fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(4)日本のハローワークは穴場?だった

今日のタイ語

《公立の求職関係部署・タイ》
กระทรวงแรงงาน グラスワン・レンガーン=労働省
กรมการจัดหางาน グロム・ガーンジャット・ハーンガーン=仕事探しを調整する局=求職局?
สำนักงานหางาน 仕事を探すオフィス=「ハローワーク」みたいなものか?各県にある。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:何度でも書くが、これは50歳代半ばでの転職という観点から書いてますので念のため。。。
また、オレ自身が希望業種・職種・給与を設定した上で「ある特定期間に、タイの某人材紹介会社、日本の転職サイト及び日本のハローワークに登録し、実際に募集に応じて面接を受けて」見て聞いて体験し感じたことを書きなぐったもの。
客観的な情報もある代わりに、主観的な情報も多数散りばめられているので注意。

特に価値観の違う方には有益どころか有害にもなりうる内容です、ハイ(゚∀゚)


日本のハローワークでの実録を書く前に、日本の転職サイトにも登録していたのでそちらを最初に少しだけ書いておく。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(2)現地採用の覚悟
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(3)タイの人材紹介会社経由で現地採用編

日本の転職サイト

「転職」で検索するだけで一体何社あるの???ってくらいヒットする。
それぞれ専門性というか得意な分野があるらしいのだが、オレは在職中から某超有名転職サイトに登録していた。

当時(40歳代後半)、自分の元部下が転職していったのでその際に話をしたのだが、彼とオレは同じサイトに登録していたことが分かった。
以下、その部下との会話

オレ「登録して1年経つけどロクな会社からオファーが来ないよ」
部下「そーですか?ボクには毎日のようにオファーが来ますよ」

オレ「(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)」

まあ、そういうことだ。
その部下は某国立大卒の帰国子女。しかも当時20代だったはずで到底太刀打ちできぬ。
が、そんな話を聞いてかなりショックだった。

まあ、いいのが来たらもうけもの♪と考えていたのだが大甘だったってことだね |ω・`)

だから、次を決めずに(いや決まらずに)退職してしまったのだが。

結局、退職後にレジュメの内容をかなり変更(充実させた)したら、中には中小企業から「当社の◯◯本部長としてお迎えします」なんてプライベートオファーをもらったり、それなりの反応があった。

が、あくまでもタイにこだわっていたのでお断わり続けていたところ、そのうち来るオファーは「警備会社」からだけになってしまい(゚∀゚)、ここ半年は全く来なくなった(断る件数?率?が多いと募集会社にもその結果が分かるのかも?)。
少なくともここ1年は完全に放置状態だった。

一度だけ、タイの会社の求人を調べて応募してみたが、丁重にお断りされました。。。

■まとめ

転職サイトにはそれぞれ得意分野があるそうなので、自分の年齢や希望に合うサイトに登録することをお勧めする。
特に50代以降のロクデナシは、待っていてもほとんど無駄。個別にマッチングしてくれる会社がお勧めかな?



日本のハローワークでの求人検索

今はハローワークとか妙に明るい名前になったが、以前は職安=職業安定所で陰湿なイメージがあった。
日雇い労働者の巣窟っていうイメージね。

今でも新宿には「職安通り」という通りがあるね。

退職した時に失業保険をもらうために通った方も多いと思うが、オレは国民健康保険料や地方税を払うのがバカバカしかったので(もらう金額と払う金額がほぼイコールだった)、さっさと住民票を抜いてタイへ引っ越してしまったためその(=失業保険をもらうためにハローワークへ通った)経験がない。

追記青字:コメントで指摘されたので分かり易くカッコ書きで追記しました。

一度だけ行ったのは英会話学校に関わる教育訓練給付金の申請に行ったことがあるだけなのだが、その時にたままた同じマンションの人にばったり会ってびびったよ(゚д゚)
慌てて、挨拶もそこそこに「か、会社を、く、首になったわけでは、あ、ありません・・・」とか言った記憶がある\(//∇//)\

ハローワークでの求人検索

わざわざハローワークに行かなくても、自宅のPCからでもアクセスできる(ハローワーク・インターネットサービス)のだが、せっかくだし近所にあるので行ってみた。

10数年ぶりのハローワーク。
受付で仕事を探している旨を伝えると、登録が必要と言われた。

これは、実際に企業の紹介を受ける際に必要ではあるが、求人一覧を見る分には不要。
だが、真剣に応募しようと考えているのなら先に登録を済ませておいたほうがいいね。

あとは、10数台並んでいるパソコン画面で条件を入れて検索するのだが、ちょっと覗いてみただけですごい数の求人がある。

検索条件

何も入れずにでも検索できると思うけど、それだとあまりにも膨大な求人情報が表示されるので、指定時間(オレの行ったハローワークでは検索時間は30分に制限されていた)内に見るのは無理。

オレが入れた検索条件は
1、年齢
自分の年齢を入れる、そうすると求人情報のなかからその年齢以上の求人だけが抽出される

2、勤務地
全都道府県を個別に選択できる。例えば東京都と神奈川県とか。
「海外」という選択肢もあるので、オレはそこを選択した。

これでもかなりの情報が出てくるので、必要に応じて業種、職種や給与条件を入れて絞ることも可能だが、最初は1と2だけで検索してみた。

検索結果は?

勤務地
各国勤務の求人が表示されるが、多いのは中国(ダントツ)、マレーシア、ベトナム、フィリピンが多いかな?
タイはその次くらい。

注意:ハローワークの検索機では国の指定まではできない。HP経由の検索ではフリーワードで「タイ」を入力することはできるが、「タイ」という文字全てに反応するので、例えば「スタイリスト」「タイヤ」など全く無関係な求人もヒットしてしまうのでやめたほうが無難。

たまに「ドイツ」「アメリカ」「南米諸国」や「ヨルダン」とかも出てくる。
中東諸国はほとんど設備・プラント整備職かな?

職種
やはりエンジニア職が多い。
なかには寿司職人(カリフォルニア:月給100万円)やブライダル撮影(ハワイ)なんてのもあった。

オレが狙っている生産管理・購買職もあるが、多くは中国でその次がフィリピンだったかな?
しかも、月給20-30万円代と安い。。。

注意:月給とは別に海外赴任手当がそれなりに出る会社もあるので、求人票の「基本給」だけを見ていてはダメ。
逆に手当込みの総額を基本給として出している会社もあり、よく見ないとわからない。

求人票検索のテクニック、注意事項

賃金だけで絞り込みすると危険

(1)月給とは別に海外赴任手当がそれなりに出る会社もあるので、求人票の「基本給」だけを見ていてはダメ。
別の手当が出る場合は違う欄に記載がある。
基本給の中に各種手当が含まれている会社とそうでない会社が混在している。

(2)年収を12ヶ月で割った金額を表示しているケースがある。
つまり、月給・ボーナス・各種手当コミコミの表示もある。
そういったコミコミの企業は、下段に基本給(月給)の算出根拠が書かれている。

勤務地だけで絞り込みすると危険

連日来て何度も検索していると、代わり映えのない求人情報ばかりになってくる(毎日更新され新着情報はあるが)ので、試しに就業場所を日本国内で設定してみた。

すると、なんと!「海外」を選択しても出てこなかった会社で就業場所が「タイ」という会社が2社ほどあった。
しかも、そこそこ条件で。

推測するに以下の2つの理由と思われる。
1、求人会社かハローワークでの登録時の誤記入・インプットミス
2、この2社とも「就業場所は日本国内またはタイ」という2種類の就業先が登録されていた。
おそらく、どちらを選ぶかで迷いながら最終的な登録を「日本」としたからだろうか?

結構魅力的な会社・職種だったので、今後検索する方は「海外」だけでなく「日本国内」検索も同時にした方がいいかも?

年齢不問という条件であっても、必ずしも不問ではない。

日本では法律上そうせざるを得ない(「雇用対策法」「男女雇用機会均等法」等により、特別な理由がない限り年齢制限を設けられない)ので「年齢不問(または退職年齢以下)」としている企業が多い。

が、ハローワークの人に聞いてみた限りでは「そうは言っても、企業側はある程度の年齢を想定して求人を出している」とのこと。つまり「◯◯の仕事なら40歳くらいまでがベストだな」と想定しているケースで50歳の人が応募しても、相当良い人材でなければ(理由をつけて)書類選考でハネられる可能性が高いとのこと。

逆に、例えば「60歳未満」と条件があったとしても「65歳の人が応募できない」というわけではなく、実際に「年齢条件に合致しない人が採用されたケースはいっぱいあります」とのことだった。

これは他の条件(語学レベルほか)でも同じ。

しかし、そんな企業の内情などは分かるわけがないので、「これは当たり」と思った企業には条件を外れていても当たって砕けろ精神で応募してみてください!と言われました(゚∀゚)

データ登録の基準がかなり曖昧というかバラバラ

企業ごとにいろんな特徴があるので、全てを満足させることは不可能だろう。
それにしても、賃金だけを取ってもいろんな記載方法があって分かりにくいのは事実。
いろんな角度から条件を絞ってみることが必要と感じた。

つまり、時間がかかるので1週間くらい通い詰めで検索すると、意外な条件の企業が見つかる可能性がある。

***

余談

一番魅力を感じた求人情報

適当に「製造業」&「全国」ぼーっとしながら検索中この求人を見た瞬間「おぉ〜!!!」と思い椅子から腰が上がった。それがこれ。

会社名:有限会社◯X商店
所在地:北海道▲◎郡△□
職種:水産加工員
仕事の内容:ウニ加工業務。ウニを割りスプーンで剥き洗浄する作業。洗浄されたウニを折に詰める作業。
雇用形態:正社員以外
学歴・経験・資格・年齢:不問
労働条件:81,000〜101,250円(平均労働日数20日)、送迎手当別途5,000-10,000円
就業時間:07:00-16:00の間の5時間程度(休息時間90分)
休日等:週休二日なし
採用人数:5人
選考方法:面接、即決

北海道にはこうした魚類の加工工場の求人が非常に多い。
給料は恐ろしいほど低いが、そのスプーンですくったウニをつまみ食いできるんじゃないか?という妄想でいっぱいになったよ( ̄▽ ̄)

これは天職だ!と。。。

完全リタイアした後、1年くらいこういう場所でウニを食いたい仕事をしてみたいね〜

まあ、これは妄想の一種なのだが、ここハローワークで仕事を探すって結構楽しいかもと真剣に思ったよ。
そして、仕事は選り好みしなければいくらでもあるってことも実感した。
もちろん皆プライドを持ってるだろうし、家族を養うことも考慮に入れるとなかなか厳しいんだろうとは思うけど。

将来の就職先候補間違いなし(真面目に言ってます)。

検索機で検索してみて思ったこと、感じたこと

1、求人は驚くほど広範囲(業種、職種、地域ほか)で、驚くほどいっぱいあることを知った。
イメージとしては、ブルーカラー系が多いのかな?とも思っていたが、かなりの専門職をかなり高額条件で応募していたり、意外だった。

2、上にも書いたが、募集条件に書かれていない(企業側の本音の)条件があることは承知の上でいうと、仕事って選り好みしなければいくらでもあるんだな〜というのが正直な感想。
もちろん採用されるかは分からないけど。

3、ただし、やはり「業務内容・仕事内容がかなり不明瞭というか、省略しすぎている」企業もちらほらと見られた。
条件の良い会社が多かったので、念のため社名をメモして家で会社のHP検索して代表者の写真をみると、「あぁ〜、これはブラック系だな」というような会社が多かった。だって代表者の写真が「ヤクザ?というかチンピラ?が不自然に笑ったような顔」にしか見えないんだから(゚∀゚)
(または、かなり若い2-3代目社長とか・・・)

当たり前の話なのだが、給与や休日だけに目を奪われるのではなく、会社の本質をいろんな角度から見てから応募したほうが良さげだ(どんなにやっても入社してみないと本質は分からないとは思うけど、少しでもリスクを下げるためには必須)


***

さて、そんな中「うん!」という会社が1-2社見つかったので、紹介状をもらって応募してみた。

続く。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 10:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

失業給付は所得税はもちろん国民健康保険料や住民税の所得割にも加算されませんが。

>さっさと住民票を抜いてタイへ引っ越してしまったためその経験がない。
前年度の所得にかかるので退職時期で変わってきますが0ということはないですが。

| | 2018/09/28 17:37 | URL |

Re: タイトルなし

名無しさん

説明不足だったかもしれませんが以下のとおりです。
1、(もらえる失業保険金額)ー(住民票を残した場合に支払うべき保険料+住民税)≒0
という事です。

詳しくは忘れましたが、例えば「失業保険がもらえる期間が半年」とした場合、「失業保険をもらうために、半年間住民票を残しておくと」上の計算のとおりプラスマイナスゼロになるという事です。例えば失業保険が100万円もらえるとして、支払う保険料・住民税も100万円だったという事。

2、地方税の残額を払いに市役所には行きましたが、ハローワークには行っていません。
それとも税金や保険料をハローワークで支払うのですか???

3、住民票を移動したのが12/31なので、翌年度の住民税はゼロです(当年度の残額は2で書いたとおり)。

| Damascus | 2018/09/28 18:15 | URL |

Re: Re: タイトルなし

名無しさん

追記:
1/1に住民票があると翌年の住民税もばっちりかかってきます。
それを回避したかったので12/31に日本を発ったのです。
そのままいたら翌年また1年分の地方税(しかも前年度所得を基準、それなりに給料をもらっていたので結構イタい金額になります)

これで翌年分の住民税・保険料はゼロになりますよね。
ここで、住民票を残して失業保険を受ける選択肢ももちろんあったのですが、「もらえる金額」と前年所得から計算して「支払う金額」を計算しました。

早く日本を離れたかったのも12/31に住民票を外した理由の一つです。

随分経ったので詳細は忘れましたが、失業保険を受けるには定期的にハローワークへ出頭するのが義務ですよね?
タイに滞在しつつ定期的に日本往復をする旅費など、総合的に計算した結果です。

これにより、住民税の当年度の残額は翌年度に市役所で払いましたが、その他の支払いはゼロになりました。

これが、「さっさと住民票を抜いてタイへ引っ越してしまったためその経験がない」=「さっさと住民票を抜いてタイへ引っ越してしまったためその(=ハローワークへ失業保険をもらいに行った)経験がない」となります。

| Damascus | 2018/09/28 18:39 | URL |

おもしろ~い!

ハローワークで同じマンションの人に会った時のことと、
転職を見つけた時の話は最高  (≧▽≦)

| 貝 ぬ し | 2018/09/29 07:37 | URL | ≫ EDIT

Re: おもしろ~い!

貝ぬしさん
ウニ加工業者は魅力的です。
でも多分「つまみ食いをしたら即解雇」って条件が付くのかな〜と思っています(笑)

| Damascus | 2018/09/29 10:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1351-70638aac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT