fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?

今日のタイ語

สมัครงาน サマック・ンガーン=求職する、仕事を志願する
สมัครงาน サマック志願する、申し込む、入会する
สมัครงาน ンガーン=仕事

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

昨日「大人の夏休み最後の旅《第一弾》」が終わり、明日から《第二弾》が始まります。
これから表題の「タイで転職」に関する記事と旅の記事をupしていく予定ですが、途中まで書いた記事がそれなりにあるので、「転職記事」と「旅の記事」を交互にupしていくことになるかもしれません。
読みにくいかもしれませんが、どちらも完遂していない(転職については採用は決定だがまだ入社していない、旅については終わっていないと言う意味)ためそうなることになります。

***

タイで就職
本当はプロ馬券師 🏇 になろうとも思ったけど・・・やめておいた( ̄皿 ̄)うしししし♪

これから何話かに分けてタイでの就職(タイ勤務)の実録や考え方について書いていく。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!

お約束事項のお断り

これから書くことはオレ自身が「ある特定期間に、タイの某人材紹介会社、日本の転職サイト及び日本のハローワークに登録し、実際に募集に応じて面接を受けて」見て聞いて体験したことを書きなぐったもの。

若い世代(20−30代前半)のタイでの就職実録はネット検索するといくらでも出てくるが、50代半ばの記録はあまりお目にかかれない。
全ての人に役立つものでは全くない代わり、属性(特に年齢)がオレに近い人でどーしてもタイで働きたい!という変人には少しは役に立つかもしれないと思い、体験談をまとめたものである。

お約束事項であるが、これを読んで実行した結果、全くその通りにならなくても、またなんらかの不利益を被ったとしても、当然のことながら一切責任は負いません。
ブログ程度の情報源から見聞きした情報で行動して不利益を被って、情報元に怒りを爆発させるような方は、多分この先の人生も真っ暗闇でしょう。

オレの属性

話を始める前にオレ自身の属性と就職先の希望について書いておく。
これがないと、参考にできるのか否か全くわからないだろうからね。

性別:男
年齢:50歳半ば
学歴:二流私大文系卒(早慶上智未満、日東駒専より上)
職歴:某一部上場企業(業界大手製造業、売上数千億円、従業員数万人(連結))勤務、製造業の事務系スタッフが経験するであろう多くの職種を経験、管理職
離職: 2014年依願退職、以降3年半自主的無職
住所:タイ・バンコク都
資格等
英語/ TOEIC600点台半ば(会話は旅程度では問題ないレベル、読み書き可、実務経験あり)
タイ語/タイ語実用検定3級(会話は日常生活する上では問題ないレベル、簡単な読み書き可、実務経験なし)

希望業種:製造業がメイン
希望職種:工場での生産・コスト管理、購買職等の管理職
希望勤務地:タイ(場所は問わず)、ベトナム(ハノイ近郊)
企業資本国籍:半島、大陸系資本以外はこだわらない

***

今までブログで小出しに書いてきた内容なので特に隠すことはない。

こうやって書いてみると、どこにでもいる「特に優れてもいないし、特に著しく劣っているわけでもない」普通のサラリーマン経験者。
まあ、うだつの上がらない落ちぶれサラリーマンの典型かも?

今、何かやって警察に捕まったら、ニュースでは「バンコク在住5◯歳無職の男」と報道されることになるか?ニュースを見た人は「ロクデナシだろ?」と言うと思うが、そう間違ってはいない ウシシシシ$( ̄皿 ̄)

同じまたは似通った属性のロクデナシの変人方で、タイでの就職・転職を希望している方は参考にしてください。

仕事を探す場所やエージェントは?

どこで仕事を探すのが良いか?

契約形態としては当然のことながら、タイで現地採用か?それとも日本採用でタイ出向(駐在員)?選択肢は基本この2つ。経路は色々・・・

1-1、タイの人材紹介会社→タイ現地採用
1-2、タイの情報誌などから→タイ現地採用
1-3、タイでの人のツテ→タイ現地採用
1-4、自力で探す→タイ現地採用(自営含む)

2-1、日本の人材紹介会社→日本採用
2-2、日本の転職情報サイト→日本採用
2-3、日本の人のツテ(知り合いや前職の関係者)→日本採用
2-4、ハローワーク→日本採用
2-5、自力で探す→日本採用(自営含む)

3-5、在職中の会社に転勤願い→そのままの条件で転勤

他にもあるかもしれないけど、タイで仕事を仕事をする場合こんな感じで探すのが一般的か?

今、日本で勤務している会社がタイ現地法人(子会社)を持っている場合は、配置転換を申し出るのが一番手っ取り早いかな?(3-5)でも、オレはすでに退職してしまったので、新たに会社を探すことから始めなければならなかった。

結局オレは上の選択肢のうち以下の三つの経路での仕事探しを始めたのだが・・・
1-1、タイの人材紹介会社→タイ現地採用
2-2、日本の転職情報サイト→日本採用
2-4、ハローワーク→日本採用


こんなロートルのロクデナシが仕事なんて見つけることが出来るのだろうか?
過去に退職した人たちの多くは在職中に次の仕事を決めていた人がほとんど。

見つからずに辞めて、怪しげな販売会社(ネズミ講?)で仕事をしている人の噂を聞いたこともあるが。。。

まあ、どーにかなるでしょー♪ダメならダメでも構わない♪

そうその気持ちが大切かな?

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 12:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Damascusさんの就職活動レポートすごく興味あります〜。
50代くらいの方の海外での就職過程が書かれたものってあまり
見たことないですし。ダメならダメでいいや〜で始めたところも
Damascusさんらしくていいですね(笑)。

| Mochit | 2018/09/25 23:33 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
> 50代くらいの方の海外での就職過程が書かれたものってあまりない
たぶんそんな歳にまでなって、海外で転職しようなんてヤツが少ないからだと思います(笑)

| Damascus | 2018/09/26 07:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1349-84052995

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT