fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プライド、余計なことは言わない人と余計なことばかり言う人

今日のタイ語

ภูมิใจ プーミー・ジャイ=誇りを持つ、フライドを持つ

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

日本に来たのが6/21。
この時は漠然と「ミッションは7月末に終わるかな〜」と楽観的に考えていたのだが、なかなか終わらず(オレがもがいていたわけではなく、相手の反応が遅すぎたから)やっと今週、成功裏に終わった。

7月は4記事のみ、8月はこれが最初の記事。
ネタが無いと困っている方が結構多いが、オレはがっぽりネタを持っていたのだが書く気がしなかったというか書きづらかった。

ミッションがコンプリートしたので、これからまた少しづつ記事をアップしていくのでヨロシク♪
なお、来週にはタイに戻る予定です。

***

日本滞在中に2人の対照的な人に会った。
もちろん他にも会った人はいるのだけど、この二人があまりにも対照的だったので書いておく。

二人とも近所の飲み屋の飲み友達で15年以上の付き合いがあったが、最近見かけることがごく少なくなったので、あまり出歩かなくなったのかな?くらいにしか思っていなかったが・・・

Aさん(余計なことは言わない人)

年齢はオレより上だが違いは10歳未満と思われる。

職業不詳(敢えて聞いていない)、たぶん自分で何かをやっているのかな?
雰囲気は非常に温厚そうだが、いわゆるサラリーマンには見えない。何か強い意志を持っている感じ。

話し方は非常にクリアーで内容を聞くとクレバーな感じ。

会話は機知に富んで楽しく、結構海外にも足を運んでいるようで、そういった話も楽しい。
酒が入っても話の内容が乱れるとかは全くなく、余計なことは一切言わない。

飲み屋での話相手は厳選しているようで、レベルの低い人とはほとんど会話していない。
そういう意味ではオレは選抜されたのかも?( ̄皿 ̄)

まさに自分を持った人で、人生を謳歌しているのだろう。

ある日、スーパーの入り口ですれ違った。
お互い顔を見合わせること2−3秒?すぐに分かったので挨拶した。

最後に会ったのが、オレが会社を辞める決断をする少し前だったので、オレのことは風の便り(というか飲み屋での噂話)で知っていたらしい。

冬場にパタヤに行った話をしていて、長期滞在のリタイアメントビザについてちょっと聞かれたが、お互いの連絡先を交わしてその場は別れた。またこんど話をしましょう・・・ということで。

多少白髪は増えた感じだったが、衰えは全くなし。

いい人生を歩んでいる顔をしていた。

ウラヤマシ

Bさん(余計なことばかり言う人)

このBさんはまた違う飲み屋で知り合った人。

年齢不詳も、オレよりは一回り以上上な感じ。

いつも漫画雑誌を持って店に入ってきて漫画を読みながら酒を飲んでいた。
職業は、あまり質のいい人間はやらないような仕事。いつからその仕事をやっているのは知らないけど。

その仕事をしている他の人に悪いので具体的には言わないが、早朝と夕方がメインで他は勧誘とか集金をするような仕事かな?昔は自転車、今はスーパーカブ、どんな街にも一軒くらいはそんな店があるはず。分かるでしょ?

この人は酔ってくると威勢のいい話をしていた。
なんだか、自分はなんでも知っていると言わんばかりで、政治経済の話から社会・国際問題の話まで・・・
「あれはね〜xxなんだよ」と断定的に話を決めるケースが多い。

このBさんの経歴は全く不詳なのだが、たぶん大学くらいは出ているけど、仕事が上手くいかなかった人なのかな?と勝手に思っている。
妙にプライドが高くて、政治・経済・社会問題をえぐるような、ちょと高尚な話が好きなようなのだが、話の内容にあまり中身・深みはなく、どこかで聞いたような話をさも持論のように熱弁する人。

いるよね?飲み屋によく・・・

***

そう思ったのは、同じような境遇の人を見たことがあるから。
学生のころ、水道橋で飲食店のバイトをしていた時にいた長期アルバイト従業員Cさん。

この人、オレと同じC大学出身で当時30歳くらい。
商学部出身で公認会計士を目指している(C大学は法学部は弁護士、商学部は公認会計士を目指す人が多い)とか言っていたけど、卒業後それだけ経ってもまだ飲食店のアルバイトじゃあ、ちょっと厳しいねと思っていたよ。

オレが競馬をよくやるようになったのもこの頃(当時は学生は馬券を買えなかったが、もう時効でしょう?)
Cさんの手ほどきを受けて、後楽園の場外へよく馬券を買いに行っていた。

今でも覚えているCさんの名言
「総流しは恥ずかしいことじゃないんだよ」

当時は枠番連勝しかなかったが、総流しして4000円くらいの配当(=40倍、当時としては高配当)をゲットした後に自慢げに言っていたっけ

そんなCさんも「自分は頭がいい」と思っていて、妙なプライドの塊だった。
30歳前後で飲食店のバイトをしているのが許せないようで、なんでオレが!っていう感じ。
言葉の隅々に出ていたっけ。

学部は違うけど同じ大学の先輩だったので、まあオレは子分の様に付いていたけど。

ある冬の給料日の翌日、店に出てみるとCさんは何も言わずに店を辞めていた

そうそう、Dさんって人もいたっけ。
この人は都内の有名某国立大学を卒業したのだが、その後は町の小さな某製造・小売り業で店員(職人?)をしていた。
いつも、飲み屋で競馬新聞を読んでいて、この人は血統派だった(なんだか競馬好きが多い?)

唯一の自慢が有名某国立大学卒で、今のDさんの姿とその大学の他の卒業生とはあまりにも違いすぎてイタかった。
Dさんごめんなさい。

Eさんは誰でも知っている超有名企業で管理職だったのが自慢。
話をしているといつの間にかその会社(で)の自慢話に話がそれる。
雑学知識豊富で「xxxについてどう思います?」なんて小難しいことをよく聞いてくる。
オレってなんでも知ってる〜♪すごいでしょ〜♪的なオーラを醸し出しているが、周りからは超疎まれていていつも常連客からポツンと離れた席に一人で座っている。

たままた隣に座った時に声を掛けられて以来付きまとわれて超迷惑。

***

Bさんもそんな感じだった。
だからたぶん、そこそこの大学は出てるんだろうね?

このBさんと話をする様になって、オレがタイへ頻繁に行っているのを知ると、いつの間にかタイの話を振ってくる様になった。

・オレの兄貴がパタヤに住んでいる。
・年に何回かはタイに行っている・
・タイ語はペラペラ、バーの女子がタイ語で日本人の悪口を言っていたのを聞いて女子をひっぱたいたことがある。
・以前超円高(70円台)の時、全財産をドルに換金して大儲けした。
・(その金で?)先月パタヤにコンドを買った。なかなか行けないんで兄貴に住んでもらっている。
・18歳のタイ女子の彼女がいる。
・先月別の18歳タイ女子と結婚した。

等々。
最初はへぇ〜そうですか〜と聞いていたが、話の内容がだんだん現実離れしてくるのが分かったので、あまり話さなくなった。。。


JAROに電話してやろうかと思ったよ((((((((((ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

仕事がら、そんなに頻繁に休めるとも思えないし、パタヤのコンドが買えるほどの給料をもらっている様に全く見えないし。

道端で会うと「前月パタヤに行ってきた」「来月行く予定」とかばかり言っていたけど、「そうですか」という返事だけですませる様になった。

最後に会ったのが昨年の一時帰国時。
ちょっと老けたかな?とは思ったが、まあオレも同じか?というくらいで挨拶した。
反応も普通だった。

そのBさんと近所の駅でばったり会った。

もう、腰が抜けんばかりに驚いた。

顔には面影はあるのですぐに分かったが、だらしなく下がった真っ白な髪、肩の力が抜けた様にがだらしなく下がった腕、ガリガリに痩せた全身、膝が曲がらない老人の様にすり足で歩くその姿。

白っぽい服装だったからか?まるで棺桶から出てきた屍体のような風貌。。。

目の焦点も合っていない様だが、オレが「こんにちわ!お久しぶりです!」と声をかけると、ちょっとだけ目を合わせて「こんにちわ!」と力強く返事をしてきたのだが、すぐに目をそらせ老人の様に膝を曲げずにすり足で歩き始める。

挨拶されたから挨拶し返したと言う感じで、オレが誰であるか分かっていない様な感じ。
もちろん「前月パタヤに行ってきた!」なんてことは一言も言わず。

「来月冥土に行ってくる!」って方がぴったりな不気味な風貌に変わっていた。

***

余計なことを一切言わないAさん。
今でも謎に満ちた感じで魅力的な人だ。

一方、余計なことばかり言って評価を落としたBさん。
もちろん誰しも老化していくので、時間が経てばBさんが死人のようになるのは当然なのだが、その余計な話が大きすぎて、現状との落差があまりにもイタイがため、妙に印象に残る。

プライド・・・
出自、家族、学歴、資格・技能、職歴、肩書き、資産・・・
かつての栄光を今もって輝かせたい人のプライドは却ってその人を惨めにさせる。
Bさん(C、D、Eさんも)はたぶんかつての栄光に押しつぶされ、今を誇張しないと(今の自分を当時と同じレベルに高めないと)プライドが許さなかったんだろう、か?

今が輝いている人は、今にプライドを持っている。
が、それは滲み出てくるもので、決してひけらかしたりはしない。
本物は見れば、話せばわかるのだな。

対象的なAさんBさんにばったり会って、ふとそんなことを考えた

オレにも少しはプライドというかプライドの破片くらいはある。
まあ誰にでもあるかな?

でもね〜、プライドに押しつぶされた人は惨め。
特に飲み屋でのかつての栄光の話や、自分を高めるための作り話(誇大な話)は聞く方も嫌だし辛いしイタい。

Aさんの様な「常に今が最高!で輝いている!」人生を歩みたいものなのだが、もう遅いか?。。。

でも、最後のチャンスちょっと行動してみようか?
遅すぎる???まあ、ギリギリ行動派だからね( ̄皿 ̄)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018日本【2】神奈川・東京(国立) | 11:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ほんと対照的な2人に会っちゃいましたねー。
昔の栄光にすがり続けたり望んだ人生が叶えられなかったから作り話やつまらない見栄をはったり、人生後半になってそんな惨じめなのは絶対嫌だなー。いくらでも自分の人生を充実させて楽しむ方法はあるはずなのに。楽しい事も生活の糧も誰かが打ち出の小槌を振ってくれるとでも思ってたのですかねー?
私は自分の人生楽しんでます、Damascusさんも楽しんで輝いてる毎日ですね!

| Mochit | 2018/08/20 20:56 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
そうですねー、私も他の人よりは楽しんでいると自負しているんですが、このままじゃあちょっと・・・とも思っているんです。

| Damascus | 2018/08/21 16:01 | URL |

お久しぶりです!

おぉ、ついに続々と記事が更新されているので嬉しいです♪ また楽しみにしています〜。

今の職場の同じチームに、AさんとBさんにそれぞれ性格がそっくりなおじさん(リタイア再雇用組)がいます…物静かで余計なことは言わないけど仕事は超できて、周りやご家族からの人望も厚いAさん、そしていつも自分の知識や過去の職場での経験をひけらかして(内容間違ってることもしばしばですし深みも無し)人の話は一切聞かず、私始め職場の周りからも距離をおかれ、子供たちからも疎まれているらしいBさん。

仕事上、完全にBさんをスルーするわけにもいかず必要最低限しか関わらないようにしてますが、たまにどうしても発言内容や言動に我慢ならない時がありユウウツです。
まあ会社には色々な人がいるので自分が大人になるしかないのですが、Aさんのような人が同僚にいたら、Damascusさんだったらどうやってやり過ごしますか?

長文そして愚痴、お許しください。m(_ _)m

| kinaco | 2018/08/22 23:26 | URL | ≫ EDIT

Re: お久しぶりです!

kinacoさん
集団で「Bさん排除」を上司に訴えますね、私なら。
またはBさん抜きで仕事が全て回ってしまうように頑張るか?(笑)
そういえばそんな人会社にいました。
結局定年までいて、外注先のメーカーに潜り込んで迷惑行為を繰り返していましたっけ(笑)

| Damascus | 2018/08/24 11:56 | URL |

対応策ありがとうございます!

Bさんは目上には弱い小心者で上手く立ち回るため、上司にはわりと気に入られるタイプなのです。(もちろん目下には威張る。)
存在を軽視されるのが一番落ち込むと思うので、Bさん無しで仕事回せるように頑張ります!!笑
どこにでもいるんですね、こういう人。。

| kinaco | 2018/08/28 12:36 | URL | ≫ EDIT

Re: 対応策ありがとうございます!

kinacoさん
いますね〜そんな人(笑)
頑張ってください!

| Damascus | 2018/08/29 09:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1353-8065d73c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT