fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(最終話)まとめ

今日のタイ語

สรุป サルップ=まとめる、要約する

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

長々と10話も書いてしまったのでここでまとめる。

【報告】大人の夏休み終了宣言、ついにサラリーマンへ復帰!
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(1)オレの属性、仕事を探す場所やエージェントは?
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(2)現地採用の覚悟
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(3)タイの人材紹介会社経由で現地採用編
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(4)日本のハローワークは穴場?だった
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(5)ハローワークで推薦状をもらって応募してみた
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(6)応募書類は送ったがなしのつぶて・1社目
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(7)やっと電話が来て面接、意外な反応が・1社目
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(8)あんまり乗り気じゃなかったし不得意な局面に持って行かれた・2社目
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(9)ついに「採用連絡」♪それにしても反応が遅いA社&ブラック系疑惑
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(10)入社を決断する前に細部確認してみたら「えぇ〜???」ってことばかりだった

詳細は上のリンクから・・・
今回はまとめと同時に、今まで書かなかったことも少し散りばめてあります。

50代がタイで仕事を探す場所やエージェント

知り合いに頼むや自力で探す以外には以下の3つが主

■タイの人材紹介会社

(1)年齢制限が厳しい

職種や能力にもよるが、事務系職種の場合は40歳くらいまででないと求人がほぼないと言って良い。
理由=55歳定年がまだまだ一般的だから。
ただし、経験豊富なエンジニアや世界を股にかけて活躍していた営業職は60歳くらいまで求人がある。

(2)職種が豊富
日本で求人の少ない職種ならここ。

(3)給与は低め
エンジニアやハイレベル営業職以外の給与は低い(5〜8万バーツの求人が多い)

暇つぶしに働きたいという方以外は、現地採用の給与+福利厚生を吟味すべし。
正直言って現地採用の給与レベルでは生きていくのでギリギリレベル。

■日本の人材紹介会社

有名なエージェントに登録して待っているだけではダメ
年齢や職種ごとにエージェントの得手不得手があるらしいので、自分の属性・希望にあったエージェントを探す必要あり。

■日本のハローワーク

(1)日本に一時帰国してハローワークに通う

ここは50代にとって宝の山(給与条件を除けばよりどりみどり♪)
ぜひ、一度日本に戻ってきてハローワークに通うことをお勧めする。
これは!と思ったらすぐに推薦状を発行してもらい応募できる。

(2)インターネット

ハローワークインターネットサービス
インターネットでも検索できる。
しかし、情報が一部隠されている場合がある(会社による)ので、ハローワークの検索機より精度悪い。

裏技:社名や連絡先が表示されていれば、ハローワークを通さず直接売り込める(という人もいるらしい)。

ハローワークの求人票の見方

■月給ではなく年収を見よ

企業により表示方法が違う場合があり、最終的には直接企業に問い合わせなければ分からない。


・日本円の月額支給額+ボーナス月数のみ(手当の有無記載なし)を記載
・日本円の月額支給額とは別に月額手当代を外貨で+ボーナス月数を記載
・日本円の年間月給支給額+年間ボーナス+年間各種手当の年収を12で割った金額を記載

特に海外赴任手当等が給与金額に含まれているかいないかは、ボーナスの基準に関係するので重要。

等々

■条件に合致しなくても応募は可能

年齢や語学能力の条件に合致していなくても採用された例は多いらしい(ハーローワーク職員談)。

ただし、語学力は結構重要でタイ語より英語のレベルアップを図っておくべし。
「タイ語や英語は喋れなくても大丈夫です」という企業も少なくはないが、入ってから苦労すると思う。

■ブラック系は勘が大切

少しのことで「この会社はブラックだ!」という風潮があるが、どんな企業でも居心地の悪い面はあると思った方が良い。
前職の会社は大手で、周りから見たらしっかりした会社とよく言われるが、実は数年前まではブラック、今ではグレーくらいだった(゚∀゚)
いろんな方法でその匂いを嗅ぐことが大切。第一印象といった勘も大切。


・会社のHPやFBで経営者の顔、方針を等をじっくり眺める。無理に作った笑顔の経営者の写真の場合、その人の真顔を想像してみよう。

・面接時にはじっくり社員、建物、会議室、トイレなどを観察しよう。あまりにピカピカで整然過ぎる場合やその逆という両極端の場合は注意。

約30年前の新卒の際の会社訪問で、オレが入室するや否や周りにいた社員が全員立ち上がって挨拶、帰る際も全員立ち上がって挨拶するという優良中小企業があり、すぐに内定をもらったがすぐに断った(^∇^)

・書類選考〜面接〜内定までの所要時間や連絡内容を他社と比較してみる。

等々

ただし、最終的には入社してみないと分からないことの方が多い。

履歴書・職歴書はあなたの顔

あなたを見たことがない採用担当者にとって履歴書・職歴書はあなたの顔そのもの。

ただし、あまり形式細部にこだわる必要はない。
例えば、手書きかPC書きかを悩んだり、真夏の暑い時期にネクタイ・スーツ着用の暑苦しい写真にする必要はない。
そんな細部にこだわる会社は、入社してからも些細なことにこだわる会社かもしれない。。。

■履歴書・職歴書を突破できなければ何も始まらない。

ウソを書いても採用後にバレる可能性が高いので、自分の経験・知識を正直に余さず書こう。
多少の大げさは許容範囲。

書類選考を通過しないと何も始まらないので、他の人の書き方を学びつつ自分独自の文で時間をかけて作成すべし。
特にロートルはここに全精力の80%かけよ。

書くことが無いな〜という人は転職しないほうが無難

■面接前には予習を

ネット等で面接官がよく聞く質問内容と模範解答はあらかじめ目を通しておき、自分の言葉で言えるようにしておこう。

ただし、それなりの経験を積んだ50歳代なので、新卒者への質問とはかなり違うはず。
自分の経験したこと+それをいかに活かせるか?を重点に頭を整理しておこう。

オレのように退職後にブランクがある場合は必ず「なぜ?何をしていた?なんで今更転職?」と聞かれる。
正直に「大人の夏休みを満喫していました〜」では芸がないので、もっともらしいこと考えてスラスラ言えるようにしておく必要はある。漠然とした内容よりも具体的な方がより良い。

最後に

世間でいう大手の一流〜二流企業でそこそこの年齢まで働いたら転職はあまり考えない方が良いとは思う。
退職後に「やりたいこと」がない場合は定年までいた方が何かと良いかな?

でも、オレはやりたいことがあったので、周りからは「バカじゃないの?」と言われつつ「大人の夏休み」を満喫した。
これはね〜、辞めて大正解だった心の底から思っている。

オレの場合は運が良かったのかな〜?とも思っている。
大学卒業した年はバブル景気の真っ只中で、何の苦労もなく複数の会社から内定をもらい、50歳代半ばでの転職時(今)も空前の人手不足だという。

そんな幸運の星の下に生まれたオレだからできたのかもしれないけど、30-35年のサラリーマン人生に夏休みがあってもいいんじゃないか?

サラリーマンにつきまとう時間の制約から解放されて、自分の好きなことをやり放題♪
別に60歳代の本格的定年後でもできることなら、その時にやればいいんだけど、本当に自分は60代を迎えられるのか?その年代で肉体的・精神的にやりたいことができるのか?を考えると、オレの場合は夏休みが必要だったということだ。

ダラダラ生活は肉体的・精神的に何もやる気が起きなくなってからで十分だと思う。

夏休みの体験で一皮向けた50代の自分。
タイ語は前よりかなり上達したし、ロードバイクという楽しみを覚えたし。

残りの人生に役立ちそうなものを一杯学習した大人の夏休み。

これから大いに人生を楽しもう♪

50代の皆様も是非♪

おしまい


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 06:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面接の返事が異様に遅い時点でこの会社大丈夫かー?と思いながら読ませて頂いていましたが、Damascusさんならこれから先もご自分にとってベストな選択をされていくでしょうし、新しい環境でも大いに楽しんで下さい!

| Mochit | 2018/10/22 23:28 | URL |

チャレンジ

タイでリタイアメントしている者です。 趣味でMTBで毎週走っています。 貴殿のブログ 幾つか共通点があるので楽しく拝見させて頂いています。 折角のタイでのリタイアメントから そのお歳で再就職 それも日本の会社。 就活よりも まず自分の子供位の年齢の上司からの無理難題 相手はタイ人 チャレンジですね 笑。

| カルロス | 2018/10/23 10:26 | URL |

Re: タイトルなし

Mochitさん
いろいろ問題のある会社であるのは間違いないです。
まあ、問題があればあるほどやる気が出てきますね〜
権限さえあれば(笑)

| Damascus | 2018/10/23 18:47 | URL |

Re: チャレンジ

カルロスさん
訪問&コメントありがとうございます♪
4年もダラダラ生活してると飽きてきますよ〜
タイの社会に深く入るにはコレもひとつの選択肢かな?と思ってます。
幸い上司は2歳くらい年上の社長(現地法人)だけという状況なので、無理難題は覚悟しています。
今はワクワク感だけで、その内夢が覚めるかな〜とは思っていますが、タイの会社でそれなりの立場で働くのもひとつの経験かな〜と思ってます♪

| Damascus | 2018/10/23 18:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1398-32f5629d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT