fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(3)タイの人材紹介会社経由で現地採用編

今日のタイ語

บริษัทจัดหางาน ボリサット・ジャット・ハー・ンガーン=仕事探しを調整する会社=人材紹介会社

บริษัท ボリサット=会社
จัด ジャット=調整する
หา ハー=探す
งาน ンガーン=仕事

直訳すぎて、このフレーズが一般的なのか?は不詳。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:何度でも書くが、これは50歳代半ばでの転職という観点から書いてますので念のため。。。
また、オレ自身が「ある特定期間に、タイの某人材紹介会社、日本の転職サイト及び日本のハローワークに登録し、実際に募集に応じて面接を受けて」見て聞いて体験し感じたことを書きなぐったもの。
客観的な情報もある代わりに、主観的な情報も多数散りばめられているので注意。
特に価値観の違う方には有益どころか有害にもなりうる内容です、ハイ(゚∀゚)


実際にオレの踏んだ手順は「日本の転職サイトに登録」→「タイの人材紹介会社に登録」だったのだが、記事を書く都合上タイの人材紹介会社に関する実録を先にupする。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(2)現地採用の覚悟

タイの人材紹介会社登録

タイには多くの日系人材紹介会社がある。
そこでオレが選んだのが、日本でもそこそこ名の売れた某日系人材紹介会社。
日本人がうじゃうじゃいる地区にオフィスがある。

上級者??? 言葉の響きがステキ♪

ここは結構しっかりした会社で、登録前に簡単な筆記試験(英語)、会話能力チェック(英語・タイ語)、詳細確認の為の面接がある。

その上で、希望にあった会社を紹介してもらえる(はずだった)。

希望職種:(工業品)工場での生産管理、購買職等の管理職
希望勤務地:タイ国内なら不問
給与:最低80,000バーツ、希望100,000バーツ(本当は150,000バーツは欲しかったが、そんな求人は多くないしハードルが高い)

タイでの求人の実態

求人情報には営業、工場管理、貿易、エンジニアとありとあらゆる職種、日系企業、タイローカル、欧米系企業の求人がある(日系以外は対日本企業向け人材募集?)。

しかし、その求人を詳細に見てみると以下の様な条件付が圧倒的に多い。

■タイで現地採用されるための条件

1、年齢

職種によってかなり違うが、オレの希望する「工場での生産管理、購買職等の管理職」に限ると、その99%は40歳くらいまで、または40歳半ばくらいまでである。

ちなみに、人材紹介会社の人の話では「事務系現地採用者の一般的な定年は55歳」とのことである。もちろん会社や職種によって違うが・・・

追記:現地採用の外人だけでなく、タイの人たちも定年は55歳のようだ。
ただし、最近60歳定年に移行しつつあるようだが。


つまり、その時点で99%の求人票はただの文字の羅列と化す。

年齢幅が大きい職種もあり、その代表が”経験豊富”なエンジニア職だ。
この職種は年齢制限が無い募集が多い。
つまり、50歳半ばでタイ現地採用で就職しようとするとほぼエンジニアに限られるようだ。
特に多いのが金型技術者(車関係?)と、設備保全技術者。

エンジニア職は学歴が問われることも少ない(と見受けられる)*(1)
*(1)最後のまとめを参照

2、語学

特に高給な職種(10-15万バーツ以上、30万バーツという会社もある)はこの語学レベルもハードルになる。
「ビジネスレベルの英語能力要」という条件も多い。
タイ語のビジネスレベルより英語のビジネスレベルを求める職種が多く、それだけグローバルな活躍を期待しているのだろう。
当然、タイ人のエグゼクティブクラスは普通に英語を話す。

ちなみに英語のビジネスレベルを要求するハイクラス職種は営業職に多く、求人数は少ないながらも年齢制限も比較的緩やか。

語学能力は単にツールであって、どんなに多国語ができても仕事は全くダメという人もいる。この英語ビジネスレベルは最初の「ふるい」であって、英語ができるだけは当然ダメなのだが。
ただ、ビジネスレベルの英語力で世界と渡り合ってきた50歳代であれば、それなりの実績がある可能性も高い。

少なくとも、ローカルスタッフとの最低限のコミュニケーションができる「英語or(&)タイ語の日常会話レベル」は求められると思って良い。

注意事項: 要求はあくまでもビジネスで通用する英語能力ということであって、決してTOEIC◯◯◯点ではないということ。TOEICが高得点であっても会話は???な人をいっぱい知っている、点数は目安程度である。

3、同じ業界または職種での経験

これも多くの企業で条件としてでてくる。
新卒かそれに準じた年齢であれば当然そんな経験はないのだろうが、現地採用の多くは即戦力を求めているので、まあ必要な条件だろう。

即戦力が求められているので小学校中退(いまどきそんな人がいる?)とか極端な人以外、学歴はあまり関係なさそう。

4、海外勤務の経験

要は、海外で現地従業員を指揮・コントロールした経験を求める場合も少なくない。
まあ、3と似たような条件か?

《タイでの求人条件まとめ(現地採用)》

1、事務系職は40才代前半までに転職することが望ましい。会社によっては30歳くらいまでというところもあり。
2、エンジニア系は人手不足のようで、経験豊かな50-60才代でも意欲的に募集している。
3、事務系職はタイ語よりも英語の能力を上げておくべし。ビジネスレベルの英語力があれば、第一関門くらいは突破できるかも?タイ語は日常会話レベルは欲しいところ。

と、まあそーだよなー、日本でも同じだよねーと思える内容であった。

《簡単なイメージ》

事務系職▶︎40歳くらいまで(報酬=低〜中)
営業職▶︎ビジネスレベルの英語力があれば60歳くらいまで(報酬=中〜超高)、なければ40歳くらいまで(報酬=低〜中)
エンジニア職▶︎年齢不問(報酬=高〜超高)

あくまでも独善的なイメージです。



■人材紹介会社で分かったことまとめ

人材紹介会社担当者から言われたりこちらから聞いた、条件以外で分かったこと。
上で書いてきた内容とダブルものもある。

1、基本は欠員が出たら募集(当たり前?)、人材紹介会社で条件をマッッチングさせて会社に紹介する。

2、「いい人材が来たら欠員の有無にかかわらず取り敢えず紹介」というケースもあるらしい(あまり多くはないがあることはあるらしい)。おそらく会社ごとにある一定のフィルターを設けて、そのフィルターを通った者をとりあえず紹介するという仕組み。

3、事務系の定年は55歳に設定している会社が多い。

4、人材紹介会社面談前にいきなり英語の筆記試験、面談後に英語とタイ語の会話試験があった。担当者曰く「シンガポールや香港ではありえないんですが、タイの場合英語が全くダメという人がたまに来るんです(迷惑そうな顔)」と・・・。
おそらくこの人材紹介会社では、この語学試験をパスしないと紹介してもらえない仕組みのようだ。

5、ワークパミット(労働許可書)を申請する際の条件に合致していることが要求される。
学歴はあまり関係ないと書いたが、タイのワークパミット申請条件は「タイ人にはない技能・能力を有し、その技能・能力をタイのために移転すること」が求められる。

つまり、高学歴に匹敵する職歴・技能があれば高卒・中卒でも問題ないが、高校中退で単純作業のアルバイトを転々としていた様な人にはちょっと厳しいかもしれない。そもそも、そういう人は会社から見れば採用の対象にはならないだろう。
しかし、日本人には「日本語がネイティヴ」という最大の武器があるのでなんとかなる?場合もあるらしい(人材紹介会社ではそんなことも言っていた気がする)。

6、やはり中級英語(中学英語ではない)レベルは仕事上必要なようだね。

追記(9/28)
7、企業は応募者の両親の健康状態や介護体制を気にするらしい。
50歳代半ばになると親の介護という現実を突きつけられる。要するに要介護となって退職→帰国という状況を嫌うらしい。オレの場合は「近くに妹夫婦がいる」と話すと「それなら大丈夫ですね」と言われたが、これは企業との面接で必ず聞かれる事項らしいので、間違っても「そろそろヤバイ状態です、いつ倒れるかわからず近くに近親者もいません」ってなことは言わないほうが良いとのこと。

■結果

この人材派遣会社では1社紹介してもらった(上記の2のケースと思われる)が「欠員無し」で見送り。
紹介された会社は前いた会社の競合会社だった(゚∀゚)
ただ、この会社は「今の日大みたいに懲りない会社」という実態を知っていたのであまり乗り気ではなかったけど。。。

メルマガが定期的に配信されるが、上記の様に年齢制限が大きな壁になり、その先に一歩も進めない状態に陥る。
一歩も進めないというか、待っていても無駄ということだ。

****

その次は日本採用→タイ出向(駐在員)という会社を探すことになる。
当然こちらの方がハードルが高いと思って後回しにしていたのだが・・・

意外や意外、穴場だった

続く

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 10:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今(1)(2)(3)を読みました

・・・ということは、予想外の!?日本の転職情報サイト→タイ現地採用みたいですね (´▽`*)

| 貝 ぬ し | 2018/09/27 13:26 | URL | ≫ EDIT

Re: 今(1)(2)(3)を読みました

貝ぬしさん
確かに日本の転職サイトに現地採用っぽい募集もありますが、かなりの確率で「海外に憧れている若者を誘導する」ような、どちらかというとブラック系業種が多いです。
どうみても「真顔になったらチンピラ」のような代表者の満面の笑顔の会社が多くて怖いです(笑)

| Damascus | 2018/09/27 21:09 | URL |

英語の語学力がかなり必要てだけで私の場合既にアウトです(笑)。
タイ語だけでもまだ全然ダメなのに。
日本の一般会社の感覚にどっぷり浸かってるから定年が55歳というのも
考えが及んでいなかったし。
想像はしていましたがこのレポート読んだだけでもハードルが高くて厳しいなー。

| Mochit | 2018/09/28 00:30 | URL |

Re: タイトルなし

Mochitさん
タイで転職でも考えているんですかー?
ここで書いた条件は、あくまでも自分の希望する業種・職種・報酬で絞り込んだ求人の事で、全部に該当するわけではありませんよ。前の記事で書いた「3万バーツ」の会社なんかは、ほぼ無条件でしたしね。
ただ、語学は今の時代必須に近く、入社予定の会社のタイ工場の使用言語は文書は英語が多く、全くダメだと仕事にならないかもしれません。その点、私は読み書きに関しては実務経験が多少あるので、見た限りでは通用しそうですが、どうにか 笑

| Damascus | 2018/09/28 01:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1350-af97b38d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT