fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(2)現地採用の覚悟

今日のタイ語

เงินเดือน ングン・ドゥァン=月給
รายได้ ラーイ・ダイ=収入、所得
สวัสดิการ サワディガーン=福利厚生

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

前の記事で書いたように、オレが選択したのは以下のルートでの転職。

1-1、タイの人材紹介会社→タイ現地採用
2-2、日本の転職情報サイト→日本採用
2-4、ハローワーク→日本採用


この順番で書いていくが、今日の記事はこのうちの「タイ現地採用」と「日本採用(駐在員)」との違いについて、オレの考えを書きなぐっていく。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?

注:何度でも書きますが、これは50歳代半ばでの転職という観点から書いてますので念のため。。。

タイ現地採用・基本編

■現地採用とは?

現地採用とは当たり前だが「タイでタイの各種法律に基づきタイの現地法人(会社)と雇用契約を結ぶ」ということ。
契約を結ぶ現地法人にはタイローカル、日系、アジア系、欧米系があるが、ここでは日系企業を例にして書く。

タイでの現地採用は、当然であるがタイの法律に従い税金等を支払う義務があり、日本の年金・保険支払い義務はない(日本の住民票を抜いていれば)。

前職の会社では「本社採用=総合職または本社勤務限定職」と「工場採用=全国の工場ごとの採用」の2種類あった。

本社採用は総合職としての採用なので、転勤あり等会社からの指示で全国または全世界を渡り歩く可能性が高いのに対し、工場採用は基本的に工員または転勤のない事務職だった。

現地採用とはこの場合でいうと「工場採用」と似たようなものか?
ただ、本社とは国と法人が別なので、その差は「本社採用」と「工場採用」との違い以上の場合も少なくない。

■現地採用のメリット・デメリット

1、メリット

・特定の職種では日本での求人が少ないものもある(飲食関係、事務員、通訳、教師、または業績責任レベルが比較的低い職種ほか)ので、日本で探すよりも求人が多い。

・どうしてもタイに居続けたい、タイを離れられないという事情のある場合は、転勤の可能性が極低いのでふさわしい選択肢かもしれない。

なお、能力と運があれば、駐在員へ昇格?することもできる(場合もあるらしい)。

2、デメリット

・給与・福利厚生面では日本採用のタイ出向者(駐在員)とは比べものにならないくらい低い(不利)場合が多く、雇用契約もタイの法律に従うため、雇用の保証という面でも日本と同じわけではない。
仮に、日本本社がタイからの撤退を決めれば即解雇となる可能性が高い。

・大きな病気、怪我をした際日本に帰国してもあらためて自費で国民健康保険に加入しなくてはならず、年金の支払いをしなければ支給額も増えない(自主的に年金を支払うことは自由、住民票を残していれば年金、保険とも義務になる)。

・家賃やそれに付随する費用、交通費などは基本的に給与に含まれる(というか雇用者は負担しない)場合が多い。
これは会社や応募者のランクによって変わってくるが。



■現地採用の給与・福利厚生で充実したタイ生活は送れるのか?
タイで就職して生活する覚悟

求人情報で多い、給与50,000-80,000バーツ(約16-25万円)あれば、タイで普通の生活が維持出来る。
ハイレベルな実績や特殊な技能所有者なら150,000-200,000バーツ(約50万円-70万円)またはそれ以上の案件もあるけど。。。

タイ(バンコク)での普通の生活とは、タイの庶民以上日本のサラリーマン以下。
アパート代は10,000バーツ程度(地区による差は甚だしい)、食事代は50-100バーツ/1食で、月に2-3回程度はMKか日本居酒屋で贅沢、移動は路線バス・ソンテオ、モーターサイまたはモーターサイを自分で買っての運転、たまにBTSや地下鉄、買い物は近所の市場、BIG-Cかテスコロータス。

これなら貯金が少しはできるだろうけど、日本に戻るような大きな病気や怪我したら一発退場!
将来への不安は大きい。

まあ、タイのど田舎だったら本当に何もせずゴロゴロした生活をすれば、5−6万円(2万バーツ前後)で生きていくことはできるけど、あくまでも生きていくだけで、やはり日本人である以上、そういったタイで生まれ育った人のレベルの生活は厳しい。

我慢できて数ヶ月かな?(経験値による)

なのでよっぽどの極貧生活をしていた人以外、日本で生まれ育った人なら物欲があるので出費はそれなりにかかる。
日本から旅行に来ていた様に散財はできない。

収入が約16-25万円というのはグローバルな意味では低い方で(50歳代の場合)、タイでの生活は問題ないが、日本にいた時の様に頻繁に海外旅行もできないし、PCやスマホを買い換えるのも結構慎重になるだろう。
要するにグローバル料金・価格のサービス・物への出資は大幅に減らさざるを得ない。

タイで安いのはタイの人が作った物(農畜産物ほか)やタイの人がやっているサービス(交通機関や電話代とか)だけ。
輸入品は日本の方が断然安い場合が多い。

同じタイの人がやっているサービスa-go-go、これは例外ね( ̄皿 ̄)
毎晩通っていては、1週間も持たない・・・かもよ?
まあ、金のない男に女は興味すら持たないだろうけど。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

おそらく、タイが好きだというだけでタイで就職しても、仕事以外に何かやることまたは次の目標がなければ3年持たずに帰国する人が7割くらいになるだろうか?(よく聞く話)
ちなみにオレはタイに来て3年半になるが、タイでやりたいことが一杯あって、日本に帰国(定住)したいとは思ったことがない。

5-8万バーツは若い人なら日本での給与と遜色ないかもしれないが、30-40歳、ましてや50歳代半ばになると厳しいかも?
ある程度日本に貯金や財産を持っていて、減る金の維持のため働くというのであれば「それはありかな」と思う。

が、現実には給与50,000-80,000バーツ(約16-25万円)の求人が圧倒的に多いので、タイで頑張ろう!という方はそれなりの覚悟が必要ということになる。

***

以前、どこかで給与が3万バーツ台の求人を見たことがある。
会社は「物価が日本の1/3のタイで生活するには十分な金額です♪食費は1食◯◯バーツ、バスは◯バーツ、タクシーだって◯◯バーツ、アパート代5,000-10,000バーツでよりどりみどり。ね?十分な給与でしょ?充実した海外生活を堪能しつつ貯金もできるよ、タイの一般的な人の給料の2倍もあるからね〜」と宣伝していた。

3万バーツだと、ちゃんとした会社やなんらかの有資格者ならタイの方々でも稼げる給与レベル。

確かに生きていくことは十分できるが、それじゃあ従業員用の寮がある日本の会社で働いた方がヨクナイ?って思ったけどね。。。
20歳代で「とにかく海外で働きたい!」という方には短期間であればいいかもしれないけど。
この職種は1年中求人をしているようなので、まああまり長続きはしない仕事なのかもしれないね?

これができるのは20歳代までかな?50歳代で3万バーツは悲しすぎるよね?

注:全てそうだが、ここに書いたことはオレがそう思うだけで、定量的なデータ及び根拠は一切ありませんのそのつもりで。実際に給与50,000-80,000バーツで充実したタイ生活をしている50歳代日本人はそれなりにいると思いますよ。

要は価値観によるということです。

***

さて、今年の春先というかバンコクの酷暑の時期、バンコクにある某人材紹介会社に登録した。

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 08:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイで働くことにしたんですね。
バンコクですか?それともチョンブリ方面かな?

| KK | 2018/09/26 22:00 | URL |

Re: タイトルなし

KKさん
直接報告できずにごめんなさい。
そうなんです、いろいろ思うところがあってチャレンジしてみようと♪
場所については今後書くかもしれないし、書かないかもしれないし(笑)
なので、次回どこかでお会いした際に直接お話ししますね。

| Damascus | 2018/09/26 22:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1370-5fc28613

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT