
IMG_4829-0606.jpg

お値段は・・・
IMG_4829-0606-1.jpeg

うーん、今すぐは買えないな〜
タイでの価格は大体このくらい、日本での定価とほぼ同じ(26万円くらい)。
ただ、この実車はカーボンホイールを履いているし、ステムも純正と違うのでお買い得???

最初は上の様なつや消し黒がカッコイイな〜と思っていたんだけど、スカイレーンで度々見る黄色のcaad12がカッコよく見えて、今狙ってるのはこの黄色。
caad12ultegra y
2018年版にはこの黄色がなかったので、狙いは2019年かな?

50過ぎのオヤジには派手すぎる???( ̄皿 ̄)うしししし♪

スカイレーンのビデオにも出てくるよ


***

翌日さっそくこのレンチを使ってフロントホイールの分解洗浄を実施。
IMG_2581-0606.jpg
整備前

この前やったリアよりはグリスが残っていたけれど、きれいに洗浄後高級グリスをてんこ盛りに挿入して完成\(^o^)/



ベアリングのアタリ出しに苦労したけれど、乗ってみたらギアが1段以上軽くなった気がするほど軽快になった。

やっぱり、自転車はこまめに整備しなくちゃダメだね。

そんな時、バンコクで工具が充実しているThai Bike Shopはオススメですよ。
通販もやっている♪



←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 目指せ!タイでサイクリスト! | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイでカーボンホイールは、チャレンジャーですね^^
スカイレーンでの間食は、メンチですよ!毎日でも飽きませんね。

| マーク | 2018/06/09 22:00 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

マークさん
カーボンホイール、普段使いにはもったいないですが、スカイレーンで走ったりロングライドにはもってこいです。高いですが。。。スカイレーンのトラック内への飲食物は持ち込み禁止で、結構厳しい検査をやってます。私のように車がないと食べ物の収納先がなくて持っていけないんですよ・・・ざんねん

| Damascus | 2018/06/09 22:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1323-e931a8d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT