fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(7)やっと電話が来て面接、意外な反応が・1社目

今日のタイ語

ความประทับใจ(ครั้ง)แรก クワーム・プラタップジャイ・(クラン)レーク=第一印象

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:何度でも書くが、これは50歳代半ばでの転職という観点から書いてますので念のため。。。
また、オレ自身が希望業種・職種・給与を設定した上で「ある特定期間に、タイの某人材紹介会社、日本の転職サイト及び日本のハローワークに登録し、実際に募集に応じて面接を受けて」見て聞いて体験し感じたことを書きなぐったもの。
客観的な情報もある代わりに、主観的な情報も多数散りばめられているので注意。
特に価値観の違う方には有益どころか有害にもなりうる内容です、ハイ(゚∀゚)


ここからは物語風の実録記事になりますが、これから書く内容は、企業が特定がされぬよう、数字、日付、場所等具体的なモノをかなり曖昧にというか改ざんして書いています。
ただし、それほど極端に改ざんしているわけではないので、参考にはなるかもしれません。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(2)現地採用の覚悟
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(3)タイの人材紹介会社経由で現地採用編
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(4)日本のハローワークは穴場?だった
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(5)ハローワークで推薦状をもらって応募してみた
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(6)応募書類は送ったがなしのつぶて・1社目

***

その日はA社に応募書類を出して1ヶ月経った頃。

暇を持て余した老人たちばかりのいるスーパーのイートインコーナーでの暇つぶしにも飽きてきたというか、こんな中にいる自分が悲しくなってきた。

こんな無駄な金を使って時間を過ごしているのなら、もうタイに帰ろうかなーと思っていた時だった。

ブルブルブル

携帯が鳴った
手に取ってみると知らない電話番号で、見たこともない局番からの電話だった。

もしかして?とも思ったが既に待ちくたびれているというか諦めていたし、2社目のB社(この会社の選考結果連絡はe-mailだった)に賭けていたという事情もあり、たまにかかってくるロクでもない電話か?と思い少々ぶっきらぼうに「もしもし」と応答すると・・・

「A株式会社人事部の◯◯と申します。こちらはダマスカス様の携帯電話でよろしかったでしょうか?大変お待たせして申し訳ありませんダマスカス様、当社への応募ありがとうございます。つきましては一度当社にお越しいただき面接を実施したいと思っておりますが、ダマスカス様のご都合はいかがですか?」

あぁ〜、やっと連絡が来たね〜

「えぇ〜、今更何ですか???応募書類を送ってから何日経ったと思ってるんですか???」と言いたかったのだが、もちろんそんなことは言わず、相手の夏休みのスケジュールを聞いて面接日希望日を伝えた。

その後また数日経ってまた電話が来て面接日が決まった。
その電話に出た時に「なんで面接日を決めるのにそんなに時間が掛かるの〜???ほんと決断力のない会社だね〜」という思いは押し殺して「ハイ、貴社のご都合に合わせます。ヨロシクお願いします!」と約4年ぶりにハキハキした返事をした。

A社の面接

A社の第一印象

その日は8月の暑い日だった。
会社が中部地方にあるので、電車orバスの選択肢があったがいろいろ考えてバスにした。

新宿のバスタからバスに乗って数時間。
平家の落ち武者が出そうな山間部を通り、北朝鮮の工作員が潜んでいそうな海岸線をひた走る。
初めての地だった。

A社最寄りのバスターミナルに到着し、タクシーに乗り換えてA社に到着。

A社は中小企業規模の製造メーカー
工場の建屋は小さく少々不安になるも、そこそこ新しい建屋で清潔に保たれていた。

A社と同じ業界・業種の製造メーカーとは前職でかなり深く関わっていたので、なんとなくそんな感じの会社だった。
つまり、分かりやすく言うと今までの下請け規模の会社。

でも、これくらいの規模の方がある程度裁量で仕事が出来そうだし、自分のレベルに合っていそうな感じ。
しかも、当時の下請けメーカーには何度も出入りしていたので、どんなことをやっているのかはある程度分かっていたし。

社屋というか工場を見た第一印象がこれだった。

いきなり社長登場

社屋に入っても綺麗な印象があり好感度up
電話をしてきた人事部の方に応接室に通されてしばし待つと、人事部の方ともうひと方入室してきた。

挨拶するとなんと会社の代表者だった。

(1)いきなり社長面接

まあ、中小企業規模であればそうなんだろうけど、やはりちょっとビビったかも?

前職で社長といえば雲の上の存在。
社長の実物(笑)は入社25年で3回くらい拝んだ程度かな?
「入社式」と「若手管理職(当時)との懇親会x2回」

そうそう、もう一回あった。
本社のエレベーターでたまたま一緒になってしまった時にはかなり緊張した記憶がある(普段社長がエレベーターに乗る時は、たぶん社長室の階直通に設定しているから、まず一緒の箱に乗ることはない・・・と思う)。

う〜ん、肩書きに弱いオレ。
オーナー系の会社だから特に緊張したな。。。

そんな経験しかなかったので、社長だと知った時には「これって1回目だけど実質の最終面接?」と思ったよ。

(2)なぜか?あまり突っ込んだ話にならず?

面接開始。
だが、普通面接で聞かれるような質問は「なんで◯◯会社(前職)を辞めたの?勿体無いね〜」という話だけ。
そのうち会社の説明が始まって、取引先(客先)には前職とダブル企業もチラホラ。
少し安心する。

あとは会社側からの各種条件面(給与ほか)の説明が続く。

「じゃあ、一度工場を見てもらいましょうか〜」ということになった。

ん???

これって面接なのかな〜???
なんだかオレが工場訪問&見学に来たお客様のような対応。

面接に来たのに、オレに関する詳しい話は程々で・・・これでいいのか?
まあ、履歴書・職歴書には「これ以上質問が無いくらい詳しく書いた」んでそーいうことか???

それとも、ハナから相手にされてないってこと???

で、工場を見せてもらう。
工場に入った瞬間、機械油の匂いが・・・

う〜ん、懐かしい匂いだ。
オレにとってはこれが工場の匂い。

自分の会社(前職)も客先(重工各社)も下請けメーカーもみんなこの機械油と金属が焦げる匂いがしたもんだ♪

約4年ぶりだが、なんだかとても懐かしい思いでいっぱいだった。
あんなに嫌で辞めた会社だったけど(゚∀゚)

一応、1-2時間で面接兼会社案内は終了。

最後に「何か質問はありますか?」と言われたので、こういう話を振ってみた。

これってもしかして???

オレ「あの〜、差し支えなければ、今回の応募者は何人で今現在何人残っているのか教えていただけませんか?」

ここで社長から驚きの言葉が・・・( )内は追記、心の声

・全部で20人の応募があった
(えぇ〜?ハローワークでは10人って言っていたけど、1/20って狭き門だな)(´・_・`) 尚、この10人差のカラクリは別記事で書く)

・まだ、誰も決まっていない ε-(´∀`*)ホッ

・でもね、応募者の中で一番魅力的だったのがアナタdamascusさんなんですよ、ここだけの話ね
(履歴書・職歴書の重要性がよーく分かった、もちろん中身も重要だが書き方一つで印象も変わる)

・だからね、面接ではdamascusさんに一番最初に来てもらったんですよ+⌒Y⌒Yヾ(*>∀<)ノヒャッホ-ィ

・これから一気に残りの応募者の面接をするんで、まだまだ決定ではないですがね。。。(((uдu*)ゥンゥン

これって、かなり期待できる〜???
今日のオレ、粗相はなかったよな〜

でも、これからの面接19人もいれば、ん?こいつデキる!なんてやつの一人や二人は出てきそうな気がする。

甘い期待は禁物だ!

次に控えるB社からはまだ連絡が来ないが、万全の体制で当たろう!

***

しかし、A社もB社も一筋縄ではいかなかった・・・

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 09:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ん〜Damascusさんの書き方が上手いから小説読んでるみたいでドキドキして面白いな〜(就活のことなのにすみません)。
続きを早く読みたいて感じです。

| Mochit | 2018/10/07 20:07 | URL |

Re: タイトルなし

Mochitさん
すべての結果が出てから書いてますので、まあ安心して読んでください♪

| Damascus | 2018/10/08 10:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1384-953615a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT