fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

行き当たりバッタリ!パクセーをやめてウドンターニへ、ウドンではワンパターン行動

今日のタイ語

รถโดยสารระหว่างประเทศ ロット・ドーイサーン・ラワーン・プラテート=国家間旅客車=国際バス

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

“大人の夏休み”最後の旅《第一弾》旅の目的と大まかなルートを決めて出発♪
No,21-② ウボンラーチャターニー県 จังหวัดอุบลราชธานี
不思議がいっぱい?場所が特定出来ず、たどり着けない”驚きホテル” in ウボンラチャタニー
不思議がいっぱい?部屋の広さが尋常でない”驚きホテル” in ウボンラチャタニー
本場のクワイジャップ・ユアン、お味は? in ウボンラチャタニー

9月15日

当初はウボンから国際バスに乗って、初めての地パクセーまで行く予定だった。
パクセーで1-2泊しながらカオピアックでも食べて、その後は長距離バスに乗ってビエンチャンへ・・・

が、前の記事でも書いたように、土砂降りの雨とともにかなりの蒸し暑さになってきて、このままど田舎のラオスに入るのは気が滅入るな〜と思ってきた。

ラオスは首都のビエンチャンですら、エアコンの効いたショッピングセンターや食堂が限られているのでパクセーの荒んだ?状況が目に浮かぶようだった。

さらに、未舗装の泥道?を延々とバスに乗っての移動を考えると、完璧な舗装道路をスイスイ進むタイ国内経由でウボン→ウドン→ビエンチャンの方が断然快適だ♪と思ったので、あっさりルートを変えたのだ。

快適なバスでも乗車時間による・・・

ボーコーソーでウドン行きのバスを調べると9:00発のノンカイ行きがあったのですぐにチケット購入。
IMG_2667-1003.jpg
IMG_2674-1003.jpg

ウボン→ウドンで332バーツ。
所要時間は7時間超。

当初乗る予定だったウボン→パクセーの国際バスを横目に、定刻通りに出発。
IMG_2670-1003.jpg

VIPバスだったので、座席は余裕の間隔。
IMG_2668-1003.jpg
これなら7時間乗り切れるか?

車内では水とラスクのようなもの配られるが、結局7時間乗車中出てきたのはこれだけ。。。
IMG_2671-1003.jpg

写真左側(前の座席の間)から足が出ているが心霊写真ではありません。
前に座っていた女の子の足です(^∇^)

たしかこんなルートだったかな?総距離400km

ウボン→ヤソートン→ロイエット→マハサラカーム→コンケーン→ウドン

途中、コンケーンでは初めての第三バスターミナルに寄った。
IMG_2675-1003.jpg

やっぱり市街地からはかなり離れているね〜

コーンケンのボーコーソーは3つもあるけど、メインはいまだに街中のボーコーソー・ガオ

ここらあたりで腰が痛み始める。

コンケーンのセンタン
IMG_2677-1003.jpg

ゴールはもう少しだ、頑張ろう♪

このバスは一応VIPなので、ウドンのボーコーソーは新しい方(といってもボロいけど)だと思っていたが、ウドン駅近くの旧ボーコーソーに到着。

17:00ちょっと前くらいか?
ほぼ8時間の乗車時間。。。

疲れました。

いつもの宿、いつもの食堂

まあ、オレが保守的と言われる所以なのだが、新しい場所に挑戦するより「よく知った快適な場所」ばかり行きたがる傾向がある。

ここウドンターニにと言えば・・・
もう、どちらも特に素晴らしいというわけでは全然ないのだが、自然と足が向いてしまうのだな。。。

(1)宿泊場所

シルバーリーフ・ホテル

IMG_2680-1005.jpg
IMG_2678-1005.jpg
IMG_2679-1005.jpg

この宿の部屋は、ディズニー系の絵が部屋に書かれている(部屋によって全部違う)のだが、この絵は子供が泣き出しそうだな〜(^∇^)

セレブな方には全くおすすめしないけど、超便利なシルバーリーフ・ホテル@ウドンターニ
ここは何度も紹介したので上のリンクを参照。

このとき、agodaは600バーツ表示だったが、飛び込みで行くと安定の500バーツ(2018年9月現在)
IMG_2682-1005.jpg

(2)食事場所

フォーンさんのコームーヤーン

IMG_2684-1005.jpg

ウドンターニのお宿と食事処、ゲーン・センを食す

いつものヤムコームーヤーンだが、別の屋台で買ったガイヤーン(食い散らかした後の写真で失礼)が激ウマだった♪
IMG_2685-1005.jpg
IMG_2686-1005.jpg

肉が、というわけではなくタレ(つけて焼くタレ)が激ウマだった。

この後、いつものラーメン屋台へ・・・と思ったが満席で、後で来ようと思ったのだが疲れから寝落ちしてしまった。

***

7時間の疲れを癒すには心もとない1泊だが、明日は短距離ウドン→ビエンチャンだから大丈夫だろう♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018タイ旅【6】ウボン・ナーン・メーホーソーン | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1386-5151f697

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT