fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(6)応募書類は送ったがなしのつぶて・1社目

今日のタイ語

ไม่ได้รับคำตอบ マイ・ダイ・ラップ・カムトープ=返事を受け取っていない=なしのつぶて
タイ語はいわゆる諺・慣用句ではなく「そのままの訳」

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:何度でも書くが、これは50歳代半ばでの転職という観点から書いてますので念のため。。。
また、オレ自身が希望業種・職種・給与を設定した上で「ある特定期間に、タイの某人材紹介会社、日本の転職サイト及び日本のハローワークに登録し、実際に募集に応じて面接を受けて」見て聞いて体験し感じたことを書きなぐったもの。
客観的な情報もある代わりに、主観的な情報も多数散りばめられているので注意。
特に価値観の違う方には有益どころか有害にもなりうる内容です、ハイ(゚∀゚)


ここからは物語風の実録記事になりますが、これから書く内容は、企業が特定がされぬよう、数字、日付、場所等具体的なモノをかなり曖昧にというか改ざんして書いています。
ただし、それほど極端に改ざんしているわけではないので、参考にはなるかもしれません。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(2)現地採用の覚悟
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(3)タイの人材紹介会社経由で現地採用編
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(4)日本のハローワークは穴場?だった
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(5)ハローワークで推薦状をもらって応募してみた

応募書類は送ったものの・・・

6月の末に日本にやって来て、すぐにハローワークで検索した結果「これは!」という会社が一つ見つかった。

ハローワークで推薦状を出してもらって必要書類を送ったのが7月初旬。
1社目を仮にA社としておく。
A社の求人内容

企業規模:資本金から推定して、いわゆる中小企業
業種:製造業
募集職種;タイ駐在、工場全体のマネージメント職
募集人数:1人
雇用形態:正社員
給与:XX万円(前職よりは若干下がる程度)
条件:業界経験者
年齢:59歳以下
資格:不問
選考方法欄:書類選考・面談→即決
休日、有給休暇、ボーナス、昇進、福利厚生は平均的な数字

本社:中部地方(関東〜関西の間にある太平洋側または日本海側の都市)
タイ工場:工場の所在地の記載がなく、会社名でHPからタイ中部にあることが判明。

この業界直接の経験はないのだが、前職の購買時代に同じ業界の数社と取引経験があったので、まあ「経験者といってもいいかも?」と思い応募することにした。

語学に関する条件が全くないのはちょっと不審だったけど。

A社の求人票の選考方法欄には「書類選考・面談」選考結果「即決」と書いてあったので、まあ良ければ1週間後くらいになんらかの返事が来るだろうと楽観していた。

と言っても、その1週間はやることがなく別の企業を検索したりと暇つぶししていたが、これといった企業がなかった。
あの「ウニの殻むき」の会社以外にはね( ̄皿 ̄)

どういう手段で書類選考の結果が来るのか求人票に記載がなかったので少々不安だった。

(1)電話

電話の場合に備えてdocomoのsimを入れた携帯を常時持ち歩いていたが、持ってきたのは数年前に使っていた旧式のガラケー。もうバッテリーがかなり劣化してきているようで、あまり長時間の通話話できない。。。

時々ブルブルッと携帯が震えると身構えて電話を見たが、どーでもいいようなSMS、詐欺SMS、◯×生命からの電話だったりでイラついていた。まあ、それなりに緊張していたってことかな?

詐欺SMS
IMG_3419-1004.jpg

余裕がある時だった電話して遊んでやるのにな〜ヽ(´∀`)ノ

(2)郵送

普通郵便の場合、平日は午前と午後の2回の配達があるようなので、その時間に家にいれば頻繁にポストを覗いていたかな?
でも、入っているのはどーでもいいようなチラシばかり(*`皿´*)ノ

いつの間にか応募を締め切っていたが・・・

10日過ぎ、2週間経っても何の音沙汰もなし・・・

ダメならダメでとっとと結果をくれよ〜という気持ちになってきた。

常時携帯の充電に気を使い、ほぼ毎日2回以上ポストをのぞく日々(家を出るときと戻ってきたとき)が続いているといろんな感情が湧いてくる。

「やっぱりロクデナシのロートルじゃあダメか?」という諦め
「"即決"と言いながらなんでこんなに焦らすんだよ〜!」という怒り
「とはいえ"応募者多数の場合は時間がかかる”という記載もあり、ハローワーク職員も”職種の割に応募者は多い”とも言っていたので順次面接でもしてるのかな?もう少し待ってみよう」という迷い

その間に「次の1社」を探したが、これといって光り輝くような企業は見つからず、日本にいるとなんだかんだで金が掛かるので、早く決めてタイに帰りたかったのだが、時間ばかりが過ぎていく。

「やっぱりダメか・・・」また諦め
「一人採用するのにこんなに時間をかけているような会社、大丈夫か???」会社に対する不安・不信

***

2週間を数日過ぎたある日、ハローワークの窓口で聞いてみた。

オレ「あれから2週間経っているんですがまだ何の通知も来ていません」

職員「ちょっと調べてみましょう。。。ん?既に応募は締め切っているようですが、現在もまだ10-0-0(10人応募してまだ誰も決まっていない)ですね〜」

オレ「普通なんらかの結果が来るのはどれくらい後ですかね〜」

職員「う〜ん、会社にもよりますが、2週間以上かかる場合も少なくないですよ。今回の募集の職種はそれなりのポジションなので、会社側も慎重に審査しているんじゃないでしょうか?もし不安であればこちらから会社に聞いてみましょうか?」

オレ「いやいや、やぶ蛇になるかもしれないんで結構です」

***

「もしかして、オレの応募書類届いていないのかも?」不安
「いや、まだ誰も決まっていないと言っていたからもう少し待ってみよう’」かすかな期待
「決断力のない会社だな〜、なにチンタラしてるんだ〜?ダメダメ会社なのか?」怒り・不信感

無駄に時間ばかり過ぎていき、なんだかんだでタイにいるときの数倍の金が消えていく・・・

そんな中、職種的にあまり興味はなかったのだが、もう一社(仮にB社)を受けておこうと、窓口で推薦状を発行してもらう、応募書類の発送を終えた。

既にA社に応募書類を発送してから1ヶ月が過ぎようとしていたある日、ロートルの溜まり場と化しているスーパーのイートインコーナーで暇つぶしをしていたオレの携帯が鳴った。

続く

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 08:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1383-eecfc810

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT