FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての中部地方、初めてのA市、驚きの実態(4)A市でもサイクリスト♪

今日のタイ語

หุบเขา フープ・カオ=渓谷、谷間

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:これを読んで市町村が特定できたとしてもコメント等に市町村名そのもの、または市町村を容易に推定できる内容、略語を記載しないでください。記載してあった場合、そのコメントは承認しません。

すでにA市を離れ来週タイに赴任するのを待つだけの身。
少しA市の思い出を振り返ってみた。

***

タイでサイクリストに目覚めて約2年。
もちろんA市でも走りますよ〜、と愛車ブラックアロー2号を持っていきたのだが。。。
IMG_3555-0101.jpg

A市の道はタイよりひどい!

ヒルクライマーには憧れの地らしいA市。
でもね、街中を走るのは最悪最低の地だった。。。

■坂、坂、坂・・・

徒歩15分程度の会社に行くまで、表通りを走っても一度谷底に下って上るというルートしかな。
一度裏道を走ったが斜度20度の激坂(歩いて上るのも困難)が待っていて断念したことがある。。。

とにかく坂ばかりの街
IMG_3560-0101.jpg

まあ、でもそれはクライムヒル向きだ・・・と自分では納得したんだけど・・・

■ガタガタ、ボコボコ、砂・小石だらけ

IMG_3617-0101.jpg
40-50km/hで坂を下り降りているときにこういう陥没がいっぱいあって怖い思いをした。
2−3回タイヤを取られてコントロールできなくなった。。。

IMG_3616-0101.jpg
歩道との際も隙間だらけ

IMG_3612-0101.jpg
IMG_3754-0101.jpg
IMG_3618-0101.jpg

ガタガタでハンドが取られて怖い。
しかも、以前紹介したように柵のない小川?農業用水?が多数で、対向車が来たらバランスを崩してドボンってな恐れ大。

基本的にすべすべな道は最近舗装し直したと思われる箇所だけ。
市内全域でも5%あるかどうか・・・

ひどいでしょう?

一番厄介なのは砂や小石が多いこと
IMG_3613-0101.jpg
写真は砂だけど、5mmくらいの小石(角がある石)が多数ばら撒かれてる。

砂は砂で滑るし、小石は跳ね上げてフレームを傷つけるし、脇を車が走っているときなんか撥ね上げた小石が「カーン、カーン」とか言って車のボディーに当たりまくるし。。。

歩行者がほとんどいないからまだいいけど、人に当たったら最悪だよ。
自転車保険入ってないしね。。。

以前ならスパイクタイヤの影響で路面が削れて・・・って理由が思いつくけど、今のスタッッドレスでもやっぱり削れるのかね〜?

自転車には最悪の地でしたよ、A市は。。。

行きはヨイヨイ・・・

特に行きたいところはなかったのだけど、せっかくなのでヒルクライムの真似事をしようと比較的著名な観光地へ何度か行ってみた。

地図や高度計をみると、基本的には行きは下り帰りが上りで片道10km程度。

なので、行きは怖いほどスピードが出る。ブレーキ使わなければ軽く70−80km/hはでるかな?
ただ基本はカーブの多い山道だし、上に書いたように砂や小石が多いので出しても50km/hが限度。

一度はカーブの角度がきついのが事前にわからず思いっきりスピード上げてたら、カーブを曲がりきれず対向車線に飛び出したこともあった。対向車がいたらおしまいだったね・・・

でも、基本的にはほとんどペダルを回さずにこんなところへ行ける。
IMG_3620-0123.jpg

紅葉のころにも行ったけど、まだ少し早かったかな?
IMG_3700-0123.jpg

結局3度ほどここに行ったのだが、帰りのルートを毎回変えた。
1−2回目も上りはキツかったけど、バンコク→トラートやバンコク→スリーパゴダパスに比べれば、まあこんなもんか・・・という程度だったけど、3回目は完全に足が上がった。。。

基本的には上って下って上るという非効率さ。
せっかく上ったのに下がって上るなよ〜っていつも思っていたが、この3回目もかなりきつい上りの後きつい下りがあったので、なんとなーく嫌な予感はしていた。

そして現れたこの激坂
IMG_3704-0123.jpg
もうね〜、これ見たとき引き返したくなったけど、引き返すにはさっき下った激坂を上らなきゃいけないし。
前も後ろも激坂。

斜度10度はありそうで、しかもこの坂がどこまでなのかもわからない中必死に上った。
もちろん途中何度も休憩したのだが、一度止まると靴のクリートをビンディングペダルにハメるのが困難で10mくらい逆戻りしながら下り坂でハメざるを得なかった。

ん?なんだか終わりのような気が・・・
IMG_3705-0123.jpg

やった〜!帰ってきた〜
IMG_3707-0123.jpg
最後は下りでほっ

途中マジで「帰れないかも?」と思ったよ。

このときの復路の平均時速は6km/h程度。
休み休み走ったのもあるけど、ほぼ人の歩行スピードと同じ。

後に会社の人にその話をしたら、皆絶句。
あそこを自転車で〜???車でもアクセル踏み込まなきゃ上れないところだよ〜と。。。

あのとき「あぁ〜軽いロードバイクが欲しい〜!!!」と心の底から思ったのが、12/末新車を買う契機になったのだ。
ついに7kg台!28万円の五代目、サイクリストとしての格が上がったか???

12月に入るとほぼ毎日マイナス気温が続くようになり、手がかじかんでブレーキレバーを握れなくなったので遠出(といっても片道10km程度、ポタリング?)はできなくなった。

もう二度とA市に行くことはないだろうけど、タイで鍛えてからもう一度あの激坂に挑戦したいな〜と言う気持ちもほんの少しだけある(^∇^)

まずはタイで快適ポタリングと快適スカイレーン周回だな。
楽しみ〜ヽ(´∀`)ノ

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018日本・中部地方(A市)短期滞在記 | 13:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイの田舎町の道路で良いのは路側帯が広いことですね。これは
完璧にバイクを意識した道路作りかなと思います。

ただ、路側帯が広いので正月やソンクラーンのときの帰省ラッシュに
なると路側帯が車線になることですね。
路面が悪いのはそんなに変わらないですがでも一般的には日本の方が
いいかも。

| KK | 2019/01/24 11:58 | URL |

Re: タイトルなし

KKさん
そう!タイの道路の最大の利点は路側帯がしっかりあることですね〜
しかも、道路によってはほぼ車線の幅くらいある。
自転車で走るには最高で、日本の一般道にはほとんど見られないので私的にはタイに軍配が上がります♪
怖いのはオートバイの逆走ですかね・・・

| Damascus | 2019/01/25 14:41 | URL |

田舎のアルアルですね~
公共工事で成り立ってるからダンプの往来でどうしてもこうなります。
当たり前に思っているから自分の間隔が麻痺してます。。。
それより怖いのは、側道からノールックで飛び出すおじぃ・おばぁの車です。 下りを走っていて先行する友人が、I can fly して入院でした。
これが一番恐怖です。

| マーク | 2019/01/25 20:39 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

マークさん
そうなんです、歩行者がほとんど存在していないので急な右折左折で轢き殺されかけたことが3度あります。
たった3ヶ月でですよ〜

| Damascus | 2019/01/26 08:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1430-d714f659

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT